妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の伍
2019.06.07


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の伍 神田美咲


 時を少し遡った、小雨降る夜。
 解体作業現場を、折しも通りがかった女子高生。
 整地された一角がぼんやりと輝いているのに気が付いた。
 なんだろう?
 と、歩み寄ってみると、土くれの付いた古い壺が顔を出していた。
「壺?」
 壺が怪しく輝いて少女の顔を照らす。
 やがて壺を取り上げると、何事もなかったように、現場を立ち去っていった。

 とある一軒家
 門柱に「神田」という文字が彫られた表札が掛かっている。
 壺を抱えたまま、その家に入る少女。
 少女の名前は、神田美咲。
 阿倍野女子高等学校の生徒である。
「お帰りなさい、美咲」
 という母親の声にも応答せずに、無言で二階へと上がり自分の部屋へ。
 大事そうに抱えていた壺を、そっと机の上に置いた。
 そして蓋に手を掛けるとすんなりと壺は開いた。
 建設現場ではどうしても開かなかったのに。
 中にはキラリと輝く刀子(小刀)が入っていた。
 普通なら錆び付いていただろうが、密閉した容器の中で胎盤などの腐敗(好気性菌に
よる)が先に進んで、中の酸素を消費してしまって、刀子の酸化が妨げられたのであろ
う。
 刀子は不気味に輝いており、じっと見つめる美咲の顔を照らす。
 やおら刀子を取り出し、刃先を左手首に当てると、躊躇なく切り刻んだ。
 ボトボトと流れ出る血を受け止めて、壺はさらに輝きを増してゆく。
 やがて壺の中から正体を現わした怪しげな影は、しばらく美咲の周りを回っていたが、
スッと美咲の身体の中に消え入った。

 最初の殺人事件が発生したのは、それから三時間後であった。

 数日後の夜。
 巫女衣装に身を包んだ蘭子が歩いている。
 怪しげな気配を感じ取って出てきたというわけだ。
 その胸元には御守懐剣「長曾祢虎徹」が収まっており、臨戦態勢万全というところだ。
 時折警戒に当たっている刑事に出会うが、
「巫女衣装を着た人物の邪魔をするな」
 という井上課長のお達しが出ているらしく、軽く敬礼すると黙って離れてゆく。
*参考 血の契約
 突然、胸元の虎徹が微かに震えた。
「つまり魔のものということね」
 魔人が封じ込められている虎徹は、魔物に対してのみ感応する。
蘇我入鹿の怨霊事件』のように、魔人が怨霊を招き寄せる場合もあるし、人に取りつ
く場合もある。
 魔と霊と人、それぞれに対処できるように体制を整えておかなければならない。

 魔には虎徹。
 霊には呪符や呪文。
 人には合気道などの武道で、自らが戦う。

 虎徹を胸元から取り出して手前に捧げ持って、一種の魔物探知レーダーを働かせた。
 よく画家が鉛筆を持って片目を瞑り、キャンバスと鉛筆を見比べる仕草を取るアレで
ある。
 その態勢で、ゆっくりと周囲を探索しながら、反応の強い方角へと歩いていく。

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 3
2019.06.05


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 3

11/27 15:22 勇者「結局……完全に無視されたな」


11/27 15:25 通行人女「さっきから何ぶつぶつ言ってるのよ。あ、ほら。道具屋が見え
てきたわ」


11/29 05:52 ナレ1「軒先に薬草と思われる植物の図柄の入った看板が下がっているの
が見える。扉を開けて中へ入る二人」


11/29 05:52 道具屋「いらっしゃいませ!」


11/29 05:53 通行人女「客ではありません。ギルドの依頼を受けた者です。荷物の配達
だとか聞きましたが」


11/29 05:58 道具屋「あらあ、早速引き受けてくれる方がいたのね。ついさっき依頼を
出したばかりなのに」


11/29 06:00 勇者「ご安心ください、お嬢さん。美人の依頼は断らないことにしていま
す」


11/29 06:02 ナレ1「と言いつつ、ちゃっかりと道具屋の娘の手を取っている勇者であ
った。それもそのはず、この道具屋の娘は絶世の美女と言ってもいいくらいの美人だっ
たのである。しかもとびきり若かった」


11/29 06:05 通行人女「まったく……遊び人の性格、もろ出しじゃないの! これで本
当に勇者なの?」


11/29 06:08 勇者「だから言ってるだろ。俺は根っからの遊び人なんだってよお。勇者
なんてなりたくてなったんじゃねえやい!」


11/29 06:09 道具屋「あ、あのお……。この方は、遊び人なんですか? それとも勇者
さまなのですか?」


11/29 06:30 ナレ1「いきなり手を取られて困惑しながら、通行人女に向かって尋ねる
道具屋の娘であった」


11/29 06:35 通行人女「城から出てくるのを見ていたしね……。どうやら勇者というの
は本当らしいんだが、どうみてもすけべったらしの遊び人そのままね。脈絡もなく襲い
掛かってくるしさあ」


11/29 06:37 道具屋「まあ! 襲われちゃったんですか?」


11/29 06:41 通行人女「いろいろとあってね……。んでもって、こいつには10000Gの貸
しがあって、その返済のためにギルドで働いてもらってるんだよ」


11/29 06:51 勇者「てやんでえ! そんな金、借りた覚えなんかないわい」


11/29 06:52 道具屋「とか言ってますけど?」


11/29 06:56 通行人女「こいつの言うことには耳を傾ける必要はないわよ」


11/29 06:57 勇者「なんだとお!」


11/29 06:58 道具屋「あのお……。どうでもいいんですけど、いい加減手を離していた
だけませんか?」


11/29 07:02 ナレ1「そうなのだ。会話の間中もずっと、馴れ馴れしく手を握り締め、
さすったり、なでなでしながら、その柔肌の感触を楽しんでいたのである」


11/29 12:50 通行人女「いい加減にしないか!(と勇者の頭をポカリと叩く)」


11/29 17:47 勇者「痛えなあ!(と頭をさすっている)」


11/29 17:49 通行人女「ところで……そろそろご用件を承りたいのですが?」


11/29 17:49 道具屋「え? あ、ああ。そうね、その通りね」


11/29 17:50 ナレ1「いきなり見知らぬ男に手を握られてしまったのだ。動転してしま
っても仕方がないだろう」


11/29 18:00 道具屋「依頼というのは、ここから東へ約28000マイラの所にあるモトス
村にいる姉にこれを届けてほしいのです」


11/29 18:11 ナレ1「と取り出したのは表面に綺麗な細工の施された、一見宝石箱のよ
うな小箱であった」


11/29 18:15 勇者「28000マイラだあ!? 最低でも10日はかかるじゃないか。依頼
料は50Gなんだろ?」


11/29 18:18 通行人女「うーん。確かに安すぎるわね」


11/29 18:37 道具屋「いえ、これには訳があるんです。本当の依頼料は7800Gです。こ
れはとても大切なものですから、報酬目当てで何でも引き受けるような請負人には任せ
られないと思って……。それで50Gという誰も引き受けないような報酬でも請け負っ
てくれる方なら誠意で大切に運んでくれるのではないかと考えました」


11/29 18:46 通行人女「なるほどね。確かに報酬が高いと、当然荷物も高額だと推測で
きるし、下手すら荷物を持ち逃げされることもあるわよね」


11/29 18:52 勇者「7800Gか……10000Gにはちょっと足りないが、まあ最初の仕事と
しては妥当な線だろう」


11/29 18:53 通行人女「おやおや。どうやらやる気になっているようね。いい事だわ、
ちゃんと無事に届けられれば借金を大幅に減らせるわよ」


11/29 18:53 勇者「うるせえ!」


11/29 18:54 道具屋「あの、依頼には条件があるんです」


11/29 18:54 通行人女「条件?」


11/29 18:56 道具屋「非常にデリケートなものですので、キメラの翼やルーラなどの跳
躍魔法などは使わないでください。もちろん飛行船などに乗船して運ぶのも厳禁です」


11/29 18:57 勇者「つまり、28000マイラという距離を地べたを這いずって行けという
ことか?」


11/29 18:57 道具屋「そういうことになります」


11/29 19:02 通行人女「それは難儀ね」




11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 2
2019.06.05


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 2

11/26 20:06 ギルド「やあ、お客さん、久しぶりじゃないですか。ええと……、そちら
のお客さんは、初顔だね」


11/26 20:07 通行人女「こいつが、仕事をしたいそうだ」


11/26 20:08 勇者「俺は、まだやるとは言っていないぞ。それにこいつとはなんだ。俺
にはちゃんとした名前が……」


11/26 20:08 通行人女「そういや、まだ名前を聞いていなかったわね」


11/26 20:09 勇者「勇者だ!」


11/26 20:09 通行人女「ぷっ! 何それ、ふさけてるの?」


11/26 20:10 勇者「ふざける? 勇者という名前の勇者なのだ」


11/26 20:12 ギルド「そんなこと言ってると後が大変なんだがなあ……。わしはギルド
という名前になるのか。他大勢というキャストもいるぞ」


11/26 20:13 通行人女「あたしは、通行人女? いやよ、そんな名前は」


11/26 20:13 勇者「いい名前じゃないか」


11/26 20:14 ギルド「……まあ、いい。で、仕事を請ける気はあるのかないのか、はっ
きりしてくれ」


11/26 20:14 勇者「楽な内容で、高給な仕事はないか? 突っ立てるだけで1000000G
とかな」


11/26 20:15 ギルド「そうだな……隣村まで荷物を運ぶ仕事はどうだ?」


11/26 20:21 勇者「1000000Gか?」


11/26 20:22 ギルド「50Gだ」


11/26 20:23 勇者「ふざけるなよ! 誰がそんなチンケな仕事を引き受けるか!!」


11/26 20:28 通行人女「ふざけてるのは、あなたじゃない。身も知らぬ初対面に重要な
仕事を最初からまかせられると思う? まずは手始めに簡単な仕事からというのが常識
よ。仕事をこなしていくうちに信用がついてきて、大きな仕事を任せられるようになる
というものよ」


11/26 20:29 勇者「面倒だな」


11/26 20:29 通行人女「馬鹿言ってんじゃないの!」


11/26 20:30 勇者「しかし、50Gなんてはした金受け取っても何も買えんじゃないか。
ここの武器屋においてあるのは6桁や7桁という馬鹿高い代物ばかりなんだぜ」


11/26 20:31 通行人女「それはここが城下町だからよ。魔王を退治するために必要な最
強の武具が置いてあるのよ」


11/26 20:31 ギルド「荷物を運ぶ隣村に行けば50Gで買える安い武具を売っているよ。
何せ冒険の最初の村だからね」


11/26 20:32 勇者「冒険の最初?」


11/26 20:32 通行人女「そういうことよ。冒険はそこからはじまるのよ」


11/26 20:33 勇者「じゃあ、この城下町はなんなんだ?」


11/26 20:34 通行人女「決まっているじゃない。国王に謁見し、冒険の使命を受けるた
めに存在するのよ。あなた、国王から姫の救出を依頼されたでしょう?」


11/26 20:35 勇者「そう言われればそんなこと言われたような気も……そうだ。ところ
で姫は美人なのか?」


11/26 20:40 通行人女「姫を救出するために、魔王の居城の場所とかの情報を集め、立
ちはだかるモンスターをなぎ倒して、経験を積んで一人前の冒険者になる必要があるわ。
その時のために必要な強力な武具がここにあるというわけよ」


11/26 20:40 勇者「おい!」


11/26 20:40 通行人女「その仕事請け負います」


11/26 20:41 勇者「こら! 無視するなよ」


11/26 20:42 ギルド「よし決まりだな。依頼主は城下町の南門のそばの道具屋だ。荷物
を受け取って届け先を聞いて、隣村へ向かってくれ」


11/26 20:45 勇者「だから、人の言うことを聞けよ!」


11/26 20:47 通行人女「ほれほれ、依頼を受けに道具屋に行くわよ」


11/26 20:49 ナレ1「と、勇者の背中を押してギルドを出る」



- CafeLog -