妖奇退魔夜行/第三章 夢鏡の虚像 前編
2020.11.23

陰陽退魔士・逢坂蘭子/第三章 夢鏡の虚像 前編


其の壱

 大阪府立阿倍野女子高等学校。
 折りしも月に一度の清掃日。毎日定例の自分達の教室清掃以外に行われる、言わ
ば大掃除ともいうべきものである。体育館や講堂から、校庭の草むしり、通学路の
ゴミ&落ち葉拾いなど、全校生徒で一斉に行うのである。
 本校舎の西側に併設された講堂から物語りははじまる。
 講堂では、一年三組の生徒達が清掃の真っ最中だった。
 蘭子達仲良しグループは床の雑巾掛けを割り当てられていた。
「恵子のパンツ、丸見えだよん」
「もう……。こんな短いスカートだよ。しかたがないよ」
「何で今時、雑巾掛けなのよ」
「そうそう、せめてモップにしてよね」
「他の学校じゃ、業者と契約して教室からトイレ掃除まで、全部やってくれている
所もあるよ」
「それって私立でしょ。大阪府の予算に縛られている公立じゃ無理な話よね」
 その時、監督指導教諭が、手をパンパンと叩いて注意した。
「はい、そこ! 無駄口してないで、しっかりやりなさい。あと一往復で終わりで
すよ」
「はーい!」
 生徒達全員が一斉に答える。
 返事だけは良かった。
「どうせ、ここを終えても他の場所を手伝わされるんだから……」
 最後の気力を振り絞って、残り一往復を終えた。
「はい、ご苦労様でした。後は、終わっていないところを手伝ってあげなさい」
 やっぱりね……。
 という表情で、各自講堂内に散らばっていく。
 蘭子は、舞台の袖にある部屋の扉から中へと入ってゆく。
 口をタオルで覆った生徒が三人、はたきを掛けていた。もうもうと埃が舞い上が
るので、すべての扉や窓は全開で、扇風機を回して埃を吹き飛ばしている。
「手伝いにきたわよ」
「サンキュー!」
「何しようか?」
「とにかくハタキ掛けよ。そこにあるから」
 壇上に上がる階段に置いてあったハタキとタオルを取って掃除をはじめる蘭子。
「それにしても、こんなに埃がたまっちゃってさ。長期間使わないのなら倉庫の方
にしまえばいいのに」
「そうだよね。そうすれば、ここも広く使えていいのに……」
 それからしばらくは黙々とハタキ掛けを続ける一同だった。
 生徒の一人が、カバーで覆われたものを、物陰になる位置で発見した。
「何かしら、これ……?」
 彼女の名前は近藤道子。
 隠されたものを見つけると追求したくなるのが人間の性である。道子はカバーを
取って中身を確認した。
 それは鏡だった。
 鏡台に収められ、材質は錫のようで片面がきれいに磨き上げられ、その裏面には
見事な彫刻が施されていた。
「手鏡よね。これ」
 金属製の鏡など見たことがないのだろう。手にとって物珍しそうに眺めている。


其の弐


 鏡に映った像を自分自身と認識できる能力を【鏡映認知】と呼ぶ。その能力のな
い鳥などが、自動車のバックミラーなどに映った自分の姿に対して攻撃をする様子
はよく見られる現象である。
 鏡に自分が映るという現象は、古来から神秘的にとらえられ、こちら側の世界と
あちら側にあるもう一つの世界とを隔てる【物】と考えられて、祭祀や王墓の副葬
品などの道具として用いられるようになった。考古学調査で出土される平縁神獣鏡
や三角縁神獣鏡などがその例である。「三種の神器」の一つである八咫鏡やたのかがみ
最も有名である。
 もし鏡の中の自分が、こちらの自分自身とは違う表情や動きを見せたら?
 例えば、こちらはすましているのに、向こうでは笑っていたら?

「ひっ!」
 突然、道子が悲鳴を上げ、鏡を放り出して恐怖に慄いた。
「どうしたの?」
 周りの生徒達が振り向いて声を掛けた。
「鏡が笑ったのよ」
「鏡が笑うわけないじゃん」
「違うよ。鏡の中の自分が勝手に笑ったのよ」
「それは、あなたが笑っていたからでしょう?」
「笑っていない!」
 生徒達が言い争うようにしているのを聞き流して、投げ出された手鏡に歩み寄る
蘭子。それを拾い上げようとしたが、異様な気配を感じて、一旦躊躇してしまう。
「呪われているわ……」
 他の生徒達、特に道子に聞こえないように呟いている。
 妖魔か悪霊かはまだ判らないが、何ものかが取り憑いていて【呪いの鏡】となっ
ているらしかった。
 笑っていないのに、鏡の中の自分が笑ったというのは、その取り憑いているもの
が見せた幻影であろう。
 封印してしまうに限るが、道子が鏡に触れて【人にあらざる者】と接して取り憑
かれてしまった可能性がある。中のモノが出てしまって空になったものを封印して
も意味がない。妖魔なり悪霊を退治してしまうか、それができないのならば、元の
鏡の中に引き戻して封印し直すしかない。
「この鏡は、私が預かって調べてみるわ。もっとも学校の許可を得なければいけな
いけどね」
 蘭子の家系が、代々陰陽師であることは生徒達に知られている。蘭子自身も母の
実家であり、祖母の土御門晴代が当主となっている摂津土御門家(陰陽師一門)の
跡取りに指名されている。そんな事情から反対するものはいなかった。

 清掃が終わって、指導教諭に説明をすると、
「自分では決断できなから、校長先生に許可をもらってね」
 ということで、許可をもらいに校長室へと向かった。
 ドアをノックして、応答があるのを確認して中に入る。
「何か用かね?」
 蘭子の姿を見て、訝しげに尋ねる校長。
 呼びもしない生徒が校長室を訪れることはめったにない。文化祭などの行事に伴
う予算折衝で生徒会役員が来る程度である。


其の参


「実は、この鏡のことなんですが……」
 鏡を覆っているカバーを外して単刀直入に切り出す蘭子。
 すると校長の表情が見る間に変わっていく。
「そ、それをどこから持ってきた?」
 口調も怯えた様子で、いつもの張りのある声とはほど遠い。
「講堂の舞台袖です。清掃中に生徒が見つけました。呪われていると思いますので、
持ち帰って除霊なり封印したいと思います」
「呪われているのが判るのか?」
「はい。間違いありません。この鏡には呪われて亡くなられた人たちの霊が閉じ込
められて苦しんでいます。放っておいては、さらなる犠牲者が出るかもしれません」
「そこまで判るのか? さすが陰陽道の安部清明の末裔だな。古くは遣唐使となっ
た阿部仲麻呂の子孫らしいな」
「いいえ、清明の先祖説にはいくつかあって、【竹取物語】にも登場する右大臣阿
部御主人{あべのみうし}が直系ということになっています。やがて安部氏となり、
摂津国に入った一族が摂津土御門家を名乗ることととなりました」
「まあ、どっちにしても阿部氏の一族というわけだ。ともかく、その鏡のことは君
の思うとおりにしなさい」
「ありがとうございます。ご存知であれば、これまでの犠牲者の方々のことなどを
お話して頂ければありがたいのですが……」
「いいだろう。知っている限りのことを話してやろう」
「お願いします」
 口調を改めて話し出す校長だった。
「まず、その鏡がどうしてここにあること自体が不明なのだ。何せ学校創立が戦前
の大正十一年だからな。私の知っている最初の犠牲者と思われる事件は、創立五十
周年記念として行われた文化祭において講堂での演劇部の芝居の時に起きた。当時、
源氏物語を現代風にアレンジして上演していたのだが、待ち人来たらずで鏡を見て
ため息をつくシーンでヒロインが急に倒れたのだ。急ぎ代役を立てて上演は続行さ
れ、その生徒を救急車で病院へ運んだ。しかし、治療の甲斐なく原因不明の病気で
死亡した」
「原因不明の病死ですか?」
「その通りだ。その次の犠牲者も演劇部員で、幼稚園の交流公演として白雪姫を演
じていた時だった。継母役の生徒が鏡に向かって問いかける場面になったが、その
時は何事もおこらなかった。終幕間際の鏡に向かう場面で、「白雪姫が一番美し
い」と鏡が答える場面の直後に、突然倒れたのだ。そして「鏡がしゃべった」と言
い残して亡くなった」
「鏡自身がしゃべったのですか?」
「ああ、鏡役のナレーションではなく、鏡が直接しゃべったというのだ」
「やはり鏡には、魔物かなんかが住み着いているようですね」
「私もそう思うよ。その後も鏡にまつわる事件が起こった。鏡を手放すなり処分し
ようかという話もあったが、不幸となる物を他人に押し付けるのは如何なものかと、
校庭の片隅に埋めたのだが、とある地震の時に土地が陥没して鏡が出てきてしまっ
た。再度埋め戻しても大雨でまたしても……。その後もいろんな所に隠したりもし
たのだが、結局今日のように見つけ出されてしまう。やはり魔物が住み着いていて、
この学校の生徒を死に至らしめるために、現れているとしか思えない」


其の肆


「そうでしたか……。犠牲者の方々は、すべて鏡と対面した直後に亡くなられたのです
か?」
「いや、数ヶ月生きていた例もあるよ。しかし、まるで認知症のようになってしまったり、
ヒステリーを起こして自殺したり、何日間も高熱で苦しんだりいろいろあるが、結局最後
には死んでしまったよ。私が知っている事と言えばこんなところだ。とにかくかなり古く
からこの学校にあったみたいだが、生徒はもちろんだが教諭たちも人事異動や退職で、ど
んどん入れ替わって事件があってもいずれ忘れさられてゆく。そんな時にポッカリと現れ
て事件を起こしている感があるな」
「良く判りました。お伺いした内容は参考にして対応策を検討してみます。では、鏡は大
切にお預かりします」
「うむ。よろしく頼むよ」
「それでは失礼します」
 深々とお辞儀をして校長室を退室する蘭子。
 とにかく大急ぎで取り掛からなければならなかった。
 道子が鏡と対面し、【人間にあらざる者】に取り憑かれた可能性が高かった。そしてい
ずれは死に至り、鏡の中に取り込まれてしまう。
 クラスメートをそんなことにはさせたくなった。
 似たような事例が他にないか、対処法はあるのか調べねばなるまい。
 となれば、土御門屋敷の祖母にあって相談するしかないだろう。

 土御門屋敷は学校からほど遠くない所にある。
 表門玄関は、立派な神社の境内をかなりの距離を通り抜けていかねばならぬので、近道
である裏門から出入りするのが日常である。
「お邪魔しまーす」
 勝手知ったる祖母の家。遠慮はいらぬ。
 まずは挨拶をするために祖母の部屋に伺うことにする。
 礼儀にうるさい祖母なので、障子の前に正座して声を掛ける。
「蘭子です」
「入ってよいぞ」
「失礼します」
 許可を得て、両手を添えて片側の障子を静かに開ける。
 中に入ったら、同じような動作で障子を閉めるのだ。
 祖母は、目ざとく蘭子の持参した鏡を見て言った。
「ただならぬ物を持ってきたようだな」
「はい。今日はこの鏡のことでご相談に伺いました」
 鏡のカバーを外して、祖母の前に差し出す蘭子。
「どうやら魔鏡のようだな。しかも妖魔が封じられていたようだ。今は解放されて自由に
出入りができるようだ。鏡面に光を当てて反射光を、そこの白壁に映してみよ」
 障子を開けて日光を取り入れ指示通りに行うと、白壁に文様がくっきりと映し出された。
 魔鏡は、日光などの平行線的な光を反射させると、表面にはないはずの像が投影される
銅鏡である。鏡面には目には見えないほどの微細な凹凸があり、これが光を乱反射させて
文様を浮かび上がらせるのである。
 鏡面を磨く時、一定以上の薄さまで鏡を研磨すると、手の圧力によって鏡面がしなり、
版画のように裏面の文様が表面に凹凸を生じさせるのである。
「奇門遁甲八陣図か……。これは本来、退魔鏡として魔を封じるために製作されたのだろ
うが、長い年月の間に鏡の面に微妙な傷や歪みを生じ、魔を封じる力が減少して魔が解放
されたのであろう。この妖魔は鏡を媒体として、鏡の中の世界と現実の世界とを行き来し
ているようだ」


其の伍


「鏡の世界ですか?」
「そうだ。本来なら鏡のある所ならどこにでも出没できる能力があるのだが、奇門遁甲八
陣図の効力がまだ残っていて、この鏡を通してのみしか動けないようだ」
「退治する方法はありますか?」
「こやつは、こちらの世界にいる時は人の夢に巣食っている。要するにこちらの世界にい
る人間にとっては、実体のない虚像の魔人なのだ。実体であるおまえが虚像を倒すことは
絶対に不可能だ」
「夢と鏡の中の魔人……」
「じゃが、策がないでもない」
「どうするのですか?」
「まず奴が人の夢に入り込んでいる時に、おまえ自身も自分の精神つまり魂をその人の夢
の中に送り込むのだ。すると奴は、おまえの魂を自分の世界である鏡の中へ引きずり込も
うとするだろう。それが奴の本性なのだからな。して、ここからが本番だ。鏡の中は奴の
世界だから、魂を完全に閉じ込めてしまうこともできる。それはつまり、現実の世界のお
まえの死ということを意味するわけだ」
「身体と魂を引き離されたら、死を意味しますね」
「だが、それを防ぐ手立てが一つだけある。着いて来なさい」
 祖母は立ち上がって、蘭子を案内して先に歩き出した。
 障子が勝手に開いた。
 目には見えないが、式神を使役して開けさせているのである。呪法の力を衰えさせない
ために、日常的に訓練として行っているらしい。並みの陰陽師なら、式神を呼び出すのに
呪符を使い呪文を唱える。しかし祖母のような熟達者ともなると、心の中で念ずるだけで、
式神を呼び出せるのである。
 二人が向かっている先は書物庫であった。
 神社が建立されて以来の重要な書物が所蔵されている。陰陽道五行思想、天文学、易学、
時計などの学問を記述した陰陽道関連の書物が数多い。特に呪法、呪符、呪文について書
かれた文献は、門外不出となっている。書物庫の周囲には、奇門遁甲八陣の結界が張り巡
らされ、【人にあらざる者】から貴重な書物が奪われるのを防いでいる。さらに周囲には
一般人が侵入しないように、立ち入り禁止の柵も巡らされており、その柵板にも魔除けの
鎮宅七十二霊符の呪符が描かれている。
 ほぼ完璧な霊的防御陣が敷かれていた。

 書物庫に近づくに連れて、二人の歩き方に変化が現れた。
 地面を踏みしめ呪文を唱えながら千鳥足風にして歩く。魔を祓い大地の霊を鎮める呪法
の一つで、【兎歩】と呼ばれる。
 書物庫の扉の前にたどり着いた。遁甲式盤という方位魔術の図柄が彫りこまれた錠前が
掛けられていた。書物庫全体に掛けられた結界陣と違って、錠前にのみに呪法が掛けられ
ていて、鍵穴が見当たらなかった。呪法によって巧妙に隠されているのである。
 祖母が、顎をしゃくり上げるようにして、
「おまえ、やってみろ」
 と、言っているようであった。
 錠前に向かい、細心の注意を払いながら開門の呪文を唱える蘭子。
 やがて錠前が輝いたかと思うと、鍵穴が現れた。
 祖母から鍵を受け取って鍵穴に差し込むと、ピキンという音と共に錠前が開いた。
 ほっと安堵のため息をついて、胸をなで下ろす蘭子。
「……まあまあだな」
 時間が掛かりすぎていた。
 祖母なら一瞬にして開けてしまうところである。


其の陸


 錠前を外して扉を開けて中に入り、戸口脇の棚から燭台を取ってローソクに赤燐マッチ
で点火して明かりを確保、今度は中から閂をかける。
 なお、ここから先は呪法の使用は厳禁である。呪法の影響で書物の内容が書き換わって
しまう可能性があるからだ。
 先に立って書物庫の中を進む祖母と、後に従う蘭子。
 総檜でできた書棚の前で立ち止まる祖母。燭台を棚の上に置いて、手を合わせ祈ってか
ら、漆塗りの玉手箱のようなものを取り出した。そしてそばの所見台の上に置いた。
 飾り紐を解いて蓋を開けると、二枚の銅鏡と和綴じの本が入っていた。
 蘭子がそばに寄ってのぞき込んでいる。
 和本の表紙には達筆な墨文字で【夢鏡封魔法】と書かれている。
「これに、夢鏡の魔人を封じる方法が書かれているのですか?」
「もちろんじゃ」
「どうしてこんな本がここにあるのでしょうか?」
「阿呆なこと言ってんじゃないよ。あの魔鏡に魔人を最初に封じたのがこの本の筆者、つ
まり我がご先祖様だ。あの魔人を封じた後に魔鏡を地中深く埋め、それが何かのきっかけ
で掘り出され魔人が復活した時のために、封魔法を記した本と使用した封魔鏡を、後世の
子孫のために残したのじゃ」
「あ、なるほどね」
「おまえは時々魔の抜けたことを言う。気をつけないと戦いの時に命を落とすことになる
ぞ」
「はい。肝に銘じて」
「とにかくじゃ、この二枚の封魔鏡は持ち出しても良いが、書物の方は厳禁じゃからな。
ここで読んで頭の中に叩き込んでおくことじゃ。よいな」
「はい。わかりました」
「それじゃ。儂は戻るが、ここを出るときまたちゃんと閉めておけよ」
 と言い残して、扉の方へとスタスタと歩き出した。
 蘭子は先回りして閂を外して祖母を送り出し、再び閂を掛けると元の所見台の所に戻っ
た。
「夢鏡封魔法か……」
 表紙に書かれた達筆な文字から、想像を絶するような内容が記されている感じが、ひし
ひしと伝わってくるようだ。
 息を呑み、静かに最初のページをめくる。
 毛筆で書かれた達筆な草書文字が飛び込んでくる。いわゆる平安貴族の間でもてはやさ
れた枕草子や伊勢物語・土佐日記などに記述されている、漢字かな混じりの文体で書かれ
ている。
 今時の女子高生にはとても読めないものであるが、幼少の頃から祖母に般若心経を写経
させられ、陰陽道に関する古典書物を読誦させられた蘭子には、読むには造作もないこと
だった。
 さて封魔法に書かれている内容を現代文に直してお知らせしよう。

 ■夢鏡封魔法

 建久六年十二月、第八十三代土御門天皇即位し頃。(注・西暦1196年1月)
 摂津国阿倍野というところで、奇妙なる病が流行っていた。
 若い女性が、ある日突然として狂ったように踊り続け、翌日に死んだ。
 その翌日、別の女性が昼間に痴呆となって村中を徘徊し、翌日に死亡した。
 次には、やはり女性が昼間に素っ裸になって男達を誘惑し、やはり翌日には死んだが、
その股間は精液まみれだった。
 時として包丁を振りかざして村民を次々と刺し続けて殺人鬼となり、最期には自分の首
筋を掻き切って自害して果てた女性もいた。
 すべてに共通していることは被害者は若い女性ばかりで、奇行の果てに死亡してしまう
ことで、偶然なのか自宅の鏡がことごとく割られていた。同時には決して発症しないこと
もわかり、何か【人にあらざる者】が若い女性に次々と取り憑いては奇行を働かせて、死
に至らしめているのではないかとの噂が広まった。
 そして女性が必ず持っている鏡が、その媒体となっているらしいとのことで、女性には
鏡を持たせるなということになった。


其の漆


 しかし、女性達の奇行死は治まらなかった。
 日常的に女性達は、炊事・洗濯・掃除と水に関わる家事に携わっている。飲料水を蓄え
ている水がめ、洗濯のためにタライに張った水、掃除のために桶に汲んだ水。その水面が
鏡面となって【人にあらざる者】を呼び出している事がわかった。
 水はありとあらゆる場所に存在する。川の水面、防火用水、雨後の水溜りなど。
 がために、【人にあらざる者】の動きを封じることは不可能だった。
 人々は、絶大なる人気を誇っていた陰陽師に救いを求めてきた。そして、我が安部氏土
御門家の門を叩いたのである。

 ■相手を知るべし。

 敵を倒すには、まず相手のことを良く知らねばならない。
 これまでに判っていることを列挙すると。
 一、若い女性に憑依して奇行死させること。
 二、鏡および鏡様になった水面などを媒介とすること。
 三、発症するのは、眠っている時に起きるらしいこと。
 四、誰もその姿を見たことがなく、おそらく人の心の中(夢?)と鏡の中とを移動する
ものである。これをもって今後は夢鏡魔人と称することにする。

 ■退治方法について

 これまでに述べてきたように、夢の世界と鏡の世界とを往来する虚像の魔人であること
が判った。ゆえに実体である我々が虚像を倒すことは絶対に不可能である。
 では、どうすれば良いか。
 答えは一つ。
 魔人を鏡の中に閉じ込めて出られないように封印することである。
 しかし、鏡は無限に存在し、すべての鏡の封印は不可能。
 そこで、魔を封じることのできる退魔鏡を用意し、これに夢鏡魔人を追い込んで封印し
てしまうのである。
 魔人が鏡の世界から抜け出して、特定の女性の夢の中に憑依している時こそが、封印す
ることのできる機会である。その女性の中に一旦封印し、かつ女性が死なないように眠ら
せておく。死んでしまえば夢は消失し、魔人が解放されてしまうからである。
 特定の女性の夢の中に閉じ込めたなら、夢の中に入り込むことのできる式神を使って魔
人と戦わせるのだ。倒すことは不可能だろうが苦しめることはできるはずである。ここで
奇門遁甲八陣の呪法を張り巡らせ、死門だけを開けておいて、そこに退魔鏡を置いておく。
ここで女性の封印を解いてやると、苦し紛れに奇門遁甲の開いた門から退魔鏡の中へと逃
げ込むはずである。だが飛んで火にいる夏の虫。魔人はその魔鏡からは二度と抜け出せな
くなるというわけである。
 早速、退魔鏡を作ることのできる鏡師を探すことにした。しかし奇門遁甲八陣図という
微細彫刻を施せる鏡師が見つからない。
 仕方なく、全国行脚しながら鏡師を探し出す旅を続け、志摩国の大王村波切というとこ
ろで鏡師を見い出し、ついに退魔鏡を手に入れたのである。
 急ぎ摂津国へと引き返して阿倍野に舞い戻った。
 かねてよりの計画通りに女性の夢の中に潜んでいた夢鏡魔人を退魔鏡の中に封印するこ
とに成功した。そして地中深くに退魔鏡を埋めることにしたのである。

 しかしながら、万が一退魔鏡が掘り出されてしまうこともあり得る。そのために、後世
の子孫のために、この書物を残しておこう。

 建保三年一月六日記(西暦1215年2月6日)
    土御門晴康


其の捌


 ここで思わずため息をつく蘭子であった。
 陰陽師の家系である彼女だから納得できる内容ではあるが、一般人が読めばとても信じ
られないことであろう。まさに怪奇的な内容が記されていた。
 しかし疑念が一つ残った。
 この封魔法を使用すれば、夢鏡魔人を再び鏡の中へ封印することができるかも知れない
が、全く同じ手が通用するかというと、魔人も馬鹿ではあるまい。必ず対抗手段を打って
くるであろう。
 悩んでいると、
「あ、続きがあるじゃない」
 書物には、まだページが残っていた。
「また、お婆ちゃんに叱られるところね。『おまえは間が抜けているぞ』はい、はい。気
をつけます」
 先を読み続けることにする。
 ページをめくると、まず附録と書かれてある。さらにページをめくる。
「夢鏡魔人退滅法」
 という文字が飛び込んでくる。
「退滅法か……」
 おそらくここから先に、同梱の二枚の鏡を使って魔人を退治する方法が記されているの
であろう。文字の字体がそれまでと全く異なっているところを見ると、封魔法を読んだ後
世の子孫が退滅法を編み出して、その内容を書き記し附録として付け足したのだろう。
 再びその内容を現代文に直してみよう。

 ■夢鏡魔人退滅法■

 序の文。
 ご先祖様の書き残した【夢鏡魔人封魔法】を拝読し、なるほど素晴らしい呪法を完成し
てくれたと感謝した。
 実際にも我が世代においても、鏡を媒体とする虚空の世界に住む夢鏡魔人ほどでないに
しても、亜流の夢魔人ともいうべき妖魔が徘徊し、人々を大いに苦しめているのだ。この
妖魔は鏡を媒体としない実体のある魔人で、人の夢の中に入り込んで悪夢を見せ、苦しむ
際に生じる負の精神波を活力源としているらしい。人を殺しはしないが、ほとんど廃人と
なってしまう。そして次なる獲物を見つけて乗り移るその際に、一時的に実体化する。そ
の時が、退治する絶好の機会であるが、いつ乗り移るかが判断できない。それよりもまず、
魔人に取り憑かれて悪夢を見られているのか、ただ単に自身の過去の古傷を思い出し悪夢
として苦しんでいるのか、識別することが困難だ。
 仮に取り憑かれている人を見つけて魔人をその身体に一時的に封印できたとしても、相
手は夢の中の虚像と化している。ご先祖様も述べておられるように虚像は絶対に倒せない。
 そこで何か策はないかと書物をあさり、ついに封魔法が書かれたこの書物を見い出した。
これを参考にすれば、夢魔人を退治することはできなくても、鏡やこれに替わる何物かに
封印することができるだろう。
 即座に実行に移すことにしたのだが、夢魔人は送り込んだ式神によって、あっさりと倒
されてしまったのである。意外な出来事を推察するにあたり、夢鏡魔人は鏡の中の世界に
生きているのに対し、夢魔人はこちらの世界に生きているという違いのせいかも知れない。
(注・これは相対性理論や量子理論の質量とエネルギー変換を考えると判りやすい。夢鏡
魔人が完全なる虚像であるのに対し、夢魔人は実体があって夢の中に入る際に、その質量
をエネルギー化しているのである。ゆえにそのエネルギーをゼロにしてしまえば、実体も
存在しえなくなって消滅してしまうのである)


其の玖


 こちらの夢魔人は、式神を使って退治することはできた。もう一歩進めて、鏡の中の世
界の夢鏡魔人をも式神を使って倒せないものか。
 ご先祖様によれば、式神を使っても夢の中にいる魔人は倒せないらしい。となれば鏡の
中へ直接式神を送り込んだらどうだろうか。
 早速、方策を練り始めることにする。現時点では鏡の中へ式神を送り込むことは不可能
だった。何か特殊な道具立てを考案しなければならない。
 まず思いついたのが、合わせ鏡である。二枚の鏡を相向かわせて、その中心に式神を呼
び出すための人形を置いてやる。すると双方の鏡の中には、人形と反対側の鏡の像が無限
に連続して映り込まれる。この状態で鏡の中に映る人形に働きかけて、式神を出現させる
ことができれば成功である。と、簡単に言ってしまったが、鏡の中にまで通ずる呪法がな
い。我々が会得しているすべての呪法は、この世界の中においてのみ通用するものだった。
虚空の世界である鏡の中にまでは届かない。
 鏡を四面や六面にもしたりして、試行錯誤の日々が続くが、一向に鏡の中の人形は答え
てはくれない。
 二十年の月日が過ぎ去っていた。
 未だに打開策は見い出せない。
 ほとんど諦めの心境に陥ったとき、突然閃くものがあった。
 人の夢の中には、式神を送り込ませることが可能であることは判っている。
 そうだ!
 夢の中も虚空の世界なのである。虚空の世界同士ならば、たとえ異質であっても移動が
可能なのではないか?
 それは夢鏡魔人の行動を考えれば納得する。奴は夢と鏡の世界とを行き来していたでは
ないか。
 まず式神を夢の中へ送り込み、そして鏡の中の世界へと転送するのだ。
 理論がまとまれば方策を考える。
 さらに二十年をかけて、【夢の魔鏡】と【鏡の魔鏡】という二つの魔鏡を完成させた。
この二枚の鏡を相対面させ、その中央に式神を呼び出す人形を置いて準備は完了である。
そして夢の世界と鏡の世界とを行き来する呪法も完成させた。
 しかし問題がある。これには夢を見てくれる実験体が必要だった。幸いにも実弟である
一番弟子が名乗りを挙げてくれた。彼には大いに感謝し、成功すれば土御門家の名跡を与
えると約束した。
 彼には早速眠ってもらって、人体実験がはじまった。
 そしてついに、式神を鏡の中へと送り込むことに成功したのである。さらにもう一体を
送り込んで戦わせることも行ったがこれもうまくいって、こちらの世界から鏡の世界の式
神を自由に使役することができるようになったのである。
 これでやっと夢鏡魔人を倒す方策が完成し、万が一復活することがあっても、この書物
を読んだ後世の子孫によって倒されるだろう。
 一番弟子との約束通りに、彼に土御門家の名跡を譲り、私は引退することにした。
 それからの隠居生活は悠々自適のはずだった。
 しかし、何か物足りない。大切なものをどこかに置き忘れているような気分がどうして
も拭えない。悶々とした日々が続いたある日、当然思い浮かんだのである。
 夢鏡魔人をこの手で倒せないものかと……。
 すなわち自分自身の魂を鏡の世界へ送り込んで、直接に魔人を倒したいものだと。
 思いは月日が経つに連れて大きくなってゆく。
 どうせこの身は老いさらばえて余命幾ばくもなし。たとえ失敗してもなんぼのものか、
後悔はしない。
 居ても立ってもいられなくなった私は、一番弟子に頼み込んで協力してもらうことにし
た。もちろん名跡を継いだ彼に人体実験を行うことはできない。彼の弟子の一人が手を挙
げてくれた。私にとっては孫弟子ということになる。
 そして、彼と孫弟子との協力を得て、自分自身の魂を鏡の中へ送り込むことに成功した
のである。
 ここに至り、夢鏡魔人退滅法の完成を見たのである。
 果たせるかな残念なことに、夢鏡魔人はすでに【夢鏡魔人封魔法】によって魔鏡に封印
されたままなので、この方策を試す機会がない。
 せめて後世の子孫のために【夢鏡魔人退滅法】を書き記しておくことにする。
     応仁元年正月二日記(西暦1467年2月6日)
          土御門晴樹


其の拾


 数時間後、祖母である土御門家晴代の居室。
 書物庫から持ち出した二枚と合わせて三枚の魔鏡を挟んで、蘭子と晴代が対面している。
「扉はしっかりと閉めて呪法は掛けてきたか?」
「はい」
「それで【夢魔人封魔法】はしっかり読んで、頭の中に叩き込んだか?」
「退滅法をも合わせてしっかりと……」
「なら、良い」
 しばし沈黙が流れた。
 庭先から虫の鳴き声が寂しく聞こえてくる。
 その泣き声に聞き入るように、庭先の方に目を向けながら、晴代が静かに尋ねる。
「これからどうするつもりだ」
「もちろん夢鏡魔人を倒します。この手で……」
「その手で倒すとな? すると退滅法の最期の手段を使うのか?」
「はい!」
「いつ?」
「今夜です」
 驚いて目を見張る晴代。
 今さっき退滅法を覚えたばかりで、いきなり実践しようというのだから無理もない。
「早急過ぎはしまいか? まだ、練習もしていないというのに」
「魔人は待ってはくれません。今夜か明日にも、友達は殺されるかもしれないのです」
「そうかもしれないが……」
 前のめりになり、手を突いて懇願する蘭子。
「お願いします。許可してください」
 目を閉じ腕を組んで考え込む晴代。
「呪法に失敗したら、その娘の命はむろん、おまえの命もないのだぞ」
「覚悟の上です!」
「そこまで言うのなら許可しよう」
「ありがとうございます」
「ただし! その呪法、儂が掛ける」
「おばあちゃんが?」
「馬鹿におしでない! これでも土御門家の総帥だぞ」
 声を荒げて怒る晴代。
「失礼しました」
 素直に謝る蘭子。
 やがて静かな口調に戻って、晴代が話し出す。
「いいか、蘭子。この呪法は失敗が許されない。その娘とおまえの命が掛かっているのだ
からな。未熟なおまえでは力不足だ。だから呪法は儂がやる。おまえを鏡の中の世界へ送
り込んでやる。そして魔人と力の限り戦え。たとえ敗れてお前の命を失っても、その娘の
命だけは守り通してやる。いいな、蘭子」
「はい、判りました」
「よし、いい返事だ」
 さわやかな笑顔になって見詰め合う二人。
 この時、蘭子は気づいていた。
 【夢鏡魔人封魔法】という書物を晴代は知っていた。当然として、実際に呪法を確かめ
るため弟子に協力を頼んで、練習を続けていたに違いない。そして鏡の中へ自分自身や弟
子達を送り込むことに成功していたのだろう。だからこその今の言葉なのである。
「そうと決まったら、早速その娘の家へ向かうぞ」
「はい!」
 蘭子は魔鏡を包み始めた。
「これを使え」
 晴代が棚から取り出してきたのは、長方形の薄い桐の箱で、蓋を開けると仕切り板が付
いていた。魔鏡同士ががぶつかり合って割れるという危険性を、仕切り板が防いでくれる
というわけである。魔鏡を慎重に包んで桐箱に納めて、さらに動かないように新聞紙で詰
め物をして蓋をし、風呂敷で丁寧に包んで、小脇に抱えて立ち上がる蘭子。皿や鏡のよう
な割れやすいものは、包んだ上で上下に重ねるのではなく、横に連ねるように梱包運搬す
るのが原則だ。
「虎徹はここに置いておくのだ。魔の精神波が漏れて呪法に支障をきたすかも知れぬ」
「判りました」
 蘭子は懐から御守懐剣を取り出して、棚の引き出しにしまった。
「よし! 行くぞ、案内しろ」
「判りました」
 二人連れ立って、近藤道子の向かうのだった。
 すでに日は暮れて辻を吹き抜ける風は冷たかった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
妖奇退魔夜行/第二章 夢幻の心臓
2020.11.22

陰陽退魔士・逢坂蘭子/第二章 夢幻の心臓


其の壱


 とある街角。
 どこからともなく線香の匂いが漂っている。
 喪服を着込んだ人々がひっきりなしに行きかっている。
 その列をたどって行くと、葬儀用の飾花の立てかけられた家に着く。
 玄関前には葬儀社の職員とおぼしき人達が、来客を手際よく案内している姿があった。
 家から出てきた来賓が職員に怪訝そうに尋ねている。
「ねえ、どうして棺に入れてあげないのですか?」
 と、困ったような表情を浮かべて、果たして答えていいものだろうかと悩んだ挙句に、
重々しく質問に答える職員。
「いえねえ……。奥様がどうしても承知なさらないのですよ。旦那様と相談して、席を離
れた隙に無理矢理棺に納めたのですが、それを見た奥様は髪振り乱して鬼のような形相に
なって、ご遺体を棺から引きずり出してしまわれたのです。『この娘は死んではいません。
心臓さえ見つかれば生き返るんです。心臓さえ……』ってね」
「そういえば、お嬢さん。心臓が悪くて臓器移植しか方法がなくて、ドナーが現れるのを
ずっと待っていたらしいですわね」
「ええ……。結局、間に合いませんでした」
「可哀想なことしたわね。まだ中学生になったばかりだというのに……」
「はい、運命の女神は時としてひどい仕打ちをするものです」
「それはそうとねえ……」
「なんでしょうか?」
「あのまま遺体を放置しておいたら、腐ってしまうのでは?」
「ご家族が折りに触れて説得なされているようですが、どうしても首を縦に振らないそう
です」
「困りましたねえ。まあ、母親としてはそういう気持ちも判らないではありませんが」
「とりあえずは、冷却剤の入ったベッドパッドの上に、ご遺体を安置して身体を冷やして、
少しでも腐るのを遅らせようとしてはいるのですが……。それも限界がありまして」
「なるほど……」
 ひとしきりの会話を終え、深々とお辞儀をして分かれる二人。
「本当に困ったものだ……」


其の弐


 夕闇に暮れた街角。
 誰かに追われているかのように、度々振り返りながら、道を急ぐ女性。
 その後方から、暗闇に隠れるようにひたひたと迫り寄る怪しい人影。
 女性の視界に灯火の点った交番が見えてくる。
 助かった!
 と思いつつ、交番に駆け込む女性。
「すみませーん! 誰かいませんか」
 大声を張り上げるが、交番内はひっそりとして人気がなかった。
 おそらく巡回に出ているのではないだろうか。
「どうかしましたか?」
 戸口の方から、男性の野太い声。
 振り返ると、制服を着た警察官が立っていた。
「じ、実は誰かに追われているんです」
「追われている? ストーカーですか、心当たりは?」
 言いながら外の方を見回す警察官。
「そんな人はいないはずです」
「そうですか……。ちょっとそこらを見回ってきますから、ここにいて下さい」
「ひ、一人にしないで下さい」
 女性はかなり怯えているようだった。
 すぐに戻りますからと、出てゆく警察官。
 一人になる女性。
 膝を揃え両手を添えるようにして椅子に腰掛けて、震えながら警察官の戻るのを待っている。
 突然、外の方で、
「な、なにをする!」
 大きな声が響いた。
 驚いて外に視線を移す女性。
 コロコロと何かが転がり込んできて、女性の足元で止まった。
 ふと見ると、それはあの警察官の頭だった。
「きゃー!」
 叫び声を上げる女性。
 続いてズルズルと、外の方から何か重いものを引きずるような音。
 やがて現れたのは、喪服を着た女だった。その手には、首のない遺体を襟元掴んでいる。
 なおも鮮血のしたたり落ちるその遺体を手放して女性に近づく喪服の女。
「あなたにお願いがあるの」
「ひっ!」
 足がすくんで身動きできない女性。
「あなたの心臓が欲しいの」
 一歩一歩近づいてくる女性。
「娘が生き返るのに必要なの。だから心臓を頂戴ね」
 だからと言って「はい、どうぞ」と渡せるものではない。
 女が目前に迫っていた。
 握手をするような仕草で、右手を差し出すと、それは女性の胸元でピタリと止まった。
「ごめんね……」
 そう言った途端だった。
 女の右手が、女性の胸元から、その身体の中にめり込んでいく。
 一瞬、女の右手が止まり、今度はゆっくりと引き抜かれていく。
 その右手には、血がしたたりドクドクと生々しく動く心臓が握られていたのである。
 白目を剥いて口から泡を吹く女性。
 やがてドサリと床に崩れ落ちる。
 無表情のまま心臓を手に、夜の闇の中へと消えてゆく女。

 交番に静けさが戻り、頭をもがれた警察官と、心臓のない女性の遺体が転がっていた。


其の参


 逢坂家のいつものような朝食風景。
 TVを見ながら一家団欒の最中であった。
 つと、ニュースに釘付けとなる家族。
『○○町××交差点にある交番にて、首を切断された警察官と、心臓のない女性の遺体が
発見されました』
 心臓のない女性という言葉に注目する家族だった。
「聞いたか?」
「はい」
「昨夜は何も感じなかったのか?」
「いいえ。何も……」
「だとすると、妖魔の仕業ではなさそうだな」
「悪霊の類ではないかと思うのですが」
「うん。あるいはな」
 そもそも生霊や悪霊、あるいは人の魂というものは、元々同じものであって、区別でき
るものではなかった。殺人者と一般人とを、見た目で見極めることが不可能なのと同じで
ある。
 ゆえに、昨夜の事件が悪霊の仕業であるならば、蘭子にさえ気づかせなかったのも道理
である。それでも直接に対面すれば、悪霊かどうかくらいは判別できる。
「しかし、神出鬼没の妖魔と違って、悪霊は限られた地域にしか出没しないから、二度三
度と繰り返されるうちに、おのずと特定できるだろう」
「それだけの犠牲者を出すことになりますけど……」
「仕方あるまい。これだけは、さしもの蘭子とてどうしようもあるまい」
「そうではありますが……」

 大阪府警阿倍野警察署。
 入り口には「阿倍野区変死事件捜査本部」という立て看板が立てられている。
 その捜査会議室の壇上から、府警本部から派遣されてきた井上馨刑事課長が怒鳴ってい
る。
「最初の事件からもう十日だぞ! 犠牲者もすでに五人に上っていると言うのに、未だに
何の手掛かりも見出していないとはどういうことだ!」
 周囲にある刑事達をギロリとにらめ付けながら、
「被害者の検視報告を言ってみろ」
 一人の刑事がすっと立ち上がって、報告書を読み上げる。
「はい。被害者はすべて女性。年齢としては十四歳から十七歳の間。被害者は心臓を抉り
取られるようにして亡くなっています。しかも、身体の皮膚には全く傷一つ付けずにで
す」
 室内にざわめきが沸き起こる。
「それが判らんのだ。皮膚に傷一つ付けずに、どうやって心臓だけを抜き取ることができ
るというのだ」
 現在の常識、科学的に不可能な事件であった。
 仮に殺人犯を捕らえたとしても、起訴に持ち込む困難であろう。
 殺人にいたる動機と証拠・アリバイなどを突き止めても、殺人の方法が科学的に証明不
可能だからである。
 いわゆる不能犯というやつである。


其の肆


 奈良の大仏に縄を掛けて引きずって盗もうとしたり、藁人形に釘を刺して呪い殺そうと
したりするのも不能犯である。仮に実際に大仏が盗まれたり、人が死んだりなど実現した
としても、それを科学的に証明できないために、不起訴となる可能性が高い。
「以前TVで見たのですが、ヨガの診療で患者を素手で手術していました。患者の身体に
術者の手がめり込んでいって、血が流れ中から何かを取り出していました。でも、さっと
身体を拭ったら、傷一つなかったのです」
「馬鹿もん! あれはトリックだ。二つの脱脂綿にフェノールフタレインとアンモニアを
それぞれ含ませておいて、もみ合わせれば化学反応が起きて、赤い血が流れたようになる。
手をこう押し当てて指を少しずつ曲げていけば、赤い液体で皮膚表面が見えないから、め
り込んでいくように見える。そしておもむろに脱脂綿の中に隠しておいた臓物らしきもの
を出して見せているんだよ」
「へえ……。そうだったんですか」
「少しは勉強しろ!」
「それでは科学的に」
 一人の刑事が手を挙げた。
「なんだ、言ってみろ」
 という刑事課長の目は、ろくな話でなかったら許さんぞ、というような気迫がこもって
いた。身じろぎしながらも立ち上がって発言する刑事。
「生体接着剤というものが開発されているそうです。手術の後、切開した傷口をこれでく
っつけてやると、ほとんど手術創を残さず治るそうです」
 一見もっともらしい発言だった。
 確かにそんな接着剤を使用すれば、みにくい傷跡を残さないということで、特に女性に
は歓迎されそうである。
「それじゃなにか……。今回の被害者は、心臓を抜き取られた後で接着剤で、傷口を接着
されたというのだな」
「可能性としてですが……」
 刑事課長は目を閉じ、ため息混じりに先を促す。
「それで……?」
「それでって、以上ですが」
「それだけかね」
「はい。それだけです」
 刑事の述べたことは、情報としては確かなものかも知れないが、ここから洞察するげき
事件の関わりが、まったく述べられていなかった。
「では聞くが、被害者は生きているのかな」
 刑事課長は矛盾する点を突いてきた。
「いえ、死んでいます」
 そう刑事が答えたとき。
「馬鹿もん!」
 大声で怒鳴り散らす刑事課長だった。
「生体接着剤のことなら私も知っている。一種の蛋白質の糊状のもので、これを使うと皮
膚同士を貼り合わせることができるものだ」
 蛋白質が糊の役目を果たすのはよく知られている。パンを食べると、歯にくっついて取
れにくく、虫歯や歯垢の原因となっている。
 これは小麦粉に含まれるグルテンという蛋白質が、非常に粘着性を持っていて、パンが
膨れるのもこの性質があるからである。
 生体接着剤は一時的に皮膚同士をくっつける。やがて両側から組織が伸張してきて、時
間経過と共に完全に癒合してしまうというものである。
「だがな、これは患者が生きていてこそのものだ。死んでしまった皮膚は決して再生しな
いし、くっつきもしない。どうだ、違うか?」
 刑事課長は、念を押すように尋ねる。
「そ、その通りです」


其の伍


 どんなに優れた生体接着剤をもってしても、一端切り開かれた皮膚には接合痕もしくは
再生痕が必ず痕跡として残るものである。
 それに犯人が心臓を抜き取った後で傷口を治療する理由が理解できない。
 心臓が欲しければ抜き取るだけで良いはずである。何もわざわざ傷口を隠す必要もない
だろうし、生体接着剤の入手ルートから足が付くこともあり得る。
「まあ、いいだろう……。ともあれ意見を述べることは非常に大切なことだ。発言しなけ
れば何も進展しないからな」
 と、黙ったままの老刑事達を睨んだ。
 彼らは、上から命令されれば忠実にまめに働く。だがそれだけでしかなく、進歩的なこ
とには動こうとしない。
 ノンキャリアである彼らに昇進の道は遠く、どんなに頑張っても警部補止まりであろう。
警察大学校を卒業したキャリア組とは大違いである。国家公務員でもあるキャリア組は、
初任でも警部補として任官し、現場に配属されれば自動的に警部となり、二三年も立てば
警視に昇進するというのが、ほぼお決まりのコースとなっている。
 それが判っているからこそ、ノンキャリア組は率先して働くこともなく、上から命令さ
れれば働くという、一種退廃てきな官僚ムードに支配されているのである。警察官という
公僕としての責任を背負わされている割には報われない。非番時に電車で女子に痴漢行為
を働いたり、スカートの中を盗撮したりして、ストレスを発散したくなるのも無理からぬ
ことではないだろうか。
 会議は六時間という時間を無駄に消費しただけで、何の成果を上げることなく解散とな
った。
 外はすっかり暮れて夜となり、刑事達はさらなる聞き込みを命じられて、それぞれの分
担区域へと散らばっていった。

 夜道を蘭子が警戒しながら歩いている。
「これまでの被害地域から考えると、この辺りが震源地だと思うのだけど……」
 きゃー!
 と、突如響き渡る悲鳴。
 急いで声のした方へと駆け出す蘭子。
 すると夜道を向こうから誰かがやってくる。
 街灯に照らされて、姿を見せた人物は喪服を着込んだ女性で、手に何かを持っていた。
 それは紛れもなく血の滴り落ちる心臓だった。
 喪服の女性は、蘭子には目もくれずに、古い屋敷の土塀の中へと消え入った。
 女性の消えた土塀を調べる蘭子。ごく普通の土塀で人が通り抜けられるはずはない。
 常識では考えられないことだった。
「やはり悪霊の仕業だったのね」
 次の行動に移ろうとした途端、懐中電灯で照らされ、
「こんな夜中に、何をしているか! 署まで来てもらおうか」
 警察官に取り押さえられた。
 早速、変死事件の捜査本部の置かれている阿倍野警察署へと、有無を言わさずに連行さ
れることになった。
 取調室に監禁され、女性警察官立会いのもと、刑事課長の尋問が続けられている。
「こんな時間に出歩いていた目的は?」
 何度聞かされただろうか。
 答えないでいると、次々と質問を浴びせられて、またこの質問に戻ってくるという堂々
巡り。仮に正直に答えたとして、思惑通りでないと、執拗に同じ質問を繰り返す。
 是が非でも自分がやりました、犯人ですと言わしめ、自白調書に署名させるのだ。いわ
ゆる冤罪事件と言われる、人を人と思わずに人権無視が横行する、警察官の横暴であった。


其の陸


「被疑者を取り押さえたと聞くが」
 と取調室に入ってきたのは、警視の階級章を付けた警察官だった。おそらく警察署長と
思われる。
「なんだ。女の子じゃないか」
 蘭子と刑事課長との表情を見比べて、しばし考えてから言った。
「その女の子を帰してさし上げなさい」
「どうしてですか? 今夜も被害者が出て、すぐそばを歩いていたんです。被疑者もしく
は重要参考人として」
「馬鹿もん! だからと言って年端もいかない子女を、こんな夜遅くに取調室に監禁など
もってのほかだ。現行犯逮捕でもない限り、許されるものではない」
「しかし、署長……」
「言い訳無用だ。今すぐ車で送ってあげなさい。パトカーはだめだぞ。覆面で送ってや
れ」
 まだ何か言いたそうな刑事課長だったが、渋々従うよりなかった」
 覆面パトカーで自宅まで送られた蘭子だったが、自室に戻りふと窓の外を覗くと、覆面
パトカーがまだ止まっていて、中から刑事がこちらを窺っていた。どうやら張り込みされ
ているらしい。

 翌日、学校へ通学する蘭子。
 そのはるか後方を、何者かが尾行を続けている。もちろん蘭子が気づかないはずがない
が、素知らぬ顔をしている。
「おはよう、蘭子」
「おはよう」
 クラスメート達が朝の挨拶を交わす。
 教室に入り外を見ると、校門で立ち尽くす尾行者がいる。
 ここは治外法権みたいなもので、さすがに尾行者も校門から中へは入ってはこれない。
「今朝のニュース見た?」
「見た見た。例の連続変死事件でしょ」
「昨晩のことよね。怖くて夜道を歩けないわ」
「早く犯人が捕まって欲しいわね」
 女子高校生たちの話題はもっぱら変死事件のことばかり。挨拶代わりに交わされるほど
に、日常的となっていた。学校側も無関心でいられるわけもなく、女子生徒のクラブ活動
は日のある間だけで、日が沈む前に帰宅しなければならない。教諭達による校内巡回も当
番製で実施され、女子生徒が残っていれば、速やかなる帰宅を促していた。
 授業中の間、尾行者は校門前で張り込みを続けているが、不審者扱いされ学校関係者や
通報を受けてやってきた警察官から、しばしば訊問を受けていた。その度ごとに平謝りし
ながら胸元から手帳を出して見せていた。
 放課後、授業を終えた蘭子は、学校の方針に従って、所属する弓道部の練習を中止して、
真っ直ぐ自宅へ帰ることにした。校門には尾行者の姿は見られなかったが、どうせどこか
に隠れているのであろう。さすがに大勢の女子生徒が一斉に帰宅する時間帯は、校門前に
は張り付いていられないというところだろう。
 歩き出してしばらくすると、やはり尾行者が付いてくる。


其の漆


「尾行の下手な人だ。ちょっとからかってみますか」
 呟くと、さっと素早く路地裏に身を隠した。
 すると撒かれてなるものかとばかりに、大急ぎで駆け出してくる。そして路地裏に駆け
込むと、
「いてて、痛い!」
 待ち構えていた蘭子に、羽交い絞めを掛けられて、うめき声を上げた。
 腕を振りほどこうとするが、完全に決まっていて抜け出せるものではない。
「どうして私を尾行するのですか? どうやら警察官のようですけど」
「そうだ。常時目を離さず監視するように、上から命令されている」
「命令したのは、刑事課長でしょう」
「それは言えない。それより早く腕を解きたまえ。でないと公務執行妨害になるぞ」
「あら、構いませんわよ。その変わり私も強硬手段に訴えるだけです」
「強硬手段?」
「大声で悲鳴を上げればいいだけです。下校時間だから、大勢の女子高生の野次馬が集ま
ってきますわよ」
「馬鹿な。私は警察官だぞ。上の命令で君を監視していた警察官だぞ。女子高生の証言な
ど誰が信じるか」
「そうでしょうか? 最近の警察官の腐敗は良く知られているじゃありませんか。飲酒運
転で交通事故を起こしたり、出会い系サイトで知り合った少女を集めて売春させたり、電
車内痴漢やストーカー行為など不祥事が絶えませんよね。それにあなたは学校の校門前で、
大勢の人々に不振がられていた。そんなあなたが、ストーカー行為を働いたって不思議と
は思われないでしょ」
「冗談じゃない!」
 大声で否定する刑事。
 自分は純朴なる公務員だと言いたそうな表情である。
 そんな輩に限って不貞を働いたりするものだが。
「いいでしょう。いつまでも付きまとわれるのは侵害ですので、連続変死事件の真犯人に
会わせてあげましょう」
「知っているのか? 真犯人を」
「知っていますよ。あの夜、血の滴る心臓を手にした女性を見かけたのです。しかし後を
追おうとしたところに、あなた方警察官に取り押さえられてしまったのです」
「それは済まない事をした。しかしこういうことは、警察に任せて欲しいものだ。民間人
に踏み込んでもらっては困るし、身の危険にもなる」
「皮膚に傷一つ付けずに心臓を抜き取られるという不能犯に、手をこまねいているのは警
察の方ではありませんか」
「では、君なら解決できるというのかね」
「できますよ。なぜなら犯人は人間ではないからです」
 事実をありのままに証言する蘭子。
「人間じゃないとはどういうことだ」
「まあ、とにかく。犯人に会いに行きましょう。すべて判りますよ」
 ここで議論してもしようがないし、納得させることはまず不可能であろう。
 実際に事実を突きつけてやった方が、解決は早い。
「いいだろう。会いに行こうじゃないか」
 というわけで、早速あの土塀の続く屋敷へと向かったのである。
 途中、警察官一人の手に余るということで、上司の井上刑事課長も同行することになっ
た。

 土塀のある屋敷に着いた。
 あたりはひっそりと静まり返り、不気味なくらいであった。
 予定では蘭子一人で乗り込むはずだった。
 蘭子の着ている制服を見れば、同じ高校だと判るはずだから、クラブ活動なり生徒会の
意向で見舞いに来たと言えば、通してくれるだろう。
 だが同行の警察官が問題だった。教諭と偽るには眼光が鋭すぎる。
「まあ、何とかなるでしょう」


其の捌

 意を決して門をくぐる蘭子と警察官の二人。
「ごめんください!」
 蘭子のよく通る声が奥まで届き、主人らしき人物が玄関先に現れた。
 目はどこか虚ろで疲れきったような足取りだった。
「何かご用ですか?」
「お亡くなりになられたお嬢さんのご焼香に伺いました。それと奥様にご挨拶を」
 途端に主人の顔色が変わった。
「どういうご関係かは知らぬが、会わせるわけにはいかぬ」
 すごい形相だった。
 しかしここで引き下がるわけにはいかない。
「ご近所の皆さまから伺った話ですが、お嬢様はお亡くなりになられたというのに、奥様
は死んでいないと言い張って、看病を続けているというじゃありませんか」
「そ、それがどうした」
「おかしいとは思いませんか? お嬢様がお亡くなりになって十五日ほど経ちますが、普
通なら腐敗がはじまって異臭が屋敷中に漂っているはずです。純日本家屋ですから、異臭
が部屋の外に出ないはずがありません。もしかしたら亡くなった時の状態を保ってらっし
ゃるのではありませんか? 違いますか?」
 主人は言葉に詰まって返答できないでいる。
 図星だなと判断した蘭子は、追い討ちを掛けるように言葉を続ける。
「もう一つ、お伺いしますが、奥様はどうなされていますか? ちゃんと食事を摂られて
いますか? 十五日も食事をしなければ死んでしまいますよね」
 矢継ぎばやに繰り出される質問に、主人は答を見出せない様子だった。
 しばらくうなだれていたが、意を決したように口を開いた。
「わかりました……。とにかく会っていただきましょう」
 玄関を上がって長い廊下を歩いていく。エアコンは見当たらないが、開け放たれた障子
など、換気は十分で吹き抜ける風は冷たい。
 家中がひんやりと冷え切っているような感じだ。
 主人、蘭子、刑事二人の順で廊下を歩く。
 やがて閉めきった部屋の前にたどり着く。
 さすがに死人のいる部屋を開けておくことはできないようだ。
「こちらです」
 主人が立ち止まって障子を開く。
 信じられないような情景が目に飛び込んでくる。
 布団に横たわる少女。
 まるで生きているような表情をしていた。
 しかし少女は死んでいるはず。
 そして枕元に正座して、少女をやさしく見つめるようにしている母親。
 しかし、それは現実ではありえないはずのものだった。
 まるで時が凍えていうような情景であった。
「本当にお嬢様は亡くなられているのですか?」
 若い刑事が念のために質問した。
「はい。もう十五日になります。心臓病でした」
「変死事件が始まったのもその頃ですね」
 若い刑事が口をはさんだ。
「ここでそんな話をするもんじゃない!」
 ぶしつけな質問をするのを、刑事課長がたしなめた。
「いえ、確かにそうなのかも知れません。心臓移植を希望していたものの、ドナーが現れ
ずに死んだ娘。それから始まった「娘は生きている」と主張する母親の狂気ですが、そこ
に悪魔かなんかが取り付いてしまったのではないかと。この部屋の光景が物語っていると
思います。娘は他人の心臓を与えられて、腐ることなく生き続けているのです。いや、生
かされているのだと。そしてまさしく、心臓を届けているのが妻なのです」
 部屋の前で数人が集まって話し合っているというのに、部屋の中の住人はまるで聞こえ
ないかのように静かなものだ。


其の玖

「不気味ですね」
 再び若い刑事。
 蘭子が身構えながら敷居を越えて部屋の中へと入っていく。
 一瞬、部屋の空気がどよめいたように感じた。
「皆さんは、そこから動かないでください。何が起きるか判りませんから」
「しかし……」
 若い刑事が後に続こうとするが、
「動くんじゃない!」
 と刑事課長に制されて足を止めた。
 この部屋の中に充満する得体の知れないものを感じているのかもしれない。
「臨、兵、闘、者、皆、陣、烈、在、前」
 と、九字の呪法を唱えながら、部屋の中ほどへと進み行く蘭子。
 母娘のそばに立ち、やおら布団を巻き上げると、異様な光景が眼前に現れた。
 少女の身体を取り囲むようにして置かれている干物のようなもの。まさしく心臓だった。
 優しげな表情をしていた母親の顔つきが突然変わった。まるで鬼のような形相となって、
蘭子に襲い掛かってくる。蘭子は軽々と身をかわしていたが、やおら片膝を着くと、両掌
を胸元で構え、少し指を内側に曲げるようにして、セーマンの呪文を唱え始めた。
「バン・ウーン・タラーク・キリーク・アク」
 すると両手の間に輝く五芒星(清明桔梗紋)が現れた。
 この五芒星を示した図柄は、古代エジプト墳墓に多く描かれ、かの有名なカルナック神
殿やルクソール神殿の天井にも描かれている。これは人間が手足を広げた形で、人は死ぬ
と空に行って星になるという言い伝えからきていると言われている。果たしてこのエジプ
トの言い伝えと、陰陽道の考えにどういうつながりがあるかは判らないが、死者を送るこ
とと悪霊を祓うことと共通性が見られる。
「はっ!」
 蘭子が気合を込めて、両手を前に突き出すと、五芒星が宙を飛んで母親の眉間に、その
陰影を刻んだ。
 突然、動きを封じられたかのように、身動きしなくなった母親。
 すっくと立ち上がり母親の顔に向かって指を突き出す蘭子。両側のこめかみにある「太
陽」と、眉間にある「神庭」と呼ばれるツボ(経穴)を突く、三点心打突である。
 そしてやさしく諭すように語り掛ける。
「思い出すが良い。娘さんとの楽しい日々のこと。悲しいこともあっただろう。娘さんは
そんな思い出と共に天に召されようとしている。人には運命というものがる。短い命もあ
れば長寿を全うする場合もある。娘さんは母であるあなたに見守られて幸せに生きた。例
え果かない命であったとしても、あなたの愛情に包まれて逝ったのだ。娘さんは十分幸せ
に生きた。あなたは、その娘さんを地上に束縛して苦しめているだけなのだ。違うか? 
もう一度思い出すのだ。娘さんとの幸せな日々を」
 切々と訴えかける蘭子。
 母親の両目から涙が溢れてくる。
「さあ、逝くがよい。娘さんと一緒に、仲良く」
 二人の身体から白い靄のようなものが浮き出してきた。それは人の形となり母親と娘の
姿となった。母親が頭を下げて礼をしているかのように見える。二人は仲良く手を取り合
って天に召されていった。
 そして母親の身体が、ボロボロと崩れはじめ、やがて灰となってしまった。
 つと振り返って、主人や刑事の所へと戻る蘭子。


其の拾

「終わりましたか?」
 刑事課長が言葉を掛ける。
「はい。これで変死事件も起きません」
 若い刑事が部屋に入って、二人の遺体を調べ始めた。
「これはどういうことですか? 灰になってしまうなんて」
「お母さんは、お嬢さんを生かし続けるために、自分の生命エネルギーを注ぎ込んでいた
のです。身も心もすり潰して」
「そんなことができるのでしょうか? いや……現実に目の前で起こったのですから信じ
るしかないのでしょうねえ」
 刑事課長が感慨深げにため息をつく。
「娘と妻は、成仏したのでしょうか?」
 主人が尋ねた。
「はい。二人の魂が仲良く手を取り合って、天に昇っていくのが見えました」
「魂が見えるのですか?」
「場合によります。自分が関わった人とか、怨念やこの世に未練を残した人に限りますけ
ど」

 屋敷から出てくる蘭子と刑事二人。
 大きな欠伸をして、背伸びをする蘭子。
「どうしました?」
「いえね。昨晩、ある所に遅くまで監禁状態にされていたので、睡眠不足気味で」
 わざとらしく聞こえるように蘭子が言うと、
「いや、大変失礼なことをした。すまないと思っている」
 頭を深々と下げて、反省している様子を見せる刑事課長。
「あなたは霊能力者のようだ。それでお願いというか協力して頂きたいのですが……」
「協力?」
「いえね。ここ最近、うちの管内で人の手では不可能と言われるような事件が多発してい
るのです。ついこの間も四天王寺で全身の血を抜き取られるという事件が起きていたので
す」
 その事件は、蘭子が隠密裏に解決したものだった。
「結局、まったく不可解で手掛かりなしで、迷宮入りになりそうです。あなたには、そう
言った「人にあらざる者」に関わる事件捜査に協力してほしいのです」
「なるほど……。そういうことなら、自分にできうる限りの協力に尽力しましょう」
「ありがたい。また改めてご自宅にお伺いしてご相談しましょう」
「では、今日のところはこれで失礼させていただきます」
 刑事と別れて帰宅の途につく蘭子。
 また一つの事件を解決して、充実した気概に満ちていた。

夢幻の心臓 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
妖奇退魔夜行/第一章 夢魔の標的
2020.11.21

陰陽退魔士 逢坂蘭子/第一章 夢魔の標的


其の壱


 翌朝となった。
 逢坂家の食堂にて、家族が朝食をとっている。
「おはようございます」
 そこへ女子高制服に身を包んだ蘭子が眠たそうに入ってくる。
「おはよう」
 蘭子が自分の席に着くと、母親が早速ご飯と味噌汁をよそってくれる。
「どうした浮かぬ顔をして……」
 父親が不審そうに尋ねる。
「いえ……。最近、夜毎に妖気を感じて目が覚めるのですが、しばらくすると消え
てしまうのです」
 昨夜のことを事細かに報告する蘭子。
「うーん……。それはあれだな。その妖気の正体は、人間という依り代を必要とす
る妖魔なのであろう」
「憑依型の妖魔ですか?」
「そうだ。妖魔が人間に憑依するには、誰でも良いというものではない。輸血や臓
器移植に血液型などが合わないとだめなように、妖魔と依り代となる人間との因果
関係が必要なのだ」
「因果関係?」
「それが何かはいまだに判らぬことが多い。ともかく妖魔は憑依できる人間を見つ
けたというわけだ。しかし人間が明瞭な自我を持っていては憑依できない。そこで
自我を崩壊させるために、眠っている間にその精神に入り込んで、毎夜悪夢を見せ
続けるのだ。その時に一時的に実体化して妖気を放っているのかも知れない。それ
をおまえが察知したというわけだ」
「そういうことでしたか……」
「自我を崩壊させるのには、性急し過ぎてもだめだ。自我だけでなく魂までも殺し
てしまうことになる。人間が生きるには肉体と魂が必要だからな。魂までも殺さな
いようにして、じわじわと悪夢を見続けさせる」
「そして自我を崩壊した人間は、妖魔に憑依されて実体化すると」
「やっかいなのは実体化するまでは手が出せないし、実体化したらしたで依り代と
なった人間には傷をつけることなく、妖魔だけを退治するのは至難の技ということ
だ。おまえの持つ虎徹が必要になるな」
「はい……」 
 唇をぎゅっと噛みしめる蘭子だった。


其の弐


 大阪府立阿倍野女子高等学校へと続く通学路の小道。
 女子高制服に身を包んだ一団が次々と通り過ぎる。
 スクールゾーンとなっているこの時間帯には自動車は通れない。
 ために、道いっぱいに広がってゆったりと歩いている。
 その中に、逢坂蘭子の姿もあった。
 春のそよ風に、そのしなやかな長い髪がそよぎ、つと掻き揚げる仕草には、まさ
しく今時の女子高生の雰囲気をかもし出していた。
「蘭子~!」
 と、突然背後から声が掛かった。
 立ち止まり、振り返ると、同級生の鴨川智子が小走りで駆け寄ってくる。
「おはよう、智子」
「おはよう、相変わらず早いわね、蘭子」
「門限ぎりぎりに駆け込むというのは、性にあわないのでね」
「何事にも、心にゆとりを持って行動する……ってか?」
「そういうこと」

「おはよう!」
「おはようございます」
 見知った友達同士や先輩・後輩が挨拶を交わしながら、次々と学校の校門をくぐ
り、自分たちの教室へと向かう。
 1年3組とプレートの掲げられた教室の前。
 蘭子と智子の二人が中へ入っていく。
「おっはよう!」
 手を上げて大きな声で先に来ていたクラスメートに挨拶をする智子。
「おはよう智子。相変わらず元気ね」
「元気が取り柄やからね」
「おはよう蘭子」
「おはよう、静香」
 たちまちのうちに仲良しグループが集まってくる。
 そしていつものように他愛のない会話がはじまる。
 昨晩のTV番組のことや、誰それが男の子と云々とか話題は尽きない。
 やがて予鈴がなって、それぞれの自分の席へと分かれて授業の始まりを待つ。

 一時限の授業がはじまる。
 教本を読む教師、名前を呼ばれて立ち上がり、指定された箇所を読誦する生徒。
 黒板に書き綴られた内容を、ノートに書き写す生徒。
 蘭子もまたそんな生徒の一人として、窓際の席で楚々として授業を受けていた。

 どこの学校でも見られるごく普通の授業風景であった。


其の参


 昼休みとなった。
 女子生徒達は教室のあちらこちらにグループを作って、それぞれに弁当箱を広げ
て談笑している。
 鴨川智子、芝桜静香、風祭洋子、そして蘭子を加えた中学校からの仲良し四人組
もまたその中の一つであった。
「ところでさあ……。この間の変死事件だけど、結局迷宮入りになりそうよ」
 グループの中でも、いち早く噂話や事件の裏話などを仕入れてくる、情報屋と呼
ばれる静香が話題を提供した。
「ああ、四天王寺公園で全身の血を抜かれて死んでいた、うちの学校の生徒のこと
でしょう?」
 ぴくりと眉を吊り上げる蘭子。
 ある夜のことを思い出していた。

 夜の公園に悲鳴があがる。
 一人の女子高生が怪物に襲われている。
 恐怖に引きつった顔、あまりの恐ろしさに身動きできない。
 つつと怪物から触手が伸びていく。
「まるで、蛭のようだな」
 どこからともなく声が響く。
 振り返った怪物の視線の先の木陰から現れる巫女装束の少女。
 陰陽退魔士、逢坂蘭子だった。
 次の瞬間。
 その手元から呪文の書かれた呪符が飛び、怪物の身体に張り付いた。
 ぐぉー!
 うめき声を上げる怪物。
「どうだ。身体を動かせないだろう。おまえのような低級妖魔には呪符だけで十分
だ。どうやら昨夜の件もおまえの仕業のようだ」
 蘭子が呪文を唱えながら、右手をゆっくりと水平に上げると、その指先に青い炎
が点った。
「清浄の炎よ。邪悪なるものを永遠の闇に返せ」
 蘭子が右手を前方に振り出すと、青い炎が宙を舞って怪物の身体に取り付き、一
瞬にして燃え上がった。
 ぐあああ~!
 苦しみもがく怪物。
 やがて跡形もなく消え去ってしまう。

 地面にへたり込んで呆然としている少女。
 歩み寄り、その額に指先を当てながら、
「眠るが良い。そして今宵のことはすべて忘れることだ」
 呪文を唱える蘭子。
 やがて目を閉じて眠るように横たわる少女だった。

 すっくと立ち上がり、闇夜の中へと消え去る蘭子。

「蘭子! 聞いているの、蘭子?」
 すぐ目の前に智子の顔があった。
「ああ……済まない」
 過去に思いを馳せていた自分を現実に引き戻す蘭子。
「何を考えていたの?」
「いえ、何でもないわ」
「そう……」
「それで、何か用かしら」
「食事が済んだら、他のみんなを集めてボール遊びでもしようという話よ」
 風祭洋子がバレーボールを片手で宙にぽんぽんと弾ませていた。
「ああ、その話ね。わかったわ」
 新入学したばかりで、各中学校から集まったクラスメート達とは馴染みのない者
も多かった。そこで昼休みにバレーボールに興じながら親睦を図ろうというものだ
った。
 すでに食べ終わっていた弁当箱を鞄に収めて立ち上がる蘭子。
「さて、行きましょうか」


其の肆


 放課後の帰り道。
 一緒の鴨川智子が深刻そうに言う。
「蘭子、お願いがあるんだ。お兄ちゃんのことで相談したいんだけど」
「相談事?」
「うん。うちに来てよ」
「わかったわ」
 というわけで、智子の家に立ち寄ることになった蘭子。
 智子の自室は日の良く当たる南側にあって、窓側から少し離してベッドが置かれ、
壁際には勉強机や洋服箪笥、そして中央にはカーペットとガラステーブルが置かれ
ている。
「ちょっと着替えるね」
 女子高生服を脱いで普段着に着替え、制服をハンガーに掛けて壁際に吊るす。
 ドアがノックされて母親が顔を見せた。来客のためにジュースとお菓子を持って
きてくれたのだ。気の利くやさしい母親のようだ。
「どうぞ、ごゆっくり」
 甘いものには目がない智子。早速用件はそっちのけでショートケーキを頬張りは
じめた。
「智子、太るわよ」
 蘭子が注意するが馬耳東風である。
「これだけは止められないのよね。ショートケーキ」
 最近太り気味の智子であるが、スカートのウエストが合わなくなって着れる服が
少なくなって困っているという。にもかかわらず甘いものを断ち切ることができな
いでいるという。
 呆れながら蘭子もショートケーキを頬張りはじめた。嫌いではないが好きとも言
えないところ。それに蘭子は武道をたしなんでいるので、これくらいのカロリーは
すぐにエネルギーとして消費されてしまうのだ。
 ショートケーキを食べ終えた二人。
「そろそろ用件の方を聞かせてもらえないかしら」
 本題に入ることを促す蘭子。
「ここ最近だけど追いはぎが夜に出没するようになったの知ってる?」
「知ってるわよ。若い女性を襲っては着ている服を脱がして持ち去ってしまう事件
でしょ」
「そうなのよ。しかも首筋にくっきりとキスマークも付けられているの。これが牙
が刺さった跡で血でも抜き取られていたらドラキュラなんだけど……。で警察は単
なる物盗りということで本腰を入れてないみたいなのよね。これでは四天王寺の事
件みたいに迷宮入りよね」
「それで?」
「ここからが本題よ」
 智子の表情が少し険しくなった。姿勢を正して座りなおすと、とつとつと話しは
じめた。


其の漆


 公園の影から智子が飛び出した。
「智子、後を付けてきたのか」
「目が覚めて制服がなくなっているので、もしかしたらと思ったからよ。教えて、
蘭子の言ったことは本当なの?」
「本当さ、間違いない」
「そんなあ……」
 智子の全身が震えている。
 涙があふれて止まらないようだった。
「智子。お兄さんは、もう以前の達也君じゃない。妖魔に身体を乗っ取られ、精神
を操られているのよ」
「嘘よ!」
 そんなこと信じられないと、激しい怒りを蘭子にぶつける智子だった。
「あはは、そいつの言っていることは本当さ。証拠を見せてやろう」
 高らかな笑い声を上げると、達也は制服を両手で引き裂いた。と同時に、その身
体がまはゆく輝きだした。
「何が起こっているのよ?」
「メタモルフォーゼ……。再融合よ。妖魔が、お兄さんと一体化して、新しい身体
へと変化しているの」
「止められないの?」
「止められないわ」
 達也の身体に変化がはじまった。
 胸が膨らみ始め、髪が長くなってゆく。ウエストはくびれ、腰が大きく張り出し
てくる。
 まさしく女体への変貌であった。
「女性を襲って、精気を奪っていたのは、このせいだったのね」
「そうよ。私は男である身体に嫌悪感を持っている。しかし憑依できる身体が見当
たらなかった。だから取りあえずこの身体に憑依して、女の性エネルギーを吸い取
って、変身することにした」
 やがて再融合が完成したようだ。
 元の達也からは想像もできないような完璧な女体。
 ため息がでそうなくらいに美しい身体であった。
「どう? 美しいでしょう」
 ひときわ長く伸びた爪を舌なめずりする妖魔。
「そのために何人の女性を犠牲にした。精気を半分以上吸い取られた彼女達は、異
常なまでの速さで老いさらばえてゆくのだぞ」
「関係ないわね」
「これ以上の犠牲者を出さないためにも、おまえを退治する」
「あら、やるというの? いいわ、かかってらっしゃい」
 御守懐剣を、懐から取り出す蘭子。
 隙をうかがいながら、じりじりと間合いを狭めていく。
 ここぞという瞬間に、懐剣を突き刺すが、ひらりと飛び上がって身をかわす妖魔。
 その背には白い羽根が生えていた。
 空を飛ぶ能力を持っているようだった。
「あらあら、そんな攻撃しかできないの。なら、手っ取り早く片付けてあげるわ」
 空から急降下で、その鋭い爪を突き立てる妖魔。あまりにも素早い動きのために、
呪法を唱える余裕がなく防戦一方となる蘭子。
 強襲攻撃を受けて地面に転がる蘭子。
 このままではやられると観念した蘭子は、呪符を五芒星に並べて禁呪符陣の結界
を張った。
 呪符にはそれ自体に、呪法が掛けられているので、素早く結界陣を張ることがで
きるのだ。
 妖魔が急降下攻撃を仕掛けてきたが、見事に結界が防いでくれた。


其の捌


「結界か……。こしゃくな真似を。しかし、その中にいても私を倒せないぞ」
 蘭子は答えずに黙々と呪文を唱えていた。
 と、突然。
 御守懐剣の刀身で自分の人差し指に傷をつけた。
 そのしたたり落ちる鮮血を、刀身に吸わせるようにしながら、今度ははっきりと
した言葉を発した。
「先祖より代々伝わりし虎徹よ。いにしえの契りにより、その本性を現わし、我に
応えよ」
 するとどうだろう。
 懐剣が輝きだし、その形を変えて長剣へと変貌し、その刀身からすさまじいオー
ラを発し始めた。
 この妖しく輝く長剣こそが、【長曾禰虎徹】が鍛えし本来の姿で、その刀身には
魔人が封じ込められていた。
 蘭子の先祖である安部清明の子孫が修行で江戸に赴いた時、世間を騒がす魔物と
対峙することになった。修行者は江戸で買い求めていた虎徹を使って、その中に魔
人を呪法で封じ込めることに成功した。その後、その修行者が亡くなり、虎徹は人
から人へと渡っていった。しかも封じ込められた魔人の力によって、その虎徹は人
斬り剣となって、数多くの民衆の血を吸い続けたという。
 虎徹の持つ鋭い切れ味と、刀身に刻まれた見事なまでの彫刻によって、有力武家
が欲しがり所持している者を殺してまでも手に入れようとした。
 魔剣となってしまった虎徹。安部家の子孫であり神道をも極めた土御門家の修行
者の一人が、虎徹を再び御守懐剣として人殺しをできない形状にして封じ込めに成
功したという。
 力を封じ込められてしまった魔人は改心し許しを乞うた。そこで修行者は契りを
結ぶことによって、一時的に懐剣から解放し、懐剣を持つ者と共に魔物と戦うこと
を約束させた。魔物と戦い続け、この世にさ迷う魔退治した時、降臨して封印をす
べて解いてやることにしたのだ。
 これが蘭子の家に伝わる御守懐剣の秘密だった。
 虎徹を下段に構えて、結界から出てくる蘭子。身体中からオーラが発散していた。
これは虎徹から解放された魔人と精神融合して、その能力を身に付けた証でもあっ
た。だからといって、魔人に精神を乗っ取られたのではなく、完全に魔人をコント
ロールしていた。
「ほほう。退魔剣というわけか……。なら、これでどうだ」
 というと、智子の背後に飛び移って、人質にとった。
 蘭子は意に介しないという態度で、剣を大上段に構えなおした。
「この虎徹。人を斬る剣にあらず。魔を封じ滅ぼす退魔剣なり」
 言うなり、大上段から剣を振り下ろした。
 まばゆいばかりの光の渦が地を走るようにして妖魔に向かって襲いかかった。
 苦しみもがく妖魔。
 素早く駆け寄り、護符を貼り付ける蘭子。
 やがて妖魔から白い靄のようなものが浮かび上がり、弾けるように消え去った。
 崩れるように地に伏した達也の身体に変化が現れた。
 白い羽根や長い爪が消え去り、ごく普通の女の子の身体になった。
 女性の精気を大量に注ぎ込まれて女の子になってしまった身体は、元の男である
達也には戻れないようだった。
 一方の智子は、茫然自失のまま身動きしなかった。
「智子、しっかりして」
 その身体を揺すぶって気づかせる蘭子。


其の玖


「な、何が起こったの? 妖魔は?」
「もう大丈夫よ。妖魔は退治したわ」
「お兄ちゃんは?」
「ちゃんと生きているわ。でも……」
 言葉を詰まらせる蘭子は、視線を達也に向けた。
「これがお兄ちゃん? 女の子のままじゃない」
 兄の身体に目をやった智子が質問する。
「そうね。妖魔によって女の子に作り変えられた身体は元には戻らないみたい」
「そんなの……。これからどうして生きていけばいいのよ」
「とにかく智子は、ありのままを達也さんやご家族に話すしかないでしょう。そし
て家族全員で考えて結論を出すしかないわ」
「そ、そうね。そうするしか……」
 一応納得する智子。
 蘭子は懐から呪符を取り出すと、呪文を掛け息を吹きかけた。
 すると空に巨大な竜が現れた。
「式神よ。十二天将の中の一神」
「それって、玄武とか白虎・朱雀とかいうあれ?」
「その通り」
「強そうじゃない。最初から呼び出せば良かったんじゃない?」
「そうもいかないのよ。妖魔の中には式神を無効にしてしまう者もいるから。所詮
呪文で呼び出しただけだから。でもこういう場合には役にも立つ」
 そういうと青龍の持つ玉から一条の光が差して、蘭子たちを包んだ。
 次の瞬間、三人は達也の部屋に転送されていた。
 床に横たわる達也を抱えて、ベッドに横たえ布団を掛けてやる蘭子。
「目が覚めたら、女の子になってると驚くだろうから、事情を説明してなだめてあ
げてね」
「わかったわ」
「それじゃ、今夜はもう帰るわ。学校でまた相談しましょう」
「うん」

 それから数ヶ月のことだった。
 蘭子達のクラスに転入生があった。
 担任教諭が、黒板に名前を書いて紹介をはじめた。
「今日からお友達になる鴨川恵子さんよ。智子さんとは双子の姉妹です。仲良くし
てやってくださいね」
 驚く蘭子。
 智子の方を見ると、微笑んで片目をつぶってみせた。
 びっくりさせるために、このことを隠していたようである。
 達也だった恵子は、すっかり女の子らしくなって、女子校制服が良く似合ってい
た。
 今後、少なくとも三年近く付き合っていくしかないようである。

 第一章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
妖奇退魔夜行/序章・蘭子登場!
2020.11.20

 陰陽退魔士・逢坂蘭子/序章・蘭子登場!


 大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16。
 熊野街道沿いに安倍晴明神社(あべのせいめいじんじゃ)がある。
 安倍晴明公は、天慶7年(944年)、この地に生誕し、のちに天文陰陽推算の術を
修め、「葛の葉子別れ」の伝説で広く知られている。

 この物語は、その安倍晴明が活躍した世代から、約十世紀余の現代にはじまる。

 草木も眠る丑三つ時。
 安倍晴明神社からほど遠くない所にごく普通の住宅がある。
 その二階の一室で眠る一人の若き少女。
 本編の主人公であり、枕元には先祖代々受け継がれた妖刀を収めた小柄が、夜の闇に
怪しげに輝いている。
 名匠長曽弥虎徹が鍛えた御守懐剣の一つである。

 少女の名は、逢坂蘭子。

 安倍晴明の血筋に繋がり、陰陽道の妖術の使い手でもあったが、その寝顔を見るにつ
けてもごく普通の女の子にしか見えない。
 それもそのはずで、近くの大阪府立阿倍野女子高等学校に通う、今時の女子高生なの
だから。

 窓のカーテンは開け放たれており、夜を照らす月の光が差し込んでいる。
 その月を真っ黒な雲が覆い隠し、物音しない夜の空間に闇を作り出した。

 と、突然だった。
 枕元の小柄が、微かに震え始めた。
 その小柄に向かって、白くて細い指先が伸びて、それを掴んだ。

「妖気……」
 異変を感じて目を覚ました少女は、あたりに漂うただならぬ気配を感じ取っていた。

 何も言わず、静かに寝巻きを脱いで裸になる少女。
 そして和箪笥から、この時のための装束である巫女装束に着替え始めた。
 巫女装束は、少女にとっては戦闘服でもあった。

 巫女装束に着替えた少女。
 彼女の名前は……。

 陰陽退魔士「逢坂蘭子」

序章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・21
2020.11.18

続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・21


PCメニューへ

ドラマに戻る


エピローグ


ナレ「ブラモス城からフェリス王国へと向かう異次元世界。突如として、ブラモスゾンビ
が襲い掛かった!」
勇者「なんだとお!ゾンビになって復讐戦かよ」
コンラト「来ますよ!」
ナタリー「油断しないで!」
ナレ「再戦が開始される。息つく暇のないほどの激しい戦いの末にブラモスゾンビは闇の
中に消え去った」
勇者「ふうっ……。今度は無言で逝きよったな。ドラクエⅡのシドーのように」
ナレ「やがて眩い光に包まれたかと思うと、元の大聖堂の魔法陣の中。大魔導師クアール
の御前に立っていた」
導師「おお!よくぞ、無事に帰ってきた。姫さまもご一緒だな」
コンラト「それもこれも、クアール様のご尽力のおかげです。感謝致します」
導師「勇者殿。さすが、大魔王ズーマを倒された女勇者のご子孫。期待通りのご活躍でし
たね」
勇者「よせやい。へそがくすぐったくなるぜ」
コンラト「姫さまを、ファンタリオンの国王陛下の元にお送りしたいと思います」
導師「そうじゃったな。早速馬車で送ってしんせよう」
ナレ「クアールの能力で、一瞬にファンタリオン王国へ瞬間移動できるのだが……。王女
には旅をさせたいと考えたのであろう。城に入ってしまえば、自由に外へ出入りできなく
なるからである」
導師「ご苦労だった。コンラッドよ、フェリス王には、儂から伝えておこう」
コンラト「ありがとうございます」
ナレ「やがて、ファンタリオン王国に馬車は到着し、王女は無事に国王の元に戻ったので
ある」
国王「勇者よ!よくぞ大魔王を倒した!心から礼を言うぞ!姫が戻ってきたのも全てそな
たの働きのお陰じゃ!勇者よ!そなたこそ真の勇者!そなたの曾祖母と同じく、この国に
伝わる真の勇者の証ロトの称号を与えよう!勇者、いや勇者ロトよ!そなたの事はロトの
伝説として語り継がれてゆくであろう」
ナレ「国王主催の大宴会が開かれ、国民たちは歌えや踊れや楽しんだ。そして夜が明けた」

コンラト「さて、姫様を救出して、国王の依頼を完遂しましたし、一旦パーティーを解散する
としますか」
リリア 「そうですね。ここいらでゆっくりと休息したいですね」
ナタリー「あたしは……こいつとペアを組むよ」
勇者「な、なんだよ。いきなり!」
ナタリー「あんたには、責任を取ってもらうからね。この書類に署名しなさい」
勇者「なに、これ?婚姻届け!?」
ナレ「だから、責任を取ってよ」
勇者「なんの責任だよ」
ナタリー「忘れたの?」
勇者「なんのこと?」
ナタリー「初めて会った時に……中出ししたでしょ。それにオリコレ村でもよ!」
勇者「同意の上での行為は犯罪じゃないはずだが」
ナタリー「そうじゃなくって!!」
リリア 「わかった!!ナタリーさん、できちゃったのね?」
ナタリー「(頬を赤らめて)そうなのよ(と勇者を見つめる)」
コンラト「そうなんですか!?勇者さん、これはもう逃げられないですよ」
リリア 「結婚式には呼んで下さいね」
勇者「け、結婚!!?」

ナレ「というわけで、とんとん拍子に話が進んで、勇者とナタリーの結婚式が執り行われ
ることとなった」
母親「あんたには苦労かけさせられたけど……いや、こんな日に言うべき話じゃないね。
いいかい、ナタリーさんを大切にな」
勇者「…………」
母親「ナタリーさん」
ナタリー「はい」
母親「こんな奴だけど……言うこと聞かなかったら、尻を蹴飛ばしてでも構わないから、
ビシバシやってね」
ナタリー「はい。まかせてください」
コンラト「あはは、こりゃ完全に尻に敷かれますね」
リリア 「勇者さんには、ナタリーさんのような、しっかり者が必要です」
勇者「…………」
リリア 「それはそうと、あの姫様は、ナダトーム城へとお輿入れが決まったそうね」
コンラト「例の光の玉も持参金代わりに持っていかれるそうです」

ナレ「こうして、また一つの冒険が終わった」


時が流れること、およそ100年後。
大地アレフガルダの一角にあるナダトーム城の国王に、可愛い女の子が授かった。
国王は、ルーラ姫と名付け可愛がっていたのだが……。
突如として、竜王が現れ嫁にくれと願い出たのだった。
当然国王は断るが、竜王は激しく怒り、姫を力づくでさらってしまった。
竜王「ルーラ姫と光の玉は貰ってゆく」
と言い残して。
光の玉を失ったせいなのか、それとも光の玉の力を竜王が解放したのか……。
大地に異変が起こり、ファンタリオン王国とフェリス王国、そしてアリアヘンは消滅して
しまった。
唯一残ったナダトーム王国も、前にも増して魔族が頻繁に出現する世界となったのだ。

その時、一人の勇者が国王に呼ばれて、はるばるナダトーム城を訪れた。


国王曰く
「おお、勇者!  勇者ロトの血を引く者よ!  そなたの来るのを待っておったぞ」
「その 昔 勇者ロトが  カミから 光の玉を授かり  魔物達を封じ込めたと言う」
「しかし いずこともなく現れた  悪魔の化身 竜王が  その玉を 闇に閉ざしたの
じゃ」
「この地に 再び平和をっ!」
「勇者よ!  竜王を倒し その手から  光の玉を取り戻してくれ!」
「わしからの贈り物じゃ!  そなたの横にある  宝の箱を 取るが良い!」
「そして この部屋にいる  兵士に聞けば 旅の知識を  教えてくれよう」
「ではまた会おう!勇者よ!」


こうして、新たなる勇者の新たなる冒険の旅がはじまった。

to be continued to
dragon quest I・Ⅱ

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -