あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-1
2019.10.03


あっと!ヴィーナス!!


第二章 part-1

 ドアがノックされる。
「お母さんよ。入るわよ、弘美ちゃん」
 母親と兄達が大きな紙袋、そして姿見の鏡を抱えて入ってきた。
「弘美ちゃん、あなたの服を買ってきてあげたわ」
 母親は部屋の隅を指さして、
「その姿見は、そこに置いてちょうだい」
「あいよ」
「そしたら、あなたたちは出ていきなさい」
「え?」
「わかるでしょ」
「あ、ああ……そうだね」

「さあて……と、早速着替えをしましょうか、弘美ちゃん」
「着替えって?」
 母親は紙袋の一つを開けて、テーブルの上にそれを広げた。
 ブラジャー、ショーツ、スカート、ブラウスといった女物の衣類が並べられた。
「な、なんだよ。それ……」
「決まってるじゃない。あなたの着替えよ」
「じょ、じょうだんじゃないよ。全部女物じゃないか」
「当り前でしょ。あなたは女の子なんだから」
「それを着るのか?」
「さ、はじめましょう」
「い、いやだよ」
「強情を張らないの。どうしても着ないというのなら、武司達を呼んで強引にでも
着せるわよ。見られたくないでしょ、自分の裸を」
「わ、わかったよ……着ればいいんだろ……」
「そうよ。何事もあきらめが肝心」
「…………」
「じゃあ、まずはブラジャーからね。ブラは正しく身につけないとバストがくずれ
ちゃうから、しっかり覚えるのよ」
 と梓を鏡の前に立たせ、その背後から手取り足取りで着付けを教える母。


11
あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-4
2019.10.02


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-4

 やがて母がメジャーを持って戻ってきた。
 そういえばまだ裸のままだった。すっかり動転していて、そこまで気が回らなか
ったのだ。もっとも身体測定だから、結局脱ぐことになったのだろうが……。
 早速、身体測定がはじまる。
「アンダーバストは65、トップが74か……ウエストが55、ヒップが80。う
ん、中学生としては、なかなかいいプロポーションしてるじゃない。5号サイズっ
てところかな。伸長はっと、計りになあ……。ちょっとそこの柱に背をつけるよう
に立ってみて。そうそう、印をつけて……152ね。弘美ちゃんの年齢だと、もう
しばらくは背が伸びるわね」
 というように、ぶつぶつと独り言を口にしながら測定していく。
 母が、以前の服を着れないという意味が今更に理解できた。
 以前の弘美は、全国中学柔道大会柔道でも66kg以下級で戦う筋骨隆々の骨格
をしていたのだ。それが……言わずもがなであろう。はっきりいって今の弘美の体
重も40kgあるかないかだった。
「もうしばらくってどういうこと?」
「ああ、女の子はね。思春期に入るころから、縦方向の身長があまり伸びなくなる
のよ。女性ホルモンのせいでね」
「じゃあ、一生このくらいの身長なの?」
「そうね。伸びても後10センチくらいかな。せいぜい160前後止まりね。その
分横方向へ成長するわ。胸とか骨盤とかが発達するのよ。子供を産むための身体造
りがはじまるの」
「子供を産む?」
「何を驚いてるのよ。女の子なんだから、当然でしょ。ああ、そうだ。生理の手当
の仕方も教えなければいけないわ」
「せ、生理って、女の子が毎月なる、あれ?」
「そういうこと。年頃の女の子なんだから、あって当然でしょ。買い物リストに生
理ショーツとナプキンも追加しなくちゃ」
 測定が終わり、母はいそいそと買い物に出かけるべく、部屋を後にした。
 やがて外から、信一郎兄の車のエンジンが聞こえてきて、それは遠ざかっていっ
た。

 いったいどうなってしまうのだろうか?

 ひとり部屋に残り、将来に一抹の不安に脅える弘美だった。
 それにしても……。
 どうしてこうなってしまったのだろう?
 と改めて考え直してみるが、突然女の子になってしまった原因が判らなかった。


11
あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-3
2019.10.01


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-3

 しばらく母娘の抱擁が続いて、やがて静かに母が弘美から離れた。
 涙を拭いながら、
「もっと良く見せてごらん」
 と、じっと見つめる母。
「いやだ。恥ずかしいよ」
「ふふ……恥ずかしいのは、女の子の証拠よ」
「あたりまえだよ。こんな裸見られたら、誰でも恥ずかしいよ」
「声もすっかり女の子ね。とっても可愛い声よ」
「え? 声?」
「気づいてなかったの?」
「だ、だって、驚いてばかりで言葉を失ってたという感じだったし……」
「いい声だわ。やっぱり女の子はいいわねえ」
 もう……。
 母さんは、女の子が欲しくてたまらかったから、嬉しくてしようがないだろうけ
どさあ……。こっちはそれどころじゃない気分。
「さあて、これから買い物に行かなくちゃ」
 ふと弘美から離れて、独り言のように呟く母。
「買い物って?」
「決まっているじゃない。弘美が着る服よ。女の子になったんだから、女の子の服
を買わなくちゃね。今ある服はもう着れないでしょ」
「い、いいよ。今あるやつを着るよ」
「気づいていないの?」
「気づくって?」
「あなたの身体よ。以前より身体が小さく細くなって華奢になってるのよ」
「え? そうなの……?」
「以前の服はだぶだぶでとても着れないわよ。その証拠じゃないけど、サイズを計
らなきゃね。今メジャーを持ってくるわ」
 と言って部屋の外に出ていった。
 ドアの外から家族の会話が聞こえてくる。
「母さん。ずいぶん遅かったじゃないか」
「な、なあ。ほんとに女の子だっただろ?」
「ええ。正真正銘の女の子だったわ。間違いなく弘美は女の子。しかもとびきり可
愛い女の子になっているわよ」
「だ、だろう。俺は嘘は言わないよ」
「で、どうするんだよ。これから」
「どうするもないよ。弘美はわたしの娘だし、あなた達の妹ということよ」
「妹か……そうだな。妹もいいかも知れないな」
「信一郎兄さんは、肯定するんだね」
「もちろんさ。母さんじゃないけど、俺も妹が欲しかったからな。正直言って、弟
ばかりでうんざりしてたんだ」
「そりゃ、ひどい言い方だよ」
「まあ、そういうわけよ。弘美は年頃の女の子なんだから、これからは許可なく弘
美の部屋に入っちゃだめよ」
「入っちゃだめって、弘美と一緒の部屋の俺はどうするんだよ」
「部屋替えするわ。弘美は女の子だからもちろん一人部屋、武司は信一郎と一緒に
する。いいわね」
「俺は構わんよ。まだ見てないけど、とびきり可愛いというんだし、妹のためなら
一歩でも二歩でも譲るよ」
「武司も構わないわね。いえ、これは母の命令です」
「ちぇっ、しようがないな……」
「じゃあ、みんなも納得したところで、これから弘美の着る服の買い物に付き合っ
てもらうわよ。女の子は衣装持ち、取り敢えずは一週間分だけど、かなりの量にな
るはずだから、荷物持ちお願いね」
「いいよ。みんなもいいな」
「とにかく弘美の事はしばらくそっとしておいてあげてね。いきなり女の子に生ま
れ変わって一番動揺しているんだから」
「わかった」
「さあ、みんなそういうわけだから、下へ降りた降りた」
 やがて階段を降りていく家族達の足音。
 どうやら家族は、弘美を女の子として肯定し、妹として位置付けしてくれたよう
だ。
 が、その本人の弘美は、一人蚊帳の外。
 一体なぜ女の子になってしまったのか、その理由も解き明かされないまま事が進
んでいく。


11

- CafeLog -