あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-9
2020.12.29

あっと! ヴィーナス!!(43)


第二章 part-9


 椅子から飛び降りると、ハーデースに向き直った。
「やい!愛ちゃんをどこに隠した!?」
「隠す?」
「そうだ!今すぐ、愛ちゃんを出せ!」
「隠していないが……その者なら、隣の部屋でくつろいでいるがな」
「隣の部屋だとI?」
「ああ、そこの部屋だ。鍵は掛かっていないぞ」
 ハーデースが指さした扉に向かう弘美。
 取っ手に手を掛けようとするが、ヴィーナスが忠告する。
「開けるのか?罠かも知れんぞ」
 するとハーデースが応じる。
「その心配はない!」
「信じられるのか?」
「インディアン嘘つかない」
「お、おまえもかよ!!天上界では、よほどローンレンジャーが流行ってるんだな」
 といいつつ、取っ手に手を掛けドアを開けた。
 そして、弘美の目に飛び込んできたものは?
「なんだこれは?」
 広間の中央にデンと置かれた大きなテーブル。
 その上に、これでもかと並べられた食事の数々。
「まあ、ゆっくりしていきたまえ」
 と、声を掛けたのは、
「アポロン!!」
 誘拐犯の主犯、その人であった。
「あ、弘美ちゃん!遅かったじゃないの」
 と、声を掛けたのは双葉愛だった。
 食卓の末席で、食事を頬張っていた。
「愛ちゃん!なんでだよ!?」
「来るの遅いから、先に食べちゃったわよ」
「た、食べて平気なのか?」
「うん。おいしいわよ」
「確か、神の食事って人間が摂ると不死になるとか……有害じゃなかったか?」
「まあな。人間にとっては危険ともいうべき食べ物だ」
 ディアナが解説する。
「心配するな。愛君の食べているのは、ちゃんとした人間の食べ物だよ」
 アポロンが解説した。
「本当だろうな?あ、インディアン噓つかないって言うなよ。当たり前だのクラッカーもダメだ」
 機先を制して口封じする。
「まあ、私を信じたまえ。愛君の隣に座ればよかろう。そこが人間の席だ」
 指定された席に着く弘美。
 ともかくも、洞窟を歩き疲れて腹も減っていたのだ。
「腹が減っては戦は出来ぬというからな」
 目の前の人間用の食事を手に取る。
 それを見届けてから、二人の女神に向かって、
「ヴィーナスとディアナもどうだね?神の酒(ネクタル)と神の食物(アムブロシア)も用意してあるぞ」
 とアポロンが勧める前に、ヴィーナスが神の酒を既に飲み始めていた。
「ちゃっかりしてるやっちゃな。ヴィーナスは」
「酒には目がないからな」
 ディアナも救い難いという表情をしていた。
「おまえらも飲むか?」
 ヴィーナスが弘美たちに、神の酒を勧めようとする。
「あほか!神の酒が飲めるかよ。不死になっちまったら人生終わりだ。だいたいが、俺達未成年だ!」
 やがて、ハーデースも主席に着いて、宴が始まった。
 弘美も取りあえずは空腹を満たすために、目の前の食事に手を付けている。
「おい。そんなにがっつくと太るぞ!」
「そうそう、せっかくのプロポーションが台無しになるじゃないの」
「知るかよ。空腹を満たすことの方が大事だ」
 仮に太ったとしよう。
 弘美は、ファイルーZリストに載っている人間だ。
 女にされた時に、見目麗しき姿に変身したくらいだ。
 醜態な状態になれば、ゼウスが放っておかないだろう。
 必ず、再び元の美麗な姿に戻すと思われる。
 それを知ったか知らずか、気にもせずに食べ物を口に運んでいる。
「ところで愛ちゃん」
「なあに?」
「どうやってここに連れてこられたの?」
「そうねえ……(としばし思い出そうとする)家に帰って玄関の扉をくぐったら、ここに出ていたのよ」
「つまり玄関扉が、どこでもドアになっていたということか……」
「どこでもドア?」
「分かりやすく言うと、転送装置だよ」
「ああ、そういうことね。でも、どうして私を?」
「人質になっていたんだよ」
「人質……私が?」
「俺……じゃなくて、あたしを連れてくるためにね」
 神の前では『俺』と称する弘美だったが、弘美の前では『あたし』と称している。
 愛ちゃんは、弘美を女の子と思わされているから、その前では俺とは言えなかった。
「さてと宴もたけなわ、本題に入ろうか。アポロン議事進行!」
「え、自分がでありますか?」
「やりたまえ」
「分かりました」
 すると、食事を乗せていたテーブルが、音を立てて床の下へと沈んでゆく。
 代わりに現れたのは、会議テーブルだった。
「ああん。もっと飲みたかったのに~」
 ヴィーナスが名残惜しそうに床の下を見つめている。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-8
2020.12.25

あっと! ヴィーナス!!(42)


第二章 partー8

「そこはそれ、さっきリレミト呪文使っただろ?あれだ」
「あれはMPが必要だ。さっきのでMPは尽きた」
「たった一回でか?」
「ああ、ドラクエは初心者だからなMPは少ししかなかった」
「ヴィーナスはどうなんだよ?」
「私は、そもそもドラクエの呪文は知らないし」
「ならば神通力を使えよ。それならば無限にあるんだろ?」
「いやなに。最後の城門をくぐったらもはやハーデースの領域だ。我々天上界、一介の女神の力などすでに封印されておるわ」
「あんだとお!?なぜそれを早く言わないんだ」
「聞かないからだ」
「聞くも何も、知らなきゃ聞けないだろが!!」
 侃々諤々(かんかんがくがく)、大広間に響き渡るほどの声でまくし立てる。
 実は、一行を取り囲むようにして、無数の魔物たちが蠢(うごめ)いているのにも気づかない。
 知らぬが仏、能天気な会話を続けながらも前に進む。
「お!前方に何かあるぞ!!」
「あれは、人?……いやハーデース様のようだ」
「なに!ハーデースだと?」
 途端に歩みが早くなって、とうとうハーデースの前に立ったのである。

 玉座に腰を降ろして、一行を出迎えるハーデース。
「よくぞ参った。疲れただろう、そこに電気按摩椅子を用意してある。身体を解(ほぐ)すがよかろう」
 指さした所には、某メーカーのマッサージチェアが置いてあった。
 どこから電気を引き込んでいるのかは謎であるが……。
「まさか、座った途端。手枷足枷が出て拘束されるんじゃないのか?」
「それはないぞ」
「さらに、電気椅子になっているんだろう?数千ボルトの電気が流れてあの世行きとか。ああ、ここがあの世だっけか……」
「だから違うと言っておる」
「電気椅子と言えば、送電施設を交流直流どっちにするかで、直流を推すエジソン陣営と、交流を推すテスラ&ウェスティンぐハウス陣営とで鍔迫(つばぜ)り合いやっててさ」
「何の話をしている?」
「エジソンは、交流の危険性を訴えるために、電気椅子の公開実験をやったそうだ」
「だから、何の話をしているかと聞いておる」
「結局、自由に電圧を変えられる交流に軍配が上がったのさ。でもさ、本当は直流の方が送電ロスという面では優れていたんだ。技術が発達して、簡単に直流交流変換が容易になって、再び直流送電が行われるようになってる」
「……もういいよ」
 長々と説明を続ける弘美に、耳ダコ状態になったハーデースだった。
 ふと、マッサージチェアの方を見てみると。
「ほほう、これは楽ちんだな」
 イの一番に、その恩恵に預かっていたヴィーナスだった。
 適度にモミモミされて、肩や腰などが揺れ動いている。
「まるで天国にいる気分じゃ!」
 実に気持ち良いという表情をしている。
 天国気分とか、天上人の言葉ではないが。
「おまあなあ!俺を差し置いて、真っ先に按摩椅子に乗っかるとは間違ってないか!?」
「女神とて疲れるんだぞ。日頃から歩くなどしたことないのに、地を掘り進んできたんだ。それに、レディーファーストという言葉を知らぬのか?」
「それは、足腰立たぬほどまで酒に溺れているからじゃないのか?」

「まあまあ、喧嘩するな。あと二台出してやるから」
 というと、下僕の骸骨が電気椅子をさらに二台運び出してきた。
「こらこら、電気椅子と言うなよ」
 文章が長くなるからです。
 新聞紙が字数を減らすために、コンピューターを電算機と呼ぶのと同じです。
「新聞ねえ……。気持ち悪くなるから止めてくれ!」
 マッサージチェアが二台、弘美たちの前に置かれた。
「そいじゃ、遠慮なく」
 ハーデースの御前において、マッサージチェアに身体を委ねる三人。
 ゆらゆらと身体が揺れて気持ちよさそうである。
「なんか、忘れてるような……」
 ヴィーナスがぼそりと呟いた。
 我に返る弘美。
「そうだった!こんなことしてる場合じゃなかったあ!!」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-6
2020.12.21

あっと! ヴィーナス!!(41)


第二章 partー7

「いやあ、間違えた……今のは、ダンジョン脱出呪文だった」
「馬鹿野郎!やっぱりドラクエじゃないかあ!!」
 気を取り直して、再び洞窟内へと突き進む。

 なんだかんだと先へ進み、荘厳なる扉の前にたどり着いた。
「ふむ。また合言葉か?」
「いや違うな。ほら、そこにドアノッカーがあるぞ」
 指さすドアの先には、獣の彫り物と口に挟むようにリング状のノッカーが付いていた。
「ほう……古風だな。これでドアを叩けば、ドアを開けてくれるのかな?」
 というと、ドアノッカーを叩いた。
「ま、待て!早まるな!!」
 重厚な軋み音を立てながら扉が開いてゆく。
 そして現れたのは、三つ首にして竜の尾と蛇の鬣(たてがみ)を持った巨大な獅子であった。
「ケルベロスだわ!」
「ケルベロス?」
「地獄の門番よ。早い話が、ハーデースのペットというところね」
「そうか。ラスボスに至る前の中ボスというところか?こいつを倒さないと先には進めないというわけだな」
「竪琴の名手オルペウスがいれば、こいつを眠らせておけるのだけど……」
「無理だ。オルペウスはアポロンの子飼いだからな」
 二人の女神が悩んでいると、
「ほれ、パン食うか?」
 弘美が、持っていたパンを差し出した。
 尻尾を振りながら、そのパンに噛り付くケルベロス。
「おまえ、パンを持ってきていたのか?」
「まあな。長旅になりそうだったから、持ってきた。女神はどうだか知らんが、人間は腹が減るからな」
「意外だな。賄賂のことを『ケルベロスにパンを与える』という諺(ことわざ)があるのを知っていたのか?」
「知るかよ。たまたまだよ」
「とにかく、ケルベロスがパンに気を取られているうちに、通り抜けるぞ!」

 地獄の門番をクリアーして、さらに先に進む。
「ケルベロスがいたということは、すでに地獄に入ったということだろ?」
「地獄というよりも冥府というべきだが。まあ、その通りだ」
 さらに進むこと1時間くらいだろうか、目の前に再び大きな扉が現れた。
「扉というよりも門、城門だなこりゃ」
「心配するな。ハーデースの神殿に到達したのだ」
「本当か?適当に言ってるんじゃないだろな?城門開けたら日本のどこかの城だったりしてな」
「それはないぞ」
「じゃあ、開けて入ろうぜ……ってか、どうやったら開くのか?鍵穴とか何もない?」
「また合言葉じゃないのか?」
 しばらく考え込んでいた弘美だったが。

「頼もう!相沢弘美ここに参上つかまつった!!」
 大声で扉に向かって叫ぶ弘美。
 すると……。
「とおれ!」
 図太い声とともに、扉がゆっくりと開いた。
「ふむ。どうやら歓迎されているようだな」
「どうだかな。それなら、合言葉が必要な扉とかは必要ないだろ?素直に通してないじゃないか」

 門をくぐると、辺りの風景が一変した。
 おどろおどろしたダンジョンの景色から、どこかの神殿造りのような大広間が一行を出迎えた。
 磨き上げられた大理石の床に、エンタシス状の柱が立ち並ぶ緋色の絨毯の敷かれた通路。
「この柱を壊したら、天井が崩れ落ちるのかな?」
「ありうるだろうな」
「万が一のために、柱に爆薬でも仕掛けておくか?」
「構わんが、その爆薬はどこにあるんだ?」
「持ってきてないのかよ」
「あたりまえだ!第一だな、柱を爆発して天井が崩落したら、生き埋めになるじゃないか」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



- CafeLog -