妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾伍
2019.08.16


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾伍 対峙


 パトカーが走り回る街、その夜も新たなる犠牲者が出た。
 蘭子は神田家の玄関前に立ち止まり、帰り人を待っていた。
 神田美咲の帰りを……。
 やがて美咲が帰ってくる。
「お帰りなさい」
 冷静に声を掛ける蘭子。
「何か用?」
 巫女衣装姿の蘭子を目にして怪訝(けげん)そうな表情で答える美咲。
「いえね、学校何日も休んでいるから様子見にきたの」
「大丈夫だから……」
「お母さんが亡くなられたという気持ちは分かるけど……」
「ほっといてくれないかな」
 とプイと顔を背けて、玄関に入ろうとする。
「それはそうと、大きな壺を拾わなかったかしら?」
 単刀直入に切り出す蘭子。
 美咲の身体が一瞬硬直したようだった。
「なんのことかしら」
「いえね、近所で口径30cmほどの壺が、胞衣壺らしいんだけど、掘り出されたの。
でも、いつの間にか消え去っていて、その直後に切り裂き事件が発生しているのよ」
「そのことと、わたしに関係があるのかしら」
「発見された場所が、あなたの学校からの帰り道の途中にあるのよ。何か見かけなかっ
たなと思って」
「知らないわ」
 と玄関内に入ろうとする。
 それを制止しようと、美咲の左腕を掴む。
 袖が捲れて、その手首が覗く。
 その時蘭子の目に、リストカットされた傷跡が見えた。
「この腕の傷はどうしたの?」
 一見には何もないように見えるが、霊視できる蘭子の眼にははっきりと、霊的治癒さ
れている痕跡が見えるのだった。
 蘭子の手を振り解き、
「な、なにもないじゃない。どこに傷があるというの?」
「いいえ、わたしの目には見えるのよ。霊的処方で治癒した跡がね」
 図星をさされて、傷跡を右手で隠す。


「あなたの部屋を見せていただくわ。二階だったわよね」
 というと強引に上がろうとする。
 至極丁寧にお願いしても断られるのは明確だろう。
「待ってよ」
 制止しようとするが、武道で鍛えた蘭子の体力に敵うはずもなく。
 非常識と言われようが、これ以上の被害者を出さないためにも、諸悪の根源を断ち切
らなければならない。
 本当に美咲が【人にあらざる者】に憑依されているのか?
 という疑問もなきにもあらずだったが、美咲のリストカットを見るにつけ、その不安
は確かなものとなった。
 魔人と【血の契約】を交わした者は魂をも与えたに等しく、魔人を倒したとしても本
人を助けることはできない。

 美咲の部屋のノブに手を掛けようとして、一瞬躊躇する蘭子。
 呪いのトラップが掛けられているようだった。
 懐から式札を取り出して式神を呼び出すと、代わりにドアノブを開けさせた。
 とたんに一陣の突風が襲い掛かり、式神は微塵のごとく消え去った。
 開いた扉から慎重に中に入る蘭子。
 そこには神田美咲が待ち受けていた。
 瞬間移動したのか?
 そうまでして守らなければならない大事なものが、この部屋にあるということだろう。


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾肆
2019.08.09


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾肆 朝鮮人


 井上課長が蘭子を訪ねて土御門神社に来ていた。
 蘭子に依頼されていた事件報告であった。
「やはり殺人事件があったよ」
 単刀直入に話し出す井上課長。

 以下は警察事件簿に残る記録である。
 終戦当時、朝鮮半島から出稼ぎに、朝鮮人労働者とその家族が大量に流入していた。
 日本人男性が徴兵で留守にしている間に、日本に出稼ぎに来ていた朝鮮人達が、警察
署を襲って拳銃を奪い日本人を殺戮するなどの暴動が頻発していた。
 空き家があれば押し入って我がものとし、空き地があれば問答無用に家を建てて所有
権を誇示した。
 挙句の果ては、出征した知人の日本人の名を名乗って戸籍を奪うものさえいた。
 かの侵入者もそんな朝鮮人の一人であった。
「通名・金本聖真、本名・金聖真(キム・ソンジン)という」
 立ち寄った先で見つけた家に目を付けて、主人がいないことを確認すると、傍若無人
にも押し入って留守を守っていた女性を凌辱した。
 そして、その家を女性ごと乗っ取ったのである。
 やがて男が帰ってきて、惨劇は繰り広げられた。
「とまあ……そういう顛末です」
 長い説明を終える井上課長。
「おかしいですね。図書館で私の調べたところでは、朝鮮人という記述は一言もありま
せんでした」
 疑問を投げかける蘭子。
「報道規制だよ」
「規制?」
「当時のGHQ(連合国総司令部)によるプレスコード、正式名は【日本に与うる新聞
遵則(じゅんそく)】だよ」
「プレスコードですか……」
「その一つに、『朝鮮人を批判するな』というものがあってね。朝鮮人による事件が起
きても、国籍を発表してはいけない……ということだ。当然事件はうやむやにされてし
まう」
「それって、今でも通用していますよね。特に朝日新聞などは、朝鮮日報(韓国紙)日
本支局と揶揄されるほどに、朝鮮人が犯人の国籍を隠蔽して発表しないみたいだし。大
阪南で、3月に起こった違法カジノ店襲撃事件の犯人が韓国人なのに、朝日だけは今な
お国籍を伏せて発表していません」
「まあ、そういうことだ。日本国憲法とは言っても、実情はマッカーサーノートに則っ
たGHQ憲法ということもね」
「日本は独立していないんですね」
「まあな。GHQによる WGIP(War Guilt Information Program)という「戦争につ
いての罪悪感」を日本人に植え付ける洗脳政策も行われたしな」
 深いため息をつく二人だった。
 しばらく沈黙が続いた。
「その家は固定資産税滞納による差し押さえ・競売となったのだが、殺人現場という瑕
疵物件で長らく放置状態だったらしい。で、つい最近やっとこ売却が決まって、現在の
持ち主となった」
「で、胞衣壺が掘り出された」
「うむ……」
「ともかく人死にがあって、かなりの流血もあったのでしょうね」
「土に滲み込んでいたが、土間いっぱいに広がるほどの量の血痕があったらしい」
「殺戮と流血、そして怨念渦巻くなか、例の胞衣壺がそれらを吸い込んだとしたら…
…」
「怨霊なり魔物なりが憑りつくか」
「そうとしか考えられません」
「問題は、その胞衣壺を掘り出したのは誰か?ということだな」
「ですね」
 その誰かについては、朧気ながらも犯人像をイメージしていた。


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾参
2019.08.02


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の拾参 殺戮(さつりく)の果て


 目の前に懐かしい生家が、焼野原の中に奇跡的に無事に立っていた。
「ただいま!」
 玄関の扉を開けて中に入り、帰宅の声を上げる。
 返事はなかった。
 もう一度大声で、妻の名を呼ぶ。
 やがて奥の方で物音がしたかと思うと一人の女性が姿を現した。
「どなた?」
 出てきた女性は、男の顔を見るなり驚愕し、へなへなと床にへたれこんだ。
 男は、その女性の夫だった。
「ど、どうして?」
 その身体の腹部は膨満しており、明らかに妊娠しているとわかる。
「おまえ……誰の子供だ!?」
「こ、これは……」
 おなかを手で隠すようにして、言い訳を探そうとする女性だった。
 その時、玄関から何者かが入ってきた。
「무엇을하고있는」*1
 意味不明な言葉を発する侵入者は、腰に下げたホルスターから拳銃を抜いて構えた。
 そして間髪入れず引き金を引いた。
 弾は男の胸を貫いて、血飛沫が飛び散り土間を血に染めた。
 倒れた男の上を跨いで女性に詰め寄る侵入者。
「바람을 피우고 있었는지」*2
 女性の胸ぐらをグイと引っ掴み、ビンタを食らわす男。
 さらに手を上げようとした時、
「うっ!」
 苦痛に歪む顔。
 ゆっくりと振り返ると、背中に突き立てられた包丁。
 土間に倒れていた男が立ち上がり、流しに置かれていた包丁を手に反撃したのである。
 その包丁を引き抜くと、ドバっと血飛沫が土間一面に広がる。
 声を出そうとする侵入者だったが、肺に穴が開いたのか、声の代わりに背中から血が
噴出するだけだった。
 土間に突っ伏す侵入者。
 男はそれに目もくれずに、女性に向かって怒鳴る。
「そのお腹の子供はどうした? 誰の子供だ!」
 シベリア抑留で長期抑留されていたので、妻が妊娠することはあり得ない。
「誰の子供だ!」
 もう一度質問する男。
 すっかり怯え切って声も出ない女性だったが、ゆっくりと手を動かして、土間に倒れ
ている侵入者を指さした。
 その指先に差された侵入者を見やりながら、すべてを納得した男。
 お国のために命を投げ出して戦い、辛い抑留生活を送っている間に、自分の妻が間男
と逢瀬を重ねて、あまつさえ身籠ったのだ。
 許されるはずがなかった。
 包丁を振り上げると、女性のお腹めがけて振り下ろした。
 悲鳴を上げ絶命する女性。
 怒りは収まらず、突き刺した包丁で腹の中をえぐり始める。
 飛び出した腸を掻き出し、さらに奥の胎児の入った子宮をも引きずり出した。
 それらの内臓を土間に投げつけて、さらに包丁を突き立てて残虐な行為は続いた。
 はあはあ……。
 肩で息をしながら、自分のした行為に気が付く男。

 何のために今日まで生きてきたのだろう……。
 何のためにお国のために命をかけてきたのだろう……。

 何のために……。

 男は血のりの付いた包丁をしばらく見つめていたが、その刃先を首筋に宛てたかとお
もうと、一気に掻き切った。
 土間に倒れ込んだ男の周りが、飛び散った鮮血が一面を真っ赤に染め上げる。
 血の海は土間の土の中へと滲みこんでいく。
 と突然、土の一か所が異様に輝き始め、辺り一面の血液を吸い込み始めた。
 やがて静寂が訪れる……。

*1 何をしている
*2 浮気をしていたのか


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾弐
2019.07.26


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾弐 大阪大空襲


 1945年(昭和20)3月13日23時57分から14日3時25分の大阪大空襲。
 米軍の焼夷弾投下標的は、北区扇町・西区阿波座・港区岡本町・浪速区塩草に設定さ
れていた。
 グアムを飛び立った第314航空隊の43機が夜間に飛来し、大型の焼夷弾(ナパーム)
を高度2000メートルの低空から、港区市岡に対して爆撃を開始した。
 木と紙でできた日本家屋を徹底的に燃やし尽くすために開発された、民間大虐殺用の
ナパーム弾による大空襲の始まりである。
 続いて、テニアンから、第313航空団のB29 107機が浪速区塩草を爆撃。
 さらに、サイパンから第73航空団の124機が、北区扇町・西区阿波座を爆撃。

 こうして一晩で大阪中心部はほぼ壊滅状態の焼け野原となった。
 阿倍野区は、照準点から少し離れてはいたが、大火災による延焼は避けられなかった。
 至る所で火の手が上がり、木造家屋を燃やし尽くしていった。
 それでも、奇跡的に延焼被害を免れた家屋も所々に散見された。
 そんな家屋の一つ、江戸時代から続く旧家があった。
 母屋を囲うようにして高い土塀があったために延焼を免れたようである。
 その玄関先に一人の男が立ち寄った。
 シベリア抑留から解放され帰国した元日本軍兵士で、久しぶりの我が家の玄関前に立
ったのだ。

 シベリア抑留者は、厳寒の中での重労働を強制される他、ソ連共産党による徹底的な
「赤化教育」が施された。
「天皇制打破」「生産を上げよ」「スターリンに感謝せよ」などのスローガンを叩きこ
まれてゆく。いち早く順応し優秀と見なされた者は待遇もよくなり、従わない日本兵へ
の「つるし上げ」が横行した。日本人が日本人を叫弾するという悪習がはびこっていた
のである。する方もされる方も次第に精神を病んでいった。
 長期抑留から解放されて日本への帰国がかなっても、祖国は焼野原となり多くの者が
家を失っていた。
 安堵して故郷の土を踏んだ矢先、入港した途端に警察に連行され「アカ(共産主義)」
というレッテルを張られて独房に入れられて執拗な尋問を受ける者も多かった。やっと
解放されても、どこへ行っても警察の監視が付いて回った。
 その男もそのような待遇に合わされた一人であった。


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾壱
2019.07.19


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾壱 事件ファイル


 台所。
 父親が喪服を脱いで食卓上に投げ捨て、ネクタイをグイと下に引きずりおろして、椅
子の背に頭をもたげるようにして疲れたようにだらしなく座っている。
 食卓の上には、葬儀屋が手配したのであろう家族用の食事が並べられている。
 そこへ美咲が入ってくる。
 すでに喪服から普段着に着替えて、外出していたようである。
「お帰り、食事しないか」
 それには答えず、無言で二階の自室への階段を昇る美咲。
 母親を亡くした気持ちを察して、それ以上は追及しない父親。
 二階に上がり、自室に入る美咲。
 その足元には、黒ずんだ血液の塊がこびり付いたままとなっている。
 仮に拭き取ったとしても、ルミノール反応が明確に現れるだろう。
 日頃から、許可なく入室禁止と固く約束させていた。
 ましてや男性である父親が入ってくることはなかった。
 母親がたまに許可を得て入ってくるだけである。
 血痕に目をくれることなく、机に向かう美咲。
 その上には、怪しく輝く胞衣壺が鎮座している。

 数時間後、玄関から無表情で姿を現す美咲。
 その右手には、キラリと怪しく輝く刀子を握りしめていた。


 公立図書館。
 パソコン閲覧室で過去の新聞を調べている蘭子。
 各新聞社ともデータベース化されているが、朝日新聞の【聞蔵IIビジュアル】を開き、
利用規約などに同意した後、ログインする。
 何かと朝鮮日報(韓国の新聞社)日本支部と叩かれるほど、日本国と日本人を侮辱し
朝鮮寄りの報道姿勢を取っている新聞社。
 それが証拠に、激しい旭日旗叩きをしている韓国人でも、旭日旗模様の朝日社旗だけ
は何故かスルーしている。
 それはともかく、調査だ。
 明治12年(1879)から~平成11年(1999)までの紙面イメージを、日付・見出し・キー
ワード等で検索可(号外・広告含む)
 昭和60年(1985)以降の記事を収録し全文検索可能。
 まずは、定番の住所・氏名などから、事件の手がかりを探る。
 タッチペンで画面をクリックしながら、記事を検索する。
「あった!」
 そこには、かの旧民家の写真とともに、事件の内容が記述されていた。


11

- CafeLog -