銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 XI
2020.01.19

 機動戦艦ミネルバ/第五章 ターラント基地攻略戦


XI


 壮烈なるターラント基地攻略戦が開始された。

 ミネルバ。
 艦内の至るところで、警報が鳴り響き戦闘態勢が発令された。
「艦載機及びモビルスーツ隊は発進準備せよ」
 フランソワの命令を伝えるオペレーターの声がこだまする。
 格納庫から戦闘機が次々と引き出されて、発着艦デッキへと移動されてゆく。
 モビルスーツへと駆け込むパイロット達。

 搾取したモビルスーツも全機投入される。
「アイク、ジャン、両名とも搭乗完了しました」
「出撃させてください」
「了解しました」
 今回の作戦は総力戦である。
 モビルスーツ及びパイロットを遊ばせておくわけにはいかないのである。
 作戦に参加する艦艇も、ミネルバ以下の空中戦艦、水上艦艇、陸上部隊と動員できるものはすべて参加していた。

「あの新人、大丈夫でしょうか?」
 副長のリチャード・ベンソン中尉が心配する。
「アイクはサブリナ、ジャンはナイジェルに任せてあります。何とか扱ってくれるでしょう」
「二人の競争意欲が邪魔をしなければと思うのですがね」
 フランソワとて考えでもないが、それを口にすることは士気の低下を招くことも良く判っていた。
「良いほうに考えましょうよ。オニール准将とカインズ准将もまた競争心によって、絶大な功績を挙げたのも事実なのですから」
「確かにそうではあるのですが……」
 煮え切らない副長であった。
 オニールとカインズ両名は、有能であるからこそ競争心は向上心となりえた。
 アイクとジャンは未熟で能力は未知数である。が、未知数であるからこそ将来もまた有望であるかも知れないのだ。

 激烈なる戦闘が繰り広げられる中、アイクとジャンも頑張っていた。
 双方ともパイロット役として、操縦桿を握っている。
「右後方に敵機!」
 機関士でありナビゲーターでもあるサブリナ中尉が警告する。
「了解!」
 振り向きざまに、ビームサーベルを抜いて切りかかる。
「上手いぞ。その調子だ」
 サブリナの指揮・指導の元、着々と技術を向上させてゆくアイク。
 ジャンとナイジェル中尉の方も同様であった。

「アーレスを発射します。軸線上の機体は待避せよ」
 ミネルバからの指令に、サブリナ機及びナイジェル機、その他多くの機体が退避する。
 その数分後にミネルバから強力な光が放たれターラント基地を破壊した。
 その凄まじさに驚愕した基地司令官は白旗を揚げて降参。ターラント基地はミネルバの手に落ちた。
「作戦終了!これより、この地に留まって撤収指令が出るまで確保する」


 メビウス海底基地司令部。
 ターラント基地攻略成功の報告が届いていた。
「着々と任務をこなしているようですね」
 副官が感心していた。
「まあ、ランドール提督の眼鏡にかなった人物ですからね。それなりの力量は持っている
はずです」
 レイチェルの言葉には確たるものがあるようだ。
「ここいらで休息を与えてはどうでしょうか?」
 副官の提案にレイチェル・ウィング大佐が答える。
「それはやまやまなのですが、総督軍もミネルバを追い回しているみたいですからね。そ
れにミネルバ級二番艦の【サーフェイス】の完成の間近なようですから」
「ミネルバ級ですか……」
「このミネルバ級と合わせて三番艦まで建造予定でした。いずれもメビウス部隊の所属に
なるはずでしたが、占領の方が早過ぎたのです」
「連邦軍のスティール・メイスン提督の作戦が作戦が素晴らしかったからですね」
「三百万隻もの艦艇を炎で焼き尽くしてね」
「あれには参りましたよ。お陰で共和国将兵は腰を抜かしてしまいました」
「しかし、サーフェイスが完成し実戦配備されると、今後の活動に支障が出ますね」
 これまでの勝ち続けの戦いは、最新鋭空中戦艦ミネルバがあってこそのものだった。総
督軍がミネルバ級をもって対戦を挑んできたら勝ち目は遠のく。
「サーフェイスが実戦投入される前に、トランター解放作戦を成功させなけらばならない
ようですね」
 という副官のため息とも思える言葉に、
「そのためにもモビルスーツ隊の教練度を上げる必要があります」
 レイチェルが作戦の方向性を唱える。
「訓練ですか……例の三人組も?」
「もちろんです。パイロット候補生は一人でも多い方がよろしい」
「分かりました。ミネルバに伝えます」
ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 XV
2020.01.18

第四章 皇位継承の証


XV


 新たなる情報がもたらされた。
 バーナード星系連邦において、クーデターが発生したというものであった。
 一部の高級将校が決起して、軍統帥本部などの軍事施設を占拠して高級官僚を拘禁し、
国会議事堂、中央銀行、放送局など、軍事と政治経済の重要施設を手中に収めたのである。
 総督軍の帝国侵略開始と時を同じくして決起したのは、総督軍からの鎮圧部隊の派遣が
困難な情勢となったことを見越してのことであろう。
「これで連邦側からの侵略の可能性は当分ないだろう。心置きなく総督軍と対峙する事が
できる」
 軍事クーデターが成功したとはいえ、政治経済の中枢を押さえただけで、これから国家
を立て直し、軍や艦隊を動かせるようになるにはまだまだ先の話となる。
 マーガレットの第二皇女艦隊とジュリエッタの第三皇女艦隊とを併合し、これにラン
ドール旗艦艦隊を合流させて、総督軍に対する迎撃艦隊とした。他の艦隊を加えなかった
のは、戦闘の経験もなく脆弱すぎて被害ばかりが増えると判断したからだ。また解放戦線
に援軍を求めるにも遠すぎて無理がある。総督軍にはまだ二百万隻もの艦艇が残されてい
る。それに対処するためにも解放戦線は動かせなかった。
 陣容は整ったものの、すぐには出撃はできなかった。
 国境を越えての大遠征となるために、補給を確保するための補給艦隊の編成と、燃料・
弾薬・食料などの積み込みだけで三日を要した。
 それらの準備が整うまでの時間を使って、アレックスの大元帥号親授式と宇宙艦隊司令
長官の就任式が執り行われることとなった。

 宮殿謁見の間が華やかな式典の会場となった。
 普段は謁見の間への参列を許されていない荘園領主や城主、そして下級の将軍達が顔を
揃えていた。祝いの席をより多くの人々に見届けてもらおうという配慮だった。
「アレクサンダー第一皇子、ご入来!」
 重厚な扉が開かれ、儀礼用の軍服に身を包んだアレックスがゆっくりと緋色の絨毯の上
を歩んでいく。宮廷楽団がおごそかな楽曲を奏でている。やがて壇上の手前で立ち止まる
アレックス。
 参列者の最前列には皇女たちも居並んでいる。
 大僧正の待つ壇上前にたどり着くアレックス。
 ファンファーレが鳴り響き、摂政エリザベスが宣言する。
「これより大元帥号親授式を執り行う」
 壇上の袖から、紫のビロードで覆われた飾り盆に乗せられて、黄金の錫杖が女官によっ
て運び込まれる。錫杖は権威の象徴であり、軍の最高官位を表わしているものである。
「銀河帝国第一皇子アレクサンダーよ。このたび銀河帝国は、汝に大元帥号の称号を与え、
宇宙艦隊司令長官に任命する。銀河帝国摂政エリザベス」
 別の女官が勲章を乗せた運び盆を持って出てくる。エリザベスは、たすき掛けの勲章を
受け取ってアレックスの肩に掛け、胸にも一つ勲章を取り付けた。そして豪華な織物でで
きたマントを羽織らせて、黄金色に輝く錫杖を手渡した。
 アレックスが与えられた錫杖を高く掲げると、再びファンファーレが鳴り響き、
「アレクサンダー大元帥閣下万歳!」
「宇宙艦隊司令長官万歳!」
 というシュプレヒコールの大合唱が湧き上がった。
 この儀式の一部始終は国際放映され、連邦や共和国へも流されたのである。

第四章 了

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・6(金曜劇場)
2020.01.17

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・6



ナレ「毒モンスターやギラ使いの『まじゅつし』を倒しながら、サンペタへやって来たの
だった」
勇者「まずは、セーブだな。王様は……いるはずないか」
王子「とにかく情報集しましょう。セーブの仕方も判るでしょう」
勇者「おい、犬!セーブ場所はどこだ?」
王子「犬が、知るわけないでしょ。そもそも喋らないし」
勇者「だがよ、後ろにくっついて、一緒に着いてくるぜ」
王子「懐いてますね」
勇者「お!町の隅っこに誰か佇んでいるぞ。こういう奴に限って、重要なヒントをくれる
はずだ」
兵士「じ、じぶんがはずかしい!私はあまりのおそろしさに、城から逃げ出したのです。
今頃、サンブルグの城は……。ああ、王女さまっ」
勇者「なんだ、脱走兵か」
王子「それを言っちゃ可哀相ですよ。だれだって逃げ出しているんですから」
勇者「おい、そこの女」
女 「まあ、あなたはもしや勇者さまではっ!?私はむかしルーラシア城におつかえしていた者です。こんな所で勇者さまにお会いできるなんて。ああ、夢のようですわ!」
勇者「おおそうか。じゃあ、セックスしようぜ」
女 「まあ、あなたはもしや……以下略」
勇者「つまらんな……所詮NPCキャラか、ふん!」
王子「決まり文句ですからね」
勇者「宿屋にいる奴、何か情報持ってるかな。おい、そこの男」
男 「まったくぶっそうな世の中になったもんですなあ。この前もサマートリアの近くでスリにあいましてね。幸い犯人は見つかりましたが。まあ、今頃は牢屋の中でしょうね。わっはっは。」
勇者「ふむ、そういえば、地下牢にいたな。『ろうやの鍵』欲しがってるやつ」
王子「だめですよ。悪人の言うこと聞いちゃ」
勇者「聞くだけなら。大丈夫だろ?」
王子「そうですかね……何かありそうですが」
勇者「お、壁と壁の隙間に縮こまっているじじいは?」
王子「立ちションしているのでは……」
勇者「まさか、大の方じゃないだろな。銀魂の近藤ゴリ子がやってたしな……。よし、また話しかけてみよ
う。リアクションが面白そうだ」
王子「面白がらないでくださいよ」
勇者「いいから。おい、そこのじじい」
翁 「なんと ここでも そなたの旅を 冒険の書に記録することが できるのじゃ。便
利な世の中になったものよのう。勇者が次のレベル……そなたの これまでの旅を 冒険
の書に記録してよいな?」
勇者「おお!もちろんだとも」
翁 「たしかに 書きとめておいたぞ!まだ休まずに冒険を続けるつもりかっ?」
勇者「いいえ、と答えたらどうなる?」
翁 「では ゆっくり休むがよい。勇者よ!そなたが もどるのを待っておるぞ」
ナレ「そしておなじみの音楽と共に、タイトルメニューに戻るのであった」
勇者「冒険を再開して、冒険の書をポチッとな。お!始まったぞ」
王子「何やってるんですか。冒険を中断してどうするんですか?」
勇者「悪い、悪い。ちょっとためしにやってみたかったんだ」

11

- CafeLog -