あっと!ヴィーナス!!第三部 第二章 partー10
2021.01.02

あっと! ヴィーナス!!(44)


第二章 part-10

「儂が愛君を誘拐し、弘美君を呼び寄せたのには訳がある」
 ハーデースが切り出した。
「訳だと?アポローンのゼウスに対する復讐じゃないのか?」
「アポローンの復讐は、君がここへやってきたことで、すでに成し遂げておる」
「成し遂げた!?どういうことだ?」

「実を言うと、愛君が食べたものには、冥界の果実ザクロが含まれていたのだ」
「どういう意味だ?」
「ザクロを食べたものは、地上には戻れない」
「ヴィーナス!本当なのか?」
「ああ、一応そういうことになっておるな」

「馬鹿な!ちゃんとした人間の食べ物と言ったじゃないか!?」
「ザクロは人間界にあるものと全く同じだ。だから人間の食事と言ったのだ。ただ、冥界で食べたことが問題なのだ」
「結局騙したのと同じだろう!?インディアン嘘つかないって、嘘だったのか?エピメニデスのパラドックスじゃないか」
「パラドックス?ああ、確か『クレタ人はいつも嘘つき……云々』というやつか。自己言及のパラドックスだな。が、嘘つかないという場合は違うだろ?」
「そうなのか?ええい!どっちでもいいわい!!」
「まあまあ、落ち着きたまえ」
 ハーデースが場を取り持つように発言した。
「そうだな。君たちが儂に協力してくれるというなら、地上に返すこと考えてもよいぞ」
「協力?」
「儂がペルセポネーに惚れているのは知っておろう」
「ペルセポネー?」
「ゼウスとデーメーテールの娘よ」
「と言われても分らんぞ」
「分からないなら、黙っているのね」
「だが、ペルセポネーは処女神であることを宣言して、儂のことなど眼中にないのだよ」
「でしょうね。まずは、地の底へ来ようと思う神はいないわね」
「そこで、ペルセポネーが儂の方に振り向くように策を労じて欲しいのだ」
「まさか、ゼウスの娘を篭絡することで、天地海分けジャンケンの時の復讐をするつもり?」
「ちがう!ちがう!!儂は本気でペルセポネーに惚れておるのじゃ」
「本当かしら?」
 一同疑いの目。
「頼む!協力してくれはしまいか?」
「つまり俺らに、恋のキューピッドになれということか?」
「有体(ありてい)に言えばその通りだ」
「具体的にどうすれば良いのだ」
「ここは一番愛と美の女神に手助けをしてもらおう。そのために、愛君と弘美君を餌にしたのだ」
「え?わたしですか?」
 ヴィーナスが意外という表情をしている。
「ヴィーナスの手下にエロースがいるだろう?」
「ああ、アポローンの目の前でダプネーに鉛の矢を討って、アポローンをダプネーに恋慕させるようにした悪戯(いたずら)少年ですね」
「ああ、思い出したぞ。ダプネーはアポローンから逃げ回って、結局追い詰められて月桂樹にしてもらった、という奴だな。おい、アポローン。そうだろ?」
「あ、ああ……」
 苦虫を潰したような表情になるアポローンだった。
 アポローンは女漁りが日常の女好き。
 それがエロースの罠とはいえ、真剣にダプネーに惚れて追い回したのだから。
「ともかく、エロースを呼んでくれないか?」
「いいけど……」
 というわけで、エロースが召喚された。
「なんで僕が協力しなくちゃいけないの?」
 突然冥府に呼び出されて、協力を打診されたエロースは不貞腐(ふてくさ)れている。
「だいたい僕を嘲(あざ)笑ったアポローンの手助けもすることになるんだろ?いやだね!」
 エロースは、その弓と矢で男女の恋心を弄(もてあそ)んで楽しんでいたのだが、アポローンに叱責された恨みがある。
 その復讐で、アポローンを弓で射って操ったのだが……。
「そこをなんとか……」
 ハーデースが懇願する。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeLog -