銀河戦記/鳴動編 第二部 第十五章 タルシエン要塞陥落 Ⅳ
2021.08.23

第十五章 タルシエン要塞陥落の時





 敵旗艦シルバーウィンド艦橋。
「要塞、沈黙しました」
「うむ、予定通りだ」
「いかがなされますか? 総攻撃なさいますか?」
「いや、要塞にはこれ以上の損害を与えたくないな。戦闘中止だ! 敵司令官に通信を繋いでくれ」
「かしこまりました」
「全艦戦闘中止!」
 要塞との通信回線が開かれる。
「敵司令官が出ました」
 通信用スクリーンに、要塞司令官のガードナー少将が出ている。
「私は、タルシエン要塞攻略部隊指令のスティール・メイスン中将です」
 自分の姓名と官職を名乗るスティール。
「自分はタルシエン要塞防御司令官、フランク・ガードナー少将です」
 同様にガードナーも返答する。
「私は、これ以上の流血は無意味だと思います。なので、要塞を明け渡して貰いたい」
 単刀直入に要求する。
「要塞を明け渡す?」
「素直に出て行ってくれるというなら、こちらからは攻撃を致しません」
「攻撃をしないという保証は?」
「私を信じてもらうしかないですね。三時間の猶予を差し上げます。それまでに返答がなければ総攻撃に移ります」
「分かった。配下のものと相談して、それまでに返答する」
「三時間です」
 そう言って、通信を切断した。


 要塞会議室に集まったガードナー以下の参謀たち。
「まずは最初に言っておく。ランドール提督からは、この要塞を預かった時にいつでも放棄しても良いという言質(げんち)を頂いている」
「つまり提督は、要塞を奪取した時から既に放棄することも考えていらしたということですか?」
「その通り。要塞の必要性は、その時々の情勢によって変わるものだ」

「しかし撤退するとしても、敵が攻撃しないという保証は?」
「ない……が、信用するしかないだろう」
「再奪取は、ランドール提督にお任せしようじゃないか」
「その必要性があればですけどね」
「この要塞のことは、建設した連邦が一番良く知っている。我々の知りえない情報も握っているやも知れんからな。決定的な弱点とか」
「あり得ますね。だからこそ、投降を呼びかけているのかも」
 建設的でない意見が続いていた。
「これ以上、議論しても仕方がない。結論を出そうと思う、挙手してくれ。撤退に賛成なものは?」
 半分近くが手を挙げ、しばらく考えてから手を挙げた者を入れて過半数に達した。
「撤退に決定した」
 議場を見渡して、挙手しなかった者の表情を窺ってから、
「総員に撤退準備! 敵さんとの通信回線を開け!」

 通信回線にスティール・メイスンが出ている。
「賢明な判断を感謝する。先にも述べたように、こちらからは攻撃を仕掛けないから安心して退去したまえ」
「ありがとうございます。我々は六時間以内に撤退を完了する予定です」
「分かりました」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


2021.08.23 08:28 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第二部 第十五章 タルシエン要塞陥落 Ⅲ
2021.08.22

第十五章 タルシエン要塞陥落の時





 要塞砲の発射によって、その軌跡上の無人戦闘機はすべて蒸発した。
 タルシエン要塞中央制御室。
「要塞砲、発射完了しました」
「うむ。様子を見る」
「どうでしょうか……射程内に敵さんが入っていればいいのですが」
「期待しようじゃないか」
 タルシエンの橋に消えたエネルギーの渦は沈黙していた。

 次の瞬間だった。
「タルシエンの橋に高エネルギー反応!」
「こ、これは?」
 スクリーンにエネルギー波が迫り、そして真っ白になったかと思うと、激しい衝撃が要塞を襲いブラックアウトした。立っていた者はほとんどが床に倒れている。
 管内の電源が落ち真っ暗になった。
「な、なんだ! 何が起こった?」
「主電源がショートして落ちたようです!」
「補助電源に切り替えろ! 主電源は直ちに修理にかかれ!」

「損害を調べて報告せよ!」
 やがて電源が回復して、損害報告も上がってくる。
「要塞砲が破壊されました!」
「モニターに映してみよ」
 要塞の外部TVカメラが要塞砲の様子を映し出した。
 要塞砲の反射エネルギーによって、射出口がほぼ完全に破壊されていた。
「これは酷いな。もはや使用不能だろう」
「エネルギーの逆流を防ぐために、粒子加速装置を閉鎖した方がよろしいかと」
「そうだな。そうしてくれ」

「敵の秘密兵器でしょうか? とても戦艦搭載の砲ではありえません!」
「制空権を取られた上に、要塞砲なしでは勝ち目はないか……」

「なんだあれは?」
 タルシエンの橋からゆっくりと出現したものがある。
「真っ白ですね」
「まるで氷のようですが……」
「いや、氷ですよ。本物の氷の壁です!」
「分かりました! あの氷の壁で要塞砲のエネルギーを反射させたのではないでしょうか」
「できるのか?」
「間違いありません」
「で、あれを壊せるか?」
「要塞砲を反射させたくらいですから、熱エネルギー攻撃は無理でしょうが、ミサイルのような物理攻撃なら壊せるでしょう」
「氷の壁に対してミサイル攻撃を敢行する。各レーザー砲は無人戦闘機撃墜に専念せよ」
「残存艦隊及びカーグ少佐達に、無人機は無視して氷の壁の向こう側の敵へ攻撃開始せよ」
「了解! ホスター准将に連絡」
「了解! カーグ編隊へ連絡」

 無人機による要塞への攻撃はさほどのことでもなかった。攻撃して反撃される方が痛い目に会うことになる。そのようにして外に出ていた第十一艦隊は半数に激減していた。
「氷の向こう側にどれだけの艦艇が潜んでいるかだな」

 やがて姿を現したのは、
「敵勢力、重戦艦を主体とした八十万隻のもよう」
 その兵力に驚くガードナー。
「まいったな……」
 外に出ている味方艦艇では戦力不足だった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


2021.08.22 08:52 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第二部 第十五章 タルシエン要塞陥落 Ⅱ
2021.08.21

第十五章 タルシエン要塞陥落の時





 数時間前に遡る。
 タルシエンの橋を、共和国同盟領に向かって進軍する艦隊があった。
「閣下。無人戦闘機全機発進完了しました。タルシエン要塞に向けて進軍中!」
 副長が報告する。
「よし。空母を下がらせて、氷の戦艦を前に出せ! 作戦第二弾だ」
「了解! 氷の戦艦を前に出します」
 後方に待機していた氷の戦艦と呼ばれた艦艇が前方へと移動してゆく。
「廃艦寸前の艦艇でも役に立つところを見せてやろう」
 艦隊の指揮を執るのは、バーナード星系連邦の若き英雄ともいうべきスティール・メイスン中将である。
 共和国同盟を屈服させて、マック・カーサーに占領を任せて帰国した後、クーデターを起こした際に、旧式戦艦をもかき集めていたのだった。
 その退役した戦艦の周りに分厚い氷の結晶を蒸着させ、その前面を鏡のようにピカピカに磨き上げた艦だった。
 氷の戦艦を作るには、特別な工作機械など必要はない、真空中で水を吹き付けるだけで良いので費用も格安だ。いわゆる真空蒸着である。
 水を真空中に放出すると沸騰するが、気化熱を奪われてすぐさま氷になる。つまり沸騰しながら氷になるという面白い現象を見せる。

「要塞に強力なエネルギー反応!」
 やっぱり来たかという微笑を洩らして、
「要塞砲が来るぞ! 氷の戦艦を盾にして並べろ!」
 氷を纏った戦艦が、ずらりと隙間なく並んで頑丈な氷の壁を形成させた。
「整列完了!」
 その時、要塞砲の強烈なエネルギーが氷の壁に襲い掛かる。
 真空中では氷が一瞬にして昇華し、エネルギーを吸収する。
 水の分子の比熱及び融解熱と蒸発熱は、宇宙に存在する物質で最も高いと言ってもいいくらいである。
 1gの氷を昇華(水蒸気へと状態変化)させる熱は約2,836J{ジュール}必要。
 さらにライデンフロスト効果に似たような現象を起こして、強力なバリアーが発生していた。
 ほぼ氷と塵の塊である彗星が、太陽近日点を通過して長い尾をたなびかせつつも、溶けて消え去らないのもこの現象である。

 さしもの要塞砲も氷の壁によって完璧に防がれていた。
 そのエネルギーの一部は、鏡のようになった面で反射されて、要塞の方へと向かった。

「敵さん、撃ったエネルギーが戻ってきてビックリするでしょうね」
「よし。氷の戦艦を盾にしながら、前進する! 空母は用済みだ、帰還させろ」
「了解。空母を帰還させます」
 無人戦闘機の回収予定はなかった。
 この作戦以降使用されることもないだろうから、箪笥の肥やしになるより断捨離してしまおうということだ。近くの恒星にでも落下させる予定だった。

参考 水の比熱=4.2kJ/kg・℃ 融解熱=333.6 kJ/kg 蒸発熱=約2,250kJ/kg

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


2021.08.21 08:05 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)

- CafeLog -