あっと!ヴィーナス!!第一章 part-2
2019.09.30


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-2

「弘美、隠れてないで顔を見せなさい」
「……」
 見せられるはずがなかった。しかし完全に逃げ場はなかった。
 かといって出られない。
 ううーん。どうしたらいいんだよ。
「俺が布団を引っぱがしてやる」
 次兄の慎二兄さんの声だ。
 だ、だめー!
 剥がされないように裏側からしっかりと布団を抱き寄せる弘美。
「待って!」
「なんだよ」
「あなた達は、ちょっと外へ出ていなさい」
「ええ? 何でだよう」
「もし武司の言ってることが本当なら、弘美は恥じらい多き年頃の女の子ということ
じゃない。兄弟とはいえ、異性の前に姿を見せられて?」
 おお、さすが母親だけあるよ。女の子の心理を知り尽くしている。
 って、そうじゃないだろう。
「おい。おまえら、母さんの言う通りだ。出るぞ」
 言い出したのは長兄の信一郎兄さんだ。
「ちぇっ、しょうがねえな」
 三兄の雄三兄さん。
 と、ぞろぞろ部屋を出ていく足音。
 やがて扉を閉める音。
 そして静かになった。
「さあ弘美、顔をお見せなさい。お兄さん達はもういないわ」
 やさしく諭す母。
「もし武司の言うとおり、弘美が女の子になったとして、お母さんにだけは、姿を見
せられるわね」
 それでもじっと布団の中で固まっている弘美。強制的に掛け布団を剥がされる気配
はなかった。あくまで本人の意思で姿を見せるのを待つつもりのようだ。
 いつまでも姿を出さないので、静かに語りはじめる母。
「ねえ、弘美。以前からお母さんが、女の子が欲しがっていたのは知っているわよね。
産まれてくる子はみな男の子。これが最後と割り切って産んだ五人目のあなたも結局
男の子だった。悔しくて、あなたに弘美って女の子みたいな名前をつけちゃった。覚
えていないだろうけど、ちっちゃい頃はあなたに女の子の服を着せて慰んでいたわ。
ほら、そんな写真があったのを覚えているでしょ」
 そう確かに、弘美の記憶には家族のアルバムに、可愛いちっちゃな女の子の写真が
あったのを思い出した。そのアルバムを見て自分自身の幼少の写真がなくて、知らな
い女の子の写真があるのを不思議に思ったものだった。母は、その頃の弘美が写真嫌
いでカメラを向けても逃げ回っていて、その女の子は弘美の幼馴染みの一人たとか言
っていたけど、そうかあの女の子が……。今更にして納得する弘美だった。ちなみに
幼馴染みには双葉愛という女の子がいる。
「だから、ねえ弘美。もしあなたが本当に女の子になったというのなら、お母さんは
こんなに嬉しいことはないわ。だってこれからは女同士の話しができるんですものね。
今流行のファッションの話しをしたり、ショッピングにも一緒に行けるのよね。今ま
では自分以外は、みんな男性でしょ。お父さんと五人の息子達、合わせて六人の男性
の中でたった一人自分だけが女性。こんな寂しいことはないわよ。でも今日からは違
うわよね? 弘美が女の子だったらね」
 弘美を産み育てた心境やアルバムの事を持ち出して、とくとくと説得を続ける母。
 このまま隠れているわけにもいかなかった。
 自分を産んでくれた母、弘美が女の子になったことを心底喜んでいることが、その
口調からはっきりと感じ取られていた。
 もっそりと布団から顔を現わす弘美。
「あら、髪が伸びたのね。いいわよ、今の弘美には似合っているわよ。さあ、全身を
見せてくれるわよね」
 あくまで弘美の自意識に委ねる母。
 布団を捲くって、その全身をあらわにする弘美。
 一糸纏わぬ女の子の裸体がそこにあった。
「まあ……素敵!」
 瞳を爛々と輝かせて、歓喜しながら、
「弘美なのよね……?」
 一応念押しの確認している母。
「そ、そうだよ。俺、弘美だよ」
「そう……ほんとに、女の子になったんだね」
 言うが早いか、力強く抱きしめられた。
「うれしい……弘美、ありがとう」
 うれしいと感謝感激されても困るんだけど……と、思っていても口に出せる心境で
はなかった。
 母は涙を流し、身体を震わせながら弘美を抱きしめ続けていた。
「お母さん、苦しいよ。そんなに強く……」
「我慢してらっしゃい。母娘のスキンシップは大切なの!」


11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 II
2019.09.29


 機動戦艦ミネルバ/第五章 ターラント基地攻略戦


                 II

 CCU(循環器系集中治療室)では、医師や看護師が二十四時間交代制で緊急事態に
備えていた。
 当直の医師に尋ねるフランソワ。
「どんな具合ですか?」
「かなり心臓が弱っています。極度の脱水症状によって、血液量が減少し心臓に戻って
くる血液が不足して、空打ち状態となって負担が増し、心室細動などの症状が出ており
ます」
「助かりますか?」
「最善を尽くしますが、五分五分というところでしょうか」
「とにかくお願いします」
「はい」

 ミネルバ発着場。
 訓練生達が全員勢揃いしている。
 その最前列に対面するように、サブリナ中尉とハイネ上級曹長、そしてナイジェル中
尉とオーガス曹長が並んでいる。
「我々四人は、君達の訓練教官を任じられた。そちらの二人は、パイロット養成教官の
ナイジェル中尉とオーガス曹長。そして私はサブリナ中尉、こっちがハイネ上級曹長。
君達の基礎体力をつけさせるための体育教官である」
 ワイワイガヤガヤと隣同士で囁き合っている訓練生達。さしずめハイネ上級曹長のこ
とであろう。
「それでは、早速はじめるぞ! まずは場内五十周からだ」
 ええ!
 訓練生達から悲鳴があがる。
 場内外周はおよそ五百メートルほどであるから、五十周となると二万五千メートルで
ある。
「先頭をハイネ上級曹長がスローペースで先導する。諸君らは遅れないように、しっか
り着いていくように。もし周回遅れとなって追い越されたら、居残り特訓を行うのでそ
のつもりでいろ」
「ええ! うそお!」
 またもや悲鳴。
「ようし。それじゃ、出発!」
 ハイネが走り出す。
 それに続いて仕方なく、ゾロゾロと走り出す訓練生達。
「しっかり走れ! 居残り特訓がやりたいのか!」
 はっぱをかけられてスピードを上げる。
 サブリナ中尉は一緒には走らないようで、号令係というところであろう。
 女性であるがゆえに筋骨隆々とはいかないが、その引き締まった身体は相当な鍛錬を
していることを物語っている。

 パイロット養成官のナイジェル中尉とオーガス曹長は、取りあえずは用がないので、
自分に与えられた新型モビルスーツに乗り込み、システムの調整をはじめた。
「しかし……すごいな。ミネルバと同じ超伝導磁気浮上システムだ。これなら空中を自
由に飛びまわれるぞ」
 機関担当のナイジェル中尉が感心していた。
「超伝導ということは、冷却用の液体ヘリウムの補充が欠かせないということですよ
ね?」
「しかしシステムは非常にコンパクトにまとめられている。超伝導回路に電力を供給す
る核融合炉も、並みの戦艦クラスのパワーゲージがある。つまり、これ一機で戦艦と互
角に戦える。いや、機動力を考えればそれ以上ということか」
「艦長や上層部がこの機体の回収にこだわったのもそのため?」
「そういうことだ。実に素晴らしい機体じゃないか」
「感心するのはともかく、機内に入り込んだ砂をまずどうにかしませんか? 砂漠に長
時間放置されていたので、砂だらけじゃないですか」
「ああ、そうだな」


11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 VI
2019.09.28


第四章 皇位継承の証


                 VI

 アレックス・ランドール提督は、第一皇子として最上位にあるものとして、謁見
の間の壇上の玉座のそばの位置を与えられた。大臣や将軍達を上から見下ろす格好
となったわけである。
 何かと反問していた大臣達の、ばつの悪そうな表情が印象的であった。
 そして、マーガレット皇女が、眼下にかしずいて、アレックスの言葉を待ってい
た。
 アレックスは、マーガレット皇女、すなわち自分の双子の妹の助命嘆願を、摂政
であるエリザベス皇女に申し出た。
「そもそもマーガレット皇女は、私の身分を保全・確保しようとしたことが、反乱
の要因となったわけで、今こうして私がここにいることが、皇女の正当性を証明す
るものです。情状酌量をもって対処していただければ幸いです」
「と、第一皇子が申しておる。大臣達はどう思うか?」
 何せ第一皇子は、皇帝に次ぐ地位であるから、その嘆願となれば絶対的とならざ
るを得ない。
「いえ……。第一皇子のご意見となれば、我々一同に反対する者はおりません」
「そうか……」
 と頷いたエリザベス皇女は、マーガレット皇女に向き直って発言した。
「マーガレットよ。そなたの起こした罪は重大ではあるが、皇子の温情をもってこ
れを許すことにする。今後とも第一皇子、並びに帝国に対して忠誠を誓うこと。よ
いな」
「はい。誓って忠誠を守ります」
「よろしい。では、列に戻りなさい」
 マーガレット皇女は深々とお辞儀をすると、ジュリエッタ皇女と対面する位置に
並び立った。
 ほうっ。
 というため息が誰ともなく沸き起こる。

 その夜の宮殿での皇家の夕食の席。
 アレックスとマーガレットと家族が全員揃ったはじめての食事となった。
 政治においては摂政であるエリザベスが統制権を有しているが、身内だけの席で
はアレックスが主人として最上の席を与えられた。それまではエリザベスが座って
いた席である。
「ところで、アレックスが願い出ていた協定のことだけど……。まだまだ難解でさ
らに時間が掛かりそうです」
 エリザベスが申し訳なさそうに答える。ここは身内の席なので、皇子や皇女と言
う公称は使わない。
「ベス、どういうことなの?」
 ジュリエッタが質問する。アレックスの第一皇子という地位をもってすれば、で
きないことなどないと思っていたからである。
「解放戦線との協定ともなれば、援軍を送るとしても一個艦隊やそこらで済むはず
がないでしょう。それに援助物資の運搬にしても多くの輸送船を割譲しなければな
らないわ。しかも中立地帯を越えて共和国同盟に進駐することになる。総督軍や連
邦軍が黙っているはずがないじゃない。これは国家間の紛争となるに十分な意味合
いを持っている。つまり結局として全面戦争に向けて、銀河帝国艦隊全軍を動かす
だけの権力が必要なの。それができるのは皇帝か、皇太子だけに許されていること
なのよ」
「つまり、第一皇子の権限を越えているというわけね」
 マーガレットがエリザベスの後を受けるようにして答えた。


11

- CafeLog -