銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 VI
2019.06.15


第三章 第三皇女


                 VI

 宮殿内の廊下をジュリエッタに案内されて歩いているアレックスとパトリシアの二人。
 やがて重厚な扉で隔たれた謁見の間に到着する。近衛兵の二人が扉を開けて一行を中
へ招きいれて、高らかに宣言する。
「第三皇女ジュリエッタ様のお成り!」
 謁見の間に参列していた者のすべてが振り返り、ジュリエッタに注視する。
 背筋を伸ばし、毅然とした表情で、歩みを進めるジュリエッタ。
 その左側には政治の中枢を担う大臣などが居並び、右側には将軍クラスの軍人が直立
不動で並んでいる。その誰しもが目の前をジュリエッタが通り掛かった時には、深々と
頭を下げていた。そして最前列には、着飾った皇族たちが占めていた。
「ジュリエッタ。よくぞ無事に戻ってこれましたね。心配していたのですよ」
 正面壇上に設けられた玉座に腰掛けて、妹の帰還を喜ぶ、銀河帝国摂政を務めるエリ
ザベス第一皇女だった。
「海賊に襲われたそうではありませんか」
「はい。ですが、この方々に助けていただきました」
 そう言って後に控えていたアレックス達を改めて紹介した。
「その方は?」
「旧共和国同盟軍アル・サフリエニ方面軍最高司令官であられたアレックス・ランドー
ル提督です。現在では解放戦線を組織して、バーナード星系連邦と今なお戦い続けてい
らっしいます」
「ほうっ」
 という驚嘆にも似たため息が将軍達の間から漏れた。さもありなん、要職にある軍人
なら共和国同盟の若き英雄のことを知らぬはずはない。数倍に勝る連邦艦隊をことごと
く打ちのめし、数々の功績を上げて驚異的な破格の昇進を成し遂げ、二十代で少将とな
ったアレックス・ランドール提督。その名は遠くこの銀河帝国にも届いていた。
「ということは、中立地帯を越えて我が帝国領内に、戦艦が侵入したということです
な」
 大臣の方から意見が出された。すると呼応するかのように、
「国際条約違反ですぞ」
「神聖不可侵な我が領土を侵犯するなど不届き千犯」
 各大臣から次々と抗議の声が上がった。
 それに異論を唱えるのは将軍達だった。
「確かに侵犯かも知れないが、だからこそジュリエッタ様をお救いできたのではないで
すか」
「それに救難信号を受信しての、国際救助活動だと聞いている」
 軍人である彼らのもとには、救難信号を受け取っていたはずである。救助に向かう準
備をしている間に、ランドール提督が救い出してしまった。もしジュリエッタ皇女が拉
致されていたら、彼らは責任を取らされる結果となっていたはずである。ゆえに、ラン
ドール提督擁護の側に回るのも当然と言えるだろう。
 大臣と将軍との間で口論になろうとしている時に、一人の皇族が前に進み出て意見具
申をはじめた。銀河帝国自治領の一つである、エセックス候国領主のエルバート侯爵で
ある。
「申し上げます。事の発端は、我がエセックス候国領内で起きたことであります。ゆえ
に今回の件に関しましては、私に預からせて頂きたいと思います」
「そうであったな。エルバート候、この一件ならびにランドール提督の処遇については、
そなたに一任することにする」
「ありがとうございます」
 エルバート候の申し出によって、この場は一応治まった。

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 V
2019.06.08


第三章 第三皇女


                 V

「共和国同盟の婚姻制度は非常に複雑なのですが……。他国の制度でみれば結婚状態に
あると言えます」
「婚姻制度のことは、私も存じております。そうですか、ご夫婦ということですね」
「そう考えていただいて結構です」
 アレックスが二人の間柄を結論づけた。
「ということであれば、お休みなられるお部屋もご一緒でよろしいですね」
 艦隊内では別室である二人だが、夫婦であることを認めた以上、断る理由もなかった。
 インヴィンシブルが首都星へ着くまでの間、三人はそれぞれの国家における風習や、
出来事などについて語り合った。
 そして出生についての話題が持ち上がった。
「つかぬことをお聞きいたしますが、提督の瞳ですが……。エメラルド・アイは銀河帝
国皇家にのみに、遺伝的に継承されてきたことをご存知ですか?」
「存じております。それを有するものは、帝国皇族に繋がる血統の証でもあると」
「その通りです。エメラルド・アイは限定遺伝する特殊な例の一つで、瞳をエメラルド
に誘導する発色遺伝子をX性染色体に持ち、かつまたその遺伝子を活性化させる遺伝子
をY染色体に持っています。そしてこの両遺伝子が揃ってはじめて、エメラルド・アイ
が出現するのです。ゆえに必ず男性のみに遺伝していきます。その出現率は非常にまれ
で、血縁同士の婚姻が常識のようになっている皇族においてこそのものなのです。つま
り私と提督とは親戚関係にあると言えます」
 その言葉は将来にも関わる重大な事実を意味するものであった。
 実際にもジュリエッタは、アレックスの人となりを考えると、銀河帝国の祖である
ソートガイヤー大公にも似た面影を見出していたのである。その戦闘指揮能力はもちろ
んのこと、人を活用させる術にも長けていることなども……。

 首都星アルデランが近づいてきた。
 さすがに首都星を守る艦艇の数も増えてくる。
「総勢百万隻からなる首都星の防衛を担う統合軍第一艦隊です。銀河帝国摂政にして第
一皇女のエリザベス様の指揮下にあります」
 やがてインヴィンシブルは、ゆっくりと首都星アルデランへと降下をはじめた。そし
て皇族専用の宇宙港へと着陸態勢に入った。
 宇宙港には、物々しい警備体制が敷かれており、空を対空砲が睨み、蟻一匹入れない
ように戦車隊や歩兵がぐるりと周囲を取り囲んでいた。
 戦争のない平和なはずの首都星における厳重な警備に、タラップを降りてきたアレッ
クスも、驚きの声を上げるしかなかった。
「この状況はどういうことですか?」
 思わず尋ねるアレックスだが、
「その件に関しましては、摂政の方からお話があると思います」
 ジュリエッタ皇女は、即答を避けた。
 何やら複雑な事情があるようだ。
 一行はインヴィンシブルに横付けされている皇室専用大型ジェットヘリに移乗し、宮
殿へと向かうことになった。
 数分後、眼下に広大な敷地を有した豪華な宮殿が見えてきた。
「アルタミラ宮殿です」
 立憲君主国制を敷く帝国における政治と軍事の中枢であり、皇族たちの住まいでもあ
る。

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 IV
2019.06.01


第三章 第三皇女


                 IV

 貴賓室に入室したアレックスとジュリエッタ皇女。
 応接椅子に対面して座った。その周囲を侍女及びネルソン提督が待機している。
「我が艦隊の危機を救って頂いたこと、全将兵に代わりまして、ここで改めてお礼を申
し上げます」
 言いながら軽く会釈する姿は愛らしく微笑ましかった。
「提督が中立地帯を越えて、我が領内に入ったことは、国際救助ということで問題はな
いと思いますので、お気遣いのないように。それはせておき、提督のご来訪の目的は他
にもあるかと思うのですが、いかがなものでしょうか」
 さすがに艦隊を指揮できる洞察力の深い皇女だと感心するアレックスだった。
「皇女のご推察の通りです。我が祖国のために戦い、現在解放戦線として戦い続けてい
る連邦軍が、次なる目標として銀河帝国を据えていることを、ご警戒申し上げるために
参上しました」
「連邦軍が我が艦隊を襲ったことを考えれば、十分ありうることでしょう」
「それともう一つ」
 と、一端言葉を止めてから、口調を改めて話し出すアレックス。
「単刀直入に申し上げますと、我が解放軍への援助と共同戦線の協定を結びたいと思っ
ております」
「援助と共同戦線ですか……」
 深い思慮に入る皇女に、ネルソン提督が何やら耳打ちしている。
「その件に関しましては、ここでは結論を出すことはできません。もし宜しければ、提
督には帝国首都星アルデランへご足労願いたいと思います」
「判りました。首都星へ参りましょう」
 皇女は軽く頷いて、側に控えているネルソン提督に合図を送った。
「それでは提督には、このインヴィンシブルで首都星へお送りいたします。ご配下の艦
隊には最寄の軍事ステーションにて、一時駐留をお願いいたします。ご納得いただけま
すか?」
 戦艦が中立地帯を越えただけでも一大事なのに、ましてや首都星まで連れていくわけ
にはいかないだろう。
「結構です。一人同行させたい者がいるのですが、よろしいですか?」
「いいでしょう。お連れくさい」
 アレックスが同行させたのは、パトリシア・ウィンザーだった。単身で乗り込むこと
となった自身の補佐役及び相談役として、彼女が最適任だと判断したのだ。
 首都星へと向かうインヴィンシブル艦内において、アレックスはパトリシアを皇女に
紹介した。
「我が解放軍の総参謀長を務めています、パトリシア・ウィンザー大佐です」
 すると目を丸くして皇女は聞きなおした。
「総参謀長? 女性の身で軍の重職をなさっていらっしゃるのですか?」
「その通りです。志願兵制度を敷いている共和国同盟には男女の区別がありません。能
力さえあれば、いくらでも上の階級へ上がれます。もっとも妊娠・出産・育児を担う女
性には宇宙環境は厳しく、実質上結婚を機に一時離職しますが、育児が終われば地上勤
務に復職します」
 パトリシアが共和国同盟の実情を説明した。
 その間にも、アレックスの側にピタリと寄り添って、仲睦まじい雰囲気が漂っていた。
 それが判るのか、ジュリエッタ皇女は問いただした。
「ところでお二人は、ずいぶんと親しい間柄のように伺えるのですが」

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 III
2019.05.25


第三章 第三皇女


                III

 その頃、皇女艦隊旗艦の艦橋では、信号手が事態を説明していた。
「白信号が三つ上がりました。停戦の合図です」
「こちらも戦闘中止を出してください」
 無益な戦闘は避けたいジュリエッタ皇女だった。
 そして側に控えている将軍に尋ねる。
「ところで、後から来た艦隊の動きを見ましたか?」
「はい。しっかりと目に焼きついています。高速ターンや宙返りなどの曲芸飛行と言え
る様な、戦艦がまるで戦闘機のように動き回っていました」
 そう答えるのは、皇女艦隊を実際に取り仕切っているホレーショ・ネルソン提督であ
る。
「どこの艦隊でしょうか?」
「おそらく共和国同盟の復興を掲げる反攻組織である解放軍ではないでしょうか。連邦
軍があっさりと撤退したことを考えると、噂に聞くランドール艦隊」
「ランドール艦隊ですか……。とにかく指揮官にお会いして、話を伺ってみましょう。
連絡を取ってください」
「わかりました」

 ヘルハウンド艦橋。
「連邦艦隊が撤退していきます」
「速やかに被弾した艦への救援体勢を」
 オペレーター達は、戦闘放棄して撤退する敵艦を、アレックスが追撃しないこと重々
承知していた。より多くの敵艦を沈めて功績を上げることよりも、一人でも多くの将兵
を救い出すことを心情としているからである。
「帝国艦隊より、ジュリエッタ第三皇女様がお目通りを願いたいとの、通信が入ってお
ります」
「皇女様からか……。お会いしようしようじゃないか。艀を用意してくれ」
 さっそくアレックス専用のドルフィン号が用意され、舷側に銀河帝国皇家の紋章の施
された旗艦へと乗り出した。
 皇女艦の発着口に進入するドルフィン号。
 タラップが掛けられてアレックスが姿を現わす。
 すでにドルフィン号の回りには、武装した帝国兵士が取り囲んでいた。
 ゆっくりとタラップを降りるアレックスの前に、人垣を掻き分けて着飾った皇女が侍
女を従えて出迎えた。
「ようこそ、インヴィンシブルへ! 歓迎いたします」
 巡洋戦艦インヴィンシブルは、銀河帝国統合宇宙軍第三艦隊の旗艦であり、ホレーシ
ョ・ネルソン提督を司令長官に迎えて、ジュリエッタ皇女が統括指揮する体制をとって
いた。ゆえに第三皇女艦隊との別称がつけられ、艦艇数六十万隻を誇る銀河帝国最強の
艦隊である。同様に第二皇女のマーガレット率いる第二皇女艦隊と双璧を成している。
「インヴィンシブルか……」
 タラップを降りた時から感じていたことであったが、将兵達の態度や身のこなし方に
指揮統制の行き届いた様子が見受けられた。まさしく第三皇女の品格と、用兵術のなせ
る技というところだろう。
「共和国同盟解放戦線最高司令官のアレックス・ランドールです。どうぞよろしく」
「ランドール提督……。共和国同盟の英雄として知られる、あの名将のランドール提督
ですか?」
「そのランドールです」
 周りを取り囲む将兵達の間から驚きの声が漏れた。
 改めてアレックスの顔を見つめるジュリエッタ皇女だったが、
「あ……」
 一瞬息を詰め、凝視したまま動かなくなった。
 皇女の視線はアレックスの瞳に注がれていた。、
 その深緑の瞳は、銀河帝国皇族男子に継承されてきた誇り高き皇家の血統に繋がるこ
とを意味するエメラルドアイであった。
「どうなされましたか?」
 側に控えていた侍女が気遣った。
「い、いえ。何でもありません」
 気を取り直して、話を続けるジュリエッタ皇女。
「それでは、貴賓室でお話を伺いましょう。どうぞこちらへ」
 先に立って、アレックスを案内するジュリエッタ皇女。

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 II
2019.05.18


第三章 第三皇女(土曜劇場)


                 II

 連邦軍先遣隊の旗艦艦橋。
「皇女艦の包囲をほぼ完了しました」
「ようし、降伏を勧告してみろ」
「了解」
 戦闘情勢は有利とみて、余裕の表情だったが……。
「未知の重力加速度を検知! ワープアウトしてくる艦隊があります」
「なんだと? 艦が密集している空間へか?」
「間違いありません。重力値からすると、およそ二百隻かと」
「ワープアウトします!」
 戦闘区域のど真ん中にいきなり出現した艦隊。
 二百隻の艦隊は、皇女艦に取り付いている連邦軍艦隊に対して戦闘を開始した。
「包囲網が崩されています」
「何としたことだ。一体どこの艦隊なのだ」
 すさまじい攻撃だった。
 まるで戦闘機のように縦横無尽に駆け回る艦隊に翻弄される連邦軍艦隊。
 さらに連邦軍を震撼させる事態が迫った。
「背後より敵襲です! その数二千隻」
「敵襲だと? 帝国の援軍が到着したのか、しかも背後から」
「そんなはずはありません。本隊が救援に来れるのは、早くても三十分かかるはずで
す」
「じゃあ、どこの艦隊だ? 今取り付いているこいつらにしてもだ」
 と、言いかけた時、激しい震動と爆音が艦内に響き渡った。
「左舷エンジン部に被弾! 機関出力三十パーセントダウン」
 パネルスクリーンには、敵艦隊の攻撃を受けて、次々と被弾・撃沈されていく味方艦
隊の模様が生々しく映し出されていた。高速で接近し攻撃し、一旦離脱して反転攻撃を
加え続けていた。
「この戦い方は……。ランドール戦法か?」
 折りしも正面スクリーンに、攻撃を加えて離脱する高速巡洋艦。その舷側に赤い鳥の
ような図柄の配置された艦体が映し出された。
「こ、これは! サラマンダーじゃないか」
 その名前は連邦軍を震撼させる代名詞となっている。その精霊を見た艦隊は、ことご
とく全滅ないし撤退の憂き目に合わされているという。
「そうか! デュプロスに向かった別働隊との連絡が途切れたのもこいつらのせいに違
いない」
「ランドールのサラマンダー艦隊は、タルシエン要塞にあるのでは? それが何故、中
立地帯を越えたこんな所で……」
「知るもんか。これ以上、被害を増やさないためにも撤退するぞ」
「撤退? 後少しで皇女を拉致できるというのにですか?」
「何を言うか! すでに皇女艦の包囲網すら突き崩されてしまっているじゃないか。逆
にこちらの方が捕虜にされかねん情勢が判らないのか。ランドールは撤退する艦隊を追
撃したケースは、これまでに一度もない。だから捲土重来のためにも、潔く撤退するの
だ」
「判りました。撤退しましょう」
「戦闘中止の信号弾を上げろ! それで奴らの攻撃も止むだろう。その間に体勢を整え
て撤退する」
 旗艦から白色信号弾が打ち上げられた。

- CafeLog -