梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろし方(七)銀行預金の正しい預金の降ろし方
2021.03.30

梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた


(七)銀行預金の正しい降ろし方

 新都銀行川越支店。
 カウンターに腰を降ろし銀行員に告げる梓。
「お金を降ろしたいんですけど……」
「はい。通帳と印鑑はお持ちですか?」
 といわれてきょとんとする梓。
「何それ? そんなの必要なの? お金を降ろすのに」
「はあ……?」
 今度は銀行員が呆然としている。
 銀行通帳と印鑑、もしくはキャッシュカードと暗証番号。預金を降ろすのに必要なアイテムだ。それがなければ、たとえ何億円預金があろうとも一円も降ろせない。

 そんなことも知らずにお金を降ろしにきたの?

 そんな表情をして困惑している銀行員であった。
 そこに絵利香が間に入ってくる。
「あ、支店長に会わせて頂けますか? 筆頭株主の真条寺家のご令嬢が尋ねてきているとおっしゃってください」
「え? 筆頭株主?」
「早くしないと、この子短気だから、怒って株を全部売り払ったうえに、預金全部降ろしちゃうかもよ。預金は数百億円はあるかな……そうなれば銀行潰れちゃうよ」
「は、はい。し、しばらくお待ち下さい」
 筆頭株主と聞いて、あわてて後部デスクにいる上司に説明する行員。
「なんで、ここの銀行の筆頭株主だってこと知ってるの? あたし話したことあるのかなあ」
「聞かなくてもわかるわよ。篠崎重工も株主に名を連ねているから、株主名簿を見たことがあるのよ」
「へえ、そうなんだ……」

 応接室。
 応接セットに座りお茶を飲んでいる二人。
 支店長が入ってくる。
「お待たせしました、当行支店長の川崎です」
「はじめまして、真条寺梓です」
「おひさしぶりです。川崎さん」
 顔見知りなのか、親しく挨拶を交わす絵利香と支店長。
「おや。おひさしぶりです、絵利香さま」
「あら、絵利香ちゃんは支店長と知り合いなの?」
「うちは株主だってさっき言ったでしょ。一応篠崎の取り引き銀行の一つだから、たまに屋敷にいらっしゃることがあるの」
「そうですか。篠崎重工のお嬢さまとご一緒となれば、真条寺家のお嬢さまというのも本当みたいですな」
「もちろんですわ。正真正銘の真条寺梓ちゃん。わたしが保証します」
「はい、承知いたしました。真条寺さまとのお取り引きは、当行の頭取が直々にお屋敷に出向いて、お嬢さまや麗香さまにお会いしていました。ですから私自身は、お嬢さまや麗香さまとお会いする機会がございませんでした」
「そうでしょうねえ。真条寺家後継者のこの子に会えるのは大企業でも幹部クラスの一握りの人達だけなんですよ」
 と絵利香が説明する。
「わかりました。ところで、お嬢さま。預金をお引き出したいとのことですが、いくらほどご用立ていたしましょうか?」
「え、え……と。いくらだっけ? 絵利香ちゃん」
「あのねえ。金額も確認しないで車を買うつもりだったの?」
「全然、気にしなかったから。ん……とね、スーパーカーが買えるくらいだよ」
「は?」
「まったく……。支店長、この子が欲しがっている車は、正確な値段までは判らないけど、七千万円くらいする篠崎重工製スーパーカーです」
「な、七千万円ですか?」
「なんだ、そんなもの? F1・F0のレースマシン仕様の限定生産だから三億円からすると思ってたよ」
 二人のお嬢さまの口から飛び出した金額に驚愕する支店長。
 さすがにその金額は、現金扱いでは自分の決済範囲を越えていた。それだけの現金を引き降ろしたら当日窓口の営業に差し支えるからだ。
「お嬢さまがた、一応本店に確認致しますので、しばらくお待ち願えませんか」
「ん……? いいよ」

 しばらくして支店長が戻ってくる。
「只今、本店の方で確認しておりますので、しばらく……」
 とまで言いかけたところで、卓上の電話が鳴った。
 点滅する内線ボタンを押す支店長。
『支店長、本店頭取からお電話です。3番です』
「いやに、早いな……わかった」
 やはり相手が、真条寺家だからだろう。今やってる仕事を一時中断して、真条寺家に至急連絡したに違いない。
 と推測しながら、電話の回線番号3をプッシュして切り替える支店長。
「はい。川崎です……え? ですが……はい。わかりました」
「お嬢さま、当行の頭取の桂木がお話しをされたいそうです」
「頭取が?」
 送受器を受け取り話しをする梓。
「梓です。はい、お久しぶりです……どうもです。え? 携帯電話ですか、持ってますよ……。はい、支店長ですね」
 頭取との短い会話を終えて、送受器を支店長に返す梓。
「はい。替わってください、ですって」
「替わりました、川崎です。え? 携帯電話ですか?」
 というところで、梓の持っている携帯電話が鳴る。画面には真条寺家別宅執務室の第二代表電話番号と竜崎麗香の名前が表示されていた。ちなみに第一代表電話が梓の専用電話である。
「はい。梓です。う、うん。今銀行にいるよ。そ、新都銀行川越支店。支店長に替わるのね、わかった」
 といいながら支店長に携帯を渡す。
 支店長は本店からの電話を保留にしてから携帯に出る。
「はい。替わりました。支店長の川崎です。そうですか、間違いなく真条寺梓さまですね。わかりました。承認番号? 今メモします。はい、どうぞ」
 承認番号というものは、普通は金融機関側が発行するものだが……。この新都銀行は真条寺家が資本の大半を出資して設立されたものだ。事実上の経営権を握っているから、麗香が未成年の梓のために承認発行を出す事も当然と言えた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろし方(六)スーパーカー
2021.03.29

梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた


(六)スーパーカー

 とあるカーディーラーの前で足を止める梓。
「あ……ここだわ」
 梓はショーウィンドウに飾られたスーパーカーに釘付けになっている。
「どうしたの?」
「麗香さんがね……以前欲しがっていたんだよね」
「え? このスーパーカーを?」
「うん。入ってみましょう」
 といって、さっさと入ってしまう。
「いいのかなあ……」
 しようがないなあ……というような表情で後に続く絵利香。
 二人の姿を見つけて店員が早速寄ってくる。
「いらっしゃいませ、お嬢さまがた」
「こんにちは」
「お邪魔します」
「スーパーカーに興味がおありなのですか?」
「ええ。まあ……」
「この車は、篠崎重工が創業四百年を記念して、全世界でたった十台のみ限定生産したプレミアムカーなんですよ。F1やF0仕様のエンジン、排気量6000cc、最大出力500PS/5200rpm、最高速度240km/hというビッグマシンです。これでも公道走行車として、エンジン性能は押さえてあるんです。フルパワーを引き出せば、380km/h は出せるそうです」
 明らかに女子高生とわかる二人に対しても親切丁寧な接待である。いずれ二・三年もすれば購買年齢に入るので、今からしっかりと良い印象を与えておくことは大切だろう。小子化による子供可愛がりで、十八歳で車を買い与える親が増えているからである。
「篠崎重工? 絵利香ちゃん知ってた?」
「ううん」
 と首を横に振る絵利香。車にはそれほど興味がないからである。
「創業四百年の記念発表会とかには呼ばれなかったの?」
「創業祭とかの記念事業はグループ各社の事業部長クラスでそれぞれ開催しているのね。車なら自動車事業部だろうけど、わたしが呼ばれたのは本社主催の船上パーティーだったわね。梓ちゃんだって呼ばれたでしょ」
「ああ、それなら覚えてる。豪華客船の進水式からはじまったんだっけ。絵利香ちゃんと一緒にテープカットしたっけね。総排水量は九万トンだったっけ?」
「そうよ。最初の計画では、四百年記念事業にふさわしく、もっと大きな船だったらしいけど、パナマ運河をはじめとする既設の港湾施設が利用できなくなるとかで、九万トンに設計変更されたようね。合衆国艦隊の空母ジョージ・ワシントンが十万二千トンだからその大きさも並みじゃないのはわかるね」
「豪華客船なんだから、セコセコ近道なんかしないで、のんびりと喜望峰やホーン岬を通ればいいのよ。南太平洋の荒波なんか軽く乗りこなせるんだからね」
「そりゃそうだろうけど……」
「船の名前は、クイーン絵利香号だよね。今世紀最初にして創業四百年記念の超豪華客船に、絵利香ちゃんの名前をつけるなんて、大切にされている証拠だね」
「まあ、それはともかく。このスーパーカー買うつもりなの?」
「もちろんよ。あ、店員さん。試乗していいですか?」
「どうぞ、構いませんよ」
 許可を得て座席に腰掛けてその座りごこちを確認している梓。
「そうか! 麗香さんが欲しがっていたというから、プレゼントするつもりね」
「あたり! ん……ちょっとシートが硬いかな」
「はい、レースマシン仕様になっておりますので、頻繁なギヤチェンジやコーナリングに最適な運転姿勢をとるには、身体が沈みこむような柔らかいシートじゃ困りますので」
「そうだよね」
 ハンドルを回したり、ギヤをチェンジしてみたり、アクセル・ブレーキなど手当たり次第にいじくっている。

「ふうん……六速あるんだ。ん……ねえ、これバックの時はどうするの?」
「はい。シフトレバーを下に押し込みながら一速に入れるんです」
「へえ、こうね」
「あんまり触っちゃだめじゃない」
 絵利香が注意するが、
「何言ってんのよ。これくらいの操作で壊れるようじゃ、レースマシン失格だよ。実際のレースじゃ一分間に何回ギヤチェンジするか知ってる? ヘヤピンなんかに入ると、目にも止まらないほどの間隔で素早く連続チェンジする必要があるんだ。クラッチ性能はスーパーヘビー級ものよ」
 と、聞く耳をもっていない。もうすっかり気に入ってしまったようだ。自分が気に入らなければ麗香にもプレゼントしにくい。
「あーあ。こういう車好きなところは、まったく母親ゆずりなんだよね」
「決めた! 買う、店員さん、この車売ってください」
 困ったような顔をしながら答える店員。
「ああ、お嬢さま。この車は売り物じゃないんです」
「売り物じゃないのに、展示してあるんですか?」
「話題性のためですよ。こういうものをショーウィンドウに飾っていれば、車好きのお客様なら興味を持って、店に入ってこられますから」
「話題性からはじめるのは、営業の基本ですね。言葉巧みに誘導して別の車を買っていただく。そうですよね」
「あはは、その通りです。まず店に入ってきていただけなければ、何事もはじまりませんからね。後は営業マンの腕次第です」
「そっかあ、売らないんだ……なんて聞くとよけい欲しくなるわね。ねえ、絵利香、おじ様にお願いして、同じものもう一台作ってもらえないかな」
「だめだよ。十台限定生産とうたって発売されたのなら、十一台目を作っちゃったら詐欺になるじゃない。この車の基本設計が、F1・F0用に開発されたものなら、きっと車体デザインが似ていて排気量などを下げた普及型があると思うよ。それで我慢したら?」
「あのね。あたしを誰の娘と思ってる? ブロンクスの屋敷にある名車の数々知ってるでしょ」
 梓が言っているのは、母親の渚が若い頃集めまわったという、往年の名車のことを言っているのだ。梓母娘が乗っている、ファントムVIもインペリアル・ル・バロンも、超高級車にして名車中の名車だ。大衆車などは眼中にまるでないのだ。世界一売れたという日産フェアレディーZも興味の対象になっていない。誰もがそう簡単には手に入れられない高級車だからこその収集家の威信というものである。それが大好きな麗香へのプレゼントならなおさらのことだろう。
「こういうところはやっぱり母娘ってところなのね」
「ということで……何とかなりませんか。どうしても欲しいんですけど」
 店員に向き直って嘆願する梓。
「といいましてもねえ……」
 困惑する店員。
「じゃあ、こうしましょう。ともかく、展示する車があればいいのよね。1995年にフェラーリが創立五十周年記念に発表した、F50・クーペ・ベルリネットはどうかしら。この車に匹敵するくらいの展示価値はあると思うけど、無料で貸し出ししましょう」
「ちょっと、それお母さまのものを勝手に」
「判ってるわよ。売るんじゃなくて貸し出すなら、お母さんだって許してくれると思う」
「そうかなあ……」
 あらためて店員に向き直り交渉をすすめる梓。
「展示するだけの車なら、購入しようと借り入れしようと同じでしょ? ね、いい話しでしょう。車の販売代金が入って、無料貸し出しの車を展示することができるのよ」
 すっかり当惑している店員。二人の会話の内容から、篠崎重工の重役かなんかのご令嬢らしいし、この車を購入するだけの資産を持っているのは確かだろう。
 フェラーリ・F50・クーペ・ベルリネットのことは良く知っている。排気量 4,700cc・V12エンジン、最高出力 520PS、最高時速 325km/h。独特のフロントフードのラジエータ用エア・アウトレット。ダンパーユニットを水平にセットしたプッシュロットタイプのサスペンション。冷却性能に優れたドリルブレーキディスクなどなど。
 確かに、篠崎重工のこの車よりも世界的にも有名なフェラーリの方が展示価値は高い。無料で貸してくれるというのなら千載一隅の機会というべきだろう。
「しばらくお待ちいただけませんか、本社に連絡してみます。販売が可能かどうか確認します」
 というと奥の事務所に姿を消した。
「ねえ。今のうちにお母さまに連絡してみたら? って、今向こうはまだお休み中か……」
「そうよ……事後承諾になるけど、一応無料貸し出しに関する契約書というか誓約書、麗香さんにおねがいしなくちゃね」
 やがて店員が戻ってくる。
「お待たせ致しました。お話しは応接室でいたしましょう。どうぞ、こちらです」
 店員に案内されて応接室に移動する二人。
 二人が応接セットに座ると同時にお茶が運ばれてくる。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた(五)テニス?
2021.03.28

梓の非日常/第七章・正しい預金の降ろしかた


(五)テニス?

 女子クラブ棟、女子テニス部部室兼更衣室。
 空手の稽古を終えて、制服に着替えている梓。
 主将の木杉陽子が梓に話し掛けている。
「え? 新人対抗試合?」
「そうなのよ。一・二年生を対象にした試合でね。来週の土曜日が試合だからね」
「来週の土曜日?」
「で、いつから練習に参加する?」
「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。試合とか練習とか、意味がわからないんですけど」
「だからテニス部の練習よ。テニス部入ってくれたんでしょ?」
「いつからそういう話しができちゃったんですか?」
「あら、幸田先生から聞いてないんだ?」
「聞いてません!」
「そっかあ……。幸田先生の音楽部に横取りされちゃったけど、あたし達の方が先に予約してたのよ。覚えているわよね」
「ええ、まあ。そうだけど……」
「当然、あたし達にも権利があるわよ」
「何の権利ですか?」
「もちろん女子テニス部に入ってもらうわよ。幸田先生の許可も貰ってるし」
「どうして幸田先生の許可がいるんですか」
「あら、知らなかった? 幸田先生、女子テニス部の顧問をしてらっしゃるのよ」
「うそー!」
 意外な事実に驚く梓。
「幸田先生が顧問という事は、もしかして」
「ええ。あなた達二人の女子テニス部の入部手続きは済んでるの」
「またなのお? いい加減にして欲しいわ。そういや、音楽部からの誘いがあった時、テニス部からも勧誘があると言ったら、何ら反対しなかったのは、そういうわけだったのね」
「まあ、そういうわけだから。明日からでも練習に参加してね」
 肩をぽんと叩いて部室を出ていく陽子。
「あ、ちょっと……」
 呼び止めるが、聞く耳もたないといった感じですたすたと行ってしまった。
「まったく、先生も先生なら、キャプテンもキャプテンだわ。似た者同士」
「音楽部の部長もだよね。類は類を呼ぶってとこかしらね」
「なんで絵利香ちゃんは怒らないんだよ。……って、元テニス部だったんだね」
「うん。わたしはテニス部に入る予定だったから」
「ちぇっ! 貧乏くじはいつもあたしなんだ」
「で、どうするの?」
「知らないわよ」

 スポーツ用品店のテニスコーナーを眺めている梓と絵利香。
 ラケットを手に取り、素振りしながら品定めしている梓。
 その側で商品説明している店員。
「篠崎スポーツ製、形状記憶ニッケルチタンラケットです……」
「ニッケルチタンねえ……」
「ニッケルチタンは、形状記憶力を持つニッケルに、弾性と反発力に優れたチタンとの合金素材です。両者の利点を合せ持ち、復元性・耐久性・耐蝕性をも増しております。通常のグラファイトの二倍の反発性がありまして、グラファイト繊維との複合素材として使用されています……」
「ふうん……。ありがとう。ところで、テニスウェアとかは置いてないの?」
「はい。レディース用のスポーツウェアは二階でございます。メンズ用は三階です」
「男女で階が別れてるんだ」
「はい。試着とかありますし、水着やレオタードを選ぶのに男子の視線があると恥ずかしいですからね。レディース用のフロアは全員女性店員で、安心してウェアを選べます」
「そういえば大概デパートとかも、二階もしくは三階が女性衣料品、その階上が男子衣料品になってるわね。なんでだろう? 篠崎デパートのご令嬢の絵利香さん。ご存じありませんか」
「わたしも知らないわ。慣習じゃない? たぶんどこかの老舗のデパートがはじめたことがずっと続いているんじゃないかな」
「店員さん、ありがとう。今度はウェアを見に行くから」
「いいえ、どういたしまして。ごゆっくりとご覧くださいませ」
 丁寧にお辞儀をして、二階へ上がる二人を見送る店員。
 そんな店員を見ながら、不思議な表情の梓。
「ちっともいやな顔してないね。あれだけ説明させておいて結局買わなかったのに」
「うん。篠崎スポーツの方針でね。商品そのものを売るだけでなくて、情報提供もサービスの一貫としているの。今日は買ってくれなくても良い、いずれは必ず買ってくれるようになる。それが本人とは限らないけど、その人から情報を得た人が買ってくれるかも知れないでしょ。そんなわけで、篠崎スポーツ指定販売店様の従業員教育は篠崎の研修施設で徹底的に行っているわ。その研修初日のメニューがスマイルよ。ああ、そうそう研修施設といえば、たまに例の蓼科研修保養センターも利用させてもらっているみたい」
「へえ、そうだったんだ」

 スポーツ用品店を出てきた梓と絵利香。
「あれだけ熱心に商品説明を聞いてたから、てっきり買うのかと思ったわ」
「だってえ、お小遣いが足りないもの」
「何ならうちの製品をプレゼントして上げようか? 選手用に開発してる非売品でもいいわよ」
「いらない!」
「でもラケットとかテニスウェアがないとテニスできないよ」
「何言ってるのよ。あたし、テニス部に入るとは言ってないもん」
「そりゃまあ、幸田先生が勝手に入部手続きしちゃんだけど……」
「これ以上、幸田先生に翻弄されるのはごめんだから」
「じゃあ、なんでスポーツ用品店になんか入ったの?」
「後学のためよ。今どんな素材の製品があるのだろうか興味があったから。お小遣いで買える範囲なら、まあ持ってるだけてもいいかなって。意外と高かったから」
「店員が商品説明してたのは全部高級品ばかりだよ。梓ちゃんが新素材のはどんなの? って聞くから自然に高級品になったのよ。ビギナー用だともっと安いのあるよ」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -