銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅴ
2021.01.09

第十章 反乱





 共和国同盟から独立宣言をしたアルサフリエニ共和国は、鉱物資源豊富なカルバキア共和国、重金属工業都市国家惑星トバ、そして防衛軍事基地のカラカスを拠点とする連合共和国である。
*参照 第二部 第五章 アルサフリエニ

 カラカス基地に軍令部総本部を置いたゴードン・オニール。
「こんな事になるなら、軌道衛星砲を外すべきじゃなかったな」
 司令室の窓から上空を見つめながら呟くゴードン。
「あの時は、カラカスは放棄する予定でもありましたからね」
 副官のシェリー・バウマン大尉が応える。
「タルシエン要塞のガデラ・カインズ准将から何度も会見の要請が出ております」
「会っても無駄だろう。見解の相違は変わるものでない」
 その表情は、かつて『皆殺しのウィンディーネ』と呼ばれ、バーナード星系連邦艦隊を追撃し、降伏すらも認めず皆殺しにしたあの頃の目をしていた。
 征服為政者に対するゴードンの思想は冷酷にして無情だった。
「タルシエン要塞より、銀河帝国政見放送の再放送が流されています」
「今更だな」
 ぶっきらぼうに答えるゴードン。
「一応視聴するだけも」
「勝手にするさ」
 アレクサンダー皇太子こと、アレックスの政権放送。
 やがて核心的な部分となった。
『共和国同盟は元の政体に戻すこととする。相当の準備期間を設けて、評議会議員選挙を執り行う。概ね2年程になると思われるが、その間は軍が暫定政権を敷くこととする』
 その場に居た参謀たちは、一様に耳を疑った。
「前回聴いたのと違っていますよ。確か以前は、
『共和国を帝国領に編入し貴族の所領とする』
とか言ってましたよね」
「どちらが本当の放送なのでしょうか?」
「今の放送は、ランドール提督が日頃から言っていた内容に近いです」
「しかし、権力を手にした途端に豹変して……ということは、過去の例を挙げるまでもないです」

「放送を消せ!」
 慌てて放送を消すオペレーター。
「我々は、共和国同盟から脱退して独立宣言したのだ。今更、尻尾を振って元の鞘に納まろうとするな」

 やがて、ランドール提督がタルシエン要塞に入港したという情報が入った。
「説得しにくるのでしょうか?」
「帝国艦隊併せて一万数千隻を引き連れてかね?説得するつもりなら、せめて旗艦艦隊だけでくるべきだろう」
 旗艦艦隊だけで行こうとしたアレックスであるが、マーガレット皇女などが大反対したからこその帝国艦隊引率なのであるが。
「何にせよ、せっかくの機会だ。一度、アレックスと一戦交えてみたいと思っていたのだよ」
 自分の願望のために、部下を巻き添えにしようというのも考え物だが。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



2021.01.09 15:37 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官 コレット・サブリナ Ⅱ
2021.01.08

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




 共和国同盟軍情報部特務捜査科第一捜査課艦隊勤務捜査官。
 それがコレット・サブリナ中尉に与えられた正式称号である。
 事故であれ殺人であれ、人が死ねばまずは第一捜査課(殺人課とも呼ばれている)の彼女が呼ばれて現場検証にあたることになっている。配下の捜査員とと共に現場検証にあたるコレット。
 すでにアスレチックジムは関係者以外立入禁止の処置がとられている。
 ミシェールが死んでいたマシンは、滑車からロープに繋がったウェイトを、持ち手を引っ張って持ち上げていくというものである。
 レオタード姿で死んでいる。
 一見、手が滑って持ち手が器械に引っ掛かったところに、ロープが首に掛かりウェイトの重みで首が締まって、窒息死したようにも見える。
「ウェイトの質量は片方ずつ五十キロか……。艦の重力は地上の六分の一程度しかないから、実質十キロ弱分の筋力ゲージね……。これくらいの重量で首が絞まって窒息死するだろうか」
 重力六分の一で、ウェイトが軽くなるのと同じように、人の体重も六分の一になるから、五十キロのウェイトでも人の体重を支えて、首吊り状態を十分維持できるが……。筋力十キロあれば、首に絡んだロープを外せるはずだ。
「ロープが絡んだときの勢いで、急に首を絞められて気絶したんじゃないですか。そしてそのまま……」
 しかし、明らかに不自然だ。持ち手は前へ引っ張っていくものだが、たとえ手が滑っても、反動で持ち手が首に掛かるようにカーブを描いて後方へ飛ぶとは考えにくい。落下するウェイトに引っ張られてまっすぐ戻るはずだ。
「誰か、遺体に触らなかった?」
「いいえ」
「だとしたらおかしいな」
「何がおかしいのですか?」
「この膝の傷だよ」
 タイツで隠れていて注意深く観察しないと気がつかないが、明らかな擦過傷を負っていた。
「ああ、これね。アスレチックジムですからねえ。擦り傷くらいは日常茶飯事じゃないですか?」
「そう思うか?」
「ええ、まあ……」
「いや、違うな。この傷は、たぶん死後に負ったものだ」
「え? どうしてですか?」
「それは、解剖にかければはっきりするだろう」
「教えてくれないんですか?」
「憶測で物事を判断するものじゃない」
 遅れて臨検医が到着して観察をはじめた。こうした場合の当然として、特に首筋を重点的に調べている。
「頸椎損傷の形跡はありますか?」
 気絶するほどのショックが首に掛かっていたかを判断するためである。
「外見からでは判断できませんねえ。解剖してみないことには」
「直接の死因は?」
「首筋に絡んだロープによって頸動脈が圧迫され、脳への血流停止による脳酸欠死というところです。死後およそ一時間というところですかね」
「何か不審な点は発見できませんでしたか」
「つまり、他の場所で殺された後に偽装工作として、マシンに括りつけられたような跡が見られなかったどうかということですね」
「お察しの通り」
「こういった場合ではよくあることなので、その点は念入りに調べました。結論は解剖の結果を踏まえて慎重に判断しなければなりませんので、私の管轄を外れます。私は事故現場の証拠を集めたり保存したりするのが任務ですから。ただ、個人的見解でよろしければ……」
「どうぞ、それで結構です」
「まずは首筋を見ていただきましょう」
 臨検医が指し示す首筋に注目するコレット。
「ごらんの通り、ロープの絡んだ箇所の下側に紫斑が見られると思います」
「そう言えばそうですね」
「この紫斑が直接の死因となったもので、頸動脈にかかっているのが判ります。これはつまり、首が締って死んだか気絶した後でロープが緩んでずれたか、或は誰かに首を絞められて殺された後で、改めてロープに吊るされたことを意味しています」

 医師は手近なロープを取って、コレットの首に巻くようにして軽く絞めて見せた。
「人の首を絞めて殺そうとした場合の絞殺班は、被害者と犯人の身長差、或はどのようにして首を絞めたかによって変わってきます。例えば天井の張りに渡したロープで吊るし首にするとかですね。もし背の低い犯人が背後から襲った場合、このように丁度鎖骨の上辺りにかかります。この位置はミシェールの場合と同じですね」
「つまりミシェールは自分より背の低い相手に首を絞められた可能性があるということですね」
「あくまで可能性ですがね……」
「ところで、ロープの位置と紫斑の位置がずれている点ですが、本当は事故で首が締まってぐったりとなった後で、ずれたということはありませんか」
「否定はできません。解剖してみないことには結論は出せませんから。最初に申しました通りに、これはあくまで私個人の見解なのです」
「わかりました。どうもありがとうございました。あ、そうだ。膝の擦り傷の鑑定をお願いしておきます」
「擦り傷? ああ、これですね……。判りました。調べておきます」
 自分なりの調査を一通り終えたので、被害者のそばを一旦離れて、発見者達の証言を取ることにした。
「発見者達とミシェールと同室の者は集めたのか?」
 配下の捜査員に確認する。
「はい。隣の部屋に」
「よし。早速尋問しよう」
「司令官に報告は?」
「後だ。記憶が鮮明なうちに証言をとっておくのがセオリーだよ」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2021.01.08 07:19 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官 コレット・サブリナ Ⅰ
2021.01.07

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




 女子更衣室。
 談笑しながら着替えをしている女性士官達。下着姿の者、レオタード姿の者、そして軍服姿の者。その中にレイチェルも含まれている。
「あーあ。いやんなっちゃうな。何で運動しなきゃならないの」
 女性士官の一人が誰に言うともなしにぼやいた。
「仕方ないわよ。重力のない宇宙空間では骨格からカルシウムが抜け出して骨粗鞘症になってしまうのよ。それを防ぐには運動をして骨格や筋肉に刺激を与えるのが一番なんだから。艦橋のある居住ブロックは重力があると言っても、平均して地球上の六分の一しかないんだからね」
 筋肉の収縮や糖分の代謝などにはカルシウムが不可欠である。重力のあるところではただじっとしているだけでも、重力から体重を支えるために常に筋肉が緊張して糖分とカルシウムを消費する。そして脳の血中カルシウム濃度を調整する中枢では、その消費量に応じて余分に摂取したカルシウムを骨格形成させることで備蓄しようとする作用が働く。これは空腹時に食料を摂取すると、より多く脂肪として体内に蓄積されて通常よりも太ってしまう理由に近い。飢餓状態が続いた後で食料が摂取されると中枢部では、次にまた長期の飢餓状態がきても大丈夫なように、通常より多くの脂肪を備蓄をしようとするのである。いわゆる緊急時備蓄作用と呼ばれている。
 運動選手の骨格が発達するのは、運動することが直接の要因ではなくて、運動に見合ったカルシウム資源を備蓄しようとする作用によるもの。だからいくら運動してもカルシウムを十分摂取しなければ徒労に終わり逆効果になってしまう。ところが無重力となって体重を支える筋力を必要としなくなると、糖分やカルシウムの消費が極端に減少して、備蓄しようとする作用も減少する。骨格は、骨を作る骨芽細胞と骨を溶かす破骨細胞と呼ばれる組織のバランスによって、二週間半で新陳代謝を繰り返しているという。ところが無重力などの影響によって、破骨細胞の骨を溶解する作用が勝ると、骨粗鞘症などの骨のカルシウムが抜け出て脆くなる症状に陥ってしまうことになる。
「でもね、重力ブロックにいるあたし達はまだ救われているほうなんだから。重力のない機関部要員の男性達なんかもっと悲惨よ」
「そうですね。あたし達は毎日二時間の運動で済むけど、彼らは四時間ですもの」
「男性と違ってあたし達女性には妊娠・出産そして授乳という役目を担っていて、カルシウムの摂取量が足りないと自身の骨格からカルシウムを取り出してまで、胎児や乳児にカルシウムを与えようとする。だから今のうちにしっかりとカルシウムを補給しておかないと大変なことになるのよ」
「そういうこと、しっかり運動してカルシウムを逃がさないようにしなくちゃね」

「そうよ。いくら運動が苦手だからって甘えは許されません。これも軍人の務めの一つよ。さあさあ、ぐずぐずしていないで、早く着替えなさい。この後にも次の班が控えているんだから。時間は有効に利用しなくちゃね」
 とレイチェルが一喝した。
「はーい」
 と答えて隊員達は着替えを急いだ。

 女性士官でも最高位の大尉となったレイチェルは、主計科主任を兼務していた。なお主計科とは、隊員の給与を扱う経理課、軍服などの支給・修繕などを行う衣糧課、給食・配食を行う厨烹課の三部門があって、隊員達の生活に密着した部門である。
 部隊創設の副官時代から、女性士官達の要望を受け入れ、いろいろな相談に乗ってあげていたので、その人望は厚いものがあった。
 一方、ジェシカとパトリシアも医務科衛生班長の任にあって、隊員達の健康管理にあたっていた。
 アレックスが主計科と医務科の責任者に、レイチェル達女性士官を置いたのは、その二科が全体の士気統制に関わる分野であり、信頼のおける側近である必要があったからだ。砲術科や機関科などは、それぞれが特殊能力を有して専門分野科した隊員を治めて独立した運用体系にあるのに対し、給与や炊事などの生活面を担当する主計科と健康管理を担当する医務科は、隊員全体が相手であり必要不可欠な部門である。給与の支払いが滞ったり、飯を満足に食べさせて貰えなかったり、病気になったりしては、士気は衰えるし戦える者も戦えなくなる。その任務の性格上、女性をあてるのは自然であろう。パトリシアを含めた三人が隊員達の生活や健康を管理する他にも、悩みごととか相談ごとといった個人的な問題をも親身になって聞いてやり、解決してあげようとする態度は、隊員達から慕われ絶大な人望を得ていることは、まさしく天職にかなっているといえた。言い換えれば彼女達にそうさせる魅力を、アレックスもまた所有していたともいえる。

 女性士官の一人が入室してきて尋ねた。
「ねえ。誰か、ミシェールを見ていない?」
「ミシェール?」
「カテリーナから頼まれて探しているんだけど、もうじき当直交代時間なのに、姿が見えないらしいのよ」
 その時悲鳴が艦内にこだました。
「なに、いまの?」
「アスレチックジムのほうよ」
「あの声はカテリーナよ。行ってみましょう」
 レイチェルを先頭に一行がジムに入ると、カテリーナ・バレンタイン少尉がうずくまっていた。
「どうしたの?」
 レイチェルがそばによって話し掛けた。
 カテリーナは震える手を伸ばして一つの機械を指差した。
 そこには機械に首を吊って死んでいるミシェールが発見された。
「きゃー!」
 口々に叫ぶ隊員達。卒倒する者もいた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2021.01.07 14:53 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -