銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第七章 宇宙へ Ⅲ
2020.04.12

 機動戦艦ミネルバ/第七章 宇宙へ




 ワープゲートに近づくミネルバ。
「付近に艦隊は見当たりません」
「ウィング大佐の流した偽情報に、まんまと引っかかったようですね」
 レイチェル率いる情報部は、総督軍の統制コンピューターにハッカー攻撃を仕掛け、ラ
ンドール艦隊が接近中との偽情報を流したのである。厳重なセキュリティーに守られた軍
のコンピューターがゆえに、まさか侵入されているとは毛ほども疑っていなかったのであ
る。もちろん、闇の帝王とあだ名されるジュビロ・カービンが背後で動いていたことは、
知る由もない。
「しかし情報一つで、敵艦隊を動かすことができるなんて、さすがウィング大佐です」
「感心してないで、行動に移しましょう。コントロールセンターのドッグベイに接舷して
ください」
 ワープゲートは、ワープが行われるゲート部分と、ワープをコントロールする部分とで
構成されている。
「突撃部隊は接舷ベイに集合してください」
 ミネルバは、第八占領機甲部隊メビウス所属である。占領に携わる白兵戦用の精鋭部隊
も揃っている。
「接舷しました」
「突入せよ!」
 なだれ込むように白兵部隊が、コントロールセンターに突入した。
 センターにいるのは、ほとんどが科学・技術職員なので、占拠が容易かった。
「コントロールを奪取しました」
 突入部隊より連絡が入る。
「シャイニング基地へのワープゲートを繋いでください」
「了解しました」
 というところで、タルシエンにいるフランク・ガードナー少将に連絡を取る。
「おお、待っていたよ。早かったな」
 万事了解済みという風に答えるガードナー。
「トランターのワープゲートを奪取しました」
 一応報告するフランソワ。
「判った。既にシャイニングに三個艦隊を待機させている。ゲートが繋がり次第、そっち
へ転送する」
「お待ちしております」
 通信が切れた。
「我々は、このワープゲートを死守します」
「偽情報に惑わされた防衛艦隊が引き返すのが早いか、シャイニングからの援軍がワープ
してくるのが早いか。時間との競争ですね」
「それに地上からの追撃隊もあります」
 言うが早いか、
「急速接近する艦があります」
 オペレーターが警報を鳴らした。
「早速おいでなすったわね。総員戦闘配備!一旦ゲートから離間する」
 敵味方を識別する必要はない。メビウスには宇宙へ上がれるのは、このミネルバだけだ。
ゲートから離間するのは、接舷したままでは戦闘できないからだ。


 戦艦プルートの艦橋。
「ワープゲートに到着しました」
 正面スクリーンには、ワープゲートに接舷するミネルバがあった。
「遅かった。ゲートは敵の手に墜ちたようです」
「ミネルバが回頭して、艦首をこちら側に向けようとしています」
「原子レーザー砲を使うつもりだ。軸線上に入らないように気をつけろ」
 原子レーザ砲は、大気圏内ではエネルギー減衰が激しいが、宇宙空間に出れば百パーセ
ントの能力を引き出せる。ミネルバ級に搭載されていたのも、この宇宙に出ることを前提
としていたからだ。
「破壊力も射程も桁違いだ。こちらは長距離ミサイルで応戦しろ!」
 双方十分離れた距離からの戦闘ゆえに、相手に十分な損傷を与えることができない。

 やがて、ワープゲートが反応した。
 次々と艦艇が姿を現したのである。
ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第六章 皇室議会 VI
2020.04.11

第六章 皇室議会


VI


 変わって首都星アルデランのアルタミラ宮殿。
 皇室議会が召集されていた。
 議場の正面には、パネルスクリーンに銀河帝国統合軍艦隊の勇姿が投影されていた。
「第一皇子殿下が出撃されて十八時間になるが、何か変わったことはないか?」
「特に変わったことは……」
「中立地帯を越えるのは、いつ頃になるか?」
「およそ三日後になるかと」
「しかし、けしからんな。報道機関がこぞって皇太子殿下などと呼称している。我々は、
皇太子継承をまだ認めていないぞ」
「そうは言っても、民衆の間ではすでにアレクサンダー第一皇子を皇太子として受け入れ
ているようだ」
「戦争に報道機関を従軍させるとは、何を考えているんだ」
「民衆に対する人気取りに決まっているだろう」
「そうかな。自分には自信の程が窺えるのだが……」
「それにしても、総勢百五十万隻で敵艦隊二百五十万隻と本気で戦うつもりだろうか」
「そうでなきゃ。出撃しないだろう。何せ共和国同盟の英雄だからな。連戦連勝、向かう
ところ敵なしの無敗の智将。圧倒的に敵が有利な戦をもひっくり返して勝ち続けたという
実績もある」
「不意打ちとか待ち伏せ、姑息で卑怯な戦いをするともいうが」
「まさか、一対一で向き合って『やあやあ、我こそは源氏の頭領、源の何がしである…
…』とか言うのが正論だと言わないだろうな」
 次々と、ぼやきにも似た発言を続ける議員達だった。
 アレックスの悪口ばかりだったが、一人が話題を変えた。
「委任統治領の領主達が、独自に判断して警備艦隊を引き連れて参戦しているようだが」
「摂政派の領主達も参加しているというじゃないか。止められなかったのか?」
「謀反だな。領地没収だな」
「できるのか?」

「今からでも遅くないだろ。呼び戻せないか」
「どうやって?」
「何とでも言えるだろう。公爵殿の意向だと言えば引き返すさ」
「馬鹿言え! 銀河帝国の存亡を掛けて出撃している第一皇子の下に馳せ参じているんだ
ぞ。『帰れ』などと命令できるわけがないじゃないか」
 一同が口を噤んだ。
 摂政エリザベス皇女より、銀河帝国元帥号及び宇宙艦隊司令長官を拝命したアレックス。
 その地位は本来、皇太子殿下にのみに与えられるものである。
 すでにアレックスは絶大なる権限を有し、銀河帝国艦隊を自由に動かすことのできる地
位にあるのだ。
 たとえ地方の警備艦隊といえども、アレックスがひとたび命令を下せば従わねばならな
い規則になっている。
「こうなる前に、戒厳令を布いておくべきだったか」
「誰が予測できたというのだ」
「もし、この戦いでアレクサンダー皇子が勝てば、民衆に対する人気は絶大なものにな
る」
「そうだな。いくら公爵といえども世論には逆らえまい」
 議論は堂々巡りで進展しない。
 誰かが発言した。
「こうしたらどうだろう。今この時点で論じ合っても詮無いこと、結果が出てからでも遅
くないのではないか」
「それもそうだ」
 意見は一致した。
 皇太子擁立問題は、第一皇子の総督軍との決戦を見届けてからということになった。
「それでは、そういうことで閉会とする」

 第六章 了
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・4
2020.04.08

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・4


メニューへ

ドラマに戻る



シャンパーニの塔

勇者「ううむ……。シャンパーニの塔にたどり着いたはいいが、やたら塔の縁ばかりの行軍だ
な。うっかり縁から落ちそうだよ。一歩一歩十字ボタンをチョイチョイという感じで慎重にな」
ナレ「慎重に塔を攻略していく一行だったが」
ナタリー「……」
勇者「さっきから、何黙ってるんだ?」
ナタリー「だってえ……。毒針って魔物の急所を突いて一撃で倒せるはずよね」
リリア 「ええ、確かにそのはずですが。確率は低いですけど」
ナタリー「今までたくさんの魔物に毒針攻撃したけど、一度も急所を付けずにダメージ1Pだ
けなのよ。しかも、攻撃を外すこともあるし」
勇者「仕様が変わったんじゃねえのか?」
ナタリー「仕様って言わないでよ!」
勇者「おお、こわ……毒針攻撃はあきらめて、魔法に専念しろよ」
ナタリー「……」

ナレ「なんだかんだで、五階に上がりました」
勇者「おいナレーション、攻略情報を端折(はしょる)るなよ」
ナレ「この塔は、カンダタ一味を倒すことがメインですから、塔の構造は単純にできているん
です。攻略本なしでも大丈夫ですよ」
勇者「そんなこと言うのか?」
ナタリー「誰かいるわ!」
コンラト「例のカンダタの一味じゃないでしょうか」
賊A「おい!へんなやつらが来たぞっ!」
勇者「この可愛い女の子をつかまえて、へんなやつらとは失礼な!」
ナタリー「あんた、可愛いという自覚があるのね」
賊B「よしっ!おかしらに知らせにいこう!」
ナレ「賊は上の階へと逃げた」
勇者「逃がすか!追え!!」
カンタタ「よく、ここまで来られたな。ほめてやるぜ!だが、オレさまをつかまえることは、
だれにもできん。さらばだ!わっははは!」
ナレ「と、落とし穴が開いて、下に落ちる一行」
勇者「ちくしょう!もう一度上がるぞ!」
ナレ「上の階に昇るも、誰もいなかった」
リリア 「逃げたのかしら?」
コンラト「ここは、彼らのアジトです。どこかに隠れたのでしょう」
勇者「よし。下へ戻るぞ」
ナタリー「いたわ!今度は逃がさないで」
カンタタ「しつこいやつらめ!やっつけてやる!」
ナレ「カンダタ一味との戦いになった」
勇者「どいつから叩く?」
コンラト「ここは、子分の方から叩きましょう」
ナタリー「コンラッドが言うなら間違いないわね」
勇者「よし、子分からだ」
リリア 「わたしは回復役に専念します」
ナタリー「あたしはスクルト(守備力増強)かけるよ」

ナレ「戦闘がはじまる」
ナタリー「きゃああ!」
勇者「ナタリー!」
ナレ「カンダタの痛恨の一撃がナタリーを襲った。無念にも倒れるナタリー」
勇者「リリア!復活の呪文を使えないのか?」
リリア 「ごめんなさい。まだレベル不足で覚えていません」
勇者「ちきしょう!弔い合戦だ!!」
ナレ「きびしい戦いの中、ナタリーが倒れるも、カンダタ一味を倒すことに成功した」
カンタタ「まいった!きんのかんむりをかえすから、ゆるしてくれよ!な!な!」
勇者「どうしようかな……」
リリア 「許さないと言えば、逃げてまた最初から戦いになりそうです。執念深いから」
コンラト「私もそう思います」
勇者「ナタリーはどう思う?(棺桶に向かって話しかける)」
ナタリー「……(棺桶は答えない)」
リリア 「わざと言ってませんか?」
勇者「あは……。よし、許してやることにする!」
カンタタ「ありがてえ!あんたのことは、わすれないよ。じゃあな!」
ナレ「カンダタは、金の冠を置いて去っていった」
勇者「城に帰るぞ!ナタリーを生き返らせ、HP&MPを回復させて、戻って残った宝箱集め
とレベルアップだ!」
ナレ「ということで、いってこい(歌舞伎用語)で、塔に戻ってきた」
勇者「あれ、誰か人がいるぜ」
ナタリー「前からいたじゃない」
リリア 「カンダタのことで頭が一杯で、見えなかったんじゃない」
男 「あの、カンダタをたおすとは、あんたよほど有名なとうぞくなんだな」
勇者「勇者のこの俺を盗賊呼ばわりとは……」
ナタリー「こら!手を上げるな!」
リリア 「さあ、さあ、先に進みましょうよ」
ナレ「勇者をなだめながら、塔内に残された宝箱探しをはじめた」


ノアニール

勇者「シャンパーニの塔は探し終わったな。次の目的地はどこだ?」
リリア 「ノアニールの村ですね。カザフの村の北です」
勇者「よし、早速行くぞ!」
ナレ「カザーブから北へ進むと村が見えてきた」
勇者「みんな寝ているな。しかも立ったまま寝るとは、ずいぶんと器用だな」
ナタリー「カザーブの村で聞いた、エルフを怒らせたために眠らされた?」
勇者「皆寝てるから、箪笥とか探しまくっても、気づかれないな」
ナタリー「そうですわね(あきれ顔)」
リリア 「とにかく、起きている人がいないか、探してみましょう」
ナレ「村中を探し回る一行」
コンラト「いました!南西の家の前に」
老人「おお!どなたかは知りませぬが、どうかエルフたちに『ゆめみるルビー』をかえしてや
ってくだされ!」
勇者「ゆめみるルビー?夢シリーズなら、ここの作者の『妖奇退魔夜行』のタイトルの一つな
んだが……」
リリア 「宣伝するのですか?」
勇者「べつにかまわんだろう」
ナタリー「おじいさんの話は続いてるわよ」
老人「ゆめみるルビーをさがして、エルフにかえさなければ、この村にかけられた呪いがとけ
ませぬのじゃ。エルフのかくれ里は西の洞くつのそば。森の中にあるそうじゃ」
リリア 「エルフの里に、行ってみましょう」
ナレ「ということで、ノアニールを出立して西へと進む」
コンラト「洞窟が見えてきました」
ナタリー「そばにエルフの里があるということだけど……」
勇者「2Dマップ、トップピューで見れば一目瞭然だな。あそこの森の中の空き地がそうだろ
う!」
ナタリー「それは言わない!」


エルフの里

ナレ「エルフの里に入る」
エルフA「ここはエルフのかくれ里よ。あっ、人間と話しちゃいけなかったんだわ。ママにしから
れちゃう」
馬A「ヒヒーン」
老人「ノアニールの村の者が、ねむらされたのは、わしの息子のせいじゃ。あいつが、エルフ
のお姫さまとかけおちなんかしたから……。だから息子にかわって、こうしてあやまりに来て
おるのに、話さえ聞いてもらえぬ。ああ、わしはどうすればええんじゃ!」
道具「あなたがた人間には、ものは売れませんわ。おひきとりあそばせ」
勇者「なんだと!この野郎、殴られたいのか!!」
リリア 「やめて下さい!(必死で止める)」
エルフB「ひーっ、人間だわ!さらわれてしまうわ!」
勇者「ほんとにさらってしまうぞ!」
女王「あなたがた人間が、このエルフの里にいったいなんの用です?なんですって?ノアニー
ルの村の……。そう、そんなこともありましたね。その昔、わたしの娘アンは、ひとりの人間
の男を愛してしまったのです。そして、エルフの宝『ゆめみるルビー』を持って、男のところ
へいったまま帰りません」
勇者「いわゆる、駆け落ちというヤツか?」
ナタリー「あら、そんな言葉、よく知っていたわね」
勇者「バカにしているだろう?」
ナタリー「分かる?」
リリア 「あの……。女王の話が続いているんですけど……σ( ̄∇ ̄」
女王「しょせん、エルフと人間。アンはだまされたのに決まっています。たぶん、ゆめみるル
ビーもその男にうばわれ、この里へも帰れずにつらい思いをしたのでしょう。ああ、人間など
見たくもありません。立ち去りなさい」
勇者「……(我慢している様子)」
リリア 「我慢してください」
コンラト「その奪われたという、ゆめみるルビーを返してあげないと、ノアニールの村人たちを元
に戻すのは無理ということでしょう」
勇者「ちょっと待て!もしかして、ゆめみるルビーを取り戻そうと思っているのじゃないだろ
な?ノアニールの村人を助けるために?」
コンラト「困っている人を助けるのが、騎士、いや戦士の務めですから」
リリア 「とにかく、ここにいてもしようがありませんわ」
ナタリー「そうね。そのゆめみるルビーとやらを探しましょう」
コンラト「西の洞くつですね」
リリア 「はい。行きましょう」
勇者「おいこら!俺を差し置いて話を進めるな!」
馬B「ヒヒーン!ブルルルル……」
ナタリー「誰に向かって話しているのよ」
勇者「俺を無視しているからだ。馬しか話し相手がいねえじゃん」
ナタリー「で、行くの行かないの?」
勇者「どこへ?」
ナタリー「……。こいつは放っておいて、あたし達だけで行きましょう」
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -