銀河戦記/鳴動編 第一部 第十八章 監察官の陰謀 Ⅵ
2021.04.08

第十八章 監察官の陰謀




 艦橋内に響く銃声。
 沸き起こる悲鳴。
 艦橋は騒然となった。

 だが、床に倒れこんだのは監察官の方だった。
 腕を撃ち抜かれて血を流していた。
 監察官が持っていた銃が床に転がっている。
 一同が銃が放たれた方角に振り向くと、そこには部下の憲兵隊を従えたコレット・サブリナ大尉が銃を構えていた。その銃が監察官の腕を撃ちぬいたのである。

 彼女の正式な身分は、共和国同盟軍情報部特務捜査科第一捜査課艦隊勤務捜査官。
 艦隊組織内において、監察官同様に武器を常時携帯することを許可されている唯一の人物であった。
「なぜ、おまえがここにいる。ここは、一介の捜査官が入れるようなところじゃないはずだ」
「レイチェル・ウィング少佐の依頼を受けての特務捜査権を執行しております」
「特務捜査だと?」
「暗殺です」
「な、何を言うか。第一、情報参謀に特務捜査権を依頼する権限などない」
 それにアレックスが答える。
「それがあるんだな。特務捜査権を彼女に依頼できるのは、私の他には艦隊司令官付副官がいる」
「提督やウィンザー少佐がサブリナ大尉に近づいた形跡はない」
「そうか、やはり部下に行動を監視させていたな。」
「反逆者とその部下を監視するのは当然だ」
「いつの間にかに反逆者呼ばわりですか……まあいいでしょう。その副官がもう一人いるのを知らなかったようだ」
「ウィング少佐か?」
「独立遊撃部隊からの副官でしてね。当時、ウィンザー少尉が正式に副官に就任しても、そのまま副官としての地位を残しておいたのですよ。副官には司令官同様の特別な権限が与えられますからね」
「なるほど」
 そのレイチェルが解説をはじめた。
「何者かがランドール提督を暗殺しようとして潜入しているという情報を入手しました。暗殺には提督のそばに近寄る必要があります。その方法として提督の身近にいる者に成り代わるのが一番確実です。ランドール提督は味方将兵を大切に扱い、勝つ算段のない戦からは撤退するという主義を打ち出しています。三個艦隊もの敵艦隊が迫ってくると知れば、当然撤退すると言い出すことは容易に推測できるでしょう。そこで、これを敵前逃亡として処断すれば合法的に抹殺が可能です。そしてそれが出来るのは、監察官! あなたしかおりません。監察官自らが暗殺実行者であるならは、後処理はどうにでもできるでしょうね」
「私が暗殺をしているという証拠などないだろう」
「これに聞き覚えはありませんか」
 というとレイチェルが端末を操作する。
 スピーカーから声が響く。
『……です。閣下のお考えになられた通り、ランドールは撤退を選択しました』
『そうか。後の処理は判っているな』
『はい。手はず通りに敵前逃亡罪として処断します』
『くれぐれも、計画が漏れないように極秘裏に合法的にランドールを始末するのだ』
『お任せください。万事怠りなしに』
『頼むぞ』
『はっ!』
 その音声に息を呑む監察官だった。
「というような内容の通信です。声紋チェックであなたの声であることが確認されております」
「ば、馬鹿な。あの暗号通信は特殊な暗号コードを使っているんだ。暗号解錠キーがなければ内容など解けないはずだ」
「おや。あなたが暗号通信を送ったということはお認めになられるのですね」
「うっ……」
 迂闊だったという表情に歪む監察官。

「ここには、天才と呼ばれるお方が数多くいらっしゃるのですよ。システムエンジニア、システムプログラマーなど、コンピューターネット犯罪を取り締まるプロフェッショナルがいます。彼らに掛かれば暗号通信を解析することなど容易いことなのです」
「冗談はよせ。あの暗号通信の内容は、現在最速と言われているスーパーコンピューターで解析しても百万年は掛かると言われているんだぞ。解錠キーがない限り解けるはずはない」
「それならば、その解錠キーがどこかのコンピューターに保存されているはず。そのコンピューターに侵入して、その解錠キーを手に入れれば良いことです」
「そんな事できるはずがない」
「それができるのです。ネットに接続されているコンピューターならば、必ず侵入できるものなのです」
「あり得ないことだ」
「お信じにならなければ、それでも結構です。とにかくも、あなたの暗号通信は解読されたということはお認めになられますね?」
「黙秘権があるはずだ。これ以降は何も喋らない」
 と、レイチェルの質問に答えない監察官。これ以上話し合ってもぼろが出るだけだと判断したようだ。
「結構です。当然の権利ですからね。でも聞くだけは聞いていてください。提督を暗殺しようという者が侵入したという情報を入手して、私達はすべての通信を傍受記録しておりました。その捜査網にあなたが暗号通信を送っているのを傍受したのです。早速、かの天才達に解読を依頼しましたが、それには三時間という答えが返ってきました。あなたは百万年とおっしゃいましたが、天才と呼ばれる彼らに掛かれば三時間なのです。今後の参考にでもしておいてください。しかし、それでも手遅れになるので、別のルートを使って軍のコンピューターネットに侵入、さる所から解錠キーを入手しました。それを使って暗号通信を解読したのです」
 押し黙ったままの監察官だった。図星をさされて明らかに意気消沈している表情が伺える。
「念のために申し上げておきますが、シャイニング基地の撤退は、参謀達全員による合議によって決定されたものであり、提督ご自身による勝手な判断で執行されるものではないということです。ゆえにこれは敵前逃亡ではなく、明白なる撤退作戦ということになります。敵前逃亡として処断されるのは早計ではないでしょうか。暗殺という策略以外には考えられません」
 レイチェルの発言を受けて、コレット・サブリナ大尉が前に進み出る。
「監察官。あなたをランドール提督暗殺未遂の容疑で逮捕します」
 監察官の腕を後ろ手に回して手錠を掛けるコレット。
「ウィング少佐。一つ質問させてくれ」
 手錠を掛けられながら口を開く監察官。
「何でしょう?」
「君は、暗殺という情報をどうやって知ったのだ。さる所から解錠キーを入手したという。当然その首謀者たる人物のことも掴んでいるのだろう。証拠を集めて、告発するつもりか?」
「情報の出所をお教えすることはできません。ニュースソースを隠密にするのは情報部の常識です。証拠たる情報を隠密にする以上は、立件もできませんから告発も不可能ということです。内憂外患から士気の低下を発祥させる素因を公にすることは、提督のもっとも危惧されることですからね」
 うんうんと頷いているアレックス。
「そうか……内憂外患か……」
「提督」
「何かね」
「ここには心を一つに束ねあい、気を許しあって、すべてを相手に委ねられるという環境が浸透しているようだ。実に素晴らしい艦隊だ」
「そう言ってくれると嬉しいね」
「あなたの部下達がこれほども羨ましいと思ったことはない。あなたの部下でなかったのが、実に残念だ」
「それはどうも……」
「連行しろ!」
 コレットが部下の憲兵隊に指示し、連行されて行く監察官。
「提督。お騒がせいたしました」
「今回も、君に助けられたな」
「任務ですから」
 きりっと姿勢を正し敬礼をして、くるりと翻して立ち去って行くコレットだった。

第十八章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


小説・詩ランキング



11
2021.04.08 08:53 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十八章 監察官の陰謀 V
2021.04.07

第十八章 監察官の陰謀




 TVから映像と音声が流れている。
 何事かと注目する将兵達。
『どうしようというのだ』
『監察官特務条項の第十三条。敵前逃亡司令官に対する条項により、ランドール提督を処断させて頂きます』
『つまりこの場で銃殺するというのだな』
『その通りです』
 銃を突きつけられている提督と周囲の緊迫した情景が映し出されている。
「銃殺だって!」
「おい。嘘だろ」
 もはや食事どころではなかった。
 その緊迫した映像と音声を見逃すまいとして、全員がTVの前に集まって釘付けになっていた。
 居住区の私室に備え付けられたTV、統合通信管制室、機関部、艦載機発進ドック、各所の艦内放送用のプロジェクターにも随時投影されていた。
 サラマンダー艦隊に所属するほとんどの将兵が、今まさに艦橋で繰り広げられている現状を、食い入るように見つめていた。
 映像の中のアレックスが、落ち着いて答弁している。
「そうか……仕方ないな」
「最後の猶予を与えましょう。三つ数えます。それまでに決断してください」
「勝手にしたまえ」
「一つ!」
 監察官がカウントを始めた。
「提督!」
 周囲のオペレーター達が駆け寄ってくる。
 それを制するように怒鳴るアレックス。
「持ち場を離れるんじゃない!」
「し、しかし」
 大声にびっくりして思わず立ち止まるオペレーター達。
「監察官。君が、敵前逃亡罪で私を処断するというのなら、甘んじて受けようじゃないか。私は、第十七艦隊に所属する全将兵、私に従ってきてくれる素晴らしい部下たちの生命を守る義務がある。このシャイニング基地に押し寄せている艦隊の数は三個艦隊におよぶのだ。どうあがいても尋常な手段では勝てないし、ただ全滅するしかないことは目に見えている。勝てる見込みのない戦いを、部下達に強要することは断じてできないのだ」
 冷ややかな目つきでそれに答える監察官。
「そう言って、部下達の同情を得ようとしているだけだ。提督の自己陶酔に付き合っている時間はない。二つ!」
「自己陶酔か……確かにそうかも知れないな」
「提督が、こんな奴に処断されるなんて許されません」
「そうです。敵艦隊は迫ってきているんです。提督がいらっしゃらないと」
「何を、弱音を吐いているんだ!」
 強い口調で叱責するアレックス。
「私はこれまで、君達に戦い方の何たるかを教えてきたつもりだ。部下を信じてすべてを任せ切りにしたこともあった」
 その言葉にスザンナが、そしてパトリシアが反応する。
 スハルト星系でのこと、タシミール星収容所のこと。
 それぞれの思いが脳裏に蘇ってくる。
 アレックスは言葉を紡ぐ。
「どんな境遇にあっても、自らの判断と意思で不言実行できるような指揮官たる能力を身に付けられるように努力し、そうなるように育ててきたつもりだ。例え私がいなくても、君達だけでも十分に事態を収拾できると信じている」
「たいした自信だな。私にはただの自惚れとしか聞こえないな。三つだ!」
 ブラスターを構える腕に力がこもる。
「どうやら意思は固いらしい。命令を変えるつもりはないな」
「もちろんだ。我が第十七艦隊はシャイニング基地を放棄して撤退する」
「そうか……では、ここで軍務により君を処断する」
 ブラスターの引き金に掛けた指先に力を込める監察官。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.04.07 12:33 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十八章 監察官の陰謀 Ⅳ
2021.04.06

第十八章 監察官




 提督が軍法会議に掛けられるという情報は逸早く艦隊全員の知るところとなった。 言うことを聞かないアレックスに業を煮やし、どんな暴挙にでるかも知れないと、交代で監察官の行動を監視しはじめた士官達もいる。
 監察官もそんな動きを察知してか、用意された部屋からは一歩も出ることはなかった。

 監察官の忠告を無視して、アレックスの基地からの一時撤退の準備が開始された。
 とにもかくにも、一番の難問となるのは、一億二千万人にも及ぶ住民の避難方法である。敵はすでに進撃を開始しており、時間の切迫した中で、いかにすべての住民を一人残らずもよりの惑星に移送するかという算段を、考えださねばならない。
 それはかつてスティール・メイスンが、ミッドウェイ宙域会戦において、撤退する連邦第七艦隊を追撃する共和国同盟軍第五艦隊を、バリンジャー星住民を全員避難させた上で惑星を自爆させ、第五艦隊を壊滅に追いやったあの時と状況が酷似していると言えた。
「シャイニングを完全放棄するなら、メイスンがやったように自爆させてしまうのも一興なのだが。二番煎じでは面白くないからな」
 独立遊撃艦隊所有の輸送艦は無論のこと、近在の基地に逗留する輸送艦が借用されて、シャイニングに集められて、住民の移送にあてられた。
 そして住民の説得であるが、これはわりかしすんなりと解決した。元々シャイニングは最前線を防衛する軍事基地として開発された惑星であり、住民のほとんどが軍部関係の将兵と技術者及びその家族であったからである。軍属となれば、命令には逆らうことはできない。
 フランソワ・クレールの立てた撤退計画に従って、事は順調に捗っていた。各地の軍港から、ひっきりなしに輸送艦が発着を繰り返しており、軍港への道には撤退命令を受けた住民達の群れが続いている。
「パトリシア。一般住民の撤退は、捗っているか」
「はい。すでに八割がたほど、後方の近隣惑星に分散移送を完了しています。残る住民も十二時間以内に移送を終えるでしょう」
「ふむ。予定通りだな」
「しかし、貴重品以外は持ち出し禁止で、燃料・弾薬や物資までそっくりそのまま残していくというのはどういうことですか? 物資を引き上げる時間は十分あるはずです。基地を明け渡した上に、物資のおみやげまでつけて、基地の設備も破壊せずに敵に差し出す必要はないと思いますが」
「作戦を完璧に演出するためだよ」
「と申しますと?」
「遠路はるばるやってきた艦隊が一番欲しがるものはなんだ?」
「燃料・弾薬です。そして将兵達には食糧が必要です」
「その通りだ。喉から手が出るほど欲しいものが基地にあるとわかればどうする?」
「当然、上陸して……あ! そうか、わかりましたよ」
「言ってみろ」
「はい。もし基地に何も残っていなければ、敵は通信機能だけ残して、ここを放っておいて艦隊を前進させるかも知れません。燃料・弾薬に物資、そして完全に機能する基地の設備までもを与えることで、敵艦隊を完全に足留めする。そういうことですね?」
「そうだ。すべてを残しておくことで、いかにもあわてふためいて脱出したのだと敵に思わせられるだろう。油断もするし、敵は安心してこの地に留まってくれるというわけだ」
「素晴らしい作戦です」
「巧くいくといいんだがな」
「大丈夫ですよ」
 
 技術将校でコンピュータプログラマーのレイティ・コズミック大尉から報告があった。
「提督。準備が完了しました」
「ご苦労さま」
 アレックスはそう言うとパトリシアに向き直った。
「敵艦隊の位置は?」
「はい。37・8光秒の位置に達しました」
「そうか。そろそろ我が艦隊も撤退するとしようか」
 アレックスはパトリシアに目配せすると、
「総員に退去命令を出してくれ」
 静かに艦隊の撤退命令を下令した。
「はい」
 それを聞いて、撤退開始の予定時間に合わせて艦橋に姿を現していた監察官が発言した。
「提督、お考えは改まらないと考えてよろしいですね」
 最後通牒ともいうべき警告のような響きのある口調だった。
「ああ、変わらないな」
「仕方ありませんね……」
 というと、やおら腰からブラスターを引き抜いて、アレックスに向けて構える。
「きゃー!」
「提督!」
 一斉に悲鳴があがる。
「騒ぐな!」
 監察官が怒鳴り散らす。
「その通りだ。みんな動くんじゃない。軽はずみな行動はするな」
 アレックスも静止する。
 監察官が容赦なく発砲することは目に見えていたからである。
 自分の職務を果たすためなら平気で人を殺すだろう事は容易に推測できる。
「提督のおっしゃるとおりですよ。死にたくなかったら動かないことです」
 その時監察官の背後に控えていたレイチェルが艦内放送を担当しているオペレーターに合図を送った。それに応えるように、監察官に気づかれないようにそっと艦内放送のスイッチを入れる放送オペレーター。
 食堂や居住区にある艦内TVに、艦橋の現況が流され始めた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.06 13:42 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -