銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ I
2020.01.25

第五章 アル・サフリエニ




 アル・サフリエニ方面タルシエン要塞。
 中央コントロール室。
 要塞司令官のフランク・ガードナー少将は、銀河帝国から放映されているアレックス・
ランドールこと、アレクサンダー皇子の元帥号親授式及び宇宙艦隊司令長官就任式の模様
をいぶかしげに眺めていた。
 アナウンサーは、アレクサンダー皇子についての詳細を解説していた。行方不明になっ
てからのいきさつ、統制官としての軍部の改革、そして宇宙艦隊司令長官への抜擢。
 やがてアレックスが登場して、儀典がはじまった。
 大勢の参列者が立ち並ぶ大広間の中央、真紅の絨毯の敷かれた上を、正装して静かに歩
みを進めるアレックス。
 参列者の最前列には皇女たちも居並んでいる。
 エリザベスの待つ壇上前にたどり着くアレックス。
 ファンファーレが鳴り響き、摂政エリザベスが宣言する。
「これより大元帥号親授式を執り行う」
 壇上の袖から、紫のビロードで覆われた飾り盆に乗せられて、黄金の錫杖が運び込まれ
る。錫杖は権威の象徴であり、軍の最高官位を表わしているものである。

 そんな儀典の一部始終を、タルシエン要塞の一同はじっと目を凝らして見つめている。
「やっぱりただものじゃなかったですね。ランドール提督は」
 要塞駐留第八艦隊司令のリデル・マーカー准将が口を開いた。
「ただものじゃない?」
「皇家の血統だとされるエメラルド・アイですよ。またぞろ帝国のスパイ説という議論が
再燃しそうです。解放戦線の将兵達の士気に影響しなければよいのですがね」
「アナウンサーの解説を聞いただろう。幼少時に誘拐されて、その後の経緯は不明だが共
和国に拾われたのだそうだ。生まれは帝国かもしれないが、育ちは共和国だ。生みの親よ
り育ての親というじゃないか。提督は、純粋に共和国人と言ってもいいんじゃないか?」
「確かにそうかも知れませんが、人の感情というものは推し量れないものがあるものです。
仲間だと思っていた人間が、ある日突然皇帝という天上人という近寄りがたい存在となっ
た時、人は羨望や嫉妬を覚えないわけにはいかないのです」
 准将の危惧は当たっているといえた。
 要塞に駐留する艦隊内では、あちらこちらでアレックスの話題で盛り上がっていた。
「大元帥だってよ。えらく出世したもんだ」
 銀河帝国と共和国同盟とでは、軍人の階級については違いがある。
 同盟では、大将が最高の階級である。
「しかも、ゆくゆくは皇帝陛下さまだろ。身分が違いすぎじゃないか?」
「やっぱりあの噂は本当だったということかしら」
「帝国のスパイってやつか?」
「また蒸し返している。赤ちゃんの時に拾われた提督が、スパイ活動できるわけないじゃ
ない」
「そうそう、たまたま行方不明になっていた王子様を同盟軍が拾って何も知らないで育て
てきただけだ」
「だからってよお……。今日の今日まで、誰も気がつかなかったってのは変じゃないか。
時の王子様が行方不明になっているっていうのにさ」
「それは、王子が行方不明になったことは極秘にされたのよ。大切なお世継ぎが誘拐され
たなんて、帝国の沽券に関わるじゃない」

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・7(金曜劇場)
2020.01.24

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・7


勇者「ともかくサンブルグへ行ってみなくちゃ、先に進めないようだな」
王子「そうですね。被害状況を確認しましょう」
勇者「まずは装備確認だな」
武具「ここは武器と防具の店だ。どんな用だね?」
勇者「見せてもらおうか」
武具「はがねの剣や鎧がお薦めだね。この先、全体呪法を使うモンスターや、攻撃力・防
御力の高いマンドリルのような獣も多いからね」
勇者「なるほど……。とりあえず持ち合わせもないし、はがねの剣をくれ」
武具「はがねの剣だな。さっそく装備するかい?」
勇者「たのむ」
武具「せっかく買ったんだから、装備しなきゃなっ!」
王子「わたしにはてつのやりをお願いします」
武具「また来てくれよ!」
勇者「よっしゃ!いざ、ゆかん!サンブルグ城へ!!」
ナレ「サンブルグ城は、サンペタを出て、西へそして南と下ったところにある。強力なモ
ンスターを打ち倒し、何とかサンブルグ城にたどり着く」
勇者「これは酷いな……。城というよりも廃墟だ」
王子「モンスターの吐いた毒沼に囲まれてます。足元にも気をつけなくては」
ナレ「慎重に城内に侵入する二人」
王子「中も酷いありさまです。これじゃ、一人の生存者もいないでしょう」
勇者「ん?なんか変なのが動いているぞ」
王子「炎かな、いや。あれは魂ですよ」
勇者「魂?」
王子「話しかけてみましょう」
勇者「できるのか?」
王子「一応、僧侶のスキル持ってますから」
ナレ「ゆらめく魂にはなしかける王子」
王魂「わしはサンブルグ王のたましいじゃ。わが娘は呪いをかけられ犬にされたという。
おお くちおしや……」
王子「おうさま……。亡くなられていたんですね。姫や臣下を逃がすために、最後まで残
って勇敢に戦ってらしたのでしょう」
勇者「俺なら、いの一番に逃げ出すがな」
王子「そういえば……。サンペタに人懐こい犬がいましたね。もしかしたら……」
勇者「犬にされたお姫様だったとか?」
王子「ありえます」
勇者「だがよ。どうやって呪いを解くんだ?」
王子「もう少し、ここで聞き込みをしましょう」
勇者「といっても皆、死んで魂になっているようだがな。おい、おまえ」
兵魂「うわ~ハーゴンだ!ハーゴンの軍団が攻めて来た!助けてくれー!」
勇者「他力本願な奴は死んで当然だな。そこのおまえ」
兵魂「ここから東の地 4つの橋が見えるところに 小さな沼地があるという。そこに
ラーのかがみが……。これを誰かに伝えるまで 私は死にきれぬのだ……」
王子「聞きましたか?」
勇者「ラーのかがみ、か……」
王子「重要なアイテムのようですね」
勇者「階段があるな、気になる」
王子「しかし、壁に囲まれて行けないようですが」
勇者「よく見ろ、北西の壁が崩れて、外壁をぐるりと回れそうだ」
王子「でも毒沼がありますから、慎重に行きましょう」
ナレ「階段を降りたところには、傷つき瀕死の兵士が佇んでいた」
勇者「おい、おまえ。こんな所でなにをしている」
兵士「ああ、姫さま……。私は、姫さまをお守りできませんでした……。そのため、姫さまは呪いで姿を変えられどこかの町に……。しかし、もし真実の姿をうつすという、ラーのかがみがあれば……。姫さまの呪いをとくことができるでしょう……。旅の人よ。どうか姫さまを……。ぐふっ!」
ナレ「兵士は魂になった……」
王子「やはり、お姫さまは呪いで犬にされて、さ迷っているようですね」
勇者「サンペタの犬か?」
王子「そして呪いを解くには、ラーの鏡が必要です」
勇者「それは四つの橋が見える沼地にあるということだな」
王子「そのようです」
勇者「他に魂は見当たらないようだ。ともかく、ここを脱出しよう。モンスター強すぎ」
王子「そうですね。ひとまずサンペタに戻りましょう」
勇者「うん、セーブもしておこうぜ」

11
あっと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-4
2020.01.23

あっと! ヴィーナス!!第二部


第二章 part-4

 その頃。
 姿を消したエンジェルは、ディアナの特命を受けて、天空城の内部を探索していた。
 ラピュタが飛行石で浮遊していたように、この天空城も何らかの機関が動いているはず
だ。
 その動力源の位置を確かめるためである。
 さすがに神のアポロでも、この巨大な城を神通力で動かすことはできないだろう。
「あーん。広すぎて、どこにあるかわかんないよー」
 ただでさえ、小さな身体である。
 飛翔能力にも限界がある。
「疲れたあ……ちょっと休憩」
 といいながら、小さな突起の上にちょこんと座って羽を休めた。
 折りしもその真下の通路を、衛兵が会話しながら通り過ぎる。
「しかし、すごい機関だよなあ」
「ああ、超伝導磁気浮上システムなんて、誰が考えたんだろね」
「この天空城、実は人間が作った戦争のための要塞だったらしい」
「それをアポロ様が奪い取ったんだよな」
 などと言いながら。
 エンジェルはいいこと聞いたと思った。
 人間が作ったものなら、機関を動かしたり止めたりするマニュアルがあるはずだ。
 気を取り直して、再び飛び出したエンジェル。
 やがて動力機関の心臓部であるコントロールルームにたどり着く。
 ほとんど自動で動いているらしく、人も神子も見当たらない。
 マニュアルは、当然この近くにあるはずだ。
 室内を飛び回って探し回るエンジェル。
「あった!これね」
 本棚に納められているマニュアルらしき本を引き出しに掛かる。
 人間にとって普通の本でも、小さなエンジェルには身が重い。
「ぐぬうう。何のこれしき」
 目一杯羽ばたいて、羽ばたいて、羽ばたいて。
 ドスン!
 と、マニュアルが床に落ちた。
 うまい具合に、閲覧できように上向きで開いた状態で落ちた。
「やったあ!」
 早速マニュアルに飛びつく。
「さてと、動力を止める方法は……」
 人間が書いた文字や図形に困惑しながらも解読を進めてゆく。
 エンジェルとて神の子だ。
 人間に読めて、エンジェルに読めないものはない。
 ページを捲りながら、動力停止の方法を読み解く。
「あった!これだわ」
 じっくりと読んでから、制御盤に向かう。
「ええと……」
 制御盤のボタンを確認して、
「ピッポッパッ、ポーン」
 マニュアル通りに押してゆく。

11

- CafeLog -