冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・34
2020.09.10

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・34


メニューへ

ドラマに戻る


メルキド

勇者「あれ?ゴーレムがいないな??まっ、いいか」
兵士「ここは城塞都市メルキド。しかし、こんな城塞など魔王の手にかかれば、ひとたま
りもないだろう……」
勇者「ともかく、時計回りに情報集めするか」
兵士「魔王をおそれ、絶望のあまり人びとは働かなくなってしまったのだ」
コンラト「そういえば、まったく活気のない町ですよね」
リリア 「ここの壁の切れ目はなんでしょうか?」
ナタリー「入ってみましょう」
ナレ「狭い通路の先に階段があった。降り立った一行が目にしたものは?」
コンラト「モンスター闘技場ですね」
勇者「なんか……ロマリアにあったものとほとんど同じようだな。中にいる連中も変わら
んようだし……さては、メモリーを節約したな」
ナタリー「さあ未成年は、とっとと退散しましょうね」
リリア 「それにしても、店構え造りなのに店員がいませんね。開店休業でしょうか」
コンラト「このアレフガルド世界は朝が来ないということですね。それで店を閉じているので
しょう」
ナタリー「しかし、やたら壁が続いていますね」
勇者「隠し通路があるのだろう。壁伝いに探そう」
リリア 「ありましたよ。というか、吊り天井になっているようです」
勇者「吊り天井?」
街男「魔王の島に渡りたいなら、この町の神殿に住む老人を訪ねることだな」
勇者「神殿か……。なんか何もない広場のような所があるな……あ、小さなメダル見っけ
(*^^)v」
リリア 「南の方にそれらしき場所がありますよ」
ナタリー「なによ!バリアーで囲まれているじゃない!?」
勇者「ほれ、あんたの出番だよ。トラマナ頼む」
ナタリー「なに、その言い草は?」

神官「魔王の島に渡るには、たいようのいし、あまぐものつえ、せいなるまもり、この3
つをたずさえ、聖なるほこらへむかうがよい」
リリア 「せいなるまもり?初耳ですね。太陽と雨だけでは、だめということでしょうか?」
勇者「今は分からんな。ここはなんだろうな。二階に上がってみよう」
学者「わしは、魔法のちからで動く人形の研究をしている。巨大な人形をつくって、この
町をまもらせようと思っておるのじゃ。そうじゃ!そいつの名前はゴーレムにしようぞ!
うむ、強そうでよい名前じゃ!」
勇者「こいつが、ドラクエ I でメルキドのゴーレムを作った奴か!で、本棚から、まけ
たらあかん、ごうけつのひけつ、あたまがさえるほん、しゅくじょへのみち、やさしくな
れるほん、を見つけたぞ。さすが学者本持だな」

主婦「こんな世界に生まれたばっかりに…。わたしはこの子がふびんでなりませんわ……
うっうっ」
子供「おねえちゃんたち強そうだね。おねえちゃんたちなら、魔王を……ううん、なんで
もないんだ。ごめんね」
旦那「どうせ死ぬんです!働いてもしかたありませんよ!」
コンラト「なるほど、それでどこの店も開店休業となっているのですね」
勇者「そのわりには、箪笥にパーティードレスなんて置いているなんてな」
リリア 「パーティードレスは、盗賊か遊び人の女性用の服ですね」
勇者「よし、俺が転職して遊び人になった時のためにとっておこう」
ナタリー「だめよ!勇者は、遊び人に転職できないの!」
勇者「そうなのか?」
コンラト「その通りです」
勇者「北西隅のこの一角はなんだ?なにもないぞ」
リリア 「建設途中で放棄されたのでは?」
勇者「そうか……。お、小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナタリー「宿屋の看板が掲げてあるここはどうかしら?」
宿屋「旅人の宿屋へようこそ。こんな夜ふけにまでおつかれさまでした。一晩100ゴール
ドですが、お泊りになりますか?」
コンラト「珍しくこの宿屋は営業中でしたね」
勇者「旅人にとっては、体力を回復できなきゃ命取りになるからな。休むことはできない
だろうさ。お、泊まっている奴がいるな」
ガライ「うん?ぼく?ぼくはガライ。旅のぎんゆう詩人さ。楽器かい?ぼくは、たてごと専
門なんだけどね、家においてきちゃったよ。あの『ぎんのたてごと』の音色は、ちょっと
キケンなんだ」
勇者「箪笥からヘビメタリング見っけ(*^^)v」
コンラト「一応、一通り情報集めが終わったようです。これからどちらへ?」
勇者「そうだな。例の『せいなるまもり』を探すことだろうけどな」
リリア 「地図を見ると、歩いていけるところで残っているのは、北西の端だけですね」
勇者「行ってみるか」
ナレ「ルーラでラダトーム城へ飛び、MPを回復してもらい、国王に冒険の書に記録して
もらってから、大陸の北西へと向かった」
ナタリー「祠があるわね」
ナレ「祠に入ると二人の男女がテーブルの前に座っていた」
主婦「息子のガライには、こまっていますのよ。うたをうたいながら、旅をすると家を出
たままもどってきませんの」
リリア 「ドムドーラで出会ったガライさんの親御さんみたいですね」
旦那「ぎんのたてごとなら、息子のガライが持っていたと思うが……」
勇者「聞いてないことを答えたな。テレパシー能力でもあるのか?箪笥の中に、モヒカン
のケと小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナタリー「裏庭の方に階段があるわね。見てみる?」
勇者「もちろん」
ナレ「地下室があり、宝箱が一つポツンと置かれていた」
勇者「ちぇっ!空っぽじゃないか(-_-メ)」
ナレ「と戻ろうとした時」
勇者「なんだ?宝箱のそばに落ちていたじゃないか。『ぎんのたてごと』ゲットだぜ」
ナタリー「それ、なんかの役に立つの?」
勇者「そうさな。ガライも危険だと言っていた通り、これを奏でるとすぐに魔物が寄って
来て戦闘になるんだよ」
リリア 「物騒ですね。捨てた方がいいんじゃないですか?」
勇者「いやいや。回復の泉がある所で使うと経験値稼ぎに便利だぜ。それにドラクエIで
は、あまぐものつえと交換する貴重アイテムでもあるんだ」
ナタリー「なんで知っているのよ」
勇者「今、思い出したんだ」
ナタリー「都合よく思い出すのね」
コンラト「あと行っていない場所は、ドムドーラへ行く途中にあった洞窟だけですね」
勇者「かったるいな……。ナレーション頼む」
ナレ「え?……一行は洞窟を探検して、はかいのつるぎ、じごくのよろい、いのりのゆび
わ、小さなメダルを手に入れた……でいいですか?」
勇者「ああ、それでいいよ」
ナタリー「なによそれ!?手抜きじゃないの"(-""-)"」
勇者「時短だよ。ゲームクリアに関係ない洞窟だからな」
コンラト「歩いての探検はここまでのようですね」
リリア 「地図を見れば船でしか行けない大陸があります」
勇者「そいじゃ、船に乗って次の大陸へ行くとしよう」

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・33
2020.09.09

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・33


メニューへ

ドラマに戻る



ドムドーラ

ナレ「ということで、ようせいのちずを頼りにして、地下世界アレフガルドの冒険を続け
るのだった」
勇者「かったるいな……」
ナタリー「しっかりしなさいよ」
ナレ「魔物、まおうのかげ・キメラが現れた」
勇者「まおうのかげ?かげってことは、何らかの魔物が化けてるやつか?」
ナタリー「そうみたいね」
勇者「はぐれメタルの化けならありがたいんだが」
ナレ「まおうのかげは、ザキ(瞬殺)を唱えた!が、ナタリーは呪文をかわした」
ナタリー「あ、危なかった( ;∀;)」
ナレ「まおうのかげは、行く先々で一行に襲い掛かった」
コンラト「山脈の麓に洞窟がありますよ」
勇者「パスだ!今は城や町を探す方が先(-_-メ)まおうのかげのザキに冷や冷やさせられ
て喉もカラカラだ」
ナレ「ぶつぶつ言いながらも冒険の旅を続ける。平原を歩き、橋を渡り、森を抜けて、さ
らに砂漠の地へとやってきた」
コンラト「あ!砂漠の中に町が見えました」
勇者「蜃気楼じゃないだろうな。俺の喉を癒してくれるオアシスはまだか?」
リリア 「行ってみるしかないですね」
ナレ「そこは蜃気楼ではなかった」
町男「さばくの町、ドムドーラにようこそ」
勇者「よ、よし。時計回りに情報集めだ」
剣士「大魔王をたおさぬかぎり、この世界に朝が来ることはないだろう」
勇者「道具屋はどこも同じだからパスして、はす向かいの武器屋に寄ってみよう」
武具「ここは、武器と防具の店だが、いま生まれてくる子どもの、名前をかんがえてるの
で……。ゆきのふ……。うーん、いまいちかなあ……」
勇者「職務怠慢だな、商売する気がないなら看板を下ろせよ。ん?ゆきのふ、といえばド
ラクエIの武具屋にそんな名前の奴がいたな」
コンラト「裏手に武具屋の入り口が見えてますよ。行ってみますか?」
ナタリー「でも木々が邪魔でグルリと回り道しなくちゃ」
ナレ「ということで、入り口付近に戻り、今度は反時計回りに向かう」
町娘「なんだか、今日もひえるわね。光をうしなってからは、この町もさむくなるいっぽ
うだわ」
リリア 「光をうしなってから、ということはこの娘さんの生きている間に、朝が来なくなっ
たということですね」
武具「ここは、武器と防具の店だ。どんな用だい?」
コンラト「そろそろ武具を買い替えましょうか?」
勇者「そうだな。おい店主、見せてみろ」
武具「ドラゴンキラー、ふぶきのつるぎ、まほうのほうい、ドラゴンメイル、ちからのた
て、あぶないみずぎ、でございます」
コンラト「どれもこれも絶品ですね。大魔王との決戦には是非とも買い揃えておきたいところ
です」
勇者「金があればな……。むむむ!あぶないみずぎ……ってなんだ?」
ナタリー「78000Gですってよ。金が足りないわね」
リリア 「防御力も【1】しかありません。お遊びアイテムのようです」
勇者「着替えると、グラフィックが水着姿になるだけのようだな」
コンラト「何か買いますか?」
勇者「今いちなんだよな。次の町で買うことにしよう」
剣士「わたしは、オリハルコンをさがして旅をしている。この町にあると聞いてきたのだ
が……」
勇者「オリハルコン?手塚治の海のトリトンの主人公の持つ剣がオリハルコンだったな。
ポセイドン族を皆殺しにする禁断の最終兵器。海底火山まで噴火させてポセイドン族の海
底都市まで壊滅してしまうという」
ナタリー「それって、いつの頃の話よ」
勇者「1972年だから、約48年前のアニメだな」
ナタリー「あんたの歳は?また、前世の記憶?」
勇者「映画化権を、宇宙戦艦ヤマトの西崎義展が得てアニメ化したんだが、原作とは違う
大どんでん返しをやって、手塚から『私の作品ではない』と顰蹙(ひんしゅく)を買った
と言われる」
コンラト「ちょっと……。アニメの話は……」
勇者「ともかく、オリハルコンとはそれだけ、破壊力のある武器になるということだよ」
ナレ「先ほどの怠慢武具屋の裏から入室して二階へ上がる」
主婦「わたしに、赤ちゃんができたんです!それで、うちのひとったら、ずっと名前をか
んがえてばっかり!」
勇者「箪笥の中に『おしゃぶり』があったぞ。さすが妊婦のいる部屋だ」
リリア 「おしゃぶりは、性格が甘えん坊になるアイテムらしいです」
勇者「あ、そう……。南隣は宿屋だな」
ナレ「宿屋の二階に上がる」
レナ「あたしは、昔アッサラームで人気だった、おどり娘のレナよ。でも、いやなお客に
せまられてにげて来たの。座長はお元気かしら?もし会うことがあったら、よろしくいっ
ておいてね」
勇者「おお、伝えておくよ。で……箪笥の中に、うさみみバンド見っけ」
ナレ「ということで、アッサラームに飛んだ」
ナタリー「な、なにしてんのよ。いきなりアッサラームに戻ってくるなんて」
勇者「いいからいいから、劇場の楽屋裏に行くぞ!」
主婦「お客さんのなかには、わたしたちのカラダを見るのが楽しみっていうだけのひとも
多いけど…わたしたちには、ダンサーとしてのプライドがあるもの!練習だって手を抜い
たりしないのよ」
座長「おや、私になにかご用ですか?……え?昔、うちのおどり娘だった、レナちゃんに
会った?そ、そうですか!いや、ずっと心配してたんですよ!いったい今彼女はどこに?
……あ、いや聞かないほうがいいですな。彼女はもう自由の身なんですから…。
でも、どこいようと元気でやっていてくれて、本当によかった!そうそう、知らせてくれ
たお礼にこれをさしあげましょう」
ナレ「勇者は『まほうのビキニ』を手に入れた」
勇者「こいつは、守備力40もあるのか。まほうの…とついているけど、魔法耐性はない
のだな。ま、着替えて水着姿のグラフィックを堪能できるということか」
座長「私も、昔は東で大きなげきじょうを開くなんていう夢をもっていましたっけ。あの
頃がなつかしいなあ」
勇者「ふむ、最初にあった頃とは違う心境になったのか……さあ、出発するぞ」
ナタリー「あら、鏡に向かって『あたしってきれい?』ってやらないの?」
リリア 「そうですね。前回来たときにやってましたよね」
勇者「ば、ばかいうな!(顔が赤くなる)ドムドーラに戻るぞ」
ナレ「ドムドーラは、意外と見落としがちだが、南街区というべき地域が南に広がってい
た」
勇者「おうよ。南側の塀の切れ目を見落とすとこだったぜ。こっちも時計回りに行く」
ナレ「井戸の側に立つ娘がいる」
町娘「やみの世界なのに、ときどき牧場のほうで、きらりとひかるのを見たことがありま
す。ええ、しげみのなかだったと思いますわ」
コンラト「オリハルコンを探している剣士の話を考えるともしかしたら?」
勇者「おうよ。牧場へレッツッGO!だ。と、その前に、井戸の中を覗いてみよう」
ナレ「井戸の中にはロープが垂らされており、スルスルと降りてみると男がいた」
男 「だめだ、ほとんどひあがっちまってるぜ。この町も長くねえかも知らねえな。もっ
ともその前に、まものおそわれて全めつなんてこともあるけどな」
勇者「実は、ドラクエIでは確かに廃墟になってるよ。もっとも、ゆきのふとやらが、ロト
の鎧を隠しているんだがな……。お、水辺の淵に小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナタリー「地上に戻るわよ」
青年「町を出て、南にくだり橋をこえて、しばらく東へ旅をするとメルキドの町へつきま
す。高いカベにかこまれた町ですから、すぐにわかると思いますよ」
リリア 「道案内、ありがとうございます」
ナタリー「次の目的地が決まったわね」
ナレ「牧場へとやってきた」
勇者「ここにオリハルコンがあるかもだから、徹底的に探せ!」
コンラト「茂みの中に、オリハルコンがありましたよ」
勇者「でかしたぞ!」
コンラト「でも、ただの金属の塊ですが……」
勇者「なあに、ドラクエⅡでも『みずのはごろも』を、材料を集めて作ってもらったんだ
ぜ。こいつも、どこかで誰かに武器に作ってもらうのだと思う」
コンラト「なるほど」
勇者「お!厩舎の中に小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナレ「牧場のとなりの家に入る」
剣士「この空の上に、さらなる世界があり、そこには『ひかりのたま』とよばれる物が存
在するらしい。ひかりのたまをもっていれば、この世界にも光をもたらすことができるの
であろうか……」
勇者「ひかりのたまなら持っているが……。竜の女王がくれたものだからな、何かしらの
効果をもたらしてくれると信じているぞ」
コンラト「たぶん、取り忘れている場合に、地上にあるから取ってくるように注意してくれて
いると思います」
ナタリー「それだけ重要なアイテムなのね」
リリア 「ここの連棟の家で最後ですね」
町娘「おとなりには、やたらくしゃみをする、おかしなおじいさんが住んでるよ」
老人「はくしょん!はくしょん!はくしょん!だれか、わしのうわさをしとるな。はくし
ょん!」
勇者「それは隣の娘じゃないのか?鶏が先か卵が先かのアレになるけど……。お、箪笥に
ユーモアのほん、壺の中に小さなメダル見っけ(*^^)v」
コンラト「これで情報集めが終わりました。メルキドへ行きますか?」
勇者「そうだな」
ナレ「ドムドーラを後にして、砂漠を渡り、山岳地帯を越え、橋を渡り沿岸を進む」
勇者「やたらキメラがいるな」
ナタリー「まおうのかげもいるわよ」
ナレ「沿岸を進み、最初に見えた橋を渡ると、やがて毒沼の中に祠が見えてくる」
勇者「この祠はなんだ?」
ナレ「そこは、精霊のほこらと呼ばれていた」


精霊のほこら

エルフ 「人間はきらいだけど。オルテガはすきよ。きっと大魔王をたおしてくれるわ」
ナタリー「ここの主は二階みたいね」
ナレ「二階に上がると広い空間があり、玉座に妖精が鎮座していた。歩み寄ろうと数歩進
んだ所の床に」
勇者「お、小さなメダル見っけ(*^^)v」
妖精「わたしは、その昔ルビスさまにおつかえしていたようせいです。そして、あの日
12月24日、ルビスさまにかわり、勇者によびかけたのもこのわたし。あの時は、ずい
ぶんと失礼なことをいったかも知れません。許してくださいね」
ナレ「字数制限の水入りです」
妖精「しかし、勇者はついにここまで来てくれました。わたしの想いをこめ、あなたにこ
の『あまぐものつえ』をさずけましょう」
リリア 「あまぐものつえ!これで、太陽と雨が揃いましたね。これで、虹の橋が架かるので
しょか?」
妖精「どうか、ルビスさまのためにも、この世界をおすくいくださいまし」
勇者「任せておけ!……がしかし、これだけ広いんだ。他に何か隠されているかもだ」
ナレ「歩き回る勇者。と北東の花畑の中に」
勇者「ぎんのロザリオ、見つけた(*^^)v。ノアニール西の洞窟にもあったやつだ」
ナレ「精霊の祠を出る一行」
コンラト「見てください!山脈の向こう側に町が見えます」
リリア 「あれがメルキドの町のようです」
ナタリー「さっきの橋のさらに北側に行くみたいね」
ナレ「先ほどの橋に戻り、さらに北へと向かう一行をメイジキメラの群れが襲い掛かる」
勇者「げげっ!」
ナレ「メイジキメラは、メダパニ(攪乱)マホカンタ(呪文反射)ベホマ(全回復)など
という呪文を駆使してくるやっかいな魔物だった」
コンラト「ふうっ。何とか倒せましたね。魔物が何か落としましたよ」
ナタリー「ふしぎなぼうしだわ。MP消費が3/4になるのよ。あたしに頂戴ね(*^^)v」
勇者「しょうがねえな。しかし確立1/64という代物だぜ。運が良かったな」
ナレ「さらに北の橋を渡ってメルキドの思しき町へと進む」
勇者「ここは確か……ドラクエIでは、ゴーレムとかいう化け物が入り口を守っていたん
だよな」
ナレ「ということで、体制を固めて慎重に町に入る一行だった」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 Ⅷ
2020.09.05

第八章 トランター解放




 惑星トカレフ軌道上に展開して、揚陸作戦を開始する伯爵艦隊。
 次々と降下してゆく揚陸艦の姿を、艦橋の正面のパネルスクリーンで確認する伯爵。
「守備艦隊はいないか?」
「いないようです。先ほど戦った相手が最後のようです」
「なら安心して占領できるな」
「占領とは……直接な言い方ですね」
「言いつくろっても仕方あるまい」
「ですな」
「降下部隊より連絡有り」
「報告しろ」
「行政府、放送局などの主要施設の掌握完了しました。惑星のほぼ三分の一を制圧しまし
た」
 惑星から次々と占領報告が上がってくる。
「そろそろいいだろう。艦を降下させろ。私自ら、陣頭指揮に立つ」
 部下に先鋒を任せ、自らは後方に陣取って動かない。
 安全が確保されと知るや、今度は自分の手で武勲を横取りしようというのである。
 アレックスとは対照的な人物のようである。
 宇宙港に着艦した旗艦の搭乗口が開いて伯爵が姿を現す。。
 太陽が眩しいのかサングラスを掛け、パイプを咥えながら昇降エレベーターを降りてく
る。
 旧日本占領軍司令官ダグラス・マッカーサーさながらの、トカレフの第一歩だった。
 降り立った伯爵を待ち受けていたのは、先鋒隊が現地調達で用意した車だった。
 向かう先は放送局だった。
 有線・無線を問わずすべての映像チャンネルが独占的に使用された。
 数多くのTVカメラやマイクに囲まれて政見放送を行う伯爵。
「本日をもって、この惑星トカレフは銀河帝国アレクサンダー皇太子殿下の名の下に、我
がニコラ・カーペンター伯爵の領地とする」
 そんな政見放送を見つめる住民達の関心事は、税金をどれくらい取られることになるの
か、増えるのか減るのか? という一点だけである。
 他国によって侵略されているということに変わりはなく、それが連邦から帝国に変わっ
ただけである。
 かつての司令官エッケハルト少佐が住んでいた豪邸で、占領祝賀パーティーが開かれる
こととなった。
 招かれた惑星各地の豪商や政治家達。
 新しい支配者に媚びる姿勢は、いつの時代でも同様なことが繰り返される
 酌み交わされる祝杯。
 ただ一つ、朗報というべきものがあった。
 バーナード星系連邦が占領地に設営していた、とある施設が廃棄されることとなったの
だ。
 授産施設である。
 当地の女性を徴用して人口殖産に励むことを強制する連邦の制度。

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -