梢ちゃんの非日常 page.20
2021.08.11

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章譚)


page.20

雪だるま

 三十年ぶりの大雪が東部アメリカ一帯を襲った。梓達の住むニューヨークでは大停電によるパニックが起こっていた。
 ブロンクスの篠崎邸では、使用人達が総出で雪かきや雪下ろしの真っ最中であった。広い邸内に降り積もった大量の雪を処理するため、除雪車が雪をかき集めて後続のダンプに積載し、除雪車の通れない箇所ではブルドーザーがうなりをあげていた。機械が入らない所は、人力で行われている。そして、かき集められた大量の雪を積んだダンプは何処かへと運んでいく。
 これらの除雪機械部隊は、真条寺国際空港を抱える梓のところから、滑走路保全施設隊の一小隊が応援に差し向けられたものである。来訪のついでに、両家を結ぶ道路もついでに除雪してきたらしく、一条の道筋がきれいになっている。篠崎家にも建設機械メーカーや建設会社が配下にあるので、ブルドーザーなどを出すことが出来るのだが、いかんせんこの大雪で機械オペーレーターが足留めされているために、出動することが出来ないでいるのだ。各会社の倉庫・車両置場や建設現場には、”オペレーターいなけりゃただの鉄屑”と化した建設機械が、虚しく横たわったままになっている。
『こんなことならオペレーターを全員当直させればよかったわ。まさかこんなに降り積もるなんて予報は出てなかったもの。最近の気象は異常すぎる』
 とは、今朝になってその大雪に驚いた絵利香の後悔の弁である。
 とにもかくにも、篠崎重工アメリカのCEOである花岡一郎氏とも相談の上、ニューヨークとその近隣にある篠崎グループ各社に対して、緊急災害援助の大号令を発令する絵利香だった。篠崎グループの常任取締役に与えられた権限を発動したのである。

 大勢の人々が忙しく雪かきに汗を流しているその傍らで、絵利香と真理亜が雪だるま作りに精を出していた。二人で力を合わせて雪の球を転がしている。
 朝一番には緊急災害援助を発令した絵利香だが、後の事は現場の責任者達に任せておけばいいので、こうして真理亜の遊び相手を務めている。
『真理亜ちゃん。寒くない?』
『寒くないよ。ほら、汗もかいてるもん』
 そう答える真理亜の格好は、頭から毛糸の帽子にイヤーマッフルを被り、フード付きの防寒ジャケットにマフラー、手袋に防寒ブーツを履いて完全装備である。それで大丈夫だと思って絵利香が着せてあげたのだが、念のために本人に確認したのである。
 確かに真理亜はうっすらと額に汗をかいている。子供は風の子という通り、動きまわっている限りには心配無用のようだった。
 ころころ転がすたびに大きくなっていく雪だるまに、まるで魔法を見ているかのごとく真理亜を驚嘆させ、面白がって一所懸命に球を押して転がしている。
『こんなもんでいいんじゃない』
 絵利香が言っても、
『もっともっと大きくしようよ! 絵利香、力一杯押して』
 と催促する。
 やがて雪だるまは大きく重くなって、二人掛りでは動かせなくなった。
『これが限界よ、真理亜ちゃん。これくらいにしましょう』
『うーん。しかたないね』
 残念そうに動かなくなった雪だるまを見つめる真理亜。
『じゃあ、次ぎは頭の部分を作りましょう。今度は真理亜ちゃんひとりで作ってみて』
『うん!』
 絵利香に教えられた通りにまず芯を作ってから、それを転がして大きくしていく真理亜。
『もう動かないよ』
 小さな真理亜の体力ではそう大きな球は作れないので、頭の部分に丁度良い大きさになるだろう。そう思って一人で作らせたのだが、まだ少し小さかった。止まった位置からさらに大球のところまで転がして適当な大きさになったところで、大球の上に乗せることにする。
 下準備として大球の上部にくぼみを作っておくことも忘れてはいけない。そして、手が滑ったり、大球の上から転がり落ちて、真理亜に危害が及ばないように声を掛ける。
『真理亜ちゃん、危ないから少し離れていてね』
『わかった』
 真理亜が離れたのを確認してから、ぎっくり腰にならないように、十分腰を落として、呼吸をととのえ力をためて、
『よっこいしょ』
 といっきに持ち上げる。頭の部分は無事に胴体の上に乗り、雪だるまは出来上がった。
『すごーい! 絵利香、力持ち』
 パチパチと真理亜が拍手する。
『さあて、仕上げにお顔を作っておててをつけてあげましょう』
『うん!』
 早速用意しておいた顔の部品を雪だるまに張り付けていく真理亜。
 暖炉の付け火用の炭が眉毛、ゴムのカラーボールが目玉、三角に固めた雪をくっつけて鼻として、乾電池の口である。
 最後に古びた帚とはたきを突き刺して両腕にし、バケツを被せて帽子とした。
『ようし。こんなもんでしょ』
『うん! 完成だね』
 真理亜も満足げに自分達が作り上げた雪だるまを見つめている。
『記念に写真を撮りましょう』
 と、雪かきをしていた使用人を呼び止めてスマートフォンを持たせて、ポーズをとる絵利香と真理亜。雪だるまの斜前で、カメラに向かってピースサインを送っている真理亜、しゃがみ込んでその両肩を抱くようにしている絵利香。
『はい、結構ですよ。撮り終わりました』
『ありがとう』
『どういたしまして、それでは雪かきに戻ります』
 スマホを絵利香に戻して、一礼して自分の持ち場に戻る使用人。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
梢ちゃんの非日常 page.19
2021.08.10

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章譚)


page.19

『真理亜ちゃん、プレートに油を引いてちょうだい』
『わかった』
 テーブルの上のホットプレートに油を引いている真理亜。

 具材は、真理亜の大好きな牡蠣を筆頭に、いか・蛸・シュリンプ・キャベツ・わけぎ・紅生姜、そして豚肉である。
 絵利香の指示に従って、具材を生地に乗せていく二人。

 生地に串を刺して焼き具合をみている絵利香。
『そろそろいいかな……じゃあ、真理亜ちゃん。牡蠣を乗せてもいいわよ』
『うん。乗せるね』
 と、嬉しそうに答えて、牡蠣を一つ一つ乗せはじめる。
『梢にもやらせて』
 真理亜の隣で、その様子を見ていた梢が、じれったそうに頼んだ。
『いいよ。はい』
 牡蠣の入った器を少しずらして梢に取れるようにする真理亜。
 そして、
『熱いから気をつけてね』
 と、まるで絵利香のような口調で注意している。調理手伝いでは、真理亜の方が経験豊富なので、お姉さん気分になっているようだ。
 二人が生地にあたっている間に、グリルオーブンに火を入れる絵利香。お好み生地はプレート一杯に広がっていてひっくり返せないし、電磁プレートの熱量では厚くなった生地の全体に火を通すには力不足で、やはりオーブンが必要だ。


『それじゃあ、真理亜ちゃん。みんなに分けてあげて頂戴』
『はーい』
『あ! それなら私がやります』
 早苗が立ち上がる。
『ああ、いいのよ。真理亜にやらせてあげて。そうしないと納得しないから』
『納得?』
 首を傾げる大人達であったが、すぐに理由を理解することになる。
 真理亜は、お好み焼きをすぐに分けないで、切り身の上に乗った牡蠣を数えはじめたのである。梢も一緒になって数えている。牡蠣を乗せたのは幼児達なので、全体に均一でなく、切り身にもばらつきがある。一応各自三個ずつあての牡蠣を用意したのであるが……。
『1・2……4。じゃあ、これは梢ちゃんにあげるね』
 一番牡蠣の多かった切り身を梢に分けてあげる真理亜。
『ありがとう』
『次ぎは……3。それと半分ね』
 三個と半分では、梢よりも少ない。
 で、どうするだろうかと、一同が見守っていると、
『半分こは、牡蠣さんがかわいそうだから、一緒にしてあげましょうね』
 と言いながら、真理亜は隣の切り身から、残りの半分を箸でつまんで移してしまったのである。擬人法を使って自分の行為を正当化しようとする真理亜の言葉に、思わず吹き出しそうになるのをこらえている大人達であった。
『……4と。真理亜の分は、これでいいね』
 と、一人で納得して、他の人々の分を分けはじめる。自分達で多い所を取ってしまったので、後はどうでもいいらしく適当に皿に盛って各自に配っている。
『配り終わったよ』
『ごくろうさま。ありがとうね』
『どういたしまして』
『さあ、頂きましょうか』
『うん!』
 というと、自分の皿を引き寄せつつ、絵利香の膝の上に這いあがる真理亜。
 いつもなら絵利香の膝に座る梢も、真理亜がいるので梓の膝に座ることになった。
『でも梢ちゃんに先に譲るなんてえらいわよ。真理亜ちゃん』
『だって、お友達だもん』
『そうね。お友達は大切にしなくちゃね』
『うん!』
 真理亜が誉められているのを横目に見ながら、指を加え何か言いたそうな表情をしている梢。その様子を見ていた絵利香が、梢のその心情を察して言った。
『梢ちゃんもね。絵利香のお手伝いしてくれたのよ。とってもお利口なのよ』
『そうなの?』
『うん。梢、お手伝いしたよ』
 ここぞ得たり! といった明るい表情を見せる梢。
『そうか。梢ちゃんもえらいわよ。また一つお利口になったわね』
『えへへ……』
 自分もほめられて、頬を赤らめる梢。
 梢が手伝ったのは牡蠣を並べるなどたいしたことはしていないが、これくらいの年齢では、どれくらいお手伝いしたかということよりも、確かにお手伝いしたのだという記憶しか残っていないものだ。
 絵利香もその辺の子供心はよく理解しているので、事実だけを報告して、梢もほめてもらえるようにしたのである。幼児が二人いる時に、一人だけをほめることは、もう一人をひがませる要因になる。だからどんな些細なことでもいいから、平等にほめてあげることが肝心である。

 親の膝の上で牡蠣の乗ったお好み焼きをおいしそうに頬張る幼児達。
『これ、おいしいね』
 梢が舌鼓を打ち、呟く。
『でしょ。絵利香の作るおやつはとってもおいしいんだ』
 と、真理亜が答える。
 そりゃそうだ。好みの具材や味・食感など、真理亜の好みを知り尽くしているのだから。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
梢ちゃんの非日常 page.18
2021.08.09

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章譚)


page.18

 バルコニーで三時のティータイムに集まったいつものメンバーだが、梓の姿が見えず梢は仕方なく幼児高椅子に座って一人でチョコレートパフェを食べている。
 そこへ絵利香が入ってくる。
『いらっしゃいませ、絵利香さま』
 その声に、スプーンを口に咥えたまま後ろを振り向く梢。
『ん……?』
 食べるのに夢中で、何者が来たのか? と、ほおけた表情を見せている。
『あ、その表情いいねえ』
 といって、持っていたスマホカメラで撮影する絵利香。子供と一緒にいると、その表情がくるくると目まぐるしく変わり、一瞬驚きの表情を見せる時がある、そのシャッターチャンスを逃すまいと、子供達と会う時はいつも携帯しているのだった。
 相手が絵利香と気づいて、すぐに正気を取り戻す梢。
『あ! 絵利香だ。いらっしゃい』
 手を振っておいでおいでしている。
『なに、そのお顔は。あはは……』
 梢の口のまわりには、チョコレートがぺっとりと付いて、まるで口髭みたいになっていたのであった。
 梢の隣の席に腰を降ろし、そばのメイドからナプキンを受け取って、梢の口まわりを拭ってやる絵利香。
『はい。きれいになったわよ』
『うん。ありがと』
 素直に礼を言う梢。そして、メイドに向かって、
『降りるから』
 と言いながら、椅子を動かしてと意志表示する。
 メイドが椅子を引いて降りられるようにすると、ぴょんと飛び降りて、絵利香の方に近づき、よっこらっしょと椅子を這いあがって、その膝の上にちょこんと乗っかる。
 いつものことなので、その辺は絵利香も慣れてしまっている。
『取って』
 と、パフェを指差し、
『はい、はい』
 絵利香がパフェグラスを梢の前に引き寄せてあげると、何事もなかったようにおいしそうに再び食べはじめる。
 おやつは、やはり母親の膝の上に抱かれて食べるのが一番と考えているようだ。何せ絵利香はもう一人の母親なのだから。このおやつの時間には、梓がいても絵利香が尋ねて来ている時は、絵利香の膝の方を選んで座りたがる。梓はおやつが済めばまた執務室に戻ってしまうが、絵利香は梢と遊んでくれるために尋ねて来ていることが多いことを、経験学習で知っているからだ。

『梢ちゃん。ママはどうしたの?』
『あのね。一緒におやつ食べてたら、お客さんがきちゃったの』
『そっか、お客さんか……それで、一人で寂しく食べてたのね』
『うん。でも絵利香がきたから、もうさびしくないよ』
『ありがと』
 確かに絵利香が来る前と比べれば、ことほどさように上機嫌になっている。時々絵利香の方を見つめ、背中に温かみを感じながら、おいしそうにパフェを口に運んでいる。

『ふうん。やっぱりね』
『何が、やっぱりなんですか?』
『いえね。わたし達が梢ちゃんのお口を拭おうとすると、食事を邪魔されたと思ってか、怒りだすんだよ』
『なにそれ、まるで食事を途中で取り上げられた飼犬みたいじゃないですか』
『本当なんですよ。梢お嬢さま、反抗期ですから、ちょっと機嫌を悪くすると、わたし達にはもうお手上げになります』
『反抗期ですか……わたしの前では、とってもお利口で素直ですけどね』
『それはだね。梢ちゃんにとって絵利香さんは、第二の母親だし、何より屋敷の外に連れていってくれる大切な人だからだよ。嫌われたら、外に連れてってもらえなくなるから、猫かぶりしてるんだよ』
『ふうん……そうなの? 梢ちゃん』
『ん……? 梢、わかんない』
 と、きょとんとした表情で首を傾げている。
 無理もないだろう、パフェを食べるのに意識が集中しているし、大人達の会話は文章が長く、速度も早いので梢には聞き取れないのだ。
『だいたいからして、わたしや世話役三人のお膝が明いているというのに、完全に無視しているんだものね。梢ちゃんが選ぶのは、ママと絵利香さんのお膝だけ』


 やがて梓が戻って来た。
『お邪魔してるわよ。梓』
『ああ、絵利香、来てたんだ』
 といいながら自分の席に腰を降ろす。
『ママ、お客さんは?』
『帰ったわよ』
『うん。良かったね』
 お客というものは、梢にとっては梓との貴重な時間を奪う邪魔者でしかないから、早く帰ってもらうに限る。とはいっても、今日は絵利香がいるから事情は異なり、梓が戻ってきても、絵利香の膝の上から動こうとはしない。
『ところで、真理亜ちゃんは一緒じゃないの?』
『今日は、ママと久しぶりにお出かけしてる。いつもそばにいる真理亜ちゃんがいないと、何か物足りないというか寂しいというか、だからこっちに来たってわけよ』
『そっか……。しかし、絵利香はほんとに子煩悩だね。そんなに子供が好きなら、早く結婚して自分の子を産めばいいのに』
『相手がいればね』
『婿養子候補選びは、どうなっているのかな』
『審査は進んでいるみたいよ。梓と一緒にコロンビア大学進学でこっちに来ちゃったから、どこまで進んでるかわからないけど。まあ大学卒業したら、正式にお披露目があるんじゃないかな』
『他人ごとみたいなこと言うのね』
『なるようにしかならないわ。まあ、見合いとか恋愛とかにはこだわらないし、ある日突然いい人が現れて電撃結婚しないとも限らないしね』

 ワゴンを押して絵利香と真理亜が第三厨房室に入ってくる。その後から興味津々という表情で梢がついてくる。
『ねえ、今日は何をするの?』
 それに真理亜が答える。
『お好み焼きを作るんだよ』
『おこのみやき?』
『うん。絵利香の作るお好み焼きは、とってもおいしいんだよ』
『ふうん……』

『真理亜ちゃんも手伝ってね』
『はーい!』
 常日頃から、おやつ用のケーキなどを絵利香が作る時に、真理亜にも手伝わせているので、素直に受け応える。おいしいおやつを食べるには、それなりの労力も必要と教え込んでいるからだ。もっとも女の子なので、料理にはそれなりに興味を持っている。
 絵利香は調理用の三角頭巾を真理亜の頭に被せてやり、自分も被ってからエプロンを着込む。真理亜も自分で子供用のエプロンを着ている。
 ワゴンから電磁ホットプレートなどの調理器具を取り出して調理台の上に置き、
『真理亜ちゃん、バスケットの中身を出してくれるかしら』
 と指示すると、
『はーい』
 椅子を持って来て踏み台にして、テーブルの上に言われた通りに、バスケットからお好み焼きの具の入ったパック容器を取り出して並べる真理亜。具は篠崎邸の板前達によって下ごしらえが済んでいるので、後は焼くだけになっている。
『梢もお手伝いする』
 椅子を真理亜の隣に並べて、一緒に手伝っている。これから何がはじまるのか、興味津々といった感じで、黙って見ていられないようだ。
『コンセントはありますか。あ、二百ボルトですけど』
『調理台の脇にあります。当屋敷のコンセントは全室二百ボルトになっております』
『なら大丈夫ですね。ああ、これね』

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

- CafeLog -