冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・18
2020.06.13

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・18


メニューへ

ドラマに戻る



最後の鍵を求めて

コンラト「さて、かわきのつぼを手に入れましたけど……」
リリア 「情報をまとめますと、
スーの村の馬エド『かわきのつぼを見つけたら、西の海の浅瀬の前で使うのですよ』
老人の『海に沈んだ祠があって、今は浅瀬になっている』
子供『ぼく、知ってるよ。『さいごのかぎ』って、どこかのほこらにあるんだよね』
です」
ナタリー「繋げると、西の海の浅瀬の祠に最後の鍵があり、その前でかわきのつぼを使え、と
いうことね」
コンラト「問題は、その西の海はどこかってことですね」
勇者「そうだな、西っていうからには、ここから西に向かってみるか?」
リリア 「当てもなしにですか?」
勇者「しょうがないだろ。西としか情報がないのだから」
ナタリー「それしかないみたいね」
ナレ「乗船し、西に向かって進路をとった」
勇者「よおし、コンラッド。マストに昇れ!」
コンラト「マスト?」
勇者「ほれ、この船は帆船なんだから、当然マスト(帆柱)があるじゃないか。マストに
登って周囲に目を配れってことさ」
ナタリー「なに?この船、帆船だったの?今まで、ちっとも気づかなかったわ」
勇者「おまえなあ……船のグラフィックを見れば、すぐ気がつくだろうが」
ナレ「グラフィックって言わないで下さい」
リリア 「じゃあ、この船は風まかせで動いていたのかしら?自由に動き回れるから、蒸気船
かと思ってた」
勇者「そりゃまあ、大航海時代の船は風向きや海流を見ながら航行してたし、風のない時
は奴隷が櫓を漕いで船を動かしていたけどな……じゃあなくって!!」
コンラト「構いませんよ。自分はマストに登って見張ります」
ナレ「言うが早いか、スルスルとマストに登るコンラッドだった」
ナタリー「本当なら、あんたが昇るべきじゃないの?」
勇者「何を言うか、船長は俺だぞ」
リリア 「え?誰が船長ですか?」
勇者「俺だよ。俺!」
ナレ「などという間にも、船は西へと進み、北米大陸を越えてさらに西へ進む」
勇者「何もない海原に出てしまったな」

リリア 「ここは北極海の南端で、チュクチ海と呼ばれる海域ですよ。大陸棚ですので、水深
も50mを越える所は少ないです」
勇者「チュクチ?それがどこかの方言で、西を意味する言葉なのか?」
リリア 「西かどうかは分かりませんが……チュクチとは、ロシア北東部に住む先住民族で、
クジラ猟などを行っていたといいます。この海は生存圏だったのでしょね。だからこの名
がついたと思われます」
ナレ「補足しますと、チュクチを含むエスキモー族は海やアリューシャン列島を越えて、
北米大陸へ渡ってインディアン部落を作って北米先住民となり、さらに南に下ってマヤや
インカを興すこととなったという説があります」
ナタリー「なるほど、インディアンにとっての故郷の海、すなわち方角的に西の海だったとい
うわけだったのですね」
勇者「なんか……社会史見学に来たみたいだな(^^ゞ」
ナレ「その時、上のマストから大声が聞こえた」
コンラト「南西の方向に浅瀬を発見!!」
勇者「本当か!?よおし、取り舵一杯だあ!」
ナレ「進路変更して、南西の方向へと舵を切ると、それらしき浅瀬が視界に入った」
勇者「よおし、上陸準備!コンラッドは降りてきていいぞ!!」
ナレ「船は岩だけの浅瀬の縁に着いた」
リリア 「馬のエドさんによると、ここでかわきのつぼを使え、です」
勇者「かわきのつぼだな」
ナレ「勇者はかわきのつぼを海に浮かべた。なんと、海が鳴動して島が現れ祠が出現し、
中に入れるようになった」
勇者「ほほー。そういう仕掛けだったのか」
ナレ「船を降りて祠に入る一行。中には、放射状の文様の中に宝箱が一つ置かれてある」
勇者「宝箱も気になるが……その先の牢屋に入れられた骸骨は、もっと気になるぞ!」
リリア 「宝箱には『さいごのかぎ』が入っていましたわ」
勇者「その鍵で、牢屋の鍵は開くかな?」
ナタリー「最後っていうくらいだから、開くんじゃない?」
勇者「よし、骸骨に会ってみよう。何か重要なヒントをくれるかも知れない。魔物だろう
が幽霊だろうが、ドンとこいだ」
ナレ「と、歩き出すと」
勇者「あ!床の上に小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナレ「手に入れたばかりの、さいごのカギを使って、牢の中の者と面会する」
骸骨「私は、いにしえを語りつたえる者。イシス砂漠の南、ネクロゴンドの山奥にギアガ
の大穴ありき。すべての災いは、その大穴よりいづるものなり」
ナタリー「ギアガの大穴ですってよ。次の行き場所が分かったわね」

勇者「ギアガの大穴?それってベネゼエラにあるギアナ高地(テーブルマウンテン)にあ
る巨大大穴(サリサリニャーマの縦穴)じゃないのか?」
リリア 「え?ベネゼエラって南米北部にある国ですよね。骸骨さんは、イシス砂漠の南、つ
まりアフリカのことを言ってるみたいですけど……」
勇者「ううむ……分らん。ゲームクリエイターの勘違いということにしておこう」
ナレ「サリサリニャーマの動画はこちら⇒ https://youtu.be/nGkDouBVoLs 」
ナタリー「それで、すぐに向かうの?」
勇者「そうしたいのは山々なのだが、今はまだ早計だと思う」
ナタリー「どうして?」
勇者「すべての災いの大本というくらいだから、その先は当然ラスボスが待ち構えている
ということだろ?」
リリア 「そういうことになりますね」
勇者「世界地図を見てみろ。色塗りされていない場所がたくさんあるぜ。まだ半分も回っ
ていないじゃないか」
コンラト「つまり、この世界をすべて回り終わってからということになりますか?」
勇者「まだ行っていない町や村を訪ねる必要があるし、行く先々で情報を集めながら、装
備も整えなきゃならん」
ナタリー「意外に慎重ね。いざ、いかん!とかいって、当てどもなく探し回るかと思ったわ」
勇者「俺を馬鹿にしているだろ?」
ナタリー「うん(^ω^)」
勇者「張り倒したろか?」
ナタリー「やめて(^_-)-☆」
リリア 「二人ともやめてください」
コンラト「さあさあ、ここを離れて冒険に戻りましょう」
ナレ「リリアとコンラッドに背中を押されて、祠を退出する」
リリア 「これからどうしますか?」
勇者「そうだな……。世界地図を見れば、このまま南へ真っすぐ下ればアリアハンに到達
できるみたいだ。レベルアップを兼ねて、南の方向へ船旅を楽しむか。途中にはたぶん…
日本もあるだろうからな」
ナレ「一行が船に戻り、浅瀬を離れた瞬間だった」
コンラト「あ!浅瀬が!!」
ナレ「海鳴りとともに、浅瀬の祠が再び海の中に沈んだ」
リリア 「もう二度と来れなくなりましたね」
勇者「うむ……。しかたあるまい」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第七章 反抗作戦始動 IX
2020.06.13

第七章 反抗作戦始動


IX


 こちらは総督軍艦隊旗艦ザンジバル。
 艦橋内に警報が鳴り響いている。
 正面スクリーンには、艦隊の後方に多数の艦影が表示されていた。
 後方に所属不明の艦隊が出現して、動揺を隠せないオペレーター達。
「識別できました。反乱軍のようです。味方ではありません。敵艦隊です」
 敵艦隊の先頭を突き進む旗艦と思しき艦に焦点が合わされた。
 ハイドライド型高速戦艦改造II式。
 艦体に描かれているのは、伝説の水の精霊ウィンディーネである。
 バーナード星系連邦の敵艦種リストのトップ3に挙げられており、知らない者はいない
という艦である。
「あれは、ウィンディーネ艦隊です」
 その名前を聞いて恐れをなすオペレーター達。
「別名、皆殺しの艦隊と恐れられている、あのウィンディーネか?」
「率いるはランドール提督の右腕と称されるゴードン・オニール准将です」
 艦橋内にざわめきが沸き起こる。
 正面スクリーンには、敵艦隊を示す光点が次々と増えていた。
 艦体に伝説の木の精霊ドリアードが描かれた高速戦艦も確認された。
「独立遊撃艦隊旗艦高速戦艦ドリアードです。ランドール提督のもう一人の片腕と言われ
る猛将が率いています」
 ランドール提督配下の精鋭艦隊に後ろを取られている。
 艦橋オペレーター達は恐怖に浮き足立っていた。
「敵艦隊、続々と現れています」
「総勢六十万隻に達しました」
 その数に、マック・カーサー提督もさすがに落ち着いていられないようだった。
「反乱軍だと? つまりアル・サフリエニからやってきたというのだな」
「おそらくトランターのワープゲートが奪われたのでしょう。タルシエン要塞にあるワー
プゲートを使ってトランターを経由してきたと思われます」
「六十万隻ということは反乱軍の全軍ではないか」
「そういうことになります。アル・サフリエニ方面軍の全軍がこちらに来ているのですか
ら」
「タルシエン要塞を空にしてか? 馬鹿な。常識で、そんなことはありえない」
「しかし、ランドール提督には前例があります。スピルランス提督の共和国同盟への潜入
かく乱作戦において、これを迎撃するためにカラカス基地を空にしたことがあります」
「シャイニング攻略戦においても、ブービートラップの仕掛けられたシャイニング基地に
舞い降りたハズボンド・E・キンケル大将が捕虜となり、六万隻もの艦船を搾取されてし
まいました」
(*注:第一部第十三章・ハンニバル艦隊及び第十九章・シャイニング基地攻防戦参照)
「判っておる。みなまで言うな!」
 過去のことを持ち出してもしかたがない。
 今現状をどう打破するかである。
「二百五十万隻対二百十万隻か……」
 数では互角である。


 それから三時間後。
 総督軍は中央突破を掛けられて総崩れになりつつあった。
 マック・カーサーと参謀達が集まって協議をしていた。
「我が軍の勢力は百五十万隻に減じました。対してランドール艦隊は百八十万隻」
「大勢はランドール艦隊に傾いています」
「このままでは負けは必至の状態です」
「ではどうすればいいというのだ。敵は援軍を得て大攻勢を掛けてきている」
「その通りです。中央を切り崩され、後方からと側面からも攻撃を受けています」
「包囲殲滅するはずが、逆に包囲されるとは……」
「中央を切り崩されましたが、その分正面方向が手薄になっています。正面に攻撃を集中
して、正面突破を図りましょう」
「逃げるのか?」
「他に救いの道はありません」
「しかし奴らには、銀河系最速とも言われるウィンディーネ艦隊やドリアード艦隊がいる
のだぞ。逃げ切れるわけがない」
「しんがりの艦隊を立てて、彼らに追撃を食い止めてもらうのです。その間に中立地帯に
逃げ込むのです」
「誰がしんがりを引き受けるのだ。生きて帰れる保障はないのだぞ」
「旧共和国同盟の連中にやらせましょう。かつての仲間同士の戦いとなれば、お互いに手
加減して戦闘が長引きます。本隊が十分に逃げ切れたところで投降させれば……」
「判った……。ここは逃げよう」
 協議は決した。
 旧共和国同盟の艦隊にしんがりを立てさせ時間稼ぎをしている内に、本隊は中立地帯へ
逃げ込む。
 そして命令が下される。
 撤退である。
「全艦最大戦速。全速前進!」
 前面に攻撃を集中して逃げ込みを図る。

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・17
2020.06.12

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・17


メニューへ

ドラマに戻る



エジンベア

リリア 「村人全員と馬さんから情報集めは済みました」
勇者「そうか、次はイギリス、レッツラゴー!」
コンラト「エジンベアですよ」
リリア 「一旦ルーラでポルトガへ行き、北上すれば早いですけど」
勇者「いやいや、レベルアップも兼ねて、ここから船を漕いでイギリスへ向かおう」
コンラト「エジンベアですけど」
勇者「どうでもいいじゃんか」
ナレ「ともかくもスーの村から、ミズリー川を下って海に出て、Atlantic Ocean を一路
北へと舵を切る」
勇者「Atlantic Ocean(アトラスの海)か……日本訳だと大西洋だな。大東洋とは言わな
いのが味噌だよな。大航海時代に西へ西へと船を漕いだのに因んだのかな?」
ナタリー「なに?どこかの国を揶揄しているのかな」
勇者「ま、そういうことよ。世界二大海流のメキシコ湾流(ガルフストリーム)に乗って
北上するぞ!」
ナレ「魔物に遭遇することなく、無事に彼の地にたどり着いた」
勇者「見えた見えた!ウィンザー城だ!!」
ナタリー「それは別の世界の名前でしょ」
勇者「いいからいいから、入ろうぜ」
衛兵「ここは、ゆいしょ正しきエジンベアのお城。いなか者は帰れ帰れ!」
ナレ「けんもほろろに、衛兵に追い返される」
勇者「なんだとこの野郎!(拳を振り上げる)」
リリア 「やめてください。その手を降ろして」
勇者「だってよ、これは明らかな人種差別だぞ!」
ナレ「しばらく押し問答を繰り返していたが」
勇者「だめだあ……頑固者め!」
ナタリー「あんたもね」
勇者「しようがない、アレを試してみるか」
リリア 「アレって、もしかしてアレですか?」
勇者「そう、そのアレだよ」
ナレ「と言うと、そのアレを身体に振りかけた。見る間にアレの効果が現れた」
コンラト「アレ、アレ、って何のアレですか?」
リリア 「ほら、見てください!姿が……」

ナレ「なんと!パーティーの姿が消えて、透明人間のようになってしまったのだ。さすが
アレだけのことがある」
ナタリー「もう!!アレなんて言わないで、『〇えさ〇そう』ってちゃんと言いなさい!」
勇者「おまえだって伏字じゃないか!いやなに、ネタバレ注意だと思ったのさ」
コンラト「透明人間になれば、衛兵に見つからずに潜入できるんじゃないですか」
勇者「そうだな……。ちょっくら、いたずらしてやろう。おい、衛兵!おまえの母ちゃん
デーべーそー!!」
衛兵「あれ?なんだろう。空耳かな」
勇者「あはは、キョロキョロと見まわしてる(≧◇≦)」
コンラト「バレちゃわないうちに、城門をくぐりましょう」
ナレ「城門を開けて中に入る」
勇者「なあ、普通城門ってのは、中からでないと開かないよな?なんで、すんなり開いた
のだ?」
ナタリー「外に衛兵がいるからじゃない?」
勇者「そんなもんかよ。こんな所ほど、特別な城門の鍵とかが必要なのじゃないか?ドラ
クエⅡなら水門の鍵みたいな」
ナタリー「それを探すクエストが欲しいの?き〇さり〇うが、その鍵なんでしょ」
勇者「いやなに、思っただけだ」
兵士「やれやれ……お城の見張りも疲れるわい。ひと休みひと休み……と」
勇者「怠慢な兵士だな」
コンラト「さて、どう回りますか?」
勇者「反時計回りで行こう」
リリア 「左回りがお好きですね」
勇者「知らないのかよ。人間、基本的に左回りするのが効率的なんだぞ」
リリア 「そうなんですか?」
勇者「陸上トラック競技やスケート競技見れば分かる」
コンラト「そういえばそうですね、左回りになっています」
ナタリー「利き手、利き足の関係でしょうね」
青年「この世界のどこかに、海の水をひあがらせるつぼがあるそうです」
勇者「この城にあるんだよ。かわきのつぼは、どこにある?」
リリア 「知らないみたいですね」
老人「その昔、海に沈んだほこらがあるそうです。今は浅瀬になってるとか。なにか宝物
が眠っていそうでわくわくしますな」
コンラト「ここでも浅瀬ですか……確か西の海にあるそうですが」
勇者「西の海だけじゃ、どこの西か分らんな。朝鮮人がいう東海の反対側だ」
僧侶「こんにちは、いなかの人!」
勇者「なんか癪にさわる言い方だな。透明人間になって殴ってやろうか?」
コンラト「だめですよ。それだから、いなかって言われるのです」
勇者「あれ?壁に囲まれた閉鎖空間に、階段と扉があるな」
リリア 「この状況だと、城壁の外から入るのでしょうか?」
勇者「階段があるから、城の二階からとも考えられるぞ。二階を探そう」
侍女「ここは、王さまと姫さまの寝室。むやみに入ってはなりませぬ」
勇者「王と姫?普通は、王と王妃ってところだろ?王妃は別居中なのか?それとも死んだ
とか?」
ナタリー「かもね」
勇者「お、箪笥の中に、パーティードレスとおしゃれなスーツを見つけたぞ。がしかし、
誰も着用できないみたいだな。王族貴族じゃないからか?これでも、ロマリア女王だった
んだがな」
リリア 「その二つは、盗賊か遊び人しか着れませんよ」
勇者「盗賊?盗賊がドレスを着てパーティーにでも参加するのか?おかしいだろ?あ、そ
うか、参列者の宝飾品を盗むためのものか……峰不二子用だな」
ナタリー「ま、ゲームの設定としか言えないわね」
勇者「言うなよ。本棚には、しゅくじょへのみち、があったぞ。さすが城の中だな」
ナレ「解説しましょう。しゅくじょへのみちは、『おじょうさま』という性格に変われる
女性限定アイテムです。盗賊と商人以外に使え、かしこさが若干、運がメッチャあがりま
す」
勇者「運が上がるのか?運って、攻撃成功率や回避率に関わるんだったよな」
リリア 「回避率ということなら、ナタリーさんが適格ですね。体力低いですからね」
ナタリー「痛恨の一撃喰らうと即死だけど……いらない!今で十分よ」
勇者「お!ここにも鏡があるぜ」
ナレ「勇者はカガミをのぞきこんだ。すこしだけたくましくなったような、そんな気がし
た」
勇者「なあ、鏡を覗くたびに、いろいろあるけど。もしかして、ステータスにも変化をお
よぼしているような気がするのだが……」
ナタリー「気のせい、気のせい。たぶん後々のストーリーの伏線よ」
勇者「伏線……?なんのこと??」
ナタリー「さあて、次行きましょうか」
侍女「池のほとりにたたずんでおられるのが、この城のマーゴット姫でございます」
姫 「あたし、聞いちゃった。あなた、いなか者なんですってね。うふふ。今度いなかの
話を聞かせてほしいわ」
勇者「なあ、こいつ張り倒していいか?生意気だ」
コンラト「だめですよ!」
衛兵「王さまは、この上です」
勇者「会ってみようじゃないか?なんかどうせ、いなか者とか言いそうだが……」
近衛「王さまに、そそうのないようにな」
勇者「場合によって、殴りかかるかもな」
近衛「わが王は、心の広いお方だ。おぬしのような、いなか者でも話をしてくださるだろ
う」
大臣「はるか西の海には、スー族という民族の住む新大陸があるそうじゃ」
勇者「知っているよ。行ってみたばかりだ。さて、王さまか……なんて言うかな」
国王「わしは、心の広い王さまじゃ。いなか者とて、そなたをばかにせぬぞ。勇者が次の
レベルに……(省略)」
勇者「いなか者と言ってる時点で、ばかにしている証拠じゃないのか?ま、冒険の書に記
録してくれるのはありがたいが……」
コンラト「南側に扉がありますよ」
ナレ「そこは城のテラスであった。吟遊詩人がいる」
詩人「おや?あなたが、うわさのいなか者ですか?ふむ……なるほど、たしかにいなか者
ですね」
勇者「ほんっとに!腹の立つ連中だな(*'へ'*)ぷんぷん」
ナレ「テラスをぐるりと回ってみると階段があった」
リリア 「これは、城の中で見た、閉ざされた部屋に通じているようですね」
コンラト「城壁の外に誰かいますよ」
勇者「よし!行ってみよう」
ナレ「階段を降り扉を開けると、いわゆる中庭のような所に出た」
住民「おっ、あんた見かけん顔だな。旅の人かい?」
勇者「違うな。冒険者だ」
住民「ウソついてもダメさ。その旅なれたかっこうは、どうみても旅の人だよ。しかも、
ちょっといなか者だろ」
勇者「なんだよ。馬鹿にしたうえに、情報もくれないのかよ。期待外れだ」
ナタリー「他にも誰かいるわよ」

男 「城の地下にある3つの石を、青い床にうまく並べると、なにかが起こるらしいぜ。
失敗したときは、1度地下から出ると、やりなおせるって話だ」
リリア 「エジンベアの謎解き?」
勇者「庭の隅で小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナレ「場所を移動して、王の間を降りた所にある扉を開けてみると西の中庭に出た」
子供「ぼく、知ってるよ。『さいごのかぎ』って、どこかのほこらにあるんだよね」
勇者「さいごのかぎか……。やっと、まともな話が聞けたな。あ、ついで花壇の中に小さ
なメダル見っけ(*^^)v」
リリア 「子どもは正直ですからね」
勇者「さて、問題の『かわきのつぼ』はどこかな?」
コンラト「入城してすぐ左手の階段の先をまだ見てませんよ」
ナタリー「地下室だからありそうよ」
ナレ「その階段を降りると、謎めいた部屋だった」
勇者「3つの石と青い床か……」
リリア 「東の中庭にいた人の情報では、石を青い床に置けということですね」
勇者「おい、ナタリー。おまえ、こういうの得意だろ。俺が石を動かすから指示しろ!」
リリア 「そうですね。きれものですものね」
ナタリー「しようがないわね……はい、ナレーションお願いします」
ナレ「3つの岩を左から順にA、B、Cとします。⇒
①Aを上に1マス、右に2マス動かす。⇒Bを右に1マス動かす。⇒Aを上に動かしてパネルに
乗せる。
②Cを下に1マス動かす。⇒Bを左に3マス、上に1マス、右に2マス動かす。⇒Bを上に動か
してパネルに乗せる。
③Cを上に1マス、左に4マス、上に1マス、右に2マス動かす。⇒Cを上に動かしてパネルに
乗せる。です」
勇者「あ!池ポチャしたじゃないか」
ナタリー「気をつけてよ。池に落ちたらやり直しだからね」
勇者「それを早く言えってえの!」
リリア 「一旦外に出ましょう」
ナレ「再挑戦する一行だが、解答を示しておきます」
勇者「おい。それを最初から言えよ(*'へ'*)ぷんぷん」
ナレ「無事に、3つの石をパネルに置き終えると」
勇者「おおおお!三つともパネルに配置できて……。おおおおお!後ろの壁に通路ができ
たぞ!」
ナタリー「あんた、うるさいわよ!!」
リリア 「さすが『きれもの』のナタリーさんですね」
勇者「ともかく、開いた通路の先へ行こう」
リリア 「宝箱があります」
勇者「かわきのつぼ、が手に入ったぞ!」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -