冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 59
2019.09.12


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 59


勇者「で、洞窟の先には何があるんだ?」
コンラッド「進みます。行けば分かります」
勇者「同じこと言うんだな。訳ありか?」
ナタリー「いいじゃない、行けば分かるというんだから」
ナレ1「というわけで、ともかく洞窟内を前へと進みだす一行だった」
ナレ2「ピトピトと地下水が染み出る洞窟を突き進んでいくと、前方に光が見えて
きた」
リリア「出口だわ!」
ナレ1「出口が見えたということで、自然足早になるのだった」
ナタリー「出たわ!」
リリア「何よ、これは!」
ナレ1「目の前には、見渡す限りの原野が広がっており、周りは崖が取り囲んで中
心には大きな湖が青い水をたたえていた。いわゆる外輪山に囲まれたカルデラ地形
の中だろうか」
リリア「凄いですね」
勇者「滝の中のトンネルを抜けると、そこは別世界だった」
ナタリー「なんか聞いたような言葉ね」
リリア「このどこかにクアール最高導師様がいらっしゃるのでしょうか?」
コンラッド「大神官様から頂いた、導きの羅針盤が反応しています」
リリア「それは何ですか?」
コンラッド「どうやら魔力に反応するようでして、最高導師様の居場所を指し示す
そうです」
リリア「魔力ならナタリーも持ってますよね」
ナタリー「あたしなんかクアール様の足元にも及びませんよ」
勇者「だよな、羅針盤も全然反応しねえし、そもそも売春婦だろ」
コンラッド「売春婦にこだわるんですね」
勇者「日本軍性奴隷制被害者と言わないだけましだろ」
コンラッド「とにかく、羅針盤が指し示している方角に向かいましょう」
リリア「クアール様は本当にいらっしゃるのでしょうか?」
ナタリー「ここまで来たんだもの。信じて進むしかないでしょ」
ナレ1「羅針盤の示す方向へと歩むこと5時間、日が暮れ始めた来た」
コンラッド「今日はここで野宿しましょう」
勇者「ちょっとおかしくないか?」
リリア「なにがですか?」
勇者「足が棒になるほど歩いたというのに、反対側にたどり着かないってのはよお。
そんなに広い窪地じゃないだろ?」
コンラッド「気づいてましたか」
勇者「気づくさ。見た目、1時間もあれば端まではおろか、周囲をぐるりと回れる
はずだぜ」
ナタリー「だって結界の中を進んでいるんだものね」
勇者「結界だって?」
ナタリー「隠遁していらっしゃるクアール様が、そうそう簡単に人里の者と会うは
ずがないでしょ。この結界は、私達の本気度を試してらっしゃるのよ」
リリア「本気度ですか?」
ナタリー「そうよ。今日は歩かされるだけだったけど、明日からは強力なモンス
ターをぶつけてくるかもね」
勇者「分かった!引き返そうぜ」
コンラッド「さあ、今日はもう休んで明日に備えましょう」
勇者「おい、聞いてんのかよ」
ナタリー「さあ、寝よう寝よう」
ナレ1「勇者を無視して、野宿の支度をはじめる一行だった。やがて夜が更け、朝
が来る」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 58
2019.09.11


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 58


ナレ2「コンラッドが放った矢は、見事滝のそばの木に絡まった」
ナタリー「やったね!」
コンラッド「さてと、ここからが大変ですよ(ロープを軽く引いて、しっかりと木
に掛かっているのを確認する)」
リリア「どうするんですか?」
コンラッド「このロープを伝って向こうの崖に渡ります(言いながら、ロープのも
う片端を近くの木に結び付けた)」
ナタリー「大丈夫ですか?」
コンラッド「見ていてください(とロープを伝って渡り始める)」
ナレ1「弛んだロープは川面に浮かび、コンラッドはそれを伝って慎重に川の中を
渡ってゆく」
ナレ2「やがて滝の真下脇にたどり着くと、真上の木に向かって登り始めた」
ナレ1「木にたどり着くと、掛かっているロープをピンと張るようにしっかりと結
びなおした」
ナタリー「大丈夫ですか?(大声で)」
コンラッド「大丈夫です(大声で返す)ちょっと中を見てきます」
ナレ1「コンラッドのいる木から洞窟の穴までは、少し距離があったが、ロープの
残りを身体に縛り付けて安全を確保して、慎重に壁伝いに洞窟へ渡った」
ナレ2「危なげにも無事に洞窟にたどり着いたコンラッドは、身体に縛り付けてい
たロープを外して、洞窟内にまで根を張っていた木に結び付けた」
コンラッド「さてと、洞窟は……だいぶ先まで続いているようだな」
ナレ1「残した者達のことも気になるが、まずは洞窟内を調べることが肝心だ。行
き止まりだったら全員で来ても意味がない」
ナレ2「30分ほどして、コンラッドが洞窟入り口に出てきた」
リリア「コンラッドさん!どうでしたか?」
コンラッド「今から戻りますよ」
ナレ1「レスキュー隊よろしく、するするとロープを伝って一行のいる対岸へ戻る
コンラッド」
勇者「すごいな、まるで猿だな」
リリア「勇者さん、失礼ですよ」
コンラッド「いいんですよ。気にしません」
ナタリー「それで洞窟の中はどうでしたか?」
コンラッド「行けば分かりますが、ビックリしますよ」
勇者「なんだ、意味深だな」
リリア「このロープを渡るんですか?(怖気づいている)」
コンラッド「大丈夫ですよ。ここにもう一つのロープを用意します。張ったロープ
を通すように輪っかを作ってもう一方を勇者さんの身体に巻き付けます。そしてグ
イと押し出すと」
勇者「な、何をするんだ。あ、ああ!」
ナレ1「スーっと勇者は、ロープを伝って前へ進んでいく」
ナタリー「これが本当のロープウェイね」
勇者「馬鹿野郎!なんてことすんだよお(大声で叫んでいる)」
コンラッド「そこから洞窟へ入って下さい。入ったらロープを外して(大声で)」
勇者「分かったよ。こんなところにいつまでもぶら下がってられっかあ!」
ナレ1「言われた通りに洞窟へ飛び移り、身体のロープを外す勇者。それを見届け
て、ロープに括り付けていた補助紐を引くと、移動用ロープは戻ってくる」
コンラッド「リリアさん。今のように渡って下さい」
リリア「ええ!あたしもですか?」
ナタリー「行くしかないでしょ。元の身体に戻りたければね」
リリア「(じっと考え込んでいたが)分かりました。行きます」
ナレ1「おっかなびっくりだが、意を決してロープを巻き付け飛び出した」
ナレ2「見事無事に洞窟へ渡り、続いてナタリー、そしてコンラッドと全員が洞窟
へ渡るのに成功した」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 57
2019.09.10


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 57


コンラッド「ここで議論していても仕方がないですが……どうしたものか」
ナタリー「見て!(指さして)滝のそばに結構丈夫そうな木が生えてます」
リリア「ええ、確かに見えますね」
ナタリー「あれにロープを引っ掛けることができないでしょうか?」
コンラッド「そうか、その手がありましたか」
勇者「どういうことだよ」
コンラッド「あの木にロープを引っ掛けられれば、ロープを伝い川の中を渡ってい
けますよ」
リリア「どうやってロープを?」
コンラッド「弓と矢を使います」
リリア「でもパーティーに弓使いはいませんが」
コンラッド「任せてください。皆さんはそこで待っていて下さい(というと森の中
に分け入った」
ナレ1「森の中から木を切るような音が響く」
ナレ2「やがて戻ってきたコンッドの手には、丈夫そうな竹と蔓そして木の棒が握
りしめられていた」
リリア「それは何ですか?」
コンラッド「弓矢を作るんですよ」
リリア「作れるんですか?」
コンラッド「まあ、見ていて下さい。それから火を起こしてくれませんか?」
リリア「分かりました。木々を拾ってきます」
ナレ1「竹をナイフで適当な長さに切り、3センチ幅に縦割りするコンラッド」
ナレ2「切り揃えた割竹の節を丁寧に削って滑らかにする」
リリア「木々を拾ってきました」
コンラッド「ありがとうございます。火を起こして熱湯を作って下さい」
リリア「わかりました」
ナレ1「言われた通りに火を起こして、飯盒でお湯を沸かすリリア」
ナレ2「その間にも着々と弓矢作りに専念するコンラッド」
リリア「お湯が沸きましたよ、コンラッドさん」
コンラッド「ありがとう」
ナレ1「と言うと、金属製の手付きコップに水を入れて、荷物袋から取り出した乾
燥ニカワを湯煎する」
ナレ2「飯盒の熱湯によって、コップの中のニカワが溶け始めて粘着性を帯び始め
る」
ナレ1「ちなみに、ニカワはバイオリンなどの楽器の組み立てにも使われ、経年劣
化の少ない良質の接着剤として利用されてきた。また止血にも使われる他、主成分
がゼラチンなので食用としても用いられる。旅の必需品である」
コンラッド「よし、いいだろう」
ナレ1「溶けたニカワを使って、数本の割竹を張り合わせ始める。」
ナレ2「用の済んだ飯盒を片付けて、竹を火で炙りながら少しづつ曲げてゆき、適
当な具合で両端に蔓を取り付けて弦を張る」
ナレ1「続いて矢の製作に取り掛かる」
ナレ2「こちらは簡単だ。先を尖らせて、後ろにロープを結ぶだけだ。そして弓矢
が完成した」
リリア「出来たのですか?」
コンラッド「出来ましたが、たぶん一発限りで壊れるでしょう」
勇者「なんだよ、それって……」
コンラッド「あの木に届きさえすれば、一発あれば十分です」
勇者「で、誰が弓を引くんだ?」
コンラッド「君が引きますか?」
勇者「俺は遊び人だぜ。弓を使えるわけないだろ」
コンラッド「でしょうね。私がやりますよ」
ナレ1「と言うなり、弓矢を構えるコンラッド」
ナレ2「きりりと表情を引き締めて、弓矢の投射態勢に入るコンラッド」
リリア「コンラッドさん……(成功しますようにと祈る」
コンラッド「えい!(とばかりに、弓を射る)」
ナレ1「ロープの繋がれた矢は一直線に例の木へと突き進む」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 56
2019.09.09


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 56


ナレ2「さらに野山をかき分けること数日」
リリア「水が流れる音が聞こえます」
ナタリー「ほんとだ。どっちから?」
勇者「俺には聞こえねえが」
ナタリー「あんたは邪心しかないから聞こえないのよ」
勇者「女の囁き声なら1キロ先でも聞こえるぞ」
ナタリー「だろうね」
コンラッド「あっちの方から聞こえます(指さす)行ってみましょう」
ナレ1「水音のする方へと急ぐ一行」
ナレ2「水音は次第に大きくなり、やがて雄大な瀑布が現われた」
リリア「これがムース滝ですか?」
コンラッド「そうです」
ナレ1「激しく下り落ちる水流のなんたる荘厳なものだうか。遠く離れていても水
飛沫がかかり衣服を濡らしていく」
ナレ2「足元を流れる水は、清く澄んでいた」
リリア「この水は飲めるでしょうか?」
コンラッド「飲めると思います」
リリア「飲んでみます」
ナレ1「川辺にひざまずいて、両手で水を掬って飲むリリア」
リリア「おいしい!!」
ナレ1「道なき道を長時間歩いてきたので、渇きを覚えていた喉越しの水は美味し
いと感じるには十分だった」
ナレ2「他の者も一緒に飲み始める。ついでに水筒にも補給する」
勇者「しかし、コンラッドさんよお。ここを知ってたんだろ?なんで道が分からな
かった」
コンラッド「何せほとんど人が通らず獣道しかないので、月日が経てば草木が伸び
て道も消え失せてしまいますから」
ナタリー「なるほどね、迷いの森と同じというわけね」
勇者「GPSナビとかないのかよ。今時のスマホには大概付いてるだろ?」
ナタリー「どこの世界の話よ。ここにそんなもんあるわけないでしょ」
ナレ1「その時、コンラッドの荷物袋に入っていた『導きの羅針盤』が反応した」
コンラッド「これはどうしたことか?」
ナレ1「羅針盤の針がムース滝を刺したまま動かない」
リリア「それは何ですか?(不思議そうに覗き込む)」
コンラッド「大神官様が最高導師様から頂いたもので、それを自分に下さったので
す。何でも導師様が近くにいると反応するということらしいです」
ナタリー「じゃあ、あの滝の中にいるということ?」
コンラッド「滝の中というより、その裏側じゃないですか?」
ナタリー「ああ、よくある話しね。滝の裏側に洞窟があるということね。ちょっと
待って透視してみるから」
ナレ1「目を瞑り、呪文を唱えるナタリー」
ナタリー「見えたわ。確かに滝の中腹に洞窟があるわ」
リリア「「だとしても、どうやって洞窟へ行きますか?足場がありませんよ」
勇者「瞬間移動の魔法とかないのか?」
ナタリー「あたし一人だけなら移動できるけどね。全員は無理よ」
勇者「なら、おまえ一人で行って見てこい!」
ナタリー「あのねえ、あんた一人をあそこまで吹っ飛ばすことだってできるのよ」
勇者「あ、肩に枯れ草が付いてる(機嫌取りする)」
リリア「回り道して滝の上側に行って、そこからロープを垂らして洞窟に降りると
いうのは?」
コンラッド「そこまで行くのにさらに日数がかかると思いますし、より凶暴なモン
スターに出くわす可能性もあります」
勇者「滝の上部は見えてるのに、何日もかかるのかよ」
ナタリー「馬鹿ねえ。冬山登山家なんかは、目の前数十メートル先に頂上が見えて
いても、気象や体調を考慮して、登頂を断念することもあるんだから」
勇者「だとしたら滝の側壁断崖を伝ってロッククライミングで渡るしかないじゃな
いか」
リリア「ロッククライミング……って何?」
勇者「ハーケンとかカラビナを使って岩盤に杭を打って、それにザイルを伝わせて
崖を登ったり横断したりするんだよ」
リリア「……??(首を傾げ理解できない表情)」
勇者「はあ……花売り娘には分からないか」
ナタリー「花売り娘はあんたでしょうが」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 55
2019.09.05


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 55


ナレ2「山あり谷ありの道というよりも、ほとんど獣道といった所を龍峡谷へと進
む一行」
ナレ1「進めば進むほど、出現するモンスターの数も増え、レベルも上がってゆ
く」
ナレ2「モンスターを倒しながら突き進むうちに、どこからともなく水の音が聞こ
えてくる」
リリア「水が流れる音が聞こえます」
ナタリー「ムースの滝でしょうか?」
コンラッド「何とも言えませんが、近づいてみましょう」
ナレ1「と一歩踏み出すと、目の前に巨大な影が遮った」
勇者「こいつあ、ヤマタノオロチか?」
ナタリー「違うみたいね、1・2・3……頭が9個あるわ。九頭竜ね」
勇者「ほんとだ。頭、8本じゃないな」
ナレ1「解説しよう。日本書紀などにあるヤマタノオロチは、須佐之男命が八首龍
を倒して『草薙の剣』を手にした、とあるが。別の伝承ではまた違う記述がある。
例えば千葉の鹿野山九頭竜伝説では、日本武尊が草薙の剣を持って九頭竜を倒した
とある。龍が村人を襲ったとか、酒で酔い潰したところを倒したのは同じ。伝承と
いうものは地方によって、それぞれ都合よく改変されるものである」
勇者「ステージクリアを阻むボスキャラ登場というところか!」
ナタリー「言いえて妙ね」
勇者「シューティングゲームなら倒すっきゃないが、RPGなら説得するとかアイ
テムさえあれば何とかなるんだが。例えば『メルキドのまち』を守るゴーレム『よ
うせいのふえ』があれば戦闘なしで消し去ることができる」
ナタリー「また、ドラクエIの話?」
勇者「おうともよ」
リリア「回り道しますか?」
勇者「王城の武器屋で売っていたドラゴンバスター1000000Gがあれば簡単に倒せ
るんだろうけどな。あれはゲームクリア直前の金貨持ちきれないほど状態でないと
買えないぜ」
ナタリー「ん……。ちょっと待って(なにやら呪文を唱えている)」
ナレ1「すると九頭竜の姿が薄れてゆき、やがて残ったのは朽ちた大木であった」
コンラッド「九頭竜が消えた?」
ナタリー「幻惑視の魔法が掛けられていたのよ」
リリア「クアール最高導師様が?」
ナタリー「そのようね」
コンラッド「さすが魔術師のナタリーさんですね。幻惑視を見破るなんて」
勇者「うそだい、こいつは売春婦だぜ」
ナタリー「さあ、先を急ぎましょう(相手にしない)」
勇者「おいこら!無視するなあ!!」
ナレ1「勇者を無視して先へ急ぐ一行だった」


11

- CafeLog -