あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-4
2019.10.09


あっと!ヴィーナス!!


第二章 part-4

 その夜。
 部屋から一歩も出ることもなく、自分の心境を嘆いて悶々と過ごしていた。
「弘美ちゃん、ご飯ですよ」
 そう言えば朝も昼も食べていなかったよ。
 家族は買い物ついでに食べてきたようだけど……。
 おいおい、母さん。一人のけものはないよー。
 とは言ってもこの姿になってしまって、家族と一緒というのも……。
 うーん……、困ったなあ。
 家族に顔を合わせる勇気がないよお。
「弘美ちゃん、どうしたの? 入るわよ」
 いつまでも降りてこないので、母が心配して見にきたようだ。
「朝も昼も食べてないでしょ。それとも身体の具合でも悪いの?」
 あのなあ……。食べてないのを知っていながら、そのまま放っておくなよ。
 それでも母親か?
「で、でも。みんなに恥ずかしいから……」
「そんなこと気にしてたの? 大丈夫よ、みんなにはそのところはちゃんと言い含
めてあるから」
「でも……」
「いつまでも、そんな事言ってられないでしょ。同じ屋根の下に暮らしているんだ
もの。一度顔合わせしてしまえば気にしなくなるわよ。何事もね。でしょ?」
「う、うん」
 確かにそうなんだけどさあ……。
 でも、その最初のふんぎりってものが、なかなか踏み出せないものだよね。
「じゃあ、下へ行きましょうね」
 抱かれるように誘われて、下へ降りていく弘美。

 母に付き添われて食堂に降りてくる弘美。
 家族一同の視線が集中する。
 その中に父さんの顔があった。
「おお! 弘美か、待っていたぞ」
 って、何で父さんがいるんだよ。
 会社が忙しくて、いつもなら十時以降でないと帰ってこない。当然夕食を家族と
一緒に囲むことなんてなかったのに……。
 なんで今日に限っているんだよ。
 さては母さんが連絡して、早く帰ってくるように仕向けた?
「うーん。こうして見ると若い頃の母さんそっくりだな」
「でしょ? でなきゃ、この娘が弘美ちゃんだなんて信じられなかったですよ」
「弘美、お父さんはこれから早く帰るからな。今夜からは毎晩楽しい夕食になりそ
うだ」
 どうしてそうなるんだよ。
 そりゃあ、母さんと同じで娘が欲しかったらしいが、会社を早引けして大丈夫な
のか?


11
あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3
2019.10.08


あっと!ヴィーナス!!


第二章 part-3

 突然としてそれはやってきた。
 朝からどたばたしていたから、感じる暇もなかったんだ……。
 目覚めれば誰しもが行きたくなる場所。
 精神的に少し落ち着いてきたのと、いつのまにか我慢の限界に近づいていた。
「どうしたの?」
「お、おしっこがしたくなった……」
 
「まあ、早く行ってらっしゃい」
 あわててトイレへ急ぐ。
 途中兄さん達に会いませんように。
 トイレに駆け込みバタンと扉を閉め鍵を掛ける。
 以前なら鍵を掛けることなどしなかった。
 しかし困ったぞ……。
 便器の前で考え込んでいる弘美。

 しかし……どうやっておしっこ……するんだ?

 立ってすることはできない。
 あたりまえだよ。今は女の子なんだから。
 うんこ座りしてするんだよ。
 ほら、えっちな本とかに載ってるあの格好すればいいんだよ。
 まずはスカートを捲くってショーツを降ろしたら、おもむろに便器に腰掛けるん
だ。
 それから……。
 それからね……。
 ……

 それからが判らないよー!

「弘美ちゃん。大丈夫?」
 ドアの外で母が呼んでいる。
「弘美ちゃん。ちゃんとできた?」
 女の子になって、心配して見にきてくれたようだ。
「なんだったら、お母さんがみてあげるわよ」
 そ、そんないいよ、そこまでしなくても。

 あれ?
 いつのまにか出てる……?
 尿道が短いから判らないんだ……。

「弘美ちゃん?」
「だ、だいじょうぶだよ」
「そう? もし具合が悪かったら言ってよ。終わったら、ちゃんと紙で拭わなくっ
ちゃだめよ」

 拭う?

 一瞬、何のことかと思ったが、股間を見て理解した。
 おしっこが尿道から垂れて股間が濡れてしまっていた。
 そうか……。女の子は後始末が必要なんだ……。

 男だったら、ナニをつまんで数回振ればいいのだけど。
 こんな時は、女の子は不便だ。だいたいからして立っておしっこができないじゃ
ない。外出中にしたくなったら、どうすりゃいいんだよ。


11
あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-2
2019.10.07


あっと!ヴィーナス!!


第二章 part-2

「肩紐を腕に通して両肩にかけたら、ちょっと上体を前かがみにしてバストのふく
らみをすくい上げるようにしてカップ内に入れて、そのままの状態で後ろのホック
を留めるの。カップ下に片手を添えながらアンダー部分、脇、胸元の順に、お肉を
ぐっと寄せ集めてカップ内に収めるの、こういう具合に」
 いきなり弘美のブラの中に手を入れて、お肉をかき寄せてブラの中に入れてみせ
る母。
「きゃ、くすぐったいよ」
 感覚が鋭敏になっていた。実際にはくすぐったいを通り越して痛いぐらいだった。
思春期の胸が成長をはじめる頃は、乳首などに痛みがあったり、乳が張ったりする
感覚があるという。
「だめよ。ここはちゃんとしっかりやっておかないとバストがくずれるわよ。そう、
こんな感じでいいわね。前中心が浮いていたらやり直しね。次に上体を起こして肩
紐と身体がフィットするように長さを調節するの。この時軽くカップをすくい上げ
る感じがポイントね。最後に後ろホックが肩甲骨よりも下にくるように、バックラ
インをグッと引き下げて安定させて完了よ」

「どう、はじめてブラを着けた感じは?」
「なんか変……少し胸が苦しいし」
「ま、最初のうちは苦しいでしょうけど、慣れちゃえばなんでもないわよ。ちゃん
としっかり身につけてさえいればね」
 弘美、鏡に写ったブラを身に着けた自分自身に見入っていた。
「はい、ショーツ。ブラとお揃いにしておいたわ」
「うん……」
 弘美はショーツを受け取ってみるが、その小ささに驚いている。
「こんなに小さいのが入るの?」
「大丈夫よ。伸びる素材だから」
 疑心暗鬼ながらも、そっと足を通してみる。
 するとショーツは、股間に少し食い込むようにぴったりと収まった。
 男だった時は、ブリーフないしトランクスを履いた股間が膨らんでいたが……。
 そうか……。男用のパンツなどは【それ】を収める必要から、かつ蒸れないよう
に余裕をもたせてあるから、生地も厚手で伸縮性がほとんどない。しかし、女の子
用のショーツは、何もないところを包むだけ……。だからこんな小さくても大丈夫
なんだ。素材も伸縮性のあるものだし。
 何もない?
 ああ……。やっぱりどうしようもなく女の子している自分を再確認してしまった。
「じゃあ、上着ね」
 母はおかまいなしに、着付人形のように弘美に、いかにも女の子した衣服を着せ
ていった。
 フリルやレース飾りがふんだんに施された純白の木綿のブラウス、ギャザーたっ
ぷりの黒のジョーゼットのティアードスカート、とどめは長い髪にアクセントをつ
ける可愛いリボン。
「はい、おしまい」
 といって母親は鏡の前に弘美を立たせた。
「ほら、とっても可愛いわよ。弘美ちゃん」
 そこにはまぎれもない十四歳の女の子の格好をした弘美が立っていた。
「……」
 自分でも信じられないという風に、呆然としている弘美だった。
「これが俺?」
「弘美ちゃん、女の子が俺なんて言っちゃだめじゃない。可愛い声がだいなしじゃ
ない」
「だ、だってえ」
「女の子らしく『あたし』って言いなさい」
「い、言えないよ……」
「いいから、言いなさい」
 母の口調が少しきつくなった。
 衣服は勝手に着せ替え人形できるが、言葉は弘美自身の口から発するしかない。
 確かに今の自分には、俺って言葉はふさわしくないけどさあ。
 しかし、突然言えと言われも困っちゃうよお……。
「あ、あたし……」
 喉から絞り出すように、声を出してみる。
「うーん……そうそう、その調子。忘れないでね、弘美ちゃん」
 それはいいけどさあ……。
「ところで、その『ちゃん』づけはよしてくれないかなあ」
「どうして? とっても可愛いんだからいいじゃない」
「可愛いってそればっかり」
「ほんとのことじゃない。そうねえ……背の高さがお母さんより高くなったら、
『ちゃん』づけしないで呼んであげるわ」
「それじゃいつになるかわかんないよ」
 まったく以前は10cm以上は自分の方が高かったのに……。


11

- CafeLog -