あっと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-2
2020.01.21

あっと! ヴィーナス!!第二部


第二章 part-2

 天空城の中にある神殿。
 玉座に座り神子を侍らせて、酒をあおっているアポロがいる。
 そこへ、愛を誘拐した黒服が入場する。
「ご命令のものをお連れしました」
 と抱えていた愛を、慎重に床に降ろした。
「ご苦労だった。下がってよいぞ」
「ははっ」
 静かに退場する黒服。
「ご尊顔を拝見するか……」
 アポロが右手を前にかざすと、愛の身体が浮き上がって、アポロの方へ。
 そしてふわりと、その膝の上に乗った。
「さて、どんな顔をしているかな」
 愛の顎をしゃくりあげるようにして、その顔を眺めるアポロ。
「ほほう。なかなか可愛い顔立ちをしておるな。気に入ったぞ」
 と、ほくそ笑んだその時。
 神殿にテレポートしてきた者がいた。
 ゼウスの妻のヘラだった。
 アポロの膝の上の愛を見て、
「どうやら無事に成し遂げたようだね」
 安堵の表情をしている。
「約束通り、わたしの女にするよ。いいね」
「好きにするが良い」
 念のためにと近づいて、顔を確認するヘラ。
「違う!この子じゃない。人違いだ!」
 驚いた表情のヘラ。
「どうして?写真の女の子だろ?」
 例の写真と見比べている。
「その女の子の後ろにいるのが本物だよ」
「はん?後ろの女の子?」
「そうだ!」
「いい加減な写真を渡すなよ。後ろなら後ろとちゃんと言えよ」
「それは悪かった。とにかく、もう一度やってくれ」
「やってやらないことはないが……。この娘は頂いておく」
「勝手にしろ!」
 というと、いずこへともなく消え去るヘラ。
「いい加減だから、ゼウスにも飽きられるんだよ」
 アポロが呟いた途端、
「今、何か言ったか?」
 忽然と、再び現れたヘラ。
 聞き耳を立てていたのか?
「いや、何も。空耳だろう」
 陰口に戸は立てられぬ、という諺どおりである。
「そうか……では、頼んだぞ」
 念押しして再び消え去る。

「黒服を呼べ!」

11
あっと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-1
2020.01.20

あっと! ヴィーナス!!第二部


第二章 part-1

「アポロが無類の女好きなのは、君も知っているだろう」
「まあな」

 アポロと関係した女性は、すべて悲劇的な運命をたどることになる。
 プロローブでも紹介したが、改めて再掲しよう。
  さて諸君もご存じの通り、このアポロはゼウスの最初の浮気の相手とされる
  レトが産んだ双子の一人で、姉(妹?)がディアナである。
  なぜか彼が恋する相手は悲劇を迎える。
  月桂樹となったダフネ。
  ヒヤシンスの花にまつわる美少年ヒュアキントス。
  他にもシビュレーやカッサンドラーなどなど。
  それがゆえに常に新しい恋を求めてさまよう。
  なお、アポロとはディアナ(ダイアナ)と同じく英語名。

「いずれ、手下の黒服である使徒が、人違いで愛を誘拐した事に気づくだろう。改めて本
命の君に目がいくことになる。がしかし、その君が男言葉に男的態度をしていたらどうな
るかな?」
「それがどうした」
「とりあえず本命の君には失望して、煮るなり焼くなりした後で、愛を手篭めにするのは
判りきったことじゃないか。可愛い女の子には目が無いからね。それでいいのかい? 弘
美」
「そ、それは……」
 言葉に詰まる弘美。
「愛を助けるためには、君がアポロの目に留まらなければならない。しかも飛び切りの
可愛い女の子としてだ。間違いに気づいて愛を解放するかも知れない」
「俺はどうなるんだよ」
 と言った途端。
「ちっちっ!(と人差し指を目の前で横に振りながら)俺、じゃない。あたしと言いなさ
い」
 ヴィーナスが注意した。
「あ、あたし……はどうなる……の?」
 しどろもどろに言い直す弘美。
「そうそう、その調子。声が可愛いんだからね。態度も女の子らしくすれば完璧よ」
 しょげかえる弘美に、思い通りに事が進んで上機嫌のヴィーナス。
「さあ、雲の中に突入するぞ!しっかり掴まっていろよ」
 ディアナが手綱を操りながら、雲塊に突入する体勢を取る。
 弘美とヴィーナスは、振り落とされないように、戦車の縁にしっかりと掴まる。
「突入する!」
 大声で合図をすると、雲塊の中へと突入する。
 凄まじい突風が襲い、戦車を激しく揺さぶる。

11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 XI
2020.01.19

 機動戦艦ミネルバ/第五章 ターラント基地攻略戦


XI


 壮烈なるターラント基地攻略戦が開始された。

 ミネルバ。
 艦内の至るところで、警報が鳴り響き戦闘態勢が発令された。
「艦載機及びモビルスーツ隊は発進準備せよ」
 フランソワの命令を伝えるオペレーターの声がこだまする。
 格納庫から戦闘機が次々と引き出されて、発着艦デッキへと移動されてゆく。
 モビルスーツへと駆け込むパイロット達。

 搾取したモビルスーツも全機投入される。
「アイク、ジャン、両名とも搭乗完了しました」
「出撃させてください」
「了解しました」
 今回の作戦は総力戦である。
 モビルスーツ及びパイロットを遊ばせておくわけにはいかないのである。
 作戦に参加する艦艇も、ミネルバ以下の空中戦艦、水上艦艇、陸上部隊と動員できるものはすべて参加していた。

「あの新人、大丈夫でしょうか?」
 副長のリチャード・ベンソン中尉が心配する。
「アイクはサブリナ、ジャンはナイジェルに任せてあります。何とか扱ってくれるでしょう」
「二人の競争意欲が邪魔をしなければと思うのですがね」
 フランソワとて考えでもないが、それを口にすることは士気の低下を招くことも良く判っていた。
「良いほうに考えましょうよ。オニール准将とカインズ准将もまた競争心によって、絶大な功績を挙げたのも事実なのですから」
「確かにそうではあるのですが……」
 煮え切らない副長であった。
 オニールとカインズ両名は、有能であるからこそ競争心は向上心となりえた。
 アイクとジャンは未熟で能力は未知数である。が、未知数であるからこそ将来もまた有望であるかも知れないのだ。

 激烈なる戦闘が繰り広げられる中、アイクとジャンも頑張っていた。
 双方ともパイロット役として、操縦桿を握っている。
「右後方に敵機!」
 機関士でありナビゲーターでもあるサブリナ中尉が警告する。
「了解!」
 振り向きざまに、ビームサーベルを抜いて切りかかる。
「上手いぞ。その調子だ」
 サブリナの指揮・指導の元、着々と技術を向上させてゆくアイク。
 ジャンとナイジェル中尉の方も同様であった。

「アーレスを発射します。軸線上の機体は待避せよ」
 ミネルバからの指令に、サブリナ機及びナイジェル機、その他多くの機体が退避する。
 その数分後にミネルバから強力な光が放たれターラント基地を破壊した。
 その凄まじさに驚愕した基地司令官は白旗を揚げて降参。ターラント基地はミネルバの手に落ちた。
「作戦終了!これより、この地に留まって撤収指令が出るまで確保する」


 メビウス海底基地司令部。
 ターラント基地攻略成功の報告が届いていた。
「着々と任務をこなしているようですね」
 副官が感心していた。
「まあ、ランドール提督の眼鏡にかなった人物ですからね。それなりの力量は持っている
はずです」
 レイチェルの言葉には確たるものがあるようだ。
「ここいらで休息を与えてはどうでしょうか?」
 副官の提案にレイチェル・ウィング大佐が答える。
「それはやまやまなのですが、総督軍もミネルバを追い回しているみたいですからね。そ
れにミネルバ級二番艦の【サーフェイス】の完成の間近なようですから」
「ミネルバ級ですか……」
「このミネルバ級と合わせて三番艦まで建造予定でした。いずれもメビウス部隊の所属に
なるはずでしたが、占領の方が早過ぎたのです」
「連邦軍のスティール・メイスン提督の作戦が作戦が素晴らしかったからですね」
「三百万隻もの艦艇を炎で焼き尽くしてね」
「あれには参りましたよ。お陰で共和国将兵は腰を抜かしてしまいました」
「しかし、サーフェイスが完成し実戦配備されると、今後の活動に支障が出ますね」
 これまでの勝ち続けの戦いは、最新鋭空中戦艦ミネルバがあってこそのものだった。総
督軍がミネルバ級をもって対戦を挑んできたら勝ち目は遠のく。
「サーフェイスが実戦投入される前に、トランター解放作戦を成功させなけらばならない
ようですね」
 という副官のため息とも思える言葉に、
「そのためにもモビルスーツ隊の教練度を上げる必要があります」
 レイチェルが作戦の方向性を唱える。
「訓練ですか……例の三人組も?」
「もちろんです。パイロット候補生は一人でも多い方がよろしい」
「分かりました。ミネルバに伝えます」
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -