銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 IV
2019.06.01


第三章 第三皇女


                 IV

 貴賓室に入室したアレックスとジュリエッタ皇女。
 応接椅子に対面して座った。その周囲を侍女及びネルソン提督が待機している。
「我が艦隊の危機を救って頂いたこと、全将兵に代わりまして、ここで改めてお礼を申
し上げます」
 言いながら軽く会釈する姿は愛らしく微笑ましかった。
「提督が中立地帯を越えて、我が領内に入ったことは、国際救助ということで問題はな
いと思いますので、お気遣いのないように。それはせておき、提督のご来訪の目的は他
にもあるかと思うのですが、いかがなものでしょうか」
 さすがに艦隊を指揮できる洞察力の深い皇女だと感心するアレックスだった。
「皇女のご推察の通りです。我が祖国のために戦い、現在解放戦線として戦い続けてい
る連邦軍が、次なる目標として銀河帝国を据えていることを、ご警戒申し上げるために
参上しました」
「連邦軍が我が艦隊を襲ったことを考えれば、十分ありうることでしょう」
「それともう一つ」
 と、一端言葉を止めてから、口調を改めて話し出すアレックス。
「単刀直入に申し上げますと、我が解放軍への援助と共同戦線の協定を結びたいと思っ
ております」
「援助と共同戦線ですか……」
 深い思慮に入る皇女に、ネルソン提督が何やら耳打ちしている。
「その件に関しましては、ここでは結論を出すことはできません。もし宜しければ、提
督には帝国首都星アルデランへご足労願いたいと思います」
「判りました。首都星へ参りましょう」
 皇女は軽く頷いて、側に控えているネルソン提督に合図を送った。
「それでは提督には、このインヴィンシブルで首都星へお送りいたします。ご配下の艦
隊には最寄の軍事ステーションにて、一時駐留をお願いいたします。ご納得いただけま
すか?」
 戦艦が中立地帯を越えただけでも一大事なのに、ましてや首都星まで連れていくわけ
にはいかないだろう。
「結構です。一人同行させたい者がいるのですが、よろしいですか?」
「いいでしょう。お連れくさい」
 アレックスが同行させたのは、パトリシア・ウィンザーだった。単身で乗り込むこと
となった自身の補佐役及び相談役として、彼女が最適任だと判断したのだ。
 首都星へと向かうインヴィンシブル艦内において、アレックスはパトリシアを皇女に
紹介した。
「我が解放軍の総参謀長を務めています、パトリシア・ウィンザー大佐です」
 すると目を丸くして皇女は聞きなおした。
「総参謀長? 女性の身で軍の重職をなさっていらっしゃるのですか?」
「その通りです。志願兵制度を敷いている共和国同盟には男女の区別がありません。能
力さえあれば、いくらでも上の階級へ上がれます。もっとも妊娠・出産・育児を担う女
性には宇宙環境は厳しく、実質上結婚を機に一時離職しますが、育児が終われば地上勤
務に復職します」
 パトリシアが共和国同盟の実情を説明した。
 その間にも、アレックスの側にピタリと寄り添って、仲睦まじい雰囲気が漂っていた。
 それが判るのか、ジュリエッタ皇女は問いただした。
「ところでお二人は、ずいぶんと親しい間柄のように伺えるのですが」

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の肆
2019.05.31


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の肆 胞衣壺

「被害者は女性ばかりです。いかに夜とはいえ、ズタズタに切り裂いて内蔵を取り出す
には時間が掛かります。にも関わらず目撃者が一人もいない」
「察するに犯人は【人にあらざる者】ではないかと仰るのかな?」
 春代が意図を読んで尋ねた。
「その通りです」
「して、わざわざご足労なさったのは……」
「もちろん、蘭子さんのお力を頂きたいと」
「だろうな」
 春代と課長の会話を耳にしながらも、怪訝な表情をしている蘭子。
「どうした? 蘭子」
「実はですね。今回の事件と関連がありそうな出来事がありました」
「それはどのような?」
 井上課長が身を乗り出すようにした。
 蘭子が思い起こしたのは、先日の地鎮祭の出来事だった。
 胞衣壺が掘り起こされて持ち去られた日の翌日に、最初の切り裂き事件が起きていた。
「えなつぼ……それは、どんなものですか?」
「【胞衣(えな)】とは胎盤のことじゃて、それを入れるつぼだから【胞衣壺】とい
う」

 昔の日本(平安・奈良時代)では、胎盤を子供の分身と考えて、大切に扱う風習があ
った。
 陶器製の壺に胎盤を入れ、筆・墨・銅銭そして刀子(とうす・小刀)を一緒に納めて
地中に埋めていた。
 これらの品々は、当時の役人の必需品で、子供の立身出世を願うためである。
 人にたくさん踏まれるほど、子供がすくすく成長すると考えられて、人通りの多い間
口や土間に埋められることが多かった。
 大きさは、口径12cm・高さ16cmのものから、口径20cm・高さ30cmく
らいのものが多く出土している。

「昔の風習じゃて、今では廃れてしまっておるなあ。せいぜい戦前までのことじゃて」
 刀子という言葉を耳にして、糸口が一つ解明したような表情をする井上課長。
「その刀子の長さはどれくらいのものでしょうか?」
「そうさな……壺の大きさにもよるが、五寸から一尺くらいじゃのお」
 春代は古い尺貫法に生きる世代である。
 すかさずメートル法に言い直す井上課長。
「15cmから30cmですね」
 井上課長の脳裏には、殺人の凶器として十分な長さがあるな、という推測が生まれて
いることだろう。
 銃刀法では、刃渡り6cm以上の刃物は携行してはならないと、取り締まっている。
「刀子は、そもそも魔除けの意味があります。葬式でのご遺体に守り刀を持たせるのと
同じです」
 *参照=蘇我入鹿の怨霊
「さて、そろそろ本題に入ろうかのう。刑事さんよ」
 井上課長の来訪目的を訪ねる春代。
 これまで長々と、時候の挨拶よろしく話していたのだが……。
「はい。単刀直入に言います。連続通り魔殺人事件の捜査協力をお願いに参りました」
「なるほど、陰陽師としてのご依頼かな?」
「その通りです」
「ほほう。うら若き娘に殺人犯の捜査に加われと?」
 春代は高齢のため、陰陽師の仕事はすべて蘭子が請け負っている。
 もちろん井上課長とて承知である。
 蘭子には、陰陽師としての仕事以外にも、女子高校生としての勉強も大切である。

楽しいPCアップグレード(*'▽')
2019.05.30



②の 32bit OS パソコンを 64bit OSにグレードアップする。

 ともかく、32bitOSでは、どんなにメモリーを積んでも最大4GBしか使用できな
い。
 しかも、システムやグラフィック、デバイスにもメモリを消費して、実際2.8GBとい
うこともある。
 これを知らずに8GBとか搭載したら4GBが無駄になる。
 無駄なメモリーをラムディスクにするという手もあるが、実用的ではない。

 筐体に windows7pro のプロダクトキーシールのみが貼られているので、現在のWindo
ws10は無償アップグレードサービスを行ったものと判断する。
 正規OSインストールした場合は、Windows10のプロダクトキーシールが追加添付さ
れるから。

 32bit から 64bit に変更するには、当然インストール用のOSが必要であるが、無
償アップグレード用インストールツールが、マイクロソフトサイトにあるので、それを
ダウンロードしてくること。
以下のマイクロソフトページから
WINDOWS 10 のダウンロード
 の中の
【ツールを今すぐダウンロード】
 をクリックして、ツールを起動すると、

〇このPCを今すぐアップグレードする
〇別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュドライブ……)

 と選択肢が出ますが、インストールメディアを作成した方が後々便利ですので、
 下側の欄に印を入れて、次へをクリック。
 言語 日本語
 エディション windows10
 アーキテクチャ 32ビット、ないしは64ビット
 この状態では、そのPCに最良の選択肢がすでに出ていますが、
□このPCにおすすめのオプションを使う
 のチェックを外すと、32bitと64bitのいずれかが選択できます。
 64bitへの変更なので、当然64ビットを選択して、次へをクリック。

〇USBフラッシュドライブ
〇ISOファイル
 後でISOファイルをDVDにコピーする必要があります。

 ISOファイルを選択して、次へをクリックすると Windows.iso というファイルの
ダウンロードが始まります。
 Windows.iso をクリックして、画面の指示に従って、Windows10 再インストールディ
スクを作成します。

 さて、これで下準備が完了です。

 ディスクをドライブに入れるなり、USBを差すなりして、再起動します。
 後は、画面の指示通りに進めていけば……。
 途中プロダクトキーの入力を求められますが、「プロダクトキーなし」を選択すれば
良し。

 さあ!新しい Windows10 の出発です(*'▽')

 以上

 なお、ここに紹介したマイクロソフトのツールは、今後削除されないとも限らないの
で、今は用がなくとも一応ダウンロードしておいた方が良いでしょう。

2019.05.30 16:24 | 固定リンク | 雑記帳 | コメント (0)

- CafeLog -