銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅲ
2020.12.26

第十章 反乱




 ゴードン・オニール率いるアルサフリエニ方面軍が反旗を上げたことは、アルデラーンにいるアレックスの耳にも届いた。
 あまりの衝撃に言葉を失うアレックスだったが、その背景を調べるように通達した。
 やがて、タルシエン要塞から驚きの報告が帰ってきた。
 皇太子即位の儀の後に行われた記者会見のTV放映が、タルシエン要塞及びそこを中継するアルサフリエニ方面では、本放送と中継放送とではまるで違っていたのだ。
 それが発覚したのは、念のためにアルデラーンで録画した本放送分をタルシエン要塞に送ったことで、違いが判明したのだ。
 アルデラーンでの本放送では、共和国同盟の処遇に関しては、兼ねてよりの意思として、以前の体制に復帰させることで念押ししたはずだった。しかし、中継放送では帝国に併合させると改変させられたことが判明したのだ。
 おそらくタルシエン要塞側の中継設備にハッカーが侵入して、本放送とは違う別の録画映像を流したのであろう。

「やられたな……」
 ハッカーの犯人は分かっている。
 闇の帝王と称される、ジュビロ・カービン以外にはいない。
「久しぶりに聞きましたね。その名前」
「おそらく今日あることを予期して、要塞奪還後のシステム構築の時に、侵入経路の裏口を作っておいたのだな」
「要塞コンピュータの設定に関わらせたのが仇になりましたね」
「分かってはいたのだが、一刻も早いシステム復興が必要だったのだ」
 それは、要塞を落とせば当然再奪取に艦隊を派遣してくるだろうからである。
「ハッカーという奴は、武器商人と同じだよ。どちらか一方にだけ加担するのではなく、不利になった側について戦況を盛り上げ、永遠の膠着状態にさせるのが本望なのだ。双方が疲弊してゆくのを、高見の見物しながら、裏舞台で高笑いする」

「いかがなされますか?」
「そうだな。バーナード星系連邦に最も近いアルサフリエニ方面を放っておくわけにはいかないだろう」
 内憂外患状態にある事を、連邦に悟られるわけにはいかない。
 速やかに鎮圧部隊を派遣しなければならなかった。
「しかし、今の状態では要塞駐留艦隊を動かすわけにはいきませんね」
「私が行く!」

 共和国同盟の士官としてなら、いつどこへ行こうが構わないだろうが、銀河帝国皇太子たるアレックスが、アルサフリエニ方面に進軍するとした時、マーガレット皇女などは大反対した。
 が、皇太子の意思に逆らうわけにはいかない。
「私も同行致します!」
 マーガレットが配下の皇女艦隊を引き連れて、護衛に同行すると許可を求めた。
 ジュリエッタも参加することを公言した。

 こうして、皇太子即位の興奮も冷めやらぬ間に、アルデラーンからタルシエン要塞への行幸となったのである。
 アルデラーンからトランターまでは、それぞれのワープゲートを調整すれば使えるが。
 ジュビロ・カービンが敵側に着いたと想定される現在、タルシエン要塞にあるワープゲートは、万が一を考えて使うことができない。
 トランターからは、艦隊の足を使って行くしかない。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



2020.12.26 17:46 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第六章 カラカス基地攻略戦 Ⅵ
2020.12.25

第六章 カラカス基地攻略戦




 カラカス地上基地、管制塔。
 夜空をたくさんの流星が流れていく。
「今夜は、やけに多くの星が流れるな」
「六十年に一度のバークレス隕石群への最接近が間近ですからね。惑星の重力に引かれて無数の隕石のかけらが大気圏に突入してきますから当然でしょう」
「それにしても敵艦隊の動きも気になるところだな」
「軌道上の粒子ビーム砲がある限り接近することは出来ないでしょう」

 真っ赤に燃えて消えいく流星群が軌跡を引いて流れる、その中からアレックス達の乗った揚陸戦闘機群がすっと姿を現しはじめていた。
 大気圏突入によって灼熱状態の機体が、通常航行へ移行する頃には冷えて平常に戻りつつあった。
「突入完了。大気圏航行主翼を展開させます」
 翼の必要のない宇宙空間から大気圏に突入後、飛行翼を展開してそのまま滑空することのできる戦闘機、それが揚陸戦闘機である。大気圏航行のための揚力を出す飛行翼の展開と収納が可能となっている。
「こちらブラック・パイソン。各編隊応答せよ」
「こちらハリソン編隊。全機無事に大気圏突入成功した」
「ジミー・カーグだ。こっちも全機追従している」
 両編隊長から無線がはいった。
「地形マップに機影を投射。対地速度マッハ四・六。約五分後に目標に到達します」
「ジュリー、このままのコースを維持せよ」
「了解。コース維持します」
「こちらブラック・パイソン。各編隊へ。ブラック・パイソンに相対速度を合わせ、敵のレーダーにかからないように地面すれすれに超低空を飛行せよ。これより、敵管制基地攻撃にかかるが、攻撃目標から中央コントロール塔への直接攻撃は避ける。対空施設や格納庫、滑走路上戦闘機への攻撃が主体だ」
「ブラック・パイソン。こちら、ハリソン編隊。作戦指令を了解。ハリソンより、パーソン小隊、ジャック小隊へ。両小隊は司令機ブラック・パイソンの両翼に展開して護衛せよ。ミサイル一発たりとも近づけるんじゃないぞ」
「パーソン小隊、了解した。こちらは、左翼を守る。ジャック小隊は、右翼を頼む」
「ジャック小隊、了解しました。ブラック・パイソンの右翼を警護します」
「カーグ編隊長より、全機へ。当初の作戦通り、ミサイル一斉発射後、基地滑走路への強行着陸を敢行する。ミサイル発射装置の安全装置を確認」
 ジュリーが前方を指差しながら報告した。
「敵基地が見えてきました」
「上空に敵戦闘機はいないか?」
「見当たりません」
「すっかり安心しきっているか……。よし」
 アレックスは、無線機を握りしめた。
「ブラック・パイソンより各編隊へ。攻撃開始だ。全機浮上してミサイル一斉発射」
 アレックスの命令と同時に、全機が浮上し、発射体制に入ると同時に一斉にミサイルを発射した。さらにミサイルを発射して軽くなった機体は、加速して敵基地へ突入を開始する。
「ジミー、滑走路に強行着陸しろ」
「了解。カーグ編隊、全機滑走路に着陸しろ」
 次々と滑走路に強行着陸する戦闘機。
 その間にもハリソン編隊が管制塔周辺に対し攻撃を行って、守備隊の接近を阻んでいた。
「ジュリー。管制塔まえに強襲着陸だ」
「了解!」

 敵基地中央コントロール塔管制室では突然の敵襲に騒然となっていた。管制塔の前ではアレックス達と管制官員とが銃撃戦を繰り広げていた。かつて士官学校での模擬戦闘で、戦闘訓練は経験済みの隊員達だ。要領を得て、確実に塔を昇り詰めていく。
「このままでは持ちこたえられんぞ。守備隊はいったいどうしているのか」
「敵戦闘機により通路が分断されており、かつ間断なる攻撃で接近できないでいます」
「せめて軌道上の艦隊とは連絡が取れないのか」
「だめです。敵のジャミングで無線はもちろんのことレーダーすら役に立ちません」
「ううっ。一体守備艦隊は何をしていたのだ」
「これだけの戦闘機が来襲してきたところをみると、すでに味方守備艦隊は全滅しているのでは」
「まさか……」
「そうでなければどうして……」
 言い終わらないうちに肩口を銃弾で打ち抜かれて床に倒れる管制員。
「スキニー!」
 仲間の名前を叫んで駆け寄ろうとしたが、なだれ込むように侵入してきたアレックス達に遮られる。
「動くな!そこまでだ。おとなしく降参しろ」
 管制員に銃口を向けて包囲するアレックス達。
「貴様たちは?」
「同盟軍だよ。基地は完全に掌握した。無駄な足掻きはやめることだ」
 肩をがっくりと落とす管制員。

 管制員を縛り上げて壁際に座らせる隊員達。
「意外と速かったですね」
「ああ、レイチェルが手に入れた基地の詳細図があったからな。階段の場所からゲートを開ける操作盤の位置、迷子にならずに一直線でここまでこれたからな。そして、守備隊を管制塔に近づけさせないため、連絡通路を確実に破壊できたのも、正確な見取り図があったから。さらには基地周辺の地形図まで、攻略に必要なすべての図面を集めてくれた」
「さすが情報参謀ですね。レイチェル少尉のおかげで作戦が立てられたわけですからね」
「ああ、彼女の情報収集能力は一個艦隊に匹敵するくらいだ」
 もっともその功績は、彼女の背後にいるジュビロ・カービンによるものだろうが。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2020.12.25 16:48 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第六章 カラカス基地攻略戦 Ⅴ
2020.12.24

第六章 カラカス基地攻略戦




「司令。目標の惑星が見えてきました」
 ジュリーの報告通り、目標の惑星が目の前にあった。
 軌道上に整列した十二基の軌道衛星砲と、威圧感を与える粒子ビーム砲の射出口が開いている。
 戦艦搭載用の粒子ビーム砲とは桁違いの大出力を誇り、一基だけで二百隻の戦艦に相当する火力といわれている。戦艦搭載のものは、高速移動の必要性と、塔乗員の生命を守る安全性を考慮されて、軽量かつコンパクトに設計されその性能の限界七割程度に押さえられている。その点、無人で移動の必要のない軌道衛星砲には、最大級で最大性能を与えられて、性能限界ぎりぎりの大出力を引き出すことができる。
「どうやらまだ気付かれていないようだな」
「うまくいきそうですね」
「しかし、これからが正念場だ。今ならまだ引き返すことができるが、君ならどうする」
「ここまで来たんです。やるしかないでしょう」
「そうだな」
 アレックスは無線機を取った。
「全機へ。これより突撃を敢行する。夜の側から大気圏に突入せよ」
「ジミー、了解」
「ハリソン、了解」
「大気圏突入後五分間は交信が不可能になる。その間各自の判断で作戦を遂行せよ。
以上だ」
 マイクを置くと同時にジュリーが、大気圏への突入体制に入る。
「司令、大気圏突入モードに入ります。熱シールド全開、後部放熱ファン展開。機内冷却装置作動」
 ブラック・パイソンの機器を次々と操作して大気圏突入の準備をするジュリー・アンダーソン。
「突入準備完了」
「よし、突入だ」
「突入します」
 大気圏突入と同時に機体が激しく震動をはじめ、摩擦熱による温度上昇から、機内は赤く揺らめいていた。

 サラマンダー艦橋で、アレックス達を心配して食い入るようにパネルを見つめるパトリシアがいた。
「アレックス達が突入を開始する時間だわ」
 サラマンダーに移乗していたレイチェルが、パトリシアの肩をそっと叩いた。
「大丈夫よ。アレックスならきっとうまくやるわ。それとも自分達の立案した作戦に自信がなくなった?」
「そんなことはありませんけど……」
「作戦が完璧にできあがったとしても、それに身内が参加するとわかった途端に、急に心配になってくる。どこかに致命的なミスがあったらどうしよう、それがために命を落とすようなことになったらと、心配でしようがない。そういうことよね」
「え、ええ……」
 レイチェルがわざわざサラマンダーにやってきたのは、夫を敵地に送り出し心細くなっているはずのパトリシアをはげますためであった。
「わたしはね、思うのよ。なぜこの作戦に司令官たるアレックスが自ら参加したのかってね」
「アレックスとて、この作戦が完璧だなんって思ってやしないはずよ。所詮人間が作りあげたものだもの。どこかに見落としや勘違いがあって当然よね。作戦を実行するにあたっては、その時々の状況というものは常に変化するということを念頭に入れつつ、微妙な修正を加えねばならないことも起こる。だからアレックスが同行したのだとも言えるけど……でも、アレックスの真意は別のところにあるわ」
「真意?」
「もし現場の判断が必要ということならば、ゴードンを行かせればいいはずよ。彼の方が最適任者であることは、あなたもご存じのはず。作戦の変更が必要になった時には、司令官が残っていたほうが理にかなっているもの。なのに、アレックスということは、なぜかわかる?」
「…………」
「アレックスはね、この作戦に絶対の自信を持っていると思っているわ。言い換えるとパトリシア、あなた達の作戦能力を高く評価しているということよ。作戦が失敗した場合、ゴードンに撤退の指揮を任せるなんて言ってたけど、その可能性があるくらいなら最初から作戦を取り上げたりはしない。彼の性格でいうと、勝つならばとことんやるが、負けそうならば無理せずにひたすら逃げまくる、というのが信条なのよね」
 それはパトリシアもよく知っていた。
 たとえば士官学校時代の模擬戦闘でのことでいうと、逃げの作戦が基地に仕掛けしておいて完全撤退したことであり、勝ちにいく作戦がレーダー管制を逆手に取って逆襲したことである。まず逃げまくって相手を油断させておき、弱点を見せたその隙を全軍をもって徹底的に攻撃を敢行する。
「作戦が成功するにしろ失敗するにしろ、犠牲者は少なからず出るわ。これだけ突飛な作戦だもの、果たして作戦通りいくかどうかなんて、誰も信じられないはずよ。しかし、司令官自らが同行することで、作戦に参加する将兵達の士気を奮い立たせ、延いては部隊全員に対して指揮系統の優秀さと信頼性を高めることができる。本作戦に限らず今後も幾度かの困難で楽でない作戦命令をこなしていかなければならない。その作戦が困難であればあるほど、それを成功させて無事に戻ってきたとき、独立遊撃部隊の将来は確固たるものになっているでしょう。これは、独立遊撃部隊司令官であるアレックスと、副官であるあなたの最初の試練ということね」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2020.12.24 18:22 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -