銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 Ⅷ
2019.10.12


第四章 皇位継承の証


                  Ⅷ

 アレックスが第一皇子として叙されて以来、宮殿にて謁見を申し出る貴族達が後
を立たなかった。委任統治領を任せられた貴族達の統治領の安寧を諮ってのご機嫌
伺いである。金銀財宝の貢物を持参しての来訪も少なくなかった。
 謁見が増えることによって、政治を司る御前会議の時間が割愛されるので、時と
して国政に支障が出ることもあるのだが、持参する貢物が皇家の財産として扱われ
るので、無碍にも断るわけにいかなかったのである。
 アレックスは、賄賂ともいうべき貢物が、当然のごとく行われていることに、疑
問を抱いていた。
 しかし、宮廷における新参者であるアレックスには、口を挟むべきものではない
と判断した。すでに既得権となっているものを覆すことは、皇族・貴族達の多大な
る反感を抱かせることになる。
 郷に入れば郷に従えである。
 銀河帝国における確固たる基盤を築き上げるまでは、当面の間は目を瞑っている
よりないだろう。

「ところで、皇子よ」
 謁見の間において、エリザベスが話題を振ってきた。
「はい」
「私は、皇帝の執務代行として摂政を務めているのですが、今後は皇子にもその執
務の一部を任せようと思っています。取りあえずは軍部の統制官としての執務を担
って貰いたいのですが、いかがなものでしょうか」
「軍部統制官ですか?」
 宇宙艦隊司令長官(内閣)、統合作戦参謀本部長(行政)、軍令部評議会議長
(司法)。
 以上が、軍部における三官職と呼ばれる役職である。実働部隊を指揮・運用した
り、各艦隊の運行状態を把握し作戦を協議したり、人事を発動し功績を評価して昇
進させ軍法会議にも諮ったりする。それぞれ重要な役職であるが、横の連絡を取り
全体のバランスを調整するのが、軍部統制官という役回りで、軍部予算の配分を決
定する権限も有していた。現在そのポストは空席となっている。
 なお、司令長官は現在空位のままで、次官が代行して執務を行っている。
 アレックスを重要な官職につけようとするのには、後々の宇宙艦隊司令長官に就
任させるための、軍部への足固めを図るというエリザベスの思惑があるようである。
「大臣達よ、依存はありませんか?」
 エリザベスが、大臣達に確認を求めた。
 保守的に凝り固まった大臣達である。
 即答は返ってこなかった。
 互いに小声で相談し合いはじめた。
 その相談の内容としては、第一皇子という地位や共和国同盟の英雄と讃えられる
アレックスの将来性などに言及しているようであった。
 しばらく、そのやり取りに聞き耳をたてていたエリザベスだが、
「依存はありませんか?」
 再確認を求めることによって、やっとその重い口を開いた。
「依存はありません」
「将軍達はどうですか?」
 今度は将軍達に確認を求めるエリザベス。
「依存はありません」
 元々アレックスに対して好意的だった将軍達が反対することはなかった。
 これによって、アレックスは軍部統制官として、軍部の中に確固たる地位を与え
られたのである。


11
闘病記・序文
2019.10.11


金曜日は、妖奇退魔夜行の連載日ですが、引っ越し準備などで執筆が追い付かずス
トック切れになりました。なので、埋め合わせというか……闘病記を書き綴ること
になりました(;´Д`)

というわけで、よろしくどうぞ。


特定疾患(難病)と診断されるまでに、さまざまな病気を患ったり、いろいろな診
療や治療が繰り返されました。

 わたしも全身性エリテマトーデスという膠原病として正式に確定されるまでに、
蕁麻疹からはじまって、腸閉塞や筋無力症、肺炎・胸膜炎と次々と発症してきまし
た。
 それぞれに前兆症状があって、後から考えるとなるほどそうだったのかと思わせ
ることもあります。
 治療というものは、病名が特定されて初めて、正しい治療を行うことができます。
 病名が確定するまでに、十年以上もの長い間、入退院を繰り返しました。

 難病に苦しむ方の一助として、自分が経験した難病の症状や治療経験を語りたい
と思います。

あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-5
2019.10.10


あっと!ヴィーナス!!


第二章 part-5

「俺達も同感だ。はじめて見たけど、ほんとうに可愛いよ。友人達に鼻が高いよ」
「うんうん。めっちゃかあいいよ。その衣装とっても似合っているよ」
 衣装って……母さんのもろ好みって感じの、着せ替え人形風のことか?
「ああ、ほんとだ。妹じゃなかったら、恋人にしたいよ」
 上の三人の兄さん達は、もうべた可愛がりという口調と表情だった。
 しかし武司兄さんだけは、なぜかぶすっとしている。
 住み慣れた部屋を追い出されたから当然だろうね。
「弘美ちゃん、何か一言」
「そうそう、可愛い声で何か喋ってよ」
 あ、あのなあ……。
 じっと弘美を見つめている家族達。
 うーん……、どうしようかな。って困るほどのこともないか。
「ひ、弘美です。女の子になっちゃったけど……今後ともよろしく」
 とぺこりとお辞儀をする。
 他にどうせいっちゅうんじゃ。
「おうおう。こちらこそね。弘美ちゃん」
「うん。弘美ちゃんは、今日から可愛い妹だよ」
「仲良くしようね、弘美ちゃん」
 ちょっと、妹に対して言っている言葉じゃないよ。
 それにちゃんつけだし……。
 相変わらず武司兄さんは押し黙っている。
「はい、弘美ちゃん。座って、座って」
 わざわざ椅子を引いて、着席を促す母。
 もうどうにでも思ってくれよ。
 それより何より、お腹が空いてぺこぺこなんだ。
 んでもって、目の前の料理はというと。
 お赤飯に、鯛のお頭つき。そして寿司の盛り合わせだよ。
 なあ……勘違いしていないかい?
「女の子として生まれ変わった弘美の誕生日を祝って乾杯しましょう」
「今日は無礼講だぞ。未成年なんか関係ない」
 ちょ、ちょっと。
「おう!」
「乾杯!」
 あ、あのなあ……。
「いいぞお。乾杯だあー! うぃっ……」
 あれ……。
 今の……聞いたことのない声?
「おい。今の声、誰だ?」
「女の声だったな。母さんでも弘美ちゃんの声でもない」
 家族も気づいたようだ。
 と、今まで気づかなかったが、母さんの後ろの酒瓶を積んだワゴンにかぶり付き
で酒を飲んでいる人がいる。
 それも飛び切りの絶世の美女だ。
 どっかで見たような……美女?
 美女だと!?


11

- CafeLog -