銀河戦記/鳴動編 第二部 第七章 反抗作戦始動 X
2020.06.20

第七章 反抗作戦始動




 一時間後。
 中央に切り込んだ帝国軍艦隊は優勢に戦いを進めていたが、すでにすれ違いを終えて相
対位置は離脱の方向に向かっていた。
 さらに戦いを続けるには反転しなければならないが危険を伴う。
 サラマンダー艦橋。
「総督軍は正面突破を図って、中立地帯へ逃げ込もうとしているようです」
「反転攻撃しますか?」
「いや、半時計回りに全速迂回して総督軍の側面を突く」
「側面を突くと申しましても、そのためには総督軍の頭を抑えて前進を阻む必要がありま
すが?」
「その通りだよ」
「しかし応対できる艦隊がおりません」
「いるじゃないか」
「え?」
「まあ、見ていたまえ」
 含みを持たせた笑みを浮かべて答えないアレックスだった。


 ザンジバル艦橋。
「何とか正面突破に成功しました」
「よし、このまま全速前進して中立地帯へ逃げ込め」
「了解」
 ふうっ、と大きなため息をついて肩を落とすマック・カーサー提督。
「このまま行けば何とか逃げられそうです」
 とその時、警報が鳴り響いた。
「どうした?」
「前方に艦影を確認」
「なんだと?」
「帝国艦隊です。その数、六十万隻!」
「馬鹿な! そんなものがどこから……」


 サラマンダー艦橋。
「銀河帝国軍、第四艦隊と第五艦隊です」
「ほら見ろ。援軍が来てくれたではないか」
 と楽しそうに言うアレックス。
 万事予定通りという表情である。
「第四艦隊と第五艦隊に連絡を取ってくれ」
 ほどなく正面スクリーンに両艦隊の司令官の姿が投影された。
『第四艦隊、フランツ・ヘーゲル准将です』
『第五艦隊、ベルナルト・メンデル准将です』
「諸君らはすでに戦場に足を踏み入れてしまった。よって銀河帝国軍規によって、両艦隊
を私の指揮下に組み入れる」
 帝国軍規には戦場にある艦隊は、戦場を指揮する司令官の采配に従うように定められて
いる。
 本国から後方支援部隊として戦闘には参加しないことを前提に進軍してきた第四艦隊と
第五艦隊ではあったが、戦闘が長引き戦場が後方に移動したことによって、予定外として
戦場に踏み込んでしまったのである。
 戦場においては、本国からの直接命令は破棄されて、戦場の指揮官の命令に従うという
わけである。
『御意!』
 と両准将は力強く応えた。
 帝国軍規には精通している将軍であるから、アレックスの命令を受け入れることには躊
躇しなかった。
「第四艦隊、及び第五艦隊に対し、宇宙艦隊司令長官として命令する。接近する総督軍に
対し攻撃を敢行せよ」
『御意!』
 再び応える両将軍。
『おまかせください』
『殿下のご期待にお応えしましょう』
 これまでのアレックスの戦いぶりを、後方からずっと見ていたはずである。
 寸部の隙を見せず、負け戦を勝勢へと導いてしまった、作戦巧者の我らが宇宙艦隊司令
長官にして皇太子殿下。
 銀河帝国の存亡を掛ける作戦に参加できることは武人の誉れとなる。
 両将軍がはりきるのは当然のことである。
 後方支援で出撃が下された時のことである。
「皇女様に対し敵艦隊との矢面に立たせて、第四・第五艦隊は安全な後方支援とはいかな
る所存か?」
 第四艦隊・第五艦隊司令官からも、なぜ自分達は後方支援なのだという意見具申が出さ
れていた。
 しかし大臣達は、戦闘経験のない艦隊を最前線に出すわけにはいかないという一点張り
で対抗した。
 両将軍は不満だったのである。
 しかしその鬱憤はここへきて晴らされることとなる。
 皇太子殿下に従い、銀河帝国を勝利に導く。
 もはや迷いはなかった。
 両将軍率いる艦隊は、接近する総督軍に対して猛攻撃を開始した。
 頭を塞いで進行を遅らせ、本隊が追いつくのを手助けする。
 そうこうするうちに、援軍が後方から追いつき、さらに全速迂回してきたアレックス率
いる本隊が側面から攻撃を開始した。
 総督軍包囲網が完成した。
 敗勢から勝勢へ、アレックスの采配を疑うものはもはや一人もいなかった。

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・20
2020.06.20

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・20


メニューへ

ドラマに戻る



ジパング

勇者「よし、さらに南下するとしよう。たぶん日本が見えてくるはずだ」
ナレ「言葉通りに、半弓状の日本列島が姿を現した」
町娘「これはこれは!ジパングへようこそおいでくだされました」
勇者「ジパング?……そうか大航海時代だもんな」
リリア 「今回は、どちら回りですか?」
勇者「うん、時計回りにいこうか」
少年「わーっ!ガイジンだあ!」
勇者「外人とは失敬な。これでもムー大陸人だ!」
少年「えーん!ぼくの大好きなやよい姉ちゃんがいけにえにされちゃったよお!」
町娘「(井戸の側)いけにえを、ささげなければ、おろちがやってきて、みなを食べてしま
うでしょう」
勇者「……?」
ナレ「真南の家に入る」
勇者「箪笥の中身は……ちぇっ!布の服かよ、しけてるな」
老人「おお!なんということじゃ。ひとり娘がいけにえに選ばれてしまうとは……」
ナレ「南西の小屋、階段があり、当然のごとく降りる一行」
勇者「なんだよ。壺だらけだな、どれかに良い物入ってるかな。お、小さなメダル見っ
け!」
リリア 「あら、この壺に人の頭が……」
弥生「(やよい/顔を出して)お願いでございます!どうかお見逃しを!せめて、もうひ
ととき生まれ育ったふるさとに別れをつげさせてくださいませ」
勇者「いくらくれる?」
ナタリー「行きましょう(勇者の耳を引っ張る)」
勇者「痛い、痛い!耳がちぎれるう!!」
リリア 「そうですよ。わたし達は、何も見なかったんです」
老人「やまたのおろちは、おそろしいばけものじゃ!」
勇者「……??」
ナレ「西の家へ」
勇者「ふしぎなきのみをみつけた!」
町娘「つぎのいけにえは、私かも…。助けてくださいまし!」
勇者「悪いな、何もできん。それもこれも運命とあきらめよ」
神父「わたし、この国に神のおしえ広めにきました。でも!オー!ここでは、ヒミコ神様
ね」
勇者「宣教師か……。おまえの名前は、フランシスコ・ザビエルというんじゃないか?」
男 「(鳥居の側)われらがあるのも、ヒミコさまのおかげじゃ。ヒミコさまが、おろち
にはいけにえじゃというてくれたから…」
勇者「……???」
ナタリー「なによ、さっきから首を傾げてばかりじゃない」
勇者「いやなに……これまで辿ってきた各地の町や村は、大航海時代の名残だろ?ここの
ジパングという国名もそうだ。ところがだ!」
リリア 「ところが?」
勇者「大航海時代は15~17世紀。しかし卑弥呼は2~3世紀の話で、魏志倭人伝に記
載されているものだ」
コンラト「そういえばそうですね。大航海時代なら、織田信長とかの戦国時代が相応です。だ
かこそ、宣教師がいたりするのでしょう」
勇者「卑弥呼を登場させるなら、国名もジパングじゃなくて、倭国とか大和国とかが相応
しいだろ?」
ナタリー「ゲームクリエイターの気まぐれでしょ」
勇者「それを言うのかよ」
ナレ「東の家に入ります」
勇者「箪笥にきのぼうしか……この町、せこいな」
ナタリー「家探ししているあんたの方がせこいと思うわよ」
主婦「ほんに男の子でよかった!娘だったら、いついけにえにされるかと、心配ばかりだ
よ」
勇者「ほいじゃ、そろそろ神殿に入るか……と、外をうろついている奴がいるな」
男 「やよいは逃げてくれただろうか…さいだんにしばりつけるなわを、ゆるめておいた
のだが……」
リリア 「やよいさんて、壺に隠れていた女性ですよね」
兵A「ここは、われらのあるじ、ヒミコさまのお屋敷であるぞ」
兵B「外国では、みなそのようなきみょうないでたちをしているのか?なさけないのう」
リリア 「殴らないでくださいよ!」
勇者「ま、まさか……」
ナタリー「というわりには、拳を震わせているわね」
勇者「なあ、ここに積んであるのは何だ?」
リリア 「たしか、米俵というこの地方の主食の米が詰め込まれてます。私達の国では麦です
ね」
女官「ヒミコさまも、おろちには頭を悩ませているはずじゃ」
勇者「ところで、床に置いてあるこれはなんだ?なにやら、ふわふわしているが」
リリア 「ジパングでいうところの、おざぶとんというものらしいです」
勇者「ここは台所かな。壺にふしぎなきのみが入ってた」
炊事「おろちを退治できたなら、ヒミコさまもきっとよろこばれましょうに……」
勇者「ここも食糧倉庫か……。1俵くらいくすねても分からないかな……。うーん、だめ
だ!床に固定されていて取れないや」
ナタリー「あんた、わざとやってるでしょ」
娘 「ヒミコさまは、近ごろ摩訶不思議な神通力を身につけなさったとか」
勇者「じんつうりき……って何だ?俺たちの使う呪文に似たようなものか?」
リリア 「呪文よりもさらに強化された神がかりのようなものと思いますが……」
勇者「う……ん。いまいち分らんが……まあ、そういうことにしておこう」
娘 「いけにえは、ヒミコさまの予言によって選ばれます」
勇者「壺から、小さなメダルとちからのたね、見っけ(*^^)v。隣の部屋の箪笥からは、う
ろこのたてとけいこぎ」

従者「ここは、ヒミコさまのお部屋じゃ」
勇者「おお、やっと主とのご対面だな」
ヒミコ 「なんじゃ、お前は?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「おい、ちょっと、設問がおかしいんじゃないか」
ナタリー「なにが?」
勇者「お前はだれだ、と言っているのに、はい・いいえ、はないだろ?」
コンラト「確かにそうですが……常識的には、名前を名乗るものですよね」
勇者「ま、いいや。いいえと答えたら?」
ヒミコ 「答えずともよいわ!そのようないでたち。おおかたこの国のうわさを聞き、外国か
らやってきたのであろう。おろかなことよ。わらわは外人を好まぬ。そうそうに立ち去る
のじゃ。よいな!くれぐれもいらぬことを、せぬが身のためじゃぞ」
勇者「で、はい、と答えたら……。まったく同じ返答をしやがるな。これじゃ、二者選択
する意味ないだろ?ナレーションも少しは気を使えよ」
ナレ「ほっといてください!ゲームマスターに言ってください!!」
勇者「ともかくだ。ここが卑弥呼の時代ということは……あるはずだよな」
コンラト「何がですか?」
勇者「決まっている。魏の皇帝・曹叡から賜ったとされる親魏倭王国印だよ。それと、漢
委奴国王印もあるかも知れない。そのままだと足が付くから、溶かして金塊にして売りさ
ばけば大金持ちだ」
コンラト「それは、カンダタにも劣る悪徳行為ですよ!!」
リリア 「そうです。金印を盗むというなら、パーティー抜けます」
ナタリー「パーティー解散ね」
勇者「じょ、冗談だよ。今の話はなし!」
コンラト「……情報はだいたい集まったようです」
勇者「そうだな。外へ出てみるか」

ナレ「ジパングの側に開いた洞くつがある」
勇者「そういえば、ヤマタノオロチとかいけにえとか、村人が言っていたが……」
リリア 「もしかしたら、この洞窟に生贄とされる娘が、連れ込まれて行くのではないでしょ
うか?」
コンラト「ヤマタノオロチが巣くっていそうですね」
勇者「よおし!オロチ退治するぞお!ダーマの神殿で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)と
改名するかな」
ナレ「などと言いながら、勇躍として洞窟へと突入するのであった」


ジパングの洞くつ

勇者「おおお!いきなりメタルスライムの群れだあ!!ナタリーの毒針が炸裂するぞ!」
ナタリー「何を興奮しているのよ。まあ、まかせなさい」
ナレ「メタルスライム3匹を倒して、ナタリーがレベルアップ!バイキルトの呪文を覚え
た」
リリア 「やったね、ナタリー(*^^)v」
コンラト「これでボス戦も余裕が出てきますね」
勇者「おや、祭壇らしきものがあるな」
リリア 「そこら中に亡骸が散乱しています(と言いながら供養する)」
勇者「なんか落ちてないかな……」
ナレ「祭壇をしらべる勇者。人骨があたりにちらばっている。どうやら、ここがいけにえ
の祭壇らしい」
勇者「ちぇっ!何もねえや……いけにえが持っていた何かがあるかと期待していたのに」
リリア 「不謹慎です!」
ナレ「洞窟を突き進むと、行き止まりの壁際に何者かがいた。正面と左右に2対の頭を持
った魔物であった」
勇者「ちょっと待て!頭が五つとはどういうことだ!?八岐大蛇だろ?頭が八つあるはず
だろが?」
ナレ「たぶんCG描写と解像度の問題でしょう?八つも頭を描いたら、CGが潰れて何が
なんだか分からなくなるからです。最初のファミコンは8ビットのドット絵ですから」
勇者「それを言うのかよ!!」
ナレ「気にしない気にしない。ほらほら、やまたのおろちがあらわれましたよ」
勇者「と、とにかく頑張るぞー!」
ナレ「激しい戦いに奮戦するも、ナタリーが倒れ、リリアが倒れ、コンラッドまで倒れて
勇者一人のみとなった」
勇者「くそくらえ!」
ナレ「乾坤一擲(けんこんいってき)会心の一撃となって、やまたのおろちにとどめを刺
した」
勇者「ふうっ(肩で息をしながら)なんとか倒したが……。俺以外棺桶になっちまった…
あれ?旅の扉が出現しているぞ。どうする?(仲間に話しかける)」
ナレ「……(棺桶は答えない)わざとですよね?」
勇者「あれ、なんか落ちているぞ」
ナレ「拾い上げてみると『くさなぎのけん』だった」
勇者「なるほど、八岐大蛇には草薙の剣というわけだ。当然だな」
ナレ「道具として使うと、ルカナン(敵グループ防御力降下)の呪文の効果があります」
勇者「そうなのか?ともかく目の前の旅の扉だ。しようがねえ。死なばもろともだ!」
ナレ「旅の扉に飛び込む勇者だった。そこで見たものは……」
勇者「あれ?ここは……見たことあるな。そうだ、ジパングのヒミコの間だぜ」
従者「ヒミコさま!今すぐきずのお手当てをっ!それにしてもヒミコさまは、いったいど
こでこんなおけがをささったのやら……」
勇者「おい、おまえ!」
従者「ヒミコさまが、おけがをなされて大変なのだ。出ていってくれ!」
勇者「くそ!殴りつけたいが……。今は、こちらの回復が先決だ!ルーラ!!」
ナレ「アリアハンに戻って、教会で仲間を復活させて、自宅で休養したのち、国王に冒険
の書に記録してもらう」
コンラト「これからどうしますか?」
勇者「ジパングのヒミコは、やまたのおろちの化身ということがはっきりした」
リリア 「そうなんですか?」
ナタリー「あたし達は棺桶状態だったからね」
勇者「二度目の対戦が必要だろうが、全滅状態だったからな。もっとレベルアップが必要
だ」
リリア 「レベルアップするなら、メタルスライムの群生が出現しやすい、ガルナの塔が良い
と思います」
勇者「俺もそう思っていたぞ。早速GO!だ」
ナレ「というわけで、ガルナの塔で適当にレベルアップして、やまたのおろちに再挑戦す
るべくジパングに舞い戻ってきた。八岐大蛇たる卑弥呼は、洞窟から屋敷に居を移したよ
うだ」
勇者「おい!ヒミコ!」
ナレ「ヒミコは声をださず、頭の中に直接話しかけてきた……」
ヒミコ 「わらわの本当の姿を見たものは、そなたたちだけじゃ。だまっておとなしくしてい
るかぎり、そなたを殺しはせぬ。それでよいな」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「ふむ。何かくれたら黙ってしんぜよう」
ナタリー「なに、言ってるの!」
ヒミコ 「ほほほ……。よい心がけじゃ」
勇者「おい、何もくれないのか?」
ヒミコ 「……」
勇者「そうか、そういう態度なら。正体をばらしてやるぜ」
ヒミコ 「ほほほ、そうかえ。ならば生きては帰さぬ!食い殺してくれるわ!」
ナレ「やまたのおろちが現れた」

勇者「各自、役割は分かっているよな?」
コンラト「私は、とにかく打撃しか出来ないので」
リリア 「わたしは、敵の守備力を下げるルカニの呪文。後は適時回復呪文です」
ナタリー「あたしは、仲間の守備力を上げるスクルト、仲間の攻撃力を上げるバイキルトをコ
ンラッドと勇者に」
勇者「よし、分かっているようだな。では、戦闘開始だ!!」
ナレ「激しい攻防戦を繰り広げながらも、ついにやまたのおろちを倒したのだった」
勇者「ぜぇぜぇ……(肩で息をする)やったぜ!今度は全員生き残った(*^^)v」
ナレ「なんと!ヒミコはおろちだった!そのうわさは、またたく間に、国中に広まってい
った。そして夜があけた」
勇者「お!八岐大蛇が消えて、宝箱が目の前にあるぞ。そうか(ポンと拳で掌を叩いて)
奴は宝箱の化身だったんだ。ミミックと同じだ」
ナタリー「そんなはずないでしょ」
リリア 「それはそうと、宝箱の中身は?」
ナレ「なんと!パープルオーブをみつけた!」
勇者「パープルオーブ?これは何の役に立つのかな??」
ナレ「それは……。実はゲームマスターが考えた正しい順路で巡っていないので……各地
を巡り続ければ、いずれ分かります」
勇者「なんだよ。教えてくれてもいいじゃないか」
ナタリー「いいじゃないの。いわゆるネタバレ注意ということでしょ」
勇者「つまらんなあ……」
リリア 「と、とにかく。八岐大蛇を退治したから、もう娘が生贄にされることはなくなりま
したね」
コンラト「まだ知らない村人たちに教えてあげましょう」
従者「やまたのおろちがヒミコさまに、なりすましていたとは……」
飯炊「あの、ヒミコさまがおろちだったなんて!あなおそろし!」
娘 「きっと本当のヒミコさまは、おろちのキバにかかって……」
男 「なにはともあれ、めでたいことよ!」
兵A「いやはや!勇者どの!あんたは強いのう」
兵B「ここは、ヒミコさまのお屋敷……じゃあなくなっちまったんだなあ」
神父「ヒミコさん、死にました。でも今度あなたたちまるで神さま!やっぱりお手上げ
ね!」
勇者「諦めろ。そもそも日本は八百万の神が治める神道の国だぜ。キリスト教が入り込む
隙はねえよ」
コンラト「これからどうしますか?アリアハンに戻りますか」
勇者「そうだな……久しぶりにショニンに会いに行くか。いや、なんとなくだが……」
ナタリー「なんとなく…ね」


商人の町再訪

ナレ「というわけで、ショニンの町へとやって来た」
勇者「お、店が出来ているじゃないか。やや、ショニンが店子か」
ショニン「あっ、勇者じゃない!なんだかなつかしいわね。見てて、勇者。私、きっとこの町を大
きな町にしてみせるから!」
勇者「おう、頑張れよ。また会いに来るから」
老人「さっそく店できた。これ、あなたのおかげ。ありがとう、ありがとう」
勇者「今とは言わないが、いつかご褒美をくれよな。また来る」

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・19
2020.06.17

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・19


メニューへ

ドラマに戻る



ムオルの村

ナレ「祠を出発して、ベーリング海を経て、極東ロシアのカムチャッカ半島にたどり着い
た」
コンラト「見てください!村が見えますよ」
勇者「早速だな。行ってみよう」
村人「ここはムオル。さいはての村です」
勇者「おかしいな……。町や村に入れば、ルーラのリストに入るはずなのに」
ナタリー「そういえば、ショニンの町もルーラで行けないわね」
リリア 「辺境にある町や村はリストに乗らないようですね」
勇者「さて、今回は、時計回りで行こうか」
コンラト「となると左手の宿屋からですね」
勇者「宿屋の箪笥にかわのこしまきか……」
老人「あんたがた、船できたのか?」
勇者「その通りだ」
老人「そうじゃろうと思ったよ」
勇者「ちなみに、否定すると?」
老人「なんと!歩いてきたと?ものずきな人たちじゃのう」
コンラト「どこかの町や村から歩いてこれるみたいですね」
勇者「どこからだろうか?いずれ歩いて探してみよう」
ナレ「池の側に佇む娘」
村娘「あら、ポカパマズさん、おひさしぶり。ポポタが、あなたに会いたがっていたわ
よ」
勇者「ポカパマズ?」
ナレ「教会に入る」
勇者「おや、床にいのちのきのみが落ちてたぞ(*^^)v」
村男「いよう!ポカパマズ!ポカパマズじゃないか!え?ちがう?でも似てるなあ……」
勇者「ポカパマズ??」
ナレ「北東の総合店舗に入る」
勇者「あれ、カウンターに兜が置いてあるぞ。看板がないけど、何の店かな?」
店主「そうそう、そのかぶとは、あのときポカパマズさんが忘れていったものですよ。い
つあなたがとりにこられてもいいように、きれいにみがいてありますから。あっ、でもそ
の前にポポタにカオを見せてあげてくださいよ」

勇者「なんだかなあ……。俺って、そんなにポカパマズとかいう奴に似ているのか?どう
考えても男の名前だよな」
ナタリー「十分男らしいわよ。あんたならね」
勇者「なんだとお!十六歳の女の子に向かって(*'へ'*)ぷんぷん」
リリア 「あれ?最後のカギが掛かった扉がありますよ」
コンラト「でも、中はただの空き地のようですが?」
勇者「いいや、何もないのに鍵を掛けるわけないだろ。調べるぞ、隠し通路とかがあるか
も知れないぞ……。ほらみろ!小さなメダルがあったじゃないか」
ナタリー「はいはい。おめでとう!」
リリア 「コホン(と、軽く咳をして)店の裏側に休憩所のような広場がありますわよ」
勇者「よし、行ってみよう」
老人「おお、よくこられたポカパマズどの」
店主「これはポカパマズさん。いらっしゃい!しばらくぶりですね。ゆっくりしていって
くださいよ」
勇者「やっぱり、ポカパマズかよ。ともかく、二階へ上がろう。で、いつものように…」
リリア 「家探しですね」
勇者「むろんだ!」
ポホタ「あれ?ポカパマズさん……?でも、やっぱりちがうや!ぼく、ポポタ。下にあるか
ぶと?あれは、ポカパマズさんがお礼にって、ぼくにくれたんだ。きっとそうなんだ。忘
れていったんじゃないんだよ」
勇者「そうなのか?事情が掴めないが……」
子A「わーい。ポカパマズさんだ!」
旦那「あなたたちは、もしやアリアハンのお方では?」
勇者「とりあえず、はいだ」
旦那「やはり、そうでしたか。ポカパマズさまも、そこからきたと申しておりました。た
しかアリアハンでの名前はオルテガ……。まだ、赤ん坊の娘を残してきたのが心残りだと、
そう申しておりましたなあ。なんと!あなたが、その娘だとおっしゃられるのですか?」
勇者「たぶん、そうじゃないかな」
旦那「なるほど…たしかにポカパマズさまに似てらっしゃる。して、ポカパマズさまは、
お元気ですか?」
勇者「(´・ω・`)知らんがな。ハガレンの親父と一緒だ」
旦那「それはいけませんね。おからだをお大事にと、おつたえください」
勇者「だから、知らんといっとろうが!」
旦那「なんにしても、オルテガさまに、もういちどお会いしたいものです」
リリア 「どうやらこの方、オルテガさんが生きていると思ってらっしゃるようですね」
主婦「あなたが、ポカパマズさんの…ふーん、たしかに強そうね」

ポホタ「ねえねえ、今の話ホント?ポカパマズさんの子どもだって。いいな~ぼくもポカパ
マズさんの子どもだったらなあ~」
ナレ「部屋を退出し、階段を降りようとした時。ポポタが追いかけてきた」
ポホタ「ちょっと、まって!あのさ、下にあるかぶと、おねえちゃんにあげるよ。大きくて
ぼくかぶれないしさ。おねえちゃんに、つかってもらったほうが、かぶともよろこぶと思
うんだ。だから、おねえちゃんにあげるよ」
勇者「そうなのか?なら、ありがたくもらっておくよ」
ナレ「下に降りると」
店主「おっと、みなさん。お話は、私にも聞こえてましたよ。あなたが、あのポカパマズ
さんのお子さんとはおどろきです。さあ、このかぶとをおもちください。あなたなら、き
っとつかいこなせるでしょう」
ナレ「勇者は、オルテガのかぶとを手に入れた」
勇者「オルテガのかぶとか……。オルテガというくらいだから、俺にしか装備できないよ
うだな。しかも守備力が30もあるぜ!きんのかんむりの6より24も高い」
ナレ「勇者は、オルテガのかぶとを、じっと見つめた。父親の戦う姿が、見えたような気
がした」
勇者「え?何言ってんだ」
ナレ「今、コマンド入力で、オルテガの兜を【つかった】ではありませんか?」
勇者「オルテガの兜を【つかう】と、そんなメッセージが出るのか?」
リリア 「普通、兜を【つかう】ことはありませんよね。隠しメッセージですか?」
勇者「そうみたいだな」
コンラト「そろそろ村を出ましょうか?」
勇者「もう一度、兜をくれたポポタにお礼を言っておこう。良い物をくれたからな」
店主「あっ、こんにちは。どうですか?あのかぶとのつかいごこちは?」
勇者「おお、いい具合だ」
店主「そうですか。それはなによりです。ポポタもよろこぶでしょう」
旦那「オルテガさまは、ここにいらっしゃるあいだ、ほんとうにポポタをかわいがってい
ました。残してきた娘と、いっしょにいるようだと、おっしゃってましたよ」
勇者「俺は、可愛がられた思い出はないんだが……エドワード・エルリックの気分だ」
ポホタ「ぼく、ポポタ。ねえ、おねえちゃん。いつでもいいからさ、こんどポカパマズさん
をつれてきてよ。ぼく、ポカパマズさんに会いたいんだよう」
勇者「じゃあな( ´Д`)ノ~バイバイ」
ナレ「というわけで、ムオルの村を後にしたのであった」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -