銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 IX
2020.09.13

第八章 トランター解放


IX


 惑星トカレフに近づく艦隊があった。
 ジュリエッタ皇女が坐乗するインヴィンシブル率いる第三皇女艦隊である。
 自国領エセックス侯国の伯爵が、先走って共和国同盟への簒奪に走ったとの報を受けて、
自ら説得のために足を運んだのである。
 今後とも同じような轍を踏まないように、きっちりとした態度を見せねばならない。
 カーペンター伯爵艦隊を取り囲むようにして、第三皇女艦隊の配備が完了した。
 インヴィンシブル艦橋に玉座するジュリエッタが発令する。
「トカレフを包囲する艦隊に威嚇射撃を行います」
 ホレーショ・ネルソン提督は、その意を察して下令する。
「威嚇射撃用意!艦に当てない至近に設定」

 伯爵艦隊では、突然の攻撃に右往左往していた。
「今の攻撃はなんだ?」
 軌道待機の艦隊を預かっている指揮官が尋ねる。
「味方艦、帝国艦隊です」
「味方だと?何故、攻撃する」
「巡洋戦艦インヴィンシブルを確認。ジュリエッタ様の艦隊です」
 皇女艦隊だと知って狼狽える指揮官。
 まさか皇女相手に反撃するわけにもいかず、そもそも艦船数で敵うはずもなかtった。
「今の攻撃は威嚇だけのようです」
「入電しました。インヴィンシブルからです」
「伯爵様に繋げ」
 それが精一杯の指令だった。

 通信は伯爵の元へと中継される。
「ジュリエッタ皇女様から通信が入っています」
「皇女様から?繋いでくれ」
 副官が通信端末を開いて受信操作をする。
 壁際のパネルスクリーンにジュリエッタ皇女の姿が映し出される。
「これはこれは皇女様。こんな辺鄙なところに何用でございましょう」
 川の流れを受け流す柳のように、平然至極のように尋ねる伯爵。
「それはこちらが聞きたい」
「何をでしょうか?」
「では聞くが、殿下がこの共和国同盟領に進撃した趣旨は理解しておろうな」
「はい。バーナード星系連邦から解放するためです」
「ならば問う。連邦を追い出したまでは良い。代わりに占領政策を行うとは、殿下の意志
に反するとは思わなかったのか?」
「そ、それは……」
 さすがに言葉に詰まる伯爵だった。
 一惑星の城主という身分では飽き足らないと感じていた。
 もっと大きな権限や領地が欲しかったのである。
 その気持ちが先走りして、大胆にも同盟領の占領という行為になったのだ。
 窓の外には、ジュリエッタが派遣したと思われる部隊が次々と降下していた。
 やがて、伯爵の居室に銃を構えた兵士がなだれ込んできた。
 そこへ悠然と姿を現す一人の文官。
 ジュリエッタ艦隊の中でも、戦闘に関わらずもっぱら政務に従事することを任としてい
た。
「政務次官補のレイノア・ロビンソン中佐です」
 と名乗った。
「この惑星トカレフの解放政策のために派遣されました」
「解放政策?」
「はい。アレクサンダー殿下のご意思のままに、このトカレフを元の共和国体制に復帰さ
せるためにです」
「帝国の領土にするのではなく、共和国制度に戻す……それが殿下のご意思なのか?」
「御意!伯爵、あなたを拘禁させて頂きます」
 配下の兵士に指令する政務次官補。
 兵士に両腕を掴まれ、うなだれる伯爵。

 ほどなくして伯爵配下の艦隊はサセックス侯国へと帰還することとなった。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 Ⅷ
2020.09.05

第八章 トランター解放




 惑星トカレフ軌道上に展開して、揚陸作戦を開始する伯爵艦隊。
 次々と降下してゆく揚陸艦の姿を、艦橋の正面のパネルスクリーンで確認する伯爵。
「守備艦隊はいないか?」
「いないようです。先ほど戦った相手が最後のようです」
「なら安心して占領できるな」
「占領とは……直接な言い方ですね」
「言いつくろっても仕方あるまい」
「ですな」
「降下部隊より連絡有り」
「報告しろ」
「行政府、放送局などの主要施設の掌握完了しました。惑星のほぼ三分の一を制圧しまし
た」
 惑星から次々と占領報告が上がってくる。
「そろそろいいだろう。艦を降下させろ。私自ら、陣頭指揮に立つ」
 部下に先鋒を任せ、自らは後方に陣取って動かない。
 安全が確保されと知るや、今度は自分の手で武勲を横取りしようというのである。
 アレックスとは対照的な人物のようである。
 宇宙港に着艦した旗艦の搭乗口が開いて伯爵が姿を現す。。
 太陽が眩しいのかサングラスを掛け、パイプを咥えながら昇降エレベーターを降りてく
る。
 旧日本占領軍司令官ダグラス・マッカーサーさながらの、トカレフの第一歩だった。
 降り立った伯爵を待ち受けていたのは、先鋒隊が現地調達で用意した車だった。
 向かう先は放送局だった。
 有線・無線を問わずすべての映像チャンネルが独占的に使用された。
 数多くのTVカメラやマイクに囲まれて政見放送を行う伯爵。
「本日をもって、この惑星トカレフは銀河帝国アレクサンダー皇太子殿下の名の下に、我
がニコラ・カーペンター伯爵の領地とする」
 そんな政見放送を見つめる住民達の関心事は、税金をどれくらい取られることになるの
か、増えるのか減るのか? という一点だけである。
 他国によって侵略されているということに変わりはなく、それが連邦から帝国に変わっ
ただけである。
 かつての司令官エッケハルト少佐が住んでいた豪邸で、占領祝賀パーティーが開かれる
こととなった。
 招かれた惑星各地の豪商や政治家達。
 新しい支配者に媚びる姿勢は、いつの時代でも同様なことが繰り返される
 酌み交わされる祝杯。
 ただ一つ、朗報というべきものがあった。
 バーナード星系連邦が占領地に設営していた、とある施設が廃棄されることとなったの
だ。
 授産施設である。
 当地の女性を徴用して人口殖産に励むことを強制する連邦の制度。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 Ⅶ
2020.08.29

第八章 トランター解放




「全艦全速前進! 敵の中央に潜り込め!」
 艦艇の絶対数で劣っている連邦としては、乱撃戦に持ち込んで同士討ちに誘い込むしか
ない。

 連邦の作戦行動に驚愕の反応を見せる伯爵。
「馬鹿な、ありえない!」
「多勢に無勢、気がふれましたか?」
 戦闘訓練では、向かい合っての撃ち合いが基本の帝国軍には、往来激戦など理解できな
かった。
 懐に飛び込まれて右往左往する間に同士討ちを始めた。

「思った通りだ。これで少しは長生きできるな」
「いつまで持ちますかね」
「ま、神に祈るだけの時間は稼げるさ」
「祈るのですか?神を信じているなんて意外です」
「俺は信じてはいないが、部下の中には一人ぐらいはいるだろう」
「ですかね」
「さてと、そろそろ反撃が来る頃だな」
 冷静さを保っている艦及び冷静さを取り戻した艦を中心に反撃を開始した。
 十五対二百五十では、まぐれ当たりでも損害率には大きな開きが出る。
 次々と撃沈されていく連邦艦。
「味方艦全滅!この艦のみになりました」
「敵艦にどれくらいの損害を与えたか?」
「およそ八十隻かと」
「まあ、よくやったというべきだろうな」
 帰る道を閉ざされている以上、降伏か玉砕しか選択肢はない。
「ようし!全速で敵旗艦へ迎え。ぶち当ててやる!」
「特攻ですか?」
「今更、降伏もないだろうからな」
「了解!機関全速、取り舵十度!」

「真っすぐ向かってきます!」
 正面スクリーンに、猛スピードで迫りくる敵艦に、伯爵艦は慌てふためいている。
「回避しろ!」
「取り舵全速!」
「だめです。間に合いません!」
 パネルスクリーンに目前に迫る敵艦。
「衝突警報!総員、何かに掴まれ!」
 と同時に激しい震動が艦内を襲った。
 艦内の至る所で、衝撃を受けて転倒する者が続出した。
「みんな無事か?」
「は、はい」
「艦内の損傷をチェックしろ」
「今調べているところです」
「敵艦はどうしたか?」
「粉々に砕け散ったもようです」
「こちらの装甲がより厚かったというところだな」
「それに敵艦はかなり損傷を受けていましたしね」
 被弾した艦艇に残る将兵達の救助が始められた。
 ある程度作業が進んだ頃合いを見てから、
「救助艦を残して残った艦艇を再編成してトカレフに向かうぞ」
 侵略を開始した。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 VI
2020.08.22


第八章 トランター解放


VI


 惑星トカレフに接近しつつある艦隊がある。
 サセックス侯国内のサウサンプトン城主ニコラ・カーペンター伯爵率いる二百五十隻の
艦隊である。
「惑星トカレフが見えてきました」
 正面のスクリーンに漆黒の宇宙に浮かぶ青い惑星が映し出されていた。
「ほう、これが新しい領地か」
「しかし殿下の許可を得なくて大丈夫でしょうか?」
「これからの戦いは、殿下のなされている共和国解放の一役を担うものなのだ」
 と、侵略行為を後付けで正当化しようとしていた。

 バーナード星系連邦の敗退により、首都星は共和国同盟解放軍の手によって陥落したが、
地方の領域には今まだ連邦軍が駐留して支配下に治めていた。
 そんな地方に向けて、帝国の貴族達がアレックス殿下の共和国解放の名の下に、侵奪を
はじめたのである。
「トカレフより戦艦。その数十五隻」
「さっそくお出迎えですか。しかし十五隻とはね」
「ここは首都星から遠く離れた辺境ですから。そんなに重要視していなかったのでしょう
う」
「ふむ、ともかく戦闘配備だ」

 連邦旗艦艦橋。
「おいでなすったぞ!」
 と指揮官が叫ぶと同時に、
「全艦戦闘態勢!」
 副官が応答する。
「十五隻対二百五十隻か……」
「どうしますか?」
「まともに戦ってはひとたまりもない。かといって、トカレフを放棄して撤退しようにも、
帰る場所は既にない」
 全滅しかない状況に、艦橋オペレーターは押し黙っていた。
「作戦どうこう言う状況ではないし、この際敵中のど真ん中に突入して暴れるか」
「いいですね。ランドール戦法とやらをやってみますか」
「ランドール戦法か」
「どうせ相手は、まともに戦ったことがないのです」
「よし!存分に暴れてやろう。全艦突撃!」
「全艦突撃!」
 指揮官の号令に、副官が復唱して戦闘が開始された。

 伯爵の戦艦艦橋ではひと悶着が起きていた。
 彼らが普段から軍事訓練してきた戦法は、離れて向かい合って砲撃し合うというものだ
った。
「無茶苦茶だ!」
「戦闘というものを知らないのか?」
 いわゆるランドール戦法は、手慣れていないと同士討ちになることもある。。
 もっとも連邦側にしてみれば、それが狙いなのだ。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 V
2020.08.15

第八章 トランター解放




 トリスタニア共和国同盟所領内にあるバルラント星域にある惑星トカレフ。
 首都星トランターから銀河帝国へ向かう輸送船などが、物資の補給でたまに立ち寄る程
度の寂れた星である。
 共和国同盟の敗北により、ここにも連邦軍の監視艇十五隻が派遣されていた。
 かつての行政府には、監視艇団の司令官エッケハルト少佐が、連邦軍の命を受けて行政
官の任に就いていた。
 むろん政策は、連邦軍の法令にそって行われていたが、こんな辺ぴな星を訪れる中央政
府役人はおらず、少佐は好き勝手放題の行政を行っていた。
 中央に納めるべき税収の一部を着服して私腹を肥やし、さらに独自の税を創設して民衆
から搾り取っていた。
 行政府のすぐ近くに豪邸を建て、まるで貴族のような生活を過ごしていた。

 だが、夢のような生活も終わりを告げようとしていた。

 豪邸の一室。
 ただ広い部屋の中、大きな窓際に大きな机が置かれてあり、一人の男が書類に目を通し
ている。
 バーナード星系連邦軍、バルラント星域監視艇団司令官、ムスタファ・エッケハルト少
佐である。
 机を挟んで向かい合うように立って報告書を読み上げているのは、副官のフリーデグン
ト・ビッケンバーグ中尉である。
 二人とも旧地球ドイツ系連邦人である。
「信じられんな……」
 報告を受けて唸るように呟くエッケハルト少佐。
 銀河帝国遠征艦隊がランドール艦隊によって全滅させられ、トランター駐留艦隊までも
が敗れて、首都星トランターが奪還・解放された報がもたらされたのである。
「事実であります」
 淡々と答えるビッケンバーグ。
「どうしたもんかのう」
「と、仰られますと?」
「我々の身の振り方だ」
「そうですね。いずれ掃討作戦が始まるでしょう。この地のように、連邦軍に占領された
惑星を奪還しにきます。しかし我々には、この地を放棄しても、連邦に帰る術がありませ
ん」
「だろうなあ……」
 頭を抱えるエッケハルト。
「答えは一つ。投降するしかないでしょう」
「しかし何もしないで明け渡すのも癪だ。迎え撃とうではないか」
 と言いつつ立ち上がる。
「どうせなら、綺麗に終わりたいですね」
「立つ鳥跡を濁さずと言うしな。まかせる」
「了解致しました」

 ランドール配下の掃討作戦部隊が刻々と近づいているだろうから時間は切迫している。
 ビッケンバーグは、大車輪でその作業に取り掛かった。
 惑星トカレフ住民に対して、占領政策の終了の告知。
 拘留していた旧政権の首脳陣達の釈放。
 授産施設に拘束していた女性達の解放。
 バーナード星系連邦においては、非戦闘員たる人民に対しては、丁重に扱うべき国風が
あった。
 それはかつて、スティール・メイスンがバリンジャー星域で見せた、惑星住民完全撤退
作戦にみることができる。

 数日後、接近する艦隊の報が入ってくる。
「いらっしゃいましたね」
「おうよ、丁重にお出迎えしようじゃないか」
「戦艦を主力とした総勢二百五十隻」
「ランドール配下の同盟軍か?」
「いえ、どうやら帝国軍のようです」
「帝国軍?」
「帝国皇太子となったランドールに迎合する新派の貴族というところでしょう」
「混乱に乗じて領土を広げようという魂胆だな。ついでに戦果を上げてランドールに取り
入ろうというとこだ」
「こちらの勢力は約十五隻。数の上では不利ですが」
「なあに、戦争したことのないお飾り艦隊だろう。恐れるに足りずだ。出撃するぞ」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -