冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・19
2020.02.20

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・19



ナレ「デルコンダル城に着いた」
勇者「お、禿げ男がここにもいるな」
禿男「お前も、かくとう試合に出るのか?くれぐれも命をそまつにするなよっ」
王女「試合ですって。出ると何か貰えるのかしら」
衛兵「まったく、王さまのかくとう好きにはこまったものです。この前も、旅の戦士をキ
ラータイガーと戦わせて……その戦士は大ケガをしてしまったんですよ。」
勇者「ふむ……なんかいやな予感がするな。とりあえず、城郭をぐるりと回ってみよう」
ナレ「城の内部に入らずに、城郭通路を見て回る」
王子「旅の扉がありました」
勇者「お!金の扉があるぞ。なんか良いものがあるかな?旅の扉は後回しだ」
商人「お客さん!こんなところに入ってきちゃこまります!」
勇者「悪い悪い。武器屋の店内だったか。おや?宝箱があるな。これは売り物か?」
商人「お客さん!以下同文」
勇者「NPCか……。つまり自由に宝箱の中身貰っても良いってことだよな」
王女「なんか悪いみたいですけど……」
勇者「気にしない気にしない。お、ガイアのよろいが入っていたぞ。ラッキー!」
王子「もう一つは、せいなるナイフでした」
勇者「ガイアのよろいは、俺しか装備できないようだな。ということで装備!!っとね」
王女「これから、どうしますか?」
勇者「ルーラのポイントは記憶したよな」
王子「はい。いつでも戻ってこれます」
勇者「なら、旅の扉に入ってみよう。どこへ通じているか確認だ」
ナレ「ワープした先は小部屋。上と右に金の扉があった」
勇者「取り敢えず右だな」
翁 「おお、待っておりましたぞ!このじいは、勇者さまにお教えすることがあります。
実は、この世界にはぎんのカギときんのカギのふたつがあり、とびらにも二つの種類が。
まずぎんのカギを見つけなされ。サマートリアの西、湖の洞くつの中にかくされていると
いう話ですじゃ。……へ?もう、ぎんのカギは手に入れたですと?いや、さすが王子さま。
おそれいったわい。」
勇者「ぎんのカギどころか、きんのカギも手に入れたぞ。王子が知っていたのでな」
ナレ「念のために外へ出てみると、ルーラシア城の南にある祠だった。さらに上の扉を開
けても、やはり同じ祠に出た」
王女「戻りましょうか?」
勇者「ラダトーム城に戻って、MPの回復とセーブしてから、ルーラで戻ろう」
王子「いやな予感のためですか?」
勇者「ああ、俺の予感は良く当たるんだ」
ナレ「ラダトーム城に戻って、回復とセーブしてから、デルコンダル城に戻る」
勇者「ここは、中庭というところか?」
王子「北の方の壇上にいるのが王さまみたいですね」
勇者「取り敢えず情報集めが先だな。中庭を時計回りに回って聞いてみよう」
王子「まずは、教会横にいる人ですね」
男 「嵐の夜、いっせきの舟が、財宝とともに海にしずんだそうです。なんでも財宝の中
には、やまびこのふえもあったとか……。」
勇者「ああ、それなら。俺が貰ったぞ。教えろ、笛の使い道を」
男 「……」
王女「知らないみたいね」
勇者「教会か……用はないが、取り敢えず聞いてみるか」
牧師「やまびこのふえは、精霊のうたごえ。城…町…洞くつ…塔…ほこら…。行くさきざ
きで、ふえを吹きなされ。ふえを吹き、山彦のかえる所に、紋章があるはずです。ところ
で……ただしき神はただしき者の味方なり。わが協会に、どんなご用でしょう?」
勇者「ふむ、またあとでな」
牧師「おお、神よ!この者たちに、あなたのかごがあらんことを!」
王子「ついに、やまびこのふえの使い方が分かりましたね」
勇者「ああ、聞いてみるものだ。次は、武器防具屋にたむろしている奴だな。お、ここに
も禿男がいる」
禿男「オレはガイアのよろいを探している。風のウワサでこのあたりの武器屋のおやじが
持っていると聞いたのだが……」
勇者「残念だが。すでに俺が見つけて装備しているぞ。ガハハハッ」
王女「お隣の女性は、預り所の人でした」
勇者「今は用がないな」
王子「ちょっと武器防具屋に寄りませんか?勇者さんはガイアの鎧だし、王女も今はみか
わしの服ですが、職人さえ見つかればみずのはごろもが手に入りますし」
勇者「そうだな。王子に集中攻撃されたら、たまらんからな」
武具「ここは武器と防具の店だ。どんな用だね」
王子「ええと……。まほうのよろいを下さい」
ナレ「まほうのよろいは、ギラ系呪文のダメージを3/4にする効果がある」
武具「また来てくれよ!」
勇者「どうやら、店内からガイアの鎧を万引きしたことには気づいていないようだな。よ
しよしヾ(・ω・`)」
王女「宿屋近くの男性は?」
男性「あまり物を持ちすぎず、要らなくなったものは売るか預けるか捨てる!これが旅の
秘訣ですよ」
勇者「おまえ、俺をおちょくっているのか?ゲーム初心者でも知っているぞ」
王女「あのおじいさんのお店は何かしら。聞いてみましょう」
占師「わしは、占い師。何かおさがしものかな?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「探し物と聞かれりゃ。はい、しかないだろ。聞きたいことは山ほどあるからな」
占師「では、占ってしんぜよう。むむむ……。広場じゃ!戦いの広場が見える!さがしも
のは、この城の中。強い者のみに与えられる、と出たぞ!信じる信じないは、もちろんそ
なたたちの自由。気をつけて行きなされよ。」
王女「戦いの広場、ですって」
王子「入り口の衛兵が言ってた。旅人をキラータイガーと戦わせるという王さま……です
かね」
勇者「ううむ。男たるもの、時として敢えて戦いの渦中に身を投じることも必要だ。とも
いうがな」
王女「あそこに鉄格子に入れられた人がいますよ」
勇者「牢屋だな。囚人だろう。衆人の面前に晒す、一種のさらし刑かな。鉄格子越しに話
せるようだ」
囚人「もう、この牢に入れられて10年になる…暇つぶしにいいことを教えてやろう。金の
カギを手に入れろ!はるか南の島、ザハンに住むタシスンという男が持っているそうだ」
勇者「きんのカギはすでに持っているが……。つまり攻略の順番を間違えたってことか」
王子「このデルコンダル城を攻略してから、ザハンの町に向かうのが順当だったというわ
けですね。ルーラの町リストも、そうなっています」
勇者「まあ、そういうこともあるさ。ゲームクリエイターも予想できなかったのさ。例の
祠にあった旅の扉を、ここに設定しておけば良かったのだよ」
王女「一通り聞いて回りました。後は、壇上の王さまだけです」
勇者「まてよ、バニーガールがいるじゃないか」
王子「王さまの御前で、ナンパですか?」
勇者「悪いか!!まずは左のバニーちゃんからね」
バニ「ああ……戦ってる男の人って素敵……」
勇者「そうか。じゃあ、俺とベッドの上で、一戦しないか?」
王女「何言ってるのよ!!ポカポカ」
勇者「痛えなあ。次は右のバニーちゃんね」
バニ「ここは、戦いの広場。勇者たちのスタジアムでございますわ。」
勇者「ねえねえ、他に言うことないの?素敵な人、とか」
王様「おい!」
勇者「なんだよ。今取り込んでいるんだ」
王様「はるばるデルコンダルの城によくぞ来た!わしがこの城の王じゃ。もし、わしを楽
しませてくれたなら、そちたちに褒美を取らせよう。どうじゃ?」
勇者「勝手に話しかけてきやがったぜ」
王子「御前でじらすからですよ」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「だから、とりこんでいるから。いいえ!だ」
王様「それは残念だな。気が変わったなら、また来るがよい。さらばじゃ。」
王子「あれ?無理やり戦わせるというわけじゃないみたいですね」
王女「噂とは信憑性のないものですわ。みなさん、王さまから直接話を聞いたわけじゃな
いでしょうから」
勇者「ふむ……。気が変わったぞ。そういうことなら、その楽しみとやらを叶えてやろう
じゃないか」
王子「本気ですか?それって、キラータイガーと闘うことだと思いますけど……」
王女「古代ローマで見世物として行われていた剣闘士……?見れば広場の中にキラータイ
ガーの入れられた檻が」
勇者「これもゲームクリエイターの陰謀だろうが、まあ負けても所持金半分持っていかれ
て、最後のセーブポイントに戻されるだけだ」
王子「勇者が、そう言うなら。仕方がないですね。幸い、まほうのよろい買って、所持金
も少ないですから」
勇者「王様!戦ってやるぜ!!」
王様「なら、このスタジアムのまん中まで進むがよい!」
ナレ「言われるままに広場の方に進む一行」
魔物「ガルルルルー!」
ナレ「キラータイガーが現れた」
勇者「よっしゃあ!みんな頑張れよ!!」
ナレ「三人の協力で、キラータイガーを打倒したのであった」
王様「あっぱれ!あっぱれ!みごとな戦いぶりであった!わしからのほうびじゃ。月の紋
章をあたえよう!そちたちのかつやくを期待しておるぞ!」
勇者「ありがとうよ。期待してな」
王様「おお、勇者よ。デルコンダルの城によくぞ来た!勇者が次のレベルに……」
勇者「なるほど、戦い済んで、セーブ王になるのか。ここは野球場だったのか……」
王女「バカなこと言わないでよ」
王子「王さま、いい人でしたね」
王女「ええ、立派な方です」
勇者「さて、次の目的地へ向かおう!」
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・18
2020.02.19

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・18



ナレ「金の扉を開けるために、ルーラシア城に戻ってきた一行」
勇者「よっしゃあ!開けまくるぞお!!」
王子「さすが勇者さんのお城ですね。宝箱が沢山並んでいます」
勇者「一応、宝物庫だからな。最強の武器とかあるかな?」
ナレ「金の扉を開けて、次々と宝箱を開ける勇者。何が見つかったかは省略」
勇者「なんだ、武器はないのか、つまらん」
王子「でも、『ロトのしるし』が入っていました。これ、後で役立つのでは?」
勇者「そういえば、ザハンに行く途中の祠に、しるしを持ってこいとか言ってた奴いる
な。後で行ってみよう」
王女「地下牢の方は?」
勇者「ああ、そこは牢屋のカギがないとダメだ。次に行こう」
王子「次は、サマートリア城ですね。金の扉が一つありました」
老人「よくぞ来た!ロトの血を引きし者たちよ!さあ!宝箱を開け、その中の物を取る
がよい!」
王子「ロトの盾が入っていました」
勇者「王子が装備していいよ。ここはおまえの城だからな」
王子「ありがとうございます。せっかくだから、久ぶりに妹に会ってきます」
妹 「あっ、お兄ちゃん。ねー、あたしも連れてってよお!」
王子「だめだよ、おまえは」
妹 「なによ!お兄ちゃんのいじわるうっ」
勇者「次は、サンペタだな」
王子「焚火をしている老人のいる所ですね」
老人「大きな海のどこかに精霊のほこらがあるそうじゃ。5つの紋章を手に入れた者は、そ
こで精霊を呼び出すことができるという。もっともこの言い伝えがどこまで本当なのか、
それは誰も知らんがの……」
王女「五つの紋章を集めて、その精霊のほこらへ行けということね」
勇者「牢屋に入れられているのは魔物か……。何か持っていそうだけど、牢屋のカギを手
に入れたら戻ってこよう」
王子「はい。重要マークを付けてメモしました」
勇者「次はラダトーム城の武器屋の二階だな」
隠居「ほれ、命の紋章をやる!」
勇者「はあ?何言ってんの?」
ナレ「実は、セリフを書き留めるのを忘れてしまいました(*- -)(*_ _)ペコリ」
勇者「命の紋章を貰ったという事実だけかよ」
ナレ「貰ったあとのセリフならありますよ」
隠居「こんな所まで来るとは仕方のない奴だな。わしはただの武器屋の隠居じゃよ。かっ
かっかっ!」
勇者「しようがねえな、しっかりしろよ。ナレーション」
ナレ「気を付けます」
勇者「取り敢えず、行けるところで金の扉があるのは、ここまでか」
王女「もっと町を探して回りましょう」
王子「そうですね」
勇者「とりあえず、例の祠に行ってみるか」
ナレ「再び、精霊の祠に戻り、賢者に会うと」
賢者「おお、わしは待っておった!勇者ロトの子孫が現れるのを!そなたたちにロトの兜
を授けよう!」
ナレ「『ロトのかぶと』を受け取ったのであった」
勇者「これは俺しか装備できないようだな」
王子「ですね」
王女「良くお似合いですよ」
勇者「そうか……照れるな(〃▽〃)ポッ」
ナレ「おだてに弱い勇者だった」
勇者「それにしても、行き詰ったな。町人に聞いても、先の情報が見当たらん」
王子「世界地図を見ながら、町を探していくしかないですね」
王女「そうですね。それぞれの町は地図上で点滅していますものね」
ナレ「地図を開いて確認する勇者」
勇者「ふむ、一番分かりやすいのは、ザハンの北にある島にあるな。船出だあ~」
ナレ「再び、舟に乗り北方の島、デルコンダルへと向かうのだった」
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・17
2020.02.18

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・17



ナレ「ラダトーム城で旅の打ち合わせをする一行」
王子「どうしますか?」
勇者「陸伝いでは、もう行くところがねえようだ。旅の扉も金の鍵がないとダメだし。舟
で行けるところまで行くしかない」
王女「ちょっと、いいですか?」
勇者「なに?」
王女「迷った時には原点に戻れ、って良く言いますよね?」
勇者「原点?ルーラシア城か?」
王子「そういえば、以前勇者に会いに行った時に、旅の扉を見かけましたけど……入って
みましたか?」
勇者「いや、入ってないぞ。旅の扉というものすら知らなかったからな」
王子「行ってみませんか?」
勇者「そうだな。行こう」
ナレ「というわけで、ルーラでルーラシア城に戻る」
勇者「あった、あった。こんな所にあったとは、灯台下暗しだな」
王子「ともかく入ってみましょう」
ナレ「ルーラシア城からの旅の扉の行き着く先は?」
勇者「なんだ、何もないぞ。ただの孤島じゃないか」
王女「東の方に島が。町も見えますよ」
王子「世界地図で場所を確認しましょう」
ナレ「ステータスから世界地図を確認する」
王女「ルーラシア城からはるか南に行った場所ですね」
勇者「つまり舟で、ルーラシア城から南へ出発しろということか」
王子「そのようです」
勇者「考えても仕方がないな。行動あるのみだ。城に戻るぞ」
ナレ「ルーラシア城に戻り、舟に乗って大航海に乗り出したのだった
勇者「なーみをちゃっぷちゃっぷかきわけて♪」
王女「ごきげんですね。何の歌ですか?」
勇者「ぴょっこりぴょうたん島」
王子「ちょっと歌詞が違うようですが」
勇者「いいんだよ、JASRACがうるさいから。お!島が見えたぞ。町もある」
王子「原点に戻れと進言した王女の功績です」
王女「仲間ですから」
勇者「この島の存在はどこにもヒントがない!ルーラシア城の旅の扉から飛んだ孤島で、
世界地図を使って初めて発見できる。まさしくゲームクリエイターの作為そのものだな。
運命の神は自分の手で掴めということ」
王子「早く町に入りましょう」
勇者「そうだな。台風に合わないうちに上陸するぞ。長旅の末に沈没じゃたまらん」
王女「たいふう、ってなんですか?魔物の一種ですか?」
勇者「まあ、有体に言えばそうかもな。絶対に倒すことが出来ず、猛烈な攻撃を耐え忍ん
で、通り過ぎるのを待つだけの怪物だ」
王子「倒せない魔物がいるなんて……」
勇者「だから、さっさと舟を降りよう」
王女「そうしましょう」
ナレ「押っ取り刀で上陸し、町に入る一行」
女 「漁師町ザハンにようこそ。今、男たちは漁に出ていて、留守でございますわ」
勇者「ここは、ザハンというのか。にしても男がいない?もしかして酒池肉林か?」
老人「ええのう、ここは女ばかりの町じゃ。ええのう、実にええのう」
勇者「おおともよ。あんたも、そう思うか?うししっ」
ナレ「以心伝心。二人は顔を合わせて笑う」
王女「男どもはどうしようもないわね」
ナレ「あきれ返る王女だった」
王子「このザハンの町は、どの町を巡っても一つのヒントも得られなかった島にある町。
絶対に重要な情報やアイテムが隠されていると思います」
王女「あたしもそう思います。慎重に情報集めをしましょう」
ナレ「町人から知らされる情報を、一つ残らず漏らさないようにとメモに取る王子」
商人「実は、この町の男たちの船が魔物に襲われて海のもくずに……私はそのことを知ら
せに来たのですが……おお、神よ!私にはとても言えない!」
王子「その魔物って、たいふうって奴でしょうか?」
勇者「ん?ああ、そうかもな……」
宿女「春になればルークが、私の恋人ルークが漁から帰ってくるんです。ああ、ルーク…
…」
勇者「そんな男は忘れて、この俺としようぜ」
女子「あのね!海のどこかにサンゴに囲まれた洞窟があるんだって。その洞窟に入るには
月のかけらがいるって、おばあちゃんが言ってたわ!」
王子「これは重要な情報ですね。サンゴに囲まれた洞窟、月のかけら……マーク入りでメ
モしておきますね」
男子「ぼく、大きくなったらお父さんみたいな立派な漁師になるんだい!」
勇者「おう、頑張れよ」
主婦「私はタシスンの妻。夫はとても動物好きで、特に犬が大好きでした。でも、3年前
の冬の漁で夫は帰らぬ人と……今あんなことが再び起きぬように、皆が無事に戻ってくる
よう、お祈りしていたところですわ」
勇者「犬か……。王女も犬にされたんだよな。何かありそうだ。お、あそこに犬がいるぞ。
おい、犬!」
犬 「わん、わん」
ナレ「犬が後退すると……」
王子「あ!犬がいたところに、何か落ちていますよ!」
ナレ「拾い上げる勇者」
勇者「カギだ。それも金の鍵だ!!」
王子「やりましたね。これで金の扉が開けられますね」
勇者「よし、町人の話を聞くだけ聞いたら、各地にある金の扉を開けに行こう」
王子「そうね。強力な武器とかあったら、後々の冒険が楽になりますから」
王女「あたしは、強力な杖か防具が欲しいな」
勇者「情報集めを続けるぞ。お?ここは教会か?」
修女「お引き返しあそばせ。神殿を荒らす者には災いが降りかかりましょう」
勇者「そう言われると余計に踏み荒らしたくなるな。後ろに見える通路に何か良いものを
隠しているんだろう」
ナレ「神殿に踏み込もうとする勇者」
王子「ダメです!床が強力なバリアーになっています。一歩踏むだけで、相当なダメージ
を受けます。数歩で全員死亡します」
勇者「ほんとか?」
王子「トラマナという移動呪文がないと……」
勇者「トラマナ?おまえできるのか?」
王子「たぶん出来ますが、まだレベルが足りません」
勇者「しかしなあ……。こういう常人では通れない罠の先には、一級品のアイテムが眠っ
ているものだぞ」
王女「レベルが上がるまで、ここは保留にしておきましょう」
勇者「いや待て!!一歩進むごとに、HPを回復させながら行けば良い」
王子「ずいぶんな荒行ですね」
勇者「通ればリーチだ!」
王子「あの……それ、間違ってますよ。マナー違反とか言われちゃいます」
勇者「おかしいのか?」
王子「はい。ただ、リーチとだけ宣言すれば良いのです」
勇者「詳しいな。やったことあるのか?」
王子「少しだけ」
王女「話がそれてますよ」
勇者「そうだった。とにかく、荒行でバリアーを突破する!」
ナレ「というわけで、荒行を決行した先で見たものは……」
勇者「……鉄格子があるな」
王子「ありますね……」
王女「牢屋のようですわ」
勇者「なんでやねん!バリアーに守られて、しかも鉄格子まで……一体どんなアイテムが
入っているというんじゃあ!!」
王子「ろうやのカギを手に入れるしかないですね」
勇者「おまえ、ルーラで鉄格子の先に飛べ!今飛べ、すぐ飛べ!」
王子「無理ですよお」
勇者「なぜだあ!町から町へと長距離を一瞬
で飛べるのに、なぜ目と鼻の先には飛べな
いんじゃあ!!テレポートしろ!」

ナレ「声を荒げ、文字フォントも色もサイズも変えて叫ぶ勇者だった」
王女「そういうシステムになってますから」
王子「システムです」
ナレ「はい。お二方のおっしゃる通りです」
勇者「ぐぬぬぬっ……」
王子「仕方がないですよ」
王女「荒行も無駄でしたわね」
王子「戻りましょう。ルーラシア城の金の扉を開けに、ルーラ!」
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -