銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XII
2019.07.27


第三章 第三皇女


                 XII

 それはアレックスが昇進し大艦隊を指揮統制できるようになっても独立遊撃艦隊とし
て、二百隻をそのまま自分の直属として配下に置き続けたきたからである。
 幾度となく死線を乗り越えてきた勇者の余裕ともいうべき雰囲気に満ちていた。
「P-300VXより入電! 敵空母より艦載機が発進しました。その数およそ三万
機」
 オペレーターの声によって、艦橋は一気に緊迫ムードに包まれた。
「おいでなすったぞ。全艦、対艦ミサイル迎撃準備。CIWS(近接防御武器システ
ム)を自動追尾セット。各砲台は射手の判断において各個撃破に専念せよ」
 戦闘機は接近戦に入る前に、遠距離からのミサイル攻撃を仕掛けるのが常套である。
そこでまず最初に、そのミサイルに対する防御処置を取ったのである。とはいえ、各機
がミサイルを一発ずつ放ったとしても、総数三万発のものが襲い掛かってくることにな
る。まともに相手などしていられない。
「ミサイル接近中!」
「全艦急速ターン用意」
 ここはミサイルの欠点を突くしかない。宇宙空間では、ミサイルは急速ターンができ
ず、ホーミングによって追尾しようとしても旋回半径が非常に大きい。そこでタイミン
グよく急速移動すれば、何とか交わすことが可能である。
「よし、今だ! 急速ターン!」
 ミサイルと違って、ヘルハウンド以下の艦艇には、舷側や甲板・艦底などに噴射ジェ
ットが備えられており、急速ターンや平行移動ができる。ミサイルを目前にまで近づけ
ておいて、一気に移動を掛けるのである。
 目標を失ったミサイルは頭上を素通りしていった。そこをCIWSが一斉に掃射され
て破壊してゆくのである。
 こうしてミサイル群を見事に交わしきってしまったサラマンダー艦隊は、さらに前進
を続ける。
「敵艦載機、急速接近!」
 ミサイルよりはるかに手ごわい相手の登場である。
「提督。ちょっと遊んでもいいですか?」
 操舵手が許可を求めてきた。
 余裕綽々の表情である。
 三万隻を相手にして遊んでやろうという自信のほどが窺える。
「ほどほどにしてくれよ」
「判ってますよ」
 わざとらしく腕まくりをして、操作盤に向き直った。
「全艦に伝達。戦闘機のコクピットは狙わずに、後部エンジンに限定して攻撃せよ。パ
イロットが緊急脱出できるようにしておけ」
 今回の作戦は、敵艦隊を殲滅させることではなく、空母アークロイヤルに座乗してい
るマーガレット皇女を保護し、反乱を終結させ和平に結びつけることにある。その他の
将兵達には極力手出ししないようにしたかったのである。
 仮に目的のためには手段を選ばずで、手当たり次第に殺戮を行えば、後々まで遺恨を
残して、和平にはほど遠くなってしまうだろう。
 とにもかくにも、サラマンダー艦隊と戦闘機との壮絶な戦いが繰り広げられていた。
 ランドール戦法、すなわち究極の艦隊ドッグファイトを見せつけられて、目を丸くし
ている戦闘機パイロット達がいた。
 何せ機動力では、はるかに戦闘機の動きを凌駕していたのである。
 舷側などにある噴射ジェットを駆使して、まるで曲芸飛行を見せつけてられているよ
うだった。その場旋回やドリフト旋回など、戦闘機には不可能な動きで、簡単に背後に
回ってロックオン・攻撃。もちろんCIWSなどの対空砲火も半端なものではなかった。
次々と撃墜されてゆく戦闘機編隊。戦闘開始十分後には一万機が撃ち落されていた。
 パイロット達は、すっかり戦闘意欲を喪失しまっていたのである。


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾弐
2019.07.26


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾弐 大阪大空襲


 1945年(昭和20)3月13日23時57分から14日3時25分の大阪大空襲。
 米軍の焼夷弾投下標的は、北区扇町・西区阿波座・港区岡本町・浪速区塩草に設定さ
れていた。
 グアムを飛び立った第314航空隊の43機が夜間に飛来し、大型の焼夷弾(ナパーム)
を高度2000メートルの低空から、港区市岡に対して爆撃を開始した。
 木と紙でできた日本家屋を徹底的に燃やし尽くすために開発された、民間大虐殺用の
ナパーム弾による大空襲の始まりである。
 続いて、テニアンから、第313航空団のB29 107機が浪速区塩草を爆撃。
 さらに、サイパンから第73航空団の124機が、北区扇町・西区阿波座を爆撃。

 こうして一晩で大阪中心部はほぼ壊滅状態の焼け野原となった。
 阿倍野区は、照準点から少し離れてはいたが、大火災による延焼は避けられなかった。
 至る所で火の手が上がり、木造家屋を燃やし尽くしていった。
 それでも、奇跡的に延焼被害を免れた家屋も所々に散見された。
 そんな家屋の一つ、江戸時代から続く旧家があった。
 母屋を囲うようにして高い土塀があったために延焼を免れたようである。
 その玄関先に一人の男が立ち寄った。
 シベリア抑留から解放され帰国した元日本軍兵士で、久しぶりの我が家の玄関前に立
ったのだ。

 シベリア抑留者は、厳寒の中での重労働を強制される他、ソ連共産党による徹底的な
「赤化教育」が施された。
「天皇制打破」「生産を上げよ」「スターリンに感謝せよ」などのスローガンを叩きこ
まれてゆく。いち早く順応し優秀と見なされた者は待遇もよくなり、従わない日本兵へ
の「つるし上げ」が横行した。日本人が日本人を叫弾するという悪習がはびこっていた
のである。する方もされる方も次第に精神を病んでいった。
 長期抑留から解放されて日本への帰国がかなっても、祖国は焼野原となり多くの者が
家を失っていた。
 安堵して故郷の土を踏んだ矢先、入港した途端に警察に連行され「アカ(共産主義)」
というレッテルを張られて独房に入れられて執拗な尋問を受ける者も多かった。やっと
解放されても、どこへ行っても警察の監視が付いて回った。
 その男もそのような待遇に合わされた一人であった。


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 31
2019.07.25


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 31


04/15 22:53 リリア「あら、可愛い(猫を抱きかかえる)」


04/15 22:54 コンラッド「それにしても……(いぶかしげな表情)」


04/15 22:54 リリア「(猫の頭を撫でながら)どうしました?」


04/15 22:55 コンラッド「まだ日が高いと言うのに、村人が一人も出歩いていないとい
うのは変ではありませんか?」


04/15 22:56 ナタリー「言われてみればその通りね。皆、教会にでも集まっていると
か?」


04/15 22:58 リリア「午前中ならともかく……。一人もいないというのは、やっぱりお
かしいですわね」


04/15 22:59 ナレ1「一同が村内を見渡すと、そここに猫がたくさんいるが、村人は人
っ子一人見当たらない」


04/15 23:01 ナタリー「村人全員が猫になっちゃったとか?」


04/15 23:02 リリア「まさか(改めて抱いている猫を見つめる)」


04/15 23:03 コンラッド「宿屋は後回しにして、村人がどこへ消えたか原因を突き止め
ましょう」


04/15 23:05 ナタリー「そうね。とりあえず道具屋を訪ねてみましょう。そこに誰もい
なければ……」


04/17 03:37 ナレ1「人っ子一人いない村の中を道具屋を探す一行。道具屋がどこにあ
るか尋ねる村人がいないので難儀する」


04/17 03:38 ナレ2「やがて薬草らしき絵柄の看板が掲げてある店を見つけるリリア」


04/17 03:39 リリア「あれがそうじゃない。きっと道具屋だと思うわ」


04/17 03:39 ナタリー「そうみたいね。行ってみましょう」


04/17 03:40 コンラッド「主人が猫に変えられていなければいいんですけどね」


04/17 03:41 リリア「大丈夫みたいですよ。煙突から煙が上がっています。人がいる証
拠です」


04/17 03:41 コンラッド「なるほど。言われてみればその通りです」


04/17 03:44 ナレ1「煙突から煙の上がっている家の中へ入る一行」


04/17 03:44 ナタリー「こんにちは!」


04/17 03:45 ナレ1「ナタリーが声を掛けると、家の奥から主人らしき人物が現れた」


04/17 03:46 リリア「猫じゃないですね。この村ではじめて出会った人間です」


04/17 03:47 道具屋「いらっしゃいませ。どうやらこの村の異変に気が付いたみたいで
すね」


04/17 03:48 リリア「ええ。人がいなくて猫ばかりがいます」


04/17 03:48 ナタリー「あなたは?」


04/17 03:48 ナレ1「道具屋の女主人の顔を見て驚くナタリー」


04/17 03:58 ナタリー「あなたの妹さん、とある王国の城下町南門で道具屋をやってら
っしゃいますよね」


04/17 03:59 道具屋「ええ、妹が道具屋をやってますけど……。とある王国って?」


04/17 04:00 ナタリー「あはは……。ナレーションの説明不足でまだ王国の名前を発表
していないのよ」


04/17 04:01 道具屋「あら、まあ!」


04/17 04:03 ナレ1「これは済まぬことをした。作者は思いつつままに書いているので、
つい忘れてしまったようだ」


04/17 04:04 ナレ2「とりあえずファンタリオン王国ということにしておこう。うん
♪」


04/19 03:29 ナタリー「妹さんにそっくりなのですぐに判りました」


04/19 03:37 道具屋「妹に会ってここへいらしたということは、何か頼みごとを依頼さ
れませんでしたか?」


04/19 03:38 ナタリー「そうそう、これこれ」


04/19 03:41 ナレ1「そう言いながら、懐中袋から小箱を取り出した」


04/19 03:41 ナタリー「妹さんから、これを姉のあなたに届けるようにと依頼されまし
た」


04/19 03:42 道具屋「ありがとうございます。これを待ち望んでいたのです」


04/19 03:44 コンラッド「それはいったい何なんですか?かなり大切なものらしいです
けど」


04/19 03:46 ナタリー「飛行船を使っちゃだめだの、移動魔法もだめ。と釘をさされま
したからね。28000マイラもの道のりを地べた這いずり回ってきたんですから」


04/19 03:55 道具屋「並々ならぬご苦労をお掛けして申し訳ありませんでした」



11

- CafeLog -