銀河戦記/鳴動編 第一部 第十九章 シャイニング基地攻防戦 Ⅱ
2021.04.11

第十九章 シャイニング基地攻防戦




 もはやかごの鳥、絶体絶命の状態へと進展していく。
「これまでかな……」
 降伏するなら早い方が良い。
 そう思い始めた頃だった。
 第八艦隊を包囲殲滅しようとする敵艦隊の後方に新たなる艦影が現れたのだ。
「敵艦隊の後方に新たなる艦影確認」
「敵の援軍か」
「違います。味方艦隊! すでに敵艦隊と戦闘状態に入ったもよう」
「なに!」
「識別信号、第十七艦隊旗艦サラマンダーを確認」
「ランドールか!」
 味方の援軍の到着で、一斉に歓声があがる艦橋内。
「援軍が到着したぞ!」
「ランドール提督が救援に来てくれたんだ」
「これで一対一の互角だ」
「いや、ランドール提督が敵艦隊の背後をとっている。こちらのほうが絶対有利だ」
「勝てるぞ!」
 口々に叫んで意気あがる乗員。
 これまで艦橋内を覆い尽くしていた暗雲が、きれいさっぱりと消滅していた。
「よし、攻撃に転ずる。全艦全速前進して攻撃。敵は動揺している。集中砲火をあびせてやれ」
「はっ。全艦全速前進」
「砲撃開始」
 全員の顔色が見る間に活気に溢れていく。常勝不滅のランドール艦隊の到来で、全滅の不安は一掃され、士気は最高潮に達して小躍りして反撃開始の戦闘態勢に臨んでいた。
「提督。敵を挟み撃ちにして勝てそうですね」
「それもこれもランドールが救援にくれたおかげだ」
「しかし、シャイニング基地のほうはどうなっているのでしょうか」
「わからん。いくらランドールでも三個艦隊を撃滅したとは思えないが……」
「それに時間的に早すぎます。敵艦隊と交戦してこちらに来るには時間的に不可能です」

 一方背後を取られて窮地にたたされた連邦艦隊。指揮するは連邦軍第十七機動部隊司令官F・J・フレージャー少将である。
「敵艦隊の所属は、第十七艦隊と判明」
「何だと!? 第十七艦隊はシャイニング基地の防衛にあたっているのではないのか?」
「情報は確かなはずですが……」
「では、なぜあいつらがここにいるのだ」
「そ、それは……。シャイニング基地を放棄してこちらに回ってきたと考えるべきでしょうが……」
「それにしても、俺が戦う相手はいつもランドールだな。今回は違う相手と戦えると思っていたのにな」
「艦隊番号も同じですからね。めぐり合わせですかねえ」
「ミッドウェイやカラカス奪回作戦では撤退を余儀なくされて、せっかく第七艦隊の司令長官に抜擢されたというのに、あいつのおかげで古巣のこの機動部隊に出戻りだ」
「ですが、バルゼー提督やスピルランス提督のように艦隊を壊滅させられて捕虜になるよりはいいでしょう」
「ことごとく撤退してきたからな」
「ですよね……」
「仕方が無い。今回も撤退するぞ」
「命令を無視するのですね? また降格の憂き目に合いますよ」
「今は敵味方同数の艦隊ながらも挟み撃ち状態で、しかも背後を取られた相手はあのサラマンダー艦隊だ。勝てる見込みのない戦いを続けるのは無意味だ。全艦を立て直して撤退する」
「わかりました」
「いないはずの第十七艦隊がここにいる。情報が間違っていた以上、作戦命令も無効になったと考えてもよいだろう」
「閣下がそうお考えになるのなら」
「ま、ランドールがこちらに来ているということは、シャイニング基地を放棄してこちらの救援に回ったと考えるべきだろう。となれば、シャイニング基地はすでに我々の味方の手に落ちていると考えるのが妥当だ。その基地があれば侵攻作戦に支障はないだろうさ。無理してクリーグ基地を落とす必要もない」
「そう言われればそうですね」
「と、納得したならば。速やかに撤退するぞ」
「はっ!」


 サラマンダー艦橋。
「提督。敵艦隊が撤退をはじめました」
「意外に速い決断だったな。どうやら敵も私がシャイニングを放棄したことを察知したのだろう。とすれば無理してこちらに固執する必要はないからな」
「どうします。追撃しますか」
「その必要はない。敵を追いやるだけで十分作戦目的は果たした。後はガードナー提督にまかせる。それより転進準備にかかれ」
「かしこまりました」
「司令官は、フレージャー少将のはずですね。ハンニバル艦隊撃退の時のカラカス基地からの速やかなる撤退が印象的でした。それとミッドウェイもでしたね」
「フレージャーか……。確かレキシントンを撃沈された叱責から、ミニッツから出されていた中将への進級申請を、キングス宇宙艦隊司令長官によって却下されたらしいがな」
「レキシントンはキングスがかつて艦長をしていたらしいですからね」
「愛着のある艦を沈められれば責めたくもなるだろうさ。だが司令官として、私情を持ち込むようでは戦いには勝てないだろうさ。まだ確かな情報ではないが、そのキングスも作戦部長兼宇宙艦隊司令長官を更迭されるらしい」
「提督。ガードナー提督からです」
「ん。繋いでくれ」
 スクリーンにフランクが現れた。
「よく、来てくれた……といいたいが……おまえ、シャイニング基地はどうした」
「はあ、たぶん、今頃占領されているでしょうねえ。ま、これから奪還に向かいますよ」
「おい、おい。大丈夫なんだろうなあ……。こっちの助太刀をしてくれたのは感謝するが」
「私が、ただで明け渡すと思いますか?」
「思わんな」
「置き土産として、トロイの木馬を置いてきました」
「トロイの木馬か……今度はどんな罠を仕掛けたんだ?」
「それは後のお楽しみということで。急ぎますんで失礼します。提督は敵艦隊が引き返してきた時に備えていてください」
「わかった。ま、頑張りな」
「では」
 アレックスは敬礼して、通信機のスイッチを消した。
「シャイニング基地に戻るぞ。全艦、全速前進で向かえ」
「全艦、百八十度転進。コース座標設定α235、β1745、γ34。シャイニング基地へ、全艦全速前進」
 ゆっくりと方向を変えて元来た進路に戻るランドール艦隊。

 旗艦ヒッポグリフの艦橋では、スクリーンに映る去りゆくランドール艦隊の雄姿を、ガードナーが頼もしそうに見つめていた。
「提督。ランドール提督がトロイの木馬と言われておりましたが、どういう意味ですか」
「古代地球史にあるホメロスのイリアスという叙情史の中に記述がある。かつてトロイの城塞を攻略するのに、ギリシャ人は中の空洞に兵士を潜ませた木馬を、贈り物のように見せかけてまんまと城塞に侵入。夜中に兵士が木馬から抜け出して、城門を開け放してこれを攻略した、という話しだ」
「つまりシャイニング基地が木馬というわけですな。基地に罠をしかけておいて撤退し、わざと占領させる。しかしそこには……という算段ですか」
「そういうことだ。ただし、この戦いはイリアスに記述があるだけで、史実かどうかは明確な証拠が出ていないので疑問視されている。それにしてもだ……。ランドールに二度も助けられるとはな」
「ミッドウェイ宙域会戦以来ですか」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.11 09:08 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第二部 第十一章 帝国反乱 Ⅸ
2021.04.10

第十一章 帝国反乱




 アルビエール侯国首都星サンジェルマン、執務室で談話するアレックスとハロルド侯爵。
「どうやら摂政派は、サセックス侯国を自陣に取り込もうと画策しているようです」
「当然でしょうね。味方は多ければ多いほどいいですから」
「こちらも交渉した方がよろしいのではないでしょうか?」
「そうなのかもしれませんが……。紛争が泥沼化した際には、仲裁役として中立を保っていて欲しいものです」
「しかし反乱を起こした側にとっては、溺れる者は藁をも掴むです」
「そうですね。取りあえずは、保険を掛けておくとしますか」

 数日後。
 サセックス侯国のエルバート侯爵の館を訪れた使節団があった。
 使節の代表は、ロベスピエール公爵の懐刀のマンソン・カーター男爵である。
 応接室で応対するエルバート侯爵。
「早い話が、味方になれということですかな」
「その通りです」
「我が国が、バーナード星系連邦に対する盾になっていることはご存じですよね」
「はい。しかし連邦は、革命直後で侵略する可能性はありません」
「それは分かっております。とはいっても、アルビエール侯国側にしても、同じことを考えておりましょう。どちらか側の肩を持つというのは、不公平というものです」

 数時間後。
 館から出てくる使節団。
「想定通りだったな」
「仕方ありませんね。やりますか?」
「無論だ。後はドレーク提督に任せよう」
 やがて乗ってきた車で帰ってゆく。

 宇宙空間に十二隻の宇宙船が停止している。
 その中心にフランシス・ドレーク提督の乗船する私掠船カリビアン号。
 かつて海賊として帝国内を荒らしまわった船である。
 久しぶりに仲間を招集して海賊団を結成したのだった。
 船橋では、今しがた通信が終わったばかりのところ。
「男爵は、説得に失敗したか……。まあ、想定内だ」
「次は我々の番ですね」
「標的は今どこにいる?」
「今の時間は、女学院にいるはずです」
「よし! 先に潜入している奴と連携して、下校するところを襲うぞ!」
「彼女は、送り迎えの車で通学しています」
「運転手は殺しても構わん。娘だけ誘拐できれば良い」

 数時間後。
 数隻の高速艇が惑星へと降下していった。

 女学院から公爵家へと向かう自動車。
 車内で本を読んでいる少女。
 その自動車の前方に出現する高速艇。
 道を塞ぐように停止する。
 何事かと車を降りてくる運転手だったが、バタリと地面に倒れてしまう。
 高速艇から数人の男達が降りてきて、自動車を取り囲む。
 怯えている少女。
「お嬢さま、お迎えに参りました」
 ドアを開けて、降車を促す男。
「おとなしくして頂ければ、危害は加えませんから」
 逆らってもしかたがないと思った少女は、言われるままに男達に着いてゆく。

 少女を乗せた高速艇は上空へと飛び去り、待機していた私掠船に合流する。
 やがて、どこかへと消え去った。

 その私掠船の後を密かに追跡する一隻の船。
 その機影はレーダーからは確認できず、肉眼でも視認できない。
 歪曲場透過シールドで守られていた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.04.10 06:31 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十九章 シャイニング基地攻防戦 Ⅰ
2021.04.09

第十九章 シャイニング基地攻防戦




 シャイニング基地に接近する連邦艦隊。
 第十七艦隊とシャイニング基地住民の撤収が完了して五時間余りが過ぎ去っていた。
 そんな状況を知らずか慎重に艦艇を進めている連邦艦隊。
 総勢三個艦隊を率いるのは、タルシエン方面軍司令長官ハズボンド・E・キンケル大将である。
 一向に進まない共和国同盟への進駐に業を煮やしついに長官自らが腰を挙げ、シャイニング基地攻略の陣頭指揮に出陣したのである。
「どうだ」
「索敵に出した先行艦によれば、艦船はおろか哨戒機すらも見当たらないとの報告です」
「こちらの艦隊数に恐れをなして撤退したか」
「数では三対一ですからね」
「さすがに逃げ足だけは速い奴等だ」
「奇襲攻撃が専門の連中ですからね。正面決戦となれば数に劣る彼らが勝てる見込みはないでしょう」
「どこかに潜んで隙をうかがっているかもしれない。哨戒行動を怠るなよ」
「かしこまりました」
「しかし、惑星からの攻撃がないな」
「そうですね。地上には五個艦隊を持ってしても、攻略不可能とさえ噂されている防空システムがあります。対軌道迎撃ミサイルくらい飛んできてもよさそうですが。とっくに射程内に入っているはずです」
「全軍撤退の際の誤射を防ぐために、迎撃システムを遮断していたのかも知れない。部隊を降下させる前に、無人の艦艇を降ろして確認してみろ」
「早速手配します」

 数隻の戦艦から、無人の探査機が降ろされていく。
「どうだ?」
 スクリーンに映る探査機の様子を伺いながらオペレーターに尋ねる副官。
「何の反応もありませんねえ。迎撃システムからの探査レーダーなどの電波も感知できません」
「つまり迎撃システムは停止していると見るべきだろうな」
「おそらく……」
「よし、引き続き探査を続けろ」
「了解!」
 向き直って司令官に伝達する副官。
「お聞きのように、基地の防衛システムは停止しているようです」
「うむ。ごくろう……揚陸部隊を降下させろ。安全が確認され次第、我々本隊も着陸するとしよう」
「はっ。揚陸部隊を降下させます」
 揚陸部隊に降下命令を下す副官。
 艦隊から揚陸部隊が降下体勢に入った。
「しかしなんでしょうねえ。こんなにもあっさりと基地を放棄してしまうなんて、さすがランドールというか、考え方には理解しがたいところがあります。確かランドールはニールセン中将から睨まれて無理難題を押し付けられていると聞き及んでいます。ニールセンの命令に逆らっての判断だと思いますが、これでは自らニールセンに良い口実を与えるだけだと思うのですが」
「そうだな。この撤退は奴の独断だろう。ニールセン、いや軍部の誰だってこの要衝のこの基地を手放すはずがない」
「いわゆる敵前逃亡ですね。これは重罪ですよ、銃殺されても文句は言えない」
「ランドールは何を考えているか計り知れませんからね。何か企んでいるかもしれません」
「あり得るな。慎重に慎重を期していこう」


 一方、クリーグ基地では、フランク・ガードナー准将の第八艦隊六万隻が、約二倍の十三万隻の敵艦隊に包囲されていた。
 旗艦ヒッポクリフの艦橋で指揮を取るフランク。
「全艦、砲撃準備」
「敵艦隊二十一宇宙キロまで接近。まもなく艦砲の射程内に入ります」
「シャイニング基地からの連絡は?」
「ありません。依然として通信途絶」
「うーん、なんだろうなあ……。連絡がないとはおかしいぞ。距離的にあちらの方が先に敵艦隊と接触するはずだし、アレックスなら、何かしらの情報を送ってくれてもいいのだが」
「完全に無線封鎖している模様です」
「うーん。情報が欲しい」
 腕組みをしながらスクリーンを見つめているフランク。
「それにしても敵は約二倍の勢力……いつまで持つかな」
 部下への手前、声にこそ出さないが、この状態では完全に負け戦になることは明白だった。無論部下だってそれくらい知っている。それでも黙って自分についてきてきてくれていた。自分を信頼してくれている部下を持って、司令官として感激ひとしおである。この第八艦隊の司令官として赴任してきた時から、何のトラブルもなく前司令官からの引継ぎが行われたのは意外だった。
「やはりニールセンから疎まれている同じ第二軍団という仲間意識があるようだ。そして軍団を統率するトライトン少将の配下でもあるからだろう。だからこそ、一人でも多くの将兵を助けたいのだが……」
 戦わずして逃げ出す手もあった。
 しかしそれでは第八艦隊という名に汚名を着せることになる。前任者が守り続けてきたものを失いたくなかった。
 最後の最後まで諦めずに戦い、その中に勝機を見つけて突破口を開く。それがフランクの身上であり、ここまで昇進してきた実績もそこにあった。
「俺はランドールと違って逃げるのは嫌いだからな」
 思わず呟いて苦笑するフランク。
「どうなされました?」
「いや何でもない」
 首を傾げていぶかる副官には、フランクの心情は伝わらないようだ。

 スクリーンに投影されている敵艦隊のマークが赤く変わった。
「敵艦隊。射程内に侵入!」
 艦橋内の空気が緊迫感の最高に達した。
 一斉にフランクの指示を待って待機するオペレーター達。
 腕組を外し、右手を前方水平に差し出すようにして命令を下すフランク。
「全艦攻撃開始!」
 と同時にオペレーター達が一斉に動き出す。
「全艦攻撃開始!」
「艦首ミサイルを三十秒間一斉発射。その直後に艦載機全機突入せよ」
 同盟側の攻撃開始とほぼ同時に敵艦隊も攻撃を開始した。
 全艦から一斉に放たれるミサイル群が、敵味方の艦隊の中間点で炸裂し、華々しい明滅の光を輝かせていた。
「艦載機、全機突入せよ」
 敵艦隊に向かって勇躍突撃する艦載機。

 戦闘開始から五分が経過した。
 ヒッポクリフの艦橋にて、形勢不利な情勢に心境おだやかでないフランク。
 周囲を写している映像の中の味方艦船が被弾し、炎上や撃沈されていく模様が繰り返されている。
 オペレーター達の艦船や戦闘機への指示命令や報告の声が次々と聞こえてくる。
「戦艦ドナウ、撃沈」
「重巡ボルガ、被弾にて戦闘不能」
「粒子ビーム砲、エネルギーダウン。再充填にかかります」
『こちらカミングス。弾薬を撃ち尽くした。これより一旦帰還する』
「カミグストン編隊へ。帰還を承認した。急ぎ帰還せよ」
「了解、これより帰還する」
 敵機の追撃をかわしながら、母艦へと帰還するカミングス編隊。
「高射砲、艦載機を援護射撃だ」
 帰還しようとするカミングス編隊の後方から追撃する敵機に対し、レーザーパルス砲による援護射撃が開始された。一斉掃射を受けて次々と撃墜されていく敵艦載機。その間にカミングス編隊は次々と母艦へ着艦していく。
「状況はどうか?」
「何せ数では、二対一ですからね。いつまで持ち堪えられるか」
 士気の低下を招く弱気な発言をする副官に対して、叱責の言葉をためらうフランクだった。
 敗北への道を突き進んでいるのは明白な事実であり、それを覆すだけの手段もないからである。
 敵艦隊の布陣が両翼に徐々に広がってきていた。数に勝るために、完璧な包囲陣を敷いて、脱出不可能にするためである。それに従って側面からの攻撃も始まりつつあった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.09 09:37 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -