冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 64(最終回)
2019.09.23


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 64


ナタリー「成功したのでしょうか?」
コンラッド「すぐに分かりますよ」
最高導師「終わりましたよ。そこの二人は診てやってくれたまえ」
リリア「分かりました(心配そうに傍に寄る)」
コンラッド「生きていますが、魂は無事でしょうか?」
ナレ1「やがて勇者だった女性の方が先に眼を覚ます」
リリア「わたしは……(身体を確認する)」
ナタリー「どう?あなたは誰?」
リリア「リリアです」
ナタリー「リリアなのね?」
リリア「はい、リリアです。わたしは女の子ですか?」
ナタリー「そうよ、成功したのよ。おめでとう!(抱きつく)」
コンラッド「となるとあっちの方は?(男性の方を見つめる)」
ナレ1「むっくりと起き上がる元リリアだった男性」
勇者「ここはどこ?わたしはだーれ?」
ナタリー「ぼけかますな、こら!」
勇者「おお、愛しのナタリーじゃないか」
ナタリー「どうやら元に戻ったようね」
コンラッド「最高導師様、よろしいですか?」
最高導師「何かね?」
コンラッド「最高導師様は、どうして我々の望みを叶えて下さったのですか?」
最高導師「まあ、気まぐれじゃよ」
コンラッド「気まぐれですか?」
最高導師「私が出した試練を乗り越えてやってきたのだ、それ相応の報酬というと
ころだな」
リリア「ありがとうございます、最高導師様(深々と膝を折って感謝する)」
最高導師「皆の者ご苦労であった。フェリス王国へ戻して上げよう」
ナレ1「両手を高々と上げ、祈りの言葉を唱えると、一行の身体が輝きだした」
ナレ2「と、次の瞬間。一行はフェリス王城へと舞い戻っていたのであった」
コンラッド「ここは、フェリス王城です」
リリア「ほんとうに、戻ってきたのですね」
ナタリー「さすがは最高導師様です」
勇者「あんだけ苦労して、ここからムース滝までの道のりは一体なんだったのだ」
ナタリー「終わり良ければ総て良し、じゃない?」
コンラッド「リリアさんの願いも叶ったことだし、皆さんこれからどうされます
か?」
ナタリー「そうねえ……あたしは元の町に戻るわ」
勇者「売春婦に戻るのか?」
ナタリー「うるさいわね。かねてから誘いがあった魔導学校の指導教官になるわ」
リリア「あたしは、花売りに戻ります。魔獣には気を付けます」
勇者「俺は遊び人だ。とりあえずこの城下町で女を漁ることする」
コンラッド「そうですか……名残惜しいですけど。パーティーを解散しましょう」
リリア「コンラッドさんは、どうされるのですか?」
コンラッド「王国騎士団に戻ります」
ナタリー「そういえば、騎士団長でしたね」
リリア「みなさん、あたしのためにありがとうございました」
ナタリー「人生山あり谷ありよ。気にしないでいいわ」
コンラッド「それではみなさん、帰りの道中も気を付けて」
ナレ1「というわけで、解散してそれぞれの帰路に着いたのであった」



冗談ドラゴンクエストIIへ続く……かも知れない


11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 I
2019.09.22


 機動戦艦ミネルバ/第五章 ターラント基地攻略戦


                 I

 ムサラハン鉱山跡地に時間通りに到着したミネルバ。
 補給艦とも無事に接触して補給の真っ最中だった。
 相手の艦長は、前回と同じベルモンド・ロックウェル中尉だった。
 ロックウェル中尉は、補給の任の他に、次の作戦指令を伝達する任務も負っていた。
「次なる作戦は、モビルスーツ生産工場であるリスキー開発区の攻略です。工場を破壊
するのが目的ですが、出来うる限りのモビルスーツをも奪取することも、作戦内容に含
まれております」
「工場の破壊とモビルスーツの奪取ですか……」
「その通りです。モビルスーツ戦となることは必定でしょう」
 ここに至って、バイモアール基地攻略の作戦理由が見えてきた。
 新型モビルスーツを手に入れ、このリスキー開発区の攻略に当たらせることだったの
だ。
 カサンドラ訓練所の訓練生を収容したのも、モビルスーツ奪取の後のことを考えての
ことだったようだ。
「今回は、ミネルバ以外にも計五隻の艦艇が作戦に参加することになっています。ミネ
ルバは、その旗艦として働いています」
「合同作戦ですか?」
「戦術士官としての腕の見せ所ですね」
 たった六隻の小隊とはいえ、複数の艦艇を指揮運用できるのは戦術用兵士官だけであ
る。
 一般士官の艦長の権限では、自艦のみしか指揮できない。
 フランソワの出番だった。
 合同作戦の旗艦として、ミネルバが位置づけられたことで、フランソワの責任も重大
なものとなりつつあった。
「モビルスーツ同士の格闘戦ですか。壮絶なる戦いとなることが避けられないでしょう
ね」
 副長のベンソン中尉が、感慨深げそうに言葉を漏らす。
「新型は、経験豊富なナイジェル中尉とオーガス曹長、そしてサブリナ中尉とハイネ上
級曹長に任せましょう」
「無難でしょうね。ついでにパイロット候補生達の訓練教官になってもらいましょう」
「それは結構ですね」
「パイロット候補生というと、例の三人組の男子が意識を取り戻したそうです。女子の
方はまだのようですが」
「そう……。お見舞いにいってみましょう。しばらくここをお願いします」
 立ち上がって、指揮官席を交代するフランソワ。
「了解。指揮を交代します」

 フランソワが医務室に入ると、すでに先客がいた。
 特殊工作部隊の隊長のシャーリー・サブリナ中尉だった。
 バイモアール基地において、訓練生の行動を阻止できずに、結果としてこのような事
態になった責任を感じているのである。
「あ、艦長殿もお見舞いですか?」
「具合はどうですか?」
「元気なものですよ」
 とはいうものの、訓練生はガラスで隔たれた集中治療室に入れられていた。
 ベッドに横たわり、点滴の針を刺されている。
 突然一人が起き上がって、ガラス窓にへばりついて叫びだした。
「なあ、いい加減ここから出してくれよ!」
 ジャンである。
「だめだ! おまえは死にかけていたんだぞ。見た目は元気でも内臓は弱っているぞ。
その点滴も内臓を回復させるためだ。感染を防ぐためにもまだそこから出すわけにはい
かん」
「いつまで入ってりゃいいんだ?」
「回復するまでだ」
 アイクの方は、背を向けたまま動かない。
「もう一人はどうしたんですか?」
「いやいや、向こう向きで見えませんが、携帯ゲームで遊んでいるんですよ。心配はい
りません」
「そう……。重体の女の子は?」
「CCUの方です」


11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 V
2019.09.21


第四章 皇位継承の証


                 V

 【皇位継承の証】が出てきたという報は、皇家・貴族達の間はもちろんの事、全
国津々浦々にまで広がった。これほどまでの重大事に対して、他人の口に戸は立て
られぬのごとく、血液検査を担当した研究者によって外部に漏れてしまったのであ
る。しかもそれを携えていたのが、内乱を鎮圧したランドール提督であり、共和国
同盟の英雄と讃えられる若き指導者であることも知られることとなった。
 気の早いニュース誌などは、「行方不明の皇太子現る」のスクープを報じていた。
 エリザベス皇女もまた謁見の間において、侍従長の報告を聞いて絶句した。
「間違いないのですか?」
「間違いはございません。【皇位継承の証】は正真正銘の物であり、血液鑑定の結
果も行方不明であられたアレクサンダー皇子の血液と一致いたしました。提督のエ
メラルド・アイが、それを証明してくださるでしょう。拾われた時に御身に付けら
れていたと言う、よだれ掛けのイニシャルの刺繍もアレックス、皇子の幼名であら
せられます」
「そうですか、アレックスが……」
「もう一度申し上げます。アレックス・ランドール提督は、銀河帝国における皇位
継承第一順位であらせられる、アレクサンダー皇子に相違ありません」
 事実を突きつけられ、アレックスが行方不明となっていたアレクサンダー皇子で
あることは明白なこととなった。本来なら大歓迎を受けるはずであったが、行方不
明を受けてロベール王子が皇太子として擁立され、皇室議会で承認されている。
 二人の皇太子候補が並び立ったのである。
 新たなる騒動の予感が沸き起こった。

 緊急の皇室議会が召集されることとなった。
 議題はもちろん皇太子の件であるが、開会と同時に議場は紛糾した。
 ウェセックス公国ロベスピエール公爵の息のかかった、いわゆる摂政派と呼ばれ
る議員が頑なに主張を続けた。
 ロベール王子の皇太子擁立はすでに決定されたことであり、それをいとも簡単に
覆して新たに皇太子を論ずるなど皇室議会の沽券に関わる。
 というものであった。
 一方、
 【皇位継承の証】を拠り所として、帝国至宝の絶対的権威をないがしろにするの
か?
 という、正統派の意見も半数近くまで占めていた。
 議会は完全に真っ二つに分かれ、険悪ムードとなっていた。
 このままでは、再び内乱の火種となりそうな勢いとなりつつあった。
 しかし、内乱となることだけは、絶対に避けなければならない。
 そこで中立派ともいうべき議員達から折衷案が提出された。
 次期皇太子、皇帝は議会決定通りにロベール王子が継ぐこととし、さらなる次世
代にはアレクサンダー皇子もしくはその子孫が皇帝を継承する。ロベール王子は一
代限りの皇帝として、アレクサンダー皇子が世襲する。
 というものであった。
 議会の決定を尊重し、かつ【皇位継承の証】の権威を守る唯一の解決策であった。
 とにもかくにも、アレクサンダー皇子の皇室への復籍と、皇位継承権第一位を意
味する第一皇子という称号授与が確認された。
 これを中間報告として、皇太子問題は継続審議とされることが決定された。
 謹慎処分を受け、軟禁状態に置かれていたマーガレット皇女は、アレクサンダー
第一皇子復籍の報告を受けてもさほど驚きもせず、改めて謁見の許可を求めたとい
う。
 それは認められて、アレクサンダー第一皇子とマーガレット皇女との対面が実現
した。
 行方不明だった皇子が現れ、【皇位継承の証】も戻ってきた。
 マーガレットが反乱の拠り所としたものが、目の前に立っていた。その主張が正
しかったことを証明する結果となった。


11

- CafeLog -