冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・40
2020.09.22

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・40


メニューへ

ドラマに戻る


エンディング


ラダトーム

町男「おお!あなたがたはっ!すでにここラダトームまでも知らせはとどいていますっ!
しかし、あの大魔王をたおされてしまうとは……。いったい、あなたがたはどういう人た
ちなのです!?ふしぎでなりません」」
店主「いや~めでたいねえ!もう、魔物におびえる生活とはおさらばだよっ!」
町娘「ねえ、大魔王のゾーマをたおしたってほんと?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「いや……」
町娘「やっぱりね……。あなたたち、そんなに強そうに見えないから…。きっと、あのス
テキなおじさま…オルテガのおじさまがゾーマをたおしたんでしょ。あなたたちだめよ。
オルテガのおじさまの手がらをよこどりなんかしちゃ」
町男「われらの祖先は、ギアガの大穴を抜け、この地にうつり住んだそうだ。いったいだ
れがここを、アレフガルドって名づけたかは知らねえでどよ……アレフガルドに光があふ
れて、ご先祖さまたちもきっとよろこんでいなさるだろうよ!」
神官「おお、神さま!このおかたたちを、つかわしてくれたことを感謝します!」
カンタタ「どひゃー!あの大魔王をたおしてきたんですかいっ!どうりでオレが何回たたかっ
ても負けたわけだっ。ええ、もう悪いことはしませんよ。これからは、マジメにやってい
くつもりです」
老人「雨と太陽があわさるとき、虹の橋ができる……。やっぱり、あのいい伝えはほんと
うだったようじゃな。おかげでこうしてこの国にも、平和がやってきた。ありがたいこと
じゃ」
少年「ぼく、呪いをとく勉強をしているんだよ。おねえちゃんたちが世の中を平和にした
ように、ぼくも呪いにかかった人を助けるの。だから、もし呪わりしたらぜったいボクの
所に来てね。ボクずっとまってるから」
勇者「こいつ、ぼくと言ったりボクと言ったりしてるな。プログラムの入力ミスか?」
宿屋「朝だ、朝だよーっと……。やっぱりこれでなくちゃね。いままでは外が暗いのにお
客さんをおくりだしたりして、うしろめたかったんですよ。でもこれからは、胸をはって
おはよういってらっしゃい、っていえますよ!」
宿人「ぐうぐう……。なにやらまぶしいなあ……。でも夢だろう。むにゃむにゃ」


ラダトーム城

門番「(左)おお!もどられましたか!大魔王ゾーマをたおされたと聞き、わが王もおよ
ろこびです!」
門番「(右)あなたこそ、まことの勇者!さあ、王さまがお待ちかねですぞ!」
老人「よくぞやってくれた!心から礼をいうぞ!じゃが、ふたたびこのようなことが、お
こらぬともかぎらん。そなたの勇者としての血筋を、のちの世のために残されよ。わしは
まっておるぞ!(ピカピカ)」
子供「わーい。わーい、勇者ばんざーい!」
少女「大魔王をたおしたなんてすごーい!そんけいしちゃうなあ!」
宿主「まあ!大魔王の城にいき、帰ってきた勇者さまははじめてです。しかも、大魔王を
たおして帰ってきたなんて……。あ、ありがとうございました!」
ナレ「北側城外」
男 「うれしいねえー!王さまがおまちかねだっていうのに、こんな所にいるオレにわざ
わざ話にきてくれて!あんたたちのことは一生わすれないぜ。マゴの代まで…いや、ずっ
と語りついでゆくよ」
衛兵「ここ、アレフガルドは精霊ルビスさまがつくったと聞いています。え?ルビスさま
にお会いになったのですかっ!?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「まあな」
衛兵「なんと!ルビスさまから、せいなるまもりを……。うっうらやましいなあ…」
飯炊「ああ、いそがしい!はやく、うたげの準備をしなくちゃ!とびきりのごちそうを作
るから勇者さまたちも、オナカいっぱい食べていってねっ!」
衛兵「(バリアの先で)そ、それはまさしく『おうじゃのけん』!大魔王にこなごなにさ
れたはずを、ど、どうしてあなたが?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「はいでいいや。どっちでも同じ返答だからな」
衛兵「そ、そうでしたか……。なるほど、そんなわけで…。いやはや大変でしたね」
ナレ「城外地下室」
男 「そなたらのおかげで、ついにこの国にも朝が来た!うれしいかぎりじゃ!心より礼
をいうぞ。ところで、このわしになにか用かな?も、もしやっ!『たいようのいし』をこ
のわしにあずけに来たのでは?」
ナレ「はい、いいえ、で答えてください」
勇者「そうだな……これからドラクエIをプレイする人のために残しておくか」
男 「おお!あれは、まさしくまさ夢であったかっ!たいようのいし、たしかにあずかり
ましたぞ!」
勇者「それじゃ、エンディングに向けて、国王に会うとするか」
娘 「どうしましょう!うれしくって、からだが勝手におどりだしちゃうの。シャンシャ
ンシャン、アレフガルドに朝が来て、シャンシャンとおどりましょ」
詩人「私は、あなたさまのことを歌にします。私の歌は、きっと後の世まで歌われてゆく
ことでしょう」
娘 「大魔王がいなくなったなんて、すごいわすごいわ!だから、今日はきっと国中あげ
てのおまつりよ!」
大臣「まさか、あの大魔王を本当にやっつけてしまう者がいたとは…。しかも、かよわい
女の身で……な、なに?あのオルテガのひとつぶだね?そ、そうであったかっ!では、オ
ルテガどのに?」
勇者「知るかよ」
大臣「なんとっ!そのようなことが…。しかし、このたびのそなたたちの偉業。きっとオ
ルテガどのも雲の上から見ているはずですぞ!」
近衛「光が…光が…こんなにもまばゆくてあたたかいものとは知りませんでした。もう、
闇におびえることはないんですね。勇者ばんざい!勇者勇者ばんざい!」
近衛「勇者さまいかがなされましたか?もしかして、てれているのですか?さあ、はやく
王さまの前へ!」
国王「しずまれ、皆のもの!勇者とその仲間たちよ!知らせを受け、そなたの帰りをまち
かねていたのじゃ。よくぞ大魔王ゾーマをたおした!そして、よくぞ無事にもどった!心
から礼をいうぞ!この国に朝がきたのも、すべてそなたのはたらきのおかげじゃ!大魔王
がほろびたためなのか、別の世界に通じていた穴は、とじてしまったようじゃが…ここ、
アレフガルドも光あるひとつの世界として、歩みはじめるであろう。すべては、そなたら
のおかげ!勇者よ!そなたこそ、まことの勇者じゃ!そなたにこの国に伝わる、まことの
勇者のあかし『ロトの称号』をあたえよう!勇者、いや勇者ロトよ!そなたのことは、ロ
トの伝説として、永遠に語りつがれてゆくであろう!」

ファンファーレが鳴り響き、エンディングがはじまる。

かくしてロトの称号をうけた勇者は、ここアレフガルドの英雄となる。
だが祝いのうたげが終わった時、勇者の姿はもはやどこにもなかったという。
そして彼女がのしていった武器防具は、ロトのつるぎ、ロトのよろいとして、
せいなる守りはロトのしるしとして後の世に伝えられたという。

そして伝説がはじまった……!

各地巡りとスタッフロール。


to be continued to
dragon quest I・Ⅱ

これまでの旅を
冒険の書に記録しますか?

はい、いいえ

はい!

勇者「さてと、エンディングも終わって冒険の書に記録し、俺のステータスは勇者ロト
になった。ということで、隠しダンジョンへ行こうか」
コンラト「隠しダンジョン……なんのことでしょうか?」
勇者「知らないのかよ。ロトの称号を得られれば、隠しダンジョンに入れて、裏ボスの
『しんりゅう』に制限ターン内に倒せば、願いを叶えてくれるんだよ」
リリア 「それって、ドラゴンボール?」
勇者「ああ、何せモンスターデザインが鳥山明だからな」
ナタリー「それで、何をお願いするのよ」
勇者「『ちちオルテガをいきかえしたい』だ!」
コンラト「生き返らしたいのですか?」
勇者「一度ぶん殴ってやりたいからよ」
リリア 「そんなことのために……ですか?」
勇者「これまで父親として何もしていくれなかったからよ」
コンラト「ファザーコンプレックスですね」
勇者「ち、ちがわい!」
リリア 「お断りしますわ。それって、単なる私怨を晴らしたいだけですよね」
ナタリー「そうね。行くなら、一人で行ってよね」
コンラト「それじゃ、私たちはルイーダの酒場に戻ります。何か正当な依頼でも受けたのなら
協力しますよ」
ナレ「と言って、三人は立ち去った」
勇者「……………………」
ナレ「そして勇者は一人寂しくさすらいの旅に向かったのであった」

THE END


ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・39
2020.09.21

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・39


メニューへ

ドラマに戻る


最終決戦の時


ナレ「地下五階に到達した」

勇者「静かだな……BGMが流れないのが不気味だ。なんだあれは?」
コンラト「どうやら祭壇のようです」

ナレ「一行が祭壇に登ると……。前方にかがり火が灯りゾーマの姿が現れた。奥の方から
スススと進み出て、一行の正面に立った」
ゾーマ「勇者よ!わが生けにえの祭壇によくぞきた!われこそは、すべてをほろぼすもの!
すべての生命を、わが生けにえとし、絶望で世界をおおいつくしてやろう!勇者よ!わが
生けにえとなれい!出でよ、わがしもべたち!こやつらをほろぼし、その苦しみをわしに
ささげよ!」
ナレ「キングヒドラが現れた」
勇者「何だ。自分では戦わないのかよ。こいつは、オルテガを倒した奴か?」
コンラト「そのようです」
勇者「なら、復讐戦だ!戦闘開始!!」
ナレ「キングヒドラは、もえさかる炎攻撃と打撃攻撃を仕掛けてくる」
ナタリー「こいつ卑怯だわ。打撃の時は、防御力の低いあたしかリリアばかり狙ってくるよ」
勇者「ふうっ。何とか倒したぜ」
ナレ「続いてバラモスブロスが登場する。激しい炎とイオナズン攻撃を最大3回連続攻撃
してくる」
勇者「冗談じゃないぞ。3回連続なんてあるのかよ!?」
ナレ「事実です。確かに3回攻撃はありました。私が保証します」
勇者「それにしても、バラモスブロスってなんだよ。ドラクエ10では兄のバラモスに対
して弟のバラモスブロスが登場するらしいが……」
コンラト「Baramos Bros. ということでしょうか」
ナタリー「弟が兄の復讐に来たということね」
ナレ「とにかくも、バラモスブロスを倒して先に進む」
勇者「次はどいつだ!」
ナレ「続いて、バラモスゾンビの登場だ」
勇者「バラモスゾンビ?もしかして、バラモス城のあいつがゾンビになって復讐に来たっ
てことかあ?」
ナタリー「弟に続いて、兄が直接ゾンビとなってやってきた?」
ナレ「ちなみに、スマホ英語版では、バラモスブロスは Soul of Baramos、バラモスゾン
ビは Bones of Baramos となっております。前者は魂で後者は死体。つまり、魂と肉体が
別々に襲い掛かってくるという設定か?」
ナレ「バラモスゾンビも何とか倒して、とうとうゾーマの目前へと進んだ」
ゾーマ「勇者よ!なにゆえ、もがき生きるのか?ほろびこそ、わがよろこび。死にゆく者こ
そ美しい。さあ、わがうでの中で息絶えるがよい!」
ナレ「ゾーマが現れた。今度こそ、最終決戦か?」
勇者「よっしゃあ!いてこましたれや!!こいつを喰らえ!」
ナレ「勇者は『ひかりのたま』を高く掲げた。あたりにまばゆいばかりのひかりがひろが
るっ!」
ゾーマ「ほほう……。わがバリアをはずす、すべをしっていたとはな。しかし、むだなこと
……。さあ、わがうでのなかで、もがきくるしむがよい。
ナレ「ゾーマは必ず2回攻撃を行い、打撃、マヒャド、凍える吹雪、いてつく波動を繰り
出してくる」
ナタリー「凍える吹雪が一番厄介ね。吹雪を軽減できる装備が必須ね」
勇者「俺は光の鎧、リリアは光のドレス、ナタリーは水の羽衣装備だ。コンラッドは……
ないので頑張れよ」
コンラト「なんですかその言い方は」
勇者「やいばのよろい装備で、打撃がくるのを期待しようぜ。反撃できるからな」
ナタリー「コンラッドさんはHP高いから、リリアがしっかり回復してくれるから」
リリア 「はい。まかせてください」
ナレ「苦しい戦いだった。長期戦となり呪文を唱えるためのMPも乏しくなってゆく」
勇者「これでどうやあ!レベル45の力を見せつけてやるう!!」
ナレ「そして、悪戦苦闘の末にとうとうゾーマをやっつけた!」
ゾーマ「勇者よ……。よくぞ、わしを倒した。だが、光ある限り、闇もまたある……。わし
には見えるのだ。再び何者かが、闇から現れよう……。だが、そのときはお前は年老いて
生きてはいまい。わははは……っ。ぐふっ!」
ナレ「ゾーマが倒され消滅すると同時に、辺りが炎に包まれ天井が崩れてゆく」
ナタリー「危ない!この城が崩れていくわ!」
勇者「退散するぞ!!」
ナレ「一行が元来た道を戻ろうとした時、地響きが起きて奈落の底へと墜落した」
勇者「ここはどこだ?」
コンラト「見たことのある場所ですね。あちこちに開けた宝箱が転がってます」
リリア 「ここはラダトーム北の洞くつですよ」
勇者「そういえば、この割れ目に飛び込もうとして、突風で押し戻されたことがあったよ
な。念のために、もう一回飛び込んでみよう」
ナレ「と飛び込んでみるも、やはり押し戻されるだけだった」
ナタリー「間違いないわね。ここの穴は片道切符の一方通行になってるのね」
勇者「そうか……リレミト!……だめだ。呪文が利かない」
リリア 「歩いて戻りましょう」
ナレ「出口に向かって引き返そうとしたが、途中で壁が崩れてこれまで通ってきた道が塞
がれた」
勇者「まあ、もうここには来ることはないだろうから関係ねえよ」
ナタリー「早く外へ出ましょう」
コンラト「魔物が出ないのが救いですね」
ナレ「そとへ出てみると、再び地響きが起きる。やがて、空の上のほうでなにかが閉じた
ような音がした……そして、暗闇だった世界に光が戻った」
勇者「なんだ?今の地震は?」
リリア 「分かりませんが……この世界にも朝が来たようですね」
勇者「朝が来たということは、太陽が昇ったということだろ?」
コンラト「そういうことになりますね」
勇者「おかしいだろ?ここは地下世界だよな。なんで太陽が昇る?ラダトームの住民もこ
う言ってたよな」
町女「ここアレフガルドは、閉じられた闇の世界。ただ絶望があるだけですわ」
勇者「と、言ってたじゃないか」
コンラト「ドムドーラの住民はこうも言ってました」
町娘「なんだか、今日もひえるわね。光をうしなってからは、この町もさむくなるいっぽ
うだわ」
コンラト「なんだか分かりませんが、地下世界とはいえ昔は光が射していたようです」
勇者「わからん……わからんぞお!!」
ナレ「地下世界であるはずのアレフガルドに光が戻った。勇者は永遠の不可思議に頭を抱
えるのだった」
ナタリー「もう、そんなことはどうでもいいでしょ。早くアリアハンに戻りましょう」
勇者「そうしたいんだが……」
コンラト「なんでしょうか?」
勇者「実は……、ルーラのリストから地上世界の町村のすべてが消えているんだ」
リリア 「なんですって?」
勇者「ルーラで行けるのは、このアレフガルド世界だけだ」
ナレ「ともかくもラダトーム城へとルーラで戻って来た」
コンラト「見てください!ゾーマの城が消えています!!」
ナタリー「ほんとだ!ゾーマを倒したから?」
リリア 「とりあえず、ラダトームの国王に事態の説明を報告しましょう」
勇者「そうだな……」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 X
2020.09.19

第八章 トランター解放




 惑星トカレフの顛末を、アレックスに報告するジュリエッタ。
「以上のごとく、殿下のご意思に反して、混乱に乗じ自身の領地を広げようと策謀した貴
族は自国に帰還させました。引き続き、同様の行為者に対し厳罰に対処します。殿下にお
かれましては、心置きなくトランター解放に専念してください」
 通信が途切れて、パネルスクリーンの映像が切れた。
「さてと……」
 参謀達の方に向き直って、
「そろそろ始めるとするか」
 と声を掛けると、
「やりましょう!」
「祖国を取り返しましょう」
 参謀達はもちろんのこと、オペレーター達からも声が上がった。
「メビウスのレイチェル・ウィング大佐に繋いでくれ」
 電波妨害されていたが、守備艦隊を蹴散らしたうえに、トランター軌道上までくれば、
もはや妨害は不可能だろう。
「ウィング大佐が出ました」
 パネルスクリーンにレイチェルが映し出された。
「提督、お久しぶりです」
「そちらも元気なようだな」
「作戦発動ですね」
「その通りだ。準備状況は?」
「万端整っております。号令一過いつでも突撃できます」
「わかった。待機して指令を待て」
「かしこまりました」
 通信が終了し、映像は途切れた。
 アンディー・レイン少将に向かって、
「作戦通りに降下作戦に入ってください」
「了解しました」
 アレックスの指令を受けて、レイン少将の指揮による降下作戦が始まった。
 これまでトランターの防衛としての任務に当たっていた艦隊である。
 惑星における連邦軍の配備状況など、すべての情報を知り尽くしているのだ。
 適材適所に部隊を派遣して、次々と攻略していった。


 その頃、地上ではメビウス部隊による反抗作戦が繰り広げられていた。
 かつての統合総参謀本部である総督府を取り囲む艦船の群れ。
 地上では戦車や装甲車が、敵地上部隊との壮絶な戦いを続けている。
 その間を縫うように、モビルスーツが進軍する。
 それらの戦いざまを、後方のミネルバ艦橋から指揮統制するフランソワ・クレール大尉
の元には、続々と報告が届いている。
「地上部隊、総統府を取り囲みました」
 適時的確に指令を下すフランソワ。
「白兵部隊を突入させて下さい」
 ミネルバには強靭な白兵部隊が編制されている。
 かつての士官学校模擬戦闘において、ミリオン・アーティス率いるジャストール校が守
る第八番基地を攻略した白兵部隊。その時に従軍した士官たちが、昇進しながらもより強
い部隊へと鍛え上げてきたのである。
 *参照/模擬戦闘
 戦車の砲撃一発、正面玄関が吹き飛ぶ。
 戦車や装甲車の後ろに隠れて進んでいた歩兵が、一斉に総統府へとなだれ込んでゆく。

 空中では敵空戦部隊を壊滅して、制空権を確保したミネルバの空挺部隊から、降下兵が
舞い降りてゆく。
 その一部は、総統府の屋上へと降下して、階下へと突き進む。
 上からと下からと挟撃を受けた総統府は、数時間後には白旗を上げた。
 ちなみに、地球日本国で白旗を上げるという正式な降伏(戦時国際法による)が認めら
れたのは、江戸末期ペリー艦隊が幕府に、『開国しないなら攻撃するから、降参するなら
掲げよ』と白旗を送り付けたのが最初と言われている。
 1899年、第1回万国平和会議で採択されたハーグ陸戦条約第三章第32条には、白旗を掲
げて来た者を軍使とする規定があり、これを攻撃してはならないこととなっている。

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -