銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ II
2019.05.26


新型モビルスーツを奪回せよ


                II

「バイモアール基地周辺の詳細図を」
 これから戦闘が行われるだろう基地の情報を、前もって知り事前の作戦計画を練るこ
とは大事である。
 オペレーターが機器を操作すると、それまでの航海図からバイモアール基地の投影図
へと切り替わった。
 基地の名称ともなっているバイモアール・カルデラは、数万年前に大噴火を起こして
陥没して広大なカルデラを形成したもので、その後東側の外輪山の山腹に新たな噴火口
ができて爆発、山腹を吹き飛ばして海水が流入し現在のカルデラ湾となった。
 バイモアール基地は、このカルデラの火口平原に設営されたもので、海側は入り口が
狭い湾となっているし、山側は高い外輪山に阻まれ、さらに後背地は砂漠となっていて
格好の天然要塞となっている。
「基地の兵力はどうなっているか?」
 作戦計画なので、各自意見のあるものは遠慮なく発言を許されている。
「湾内には共和国同盟の水上艦が守りを固めているはずです」
「基地直轄としては、三個大隊からなる野砲兵連隊が配備されておりまして、各大隊は
7.5cm野砲8門、10.5cm榴弾砲4門の構成。内二個大隊は湾側の防衛、一個大隊を砂漠側
の防衛にあたっております」
「野砲はそれほどの脅威はないでしょう。脅威なのは湾を望む高台に設営されている
トーチカ、そこに配備されている205mm榴弾砲ではないかと思います。直撃されれば一
撃で撃沈されます」
 一同が頷いている。
 ミネルバ搭載の135mm速射砲でも敵戦艦を一撃で撃沈させたのだ。それが205mmともな
れば、言わずもがなである。
「まず最初に破壊する必要性があるでしょうが、いかんせん向こうの方が射程が長いの
が問題です。こちらの射程に入る前にやられてしまいます。近づけません」
「ですが、こちらにはより長射程の原子レーザー砲があるじゃないですか」
「強力なエネルギーシールドがありますよ。原子レーザーは無力化されてしまいます」
「軍事基地をたった一隻の戦艦で攻略しようというのが、いかに最新鋭戦闘艦といえど
もどだい無理な話なのでは?」
 一人の士官が弱音を吐いた。
 すかさず檄が飛ぶ。
「馬鹿野郎! 戦う前からそんな弱気でどうする。困難を克服しようと皆が集まって作
戦会議を開いているのが判らないのか? 艦長に済まないとは思わないのか」
「も、申し訳ありません」
 フランソワの方を向いて、平謝りする士官だった。
 遙か彼方のタルシエン要塞から遠路はるばるこの任務に着任してきたフランソワ・ク
レール艦長。共和国の英雄と称えられるあのランドール提督からの厚い信望を受けての
ことであるに違いない。
 たんなる戦艦の艦長であるはずがない。
 それは一同が感じていることであった。
 暗くなりかけたこの場を打開しようとして、副長が意見具申する。
「この際、背後の砂漠側から攻略しますか?」
 砂漠には、丘陵地や谷間などがあって、砲台からの死角となる地形が多かった。
 それらに身を隠しながら接近して、砲台を射程に捕らえて攻撃しようという作戦のよ
うであった。
 しばし考えてから答えるフランソワ。
「いえ。海上側から攻略しましょう。砂漠から攻略してトーチカを破壊しても、山越え
した途端に基地からの総攻撃を受けます。基地に配備されたすべての兵力の集中砲火を
浴びせられては、さすがのミネルバも持ち堪えられません」
 トーチカの205mm榴弾砲のことばかりに気を取られていた一同だったが、基地の総兵
力の九割が海側にあることを失念していたようだ。トーチカだけなら砂漠からの方が楽
であるが、その場合は基地に入るためには山越えをしなければならず、満を持して構え
ていた基地から一方的に攻撃を受けることになる。
「海上からなら、まずは水上艦艇、次に野砲兵連隊、そして基地直営ミサイル部隊と、
射程に入り次第に各個撃破しつつ基地に接近することができます」
「トーチカからの攻撃はどうなさるおつもりですか?」
 海上では隠れる場所がない。トーチカの格好の餌食となるのは必定である。
 それがために皆が頭を抱えて思案していたのである。
 が、フランソワは一つの打開策を用意していた。
「基地には、モビルスーツを奪回するために潜入している特殊部隊がいるはずです。彼
らに協力を要請しましょう」
 特殊部隊?
 一同が目を見張ってフランソワを見た。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 III
2019.05.25


第三章 第三皇女


                III

 その頃、皇女艦隊旗艦の艦橋では、信号手が事態を説明していた。
「白信号が三つ上がりました。停戦の合図です」
「こちらも戦闘中止を出してください」
 無益な戦闘は避けたいジュリエッタ皇女だった。
 そして側に控えている将軍に尋ねる。
「ところで、後から来た艦隊の動きを見ましたか?」
「はい。しっかりと目に焼きついています。高速ターンや宙返りなどの曲芸飛行と言え
る様な、戦艦がまるで戦闘機のように動き回っていました」
 そう答えるのは、皇女艦隊を実際に取り仕切っているホレーショ・ネルソン提督であ
る。
「どこの艦隊でしょうか?」
「おそらく共和国同盟の復興を掲げる反攻組織である解放軍ではないでしょうか。連邦
軍があっさりと撤退したことを考えると、噂に聞くランドール艦隊」
「ランドール艦隊ですか……。とにかく指揮官にお会いして、話を伺ってみましょう。
連絡を取ってください」
「わかりました」

 ヘルハウンド艦橋。
「連邦艦隊が撤退していきます」
「速やかに被弾した艦への救援体勢を」
 オペレーター達は、戦闘放棄して撤退する敵艦を、アレックスが追撃しないこと重々
承知していた。より多くの敵艦を沈めて功績を上げることよりも、一人でも多くの将兵
を救い出すことを心情としているからである。
「帝国艦隊より、ジュリエッタ第三皇女様がお目通りを願いたいとの、通信が入ってお
ります」
「皇女様からか……。お会いしようしようじゃないか。艀を用意してくれ」
 さっそくアレックス専用のドルフィン号が用意され、舷側に銀河帝国皇家の紋章の施
された旗艦へと乗り出した。
 皇女艦の発着口に進入するドルフィン号。
 タラップが掛けられてアレックスが姿を現わす。
 すでにドルフィン号の回りには、武装した帝国兵士が取り囲んでいた。
 ゆっくりとタラップを降りるアレックスの前に、人垣を掻き分けて着飾った皇女が侍
女を従えて出迎えた。
「ようこそ、インヴィンシブルへ! 歓迎いたします」
 巡洋戦艦インヴィンシブルは、銀河帝国統合宇宙軍第三艦隊の旗艦であり、ホレーシ
ョ・ネルソン提督を司令長官に迎えて、ジュリエッタ皇女が統括指揮する体制をとって
いた。ゆえに第三皇女艦隊との別称がつけられ、艦艇数六十万隻を誇る銀河帝国最強の
艦隊である。同様に第二皇女のマーガレット率いる第二皇女艦隊と双璧を成している。
「インヴィンシブルか……」
 タラップを降りた時から感じていたことであったが、将兵達の態度や身のこなし方に
指揮統制の行き届いた様子が見受けられた。まさしく第三皇女の品格と、用兵術のなせ
る技というところだろう。
「共和国同盟解放戦線最高司令官のアレックス・ランドールです。どうぞよろしく」
「ランドール提督……。共和国同盟の英雄として知られる、あの名将のランドール提督
ですか?」
「そのランドールです」
 周りを取り囲む将兵達の間から驚きの声が漏れた。
 改めてアレックスの顔を見つめるジュリエッタ皇女だったが、
「あ……」
 一瞬息を詰め、凝視したまま動かなくなった。
 皇女の視線はアレックスの瞳に注がれていた。、
 その深緑の瞳は、銀河帝国皇族男子に継承されてきた誇り高き皇家の血統に繋がるこ
とを意味するエメラルドアイであった。
「どうなされましたか?」
 側に控えていた侍女が気遣った。
「い、いえ。何でもありません」
 気を取り直して、話を続けるジュリエッタ皇女。
「それでは、貴賓室でお話を伺いましょう。どうぞこちらへ」
 先に立って、アレックスを案内するジュリエッタ皇女。

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の参
2019.05.24


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の参

 人通りの少なくなった深夜の雨降る街角。
 一人の女性が帰宅を急ぐ姿があった。
 追われているのか、時折後ろを振り向きながら急ぎ足で歩いている。
 突然目の前に現れた人影にぶつかってよろけてしまう。
「すみません」
 と謝って顔を上げたその顔が歪む。
 その腹に突き刺さった短剣から血が滴り落ちる。

 阿倍野警察署。
「連続通り魔殺人事件捜査本部」
 という立て看板が立てられている。
 会議室。
「切り裂きジャックだ!」
 会議進行役を務める大阪府警本部捜査第一課長、井上警視が怒鳴るように声を張り上
げる。
 夜な夜な繰り広げられる連続通り魔殺人事件。
 その惨劇さは、殺した女性の腹を切り開いて内蔵を取り出し、子宮などの内性器を持
ち去ってしまうという事件。
 1888年のロンドンを震撼させた切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)と手口
が全く同じという変質者の仕業であった。結局犯人は捕まらずに未解決事件となった。
 ロンドンでは売春婦が襲われたが、こちらではごく普通の一般女性であるということ。
 広報や回覧板及びパトカーの街宣などによって、夜間の一人歩きの自粛などが流布さ
れて、一部の自治会では自警団が組織されていた。
「心臓抜き取り変死事件と同じだな……やはり彼女の力を借りるしかないようだ」
夢幻の心臓

 土御門神社の社務所。
 応接間にて、春代と蘭子そして井上課長が対面している。
「……というわけです」
 事件の詳細を説明する井上課長だった。
「なるほど、切り裂きジャックですか……」
 蘭子もニュースなどで連続通り魔殺人事件のことは耳にしていたが、直接課長の口か
ら聞かされた内容は衝撃的であった。
「で、わざわざ伺われたのはいかに?」
 春代が実直に質問する。
 来訪目的は、うすうす感ずいているが、聞かずにはおけないだろう。

- CafeLog -