性転換倶楽部/性転換薬 XX (八)アダムのリンゴ
2019.05.20


性転換倶楽部/性転換薬 XX(ダブルエックス)


(八)アダムのリンゴ

 二週目。

「お父さん、声変わりしてる」
 由香里は、わたしの体調の変化に逸早く気づく。それだけわたしのことを心配し、
気にかけている証拠である。
「そうか?」
「何か喋ってみてください」
「えーと……。あいうえお。たけやぶやけた。この竹垣に竹立て掛けたのは、竹立て
掛けたかったから、竹立て掛けたのです」
 ぱちぱち、と拍手する由香里。
「やっぱりです。女性の声になってます」
「ほんとうか?」
「はい。正確には、男性3・女性7という感じですね」
「そうか……」
「良かったですね。これで人前でも自由に声が出せますよ」
「そういえば、由香里はどうしたんだ。女性の声出せるようにするのに、相当苦労し
たんだろ?」
「ええ。最初のうちは全然だめでしたね。声がかすんだり、喉が痛んだりして、なか
なか巧く発生できませんでした。でも、ある日。ほとんど偶然に声が出せるようにな
りました。ちょっとしたコツがあったんです。それが判るまで悪銭苦闘でした」
「そうだろうなあ。その点、わたしは何の苦労もしないで声が出せるようになった。
声だけじゃなくすべての面においてもな」
「うらやましいですね」
 鏡を覗いてみると、喉仏が消失していた。
 首筋もかなり細くなっている。
「アダムのリンゴ、という逸話をご存じですか?」
「アダムのリンゴ?」
「昔々、楽園にアダムとイブという男女がいました。その楽園には、大きなリンゴの
樹があり、おいしそうな実がたわわに実っていました。しかし、それは神しか食べて
はいけない禁断の実でした。ある日の事、悪魔の化身の蛇が現れて、イブを誘惑して
そのリンゴの実を食べさせてしまいました。そのあまりのおいしさにイブは、アダム
にも食べさせてあげようとさらにリンゴを二つ取りました。『さあ、アダムもお食べ、
おいしいですよ』とリンゴを一個手渡して、自分も二つ目を頬張りました。イブがお
いしそうに食べるのを見て、禁断の実とは知りつつもリンゴを口にするアダム。
 その時でした。神が突然現れたのです。驚いたアダムはリンゴが喉につかえてしま
います。『おまえ達、禁断の実を食べたな』と、神は詰問しましたが、イブは食べて
いませんと嘘をつきます。『嘘をついてもわかるぞ』と神が言うと、イブの胸がぷっ
くりと膨らんでいきます。リンゴが喉につかえていたアダムの喉にも小さな突起がで
きました。
 リンゴを二つ丸々食べたイブと、喉につかえてしまったアダム。
 これが、女性には乳房が二つ、男性には喉仏ができたわけでした」
「あはは、なかなか面白いじゃないか。どこから仕入たんだ」
「お父さんの病院の待合室にある本棚に置いてあった本です」
「待合室か、あそこの本のことは、看護婦に任せているからな。確か、妊産婦向けの
婦人雑誌と、幼児向けの童話とかが置いてあるはずだが」
「実は、真菜美ちゃんが、入院していた時にたまたま見つけたんですよね。真菜美ち
ゃんは本好きだから、暇さえあれば読み漁っていたから」
「そうだな」

 声変わりと喉仏の以外にも、身体の変化は全体に及んでいた。
 筋骨隆々の男性的な体格から、なだらかで丸みのある、そしてほっそりとした女性
的な体格になっている。
 特に骨盤の発達が著しい。
 妊娠・出産を支える大切な器官だ。
 産婦人科医の意見として、もう少し発達してくれないと困る。これまでの発達スピ
ードからして、理想的な大きさになるには一週間はかかるだろう。
 反対に極端に小さくなっているのは、肩と肋骨あたりの骨。その部分の骨の成分が
吸収されて、骨盤の成長に回されているようだ。
 念のために骨密度を計ったら正常値にあった。まずは一安心。
 続いて、胎児の診断に使う、超音波診断器を使って、身体の中を透視してみる。
 通常の半分くらいにまで成長した子宮が映っていた。
 どうやら順調に改造が進んでいるようで一安心といったところか。
 それにしても……。子宮の中に胎児の姿をついつい探してしまうのは、産婦人科医
の哀しい性だ。胎児が映っていたら驚くだろうな。心霊現象かと、水子供養しなけれ
ばならないだろう。妻は処女だったからそれはないだろうが。それとも処女懐胎よろ
しくマリア様気分にでもなるか。


11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ I
2019.05.19


第四章 新型モビルスーツを奪回せよ


                 I

 海上を進む機動戦艦ミネルバ。
 第一作戦室では台上に投影された航海図を囲んで士官たちが作戦を討論していた。
「しかし……、ここまで来て、バイモアール基地が陥落したことを知らせてくるとは。
何も知らずに基地に向かっていたらどうなっていたか……」
「それは無理からぬことではないでしょうか。何せ敵の只中にいるのですから、通信は
基地の所在を知らせる危険性があります。もちろん敵も通信傍受の網を広げて、我々を
必死で探し求めています」
「で……。どうなさいますか、艦長」
 一同の視線がフランソワに集まった。
 フランソワは毅然として答える。
「命令に変更はありません。情報によれば、最新型のモビルスーツを搭載していた輸送
艦が搾取されて、基地に係留されているという。最新型を回収し、予定通りに訓練生を
収容します」
「訓練生と申されましても、すでに敵軍に感化されてしまっていて、スパイとして紛れ
込むという危惧もありますが……」
「それは覚悟の上です。何しろこの艦には乗員が足りないのです。交代要員もままなら
ない状態で戦闘が長引けば、士気は減退し自我崩壊に陥るのは必至となります」
 いかに最新鋭の戦闘艦といえども、それを運用する兵員がいなければ、その戦闘力を
発揮できない。問題とするなれば、カサンドラ訓練所はモビルスーツ・パイロットの養
成機関であり、パイロット候補生に艦の運用に携わる任務をこなせるかどうかである。
それでも、猫の手も借りたい状況では、一人でも多くの兵員が欲しい。特殊な技術や知
識を必要としない部門、戦闘で負傷した将兵を運んだり介護する治療部衛生班や、艦載
機などに燃料や弾薬などを補給・運搬する整備班など。特に重要なのは、戦闘中に被爆
した際における、艦内の消火・応急修理などダメージコントロール(ダメコン)と呼ば
れる工作部応急班には、事態が急を要するだけにパイロットであろうと誰であろうと関
係なしである。とりあえずはパイロットであることは忘れてもらって、各部門に助手と
して配備させて、手取り足取り一から教え込んでいくしかないだろう。

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 II
2019.05.18


第三章 第三皇女(土曜劇場)


                 II

 連邦軍先遣隊の旗艦艦橋。
「皇女艦の包囲をほぼ完了しました」
「ようし、降伏を勧告してみろ」
「了解」
 戦闘情勢は有利とみて、余裕の表情だったが……。
「未知の重力加速度を検知! ワープアウトしてくる艦隊があります」
「なんだと? 艦が密集している空間へか?」
「間違いありません。重力値からすると、およそ二百隻かと」
「ワープアウトします!」
 戦闘区域のど真ん中にいきなり出現した艦隊。
 二百隻の艦隊は、皇女艦に取り付いている連邦軍艦隊に対して戦闘を開始した。
「包囲網が崩されています」
「何としたことだ。一体どこの艦隊なのだ」
 すさまじい攻撃だった。
 まるで戦闘機のように縦横無尽に駆け回る艦隊に翻弄される連邦軍艦隊。
 さらに連邦軍を震撼させる事態が迫った。
「背後より敵襲です! その数二千隻」
「敵襲だと? 帝国の援軍が到着したのか、しかも背後から」
「そんなはずはありません。本隊が救援に来れるのは、早くても三十分かかるはずで
す」
「じゃあ、どこの艦隊だ? 今取り付いているこいつらにしてもだ」
 と、言いかけた時、激しい震動と爆音が艦内に響き渡った。
「左舷エンジン部に被弾! 機関出力三十パーセントダウン」
 パネルスクリーンには、敵艦隊の攻撃を受けて、次々と被弾・撃沈されていく味方艦
隊の模様が生々しく映し出されていた。高速で接近し攻撃し、一旦離脱して反転攻撃を
加え続けていた。
「この戦い方は……。ランドール戦法か?」
 折りしも正面スクリーンに、攻撃を加えて離脱する高速巡洋艦。その舷側に赤い鳥の
ような図柄の配置された艦体が映し出された。
「こ、これは! サラマンダーじゃないか」
 その名前は連邦軍を震撼させる代名詞となっている。その精霊を見た艦隊は、ことご
とく全滅ないし撤退の憂き目に合わされているという。
「そうか! デュプロスに向かった別働隊との連絡が途切れたのもこいつらのせいに違
いない」
「ランドールのサラマンダー艦隊は、タルシエン要塞にあるのでは? それが何故、中
立地帯を越えたこんな所で……」
「知るもんか。これ以上、被害を増やさないためにも撤退するぞ」
「撤退? 後少しで皇女を拉致できるというのにですか?」
「何を言うか! すでに皇女艦の包囲網すら突き崩されてしまっているじゃないか。逆
にこちらの方が捕虜にされかねん情勢が判らないのか。ランドールは撤退する艦隊を追
撃したケースは、これまでに一度もない。だから捲土重来のためにも、潔く撤退するの
だ」
「判りました。撤退しましょう」
「戦闘中止の信号弾を上げろ! それで奴らの攻撃も止むだろう。その間に体勢を整え
て撤退する」
 旗艦から白色信号弾が打ち上げられた。

- CafeLog -