冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 39
2019.08.08


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 39


その他大勢「(マンドレイク)ギャー!!」
ナレ1「森中に響き渡る悲鳴のような雄叫びを上げるマンドレイク」
リリア「これで大丈夫です。皆さん、念のために耳を塞いでください」
ナレ1「そういうと、慎重にマンドレイクを引き抜く。一同は耳を塞ぐ」
リリア「採れましたわ」
ナタリー「大丈夫なの?」
ナレ1「恐る恐る近づいて、マンドレイクに触るナタリー」
ナタリー「(ツンツンと突きながら)大丈夫みたい……ね」
コンラッド「日が傾きかけています。戻りましょう」
リリア「そうですね。暗くなると人面樹も増えて、攻撃もきつくなりますから」
ナレ1「急ぎ足で、モトス村へと向かう」
ナレ2「と突然、目の前を巨大な影が道を塞ぐ」
コンラッド「オーガだ!!」
ナタリー「後ろからゴブリンよ!」
リリア「挟み撃ちだわ」
コンラッド「前のオーガがリーダーのようですね。後ろのゴブリンは逃げ道を塞ぐ役で
す」
ナタリー「となると、先に倒さなきゃならないのは」
コンラッド「もちろんオーガです!」
ナレ1「言うが早いか、剣を素早く抜いて、オーガに斬りかかるコンラッド」
コンラッド「とりゃー!!神剣フェニックスブレードの威力を見よ!」
ナレ1「岩場を足掛かりにして空中高く飛び上がり、オーガの頭上から剣を振り下ろ
す」
ナレ2「一瞬にして、オーガを真っ二つに切り裂く」
ナタリー「やったあ!凄い凄い!!」
ナレ1「すると切り裂かれたオーガの腹の中から何かが現れた」
ナレ2「それは人間だった。」
リリア「ああ!あたしだわ!!」
ナタリー「なんですってえ!?この人があなたなの?」
ナレ1「オーガの体液にまみれているが、確かにその容姿は女性であった」
リリア「間違いありません」
コンラッド「襲って丸呑みにしたのでしょう」
ナレ1「いつの間にか、後方のゴブリン達の姿が見えなくなっていた」
ナタリー「ゴブリンの奴ら、恐れをなして逃げ出したか」
リリア「この身体があれば、元に戻るのでしょうか?」
ナタリー「上手くいけば、元通りになるかもね」
コンラッド「とにかくマンドレイクも手に入れたし、急いでモトス村に戻りましょう」
ナレ1「と言って、倒れている女性を担ぎ上げる」
ナタリー「そうね、そうしましょう」
ナレ1「コンラッドが倒れている女性を抱え上げて歩き出す。」
ナレ2「その後に付きながら、心配そうなリリアだった」
ナタリー「戻ってきたわよ!」
ナレ1「襲い掛かってくる魔物達をなぎ倒しながら、無事にモトス村へと戻ってきた一
向だった」
コンラッド「道具屋に急ぎましょう」
ナタリー「まずは、マンドレイクを届け報酬を頂きましょう」
道具屋「お帰りなさい。ご無事でなりよりです」
リリア「はい、マンドレイクです」
ナレ1「それを受け取り、確認して」
道具屋「確かにマンドレイクです。ありがとうございます」
リリア「これで村人達の呪いを解くことができますね」
道具屋「ええ。でも、どうやって手に入れたのですか?知ってますよね?」
リリア「引き抜くと、死の悲鳴を上げるですよね」
道具屋「その通りです」
リリア「これを使いました(と、小瓶を差し出す)」
道具屋「聖水……ですか?」
ナタリー「あったりー!」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 38
2019.08.07


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 38


04/09 04:37 リリア「ともかく出発しましょう」


04/09 05:17 ナタリー「そうね。そうしましょう」


04/09 05:18 道具屋「お気をつけていってらっしゃいませ」


04/09 05:19 ナレ1「そんなこんなで、道中に出現するモンスターを討伐しながら、妖
精の森へとやってきた」


04/09 05:20 リリア「なんとなく不気味な森ですね」


04/09 05:29 ナタリー「またぞろ人面樹が出てきそうね」


04/09 05:35 ナレ1「目の前に人面樹が現れた」


04/09 07:11 コンラッド「いきなりですか」


04/09 10:29 ナタリー「はやいとこ片付けましょ。それとも逃げる?」


04/10 08:00 コンラッド「騎士のわたしに逃げろと?」


04/10 08:08 リリア「わたしは逃げるのに賛成ですが……」


04/12 16:28 ナタリー「どうする?騎士さん」


04/12 16:29 コンラッド「逃げたくはありませんが」


04/12 16:57 リリア「気持ちはわかります」


04/12 17:13 ナレ1「人面樹の後方から、わらわらと湧き出している」


04/13 06:53 ナタリー「やっぱり逃げたほうが無難ね」


04/13 06:54 リリア「賛成!(´∀`∩」


04/13 06:54 コンラッド「仕方がありませんね。逃げましょう」


04/13 06:56 ナタリー「でも、どっちの方向へ逃げるべきか」


04/13 11:03 リリア「妖精の森は帰らずの森。一度足を踏み入れたら二度と戻れない森
……」


04/13 11:05 コンラッド「永久に森の中をさ迷うはめに陥るらしい」


04/13 11:06 リリア「占ってみましょう」


04/13 11:07 ナタリー「占う?」


04/13 11:09 リリア「やみくもに逃げ回るよりもいいでしょう」


04/13 11:11 ナレ1「そういうと、ポシェットから何かを取り出した」


04/13 11:28 ナレ2「それはペンジュラムと呼ばれる魔法の振り子であった」


04/13 11:34 コンラッド「それは?」


04/13 11:42 リリア「ペンジュラムです。ダウジングという魔法を掛けて探しているも
のを見つけます」


04/13 11:45 ナタリー「なるほどね。良いもの持ってるじゃん」


04/13 11:45 ナレ1「などと会話している間にも、人面樹は次々と襲い掛かる」


04/13 11:47 ナレ2「しかし腕利きのコンラッドが適当にあしらっていた」


04/13 11:48 リリア「これでマンドレイクを探し出します」


04/13 11:50 ナタリー「まかせたわ。人面樹はあたし達が処理するから」


04/13 18:20 リリア「お願いします。では……」


04/13 18:22 ナレ1「リリアが何やら呟くと、ペンジュラムが振れて行くべき方向を示
した」


04/13 18:22 リリア「あっちの方向です!」


04/13 18:24 コンラッド「急ぎましょう。日が暮れ始めています」


04/13 18:24 ナタリー「そうね。夜になれば魔物の数も一段と増えるから」


04/14 14:51 ナレ1「そうこうするうちに、人面樹の群れから逃れられ、少し開けた場
所に出た」


04/14 15:08 ナタリー「リリアは花摘みが日課だったから、植物を探すのは得意なのよ
ね」


04/14 15:08 リリア「ええ、まあ……」


04/14 16:53 コンラッド「しかし……見つけたとしても、どうやって採集するかが問題
ですね」


04/14 16:54 ナタリー「そうね。ここには犬はいないわ」


04/14 16:55 コンラッド「うさぎとか、野獣でも捕らえれば代理はできそうですが」


04/14 16:58 リリア「動物虐待はダメです」


04/14 17:00 ナタリー「じゃあ、どうするの?」


04/14 17:03 リリア「まかせてください」


04/14 17:20 コンラッド「まかせましょう」


04/14 17:25 ナレ1「リリアはペンジュラムに神経を集中してマンドレイクを探しはじ
めた」


04/14 17:48 ナレ2「川沿いにしばらく歩いて」


04/14 17:50 リリア「ありましたわ」


04/14 17:59 ナレ1「木陰にひっそりと茂るマンドレイクを指差すリリア」


04/15 04:19 ナタリー「これがマンドレイク?」


04/15 04:21 コンラッド「確かによく見れば、人の形をしていますね」


04/15 04:21 ナタリー「それでどうするの?」


04/17 02:57 リリア「これを使います」


04/17 02:59 ナレ1「と、取り出したのは、メタルスライムを倒したアレである」


04/17 02:59 ナタリー「聖水ね?」


04/17 03:26 リリア「マンドレイクに宿る悪しき魂を浄化します」


04/17 03:34 コンラッド「なるほど、そういう手がありましたか」


04/17 03:41 ナレ1「戦闘能力は皆無に近いリリアであるが、植物に関する知識は豊富
のようである」


04/17 03:43 ナレ2「何やら呪文のような言葉を呟きながら、マンドレイクに聖水を振
り掛けると」



11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 37
2019.08.06


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 37


05/04 01:51 ナタリー「ギルド? 報酬はいくら?」


05/04 01:52 道具屋「マンドレイクを重量100グレンあたり、10000Gです」


05/04 01:53 ナタリー「よっしゃー! その依頼、あたし達が請け負った」


05/04 01:55 道具屋「それはありがたいのですが、この村のギルドの職員もみな猫にな
ってますから、契約ができないですよ」


05/04 01:55 ナタリー「あなたと直接契約はできないの?」


05/04 01:56 道具屋「それはできません。二重契約になりますから」


05/04 01:57 ナタリー「うう……。なんとかならないのかしら」


05/05 03:46 コンラッド「村人が困っているのに、黙って見過ごしていくわけにもいか
ないでしょう」


05/05 23:24 ナタリー「そりゃまあ、コンラッドは騎士で、人を助けるのが心情の職業
ですものね」


05/05 23:25 コンラッド「そのとおりです」


05/05 23:27 リリア「いいじゃありませんか。袖触れ合うも多少の縁というじゃありま
せんか」


05/08 03:42 道具屋「こうしませんか。私が証人になりますから、後承認契約を結びま
しょう」


05/08 03:42 ナタリー「後承認契約?」


05/08 03:43 道具屋「たった今、わたしが考え出したものです」


05/08 03:44 ナタリー「なんだ、それじゃあ効力がないんじゃない?」


05/08 03:46 道具屋「それは何とも言えませんが、ギルドの方々だって猫にされた呪い
を解いてもらうんですから。きっと納得していただけるでしょう」


05/08 03:46 ナタリー「あやしいものだわね」


05/08 03:47 道具屋「あともう一人証人があった方が良いでしょう。そこの騎士さんが
良いでしょう」


05/08 03:47 コンラッド「わたしですか?」


05/08 03:49 道具屋「お見受けしたところ、王国騎士団のナイトの称号を持っていらっ
しゃるようですね」


05/08 03:50 コンラッド「判りますか?」


05/08 03:51 道具屋「身内からあふれる気品が漂っています」


05/08 03:59 ナタリー「ナイトって偉いの?」


05/08 04:01 リリア「王国のために身を奉げ、国民を守るために死をもいとわずに戦う
とか」


05/08 04:03 道具屋「そうです。公式的に認められた身分ですからね」


05/08 04:03 ナタリー「いわば、国家公務員上級職みたいなものね」


05/08 23:56 リリア「なんですか? その公なんとかというのは……」


05/09 00:00 ナタリー「官僚天下りでべらぼうな報酬を貰ったり、予算から裏金として
プールしたりして自分達の遊行費や飲食代として、国民の税金を無駄使いする悪徳役人
のことよ」


05/09 00:01 リリア「ひどい話ですね」


05/09 00:05 ナタリー「そのくせ人手が足りないかったからと言い訳して、幼児虐待や
育児放棄で多くの子供たちが死んでいくのを、手をこまねいて見過ごしている職務怠慢
な奴らとかね」


05/09 00:06 リリア「許せないですね。高給をいただいているのだから、24時間血眼
になって国民のために働きなさいといいたいです」


05/09 00:07 道具屋「あの……。何の話しをしておられるのですか?」


05/09 00:08 ナタリー「ああごめん。話がそれたわね、ニポンとかいうおめでたい国の
ことを言っていたのよ」


05/09 00:11 道具屋「ニポン?」


05/09 00:12 ナタリー「大陸を遥か遠くに渡った、地球の果てにあるという広大な滝の
すぐそばにあると噂されている国でね」


05/09 00:16 コンラッド「話を元に戻しませんか?」


05/09 00:17 ナタリー「ああ、悪かったわね。コンラッドはいい人だから気にしないで
ね」


05/09 00:18 コンラッド「ともかくマンドレイクを採集するために、妖精の森に出かけ
ようと思うんです」


05/09 00:20 ナタリー「いよっ! さすが王国騎士、どんな苦難にも挑戦するいい男」


05/09 00:20 コンラッド「茶化さないでください」



11

- CafeLog -