銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十一章 タルシエン要塞攻防戦 Ⅲ
2021.04.27

第二十一章 タルシエン要塞攻防戦




 一方のサラマンダーの方でも驚いていた。
「歪曲場シールド?」
 その技術は、戦艦百二十隻分のテクノロジーだった。
 あのPー300VX特殊哨戒艇にも搭載されている究極のシステムだ。
 アレックスが性能追加させたものだろうが、パトリシアは聞かされていなかった。
 その時、スクリーンに映像音声が流れた。
『やあ! 驚いたかな?』
 フリード・ケースンだった。
「記録映像です! 次元誘導ミサイルが発射されると、自動的に再生されるようになっていたようです」
 スクリーンのフリードが語る。
『虎の子の貴重な次元誘導ミサイルだからね。撃ち落されないように、歪曲場シールドを追加搭載してある。提督の指示だ』
 やっぱりね……。
 パトリシアが頷く。
 フリードは歪曲場シールドの開発設計者である。ミサイルに追加搭載することなど造作もないことであろう。
『ただし、シールド領域を粒子ビームのエネルギー帯域のみに合わせてあるために、レーザーキャノン砲やプラズマ砲には効果がないし、魚雷などの物理的破壊兵器には対応していない。まあ、その分安上がりで、戦艦五十隻分で済んでいる』
 フリードの解説が続いている。
 おそらく性能諸元を秘密にしていたために、それを知らしめるために記録映像を残していたのであろう。
『ゆえに、そこのところを良く理解して、二発目も間違いなく発射成功させてくれ』
『そうですよ。あ・れ・に乗っていく僕の身になってちゃんとやってくださいね。二発目が大事なんですからね』
 突然、横からレイティーが顔を出した。
『こら、邪魔だぞ』
『先輩、いいじゃないですか。僕にも言わせてくださいよ』
『俺がちゃんと説明するよ』
『自分はあそこに行かないからって、こっちの身にもなってください』
『あ、こら!』
 突然、映像が消えて音声だけになった。
 何やらどたばた騒ぎが聞こえてくる。
 どうやらマイクの奪い合いをしているようだった。
 苦笑するパトリシア。その成り行きを聞いているオペレーター達も笑っている。
『パトリシアさん。お願いですよ。ちゃんと成功させてくださいね』
 というところで、音声も消えてしまった。
「記録映像終了しました」
 唖然とした雰囲気が艦橋内に漂っていた。
「とにかく……。予定通りに、タルシエン要塞に降伏勧告を打診しましょう」

 要塞内。
 大型ミサイルによって破壊、炎上するレクレーション施設の消火が行われていた。
「早く、火を消すんだ!」
 突然飛び込んできた大型ミサイルによる内部爆発と言う前代未聞の出来事に、要塞内は混乱をきたしていた。
 中央コントロールは騒然となっていた。
「第一宇宙国際通信波帯に受電!」
 第一宇宙国際通信波帯は、降伏勧告や受諾をする時の、国際的に取り決められた通信波帯である。
「敵隊より投降を呼び掛けてきております。さもなくば次元誘導ミサイルを持って要塞内部から破壊するとのことです」
「次元誘導ミサイルだと? なんだそれは」
「只今、同盟軍兵器データを検索中です」
「敵は、次ぎなる目標として動力炉、メインコンピューター、通信統制室などを予告しています」
「馬鹿な!」
「兵器データ出ました」
「スクリーンに出せ」
「スクリーンに出します」
 スクリーンに次元誘導ミサイルの概要説明図が映しだされた。
 同盟軍の兵器データを閲覧できること自体が不思議ではあるが、おそらくアレックスが敢えて敵軍に漏洩させたと考えるのが妥当であろう。
「ワープ射程は、最少一・二宇宙キロから最大三十六光秒の間」
「やはり先ほどのミサイルが、次元誘導ミサイルのようです。情報部よりの報告によれば、次元誘導ミサイルの開発には膨大な予算がかかるため、試作機が数基製作されただけで、棚上げになったままということになっています」
「うーん、どうかな……。相手はやり手のランドールのこと。誰もが欲しがる攻撃空母を手放して、駆逐艦や巡洋艦主体の高速遊撃部隊を編成したり、戦艦百二十隻分の予算がかかる高性能哨戒艇を多数配備したりしているからな。この日のために、戦艦を削ってでも製作させていたとも考えられる」
「開発責任者の技術将校フリード・ケイスン少佐がランドールの第十七艦隊に技術主任として配属されていることを考えますと有り得ない話しではありませんね」
「次元誘導ミサイルの性能からすれば、十基もあれば十分要塞の機能を破壊できます」
「ワープして内部から破壊されては守備艦隊も堅固な要塞もまったく無意味というわけか」
「反物質転換炉や貯蔵システムに一発食らったらひとたまりもありませんね。解き放たれた反物質による対消滅エネルギーで木っ端微塵です。もっとも敵の目的が要塞の奪取である以上、攻撃目標から外すのは当然でしょうが」
 要塞には防衛の要として、陽子・反陽子対消滅エネルギー砲{通称・ダイバリオン粒子砲}という究極の主力兵器が搭載されており、反物質転換炉と貯蔵システムはその一部構成施設である。反物質が反応しないようにレーザーによる光子圧力によって宙に浮かした状態で密封保存されている。また緊急時には、レーザー出力を切ることによって、解放された反物質による要塞の自爆も可能である。
「敵が再度、投降を呼び掛けています」
「馬鹿が。投降などできるわけがないじゃないか。『タルシエンの橋』の出口を守るこの要塞を奪われれば、同盟への足掛かりを失うばかりか、同盟に逆侵攻の機会を与えることになる」
「投降するよりも要塞を破壊してしまったほうがいいということですね」
「そうだ」
「どうなされますか?」
「無論、投降などできるわけがない。守備艦隊を前進させろ! 敵艦隊と要塞の間に壁を作って次元誘導ミサイルとやらを発射できないようにしつつ、撃滅するのだ」


 サラマンダー艦橋。
「敵守備艦隊が迫ってきます」
 オペレーターの報告を受けてすぐさま指令を出すパトリシア。
「艦隊を後退させてください。これ以上の接近を許してはなりません」
「後退だ。後退しつつ砲火を正面の戦艦に集中させろ。ミサイル巡洋艦を一端後方へ下げるのだ」
 カインズもすぐに応えて、的確な命令を下していた。
「次元誘導ミサイルを撃たせないつもりですね」
 パティーが感想を述べている。
「当然だろ。いくら次元誘導ミサイルとて、加速距離が必要だ。間合いを詰めて発射できないようにするさ」

「敵艦隊、後退します」
「ぬうう……。間合いをとって是が非でもワープミサイルを撃つつもりだな」
 フレージャー提督の元にも次元誘導ミサイルの情報が伝えられていた。
「いかがいたしますか。ワープミサイルを発射しないでも、原子レーザービーム砲という長射程・高出力兵器のある分、敵の方が幾分有利です。指揮官の搭乗している艦を狙い撃ちされたら指揮系統が混乱します」
「サラマンダー型戦艦か……ん? 一隻足りない。確かサラマンダー型は五隻のはずだったな」
「はい、五隻です。サラマンダー型はすべて旗艦ないし準旗艦ですので、別働隊として動いている可能性があります」
「どうしますか。このまま前進を続ければ、要塞は丸裸同然になってしまいますが」
「かまわん。別働隊がいたとしても数が知れている。要塞自体の防御力で十分防げる」
「もし別働隊にもワープミサイルが配備されていたら?」
「いや。敵のこれまでの動きからしてそれはないだろう」
「だといいんですが。それにしてもこのまま、一進一退を続けていてはこちらに不利です」
「わかっている。間合いを詰めるぞ、全艦全速前進」

 その状況はすぐさまサラマンダー艦橋に伝わる。
「敵艦隊、さらに前進。近づいてきます」
「間合いを詰めさせるな。加速後進!」
 その間にも時刻を測りながら、次ぎの行動を見極めているパトリシア。
「敵要塞からの降伏勧告受諾はありませんか?」
「ありません。完全に無視されています」
「致し方ありませんね。次元誘導ミサイル二号機の準備を」
「了解した」
 その時だった。
 要塞と守備艦隊との中間点に、第十一攻撃空母部隊が出現したのだ。
「フランドル少佐より入電しました」
「繋いでください」
 正面のスクリーンにジェシカが現れた。
『待たせたわね。手はずのほうは?』
「作戦は予定通りに進行中です。次元誘導ミサイル一号機発射完了。敵要塞内で爆発したもようです」
『降伏勧告は?』
「応答なしです」
『でしょうね。おっと、時間だわ。また後でね』
 通信が途絶えた。
 空母艦隊から艦載機が一斉に発進を開始していた。

 あの中にアレックスがいるのね……。

 カラカス基地の時もそうだった。
 司令官自らが進んで戦いの渦中に飛び込んで行く。
 決して他人任せにせず、部下と生死を共にして戦う。
 部下の命を最優先に考える思いが、部下をして命懸けの戦いにも逃げ出さずに、司令官に付き従うという信頼関係を築き上げてきたのである。
 八個艦隊の襲来にもあわてず騒がず沈着冷静に行動し、部下の動揺を鎮めることを忘れなかった。
 逃げるときは徹底的に逃げ、戦うときは徹底的に戦ってこれを壊滅に追い込む。
 他の司令官には真似のできないことだろう。ゴードンやカインズとて同じだ。
「ハリソン編隊、攻撃を開始しました」
 ついに別働隊による総攻撃が開始された。
「赤い翼の舞い降りらん事を祈ります」
 パトリシアは、心の中で祈った。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
2021.04.27 12:41 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十一章 タルシエン要塞攻防戦 Ⅱ
2021.04.26

第二十一章 タルシエン要塞攻防戦




 その一時間前のサラマンダーでは、ウィンザー少佐が作戦始動を発した。
「大佐、時間になりました。艦隊を前進させてください」
「わかった。パティー、全艦微速前進だ」
「はい。全艦微速前進!」
 ゆっくりと前進を開始する第十七艦隊。
「本隊の目的はわざと敵に位置を知らしめすことで、別働隊の動きを隠蔽することです」
 時折、時刻を確認しているパトリシア。
 寸秒刻みでの綿密なる計画が動き出したのだ。一秒たりとも時間を間違えてはならなかった。
「ミサイル巡洋艦を前に出しましょう。ミサイルによる遠距離攻撃を行います。位置に着いたら全艦発射準備」
「了解」
 オペレーターが指令を伝達すると、ゆっくりとミサイル巡航艦が前面に移動を始めた。
 艦隊の再配置が完了した頃、敵艦隊が動き出したとの報が入った。
 正面スクリーンに投影された要塞を背景にして、敵第十七機動部隊が向かってくる。
「誘いの隙に乗ってきました」
 フランソワが嬉しそうに言った。
「輸送艦ノースカロライナとサザンクロスに伝達。ハッチを解放し、係留を解いて積み荷を降ろしてください」
 サラマンダーの両翼に並走していた二隻の輸送艦からゆっくりと積み荷が降ろされていく。それは駆逐艦なみの大きさをもつ次元誘導ミサイルだった。チェスター大佐が大事に護衛してきた代物。
 アレックスが少佐となり、独立遊撃部隊の司令官に任命された時、フリードに開発生産を依頼していた、本作戦の成功の鍵を握る秘密兵器。

 極超短距離ワープミサイルだった。

 戦艦三十隻分ものテクノロジーの詰まった、一飛び一光年を飛ぶことのできる戦艦で、ほんの数メートル先にワープするという芸当のできる究極のミサイルだ。
「別働隊から連絡はありませんか?」
「ありません」
「そう……では、作戦は予定通り進行しているということ」
 作戦指揮を任されているパトリシア少佐が進言した。
「大佐。次元誘導ミサイル一号機、発射準備です。反物質転換炉や核融合炉などの重要施設は攻撃目標からはずします」
「わかった。ノースカロライナに伝達。次元誘導ミサイル一号機、発射準備」
「次元誘導ミサイル一号機、目標は要塞上部、レクレーション施設」
 艦橋正面のパネルスクリーンに、ノースカロライナの下部ハッチから懸架された、次元誘導ミサイルが大写しされ、表示された各種のデータが目まぐるしく変化している。戦艦三十隻分のテクノロジーが満載された超大型次元誘導ミサイルだ。要塞攻略の成否の鍵を握る貴重な一発である、発射ミスは許されない。
 そして攻撃目標を正確に表示する要塞詳細図面は、連邦の軍事機密をハッカーして得られたものである。要塞のシステムコンピューターは、完全独立してアクセス不能ではあるが、要塞を造成した連邦軍事工場のコンピューターに残っていたというわけである。
 もちろんそれを手に入れたのは、ジュビロ・カービンに他ならない。
「次元誘導ミサイルの最終ロックを解きます」
「慣性誘導装置作動確認。燃料系統異常なし。極超短距離ワープドライブ航法装置へデータ入力」
「攻撃目標、ベクトル座標(α456・β32・γ167)、距離百十三万二千三百五キロメートル」
「発射カウントダウンを六十秒にセット。三十秒前までは五秒ごとにカウント。その後は一秒カウント」
「了解。カウントを六十秒にセットしました。三十秒前まで五秒カウント、その後は一秒カウント」
「ミサイル巡航艦に伝達。次元誘導ミサイル発射十秒前に、全艦ミサイル一斉発射」
「ミサイル巡航艦、全艦発射体制に入りました」
「よし、カウントダウン開始」
「カウントダウン開始します。六十秒前」
「五十五秒前、五十秒前……」
「次元ミサイル、ロケットブースター燃料バルブ解放」
「三十秒前、二十九……二十」
「次元誘導ミサイル、燃料加圧ポンプ正常に作動中」
「十九、十八……十」
「巡航艦、全艦ミサイル発射」
 先行するミサイル巡航艦隊から一斉発射されるミサイル群。
「次元誘導ミサイル、最終セーフティロック解除。発射準備完了」
「九・八・七・六・五・四・三・二・一」
「次元誘導ミサイル、発射!」
 すさまじい勢いで後方に噴射ガスを吐き出しながら、ゆっくりと加速を始める次元誘導ミサイル。
「ロケットブースター正常に燃焼・加速中」
 加速を続けながら要塞に向って突き進んでいる。
「敵艦隊、さらに接近!」
「後退します。敵艦隊との間合いを保ってください」
「全艦、後退しろ!」
 カインズの下令に応じて、ゆっくりと後退をはじめる艦隊。
「それにしても、弾頭は通常弾ですよね。核融合弾を搭載すれば一発で要塞を破壊できるのに。せっかくの次元誘導ミサイルなのに……何かもったいない気がします」
「要塞を破壊するのが目的ではありませんから。破壊は許されていません」
「判ってはいますけどね」


 敵艦隊旗艦艦橋。
「敵艦隊、ミサイルを発射しました」
 フレージャー提督が即座に呼応する。
「迎撃ミサイル発射!」
 一斉に放たれる迎撃ミサイル群。
「ミサイルの後方に高熱源体! 大型ミサイルです。それも駆逐艦並みの超大型!」
 急速接近するミサイルの後方から大型ミサイルが向ってくる。
「迎撃しろ! 粒子ビーム砲!」
 ミサイルでは迎撃できないと判断したフレージャーは、破壊力のある粒子ビーム砲照射を命じた。超大型ならば当然の処置である。
 艦隊から一斉に大型ミサイルに向って照射される粒子ビーム砲。
 しかしビームはミサイルの前方で捻じ曲げられてかすりもしなかった。
「歪曲場シールドか!」
「まさか! 歪曲場シールドはまだ実験段階です」
「それを完成させているんだよ。敵は!」
 次ぎの瞬間、ミサイルが消えた。
「ミサイルが消えました!」
「なんだと! どういうことだ?」

 タルシエン要塞の中央コントロール室側でも驚きの声を上げていた。
「ミサイルが消えました!」
「なんだと!」
 その途端、爆発音が轟き激しく揺れた。
 立っていた者は、その衝撃で吹き飛ばされるように壁や計器類に衝突し、床に倒れた。
「どうした。何が起きた?」
 倒れていた床からゆっくりと立ち上がりながら尋ねる司令。
 しかし、それに明確に答えられるものはいなかった。
「ただ今、調査中です!」
「要塞内で爆発!」
「レクレーション施設です!」
「火災発生! 消火班を急行させます」
「どういうことなのだ」
「おそらく先程消失したと思われたミサイルがワープして来たものと思われます」
「なに! こんな至近距離をワープできるのか」
「間違いありません。ミサイルは守備艦隊の目前でワープして、要塞内に再出現しました」
 二点間を瞬時に移動できるワープエンジンだが、一光年飛べる性能はあるものの、視認できるほどの至近距離へのワープは不可能とされていた。
 物体には慣性というものが働くことは誰でも知っている。動いているものは動き続けようとするし、止まっているものは止まり続けようとする。前者は機関が静止しようとする時の制動距離となって現れるし、後者は静止摩擦という力となっている。
 早い話が、ジャンボジェット機で滑走路の端から全速力で飛び立ち、すぐさま滑走路のもう片端に着陸静止することは不可能ということである。おそらくオーバーランしてしまうだろう

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.26 08:51 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十一章 タルシエン要塞攻防戦 Ⅰ
2021.04.25

第二十一章 タルシエン要塞攻防戦




 一方のランドール率いる別働隊の第六突撃強襲艦部隊と第十一攻撃空母部隊。準旗艦セイレーンでは、着々と作戦準備が進行していた。
 その艦載機発進デッキ。
 ひときわ大型の重爆撃機が羽を広げて、発進準備に入っていた。
 そのすぐ真下には、重爆撃機に搭載される大型ミサイル。
 ミサイルの胴体が二つに割れており、炸薬と推進剤の替わりに詰められた緩衝材の一部に人間が丁度入れるくらいの空洞が多数空いていた。
 すぐそばには、船外用の宇宙服を着込み、左手小脇にヘルメットを抱え、右手でチューブに入ったペースト状の宇宙食を食べているアレックスが、ミサイルの装着作業を見つめていた。
「どうせなら君の開発した次元誘導ミサイルが利用できれば、もっと楽に事を運べるのだがな」
 そばで最後のチェックを入れている技術将校のフリード・ケイスン少佐に尋ねた。
「それは不可能です。あれには生命を運ぶ能力はありません。肉体的・精神的に完全に破壊されてしまいます」
「だろうな」
 パイロット控え室では、天才ハッカーのジュビロやレイティが、手助けを受けながら宇宙服を着込んでいる。一緒に出撃するその他の乗員はすでに準備を終えて、ベンチに腰掛けて待機している。
 この作戦に初顔として参加するジュビロに、疑心暗鬼する乗員達であるが、アレックスの肝いりということで、信じるよりなかった。
「提督。敵守備艦隊が前進をはじめました。味方艦隊との間合いを縮めようとしているようです」
 艦橋のジェシカから連絡が入った。
「作戦通りだな。乗員を集合させろ」
 すぐさまに乗員が召集される。
 そして、一人一人にシャンパンが渡される。
「諸君。この作戦任務に志願してくれたことに感謝する。失敗すれば生きて帰ってこれぬかも知れぬが、これを成功させなければ明日の共和国同盟はないだろう。できうる限りの算段はしてあるから、与えられた任務を忠実に遂行して欲しい。我らに赤い翼の舞い降りらんことを!」
 グラスを捧げ乾杯するアレックス。
「赤い翼の舞い降りらんことを!」
 全員が一斉に乾杯を挙げ、飲んだグラスを床に叩き付けた。
 この作法は、グラス(杯)を割る→二度と乾杯のやり直しはできない→後戻りしない、決死の覚悟で出陣するぞという意思表示である。
「よし、全員乗り込め」
 宇宙服に身を包んだ隊員達がミサイルの空洞部分に乗り込もうとしている。
「しかし、本当に大丈夫なんでしょうねえ。心配ですよ」
 レイティーが心配そうな顔をしている。
「ダミー実験を繰り返して、乗員の安全度は保証されている。問題があるとすれば目標に無事到達できるかだ」
 フリード少佐が答えた。
「というと、このミサイルを発射する射手の力量にかかっているというわけですね」
「そうだ」
「で、その射手は誰ですか?」
 人だかりをかき分けて進み出た人物がいた。
「わたしだよ」
 第十一攻撃空母艦隊の中でも、三本の指に入る射撃の名手、ジュリー・アンダーソン中尉である。
「アンダーソン中尉!」
「中尉は重爆撃機乗りでは一番の腕前だ。このミサイル発射には寸部の狂いも許されない。よって自動誘導発射にたよることはできない。ミサイル発射のタイミングは、中尉の神業ともいうべき絶妙の反射神経が必要とされるのだ。そして、ミサイルを搭載する重爆撃機の操艦を担当するのが、やはり撃墜王のジミー・カーグ少佐である」
「ハリソンと並び称される撃墜王のお二人が?」
「これで少しは諸君らも安心できるだろう」
「まあ、多少はねえ……」
「と納得したところで、出発するとするか。密封しろ」
「はい」
「提督、お気を付けて」
「うむ。」
 するすると二つの胴体が合わされていく。
 鈍い音とともに完全なミサイルとなる。
「よし、装着しろ。慎重にな」
 整備員が寄り集まってきて、ミサイルを重爆撃機の下部に装着する。
「作戦開始五分前。総員戦闘配備につけ」
 艦内放送が響きわたった。
 戦闘機に搭乗するパイロット。それを支援する整備員達の慌ただしい動き。
「いいか、ワープアウトと同時に出撃する。全機エンジン始動!」
「エドワードの隊は、重爆撃機の護衛が主任務だ。絶対に落とさせるな、提督が乗っておられるんだからな」
「了解」



 艦橋。
 モニターに、アレックス達の乗るミサイルが重爆撃機に取り付けられていく様子が映し出されている。
「まるで人間魚雷ですね」
 副指揮官のリーナ・ロングフェル大尉が感想を述べた。
「まあね、元々は次元誘導ミサイルの筐体だから。総括的な作戦立案は、ウィンザー少佐でしょうけど、この人間魚雷だけは提督のアイデアということ」
「そうですね。だからこそ提督自ら乗り組んでいるのでしょう。そうでなきゃ誰も志願などしないでしょう」
「成功すれば二階級特進が約束されているとはいえ……」
「噂では、提督はこの日のために士官学校時代から、ウィンザー少佐と作戦を練られていたとか」
「まあね……」
 士官学校よりの信頼関係にあるジェシカとて、およその概要の説明を受けていたとはいえ、いつどこで作戦が発動されるかといった詳細はアレックス以外にはパトリシアとレイチェルしか知らない。
 ハード面においては、フリード・ケースンを開発中心として、次元誘導ミサイルの開発生産、特殊中空ミサイルの製作と綿密周到な射撃訓練。ソフト面では、レイチェル・ウィングを連絡係りとして、ジュビロ・カービンとレイティ・コズミックらによってコンピューターシステムの乗っ取りが計画された。
「すべては、今日のために仕組まれていたとはいえ……」
 それぞれは単独では何ら意味をなさないが、こうして組み合わされてはじめて、その意味の真相が明らかとなる。アレックスがパトリシア以外に詳細を明かさなかったのも、作戦立案から発動までに至る間、外部に情報が漏れるのを危惧したせいである。
「ま、夫婦士官で秘密もないだろうからな」

「少佐、時間です」
「ふむ」
 艦内放送のマイクを取るジェシカ。
「諸君良く聞け。作戦は、ハリソン少佐率いるセラフィムからの第一次攻撃隊、続いてカーグ少佐率いるセイレーンからの第二次攻撃を敢行する。第一攻撃隊は、要塞手前 0.8宇宙キロの地点にワープアウトすると同時に、艦載機は全機発進。総攻撃を敢行する。目標は要塞砲台、ミサイル弾薬を間断なく発射し、一撃離脱でそのまま駆け抜けて戦線を離脱する。一分一秒足りとも要塞宙域に留まることのないように。
 続いて第二次攻撃隊は、提督の乗り込む重爆撃機の護衛しつつ、合図を待て!
 敵守備隊は、我等が本隊を迎撃すべく要塞から離れつつある。その間隙をついて攻撃するのだ」
 作戦の概要が確認される。
「全艦発進!」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.04.25 12:25 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -