銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XIII
2019.08.11


 機動戦艦ミネルバ/第四章 新型モビルスーツを奪回せよ


                XIII

 座席を動かして下を探す二人。
「あったぞ!」
「こっちもだ」
 取り出したサバイバルツールには、次のようなものが収められていた。
 非常用携帯食糧、浄水器、拳銃と弾丸1ケース、コンパス、発炎筒、サバイバルナイ
フ、断熱シートなどなど。
「食糧は当然として、こんな砂漠で浄水器が役に立つかよ。ミネラルウォーターくらい
入れとけよ」
「拳銃と弾丸は、獣を撃って食料にしろということだろうけど……。砂漠に獣がいるわ
きゃないだろが」
「いるのは毒蛇か昆虫くらいだぜ」
「まあ、自殺するのには役立つけどな」
「やめてよ、まだ死にたくないわよ」
「ほれ、断熱シートにくるまってろ。寒さよけになる」
 熱を遮断する不織布製のシートで、くるまっていれば体温の放射を少なくして、温か
く感じるというものである。
「うん」
 素直に答えて、断熱シートにくるまるサリー。
「我慢できなくなったら、ジャンと替わってもらうさ。どうせ今夜一晩だけの我慢だ。
明日には救援がくるさ」
「この新型を奪取するために、機動戦艦ミネルバがやってきたり、特殊工作部隊を潜入
させたりして、並々ならぬ戦力を投入している。新型を重要な戦略の一環として考えて
いる証拠だよ。だから必ず回収にくるさ」
「だといいんだけど……」

 ミネルバ会議室。
 カサンドラから収容された訓練生達が集合している。
 前方の教壇に立って、訓示する教官役の二人。
「君達は、このミネルバに自ら進んで乗り込んできたわけだが、このミネルバにおいて
も引き続き、実戦に即した訓練を行う予定だ。成績優秀な者は順次実戦徴用する。しか
し知っての通りに訓練機は一機もないし、君達パイロット候補生に搭乗してもらう実戦
機は限られている。全員に対して十分な訓練を施すことができない。そこで適正試験を
行って優秀な十名のみを選抜して、パイロット候補生とする。残りの者は、他の部門へ
の配置換えを行う」
 ここで、訓練生達にプリント用紙が配られた。
 タイトルには、配属希望表と書かれ、パイロット以下被服班、給食班、衛生班、工作
班、恒久処理(ダメコン)班、などの配属先名と、仕事の内容が書かれている。
 担当が入れ替わって説明を続ける。
「適正試験に合格する自信のない者は、パイロット以外の希望職種を記入して、明日午
後三時までに総務部室へ提出するように。第一志望から第三志望まであるから、良く考
えて記入するように。私からは以上だ」
 ここで女性士官に替わった。
「私は、皆さんの日常生活をお世話する担当です。何か相談事や心配事があったら、い
つでも気軽に相談して下さい。配属された部署がどうしても合わないなどで、配置換え
を希望する時も遠慮なく申してください。それでは、皆さんの宿坊を決めましょう。不
公平のないように、くじ引きで決めます。男女別々ですからね。前に出てくじを引いて
ください。男子は青い箱、女子は赤い箱です」
 ぞろぞろと前に出て男女別々のくじ箱に手を差し入れて、くじを引いている訓練生。
ワイワイガヤガヤとおしゃべりしながらなのは、まだまだ大人になりきれない子供だか
らだろう。実戦を知らず世間も知らない訓練生だった。
「くじに書かれた部屋番号は、後の壁に貼ってある艦内見取り図を見て、部屋の位置を
確認して下さい」
 ここで一旦解散となり、各自の宿坊へと向かうように指示が出た。もちろん宿坊以外
の場所への立ち入りは厳禁である。追って連絡があるまで宿坊から出ないようにとも。


11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIV
2019.08.10


第三章 第三皇女


                XIV

 やがて一隻の艦が接舷してきた。
「乗り込んでくるもようです」
「排除しなさい」
「判りました」
 答えて艦内放送で発令するグレイブス提督。
「艦内の者に告げる。接舷した敵艦より進入してくる敵兵を排除せよ。銃を持てる者は
すべて迎撃に回れ」
 次々と乗り込んでくるサラマンダー艦隊の白兵部隊。
 だがいかんせん、戦闘のプロの集団に、白兵など未経験の素人が太刀打ちできる相手
ではなかった。
 白兵部隊は艦橋のすぐそばまで迫っていた。
 ロックして開かないはずの扉が開いてゆく。投げ込まれる煙幕弾が白煙を上げて視界
が閉ざされていく。そしてなだれ込んでくる白兵部隊。次々と倒されていく味方兵士達。
 やがて煙幕が晴れたとき無事でいたのは、マーガレット皇女と侍女、そしてグレイブ
ス提督他数名のオペレーターだけであった。
 やがて敵兵士によって確保された扉を通って、警護の兵士に見守られながら一人の青
年が入ってきた。
 どうやら敵白兵部隊の指揮官のようであった。
「ご心配なく。倒れているのは麻酔銃で眠っているだけです。十分もすれば目を覚まし
ます」
 言われて改めて周囲を見渡すマーガレット皇女。確かに死んでいない証拠に、微かに
動いているようだ。麻酔があまり効かなかったのか、目を覚まし始めている者もちらほ
らといる。
「このようなことをして、何が目的ですか?」
「銀河帝国摂政エリザベス皇女様の命により、あなた様を保護し帝国首都星へお連れ致
します」
「わたしを逮捕し、連行すると?」
「言葉の表現の違いですね」
 麻酔が切れて次々と目を覚まし始めるオペレーターや兵士達。
 敵兵の姿を見て銃を構えようとするが、
「おやめなさい! 銃を収めるのです。わたしの目の前で血を流そうというのです
か?」
 皇女に一喝されて銃を収める兵士達。
 マーガレット皇女の旗艦アークロイヤルは、敵艦隊の包囲の中にあり、接舷した艦が
発砲すれば確実に撃沈するのは、誰の目にも明らかであった。
 いわゆる人質にされてしまった状況では、戦うのは無駄死にというものである。将兵
の命を大切にする皇女にできることは一つだけである。
「提督。全艦に戦闘中止命令を出して下さい」
「判りました。全艦に戦闘中止命令を出します」
 提督の指令で、アークロイヤルから停戦の意思表示である白色弾三発が打ち上げられ
た。
 ここに銀河帝国を二分した内乱が終結したことになる。
「首都星へ行くのは、わたしだけでよろしいでしょう? バーナード星系連邦の脅威あ
る限り、この地から艦隊を動かすことはできません。罪を問われるのはわたし一人だけ
で十分です」
「皇女様の思いのままにどうぞ」
 皇女の気高さと自尊心を傷つけるわけにもいくまい。
「ありがとう」
 そう言って改めて、その若き指揮官を見つめるマーガレット皇女。
 常に笑顔で対応するその指揮官の瞳は、透き通った深緑色に輝いていた。
「あ、あなたは……?」
 言葉に詰まるマーガレット皇女。ジュリエッタ皇女が初対面の時に見せた表情とまっ
たく同じであった。
「共和国同盟解放戦線最高司令官、アレックス・ランドール少将です」
 指揮官が名乗ると、艦内に感嘆のため息が起こった。
 ここでも、アレックス・ランドールの名を知らぬものはいないようであった。
「なるほど……。共和国同盟の英雄と称えられるあの名将でしたか」
「巡洋戦艦インヴィンシブルが近づいてきます」
「ジュリエッタが来ていたのね」
「インヴィンシブルで首都星アルデランにお連れ致します」
「参りましょう。提督、艀を用意してください」
 グレーブス提督に指示を与える。
「かしこまりました」
「提督には残って艦隊の指揮を執って頂きます。引き続き連邦への警戒を怠らないよう
にお願いします」
「はっ!誓って連邦は近づけさせません」
「ランドール殿、それでは参りましょうか」
 こうしてアレックスに連れられて、インヴィンシブルへと移乗するマーガレット皇女
だった。


11
妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾肆
2019.08.09


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪


其の拾肆 朝鮮人


 井上課長が蘭子を訪ねて土御門神社に来ていた。
 蘭子に依頼されていた事件報告であった。
「やはり殺人事件があったよ」
 単刀直入に話し出す井上課長。

 以下は警察事件簿に残る記録である。
 終戦当時、朝鮮半島から出稼ぎに、朝鮮人労働者とその家族が大量に流入していた。
 日本人男性が徴兵で留守にしている間に、日本に出稼ぎに来ていた朝鮮人達が、警察
署を襲って拳銃を奪い日本人を殺戮するなどの暴動が頻発していた。
 空き家があれば押し入って我がものとし、空き地があれば問答無用に家を建てて所有
権を誇示した。
 挙句の果ては、出征した知人の日本人の名を名乗って戸籍を奪うものさえいた。
 かの侵入者もそんな朝鮮人の一人であった。
「通名・金本聖真、本名・金聖真(キム・ソンジン)という」
 立ち寄った先で見つけた家に目を付けて、主人がいないことを確認すると、傍若無人
にも押し入って留守を守っていた女性を凌辱した。
 そして、その家を女性ごと乗っ取ったのである。
 やがて男が帰ってきて、惨劇は繰り広げられた。
「とまあ……そういう顛末です」
 長い説明を終える井上課長。
「おかしいですね。図書館で私の調べたところでは、朝鮮人という記述は一言もありま
せんでした」
 疑問を投げかける蘭子。
「報道規制だよ」
「規制?」
「当時のGHQ(連合国総司令部)によるプレスコード、正式名は【日本に与うる新聞
遵則(じゅんそく)】だよ」
「プレスコードですか……」
「その一つに、『朝鮮人を批判するな』というものがあってね。朝鮮人による事件が起
きても、国籍を発表してはいけない……ということだ。当然事件はうやむやにされてし
まう」
「それって、今でも通用していますよね。特に朝日新聞などは、朝鮮日報(韓国紙)日
本支局と揶揄されるほどに、朝鮮人が犯人の国籍を隠蔽して発表しないみたいだし。大
阪南で、3月に起こった違法カジノ店襲撃事件の犯人が韓国人なのに、朝日だけは今な
お国籍を伏せて発表していません」
「まあ、そういうことだ。日本国憲法とは言っても、実情はマッカーサーノートに則っ
たGHQ憲法ということもね」
「日本は独立していないんですね」
「まあな。GHQによる WGIP(War Guilt Information Program)という「戦争につ
いての罪悪感」を日本人に植え付ける洗脳政策も行われたしな」
 深いため息をつく二人だった。
 しばらく沈黙が続いた。
「その家は固定資産税滞納による差し押さえ・競売となったのだが、殺人現場という瑕
疵物件で長らく放置状態だったらしい。で、つい最近やっとこ売却が決まって、現在の
持ち主となった」
「で、胞衣壺が掘り出された」
「うむ……」
「ともかく人死にがあって、かなりの流血もあったのでしょうね」
「土に滲み込んでいたが、土間いっぱいに広がるほどの量の血痕があったらしい」
「殺戮と流血、そして怨念渦巻くなか、例の胞衣壺がそれらを吸い込んだとしたら…
…」
「怨霊なり魔物なりが憑りつくか」
「そうとしか考えられません」
「問題は、その胞衣壺を掘り出したのは誰か?ということだな」
「ですね」
 その誰かについては、朧気ながらも犯人像をイメージしていた。


11

- CafeLog -