銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅲ
2020.10.10

第九章 共和国と帝国




 アレックスは統合艦隊総司令部に全幕僚を招集した。また帝国側から、マーガレット皇
女とジュリエッタ皇女、そしてその配下の提督達を呼び寄せていた。
「ところで座ったらどうだい。マーガレット」
 皇太子であるアレックスにたいしては、いかに実の兄妹であろとも最敬礼をつくさねば
ならない。同盟の提督達が着席しているのもかかわらず帝国の諸氏は不動の姿勢で立って
いたのだ。
「いえ。同盟の方々はともかく、我々は銀河帝国の人間です。皇太子殿下の御前において
は着席を許されません。どうぞお気がねなく」
「皇太子といっても、帝国ではまだ正式に承認されていないのではないかな」
「殿下はすでに宇宙艦隊司令長官に任命されております。皇室議会での承認はまだなされ
ておりませんが、これは事実上の皇太子として認められているからであります」
「宇宙艦隊司令長官は皇太子の要職だったな」
「さようにございます」
「私の皇太子の地位はともかく、共和国同盟最高指導者としての地位もあるのだ。そして
ここは共和国同盟下の首都星トランターだ。帝国の法律やしきたりは無用だ」
「ですが……」
「とにかく座ってくれ。こっちが話しずらいじゃないか。トランターにある時は、トラン
ターのしきたりに従ってくれ。最高司令官の依頼と皇太子の命令だ」
「は。ご命令とあらば……」
 皇太子の命令には絶対服従である。仕方なしに着席する帝国の諸氏。
「それよりも、殿下。私共をお呼びになられたのは、いかがな理由でございましょうか」
 マーガレットが尋ねた。
「先の同盟解放戦線では、解放軍と皇女艦隊が連携してことにあたったのだが、これをさ
らに推し進めて、正式に連合艦隊を結成するつもりだ」
「連合艦隊!」
 一同が驚きの声をあげた。
「誤解を招かないように先に念を押しておくが、これは連邦にたいして逆侵略をするため
に結成するのではないということだ。強大な軍事力を背景にして、連邦に容易には軍事行
動を起こせないようにし、平和外交交渉の席についてもらうためである」
「ミリタリーバランスと呼ばれるやつですな」

「ところでネルソン提督」
「はっ」
「現在の帝国の正確な艦隊数はどれくらいかな」
「帝国直属の艦隊が四百万隻と、国境警備隊及び公国に与えられた守備艦隊としての百万
隻を合わせて、都合五百万隻ほどになります」
「五百万隻か……だが、五百万隻といっても、同盟・連邦が相次ぐ戦闘で次々と新型艦を
投入してきたのに対し、長年平和に甘んじてきた帝国のものは旧態依然の旧式艦がほとん
どだということだが」
「さようにございます」
「しかも、乗員も戦闘の経験がほとんどないに等しいと。どんなに艦隊数を集めても、旧
式艦と未熟兵ばかりでは戦争には勝てない」
「確かにその通りですが、既存の艦隊を新型艦に切り替えるにも予算と時間が掛かり過ぎ、
また資源的にも短期間では不可能で問題外でありましょう」
「そうだな、不可能なことを論じてもしかたがないだろうが、将兵を再訓練する必要はあ
るだろう。今のままでは帝国軍五百万隻をもってしても、同盟・連邦軍二百万隻にはかな
わないだろうな」
 アレックスの言葉は、すなわち今帝国が同盟ないし連邦と戦争する事態になれば、かな
らず敗れることを断言したことになる。しかしこれまで数倍の敵艦隊にたいして戦いを挑
み勝ち続けてきたアレックスの実績を知るものには、信じて疑いのない重き言葉となって
いた。ネルソンにしても、完璧な布陣で艦隊を率いていたにもかかわらず、十分の一にも
満たない艦数でいとも簡単にマーガレット皇女を奪われてしまった、その実力を目の当た
りにしていては反論する余地もなかった。

ポチッとよろしく!

11
続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・2
2020.10.07

続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・2


メニューへ

ドラマに戻る


ガラナの村へ

ナレ「依頼者の元を訪れて、金の竪琴を受け取って、一路ガラナへと出発する一行」
勇者「ガラナか……懐かしいな」
コンラト「何がですか?」
勇者「通っていた高校の食堂に、ガラナのある自動販売機があったんだ。今とは違ってガ
ラス扉があって、縦に並んだラックから瓶の飲料水を取り出すタイプの自動販売機があっ
てね。取り出すのに失敗すると、途中で引っかかって取り出せなくなるという罠のある自
動販売機だったよ。ちなみにそのタイプの自動販売機は製造中止になっているらしい」
*参考画像
リリア 「ガラナ飲料の話ですか?」
ナタリー「あんた、一体何歳よ。ガラナを売っていたのは随分昔のことだよね。北海道なら、
今でも売っているみたいだけど」
勇者「ところでよ。この金の竪琴、だいたい5kgくらいはあるよな。金の価格が1g7000
円として、3千5百万円じゃないか。金地金に潰して売っ払ってしまえば大儲けじゃない
か。1円1Gに換算してよお、依頼の報酬よりいいんじゃね(*^^)v」
コンラト「いきなり話を変えましたね」
ナタリー「都合が悪くなると、いつもそうよ」
リリア 「だめですよ。依頼物の横領は、例えゴム紐1本でも懲役15年以上の刑になります。
ギルドの情報網は全世界に広がっていますから、指名手配一発でお縄です」
勇者「ちぇっ!冗談だよ、本気にするなよ。ゴム紐って、花売りしながら押し売りしてた
んじゃないだろな?」
ナタリー「あんたの場合、冗談が冗談じゃないからね」
リリア 「押し売りなんかしてません!」
ナタリー「昭和30年代の話をよく知っているわね」
勇者「おうよ。俺は網走刑務所を脱獄してきたからよ、ってかあ(*'▽')」
コンラト「さっきから、何の話をしているんですか?」
勇者「いやなに、この物語は作者の思いつくままに創作されてるから、話があっちこっち
に飛ぶし、不条理や摩訶不思議もありだ。そうでなきゃ、長期連載などできん!!構想を
練って創作されている銀河戦記とは違うのだよ。諸君」
ナタリー「なんのことよ"(-""-)"」
ナレ「などと口論している間に、魔物が現れた!」
コンラト「みなさん、気を付けてください!」
勇者「スライムか、まかせろ!」
ナレ「勇者の攻撃は当たらない」
勇者「もう一度!」
ナレ「魔物は笑っている」
勇者「こなくそ!」
ナレ「魔物の反撃、勇者に50Pのダメージを与えた」
ナタリー「ちょ、ちょっと待ちなさい」
ナレ「ナタリーは勇者のステータスを確認した」
ナタリー「馬鹿な!あんた、攻撃力、防御力、素早さ……体力以外全部【1】じゃないの?」
勇者「そうなのか?」
ナタリー「呆れたわ。はじめて会った時と同じステータスじゃない」
リリア 「待ってください。前回の時は、それなりのレベルでしたわよね」
ナタリー「あんた、あれから何してたのよ」
勇者「何って、俺は根っからの遊び人だぞ。攻撃力とか必要ないじゃないか」
コンラト「まさか……あれからずっと遊んでいたのですか?」
勇者「それ以外に、何がある」
ナタリー「呆れたわ。あんた、どうしようもないクズね」
リリア 「はい。クズです」
コンラト「同意します」
勇者「なにを!俺は『おそ松さん』じゃないぞ!」
ナタリー「もういいわ」
ナレ「勇者以外の三人は、何故こいつが勇者に選ばれたのか……と、自問自答していたの
だった(が、口には出さない)」
リリア 「ともかく、魔物が時々落とす、素早さの種とかは全部勇者さんに渡しましょう」
コンラト「仕方ありませんね」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 II
2020.10.05

第九章 共和国と帝国



フィッツジェラルド家


 軍事的にも政治的にも、着々と改革を推し進めていくアレックスであったが、どうあが
いてもままならぬ一面があった。
 経済である。
 そしてそれを一手に掌握するフィッツジラルド家とどう対面するかである。
「死の商人」
 と揶揄される一族だった。
 一般市民達は平和であることを望む。
 しかし、武器商人達は平和であっては、飯の種がなくなってしまう。
 次々と最新鋭戦艦を開発生産する大造船所と、死の商人達を傘下に擁する彼らにとって
は、太平天国の世界よりも戦乱動地の世界の方が、居心地がいいはずだ。いずれ彼らの手
によって戦乱の世に導かれていくのは目にみえている。
 たとえばだが……。

 地球日本史において、真珠湾攻撃と呼ばれる奇襲攻撃があったが、米国は事前に察知し
ていた?という陰謀論説がある。
 大日本帝国海軍の真珠湾攻撃を、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルト
が、「事前察知をしながらそれをわざと放置した」という説である
 戦争になれば、戦闘機を製造するロッキード・マーチン社やマクドネル・ダグラス社、
、航空母艦ではニューポート・ニューズ造船所などが潤うのだ。
 短期戦では日本に一時的にも追い込まれるだろうが、長期戦に持ち込めれば経済力で日
本に逆転できるとの判断がなされた。

 そういった戦争を望む商人達が、大統領を裏で手を引いていたというのだ。
 ちなみに、幕末に活躍した長崎のトーマス・グラバーも武器商人として来日していた。
 数ある資産家の中でも、その名前を知らぬ者はいないといわれるフィッツジラルド家は、
全銀河の経済覇権を実質上握っていた。共和国同盟内はもちろんのこと、銀河帝国との通
商貿易の九十五パーセントを独占し、連邦側とも闇貿易で通じていると噂されていた。 
 戦時下においては、最も利益を生み出すのが武器の輸出である。そこに暗躍するのが死
の商人と呼ばれる武器輸出業者である。金さえ出してくれれば、敵であろうと誰であろう
と一切関知しない。必要なものを必要なだけ調達して、指定の場所へ運んでやる。
 そしてそれらの死の商人達を影で操っているのが、フィッツジラルド家なのである。

 かつて第二次銀河大戦が勃発し、統一銀河帝国からの分離独立のために立ち上がった、
トランター地方の豪族の中でも最大財閥として、当時の独立軍に対して率先して最新鋭戦
艦の開発援助を行っていたのがフィッツジェラルド家である。

 その総資産は銀河帝国皇室財産をも遥かに凌ぐとも言われており、資本主義経済帝国の
帝王と揶揄されている。
 ことあるごとにランドール提督を目の敵としていた、かのチャールズ・ニールセン中将
もまた彼らの庇護下にあったのだ。
 政治や軍事には直接介入しないが、実力者を懐柔して裏から支配する。

 そんなフィッツジェラルド家の当主が、アレックスに面会を求めてきた。

 トリスタニア共和国は解放されたものの、銀河にはまだ平和は訪れていない。
 バーナード星系連邦との戦争は継続中である。
 そのためにも、軍備の増強も必要であろう。
 あらたなる戦艦の建造は無論のこと、被弾した艦船の修理には彼らの協力を得なければ
ならないことは明白である。
 武器商人との取引も避けては通れないのである。


「アンジェロ・フィッツジェラルドです」
 と名乗った相手は、恰幅のよい体系の50代半ばの男性だった。
 機動戦艦ミネルバを造った造船所を所有している。
 トランターが連邦軍によって陥落された後には、何の躊躇いもなく総督軍にくみして、ミ
ネルバ級2番・3番艦を建造して、メビウス部隊掃討の手助けをした。
 その時々の権力者に媚びへつらって、財力を蓄えて経済面から支配するということだ。
「アレックス・ランドールです」
 差し障りのない挨拶を返す。
「それにしても……。さすがですなあ。総督軍との戦いぶり、じっくりと鑑賞させていた
だきましたよ」
 解放軍及び帝国軍混成艦隊と総督軍との戦いは、TV放映を許可していたから、当然共
和国でも視聴できたということだ。
 それから、軍事や経済に関わる話題が交わされる。
 二時間が経過した。
「どうも長らくお邪魔致しました。今後ともお付き合いよろしく御願いします」
 共和国の軍部最高司令官と、経済界のドンとの会談は終わった。
 何が話されたかは、想像に容易いことだと思われる。

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -