銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 IX
2020.09.13

第八章 トランター解放


IX


 惑星トカレフに近づく艦隊があった。
 ジュリエッタ皇女が坐乗するインヴィンシブル率いる第三皇女艦隊である。
 自国領エセックス侯国の伯爵が、先走って共和国同盟への簒奪に走ったとの報を受けて、
自ら説得のために足を運んだのである。
 今後とも同じような轍を踏まないように、きっちりとした態度を見せねばならない。
 カーペンター伯爵艦隊を取り囲むようにして、第三皇女艦隊の配備が完了した。
 インヴィンシブル艦橋に玉座するジュリエッタが発令する。
「トカレフを包囲する艦隊に威嚇射撃を行います」
 ホレーショ・ネルソン提督は、その意を察して下令する。
「威嚇射撃用意!艦に当てない至近に設定」

 伯爵艦隊では、突然の攻撃に右往左往していた。
「今の攻撃はなんだ?」
 軌道待機の艦隊を預かっている指揮官が尋ねる。
「味方艦、帝国艦隊です」
「味方だと?何故、攻撃する」
「巡洋戦艦インヴィンシブルを確認。ジュリエッタ様の艦隊です」
 皇女艦隊だと知って狼狽える指揮官。
 まさか皇女相手に反撃するわけにもいかず、そもそも艦船数で敵うはずもなかtった。
「今の攻撃は威嚇だけのようです」
「入電しました。インヴィンシブルからです」
「伯爵様に繋げ」
 それが精一杯の指令だった。

 通信は伯爵の元へと中継される。
「ジュリエッタ皇女様から通信が入っています」
「皇女様から?繋いでくれ」
 副官が通信端末を開いて受信操作をする。
 壁際のパネルスクリーンにジュリエッタ皇女の姿が映し出される。
「これはこれは皇女様。こんな辺鄙なところに何用でございましょう」
 川の流れを受け流す柳のように、平然至極のように尋ねる伯爵。
「それはこちらが聞きたい」
「何をでしょうか?」
「では聞くが、殿下がこの共和国同盟領に進撃した趣旨は理解しておろうな」
「はい。バーナード星系連邦から解放するためです」
「ならば問う。連邦を追い出したまでは良い。代わりに占領政策を行うとは、殿下の意志
に反するとは思わなかったのか?」
「そ、それは……」
 さすがに言葉に詰まる伯爵だった。
 一惑星の城主という身分では飽き足らないと感じていた。
 もっと大きな権限や領地が欲しかったのである。
 その気持ちが先走りして、大胆にも同盟領の占領という行為になったのだ。
 窓の外には、ジュリエッタが派遣したと思われる部隊が次々と降下していた。
 やがて、伯爵の居室に銃を構えた兵士がなだれ込んできた。
 そこへ悠然と姿を現す一人の文官。
 ジュリエッタ艦隊の中でも、戦闘に関わらずもっぱら政務に従事することを任としてい
た。
「政務次官補のレイノア・ロビンソン中佐です」
 と名乗った。
「この惑星トカレフの解放政策のために派遣されました」
「解放政策?」
「はい。アレクサンダー殿下のご意思のままに、このトカレフを元の共和国体制に復帰さ
せるためにです」
「帝国の領土にするのではなく、共和国制度に戻す……それが殿下のご意思なのか?」
「御意!伯爵、あなたを拘禁させて頂きます」
 配下の兵士に指令する政務次官補。
 兵士に両腕を掴まれ、うなだれる伯爵。

 ほどなくして伯爵配下の艦隊はサセックス侯国へと帰還することとなった。

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・36
2020.09.12

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・36


メニューへ

ドラマに戻る



ルビスの塔

ナレ「マイラを出発して、途中で見かけた小島へと船で向かう」
コンラト「この塔のどこかに、精霊ルビス様が封印されているのですね」
勇者「塔っていうのは面倒なんだよな。見えない通路とか、落とし穴にワザと落ちないと
先へ進めないとかな」
リリア 「洞窟とかも同じですけどね」
勇者「さて、塔の中に入ったが、今まで見たこともない赤紫色の扉だな。開くのか?」
ナタリー「開いたわよ(あっさりと)」
勇者「と、中に入ったは良いが、いきなりバリアー床かよ」
ナタリー「はいはい。トラマナね」
勇者「もち、分かってきたな」
リリア 「まっすぐ行った所に宝箱があります」
ナタリー「いかにもって感じでワザとらしいわね。ミミックかもね」
勇者「おうよ。ミミックと1016Gだったな」
ナタリー「あんたねえ。手癖悪いわよ。これがもっと酷い罠だったらどうすんのよ」
コンラト「右の通路はハズレでしたね。何もありません」
リリア 「左へ行くと……塔の外壁に誰かいます」
男 「かいてんするゆかは、歩き方をかんがえてから進めば歩けるはずだ。ただがむしゃ
らに進むだけでは、まことの勇者とはいえまい」
勇者「回転する床?なんだ、初耳だな」
ナタリー「どうやらトラップの一つみたいね」
コンラト「しかし、いきなり行き詰りましたね。上への階段が見当たりません」
勇者「隠し通路があるのだろ。ほら、さっきの男のいた場所、南西の行き止まりが怪しい
じゃないか」
コンラト「あ、通路がありました。階段もです」
勇者「だから言ったじゃないか。塔内は隠し通路だらけってな。怪しい場所は手当たり次
第調べるのさ」


二階の中央広場

ナレ「二階に上がりました。早速回転床の登場です」
リリア 「まるでソロバンの玉みたいですね。菱形の右と左に白か黒かに色分けされてます」
ナレ「早速回転床に挑戦する」
ナタリー「なるほど……床に乗って白い側に進むと前に、黒い側に進むと後ろというわけね。
また右が白い時に前に進もうとすると白側つまり右に進む……なるほどね」
勇者「全然わからんぞ"(-""-)"」
リリア 「回転床はナタリーさんに任せましょう」
コンラト「そうですね。頭脳明晰キレモノなんですから」
ナタリー「馬鹿にされているように感じるのは気のせいかしら?」
勇者「いやいや、素敵なお方です」
ナレ「などとナタリーをおだてながら、中央広場にやってきた。回転床とダメージ床のあ
る両側に宝箱が並んでいる」
勇者「簡単じゃないか。トラマナの呪文を使ってダメージ床の方を歩けば、頭を使わずに
宝箱にありつけるな」
ナタリー「トラマナを使うあたしはMPを消費するけどね('ω')」
勇者「おおお!『炎のブーメラン』『らいじんのけん』が入ってたぜ。これで攻撃力アッ
プだぜい(*^^)v、俺は王者の剣を持っているから、雷神の剣はコンラッドにやる」
コンラト「ありがとうございます(装備した)これは、道具として使うと、ベギラゴンの効果
があります」
ナレ「さらに上の階段を見つけた。と思ったら、魔物が現れた!」
勇者「お、はぐれメタルとメイジキメラだ!」
ナタリー「ううん。どくがの粉を持ってくるべきだったわね」
コンラト「メイジキメラはメダパニとマホカンタ使ってきますよ」
勇者「厄介だな。はぐれメタルは経験値ガッポリ貰えるけど、必ず他の強力な魔物を引き
連れているからな」
リリア 「メイジキメラとかを先に倒さないと、と思っているとその間に逃げちゃいますもの
ね」
勇者「階段も気になるが……回転床があって東の壁が開いている。何かありそうだ。行っ
てみるか」
ナレ「回転床をナタリーのナビで、東壁を抜けて下に落ちると老人がいた」
老人「ようせいのふえをもっているならば、この塔の5階にいきなされ」
勇者「5階だな!よし!!」

ナレ「三階に昇りました。真っすぐ南に進むと、階段と西への通路があった」
コンラト「西へ行きますか?階段を昇りますか?」
勇者「さっさと上に昇ろうぜ」

ナレ「ということで、四階に来ました。北と西に繋がる通路があります」
コンラト「西の通路は行き止まりでしたね」
ナタリー「じゃあ、北通路ね」
勇者「なんか怪しい通路に出たな、回転床のある狭い通路の先に宝箱がある。まるで、破
戒録カイジの鉄骨渡りみたいだ。これは良い物が入ってそうだ。ナタリー、ナビしろ!」
ナタリー「なによ、えらそうに( `ー´)ノ最初の三つは↑↑↑、次の三つは↓↓↓よ」
勇者「さすが。宝箱だ。『ひかりのよろい』ゲットだぜい!どうやら俺しか装備できない
ようだから貰っとくぜ」
コンラト「戻りますか?」
勇者「リリア、マップは?」
リリア 「この四階は、さっきの階段があるだけです」
勇者「じゃあ、降りるだけだな。なら、ここから飛び降りた方が早いな」
ナタリー「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」
ナレ「と、その場から飛び降りて三階へ」
ナタリー「もう、危ないじゃない!」
コンラト「髑髏どくろが三つ落ちています。さっきのように飛び降りた誰かが打ちどころ悪くて亡く
なったとか?」
リリア 「ありえますね」
ナタリー「もっと慎重に行動してよね」
勇者「へいへい。あ、小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナタリー「聞いてないわね」
ナレ「三階を探索、北西の隅に宝箱」
勇者「小さなメダル見っけ(*^^)v」
リリア 「東の方……なんか怪しくありませんか?」
コンラト「回転床があって、北壁が途切れていますね」
リリア 「二階でもありましたね。老人がいて、5階に行けと。そういえば、まだ5階に到達
していません」
勇者「こりゃ、そこから落ちてみる必要がありそうだ」
ナレ「そこは塔の北側外壁庭園であった」
コンラト「壁に窪みがありますよ。通れそうです」
勇者「ふむ。北側通路に出たようだ」
ナレ「二階に上がると回転床が二つずつあった」
勇者「ここも壁が途切れているが、落ちたら?」
リリア 「先ほどの場所に落ちます」
勇者「なら、落ちないように。ナタリー、ナビしろ!」
ナタリー「へいへい。↓↓、そしてまた↓↓よ」
ナレ「後は通路と階段を素直に進むと5階に着く」
リリア 「この塔の構造が、何となく見えてきました」
ナタリー「なに?」
リリア 「つまりですね。碁盤の目を想像してください。碁盤の星と呼ばれる地点に広い空間
があって、それぞれを繋ぐように通路があります」
コンラト「なるほど」
ナレ「やがて、碁盤の天元に相当する中央祭壇の前にたどり着いた」
勇者「お?石像があるな」
ナレ「勇者は目のまえのせきぞうをながめた。ふしぎな気品のただよう美しい女神像だ」
コンラト「精霊ルビス様ではないでしょうか?」
勇者「どう見ても、ただの石像だぜ」
リリア 「ようせいのふえ、を使ってみたらどうでしょうか?」
勇者「ふえ?これか……マイラの温泉そばで拾ったヤツ」
リリア 「城壁の外にいたご老人が」
老人「ようせいのふえをもっているならば、この塔の5かいにいきなされ」
リリア 「と、おっしゃってましたから」
ナタリー「つまり、この石像に対して使えと言っていたのね」
ナレ「勇者は、ようせいのふえを取り出し吹いてみた。美しい音色が奏でられ、やがて女
神像が輝き出し、その真の姿を現し始めた」
ルビス「ああ、まるで夢のよう!よくぞ、ふういんをといてくれました。私は精霊ルビス。
このアレフガルドの大地をつくったものです。お礼に、勇者にこの『せいなるまもり』を
さしあげましょう」
勇者「……話が長くなるから区切るぜ。字数制限があるんでな」
ルビス「そして、大魔王をたおしてくれたなら、きっといつか、そのおんがえしをいたしま
すわ。私は、精霊ルビス。この国に平和がくることをいのっています」
ナレ「そう言い終わると、ルビスは姿を消した」
リリア 「メルキドの神官がおっしゃっていた、『たいようのいし』『あまぐものつえ』そし
て今『せいなるまもり』の3つが揃いました」
コンラト「その3つを持って、聖なる祠へ行けという指示がありました」
勇者「聖なる祠?それってどこだよ?精霊の祠とはまた別なのか?」
リリア 「聖なる祠の情報は、これまでにありませんでした」
ナタリー「ようせいの地図を見ながら、未踏破ちを探し回れってことでしょ」
勇者「しようがねえなあ……(と地図を見る)マイラのある大陸から南に別の大陸がある
から、船で行ってみよう」

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・35
2020.09.11

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・35


メニューへ

ドラマに戻る


マイラ

ナレ「ラダトームから船に乗って、北から東へと向かうと次の目標の大陸が見えてくる」
コンラト「見てください。小島に何やら怪しげな塔が立っていますよ」
勇者「今はパスだ。まずは次の町に到着するのが先決だ。それからでも遅くない」
ナレ「小島を素通りして大陸に上陸した。東へ少し歩くと町が見えてくる」
青年「マイラの村にようこそ」
勇者「よし、反時計回りに情報集めだ」
村娘「道具屋のご主人は、とてもきようなひとですわ。そのままでは役に立たないもので
も、買いとってさいくをして、売り出したりするのですよ」

青年「その昔、おうじゃのけんは魔王により、こなごなにくだかれたとききます。しかし
その魔王ですら、おうじゃのけんをくだいてしまうのに、3年の年月を要したとか。いや
はやすごい剣もあったもんですね」
勇者「……(考え込んでいる)」
武具「ここは武器と防具の店だ。どんな用だい?」
勇者「見せてくれや」
武具「ゾンビキラー、ウォーハンマー、パワーナックル、やいばのよろい、みずのはごろ
も、みかがみのたて、けんじゃのつえ、いかがです?」
コンラト「やいばのよろいは反撃で、はぐれメタル用に最適です。すでに私が装備してますけ
ど、勇者さん用にもう一着いかがですか?」
ナタリー「みずのはごろもは、呪文や炎・吹雪攻撃を2/3に軽減するわ。ラスボス戦には必
要です」
リリア 「けんじゃのつえは、道具として使うとベホイミの効果がありますよ」
勇者「分かったよ。よろいと羽衣、けんじゃのつえ、をくれ!」
武具「まいどありがとうございます」
コンラト「武具屋の外に剣士がいますね」
ナレ「武具屋のぐるりと回って剣士の所へ行く」
剣士「うわさでは、精霊ルビスさまは西の島の塔の中に、ふうじこまれているそうだ」
リリア 「精霊ルビスさまって、このアレフガルドを創造されたというお方ですね」
コンラト「どうやら、ルビス様をお助けする必要があるようですね」
勇者「西の島の塔か……。ここに来る途中で見かけたやつだな」
ナタリー「マイラでやるべきことを終えたら行くべきね」
勇者「井戸があるな。覗いてみるか」
ナレ「井戸の中にはロープが垂らされており、探索する一行だったが何も見出すことはで
きなかった」
勇者「時間の無駄だったな。さて、宿屋もあるけどパスだ」
案内「ここは、ろてんぶろでございまーす」
ナタリー「露天風呂?HPやMPが回復するのかしら?」
勇者「入ってみればわかるぞ」
リリア 「え?服着たまま?」
ナレ「風呂に入ろうとしたが……」
勇者「だめだ。入れねえぞ……がしかし、昇降口で小さなメダル見っけ(*^^)v」
老人「お若いの。ろてんぶろはどうじゃな?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「知るかよ」
老人「ほう!お前さんも、ちと湯かげんがぬるいと思いなさるか。これも、この世がくら
やみにおおわれたため。またあつい湯につかりたいもんじゃのう」
勇者「ああそうかいなっと。確かこの露天風呂の南に……」
ナレ「風呂の南側の切り欠きから進んでいくと」
勇者「あった!ようせいのふえ!(*^^)v」
ナタリー「なによそれ?」
勇者「これはだなあ。ドラクエIでは、メルキドを守るゴーレムを倒すアイテム……なの
だがね。その上、道具として使うとラリホー(眠り)攻撃になるんだ」
リリア 「メルキドにはいませんでしたね。ゴーレムを造ろうとしている人はいましたけど」
占師「神はひかり。魔王はくらやみ。神と魔王はとおい昔から、たたかいつづけてきた、
ふたつのちからのみなもと。もし、ひかりの玉があれば魔王のまりょくをっよわめること
ができようぞ」
ナタリー「ひかりのたま、ですってよ」
リリア 「竜の女王から貰ったものが、魔王の力を弱めると?」
ナレ「占い所から南にある家に入る」
巫女「やまたのおろちというばけもののいけにえになりそうになった時、私たちはにげだ
しました。そして、この世界にまよいこんだのです。私の夫は、ジパングでかたなかじを
してましたのよ」
勇者「刀鍛冶?持っているオリハルコンを鍛えてもらえば、最強の剣を造ってもらえると
いうことか?」
コンラト「この部屋は?待合所みたいなところでしょうか」
商人「まいった!カンダタとかいう男に、おうじゃのけんだとだまされて、ただのはがね
のつるぎを買ってしまったのだ」
ナタリー「相変わらず悪どいことをやっていたのね。ラダトームの牢に入れられているはずだ
わ」
男 「うわさでは、おうじゃのけんはオリハルコンというものでできていたそうです」
コンラト「なるほど、これで決まりですね。オリハルコンで王者の剣が作れそうです」
青年「ジパングから来たっていう道具屋のだんななら、この上にいますよ」
リリア 「決まりですね。ここの道具屋さんは、元鍛冶屋で間違いないようです」
勇者「よし!道具屋に会おうじゃないか」
道具「ここは道具屋です。どんなご用でしょう?」
勇者「頼む!このオリハルコンを鍛えて王者の剣にしてくれ!」
道具「かしこまりました。手数料として12500ゴールド頂きます。また1日ほどお時間を
頂きたいと思います」
勇者「おう。頼むぜ(と、オリハルコンと12500Gを手渡す)」
道具「ありがとうございます。またのご利用お待ちしております」
勇者「そいじゃ、宿屋で明日を待つか」
ナレ「ということで、宿屋で一泊して再び道具屋の元へ」
道具「お待ちしておりました。できておりますよ、はい!王者の剣をどうぞ」
勇者「ご苦労だった。ありがたくいただいておく」
ナレ「ええと……これまでの道具屋との会話はフィクションです。実際のやりとりは、オ
リハルコンを22500Gで売って、王者の剣を35000Gで買い戻すという手順になります」
勇者「これが勇者最強の王者の剣か!(剣を手に持ち高々と天に捧げる)」
ナタリー「気に入ったようね。そろそろ次行きましょうか」
リリア 「次なる目標として、剣士さまが教えてくださった、西の島の塔に幽閉されていると
いう、精霊ルビスさまを解放して差し上げることでしょうか」
コンラト「西の島というと、ここに来る途中で見かけた小島ですね」
勇者「それだろうよ。行くぜ!」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -