梓の非日常 第二部 第八章・小笠原諸島事件(十一)研究所
2021.04.02

梓の非日常 第二部 第八章・小笠原諸島事件


(十一)研究所

「さてと……」
 遭難信号を設定すれば後はただ待つだけである。
「島の中を調べてみましょう」
 そうなのだ。
 救助がすぐに来るとは限らない。
 最低限の生きるための手立てをしておかなければならない。
 島の反対側に、実は人の住む村があった! ということもありうる。

 並んで島内を散策をはじめる。

 手入れのなされていない自然林は、足の踏み場もないほど荒れ放題。
「蛭とかの毒虫がいないのを祈るのみだな」
 津波の爪痕と思われる倒木とか、枝葉の千切れた樹々もある。
 拾った枯れ木で下草・下枝を払いながら突き進む。
 やがて前方に開けた場所へと迷い出た。

 そこで二人が見たものは?

 コンクリートブロック積の壁に囲まれた建物があった。
「なんだこれは?」
「研究所? みたいな作りね」
「誰かいるのかな?」
 壁をぐるりと回って入り口にたどり着いた。
「門が開いてるぜ。不用心だな」
「ほぼ無人島みたいだからね。戸締りする必要がないのでしょ」
「ならば壁も必要ないだろ?」
「風や害虫除けなんじゃない?」
 玄関の前に立つ二人。
「扉は……開いてるぜ」
 鍵の掛かっていない扉を開けると、派手に散らかっていた。
「この中にも津波が侵入してきたようね」
「誰かいないのかな?」
「逃げ出したか、水の進入しないところに避難したんじゃない?」
「水が浸入しないところ?」
「例えば防水扉のある地下室とか……」
 とここまで話して言葉を中断する梓。
 かつて若葉台研究所地下施設での火災事件のことを思い出したようだ。
「おい! ここに潜水艦とかでよく見るハッチのある扉があるぜ」
「そこに隠れているのかしらね」
「回したら開くかな?」
 とハッチを回し始める。
「おお、回るぜ」
 クルクルと回しゆくと、
「開いた!」
 結構重い扉を開けると、中から風が吹き抜けた。
 水が浸入しないように、内側の気圧が高くなっていたのだろう。
「しかし、なんでこんな扉にしなきゃならなかったのかな?」
「そりゃ、津波とか台風の通り道だからでしょうね。浸水に備えているのよ」
「ということは、この扉の向こうに人がいるという可能性ありだな?」
「たぶんね。津波で荒らされてはいるけれど、人が生活している形跡があるわ」
「形跡?」
「例えば、机の上には埃がないし、家の中に蜘蛛の巣がないし、灰皿に煙草の吸殻とかね」
「なるほど掃除をしているというわけか」
「他人には知られたくない秘密の何かを研究しているのかしらね」
「ともかく扉の向こうへ行ってみようぜ」
「そ、そうね……」
 おっかなびっくりで扉をくぐる梓だった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v





梓の非日常/第八章・太平洋孤島遭難事件(一)ハワイ航路
2021.04.01

梓の非日常/第八章・太平洋孤島遭難事件


(一)ハワイ航路

 太平洋上を飛行するDC-10型改ジェット機。機首には日の丸、そして尾翼には篠崎重工のシンボルマークが記されている。
 DC-10はロッキード事件に絡む汚職事件、販売戦争によって欠陥機を増産して、事故が相次ぎ、1988年に生産終了となった。
 とはいえ、篠崎重工の技術陣によって、機体の改良と綿密な整備が図られ、今なお大空を飛び続けている。
 そのコクピット(操縦室)では、パイロットが青ざめた表情で計器を操作している。
「どうだ?」
 機長が神妙な面持ちで隣の副操縦士に確認している。
「だめです。やはり足りません」
「そうか……」
「申し訳ありません。私が計器確認を怠ったばかりに」
「それを言うなら、私も同じ事だ。ともかく麗香さまにこっちに来てもらおう。お嬢さま方には、まだ知られてはいかんからな」

 その機内では、梓と絵利香に麗香が対面して座っている。
「ほら、見て。新しく買った水着」
 と梓が、バックから取り出した水着を見せている。
「へえ、可愛いワンピースね。梓ちゃんのことだから、ビキニかなと思ってた」
「う……ん。あたしも最初はビキニにしようかなと思ったんだけど、やっぱりね……。で、絵利香ちゃんは?」
「あまり見せたくないんだけど……」
「もう、どうせ海に出れば着るんじゃない」
 梓自身が水着を持ち出したことで、自分も仕方なく見せるしかないとあきらめる絵利香。
「なんだ、絵利香ちゃんもワンピースじゃない。遠慮するから、てっきり……」
「ビキニを着るってがらじゃないから」
「だよね。で、麗香さんは?」
「え? 私は、世話役としての仕事がありますから」
「ん、もう隠すなんてずるいわよ。自由時間を与えてるんだから、当然持ってきてるでしょ」
「仕方ありませんね」
 梓の前では、隠し事は許されない。
「わあーお! 黒に金縁のビキニだよ。さあーすが、麗香さん」
「うん。麗香さんのプロポーションなら、やっぱりビキニだよね」
「おだてないでください」
 そんな風に水着談義をしている梓達から通路を隔てた反対側には、美智子ら梓の専属メイド四人がトランプ遊びをしている。ここは篠崎重工の自家用機内、篠崎側の客室乗務員がいるので、美智子たちは機内にいる間は自由なのである。ここは機内勤務のプロに任せて、口出ししないほうが無難である。
「ねえ、あなた達はどんな水着持って来たの?」
 通路の向こうから梓が尋ねる。
 顔を見合わす四人だったが、棚からバックを降ろし、
「はーい。これでーす」
 と、一斉に水着を掲げ上げた。
 ビキニにワンピース、そして色と柄、それぞれの好みに応じた水着だ。
 結局全員の水着を取り出させた梓。何事も一蓮托生というところだろう。

 そこへ神妙な面持ちをした客室乗務員が麗香を呼びにくる。
「麗香様。機長がお呼びです。コクピットへお越しいただけませんか」
「コクピットへ?」
 乗務員の表情と、コクピットへの呼び出し。
 聡明な麗香のこと、非常事態が発生したに違いないと即座に判断した。梓の方をちらりと見てから、
「……わかりました」
 と立ち上がった。

 乗務員に案内されて、コクピットに入ってくる麗香。
「あ、麗香様」
「どうしましたか?」
「正直に申し上げます。飛行機がコースを逸脱、ハワイに到達するだけの燃料も足りません」
「どうしてそんなことになったのですか?」
「はい、直接の原因は、出発前に重量確認した数値と、現在の重量計が示す数値に食い違いが生じていることです。およそ八十五キロなんですが、それで計器に微妙な狂いが生じて、長距離を飛行する間に大きく航路が外れてしまったようです」
「今の今まで、重量オーバーに気づかなかったというわけですか?」
「申し訳ありません。出発前に点検したきりで、計器の確認を疎かにしてました。自動操縦装置に頼り過ぎていたようです」
「過ぎたことを今更責めてもしようがないでしょう。ともかく結論として、ハワイにはたどり着けないというわけですね」
「その通りです。それに近辺にも空港を持つ島はありません」
「どこか安全に着陸できそうな島はありませんか?」
「はい。探索中です」
「遭難信号は?」
「発信しています」
「わかりました。私は、お嬢さまがたに実情を話してきます。引き続き探索を続行してください」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた(八)財閥令嬢
2021.03.31

梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた


(八)財閥令嬢とは

 麗香と支店長が会話している間、絵利香につぶやくように話す梓。
「麗香さんに内緒にしてようと思ったのにね」
「預金通帳もキャッシュカードも持たずにお金を降ろそうとするからよ。だいたい十八歳未満のわたし達には、支払いに関する責任能力を認められていなくて、親の許可が必要なのよ」
「そうなんだ……知らなかったわ」
「まったく……」
 呆れてものも言えないといった表情の絵利香。
「お嬢さま、携帯をお返しします。引き続き麗香さまがお話しがあるそうです」
「はい、どうもです」
 支店長は携帯を梓に返すと保留していた頭取との通話を再開した。
「お待たせしました。ただ今、竜崎さまと……はい、承認番号は……」
 そんな会話を耳にしながら自分の携帯に話し掛ける梓。
「梓です」
 麗香の声が返ってくる。
『お嬢さま、お金の引き出しは可能ですが、金額が金額ですから、支店長が同行して銀行振り出し手形で支払うことになりました。正確な金額もおわかりになられていないようですしね』
「だってえ……値段を確認しなければ、物を買えないなら、それを買う資格はないって、麗香さんが教えてくれたんじゃない。で、手形ってなに?」
『小切手の一種とお考えください。まあ、購入金額はともかく、お嬢さまは十八歳未満ですから、契約には親権者の同意が必要です』
「うん、絵利香から聞いたよ。実は知らなかったんだ」
『だと思いました。それで支店長に親権者代行として契約書に署名してもらいます』
「そうなの……」
『質問してよろしいですか?』
「はい?」
『これほどの大金、一体何をお求めになられるのですか?』
「うーん……秘密って言ったら怒るかなあ」
『別に怒りはいたしませんけど、哀しいですね。私に秘密ごととなりますと』
「ごめんなさい。いずれわかるから……」
『……わかりました。聞かないことにします。石井さんを迎えに行かせましたので、ファントムⅥでお帰りください』
「わかった、待ってる」
 と、麗香に秘密にしていることに後ろめたさを覚えながらも、電話を終える梓。
「はい、わかりました。お嬢さまに付き添って支払いと契約締結します。手形は本店決済でよろしいのですね。……はい、万事失礼のないように」
 支店長の方も本店頭取との連絡が終わったようだ。
「あ、お嬢さま。本店から決済が降りましたので、七千万円でも三億円でもお支払い可能です」
「どうも、お手数かけます」
「それじゃあ、早速行きましょうか。そのお店へ」
 促すように立ち上がる支店長だが、
「あ、迎えの車が来ますから、それからにしましょう」
 と言われて、また腰を降ろす。
「それにしても、銀行員生活三十年になりますが、こんなことはじめてです」
「でしょう? まるで常識を知らないんですよね。通帳もカードもなしに預金降ろそうとするんだから」
 絵利香がちゃちゃを入れる。
「なによう。仕方ないじゃない、今まで、身の回りの事全部麗香さんがやってくれてたんだもん。でも高校生になったから、少しずつでも自分の事できるように、こうして来ているんじゃない」
「わかったわよ。そんなにむきにならなくても」
 そんな二人の会話を耳にしながら、自分の中にある常識というものを、書き換えねばならないと考える支店長であった。
 どうみてもごく普通の女子高生にしかみえないこの二人が、少しのためらいもなく数千万円からの買い物をしてしまうという、世界最大財閥の真条寺家と急成長著しい篠崎重工のご令嬢とは。
「支店長。お嬢さまのお迎えのお車が参っております」
 銀行員が伝えに来た。その表情は強ばっているようにみえるし、二人の令嬢をためつすがめつ見つめるような視線があった。
「そうか。ん、どうしたんだ?」
「い、いえ。何でもありません」
 銀行員が示した態度、その疑問は外へ出てみれば、すぐに氷解する。
 ロールス・ロイス・ファントムⅥ。
 その雄姿を目の前にすれば、誰しも畏敬の念を抱くのは当然であろう。ベンツやBMWなどはちょっと金を出せば誰でも手に入る時代、オーナーユーザーが増えて物珍しさも失せて、ステータスシンボルとしての価値はほとんどないに等しい。
 それに比べて往年の名車でありながら、実用走行可能なファントムⅥは、世界でもこれ一台といってもいいだろう。なにせガソリン代や整備点検料、輝くボディーを維持するため定期的に行っている車体塗装など、ベンツが買えるくらいの維持費が毎年かかっているのだ。
「これが噂に聞くロールス・ロイス・ファントムⅥか……まさしく真条寺家のご令嬢だな。さすがだ」
 梓が出てくると、いつものように後部座席を開けて乗車を促す石井。
「先に寄るところがあるからね」
「かしこまりました、お嬢さま。支店長は助手席にお願いします」

 カーディーラー側でも、ファントムⅥに乗って戻って来た二人を、驚きの表情で迎えることになった。
 契約書作成のプロである支店長が手際良く書類を作成していく。後に不利益となるようなミスのない完璧な書類だ。
「それではお嬢さま、サインをお願いします」
「はい。英文字のサインでいいよね。漢字は下手だし、書くごとに字体が変わっちゃうから」
「結構です」
 書類を手渡されてサインをする梓。
 サインの仕方などは、日頃から練習しているせいか、見事な書体のものを記している。
「お嬢さま、今後は書類などにサインをすることもありますので、真条寺家にふさわしいサインの手法を修得されたほうがよろしいでしょう。他人に簡単に真似されないような、かつ美しいサインを練習しましょう」
 ということで中学入学以来から、麗香の手ほどきを受けていたのだ。
 通常ローンを組んでの自動車の購入には実印というものが必要だが、手形による一括決済のためその必要はない。ローン会社による抵当権設定がなく、直接所有権の移譲が実行されるからだ。
「支払いは、当行の銀行振り出し手形でよろしいですね?」
「はい、結構です」
 手形にもいろいろあるが、最も信用のあるものが、銀行振出手形である。
 しかも真条寺財閥が筆頭株主で大口預金者となっている新都銀行は、世界一安定した企業銀行としての地位を確保しており、そこから振り出される手形は、不渡りを絶対に出さない手形証券として、日本銀行券やドル紙幣・ユーロ紙幣にも匹敵する信用価値があった。

 梓の元に、スポーツカーが届けられたのは、その日から丁度十日目のことだった。
 ディーラーから鍵を受け取り、それを改めて麗香に渡しながら、
「以前欲しがってたでしょ。それでね、いつもお世話になってるから、お礼の気持ちを込めてプレゼントしようと思ったの。だから、麗香さんには秘密にしておこうと、全部自分でやってみようとしたんだけど、結局麗香さんの手をわずらわせちゃった」
「そうでしたの……」
「ごめんね。黙ってて」
「いいえ。自分のためではなく、人のために何かしてあげるという、お嬢さまのお気持ちが何より嬉しいです。お嬢さまが秘密にしたいとおっしゃった時、たぶんそうではないかと直感しました。自分の為ではなく、誰かのためにという思いが感じられましたので、あえて問わないことにしたのです」
「そうなんだ……」
「こんな高級車を頂くわけには参りませんが、車の登記上の所有者は梓様、使用者が私ということで、有り難く使わせていただきます」
「うん。そうしてね。それで、ちょっと質問したいんだけど」
「どのような質問でしょうか」
「新都銀行に預けてる、あたしの預金ってどれくらいあるの?」
「お嬢さまが、そのようなことを気になさるものではありません。そんなことお考えになるよりも、お勉強の方を大事になさってください」
「ちぇ、いつもはぐらかすんだから……」
「お嬢さまが家督をお継ぎになられましたら、お教え致しますよ」
「それって、いつのこと? 十六歳になったらかな……」
「渚さま次第でございます」

第七章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -