冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 42
2019.08.14


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 42


勇者「何なんだよ(と鏡を見る)」
ナレ1「その鏡に映っているのは見目麗しき若き女性だった」
勇者「おお、綺麗な姉ちゃんやなあ」
ナタリー「(コホンと軽く咳をして)良く見なさいよね」
勇者「何だよ(ナタリーに顔を向けると鏡の彼女も横を向く)あれ?」
ナレ1「横向きから鏡に視線を移すと、鏡の彼女も視線を移して自分を見つめる」
ナレ2「右手を上げると、鏡の彼女は左手を上げる」
ナレ1「左手を上げると、彼女は右手を上げる」
ナレ2「バンザイすると、彼女もバンザイする」
ナレ1「一挙一動寸分の違いも見せずに追従する動きを見せる鏡の彼女」
勇者「まさか……(どうやら気づいたようだ)」
ナレ1「唐突に服を開けて自分の胸を確認する勇者」
勇者「なんやこれはあ!!」
ナレ1「そこには豊かな膨らみがあったのである」
勇者「まさか……」
ナレ1「当然のように下半身を確認する」
勇者「ない……( ;∀;)」
ナタリー「どうやら納得したようね」
勇者「どうしてこうなったのだ」
ナタリー「日頃の行いが悪かったのよ(という言葉を飲み込んだ)」
ナレ1「それを言ってしまえば、同様にリリアも日頃の行いが悪かったことになるから
だ」
コンラッド「おそらく二人は、ほぼ同時に亡くなられ、ナタリーさんの蘇生術によって
魂が呼び戻されたものの……」
リリア「入れ替わってしまったと?」
コンラッド「そうです。蘇生術が行われた時、リリアさんの魂が最も近いところを浮遊
していたために、身近な勇者さんの身体に。そして残った勇者さんの魂は、仕方なくリ
リアさんの身体に入ったのではないでしょうか」
勇者「いい加減だな」
ナタリー「何をのんきな事言ってるのよ」
勇者「別に俺は構わんぞ(豊かな胸をじっと見る)」
リリア「いやあ、止めて!」
コンラッド「と、とにかく元に戻す方法を考えましょう」
リリア「ナタリーさん、魂を入れ替える術とか知りませんか?」
ナタリー「残念ながら知らないわ」
リリア「そんなあ……(ガックリと気落ちする)」
道具屋「いっそ性転換薬使ってはいかがでしょうか?」
リリア「性転換薬?」
ナタリー「つまり、それぞれの身体を性転換させるということね」
道具屋「はい。性転換薬の調合方法は知っていますから」
ナタリー「リリア聞いた?これで解決ね」
リリア「だめですよお。いくら性転換したって、あたしの魂はリリアの身体だからこそ
リリアなのよ」
コンラッド「そうですね。勇者さんの身体であるリリアさんが誰かと結婚して子供が生
まれたら、当然勇者さんと瓜二つで、リリアさんの面影は一切ありませんからね」
ナタリー「そうだ!クアール最高導師さまなら、何とかできるかも知れないわ」
リリア「そ、その手がありましたね。元々クアール最高導師様には会いにいく予定でし
たし」
ナタリー「そうね。フェリス王国へ向かいましょう」
コンラッド「フェリス王国ですか……(ちょっと困ったような表情)」
リリア「どうかしましたか?」
コンラッド「いえ、なんでもありません。フェリス王国へ行きましょう」
ナタリー「でも、今日はもう遅いから明日にしましょう」
勇者「それがいいな」
コンラッド「宿屋はありますか?」
道具屋「ここを出て右へ五軒目が宿屋です。主人も人間に戻っているでしょう」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 41
2019.08.13


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 41


道具屋「ひとまず戻りましょうか」
ナレ1「道具屋に戻る一行」
コンラッド「さてと、次の問題は……(とリリアの元の身体を見つめる)」
リリア「生きていますか?(心配そうに自分の身体をのぞき込む」
コンラッド「どうでしょうねえ。魂が入っていないから死んでいると言えるのでしょう
が」
リリア「そんなあ、いやです!」
ナレ1「泣き崩れて、遺体?に縋りつくリリア」
ナレ2「溢れ出る涙が、遺体の顔にも降りかかる」
ナレ1「と、微かに遺体の手がピクリと動いた」
コンラッド「ちょっと、今手が動きませんでしたか?」
ナレ1「さすが動体視力の鋭敏な騎士だけに、遺体の微かな動きも見逃さなかったよう
だ」
ナタリー「そうかしら……あたしは気づかなったわ」
ナレ1「一同の視線が遺体の手に注視する」
ナレ2「すると、一同監視の中で、再び手が動く」
ナタリー「うごいたわ!」
リリア「ええ!ほんとうですかあ?」
ナレ1「リリアは遺体に顔を埋めていたので、手の動きを見れなかったようだ」
コンラッド「あ、また動いた」
ナレ1「と突然、目をパチリを開ける遺体……じゃなくてリリアの身体」
コンラッド「目を開けましたよ。気が付きました」
ナレ1「ゆっくりと起き上がるリリアの身体」
ナレ2「キョロキョロと辺りを見回している」
コンラッド「生き返ったみたいですね」
リリア「ちょっと待ってください!あたしの魂はこの身体の中にあるのに」
ナタリー「じゃあ、誰の魂が入っているの?」
コンラッド「現在の勇者さんの身体にはリリアさんの魂が、すると元のリリアさんの身
体に誰かの魂が入っているとしたら……」
その他大勢「(一同声を揃えて)まさか!!」
勇者「良く寝たなあ(ナタリーを見つけて)おお愛しのハニーじゃないか」
ナタリー「あ、あんた……勇者なの?」
勇者「何度言わせるのか。勇者という名前の勇者だ!」
ナタリー「そうじゃなくてえ……」
コンラッド「やはりリリアさんの身体に、勇者さんの魂が乗り移ったようですね」
リリア「そんなあ~」
勇者「あれ?ナタリー、仲間が増えたのか?」
コンラッド「気づいていないようですね。道具屋さん、鏡はありますか?」
道具屋「ありますよ(と裏の小部屋から大き目の鏡を取ってくる)はい、どうぞ」
コンラッド「お手数かけます」
勇者「な、なんだあ?(キョトンとしている)」
ナレ1「勇者はまだ自分に起こっていることに気づいていない」
コンラッド「(鏡を勇者の前に置いて)まずは深呼吸しましょうか」
勇者「なんでやねん」
ナタリー「いいから、気を落ち着けてね」
勇者「なんのこっちゃ」
コンラッド「では、鏡を見てください(鏡の表面を勇者に向ける)」


11
冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 40
2019.08.12


冗談ドラゴンクエスト


冒険の書 40


コンラッド「それはそうと、そろそろ村人達の呪いを解きませんか?」
道具屋「そうですね。早速、薬を調合しましょう」
コンラッド「何か手伝えることはありますか?」
道具屋「それではお願いしましょうか」
ナレ1「というわけで、早速薬の調合に取り掛かる一向だった」
ナレ2「集めた薬草などを慎重に分量を量りながら、大鍋に入れて煮詰めている」
ナタリー「ところで、なんでそんな服に着替えたの?」
ナレ1「いかにも魔女が着るような衣装に身を包み、魔女の帽子を被っている」
リリア「コスプレですか?」
道具屋「ああこれは、薬を調合する時の作業着です」
リリア「凝り性なんですね」
ナレ1「それから数時間後、解毒薬は完成した」
道具屋「完成です。早速村の人たちを元に戻しましょう」
コンラッド「まずは村中に散らばっている猫ちゃんたちを集めなければいけませんね」
道具屋「それなら簡単です。教会の鐘を鳴らせば集まってきますから」
コンラッド「なるほど」
ナレ1「解毒薬を混ぜた餌を持って教会に行く」
コンラッド「鐘はどうやって鳴らしますか?」
道具屋「尖塔の真下に、鐘に繋がるロープが垂れ下げっていますから」
ナタリー「ロープを引けば良いのね。ああ、これみたい」
ナレ1「見上げればかなりの高さのところに見える鐘から垂れ下がるロープ」
ナタリー「引くわよ。それーえ!」
ナレ1「カラーンコローンと、教会の鐘の音が村中に響き渡る」
ナレ2「すると、どこからともなくゾロゾロと猫が集まってきた」
リリア「あら、可愛い?」
道具屋「みなさん、お食事ですよ」
ナレ1「教会の庭先に餌を盛った皿を並べるリリア」
コンラッド「元は人間ですよね?猫の餌で良いのですか?」
道具屋「大丈夫です。そもそも猫になって、その内臓も猫仕様になっていますから」
コンラッド「なるほど……」
リリア「さあ!お食べなさい」
ナレ1「餌皿に集まって食べ始める猫たちと、それをじっと観察している一向」
リリア「変化ありませんね……」
道具屋「もうしばらく様子を見てみましょう」
ナレ1「やがてお腹一杯になった猫たちは眠り始めた」
ナタリー「寝ちゃったわよ。まさか毒薬だったの?」
道具屋「いいえ、そのはずはないです」
ナレ1「その時、猫の身体が輝きはじめた」
リリア「変化が表れてきたみたいですよ」
ナタリー「薬が効いてきたのね」
ナレ1「見ている間に、次々と変身を遂げてゆく猫たち」
ナレ2「一匹が人間に戻ったのを機に、周りの猫たちも人間に戻ってゆく」
通行人男「ふああ(大欠伸して)よく寝たなあ」
通行人女「あたし達、何してたのかしら」
通行人男「あれ?なんで裸なんだ?」
通行人女「きゃあきゃあ、見ないで~」
ナレ1「口々に叫びながら、自宅へと駆け出す元猫の人々であった」
ナタリー「猫は服を着ないものね(クスリと笑う)」


11

- CafeLog -