銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十四章 新生第十七艦隊 Ⅲ
2021.05.09

第二十四章 新生第十七艦隊




 百四十四時間の休暇が終わりをとげた。
 各人各様の過ごし方があったのだろう。有意義だった者がいれば、無意味に時間を浪費しただけの者もいるだろう。
 アレックスはといえば、要塞とシャイニング基地を往復しながら、こなさなければならない処理に忙殺されていた。パトリシアを帰した事を後悔もしたりしたが、今後の事態を考えれば留めておくわけにもいかないだろう。
 続々と帰還してくる将兵達を迎えるアレックス。
 ゴードン、ジェシカ、カインズ、そしてチェスターらが、それぞれの故郷や思いでの場所での休暇を楽しんで帰ってきた。
 その中にレイチェルだけが含まれていなかった。
 司令官となった第八占領機甲部隊と共に、最新鋭機動戦艦ミネルバの受領と、乗員達のトランター本星での隊員訓練のためにトランター本星残留ということになっている。
 タルシエンから遠く離れた場所でただ一人、来るべき日「Xデー」に向けての準備を密かに進めるために……。
「Xデーか……」
 できれば、その日が来てくれないでほしい。
 しかしその日はちゃくちゃくと近づいてくるであろう。
 共和国同盟がタルシエン要塞に固執しつづける限り、そしてバーナード星系連邦にあのスティール・メイスンという智将がいる限り、その日は必ずやってくる。
 デスクの上のヴィジフォーンが鳴った。
「何だ?」
「提督。レイティー中佐からご連絡が入りました」
 秘書官のシルビア・ランモン大尉が、タルシエンにいて今なおシステムの改造に取り組んでいるレイティーからの連絡を取り次ぐ。このシルビアは、シャイニング基地にあって、以前は独立遊撃艦隊の司令部オフィス事務官として、司令官のいない閑職にあったのだが、アレックスが第十七艦隊司令官になって、シャイニング基地に戻って来てからは忙しい毎日を送っている。
 事務官から秘書官へ、少尉から大尉に昇進していた。もちろん秘書官という限りは、アレックスのスケジュールを管理しているので、毎朝のようにアレックスの所に来てその日や翌日などの予定を確認しにくる。早い話が寝ているアレックスを起こしに来るのだ。
「繋いでくれ」
 ヴィジフォーンにレイティーの上半身が映る。
「やあ、いらしたんですか? まだ寝ているかと思いましたよ」
「毎朝起こしてくれる優秀な秘書がいるのでね」
「ああ、シルビアさんですね。彼女、ものすごく時間にうるさいでしょう?」
「まあな……」
「何時に連絡してくださいとか、来てくださいとか言われたら、その時間きっかりじゃないと怒って取り次いでくれない時があるんですよ」
『それは、コズミック中佐がいけないんです。時間厳守は提督が口を酸っぱくおっしゃってることです!』
 突然、割り込みが入ってシルビアが顔を出した。
「ありゃ、聞いてたのね」
「気をつけろよ。ここのヴィジフォーンは秘匿通話にしない限り、秘書室のシルビアに筒抜けなんだ。重要な連絡事項や約束事などがあった時、言わなくてもスケジュールとかが組めるようにな」
「秘匿通話にしてなかったのですか?」
『通話を掛けた方が秘匿通話を依頼するのが筋ですよ。受けた側では、内容が判らないんですからね』
「おー、こわ……。提督は、こんな気の強い人を秘書にしてるんだ」
「それくらいじゃないと秘書が務まらないさ。それよりそろそろ本題に入りたまえ」
「ああ、はい」


 本題に入った。
 技術部システム管理課長のレイティー、当然として要塞のシステムコンピューターについてであった。
「……やっとこさ、本格運用できるところまできました」
「同盟の軍事コンピューターとの接続は?」
「一応、外からの侵入を防ぐゲートを通して接続しましたけど、ジュビロさんの腕前なら簡単に侵入してくるでしょうな」
「まあ、たぶんな。彼に侵入できないネットなど存在しない。できればネットに接続しないで、独立系を保ったままにしておきたかったのだがね」
「それは軍が許さないでしょう。何にでも干渉してきますからね」
「当然だろうな」
「ところで、フリード先輩に何を依頼したんですか? 最近、何かの設計図を引いてばかりいて、システムの方を僕に任せ切りにしてるんです。おかげでこっちは不眠不休なんですよ。そんなに急ぐものなんですか?」
「大急ぎだ。とてつもなくな」
「ちらと見た限りでは、ロケットエンジンのような感じがしたんですどね」
「ほう……よく判るな」
「それくらいは判りますよ。それに先輩が設計した図面とかよく見ていましたからね。最近では、ミネルバとか命名された機動戦艦でしたね。あれって主要エンジン部はもとより、艦体構造体やら武器システム、艦制システムなどのソフトウェア、艦の運用に直接関わる部門はみんな先輩が手がけているんですよ。携わっていないのは居住区だの食堂だの付帯設備だけみたいです」
「オールマイティーな天才科学者だからな」
「先輩一人で戦艦造っちゃいますから。もっとも実際に造るのは造船技術者達ですけどね。先輩は設計図を引くだけ」
「設計図といったって凡人には引けないさ」
「そうですけどね」
「ともかくも、要塞のシステム管理プログラムだ。よく頑張ってくれた、感謝するよ」
「帰郷もせずに寝るのも惜しんでシステムに取り組んできたんですからね。功労賞くらいは頂けるのでしょうね」
「考慮しよう」
「そういえば提督も帰郷なさらなかったんですね」
「帰りたくても帰る場所もないしな」
「そういえば孤児院育ちでしたっけ」
「帰るとすればそこか、士官学校を訪問するくらいだ」
「士官学校を訪問すれば大騒ぎになりますよ。我らが英雄がやってきた! ってね」
「それは、遠慮したいね」
「そう言えば、シルビアさん。割り込んできませんね」
「当然だろ。世間話だったらいくらでも突っ込んでくるが、本題に入れば遠慮するに決まっているじゃないか」
 とアレックスが言ったところで、音声が割り込んできた。
『聞こえていますよ』
「な?」
「納得しました」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.09 13:33 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第二部 第十二章 海賊討伐 Ⅲ
2021.05.08

第十二章 海賊討伐




 中立地帯を越えて、踏み込んではならない宙域へと立ち入るウィンディーネ艦隊。
「PーVX300より海賊基地の座標入電しました」
「よし。座標を設定しろ」
「了解。座標設定します」
「索敵機を下がらせてくれ」
「Pー300VXに連絡、後方に撤退を指示します」
 指示を受けて、ゆっくりと後方に下がる索敵機。
「そろそろ敵の索敵範囲に引っかかると思われます」
「よし、戦闘配備だ。ウィンディーネ艦隊の底力を見せつけてやれ!」
 声高らかに指令を出すゴードンの言葉に、副長も張り切って復唱する。
「了解! 全艦戦闘配備!」

「第六突撃強襲艦部隊に白兵戦を準備させろ!」
 任務は海賊を殲滅するだけでなく、候女の救出作戦をも担っている。
 ただ海賊基地を殲滅するだけではいけないのである。

 海賊基地中央コントロールルーム。
「レーダーに感あり! 接近するものがあります」
「接近だと!? まさか跡をつけられたのか?」
「艦数増大中! 二千、三千、さらに増大」
「この基地の位置がバレたというわけか?」
「迎撃を出しますか?」
「無論だ!」
 基地から迎撃の艦隊が出てくる。
「艦数五万隻を超えました!」
「こりゃ正規の艦隊のようだな。どこの艦隊は分かるか?」
「どうやら帝国の艦隊ではなさそうです」
「帝国じゃない? じゃあ、どこだ?」
「識別信号は……共和国同盟のものです!」
「ランドールか!」
 やがて前方で交戦が始まる。
「艦数七万隻!」
「交戦部隊より報告! 敵艦の中にハイドライド型高速戦艦改造Ⅱ式を視認とのことです」
「ハイドライド型だと!」
「旗艦と思しき艦体に、水の精霊ウィンディーネ! ウィンディーネ艦隊です!」
「馬鹿な! 情報ではオニール提督の反乱の際に、ランドールによって撃沈されたはずじゃないのか?」
「間違いありません。攻撃を仕掛けているのは、ウィンディーネ艦隊です」
「まさか修理して、出直してきたというわけじゃないだろうな」
 海賊基地には、ハイドライド型の六番艦が存在したことと、新生ウィンディーネ艦として配属された事は知れ渡っていなかったようだ。
「人質の候女がいるのを知らせて停戦させますか?」
「皆殺しのウィンディーネ艦隊だぞ! そんなもん通用するか!」
 皆殺しのウィンディーネ艦隊とは、アレックスが帝国宇宙艦隊司令長官と元帥号を授与され、アルサフリエニ方面で活躍していた時に名付けられた称号である。連邦によって暴行されて身ごもり自殺した実の妹、その復讐に煮えたぎっていた。
 しかし今は、改心して冷静さを取り戻したゴードンには、その名は似つかわしくないだろう。
 そこまでの新情報も伝わっていなかったらしい。
「とにかく相手がウィンディーネ艦隊、しかも七万隻となると勝ち目はない。逃げる準備をしろ。候女も連れてゆくのだ」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.05.08 12:43 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十四章 新生第十七艦隊 Ⅱ
2021.05.07

第二十四章 新生第十七艦隊




 パトリシアも生れ故郷の地に帰国していた。
「お帰りパトリシア」
「ただいま帰りました」
「しかし、おまえの旦那さまは一緒じゃないのかい。会えるのを楽しみしていたのに。残念だよ」
「忙しいお方ですから」
「それはそうと、いつ正式に結婚するのかい。お前達は」
 パトリシアの両親は、娘がアレックスと婚約し同居生活していることを告げられている。相手が英雄と称される人物だけに、世間に公表して誇りとしたいと考えるのは親の心情であろう。二十代ですでに少将、軍の最高位である大将も確実視されて、絶大なる国民的人気を背景に政界に転出すれば国家元首も夢ではないと、世間の評判であったからだ。
「結婚式は挙げていないけど、正式な夫婦と何ら変わらないわ。別にいいんじゃない」
「そうはいってもねえ……」
「お父さんはね、あなたのウェディングドレス姿を見たいのよ」
「なんだ、そういうことなのか」
「しかしタルシエン要塞を陥落させて、今が一番重要な時期なんだろう? そんな時に帰郷とは、何かあるのかね?」
「それが……」
 果たして話していいものかどうか、しばし悩み考えたが、
「提督のお考えでは、タルシエン要塞から当分の間動けなくなる事態になるんじゃないかと思ってらっしゃるみたい」
 正直に話すことにしたのである。もし本当にそうなってしまって、両親に会えなくなってからでは遅いからである。
「どうしてだい? タルシエンの橋の片側を押さえてしまえば、連邦軍だって侵略はもはや不可能だと言われてるんじゃないのかい?」
「その不可能だと思われていることが問題なのよ。ランドール提督だって不可能と思われてることを、可能にしてみせていらっしゃるでしょ。橋を押さえたからといって、油断はできないのよ」
「それはランドール提督だからこそじゃないのかね。星系連邦側に提督に勝るほどの智将がいるとは思わないが」
「いるわよ。ミッドウェイ宙域会戦や、ハンニバル艦隊による侵略。さらには第五艦隊、第十一艦隊を壊滅に追いやった張本人。スティール・メイスンという人物がね」
「聞かない名前だね」
「艦隊司令じゃなくて、参謀役として活躍しているみたいなの」
「ランドール提督の参謀長のパトリシア、お前みたいにか」
「そうよ。表には出てこないだけよ」
「出てこないのにどうして知っているんだ?」
「そういう情報を集めるのが専門のすごい方がいるの」
「いわゆる情報参謀だな」
「とっても素敵な女性で、女性士官の憧れの的よ」
「女性なのか?」
「そうよ。知識も豊富で、わたしもいろいろと教えてもらってるの」

 宇宙軍港の送迎タラップで向い会うアレックスとジュビロがいた。
「やはり帰るのか?」
「ああ、要塞の方のシステム構築はほぼ完了したし、軍人でもない部外者の俺がいつまでも留まっているわけにもいかないだろう。統帥本部の知るところとなれば、君の立場も危うくなるんじゃないのか?」
「それは別に構わないさ。慣れているからな。どうだ、この際。軍に入隊しないか? レイティーと同じ中佐待遇で迎え入れる用意があるぞ」
「よせよ。俺は、自由勝手気ままな生活が似合っているんだ。軍の規律に縛られることなんて願い下げだ。今回の作戦に参加したのは、あの巨大な要塞のシステムに挑戦したかっただけだ。共和国同盟の将来とかを思ってのことじゃない」
「そうか……残念だな」
 本気で打診したのではないが、やはりというべきかあっさりと断られてしまう。
「もしまた協力してもらいたいことがあればどうすればいい?」
「レイチェルに頼むんだな」
「彼女のことは信頼しているんだな」
「そうだな。軍の情報を得るには内部にスパイを潜り込ませるのが一番の早道だからな」
「ほう……」
「と、言ったらどうする?」
「確かに早道かも知れないが、逆にそこから足が付く事もあるってことだ。君ほどの腕前なら、その必要もないと思うがね」
「ふふん。君こそレイチェルを信頼しているようだな」
「一応幼馴染みだしな」
「それだけか? おまえのために性転換して女になったんだぜ。告白しなかったか?」
「出会うのが後五年早ければ、一緒になっていたかも知れないがな」
「婚約者のパトリシア嬢か。ああ……そういえば、その前はジェシカだったな?」
「私は、何人もの女性を同時に愛するなんて器用なことはできないからね」
「まあ、何にせよ。振られたからといって、おまえを裏切るような女性ではないことだけは、覚えておくことだな」
「知っているさ」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.07 08:52 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -