銀河戦記/鳴動編 第二部 第六章 皇室議会 Ⅱ
2020.03.14

第六章 皇室議会


II


 そういった情勢の間にも、エリザベス以下マリアンヌまでの皇女達の間では、アレック
スを立太子する方向にほぼ同意がなされていた。皇室議会においてジョージ親王がすでに、
皇太子擁立の詮議が確定してしまっている以上、摂政エリザベスをしてもそれを覆すこと
はできない。とはいっても再審議の際には、家族協議における一致があれば、それを尊重
しないわけにはいかない。
 家族だけが集う午餐会には、アレックスを交えて皇女達が仲睦まじく食事を囲む風景が、
ここしばらく続いている。皇太子誘拐、継承争いにかかる姉妹の断絶、そして連邦軍の侵
略と、内憂外患に煩わされていた日々を清算するためには、まず姉妹の絆を結束すること
からはじめなければならない、と誰しもが思っていたからである。アレックスが戻ってき
た今こそがいい機会なのだと。
 最上位席(つまり食卓の端の席)にアレックスが腰掛けて、その両側に順次第一皇女か
ら並んで腰を降ろしている。
「どうも困った事態になりつつあります。摂政派と皇太子派が一触即発状態にまで発展し
つつあります」
 アレックスの口から最初に出た言葉だった。
 それに呼応してマーガレットが答える。
「それもこれも、皇室議会が皇太子問題を棚上げにしているせいよ」
「ベスには悪いけど、皇室議会は摂政派が過半数を占めていますからね」
 ジュリエッタも批判的な意見だった。
 摂政派……。
 誰が最初に言い出したかは判らない。
 皇太子候補となったロベール王子と父親のロベスピエール公爵一派というのが、真の意
味での正確な表現であろう。
 そして母親であり公爵夫人であるエリザベスが、銀河帝国の摂政として国政を司ってい
ることから、誰から言うともなく摂政派と呼称されるようになった。
 摂政派という呼称を使われるとき、エリザベスは辛酸を飲まされるような気分に陥る。
 しかも血肉を分けた家族から言われる心境はいかがなものであろうか。
「今は摂政派だ皇太子派だと論じている場合じゃない。総督軍の迫り来る情勢の中、早急
に迎撃体制を整えなければならないというのに。とにかく内政に関しては、これまで通り
にエリザベスに任せますよ」
「問題は傀儡政権となっている頭の固い大臣達よ。帝国軍を動かすには予算繰りから人事
発動まで、実際に権限を持っているのは大臣なんだから。何かにつけていちゃもんを付け
てはなかなか動こうとはしない」
「そうね。今動かせる艦隊は、第二艦隊と第三艦隊だけじゃない。叔父様達の自治領艦隊
は動かすわけにはいかないし……」
「合わせて百四十万隻。総督軍は二百五十万隻というから、数だけを論ずるなら確実に負
けるわね」
「あたしの艦隊もあるわ」
 マリアンヌが口を挟んだ。
 第六艦隊の十万隻を忘れないでという雰囲気だった。
「そうだったわね。合わせて百五十万隻よ」
 十万隻増えたところで体勢に影響はないが……。
 幸いにも将軍達は、アレックスに好意的だったので、軍内部での統制はすこぶる良好で
あった。
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・1
2020.03.13

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・1


メニューへ

ドラマに戻る



ナレ1「それは勇者が16才になるたんじょう日のことであった」
母親「おきなさい。おきなさい、わたしのかわいい勇者や」
ナレ1「そこは勇者の寝室。心地よい音楽の流れる中、母親に起こされる」
母親「おはよう、勇者。もう朝ですよ。今日はとても大切な日。勇者が王さまに旅立ちのゆる
しをいただく日だったでしょ。娘のおまえを、この日のためゆうかんな男の子のように育てた
つもりです」
ナレ1「というなり、部屋の外に出て、勇者の来るのを待っている」
勇者「あと、五分……」
ナレ1「などという、たわごとは許されず、とりあえずベッドをピョンと降りて、母親のそば
へ」
母親「さあ、母さんについてらっしゃい」
ナレ1「というと強引に王宮の門の前に引っ張ってゆく」
母親「ここから、まっすぐいくと、アリアハンのお城です。王さまに、ちゃんとあいさつする
のですよ。さあ、いってらっしゃい」
勇者「なんでやねん?」
ナレ1「どうやら納得していない勇者だった」
母親「勇者や、どうしたの?王さまに会っていらっしゃい」
勇者「ちょっと遊びに行くわ」
母親「勇者や、どこへいくつもり?あんなに楽しみにしていたのに、王さまに会わなくてもい
いの?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「はい、だと?俺には関係ないもんね」
母親「そうなの?今日会わないと、もう王さまは勇者に会ってくれないかも。本当に、それで
いいのね?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「はい、俺はもっと遊びたいんだ」
母親「そう……。そこまでいうなら、母さんはもうなにもいわないわ」
ナレ1「と言って、勇者を置いて立ち去ろうとするが……。ふと振り返って」
母親「じゃあ、おうちに戻るけど、最後にもう1度だけ聞くわ。本当に王さまに会わないの
ね?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「俺は遊び人になるんだ!」
母親「わかったわ。勇者も、もう自分のことは自分で考えたい年頃ですものね。勇者の好きな
ようにしなさい。でも、無茶だけはしないでね」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「分かってるよ。しつこいなあ……」
母親「……。じゃあ、母さんはいくわ。気をつけてね」
ナレ1「そういうと、自宅へと戻っていくのであった」
勇者「ふむ、こういうのを天邪鬼あまのじゃくというんだっけ?まあ、いいや」
ナレ「城の外へと出歩く勇者」
勇者「さてと、とりあえず適当に歩き回るか」
ナレ「魔物が現れた。スライム1匹、おおがらす4匹」
勇者「スライムは簡単だな」
ナレ「まもののむれをやっつけた!勇者は28ポイントのけいけんちをかくとく!14ゴールドを
てにいれた!」
勇者「ざっと、こんなもんだろう……しかしHPが3になったな。今度魔物にであったら死ぬ
な」
ナレ「おおがらす2匹が現れた」
勇者「ほいさ!」
ナレ「勇者はレベル2にあがった!最大HPが……」
勇者「あはは、HP1だな。今度こそ死ぬぞ」
ナレ「スライムが3匹現れた」
勇者「うむ」
ナレ「勇者はぜんめつした!」
勇者「死んだ!……が、俺一人しかいないのに全滅はおかしいだろ?」
ナレ「どこかの建物の中の修女の前に立っていた」
修女「やっと、気がつかれたようですね。あまり無茶をなさいませぬように」
ナレ「そこはルイーダの酒場とよばれる場所だった」
勇者「なるほど……。王さまに会っていないとルイーダの酒場で復活するのか」
ルイーダ「ここはルイーダの酒場。冒険者たちが集う出会いと別れの酒場よ。もし、王さまに
旅立ちの許しをもらえたなら、あなたもここに来るといいわ。きっとステキな仲間たちを見つ
けられてよ」
勇者「そうか……。王さまに会わなければ、仲間を集められずパーティーも組めないというこ
となのね。つまりゲームクリアも不可能ということか……しようがねえ、王さまに会うとする
かな」
ナレ「ということで、遅まきながら登城する勇者だった」
国王「ふむ……。やっと来たようじゃな。いつまでまっても来ないので、やきもきしていたと
ころじゃ。そうか…そなたが、あの時の子か……。ずいぶんと大きくなったのう」
勇者「うむ、誰でも年を取れば大きくなるものだ」
国王「そなたはお ぼえておらぬだろうが、1度だけそなたに会ったことがあるのだ。あれは、
そなたの父オルテ ガが戦いのすえ、火山に落ちたとの報告をうけた日じゃったな」
勇者「覚えてないな」
国王「オルテガこそ、この国がほこ れる勇者であった……。まことにおしい命をなくしたも
のよのう……。しかし、その父のあと をつぎ旅に出たいというそのたの願い、しかと聞きと
どけたぞ!そなたなら、きっと父の遺志 をつぎ、世界を平和にみちびいてくれるだろう」
勇者「(´・ω・`)知らんがな」
国王「敵は、魔王バラモスじゃ!世界のほとんどの 人びとは、いまだ魔王バラモスの名前すら
知らぬ。だが、このままではやがて、世界はバラモ スの手に……。それだけは、なんとしても
くいとめねばならぬ!勇者よ、魔王バラモスをたお してまいれ!しかし、ひとりではそなたの
父オルテガの不運を、ふたたびたどるやも知れぬ」
勇者「話が長いな……(鼻くそホジホジ)」
国王「町の酒場で仲間をみつけ、これで仲間たちのそうびをととのえるがよかろう」
ナレ「勇者は、50Gと武器防具をうけとり、ふくろにいれた!」
勇者「ふくろ……?何のことだ?」
ナレ「解説します。スマホ版のドラクエⅢでは、預り所において道具の預りを廃止して、パー
ティー共通の『ふくろ』というアイテム保管袋が実装されました」
勇者「そうなのか……解説ご苦労さん」
ナレ「どういたしましたて……。国王の話は続く」
国王「では、また会おう!勇者よ!」
勇者「さてと、ルイーダの酒場で仲間を集めるか……」
ナレ「王様との謁見を終えて城を出て、ルイーダの酒場に向かう」
勇者「まずは二階の登録所だな」
登録「ここは、冒険者たちのとうろく所。あなたが仲間にしたいひとをさがしだし、冒険者の
めいぼにとうろくしてさしあげましょう。めいぼにとうろくしておけば、ルイーダの酒場でそ
の人をよびだすことができますよ。新しいひとをめいぼにとうろくしますか?」
勇者「無論だ!」
登録「どんなひとをご希望ですか?まずは名前を教えてください」
勇者「そうだな……コンラッド……なに?四文字しか入力できないだと?しょうげねえ、短く
して【コンラド】でいいや」
登録「おとこにしますか?おんなにしますか?」
勇者「そうさな、おんなでいいや。女だけのパーティーにしよう。女になったコンラッドも面
白そうじゃないか」
登録「職業は?」
勇者「騎士……はないから、戦士だ。女戦士ね」
登録「ごきぼうの条件だと、このひとが見つかりましたがいいですか?」
勇者「(ステータスを確認することなく)いいんじゃね(適当)」
登録「勇者さんのお仲間には、王さまからとくべつに、げきれいの品がおくられます。ちから
のたね、すばやさのたね、など5種類のたねのうち、いくつかを仲間につかうことができます。
どのたねにするかは、勇者さんが決めてもいいし、私におまかせしてくださってもけっこうで
す。勇者さんが決める場合は、もちろんお好きなたねを使っていただきますが……私におまか
せの場合は、とにかくそのときの私の気分でやらせてもらいます。では、コンラドさんへの、
たねのつかいかたはどうしますか?」
ナレ「じぶんでやる、おまかせにする、選択してください」
勇者「面倒だから、おまかせにするよ」
登録「そうですか。では、まかさせていただきます……(ステータスが上げられる)さて……
おわりました。なかなかロマンチストのようですね。では、コンラドさんをとうろくします。
よろしいですか?」
勇者「よろしく頼むぜ」
登録「たしかにとうろくしました。これでルイーダの酒場にいけば、コンラドさんを仲間にで
きます。ほかのひともめいぼにとうろくしますか?」
勇者「頼むよ」
ナレ「ということで、コンラド/戦士、ナタリー/魔法使い、リリア/僧侶、という仲間を登
録した。もちろん全員女性」
勇者「うむ、皆どこかで聞いたことのある名前だが、気にしないでおこう」
ナレ「1階に降りてルイーダの店に寄る」
ルイダ「ここはルイーダの店。旅人たちが仲間をもとめてあつまる出会いと別れの酒場よ。なに
をおのぞみかしら?」
ナレ「なかまをよびだす、なかまをあずける、めいぼをみる、からお選びください」
勇者「なかまをよびだすぞ」
ルイダ「だれをお呼びしましょうか?」
勇者「コンラド、ナタリー、リリア、を頼む」
ルイダ「お三方を仲間にくわえるのね。わかったわ。お三方!勇者さんがお呼びよー!」
ナレ「三人が仲間にくわわった」
勇者「そいじゃ、王からもらった武具を分配するぜ」
ナレ「武具を分配する勇者」
コンラト「ありがとうございます」
リリア 「仲間になったことだし、一応自己紹介しませんか?わたしは、リリアで僧侶です」
ナタリー「あたしはナタリー、魔法使いよ」
コンラト「私はコンラッド、戦士です」
勇者「そいじゃ、俺は勇者という名の勇者だ」
コンラト「勇者という名の勇者ですか……どこかで聞いたようなセリフですね」
ナタリー「そうそう、あたしも見たことがあるような気がするんだけど。しかも、30000Gの貸しが
あったような……」
リリア 「わたしもです。なんか懐かしいような……」
勇者「な、なにを言ってるんだい。俺は16歳になったばかりの女の子だぜ」
ナタリー「そうそう、その喋り方もね」
リリア 「どうやら前世では、ゆかりのある間柄のような気がします」
コンラト「もしかしたら、前世の昔か別の世界で、仲間同士だった者が、現在に転生してきたので
はないでしょうか?」
勇者「そうか……。異世界転生物語だったのか?スマホも持っているしな」
リリア 「ところで、女の子なのに自分のことを俺って呼ぶんですね」
勇者「そう……母によると、父のオルテガにような立派な勇者となるように、男の子として育
てとか……オープニングで言ってたしな……それに俺の方がしっくりくるんだよ」
ナタリー「前世はおかま?だったとか?」
リリア 「……(何か思い出そうとしているが思い出せない様子)」
勇者「ちょっと違うような気がするが……。まあ、いいや。ともかくゲームを始めよう」
リリア 「あの……。ゲームじゃなくて、冒険では?」
勇者「そうそう、冒険だよ。冒険に繰り出そう!」
ナタリー「やっぱり冒険ってワクワクするわ~!」
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 母に連れられて
2020.03.11


ドラマに戻る



ナレ1「それは勇者が16才になるたんじょう日のことであった」
母親「おきなさい。おきなさい、わたしのかわいい勇者や」
ナレ1「そこは勇者の寝室。心地よい音楽の流れる中、母親に起こされる」
母親「おはよう、勇者。もう朝ですよ。今日はとても大切な日。勇者が王さまに旅立ちのゆる
しをいただく日だったでしょ。娘のおまえを、この日のためゆうかんな男の子のように育てた
つもりです」
ナレ1「というなり、部屋の外に出て、勇者の来るのを待っている」
勇者「あと、五分……」
ナレ1「などという、たわごとは許されず、とりあえずベッドをピョンと降りて、母親のそば
へ」
母親「さあ、母さんについてらっしゃい」
ナレ1「というと強引に王宮の門の前に引っ張ってゆく」
母親「ここから、まっすぐいくと、アリアハンのお城です。王さまに、ちゃんとあいさつする
のですよ。さあ、いってらっしゃい」
勇者「なんでやねん?」
ナレ1「どうやら納得していない勇者だった」
母親「勇者や、どうしたの?王さまに会っていらっしゃい」
勇者「ちょっと遊びに行くわ」
母親「勇者や、どこへいくつもり?あんなに楽しみにしていたのに、王さまに会わなくてもい
いの?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「はい、だと?俺には関係ないもんね」
母親「そうなの?今日会わないと、もう王さまは勇者に会ってくれないかも。本当に、それで
いいのね?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「はい、俺はもっと遊びたいんだ」
母親「そう……。そこまでいうなら、母さんはもうなにもいわないわ」
ナレ1「と言って、勇者を置いて立ち去ろうとするが……。ふと振り返って」
母親「じゃあ、おうちに戻るけど、最後にもう1度だけ聞くわ。本当に王さまに会わないの
ね?」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「俺は遊び人になるんだ!」
母親「わかったわ。勇者も、もう自分のことは自分で考えたい年頃ですものね。勇者の好きな
ようにしなさい。でも、無茶だけはしないでね」
ナレ1「はい、いいえ、で答えて下さい」
勇者「分かってるよ。しつこいなあ……」
母親「……。じゃあ、母さんはいくわ。気をつけてね」
ナレ1「そういうと、自宅へと戻っていくのであった」
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -