銀河戦記/鳴動編 第二部 第十一章 帝国反乱 Ⅶ
2021.03.27

第十一章 帝国反乱




 神聖銀河帝国母星アルデラーンの衛星軌道上にある宇宙ステーション。
 その展望ルームに大演習観艦式用の特設会場が増設されている。
 壇上に立つのは、神聖銀河帝国皇帝ロベール三世。
 その両側に、ロベスピエール公爵と摂政エリザベス皇女の姿がある。
 後方には、第一艦隊以下の指揮官提督が並んでいる。
 彼らの目前を、各艦隊から選び抜かれた精鋭部隊が、整然と隊列を組んで進んでゆく。
 二チームに分かれて両側から進軍し、すれ違った後に反転して攻撃開始という内容だった。
 展望ルームの前を艦艇が通過する度に、特設スクリーン上に艦橋内の映像が流され、艦長が敬礼していく。展望ルーム後方の将軍達も敬礼している。

 第一艦隊旗艦エリザベス号は、第一皇女の名を冠してはいるが、実質的にはロベスピエール公爵の息が掛かっている提督が乗艦している。
 フランシス・ドレーク提督。
 戦闘経験の少ない帝国軍にあって、唯一と言ってもよいくらい戦闘経験豊富な逸材だ。
 彼は海賊として帝国内を荒らしまわった経歴がある。
 ある時、彼の標的として狙われたのが、ロベスピエール公爵の奴隷貿易船だった。
 奴隷密売買がために詳細は闇に埋もれて公表されていない。
 あくまで商人たちの噂話でしかないが、彼が貿易船に勇躍飛びついたところが、敵は護衛船団を隠し持っていて、手痛い反撃を喰らって航行不能となり、彼は拘束されてしまったらしい。
 公爵の前に突き出されたものの、その気っ風に惚れた公爵が自分の配下にした。
 奴隷狩りの私掠船(しりゃくせん)の艦長に取り立てられ、摂政派VS皇太子派分断騒動時に第一艦隊の提督に推挙された。

 艦艇のすれ違いが終わり、反転しはじめる。
 態勢を立て直して、戦闘準備にかかる。

 最初から向き合ってすぐさま撃ち合ってもよいのだろうが、戦意高揚と冷静沈着とを両立させるにはこの方が良いとされていた。
 すれ違ううちに精神を安定させる時間を与えるのである。

 公爵がロベール皇帝に耳打ちしたかと思うと、やおら右手を上げる皇帝。
 その手を降ろした時が、戦闘開始の合図のようである。
 振り下ろされる小さな手。

 砲弾飛び交う模擬戦闘の開始だった

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.03.27 08:07 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十七章 リンダの憂鬱 Ⅲ
2021.03.26

第十七章 リンダの憂鬱




 食事休憩中のパトリシアとフランソワ。
「お姉さま、お願いがあります」
「なに」
「お姉さまと同室になるようにしていただけませんか」
「あなたと同室?」
「はい」
 婚約者としてのパトリシアは、アレックスと同室の夫婦居住区に移ることもできたが、あえて一般士官用の部屋にそれぞれ入っていた。同室となれば欲情を制御できるわけがなく、妊娠に至ることは明白であった。少しでもアレックスのそばにいたいパトリシアとしても、まだ妊娠だけは避けたいと考えていたからである。
「あのね、ここは士官学校とは違うのよ。戦場なんだから」
「わかっておりますわ。あたしといっしょじゃ、おいやですか……」
 フランソワは泣きそうな顔をしている。
「わかったわよ、好きになさい」
「やったあ!」
「でも、部屋を仕切っているのは、主計科主任のレイチェルさんだから、あなたの方から依願しなさいね」
「はーい」

 というわけで、早速その日にうちに、レイチェルにパトリシアとの相部屋の申請書を提出して、乗り込んでくるフランソワであった。
 鏡台の前で髪をとかしているパトリシア。勤務開けで就寝前のネグリジェ姿である。
 一方待機状態にあるフランソワは、軍服姿のままベッドの上で寝そべって本を読んでいる。
「ところでお姉さま達、まだ結婚しないのですか?」
「どうして、そんなこと聞くの?」
 パトリシアは髪をとかす手を止めて反問した。
「ランドール先輩も将軍になったことだし、ここいらが好機じゃないかと思って。将軍が退役した場合の軍人恩給だって、夫婦二人が楽に食べていけるほど支給されるって噂だし、配偶者手当金も任官中の結婚期間によって加金されるのでしょう? 愛しあっているなら結婚したほうが、後々もお得じゃないですか」
「思い違いしてるわよ、フランソワ。婚約しているもの同士が婚姻した場合には、その婚約期間も自動的に婚姻期間に含まれることになっているのよ」
「え? そうだったんですか」
「同居して生活を共にしている婚約者も婚姻関係にあるとみなされて、ちゃんと年金だってでるんだから」
「知らなかった……」
「軍規では、夫婦は同室にされることになってるのよ。結婚していなければ他人の目があるし抑制も効くけど、結婚したらどうしても子供が欲しくなっちゃうじゃない。そのためには地上に降りて、別れて暮らさなければならないし。宇宙では子供は育てられないのよ」
「受精から子宮への着床、細胞分裂・脊椎形成には重力が必要だからでしょ。重力場のある艦橋勤務なら、何とか受胎は可能かも知れないけど、艦隊勤務のストレスで妊娠を維持することが非常に難しい、ほとんど不可能ということは聞くけど……」
「そういうこと」
「でも夫婦で一緒の職場勤務だったら、死ぬ時はいつでも一緒に死ねますね」
「だめよ、そんなこと言っちゃ。うちの艦隊のタブーなんだから」
「タブー?」
「戦いとは死ぬことに見つけたりなんて風潮は、うちの艦隊には間違ってもありえないことなの。提督のお考えは、生きるための戦いをしろですよ」

 アスレチックジムの更衣室で着替えている女性士官達。日課のトレーニングを終えたばかりである。その中にフランソワも混じっている。
「ねえ、フランソワ」
「なあに」
「あなた、士官学校でもパトリシア先輩と同室だったんでしょ」
「そうよ」
「だったら先輩達がどのくらいまでの関係か知っているんでしょ」
「え? そ、それは……」
「ねえねえ、教えてよ」
「だめよ。そんなことあたしがしゃべったなんて、お姉さまに知られたら絶好されちゃうもん」
「あ、その言い方。やっぱり知っているのね」
「し、知らないわよ」
「うそ、おっしゃい」
「いいかげんに白状なさい」
「だ、だめえ」
 同僚達から詰め寄られてしどろもどろになっているフランソワ。

 その時、突然警報が鳴り響いた。
 一斉に艦内放送に耳を傾ける一同。
『敵艦隊発見! 総員、戦闘配備に付け!』
 新艦長のリンダ・スカイラーク大尉の声だった。
『繰り返す。総員、戦闘配備に付け!』
「いきなり戦闘?」
 あわてて軍服を着込む隊員達。
「先に行くわよ」
 すでに軍服姿の者は、廊下へ飛び出していった。
「ま、待ってよ!」
 あたふたと軍服を着込んでいくフランソワ。
 そして着替え終えて廊下に出ると、急いでそれぞれの持ち場に向かっている隊員たちがいる。
 つい先ほどまでアスレチックジムでの汗をシャワーで流したばかりだというのに、すでに汗びっしょりになっていた。戦闘という緊張感が、心臓の鼓動を高め、汗腺からの汗の分泌を増やしていたのだ。
 ただ一人、遅れて自分の持ち場である艦橋へと急ぐフランソワ。
「もう、みんな冷たいんだから」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.03.26 07:38 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十七章 リンダの憂鬱 Ⅱ
2021.03.25

第十七章 リンダの憂鬱




 バーナード星系連邦が大攻勢を仕掛けてくるという情報を得て、まずは側近の参謀達を招集して作戦会議の事前会議をはじめたアレックスだった。全参謀及び各部署の長が参加する作戦本部大会議となると百人近い人間が集まることとなり、意思疎通を諮るのは甚だ困難となる。ゆえにそのまえに近しい人間だけで事前に要旨をまとめておく必要があるわけである。これは模擬戦闘の当初から行われていたことで、ティールームなどで良く行われたのでお茶会会議とか、アレックス・ゴードン・ジェシカ・スザンナ・パトリシアという人数から五人委員会とも称されていた。その後に加わったカインズ中佐、ロイド中佐、チェスター大佐と、情報源の要であるレイチェルを含めて、現在は総勢九名の人員で開かれていた。ちなみに戦闘には直接に関与しない、事務方のコール大佐は含まれていない。この九人委員会の後に招集される少佐以上の士官約四十名を交えた作戦本会議となる。通常はここまでであるが、さらに必要とされたときには各部署の長を加えて作戦本部大会議が開催される。
「未確認情報だが、今回の侵攻作戦に投入されるのは、総勢八個艦隊もの艦隊が動くということだそうだ」
「しかし今になってどうしてこれだけの大艦隊を差し向けてくるのでしょうか?」
「そりゃあ、ランドール提督がついに将軍になったからよ」
「これ以上黙って手をこまねいていたら、さらなる昇進を果たして共和国同盟軍の中枢にまで入り込み、大艦隊を動かして逆侵攻をかけてくると判断したんでしょうね」
「タルシエン要塞を陥落させてね」
「そうそう。ランドール提督の次なる目標として、タルシエン要塞が挙げられるのは誰しもが考え付くことよね。要塞を攻略されれば、ブリッジの片端を押さえられることになり、共和国同盟への侵攻が不可能になる。だからそうなる以前に行動を起こしたのでしょう。……ですよね、提督」
「私の言いたいことを全部言ってくれたな。まあ、そんなところだろう」
 この九人委員会はアレックスを除いて男女均等四名ずついるのであるが、口達者なのはやはり女性の方である。自分の言いたいことまで、先に言われてしまうので、出番が少なくなるとぼやく事しかりのアレックスであった。
「このシャイニング基地は、攻略するのには五個艦隊を必要とするとよく言われていますが、正確なところどうなんでしょうか?」
「対空迎撃システムをまともに相手にしていればそうなる勘定となるらしいわね。しかし何も迎撃システム全部を相手にする必要はないじゃない。主要な軍港や迎撃システム管制棟とその周辺を破壊すればいいことなのだから。基地の裏側の方は放っておけばいいのよ。結局一個艦隊もあれば十分に攻略できるでしょう」
「なんだ。随分とさば読んでるんですね」
「そりゃそうよ。一個艦隊の守備力があるとされたカラカス基地だって、数百機程度の揚陸戦闘機で攻略できたじゃない。守備の弱点を突けば、ほんの一握りの部隊でも可能だということよ。……ですよね、提督」
「あのな……ジェシカ、私の言い分まで取り上げないでくれ」
「あら、ごめんなさい」
 謝ってはいるものの、どうせいつものごとく二・三分もすれば元通りだろう。
 何かに付けてアレックスの揚げ足を取ったり、皮肉ったりするジェシカだが、あえて忠告しようとする者はいない。航空母艦と艦載機の運用に掛けては共和国同盟では一二を争うと言われ、士官学校の戦術シュミレーションではその航空戦術の妙でアレックスを負かしたことさえある唯一の人物だからである。ゴードンやパトリシアですら一度もアレックスに勝ったことがないのだから、それはもう賞賛ものであるから遠慮してしまうのだ。

 ドアがノックされた。
 全員が音のしたドアの方に振り向く。
「入りたまえ」
 アレックスの許しを得て、ドアが開き一人の将校が入室してきた。
 普通会議中は入室制限が掛かるものだが、お茶会会議ではアレックスは気にしなかった。
「失礼します」
 その真新しい軍服を着込んだ姿を見れば今年の士官学校新卒者らしいことが一目で判る。
「あ……」
 その将校の顔を見て驚くパトリシア。
「こちらに伺っているときいて参りました」
 その将校は敬礼をして申告した。
「申告します。フランソワ・クレール少尉。ウィンザー少佐の副官として任命され、本日付けで着任いたしました」
「フランソワ!」
 彼女は、パトリシアの士官学校時代の後輩で同室のフランソワであった。
「お久しぶりです、お姉さま」
 表情を崩して、満面の笑顔になるフランソワ。
「あなたが、わたしの副官に?」
「はい、千載一隅の幸運でした」
 また再び一緒に仕事ができると喜び一杯といった表情である。
「頭がいたい……」
 逆に頭を抱えて暗い表情のパトリシア。
「あ、お姉さま。ひどーい」
「お、なんだ、フランソワじゃないか」
 ゴードンが親しげに話しかけてくる。
「あ、オニール先輩。お久しぶりです」
「ゴードンでいいよ。但し任務中でなければね」
「はい。判りました。ゴードンさん……ですよね」
「首席卒業だってねえ。頑張ったじゃないか」
「はい。後輩としてお姉さまの名前を汚したくありませんでしたから」
「うん。いい心がけだ。その調子でパトリシアに遅れを取らないように、これからの軍務にも張り切りなよ」
「はい! もちろんです」
 士官学校時代の懐かしい雰囲気に浸る者たちに、アレックスが本題に引き戻す。
「今は会議中だ。同窓会は後にしてくれ」
 公私をきっちりとするアレックスだった。これが待機中のことだったら、その会話の中に入っていたであろう。
「あ、すみませんでした」
 フランソワが、素直に謝る。
 他の者も、改めて姿勢を正して会議に集中する。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.03.25 08:08 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -