冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 61
2019.09.17


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 61


勇者「ここはどこだ?」
ナレ1「先行した勇者の目の前には漆黒の闇が広がっていた」
ナレ1「勇者の目の前には漆黒の闇が広がっていた」
勇者「真っ暗だな」
ナレ1「一歩踏み出すと同時に、ふわっと出現したパーティー一行が覆いかぶさ
る」
リリア「きゃっ!」
ナタリー「どうやら無事に着いたようね」
コンラッド「みなさん大丈夫ですか?」
リリア「あたしは大丈夫です」
ナタリー「平気よ」
勇者「大丈夫じゃねえ!いい加減にどけよ」
ナレ1「下敷きになってしまった勇者が怒りの声を出す」
ナタリー「あら、クッションかと思ったわ」
勇者「どけえ!(と上に乗っかる一行をはねのける」
コンラッド「これは失礼なことをした」
勇者「ったく、しようがねえなあ」
リリア「勇者さんの見識が正しかったようですね」
勇者「あたぼうよ。だてにゲームキングを名乗ってねえや。ドラクエは11まで全
コンプリートだぜえ(と指でVサインを示した)」
ナタリー「さすが自他ともに遊び人を自覚しているだけあるわね」
勇者「あたぼうよ」
ナレ1「おべっかを使っていることに気づかない勇者」
コンラッド「先に進みましょう」
勇者「そうは言っても辺り一面の闇だぜ。どっちへ行きゃいいんだよ」
コンラッド「大丈夫です。羅針盤が反応しています。指し示す方向へ行きましょ
う」
勇者「本当に大丈夫なんだろうなあ」
リリア「信じるしかありません。他に行く道がないのですから」
ナレ1「闇に包まれた世界を、羅針盤を頼りに手探りで進む一行。やがて行く先に
光明が見えてきた」
リリア「光が見えます!」
ナタリー「ほんとだ。急ぎましょう」
コンラッド「足元に注意してください」
ナレ1「一行が暗闇を抜け出た先に待っていたのは……広々とした平原に断崖絶壁
に囲まれた空間であった」
勇者「なんだよ、あの洞窟を抜け出た光景とまったく同じじゃないか」
ナタリー「元に戻ってしまったの?」
リリア「まさか、また幻惑視なんでしょうか?」
ナタリー「いえ、幻惑視じゃないわ。でも前とは雰囲気が違うような……」
コンラッド「見てください!あそこです(指さす)祠のようなものが見えます」
リリア「あ!ほんとうだ、行ってみましょう」
ナタリー「トラップとかに気をつけながらね」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 60
2019.09.16


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 60


コンラッド「さあ、気を引き締めて行きましょう」
ナタリー「クアール様がどんな試練を与えるかが問題ですね」
コンラッド「モンスターをぶつけてくる物理攻撃か、幻惑視などの精神攻撃なのか、
しっかりと見極めなければなりませんね」
リリア「昨日は幻惑視だったということですよね。すると今日はモンスター?」
コンラッド「ともかく羅針盤の示す通りに進みましょう」
勇者「ちぇっ!面倒くさいな」
ナレ1「と、突然モンスターが現れた」
コンラッド「おいでなすった!」
ナレ1「スライムが現れた!」
勇者「こいつなら楽勝だぜ、それ!」
ナレ1「スライムは仲間を呼んだ。スライムが十匹になった」
ナレ2「なんとスライムたちがどんどん合体していく」
ナレ1「なんとキングスライムになってしまった」
ナタリー「仲間を呼ぶモンスターか、厄介だわ」
コンラッド「素早く倒さないとキング化しますからね。言いながらキングスライム
を倒す」
ナレ1「ドロルメイジが現れた!」
ナタリー「ああ、こいつはマホトーンかけてくるわね」
コンラッド「まかせてください」
ナレ1「腰の剣を抜くと、えいやっと斬りかかる」
ナレ2「次から次へと現れるモンスターを倒してゆく一行。最初はかなりの頻度で
現れたが、やがて少なくなってゆく」
勇者「もしかして種切れか?」
ナレ1「大神官ハーゴンが現れた!」
勇者「ハーゴンだと!?ドラクエⅡのラスボスじゃないか。フェリス王国の大神官
の回し者か?」
コンラッド「まさか……とにかく、気を引き締めていきますよ。ナタリーさん攻撃
魔法できますか?」
ナタリー「攻撃魔法ね。分かったわ」
勇者「こいつとの対戦にはスクルトが有効だぜ、甘い息掛けられても多少耐えられ
る。ベホマ使われないようにマホトーンを掛けるのも良作だ」
ナタリー「全部あたしの役目じゃない。あんたのやることないの?」
勇者「俺は遊び人だぜ。せいぜい応援するだけだ。それ!フレーフレー(と応援団
長よろしく踊り始めた)」
ナタリー「使えねえ奴だな」
リリア「あたしは、回復薬で支援しますね」
コンラッド「お願いします」
ナレ1「ナタリーとリリアの支援を受けて勇猛果敢にハーゴンに飛び掛かるコンラ
ッド。悪戦苦闘しながらも何とか倒すことに成功する」
リリア「やったあ!倒しました」
ナタリー「さすが正義の騎士。惚れちゃうわね」
勇者「さあ、エンディングだあ!テーマソング高らかに……あれ?」
ナレ1「ハーゴンは倒され消え去ったが何事も起こらない。いや、地面をよく見る
と何やら紋章が出現していた」
コンラッド「これは、クアール最高導師様の紋章です」
勇者「なぬ?するとこの紋章の上に乗ると、クアールさんとやらの所に行けるって
ことか?」
ナタリー「何のこと?」
勇者「そうじゃないか。2Dマップの上に描かれた城や町の図柄の上に乗ると、そ
の内部に入れるじゃないか。ワープゾーンだよ」
リリア「相変わらず、ドラクエなんですね」
勇者「あったりめえよ。冗談ドラゴンクエストだろうが」
ナタリー「これが罠ということも考えないの?」
勇者「これ以上、当てもなく歩き回る方が馬鹿だよ。俺は行くぜ!(と紋章の上に
乗る)」
リリア「消えました!?」
ナタリー「どこへ飛んだ?奈落の落とし穴かな?」
コンラッド「とにかく、彼を放っておくわけにはいきません。我々も続きましょ
う」
ナタリー「そうね。クアール様もそうそう酷いことしないでしょう」
リリア「行きましょう」
ナレ1「意を決して、勇者の後を追って紋章の上に乗る一行だった。途端にどこか
へと消え去った」


11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XVⅢ
2019.09.15


 機動戦艦ミネルバ/第四章 新型モビルスーツを奪回せよ


                XVⅢ

「高速推進音接近! 魚雷です」
 聴音機(パッシブソナー)に耳を傾けていたソナー手が報告する。
「急速浮上! デコイ発射」
 魚雷が急速接近してくる。SWSは急速浮上してこれを交わしながら、デコイ
(囮魚雷)で魚雷の目標を反らしてしまおうというのだ。
「アクティブ・ソナー音が強くなってきます。敵艦接近中」
 超音波を出して、その反響音から敵艦の位置を探るのがアクティブソナーである。
敵艦を補足して、頭上から爆雷を投下するのが、攻撃の手順である。
 敵艦を探知するには確実であるが、逆に言えば音源を発していることから逆探知
されることを意味して、隠密を前提とする潜水艦側から使用することはまれである。
「爆雷です!」
 イヤフォンを急いで外しながら、再び叫ぶソナー手。
「取り舵十度! 深度百メートル」
 逃げ回るしかなかった。
 水上艦対潜水艦の一対一の戦闘の場合、圧倒的に水上艦の方が優位だとされてい
る。艦の速度差、探知装置の充実性、攻撃力の相違など、水中にある潜水艦は劣勢
に立たされる。よって水上艦と接触したら逃げ回るしかないのが現状である。
 最上の方策が、敵の攻撃や探知の届かない深深度潜航で逃げるのが一番である。
 しかしこの艦長は、反撃を企んでいるのか、浅い水域を逃げ回っていた。
 一回目の爆雷攻撃を終えた水上艦は一旦離れていった。が、やがて引き返してき
て攻撃を再開するだろう。
「もう一度魚雷がくるはずだ。それを交わして次の爆雷攻撃の直後に、潜望鏡深度
に急速浮上して、魚雷攻撃を敢行する。狙いはつけられないが、必ず当てられるは
ずだ」
 予想通りに魚雷が襲い掛かってくる。
「アンチ魚雷発射! 五十まで浮上」
 迫り来る魚雷を直接破壊する迎撃魚雷である。
 難なく魚雷を交わして、次の攻撃を待つ。
「さて、次にくる爆雷攻撃の後が肝心だ。艦尾魚雷発射管に魚雷を装填。発射角度
を三度で調整」
 逃げ回ってはいるが、余裕綽々の艦長であった。そもそも潜砂艦として建造され
た構造上、通常の潜水艦に比べて外壁に格段の相違があったのだ。その厚さだけで
も二倍以上あるし、砂の中を進行する為に非常に滑りやすくできていた。仮に爆雷
が炸裂してもビクともしないし、魚雷もつるりと滑って反れてしまう確率が高い。
 ソナー音が近づいてきた。
「おいでなすったぞ」
 やがて水上艦からの爆雷攻撃が再開された。
「よおし。潜望鏡深度まで浮上! 魚雷発射準備」
 爆雷の雨の中を上昇するSWS。
 すでに水上艦はすれ違いを終えている。
「今だ! 魚雷発射!」
 艦尾魚雷が発射される。
 扇状に開きながら、敵艦に向かう魚雷。
 そして見事に敵艦に命中した。
 火柱を上げながら沈んでいく水上艦。
 SWSの艦内にも、きしみ音を上げて水没していく様子が、水中を渡って響いて
くる。
「撃沈です」
「よし。皆、よく耐えて頑張ってくれた。これより基地に帰還する」
 乗員達の表示に明るさが戻ってくる。
 久しぶりの基地帰還である。
 艦内ではできなかったシャワーを浴びたり、豪勢な肉料理にかぶりついたり、そ
して何より、しばしの休暇が与えられるの一番の喜びだった。

 第四章 了


11

- CafeLog -