性転換倶楽部/性転換薬 XX (十一)生理
2019.05.23


性転換倶楽部/性転換薬 XX(ダブルエックス)


(十一)生理

 四週目の終わり。
 朝から身体がだるい。
 パジャマを脱いでみると、ショーツが赤く滲んでいた。
 それはまさしく経血の何物でもなかった。
 女性には毎月訪れる生理がはじまったのだ。わたしにとってははじめてのことなの
で、いわゆる初潮というやつだ。
「おめでとうございます。これで一人前の女性のお仲間入りですね」
 由香里が祝福してくれる。
「ありがとう。無排卵月経でなければいいんだけどね」
「大丈夫ですよ」
 どうやら睾丸は、無事に卵巣へと変化したようだ。
 卵巣と子宮が正常に機能して、妊娠可能である事実を突きつけられたわけだ。
「もう、夜の一人歩きは止めた方がいいな」
 ふとつぶやいてしまったのを、由香里に聞かれて笑われてしまった。
 いつの間にか女性らしい考え方をしている自分に驚いていた。
 女性化のプロセスは、ただ単に身体特徴を変えるだけでなく、大脳組織までをも女
性化してしまうようだ。わたしの脳は、男性脳から女性脳に完全に生まれ変わってい
た。
 男性の脳を移植された真菜美が、脳神経細胞活性剤の投与によって、脳細胞の再分
化が起こって、男性脳から女性脳に生まれ変わった現象と同じだ。
「お赤飯でも炊きましょうか?」
 由香里が尋ねるので、
「ああ、そうしようか」
 と、冗談で言ったつもりなのだが、しっかりと夕食に赤飯が出された。しかも鯛の
尾頭付きだ。
「おい。何かいい事でもあったのか?」
 夕食の席に並んだ英二が、メニューをみて尋ねた。
「ええ、とてもいい事よ」
「いい事って、何だよ」
「英二さんが、気にすることじゃないのよ。ねえ」
 由香里が目配せを送ってくる。
「なんだよ。教えてくれたっていいじゃないか」
 とはいっても、教えられるものではない。
 まあ、どうしてもと言うなら教えてもいいけど。食事時の話題ではないのは確かだ
ぞ。それでも聞きたいか?
「ふん。最近の二人は、何かというと秘め事が多いな。まあ、女同士で、好きにやっ
てくれ」
「あら、英二さん。やっとお父さんを女性だと認めてくださったのね。今までは、わ
たしとお父さんが一緒に何かすると、『親父は、男だったんだぞ』って、すぐ口にさ
れてたのに」
「しようがないじゃないか、今じゃどこからどうみても、女性にしか見えないんだか
ら。姿だけでなく、仕草なんかもだいぶ女性らしくなってきているしさ……」
 ここまで言って、急に恥ずかしくなったのか、飯をがつがつと食べはじめ、
「おお、この鯛。巧く焼けてるな。由香里が焼いたのか。店屋物じゃないよな?」
 と、話題を変えてきた。
「もちろんです」
「いい奥さんになれるよ」
「うふふ。ありがとう」
 以前の英二は、仕事を終えても家には帰らずに夜の街を徘徊し、いつも午前様だっ
た。しかし婚約以降、由香里がわたし達親子のために、夕食を作って待っているので、
まっすぐ帰ってくるようになっていた。由香里を心配させないようにと、自分の健康
にも気を使って、酒の量も大幅に減らしているようだった。
 実にいいことじゃないか。

 うーん。ついに二十歳前後になった。
 もうこれ以上は目立った女性化も若返りも進まないみたいだ。
 真奈美よりお姉さんで、他の三人よりは妹というところだ。
 身体の方の改造はほとんど終了したようだ。
 以上で報告は終わりにしよう。

性転換倶楽部/性転換薬 XX(十)染色体XX
2019.05.22


性転換倶楽部/性転換薬 XX(ダブルエックス)


(十)染色体XX

 三週目。

 朝起きると、股間が痛い。
 調べて見ると、陰嚢縫線と陰茎縫線がぱっくりと裂けて口が開いていた。
 陰嚢縫線(陰嚢陰唇癒合線)は、女性なら大陰唇となるべきものが癒合して陰嚢と
なった痕跡であり、陰茎縫線(尿道溝)は、小陰唇が癒合して尿道を形成した痕跡で
ある。
 その両方の綴じ目が開いて、膣口が姿を現したのである。
 陰嚢は以前から脂肪が沈着して厚くなっていたので、立派な大陰唇が完成した。
 ついに内性器と外性器が繋がったのである。
 これまでにおける女性化の中でも、もっとも劇的な変化と言えるであろう。
 今日ここに、男性である形態が完全に失われた。もうどこから見ても女性としか判
断ができなくなった。
「開通式でもやるか?」
 しかし、膣口が開いたのはいいが、そこから多量のおりものが出てくる。新陳代謝
の活発な子宮からはげ落ちた粘膜や、古くなった細胞の残骸が次々と排出されている
ようだ。
 しかたないので、ナプキンを当てて生理ショーツを履く事にした。
 通常のナプキンは経血を吸収するようにできてはいるが、おりものは成分が違うの
で吸収率が悪い。そこで産婦人科ご用達のおりもの専用のナプキンを使用する事にし
た。これは少しばかり大きめなので、ちょっと具合が悪いのだが我慢するしかない。

 若返りの速度はゆるやかになっていた。
 年の頃三十歳くらいである。

 ペニスは、ほとんど退縮してしまって、大陰唇の上部付根あたりにちょこんと顔を
だしている程度になっている。もはやクリトリスと言った方がいいだろう。尿道口は、
膣口とクリトリスの間の本来あるべき位置に納まっていた。
 正真正銘の外性器が完成したと言ってもいいだろう。
 ここに至っては、外科的な形成は済んで、あとは内科的・機能的な成熟が待たれる
のみである。

 四週目。

 こんな不思議なことがあってもいいのだろうか?

 それは卵巣の機能を調査するために、体外授精用の卵子採取器を使って、お腹に穴
を開けて卵巣の組織の一部を取り出してみた時のことだった。
 その染色体を調べてみると、XYのはずのものがXXになっていたのである。

 これまでの女性化のプロセスは、退化したミュラー管から子宮や膣を発生させ、逆
にウォルフ管からの前立腺を退化させるものであるが、理論的には決して不可能とは
言い切れないものだし、実際わたしの身体に起こっている事がそれを証明している。
それは女性ホルモン投与で乳房が発達したり、睾丸が縮小するという紛れもない事実
が、その現実性を物語っている通りである。半陰陽が存在したり、回遊魚の一種には
身体が小さい時は雄で、成長すると雌になってしまうのがいる。性別というものは、
決して固定したものではないのだ。
 細胞分裂の際において、通常ならXY染色体それぞれが分裂して、XX・YYにな
り、それが二つに分かれてXY・XYになるのだが、性転換薬が何らかの影響を与え
て、XX・YYという異常な分裂を引き起こしたのではなかろうか。YYの細胞はや
がて死滅するしかない。結果として、XXの染色体のみが生き残っていったと考える
べきだろう。
 これは産婦人科の領域ではないので、わたしにはその信憑性を判断する事ができな
い。あくまで推測に過ぎない。
 とにもかくにも、XXの卵巣に変貌したのであれば、妊娠の可能性が高まったとい
えるだろう。
 今の年齢は、二十五歳前後かな。

 女性化はほぼ完成に近づいているようであった。
 これ以上の身体的変調も起きないだろうし、体調もすこぶる良いので退院する事に
した。
 由香里が女性衣料品を持ってきてくれた。
 すっかり女性化してしまったので、男性衣料を着る方が変に思われる。
 この頃には女性の姿にも自信がついてきていたので、女性衣料を着ても恥ずかしい
という感情は起きなかった。
 荷物をまとめていると英二がやってきた。荷物の運搬のために由香里に言われて来
たようだ。
 とうとう今日まで一度も見舞いにこなかったな。
 ここは産婦人科だ。英二が来院するには相当の勇気がいるし、わたしが変貌してい
く姿を見ていたくなかったのかも知れない。
 しかし、由香里が妊娠して入院していたらどうするかな?
 おそらく毎日のように見舞いにくるに違いない。

 久しぶりの我が家はいいものだ。
 多種雑多な薬剤の匂いにまみれた病室と違って、由香里が持ってきて置いている花
々の芳しい香りに包まれた部屋。掃除が行き届いており、毎日開け閉めして換気して
いるのだろう、空気の淀みもなく清涼感に満ちていた。


11
性転換倶楽部/性転換薬 XX(九)順調に転換中
2019.05.21


性転換倶楽部/性転換薬 XX(ダブルエックス)


(九)順調に転換中

 若返りのスピードが、この頃最大になっている。女性化のスピードとほぼ同調して
いるようだ。一日に二歳くらいの割合で若くなっている。
 現在のところ、見掛けじょうの年齢は四十歳くらいだ。都合十五歳は若くなった計
算になる。

 万が一を考えて、父親の病院に入院する事にした。
 あまりの急変貌に、体調もすぐれない日々があるからだ。それに、自分一人では治
療のできないこともある。父親なら、実情を知られても何ら問題はない。
 ただ、入院当初はわたしが息子の英一郎だということを信じて貰えなかった。親子
の間だけでしか知り得ない事柄や、幼い頃に負った火傷痕(消え掛けていたが)や、
例の記録写真を見せて、やっと信じてくれた。
「おまえが、性同一性障害者とは知らなかったな」
 誤解していると思ったが、説明するのが面倒なのでそういうことにしておく。性転
換など性同一性障害者しかしないからな。

 すでに睾丸は見当たらない。
 発生の過程で陰嚢に降りてきた逆のルートをたどって、体内に戻っていってしまっ
たものと思われる。やがて所定の位置に納まり、卵巣へと変化していくのであろう。
性転換であるから身体に吸収されて消滅したのではなさそうだ。ただ、たとえ卵巣に
なったとしても、染色体はXYのまま、つまり睾丸卵巣のはずであるから、果たして
生殖能力があるかどうかが問題だ。特殊な事例としてXY染色体の真正半陰陽の女性
が、妊娠したという報告もあるが、性転換薬がどこまで効果を発揮してくれかを観察
しよう。
 陰嚢はぺたりと肌に張り付いている感じで、脂肪が沈着して厚みを増していた。お
そらく今後は、女性の大陰唇として発達していくものと思われる。

 基礎体温表をつけることにする。
 卵巣や子宮の機能状態を調べるには絶対に必要なことだ。もっと早くからやってお
くべきだったが、うっかり忘れていたのだ。診察の判断材料にするために、病院の外
来患者に口が酸っぱくなるほど、体温表をつけてくださいと言い続けている医者が、
これじゃあ失格だな。医者の不養生というやつだ、反省しなければ。
 血中ホルモン濃度の測定。正常値よりかなり高いが、女性化の最中なので当然だろ
う。
 婦人科で行われる診察や治療が日常的になった。
 ちょっとふざけて妊娠検査をやってみたら陽性とでた。
 毎日女性ホルモンを投与しているし、内分泌器官から多量の女性ホルモンが出てい
る。早い話し性転換には、ホルモンバランスが妊娠状態にあったほうが都合が良いと
いうわけであろう。丁度妊娠三ヶ月くらいの妊婦に近い血中濃度がある。
「おめでとうございます。三ヶ月ですよ」

 由香里が、女物のパジャマを持ってきてくれた。
 家から持ってきていたパジャマは男物で、今の体形ではだぶだぶになってしまって
いたからである。
 しかし……。こんな可愛い柄着れないよ。
「似合ってますよ。おとうさん」
 とは言ってくれるのだが。
 まあ、一応個室なので病室にいる間は問題ないのだが、トイレに立つ時が恥ずかし
い。
 通路で行きかう患者はすべて女性だ。しかもほとんどが大きなお腹を抱えている。
 一般的には産婦人科と呼び慣わされているが、実際には産科と婦人科とに分かれて
いる。だから妊婦や産辱婦だけでなく、重度の月経困難症や子宮筋腫などで入院して
いる患者もいるが数は少ない。みんな総合病院などの大きなところへ行ってしまうか
らだ。
 それは当然のこととして、このわたしを見てどう感じているのだろう。性転換はか
なり進行しているとはいえ、まだまだ進化の途上にある。はたして女性としてどこま
で認知されるかどうか。
「大丈夫ですよ。ちゃんと女性に見えてますよ」
 と由香里は言ってくれているのだが……。
 それはさておいても……。
 立ちションができない!
 産婦人科だから男子トイレがあるはずもなく、便器は妊婦の利用を考えてすべて腰
掛式になっている。腰掛けて用を足すことになる。
 ペニスは小指の第一関節くらいの大きさにまで退縮して、まともに摘まむ事さえで
きなくなっていた。皮があつく被っており、そのままではとんでもない方向に小水が
飛んでしまう。何度便器や床をトイレットペーパーで拭った事か。
 しようがないので、その皮を剥いて尿道口を露出させて何とか無事に用足しができ
る。あまり良い感覚ではない。
 さらに、一度小水を出しはじめると、膀胱内のもの全部が排出されるまで、止める
事ができなくなっていた。どうやら、精管と尿道の合流点にあって、逆流を防ぐ弁の
働きをする前立腺が退縮して、その機能を失ってしまったようだ。

 若返りは、ついに三十五歳くらいにまでにたどり着いたが、そのスピードが鈍化し
てきた。女性化が進んで、完成に近づきつつあるせいだろう。それでも娘達より若く
なってしまいそうである。


11

- CafeLog -