あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-4
2019.10.02


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-4

 やがて母がメジャーを持って戻ってきた。
 そういえばまだ裸のままだった。すっかり動転していて、そこまで気が回らなか
ったのだ。もっとも身体測定だから、結局脱ぐことになったのだろうが……。
 早速、身体測定がはじまる。
「アンダーバストは65、トップが74か……ウエストが55、ヒップが80。う
ん、中学生としては、なかなかいいプロポーションしてるじゃない。5号サイズっ
てところかな。伸長はっと、計りになあ……。ちょっとそこの柱に背をつけるよう
に立ってみて。そうそう、印をつけて……152ね。弘美ちゃんの年齢だと、もう
しばらくは背が伸びるわね」
 というように、ぶつぶつと独り言を口にしながら測定していく。
 母が、以前の服を着れないという意味が今更に理解できた。
 以前の弘美は、全国中学柔道大会柔道でも66kg以下級で戦う筋骨隆々の骨格
をしていたのだ。それが……言わずもがなであろう。はっきりいって今の弘美の体
重も40kgあるかないかだった。
「もうしばらくってどういうこと?」
「ああ、女の子はね。思春期に入るころから、縦方向の身長があまり伸びなくなる
のよ。女性ホルモンのせいでね」
「じゃあ、一生このくらいの身長なの?」
「そうね。伸びても後10センチくらいかな。せいぜい160前後止まりね。その
分横方向へ成長するわ。胸とか骨盤とかが発達するのよ。子供を産むための身体造
りがはじまるの」
「子供を産む?」
「何を驚いてるのよ。女の子なんだから、当然でしょ。ああ、そうだ。生理の手当
の仕方も教えなければいけないわ」
「せ、生理って、女の子が毎月なる、あれ?」
「そういうこと。年頃の女の子なんだから、あって当然でしょ。買い物リストに生
理ショーツとナプキンも追加しなくちゃ」
 測定が終わり、母はいそいそと買い物に出かけるべく、部屋を後にした。
 やがて外から、信一郎兄の車のエンジンが聞こえてきて、それは遠ざかっていっ
た。

 いったいどうなってしまうのだろうか?

 ひとり部屋に残り、将来に一抹の不安に脅える弘美だった。
 それにしても……。
 どうしてこうなってしまったのだろう?
 と改めて考え直してみるが、突然女の子になってしまった原因が判らなかった。


11
あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-3
2019.10.01


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-3

 しばらく母娘の抱擁が続いて、やがて静かに母が弘美から離れた。
 涙を拭いながら、
「もっと良く見せてごらん」
 と、じっと見つめる母。
「いやだ。恥ずかしいよ」
「ふふ……恥ずかしいのは、女の子の証拠よ」
「あたりまえだよ。こんな裸見られたら、誰でも恥ずかしいよ」
「声もすっかり女の子ね。とっても可愛い声よ」
「え? 声?」
「気づいてなかったの?」
「だ、だって、驚いてばかりで言葉を失ってたという感じだったし……」
「いい声だわ。やっぱり女の子はいいわねえ」
 もう……。
 母さんは、女の子が欲しくてたまらかったから、嬉しくてしようがないだろうけ
どさあ……。こっちはそれどころじゃない気分。
「さあて、これから買い物に行かなくちゃ」
 ふと弘美から離れて、独り言のように呟く母。
「買い物って?」
「決まっているじゃない。弘美が着る服よ。女の子になったんだから、女の子の服
を買わなくちゃね。今ある服はもう着れないでしょ」
「い、いいよ。今あるやつを着るよ」
「気づいていないの?」
「気づくって?」
「あなたの身体よ。以前より身体が小さく細くなって華奢になってるのよ」
「え? そうなの……?」
「以前の服はだぶだぶでとても着れないわよ。その証拠じゃないけど、サイズを計
らなきゃね。今メジャーを持ってくるわ」
 と言って部屋の外に出ていった。
 ドアの外から家族の会話が聞こえてくる。
「母さん。ずいぶん遅かったじゃないか」
「な、なあ。ほんとに女の子だっただろ?」
「ええ。正真正銘の女の子だったわ。間違いなく弘美は女の子。しかもとびきり可
愛い女の子になっているわよ」
「だ、だろう。俺は嘘は言わないよ」
「で、どうするんだよ。これから」
「どうするもないよ。弘美はわたしの娘だし、あなた達の妹ということよ」
「妹か……そうだな。妹もいいかも知れないな」
「信一郎兄さんは、肯定するんだね」
「もちろんさ。母さんじゃないけど、俺も妹が欲しかったからな。正直言って、弟
ばかりでうんざりしてたんだ」
「そりゃ、ひどい言い方だよ」
「まあ、そういうわけよ。弘美は年頃の女の子なんだから、これからは許可なく弘
美の部屋に入っちゃだめよ」
「入っちゃだめって、弘美と一緒の部屋の俺はどうするんだよ」
「部屋替えするわ。弘美は女の子だからもちろん一人部屋、武司は信一郎と一緒に
する。いいわね」
「俺は構わんよ。まだ見てないけど、とびきり可愛いというんだし、妹のためなら
一歩でも二歩でも譲るよ」
「武司も構わないわね。いえ、これは母の命令です」
「ちぇっ、しようがないな……」
「じゃあ、みんなも納得したところで、これから弘美の着る服の買い物に付き合っ
てもらうわよ。女の子は衣装持ち、取り敢えずは一週間分だけど、かなりの量にな
るはずだから、荷物持ちお願いね」
「いいよ。みんなもいいな」
「とにかく弘美の事はしばらくそっとしておいてあげてね。いきなり女の子に生ま
れ変わって一番動揺しているんだから」
「わかった」
「さあ、みんなそういうわけだから、下へ降りた降りた」
 やがて階段を降りていく家族達の足音。
 どうやら家族は、弘美を女の子として肯定し、妹として位置付けしてくれたよう
だ。
 が、その本人の弘美は、一人蚊帳の外。
 一体なぜ女の子になってしまったのか、その理由も解き明かされないまま事が進
んでいく。


11
あっと!ヴィーナス!!第一章 part-2
2019.09.30


あっと! ヴィーナス!!


第一章 part-2

「弘美、隠れてないで顔を見せなさい」
「……」
 見せられるはずがなかった。しかし完全に逃げ場はなかった。
 かといって出られない。
 ううーん。どうしたらいいんだよ。
「俺が布団を引っぱがしてやる」
 次兄の慎二兄さんの声だ。
 だ、だめー!
 剥がされないように裏側からしっかりと布団を抱き寄せる弘美。
「待って!」
「なんだよ」
「あなた達は、ちょっと外へ出ていなさい」
「ええ? 何でだよう」
「もし武司の言ってることが本当なら、弘美は恥じらい多き年頃の女の子ということ
じゃない。兄弟とはいえ、異性の前に姿を見せられて?」
 おお、さすが母親だけあるよ。女の子の心理を知り尽くしている。
 って、そうじゃないだろう。
「おい。おまえら、母さんの言う通りだ。出るぞ」
 言い出したのは長兄の信一郎兄さんだ。
「ちぇっ、しょうがねえな」
 三兄の雄三兄さん。
 と、ぞろぞろ部屋を出ていく足音。
 やがて扉を閉める音。
 そして静かになった。
「さあ弘美、顔をお見せなさい。お兄さん達はもういないわ」
 やさしく諭す母。
「もし武司の言うとおり、弘美が女の子になったとして、お母さんにだけは、姿を見
せられるわね」
 それでもじっと布団の中で固まっている弘美。強制的に掛け布団を剥がされる気配
はなかった。あくまで本人の意思で姿を見せるのを待つつもりのようだ。
 いつまでも姿を出さないので、静かに語りはじめる母。
「ねえ、弘美。以前からお母さんが、女の子が欲しがっていたのは知っているわよね。
産まれてくる子はみな男の子。これが最後と割り切って産んだ五人目のあなたも結局
男の子だった。悔しくて、あなたに弘美って女の子みたいな名前をつけちゃった。覚
えていないだろうけど、ちっちゃい頃はあなたに女の子の服を着せて慰んでいたわ。
ほら、そんな写真があったのを覚えているでしょ」
 そう確かに、弘美の記憶には家族のアルバムに、可愛いちっちゃな女の子の写真が
あったのを思い出した。そのアルバムを見て自分自身の幼少の写真がなくて、知らな
い女の子の写真があるのを不思議に思ったものだった。母は、その頃の弘美が写真嫌
いでカメラを向けても逃げ回っていて、その女の子は弘美の幼馴染みの一人たとか言
っていたけど、そうかあの女の子が……。今更にして納得する弘美だった。ちなみに
幼馴染みには双葉愛という女の子がいる。
「だから、ねえ弘美。もしあなたが本当に女の子になったというのなら、お母さんは
こんなに嬉しいことはないわ。だってこれからは女同士の話しができるんですものね。
今流行のファッションの話しをしたり、ショッピングにも一緒に行けるのよね。今ま
では自分以外は、みんな男性でしょ。お父さんと五人の息子達、合わせて六人の男性
の中でたった一人自分だけが女性。こんな寂しいことはないわよ。でも今日からは違
うわよね? 弘美が女の子だったらね」
 弘美を産み育てた心境やアルバムの事を持ち出して、とくとくと説得を続ける母。
 このまま隠れているわけにもいかなかった。
 自分を産んでくれた母、弘美が女の子になったことを心底喜んでいることが、その
口調からはっきりと感じ取られていた。
 もっそりと布団から顔を現わす弘美。
「あら、髪が伸びたのね。いいわよ、今の弘美には似合っているわよ。さあ、全身を
見せてくれるわよね」
 あくまで弘美の自意識に委ねる母。
 布団を捲くって、その全身をあらわにする弘美。
 一糸纏わぬ女の子の裸体がそこにあった。
「まあ……素敵!」
 瞳を爛々と輝かせて、歓喜しながら、
「弘美なのよね……?」
 一応念押しの確認している母。
「そ、そうだよ。俺、弘美だよ」
「そう……ほんとに、女の子になったんだね」
 言うが早いか、力強く抱きしめられた。
「うれしい……弘美、ありがとう」
 うれしいと感謝感激されても困るんだけど……と、思っていても口に出せる心境で
はなかった。
 母は涙を流し、身体を震わせながら弘美を抱きしめ続けていた。
「お母さん、苦しいよ。そんなに強く……」
「我慢してらっしゃい。母娘のスキンシップは大切なの!」


11

- CafeLog -