銀河戦記/鳴動編 第二部 第十一章 帝国反乱 Ⅹ
2021.04.17

第十一章 帝国反乱




 Pー300VXからの報告を受けて、首都星サンジェルマンから遠く離れた場所で待機していた部隊が動いた。
 艦体に赤い火の精霊が描かれた高速巡航艦「ヘルハウンド」に従えられた、本家本元のサラマンダー部隊十二隻である。。
 指揮官トーマス・マイズナー少佐が頷く。
「提督の危惧した通りに、敵さんが動いたな」
「さすがですね。先見の明には感服します」
 副長のクランシス・サックス少尉が感心する。
「提督自身も誘拐された経験があるからな」
「もしかしたら、今回の誘拐犯もその時の奴では?」
「かも知れない」
「直ちに救出作戦に入りますか?」
「いや待て! 奴らがどこへ向かうかを見定めなくてはならない。アルデラーンに向かうか……」
「中立地帯の海賊基地に向かうかですね」
「そうだ。もし海賊基地に向かうならば、摂政派と海賊、というかバーナード星系連邦との繋がりも判明する」
「そういえば、海賊基地はまだ判明していないんですよね」
「ああ、惑星ミストと補給基地から通信傍受して、場所を割り出そうとしているのだが、あれから探知できるような通信記録はないそうだ」
「もしかしたら移動基地のようになっているのかも知れないのでは?」
「可能性はあるが……。ともかく跡をつけていけば、何らかの事実が判明するだろう」
「ですね」
「よおし! 尾行していることを悟られないように、微速前進で追跡する」
「了解! 微速前進」
 先行するP-300VXに案内されるように、私掠船の尾行を始めた。


 私掠船内にある一室。
 少女がベッドの縁に座り、虚ろな表情で天井を見つめている。
 拉致監禁され、どうしようもない状態を悲観している。
 少女の力では成す術もなかった。
 唯一の救いは、拘束されていないことだけだった。
「侯女はどうしておるか?」
「おとなしくしておりますよ。浚った当初は抵抗していましたが、宇宙に出た今は逆らっても無駄だと悟ったようです」
「大切な人質だ。一応大切に扱わなくてはな」
「一応ですか」
 とほくそ笑む副長。
「よし。進路を中立地帯へ向けろ!」
「久しぶりに基地に戻るのですね」
 ゆっくりと方向を変えて、中立地帯へと転進した。


 ヘルハウンド艦橋。
「やっこさんが、中立地帯に向かうようです」
「跡をつけられているのに気づかないか。案内してもらおうか、海賊基地まで」
「さすが、Pー300VX偵察機ですね」
「ああ、戦艦千二百隻分の予算が掛かっているからな」
「それもこれも、ランドール提督の采配というところでしょうか?」
「まあな。俺だって、戦艦千二百隻の方を選んださ」
「問題は、偵察機の燃料ですね。エネルギー切れで正体を明かしてしまわなければいいのですが……遮蔽装置って結構エネルギーを消耗するのでしょう?」
「やつらが真っすぐ基地へ向かってくれる分には、十分燃料は持つはずだ」
「寄り道しないことを祈りましょう」

第十一章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.04.17 13:16 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十九章 シャイニング基地攻防戦 Ⅶ
2021.04.16

第十九章 シャイニング基地攻防戦




 すべてのTV放送局が、ランドール提督の功績を讃えるような放送内容で、命令違反に対する軍法会議が行き過ぎであると放映していた。
 軍部の信用失墜の極みといえるだろう。
「広報部から言わせてください。今、ランドール提督を処罰するのは共和国同盟にとって重大な損失になります」
「またか……同盟の英雄とか言い出すつもりだろう」
「いけませんか? 士気を鼓舞する上で英雄の存在は必要不可欠であります。シャイニング基地防衛の時、三個艦隊が攻め寄せて来ると判っておりながらも、第十七艦隊の士官達は誰一人として、乱れることがなかったそうです。これはランドール提督なら何とか切り抜けてくれると信じて疑わなかったからでしょう」
「そしてその期待通りに難局を看破した。方法はともかくとしてな」
「だが、その方法が問題となっているのだ」
「ここに第十七艦隊副司令官オーギュスト・チェスター大佐を筆頭に全乗組員の署名の入った嘆願書が届いています」
「全員か?」
「はい。一人残らず」
「ランドールは部下の絶大なる信望を得ているということか。今回の作戦における彼の功績点は、基地防衛と敵二個艦隊の撃滅、そして艦船六万隻の搾取とで少将昇進点に達した。順当にいけば第十七艦隊司令と准将の地位が、次席幕僚に巡ってくるというわけだが……提督の処分となれば、その夢を取り上げることになり、ひいては第十七艦隊全員が離反する可能性があるというわけですな」
「それはまずいぞ。国民の期待はすべてに第十七艦隊、というよりもランドール提督一人の名声にかかっているのだ。ミッドウェイ宙域会戦の折りもそうであったように、連邦の連合艦隊来襲を完膚なきまでに粉砕した度量は、誰にも真似できないであろう。たとえそれが命令違反を犯す奇抜な作戦であったとしても許容される範囲ではないだろうか。長期化する戦争によって財政は逼迫しており、国家予算に占める国防費の比率は四割を越え、その重圧に国民は耐えかねているのだ。ランドールにさえまかせておけば、国家は安泰だろうという気運は充満している。これ以上国民の期待を裏切ることはできまい」
 軍部から参列している者はともかく、評議会から参列している者はランドールの処罰に反対の気運へと動いていた。
 今回のTV放映の影響によって、ランドール提督の絶大なる国民の人気と信頼が、改めて明らかとされる結果となったのだ。この会議場に参加している者達のほとんどが、ランドールを処罰に賛成したと知られれば、自分の地位が危うくなるのは必至である。次回の評議会選挙に出馬する予定の者は、これ以上の追求は人気に大きく影響し落選は確実。そう思い始めている者が大勢を占めるようになっていた。今やランドール提督の人気に逆行するような意見は述べることができなくなっていた。
「処罰するに処罰できずか……」
「かといってこのままでは他の士官達への示しがつかん」
「どうだ、この際。例の作戦を、彼にやらせるというのは」
 宇宙艦隊司令長官が口を開いた。
「作戦?」
「それはいい」
「タルシエン要塞攻略の任務をランドール提督に任せるのか」
「トライトン少将。君はどう思うかね」
 審議官の一人が、参考人として参列していたトライトン少将に向き直った。
 これまで審議の経過をじっと見つめていたトライトンであるが、静かに答えた。
「わかりました。ランドールの第十七艦隊にやらせましょう」
「決まりだ。タルシエン攻略の任務をランドールの第十七艦隊に与える」
「諸君。タルシエン要塞は難攻不落と言われて幾度かの攻略をことごとく跳ね返した。もし成功すれば、指令無視の件を不問に伏し、規定通りの少将の位と現在空席の第八師団司令官の席を、彼に与えようじゃないか。反対するものは」
 議場が一時ざわめいてやがて静かになった。
 宇宙艦隊司令長官の意見に反対できるものはいなかった。長官はぐるりと周囲を見回して、異議のでないのを確認した。
「よろしい。ランドール提督をここへ」


 議場の扉が開いてアレックスが入場してくる。
 そして被告席に入ると、
「アレックス・ランドール提督。貴官の処分を申し渡す」
 審判長が審議の結果を言い渡した。
「貴官の今回の行動は、共和国同盟に対する離反であると言わざるを得ない。命令を無視してシャイニング基地を撤退し、一時的ながらも占領される結果となり、共和国同盟への侵略の足掛かりとされる危険性を生じたのである。しかしながら、それは第十七艦隊及び第八艦隊のクルーの生命を守らんががための人情からきたものと信じるものである。よって温情を持ってこれを処罰するのを猶予し、その条件としてアル・サフリエニ宙域にあるタルシエン要塞攻略の任務を新たに与えることとする。もしこの任務を達しえたならば、貴官の命令違反を不問に帰し、要塞攻略とシャイニング基地防衛にかかる功績点を規定通りに与えることとする」
 会場からため息にも似た吐息が聞こえた。
 ニールセンがランドールを陥れようとしたことは誰しもが感じていた事である。それが逆の効果として、ランドールの名声を高めたに他ならないことを知り、今また新たなる活躍の場を与えることとなったのは、ニールセンに対する痛烈なる皮肉な結果となったわけである。
「以上で審議を終了する。全員解散」
 全員起立して敬礼し長官の退室を待ってから、それぞれの持ち場へと戻っていった。
 直立不動の姿勢で全員の退室を見届けているアレックスの肩を叩くものがいた。振り返るとそれはトライトン少将であった。彼は軽く手を振って微笑みながらも無言で退室した。

 会議場を出たところで、ジェシカとレイチェルが待ち受けていた。
「いかがでしたか。会議のほうは」
「一応処罰だけは免れたというところだ。地位も階級もそのままだ。君達の処遇もな」
「よかったですね」
「しかし君達も大胆なことをしてくれたな」
「他に方法がありませんでしたからね」
「首謀者は一体誰だ?」
「リンダとフランソワですよ。リンダがTV局、フランソワが広報部、その他あちこち駆けずり回って大車輪で働いてくれました」
「あん? あの二人は犬猿の仲じゃなかったのか?」
「尊敬する提督の危機ということで共同戦線を結んだようです」
「ふうん……意外なこともあるもんだな」
「提督あってこその自分でもありますからね」
「それにしても、本当にシャイニング基地から艦隊を撤退させたのか」
「撤退? しませんよ、そんなこと。苦労して奪還したものをどうして、また敵に渡す機会を与えなきゃならんのです?」
「TVではそう報道していたようだが」
「それは、リンダがTV局側に手を打って虚偽の報道をぶちかましたんですよ。あの映像は、策略のために一時撤退したあの時のやつですよ。それをTV局に渡して流してもらったんです。もっともTV局側にはその事実は伏せてありますけど」
「ふ……。やられたな」
「いやあ、今回のことは、あの二人の手柄です。提督ほどじゃないですけど、二人合わせて一個艦隊に相当する働きをしましたね。ありゃあ、一介の艦長やパトリシアの副官にしておくには、もったいないくらいの人材ですよ」
「そうか……かもしれないな」
「だいたい、敵の三個艦隊が迫っているのに、一個艦隊で防衛しろということ事態が間違っているのです。いくら今までにも数倍の敵艦隊を撃破してきた事実があるといえ、それらはすべて奇襲先制攻撃であったから可能だったのであって、今回のように専守防衛の任務にまで同様にうまくいくはずがありません。わざと攻守の立場を変えて奇襲攻撃を敢行したから何とか最終的に敵の手から守れたといえるのに」
 ジェシカはつぎからつぎに憤懣をぶちまけて喋り続けており、アレックスが切り出す機会を与えなかった。いつものことではあるが……。
「アル・サフリエニ宙域に向かうぞ」
 アレックスは切り出した。
「え!? それってまさか……」
「タルシエン攻略を命じられた」
「また、難題を吹っ掛けられましたね」
「それにしてもタルシエンとは、また……」
「やっぱり、ランドール提督を潰そうという魂胆が見え見えじゃないですか」
「とにかく命令が下された以上、行くしかない」
「せめてもの救いは、防衛なんて堅苦しい作戦じゃなくて、攻撃ってところですね」
「そうだ、レイチェル」
「はい」
「早速、あいつと連絡を取ってくれないか」
 あいつとは、ジュビロ・カービンのことである。
 闇の帝王とも呼ばれる天才ハッカー。
「分かりました、ついに例の作戦を始動させるのですね」
「そうだ」
 アレックスが少佐になったばかりの頃、ダウンダウンの廃ビルの地下室にて交わした極秘裏の作戦計画が、ついに長年の時を経て発動することとなったのである。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.16 12:51 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第十九章 シャイニング基地攻防戦 Ⅵ
2021.04.15

第十九章 シャイニング基地攻防戦




 本星に戻ったアレックスを待っていたのは軍法会議であった。
 審議官の居並ぶ中、一人被告席にたたずむアレックス。
 議長が厳かに開廷を言い渡して、審議がはじまった。
「君がなぜ召喚を受けたか、わかるかね」
「基地防衛の任務を果たさずに艦隊を撤退させ、一時的にしろ敵の占領を許したことでしょうか」
「その通り」
「しかし、最終的には任務を遂行したことになるがどうだろう」
 審議官の一人が好意的な意見を述べた。
「いや。基地を防衛したとかしないとかが問題ではないのだ。命令を無視して、基地防衛の任務を放棄したことにある」
「そうだ。軍紀を守らなくては軍の規律が保てない。ましてや艦隊の司令官がそれを犯すことは重罪の何物でもない」
「その通りだ。よって当法廷は被告アレックス・ランドール提督を、シャイニング基地防衛に掛かる命令違反の罪を犯した者として裁くことを決定する。なお当法廷は軍法会議である、その審議を被告が立ち会うことを認めない。よって被告は別室にて審議裁定の結果が出るまで待機を命ずる」
 予想通りというか、アレックスに好意的な審議官は数人程度で、ほとんどがニールセンの息の掛かった者で、断罪処分の肯定的であった。
 憲兵がアレックスの両脇に立って退廷を促した。
 静かに立ち上がって、別室に移動するために退廷するアレックス。
 その際、上官として参考人出席しているトライトン少将と目が合った。
 しかし参考人に過ぎないトライトンには、アレックスに手を差し伸べることはできなかった。
 済まないと言う表情で、静かに目を閉じるトライトンだった。

 アレックスの退廷を待って、審議が開始された。
「さて、ランドール提督の処遇であるが……」
「ちょっと待ってください」
 先ほどの好意的な意見を述べた審議官の一人が、手を挙げた。
「もう一度、ランドール提督の処遇について再考慮していただけませんか?」
「どういうことだ?」
「ランドール提督は、総勢五個艦隊を撤退及び壊滅、そして略取して敵の司令長官を捕虜にすることに成功し、最終的にはシャイニング基地の防衛を果たしたのは明確な事実です」
「なぜだ? 奴は命令違反を犯したのだぞ。それだけで十分じゃないか」
「あなた方は、どうしてそうもランドール提督を処分なさりたいのですか? バーナード星系連邦の侵略をことごとく粉砕し、共和国同盟に勝利をもたらした国民的英雄をです」
 その審議官の名前は、ケビン・クライスター評議員である。
 軍法会議には、軍部からと評議員からと半数ずつが列席することが決められている。軍部の独断による断罪を防ぐためである。
 評議会議員からの参列者であるためか、トライトンやアレックスに好意的であり、ミッドウェイ宙域会戦の功績を高く評価して、アレックスの三階級特進を強く働きかけたのも彼であった。
 その背景には評議員が、国民の選挙によって選ばれるために、世論などの国民の動向に逸早く反応するからでもある。早い話が次回の選挙に有利になるように、国民的英雄というアレックスを祭り上げようとしているのである。ゆえにアレックスを処断するなど到底賛同できないことである。
「軍には軍紀というものがあるのだ。上官の命令に服従することは、その基本中の基本じゃないか。会社においても上司から命令されて仕事を進めることがあるだろう。命令を無視されては、軍や会社が成り立たなくなるというのは、いくら評議員のあなたでも判らないはずがないと思うがね」
「だからといって、『死んでこい』と言われて、喜んで死んでいく者がいるだろうか。不条理な命令には抗議する権利があるはずだ」


 そこへ青ざめた官僚が飛び込んでくる。
「大変です。第十七艦隊が隊員全員の意志でシャイニング基地からの撤収を開始しました」
「なんだと!」
「馬鹿なことをぬかすな。苦労してシャイニング基地を奪還したんじゃないか。それを放棄するなんてことするか?」
 その言葉にクライスター議員が反問する。
「おや、シャイニング基地を奪還するのに、提督がどれだけ苦労したかをご理解頂いているようですな。それでも処断なさるとおっしゃる」
「問題が違うじゃないか」
「どう違うのですか」
 顔を突き合せるように言い合う審議官達。
「みなさん。内輪もめなどしている状況ではありません。これをご覧ください。特別報道番組のビデオ映像です」
 事務官が、操作して会議場正面スクリーンにTV報道番組を映しだした。
 マルチビジョン方式で各TV放送局が音声と映像を流している。
『本日。第十七艦隊司令官アレックス・ランドール准将が軍法会議にかけられていることが判明いたしました。シャイニング基地防衛の任において一時的にせよ、命令を無視してこれを放棄撤退したことへの責任が追求されています。なお、これに抗議して第十七艦隊の全員が辞表を明示して、全艦隊が本国に向けて帰還をはじめました。これによって第十七艦隊駐屯地であるシャイニング基地、カラカス基地は完全に無防備となっております。両基地はバーナード星系連邦の侵略を防ぐ要衝であり、最前線にある同盟の最重要基地であるために、今まさに連邦軍の驚異にさらされていることになります……』
 ビデオ映像にはシャイニング基地を撤収する第十七艦隊が映し出されていた。各TV放送局一様に、シャイニング基地を撤収していく様を放映している。背景のシャイニング基地が次第に遠のいていく。
「馬鹿な!」
「第十七艦隊の連中は、一体何を考えているんだ」
「こんなTV放送をすれば、連邦に両基地が無防備であることをさらけ出して、侵略の驚異にさらされるということが、わからんのか」
 各TV放送局の番組は続いていた。
『第十七艦隊の隊員全員の総意として、『提督がシャイニング基地を放棄撤退したことへの責任が追求されているのであるならば、今ここで我々があらためてシャイニング基地を放棄撤退したところで、それを責任追求するにはあたらないであろう』というコメントが艦隊情報部より寄せられています』
『ランドール提督は、シャイニング基地を一時放棄してクリーグ基地に向かい、完全包囲されていた第八艦隊を救援して、敵艦隊を撤退に追い込みました。その後で、再びシャイニング基地に戻って三個艦隊を策略してこれを撃破し、基地を無事に取り戻したのです』
『第十七艦隊及び第八艦隊の隊員達の生命、そして共和国同盟の全国民の窮地を救ったランドール提督は、シャイニング基地を一時放棄して占領を許したその責任だけを問われ、今まさに糾弾されようとしています』
『今回の件もそうですが、軍部がランドール提督を煙たがっていたのは、周知の事実であります。そもそもが、敵三個艦隊が迫っているというに、一切の援護艦隊を向かわせるわけでもなく、ランドール提督の第十七艦隊のみに防衛の責任を押し付けたのです。これはどう考えてもランドール提督を見殺しにしようしたとしか思えません。しかし期待に反してランドール提督は、無事シャイニング基地を奪還してしまった。そこで軍部は、シャイニング基地を一時放棄したことを軍規違反として処罰しようとしているのです』

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.15 11:54 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -