妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の陸
2019.06.14


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の陸 遭遇

「きゃあ!!」

 暗闇の彼方で悲鳴が起こった。
「あっちか!」
 悲鳴のした方角へと走り出す蘭子。
 やがて道端に蠢く人影に遭遇した。
 女性を背後から羽交い絞めして、人通りのない路地裏に引き込もうとしていた。
「何をしているの!」
 蘭子の声に、一瞬怯(ひるむ)んだようだが、無言のまま手に持った刀子で、女性の
首を掻き切った。
 そして女性を蘭子に向けて突き放すと、脱兎のごとく暗闇へと逃げ去った。
 追いかけようにも、血を流して倒れている女性を放っておくわけにはいかない。
「誰かいませんか!」
 大声で助けを呼ぶ蘭子。
 巫女衣装で出陣する時は、携帯電話などという無粋なものは持たないようにしている
からである。
 携帯電話の放つ微弱な電磁波が、霊感や精神感応の探知能力を邪魔するからである。
「どうしましたか?」
 先ほどすれ違った警察官が、蘭子の声を聞きつけて駆け寄ってきた。
「切り裂きジャックにやられました」
 地面に倒れている被害者を見るなり、
「これは酷いな。すぐに本部に連絡して救急車を手配しましょう」
 腰に下げた携帯無線で連絡をはじめる警察官。
「本部の井上警視にも連絡して下さい」
「わかりました」

 押っ取り刀で、井上課長が部下と救急車を引き連れてやって来る。
 被害者は直ちに救急車に乗せられて搬送されるとともに、付近一帯に緊急配備がなさ
れる。
 現場検証が始められる。
 その傍らで、蘭子に事情を聴く井上課長。
「犯人の顔は見たかね」
「暗くて見えませんでしたが、逃げ行く後ろ姿から若い女性でした。
「女性?」
「はい。確かにスカートが見えましたから」
「そうか……」
 と、呟いて胸元から煙草を取り出し、火を点けて燻(くゆ)らす。
 いつもの考え込むときの癖である。
「発見が遅れていれば……」
 これまでの犯行通り、腹を切り開かれて子宮などの内蔵を抜き取られていただろう。
「心臓抜き取り変死事件では、動機ははっきりしていたが、今回の犯人の目的は一体何
なんだ?思い当たることはないかね、蘭子君」
「はっきりとは言えませんが、やはり胞衣壺(えなつぼ)が関係しているのではないで
しょうか」
「建設現場から持ち去られたというアレかね」
「こんかいの事件は【人にあらざる者】の仕業と思います」
「スカートをはいた魔人だというのか」
「人に憑りついたのでしょう」
「まあ、あり得るだろうな」
 一般の警察官は【人にあらざる者】の存在など考えもしないだろうが、幾度となく対
面した経験のある井上課長なら信じざるを得ないというところだ。
 もっとも、表立って公表できないだけに配下の力は借りずに、大抵自分一人と蘭子と
の共同捜査になっている。
「これ以上ここにいても仕様がないので帰ります」
「部下に遅らせるよ」
「一人で帰れますよ」
「いや、犯人に顔を見られているかも知れないだろう。後を付けられて襲われるかもし
れない。そもそも女子高生を一人で帰らせるにはいかん」
「なるほど、ではお願いします」
 ということで、覆面パトカーに乗って帰宅する蘭子だった。

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の伍
2019.06.07


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の伍 神田美咲


 時を少し遡った、小雨降る夜。
 解体作業現場を、折しも通りがかった女子高生。
 整地された一角がぼんやりと輝いているのに気が付いた。
 なんだろう?
 と、歩み寄ってみると、土くれの付いた古い壺が顔を出していた。
「壺?」
 壺が怪しく輝いて少女の顔を照らす。
 やがて壺を取り上げると、何事もなかったように、現場を立ち去っていった。

 とある一軒家
 門柱に「神田」という文字が彫られた表札が掛かっている。
 壺を抱えたまま、その家に入る少女。
 少女の名前は、神田美咲。
 阿倍野女子高等学校の生徒である。
「お帰りなさい、美咲」
 という母親の声にも応答せずに、無言で二階へと上がり自分の部屋へ。
 大事そうに抱えていた壺を、そっと机の上に置いた。
 そして蓋に手を掛けるとすんなりと壺は開いた。
 建設現場ではどうしても開かなかったのに。
 中にはキラリと輝く刀子(小刀)が入っていた。
 普通なら錆び付いていただろうが、密閉した容器の中で胎盤などの腐敗(好気性菌に
よる)が先に進んで、中の酸素を消費してしまって、刀子の酸化が妨げられたのであろ
う。
 刀子は不気味に輝いており、じっと見つめる美咲の顔を照らす。
 やおら刀子を取り出し、刃先を左手首に当てると、躊躇なく切り刻んだ。
 ボトボトと流れ出る血を受け止めて、壺はさらに輝きを増してゆく。
 やがて壺の中から正体を現わした怪しげな影は、しばらく美咲の周りを回っていたが、
スッと美咲の身体の中に消え入った。

 最初の殺人事件が発生したのは、それから三時間後であった。

 数日後の夜。
 巫女衣装に身を包んだ蘭子が歩いている。
 怪しげな気配を感じ取って出てきたというわけだ。
 その胸元には御守懐剣「長曾祢虎徹」が収まっており、臨戦態勢万全というところだ。
 時折警戒に当たっている刑事に出会うが、
「巫女衣装を着た人物の邪魔をするな」
 という井上課長のお達しが出ているらしく、軽く敬礼すると黙って離れてゆく。
*参考 血の契約
 突然、胸元の虎徹が微かに震えた。
「つまり魔のものということね」
 魔人が封じ込められている虎徹は、魔物に対してのみ感応する。
蘇我入鹿の怨霊事件』のように、魔人が怨霊を招き寄せる場合もあるし、人に取りつ
く場合もある。
 魔と霊と人、それぞれに対処できるように体制を整えておかなければならない。

 魔には虎徹。
 霊には呪符や呪文。
 人には合気道などの武道で、自らが戦う。

 虎徹を胸元から取り出して手前に捧げ持って、一種の魔物探知レーダーを働かせた。
 よく画家が鉛筆を持って片目を瞑り、キャンバスと鉛筆を見比べる仕草を取るアレで
ある。
 その態勢で、ゆっくりと周囲を探索しながら、反応の強い方角へと歩いていく。

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の肆
2019.05.31


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の肆 胞衣壺

「被害者は女性ばかりです。いかに夜とはいえ、ズタズタに切り裂いて内蔵を取り出す
には時間が掛かります。にも関わらず目撃者が一人もいない」
「察するに犯人は【人にあらざる者】ではないかと仰るのかな?」
 春代が意図を読んで尋ねた。
「その通りです」
「して、わざわざご足労なさったのは……」
「もちろん、蘭子さんのお力を頂きたいと」
「だろうな」
 春代と課長の会話を耳にしながらも、怪訝な表情をしている蘭子。
「どうした? 蘭子」
「実はですね。今回の事件と関連がありそうな出来事がありました」
「それはどのような?」
 井上課長が身を乗り出すようにした。
 蘭子が思い起こしたのは、先日の地鎮祭の出来事だった。
 胞衣壺が掘り起こされて持ち去られた日の翌日に、最初の切り裂き事件が起きていた。
「えなつぼ……それは、どんなものですか?」
「【胞衣(えな)】とは胎盤のことじゃて、それを入れるつぼだから【胞衣壺】とい
う」

 昔の日本(平安・奈良時代)では、胎盤を子供の分身と考えて、大切に扱う風習があ
った。
 陶器製の壺に胎盤を入れ、筆・墨・銅銭そして刀子(とうす・小刀)を一緒に納めて
地中に埋めていた。
 これらの品々は、当時の役人の必需品で、子供の立身出世を願うためである。
 人にたくさん踏まれるほど、子供がすくすく成長すると考えられて、人通りの多い間
口や土間に埋められることが多かった。
 大きさは、口径12cm・高さ16cmのものから、口径20cm・高さ30cmく
らいのものが多く出土している。

「昔の風習じゃて、今では廃れてしまっておるなあ。せいぜい戦前までのことじゃて」
 刀子という言葉を耳にして、糸口が一つ解明したような表情をする井上課長。
「その刀子の長さはどれくらいのものでしょうか?」
「そうさな……壺の大きさにもよるが、五寸から一尺くらいじゃのお」
 春代は古い尺貫法に生きる世代である。
 すかさずメートル法に言い直す井上課長。
「15cmから30cmですね」
 井上課長の脳裏には、殺人の凶器として十分な長さがあるな、という推測が生まれて
いることだろう。
 銃刀法では、刃渡り6cm以上の刃物は携行してはならないと、取り締まっている。
「刀子は、そもそも魔除けの意味があります。葬式でのご遺体に守り刀を持たせるのと
同じです」
 *参照=蘇我入鹿の怨霊
「さて、そろそろ本題に入ろうかのう。刑事さんよ」
 井上課長の来訪目的を訪ねる春代。
 これまで長々と、時候の挨拶よろしく話していたのだが……。
「はい。単刀直入に言います。連続通り魔殺人事件の捜査協力をお願いに参りました」
「なるほど、陰陽師としてのご依頼かな?」
「その通りです」
「ほほう。うら若き娘に殺人犯の捜査に加われと?」
 春代は高齢のため、陰陽師の仕事はすべて蘭子が請け負っている。
 もちろん井上課長とて承知である。
 蘭子には、陰陽師としての仕事以外にも、女子高校生としての勉強も大切である。

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の参
2019.05.24


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の参

 人通りの少なくなった深夜の雨降る街角。
 一人の女性が帰宅を急ぐ姿があった。
 追われているのか、時折後ろを振り向きながら急ぎ足で歩いている。
 突然目の前に現れた人影にぶつかってよろけてしまう。
「すみません」
 と謝って顔を上げたその顔が歪む。
 その腹に突き刺さった短剣から血が滴り落ちる。

 阿倍野警察署。
「連続通り魔殺人事件捜査本部」
 という立て看板が立てられている。
 会議室。
「切り裂きジャックだ!」
 会議進行役を務める大阪府警本部捜査第一課長、井上警視が怒鳴るように声を張り上
げる。
 夜な夜な繰り広げられる連続通り魔殺人事件。
 その惨劇さは、殺した女性の腹を切り開いて内蔵を取り出し、子宮などの内性器を持
ち去ってしまうという事件。
 1888年のロンドンを震撼させた切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)と手口
が全く同じという変質者の仕業であった。結局犯人は捕まらずに未解決事件となった。
 ロンドンでは売春婦が襲われたが、こちらではごく普通の一般女性であるということ。
 広報や回覧板及びパトカーの街宣などによって、夜間の一人歩きの自粛などが流布さ
れて、一部の自治会では自警団が組織されていた。
「心臓抜き取り変死事件と同じだな……やはり彼女の力を借りるしかないようだ」
夢幻の心臓

 土御門神社の社務所。
 応接間にて、春代と蘭子そして井上課長が対面している。
「……というわけです」
 事件の詳細を説明する井上課長だった。
「なるほど、切り裂きジャックですか……」
 蘭子もニュースなどで連続通り魔殺人事件のことは耳にしていたが、直接課長の口か
ら聞かされた内容は衝撃的であった。
「で、わざわざ伺われたのはいかに?」
 春代が実直に質問する。
 来訪目的は、うすうす感ずいているが、聞かずにはおけないだろう。

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の弐
2019.05.17


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の弐 地鎮祭

 数日後。
 地鎮祭が執り行われることになった。
 神主には、最も近くの神社に依頼されることが多い。
 取りも直さず、直近となれば阿倍野土御門神社ということになる。
 宮司である土御門春代が高齢のため、名代として蘭子が地鎮祭を司ることとなった。
 日曜日なので学校は休み、きりりと巫女衣装を着こんでいる。
 敷地の中ほどに四隅を囲うようにして青竹を立て、その間を注連縄(しめなわ)で囲
って神域と現世を隔てる結界として祭場とする。
 その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立
て、酒・水・米・塩・野菜・魚等、山の幸・海の幸などの供え物を供える。
「蘭子ちゃんの巫女姿も堂に入ってるね」
 施工主で現場監督とは、蘭子が幼い頃からの顔馴染みであった。
「ありがとうございます」
 つつがなく地鎮祭は進められてゆく。

地鎮祭の流れ

 係員が静かに監督に近寄って耳打ちしている。
「監督、あの胞衣壺が見当たりません」
「見当たらない?」
「はい。ここに確かに埋めたんですけど……」
 と、埋め戻した場所に案内する係員。
「誰かが掘り起こして、持ち去ったというのか?」
「胎盤とかへその緒ですよね。そんなもん何するつもりでしょう」
「中身が何かは知らないのだろうが、梅干し漬けるのに丁度良い大きさだからなあ」
「梅干しですか……でも、埋まっているのがどうして分かったのかと」
「通行人が立ちションしたくなって、角地だから陰になって都合がよいから」
「それで、掘れてしまって壺が顔を出し、持ち去ったと?」
「まあ、あり得ない話ではないが」

 二人して首を傾げているのを見た蘭子、
「何かあったのですか?」
「実はですね……」
 実情を打ち明ける二人。
「胞衣壺ですか?」
 と言われても、実物を見ていないので、何とも言えない蘭子。
「解体される前の家屋を見てましたけど、旧家だし胞衣壺を埋めていたとしても納得で
きますが」
 陰陽師の蘭子のこと、胞衣壺については良くご存知のようだ。
「長い年月、その家を守り続けてきたというわけですが、何か悪いことが起きなければ
良いのですが」
 空を仰ぐと、先行きを現すかのように、真っ黒な厚い雲が覆いはじめ雨が降りそうな
雲行きとなりつつあった。

- CafeLog -