梢ちゃんの非日常 page.4
2021.07.22

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章)


page.4
 

 講義を終えて、梢の待つフリートウッドに戻ると、当の本人はシートに横になってぐっすりお寝んね状態であった。
『何だ、寝ちゃってるね』
『いつものことよ。お腹がいっぱいになったら、その後一時間くらいはお昼寝するのよね』
『お嬢さまは、ここはママの匂いがするとかいって、安心して眠れるみたいです。移り香によって、母親に抱かれている気分になれるのでしょう』
 付き添いのメイドが答えた。
『そういえば、パンダのぬいぐるみもママの匂いがするといって、えらく気に入っちゃって、取られちゃったのよね』
『梢ちゃんも香りには、結構敏感だからね。梓が長年抱いてきて移り香が染み付いていたパンダをお気に入りにしちゃうのは当然よ』
『梢には、あたしの匂いってどういう風に感じているのかな。この子が生まれてから香水とかオーデコロン類は変えていないんだけどね。香水とか変えてみたら、どうなるかな』
『およしになられた方がいいですよ』
『そうよ。ママの香りがするとか言って、安心して寝ていられるのは、乳飲み子の頃からずっと今と同じ香りの中で育ってきて、母親の香りのイメージがすっかり出来上がっているからよ。香水を変えることは、梢ちゃんにいらぬ混乱を招き、精神不安の原因になるわ』
『そうなのかな……』
『抱きかかえたり、膝抱っこしてあげたり、一緒に寝ている間は、当分香水は変えないことね』

 梢を起こさないように静かに乗り込み、そろりとフリートウッドを発進させた。
『うふふ。ほんとに可愛い寝顔だこと』
『梢って、梓に生き写しなのよね。梓の二・三歳頃の写真見るとよく判るよ』
『そうなのよねえ……あたしはあたしで、お母さん似だし。三代揃ってそっくりさんで、写真だけじゃ誰なのか判らないのよね』
『真条寺家って、よほど強力な優生遺伝子を持っているみたいね。おまけに生まれてくる子もほとんどが女の子っていうじゃない。そんなのあり?』
『あるのよねえ。この子で八代連続の女の子らしいし』
『家が断絶しなかったのも、徴兵制度に引っ掛からなかったということがあるわよね』
『そうね。名門の中でも、家督を継ぐべき長兄以下の男子が徴兵されて全員死んじゃったという家系もあるものね』

『それはそうと、麗香さん。最近迎えに来ないのね』
 絵利香が、いままで不思議に思っていたことを口にした。
『仕方ないわよ。あたしがはじめた宇宙開発事業のことで、執行代理人としての仕事で手一杯なのよ』
『静止軌道上に建設中の軌道エレベータ宇宙ステーションね』
『新規事業だから各方面との擦り合わせがかかせないから。あたしや梢の世話まではとても手が回らないってところ。あたしが大学卒業するまでは当分忙しい日が続くでしょうね』
『大変ね』
『一応、お母さんや恵美子さんにも手伝ってもらってるけど。そちらはエレベーター素材に欠かせないカーボンナノチューブ関連でね』
『梢の世話というと、世話役はもう決まったの?』
『それが、まだなのよ』
『メイドの早苗さんはどうなの?』
『早苗さん?』
『その様子じゃ、知らないみたいね』
『どういうこと? 教えて』
『それがね……』

『暇だったから、梢ちゃんに絵本でも読んであげようかなと思って、尋ねてきたんだけどね。丁度、梢ちゃんが絵本を抱えて廊下を歩いているのに出会ったのよ。絵本どうするの? って聞いたら、早苗さんに読んでもらうんだとか言ってたわ。別の日には、仲良く手をつないで庭を散歩する姿も見掛けたわね。その時の早苗さんは普段着だった』
『梢ちゃんと早苗さん、そんなに仲が良いの?』
『どこまで仲が良いのかは、知らないけど。梢ちゃんが、絵本を読んでとせがむのは、梓とわたし以外にいたかしら。渚さまや麗香さんにだって、読んでもらおうとはしないじゃない』
『そりゃそうだけど……』
『早苗さんは、非番の日には梢ちゃんの相手をしているんじゃないかな。絵本を読んでもらったり、手を繋いで散歩したり、梢ちゃんは早苗さんにだいぶなついているみたいよ』
『早苗さんて、確かここへ来てまだ三ヶ月じゃなかったかな』
『そんな短い時間で梢ちゃんの心を捕らえたんなら、なおさらのことじゃないかな。とにかく本人に確認してみたら?』
『そうね。貴重な情報ありがとう、助かるわ』
『どういたしまして』
『今日は、泊まっていく?』
『そうね』

『絵利香、ここ、ここ』
 といいながら、梢がベッドをぽんぽんと叩いている。
 梢を挟むように梓と絵利香がベッドに入る。いわゆる「川」の字寝というところ。キングサイズのダブルベッドには、女性二人と幼児一人くらいは楽に寝られる。
 久しぶりに絵利香が泊まりにきたのではしゃぎ気味の梢。
『梢ちゃん、嬉しそうね』
『だってママが二人だもん。えへへ』
『あら。絵利香のこと、ママと思ってくれるんだ』
『うん。ママと同じくらい、大好きだよ』
『ありがとう。梢ちゃん』
 梓が仕事で出張外泊となった時に、屋敷に泊まりにきてくれて眠くなるまで絵本を読んでくれるし、昼間は一緒に遊んでくれて、動物園やデパートなどへ連れていってくれたりもする。梢にとって、一緒に風呂に入ったり添い寝してくれる絵利香は、梓以外では唯一の人物である。
 常日頃から母親代わりとなって、梢の世話をしてくれているので、すっかりなついているのだ。梓と同年齢で同質の香りのする絵利香は、梢にとってもう一人の母親なのである。
 梓にとっても、大切な愛娘を預けることのできる無二の親友である。
『ところで、真理亜ちゃんの方は大丈夫なの? 絵利香がこっちに泊まって帰ってこないとなると、寂しがるんじゃない。添い寝してあげてるんでしょ』
『まあ、一晩くらいなら大丈夫よ。ちゃんと本物の母親がいるんだから』
『本物ねえ……真理亜ちゃんにしろ、梢ちゃんにしろ、本物以上に母親しているんだものね』
『そうかな……』
『そうじゃない。よちよち歩きの頃から、梢ちゃんを真ん中に立たせて両側からおいでおいですると、七・三の割りで絵利香の方に歩いてくんだもの』
『そうだったかしら』
『そうよ』
『それは多分、よそいきの明るい服装で来てるから、目につく方に寄ってきたんじゃないかな』

『ねえ、ねえ、絵利香。絵本、読んで』
 梢が、絵利香の袖を引っ張りながらじっと見つめるように催促した。
『あ。はい、はい』
 書棚へ行き、絵本を取って戻る絵利香。
 その耳元でささやく梓。
『ね! あたしじゃなく、あなたに読んで欲しがったでしょ』
『そりゃあ、梓には毎日読んでもらってるから、たまに来たわたしに敬意を表しているのよ』

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
梢ちゃんの非日常 page.3
2021.07.21

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章譚)


page.3


『梢ちゃんも、すっかり英語人になってきたわね。わたしの話し掛ける英語にちゃんと正しく答えてる』
『そうね。聞いている分には、日常生活会話ならだいたい理解しているわよ。話し言葉の方は舌が回らないしまだまだだけど、乳歯も生え揃ったことだし、正しい発音もこれからよ』
『やっぱり本場の英語圏に来ているだけあって、覚えるのが早いわね。話し言葉の基礎ができるのは、三・四歳くらいまでというけど。梢ちゃん今二歳十ヶ月だっけ、これから幼稚園に入って、さらに小学校に上がる頃には、完璧なアメリカ人になっているわよ』
 二人の会話に加われない当の本人の梢は、手持ちぶさたそうに梓の手のひらと自分の手のひらの大きさを比べたり、その指を折って数をかぞえる練習をはじめたりしている。
『まわりが英語を話す人ばかりだからね、あたしも英語以外では一切話し掛けないから』
『つうことは、日本語はまるでだめということか』
『そういうこと。第二言語を教えはじめるのは、まず国語としての英語がしっかり身についてからね』
『わたし達と、同じね。確かにわたし達日本語が話せるけど、やっぱり生まれついて慣れ親しんだ英語で話すほうが楽だものね』
『さてと……午後の講義まで少し時間があるから、梢ちゃんと遊んであげましょうか』
 食器類を調理場の片隅の返却コーナーに戻すと、梢の手を引いて食堂を後にした。

 キャンパスをそぞろ歩く二人。その周りを梢が両手を水平に広げて飛行機走りしている。もちろんボディーガード達も目立たないようについて来ている。
『梢ちゃん、転ぶわよ』
 絵利香が注意する。
『大丈夫よ。転ぶと痛いことぐらい知ってる。だから転ばないように気を付けながら走ってる。それでも転ぶ時は転ぶ。転びと痛みを繰り返しながら、より上手な走り方をするようになるのよ。運動神経と反射神経を養うために好きなように走らせてやるの。他人に迷惑をかけなければね。あの走り方をする時は機嫌がいい時なの。無理に止めさせて気分を害することはないでしょ』
『でも、怪我する時もあるわよね』
『その時は、やさしく声をかけて、母親の愛情を一杯注いで治療してやるのよ。絆創膏は大小取り混ぜていつも持ってるの。ほら』
 といってバックから取り出して見せる。
『怪我を恐れず、何にでもチャレンジするような子になって欲しいものね』
『そのうち木登りだってするような、おてんばになるわよ』
『いいんじゃない、それでも。あれ……』
 今まで周りを走りまわっていた梢の姿が見えない。見渡すと花壇の前にしゃがみ込んで、何かを熱心に見つめている。
 そのうち、
『ママ、ママ、来て!』
 と梓を手招きしはじめる。
 何事かと思って近寄ってみると、花壇の草木の間に蜘蛛の巣が張り巡らされていて、放射円状の中心に鮮やかな緑色をした蜘蛛がいた。
 興味の対象を見つけたら、まず母親を呼んで、触ってもいいかを確認するのだ。
『くもだよ。これ』
 梢が指差して答える。
『そうだね。この周りの糸で蝶々なんか捕らえて食べちゃうんだよ』
 絵利香が解説を加える。
『うん。図鑑に載ってたよ』
 図鑑とは梓が梢に買ってあげた昆虫図鑑のことである。いろんな昆虫が天然色の写真入りで図解されている。
 広大な屋敷内には多くの樹木が茂っていて沢山の鳥類や昆虫類が生息している。樹液に集まり簡単に捕獲できる甲虫類は、梢のお気に入りである。カブトムシ、クワガタムシなどはよくご存じの定番である。それらの虫を捕まえて、その図鑑で確認して、力比べをさせたりして遊んだらまた離してやる。いつでも好きな時に捕まえられるから、飼うことはしない。野におけれんげ草、自然にあるものは自然に返す。梓の教育方針を忠実に守っている梢であった。
 蜘蛛は正確には昆虫には入らないが、昆虫と蜘蛛は捕食関係にある都合からか、一緒に載っているようである。
 動くものがあれば、触りたくなる、これは動物の本能である。小犬も子猫も動くものには盛んにじゃれつく。梢は興味があるものを見つけた時の癖で、人差し指を唇にあてて、触りたくてしようがない様子だ。そのうち人差し指で蜘蛛をつつきはじめるかもしれない。
 そのことを充分承知の梓は、すぐさま注意する。
『梢ちゃん、触っちゃだめよ』
 地味な色をしている蜘蛛が多い中で、これだけ目立つ色をして隠れもしないのは、いわゆる警戒色で毒を持っているかもしれないと判断したからだ。欧米に分布するヒメグモ科ラトロデクツス属の蜘蛛類は極めて有毒なことで知られている。もっとも梓がそんなこと知るわけもないが。
『うん。わかった』
 以前に何も知らずに蜂の巣を触って懲りている梢は、残念という表情を見せて素直に従っている。その時は、幸いにも巣を作りはじめの頃で、女王蜂と数匹の働き蜂しかいなかったから助かったが、もし球状に大きくなったスズメ蜂の巣だったらと思うと冷や汗がでる。それ以来、飛翔して攻撃してくる蜂の巣には、絶対に近づかないように言いくるめてある。念のために数週間後にアレルギーの抗原抗体反応を調べてみたが、アナフィラキシーの過敏反応は見られず一安心というところ。
 人を襲う虫がいることを身を持って体験しているから、母親が触るなといえば絶対に触らない。しかし興味はあるので、遠めに観察することはやめないようだ。こちらから何もしなければ、相手も襲ってこないことを教えられているからだ。
 噛む、針で刺すなどのほか、毒液を吹き掛けるタイプの虫もいるので要注意である。毒液が目に入れば失明することもある。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
梢ちゃんの非日常 page.2
2021.07.20

梢の非日常(ルナリアン戦記前章)


page.2


 廊下の方から、ぱたぱたと小走りに駆けて来る小さな足音が聞こえてくる。
『ママ、絵本持ってきたよ』
 と言って、梢が絵本を抱えて戻ってきた。
 おやつを食べに来る時に、ついでに絵本も持ってくれば時間も節約できるのだが、梢の年齢ではそこまで知能が回らなかったようだ。食べることと、絵本を読んでもらうこと、それぞれ一つずつしか考えられない。
 やっぱりね。
 といった表情をみせる四人。
 梢は、テーブルの上に絵本を置き、抱き上げてとばかりに、梓に向けて両手を挙げて催促している。抱き上げて膝の上に乗せてやる梓。
『それじゃあ、梓。先に行ってるわ。絵本を読んで聞かせ終わったらいらっしゃい』
『ん、悪いわね』
『それじゃあ、梢ちゃん。またね』
 渚が軽く手を振ると、
『うん。ばいばいね』
 と梢も手を振って答える。
 廊下に消える三人。メイドも気を利かせて姿を隠し、バルコニーに残ったのは梓と梢の母娘の二人となった。皆が去って少し寂しい梓だが、梢には母親さえいれば十分である。
 テーブルの上の絵本を見ると、先日梢を本屋に連れていって選ばせて、買ってきたばかりの絵本だった。読み聞かせはこれがはじめてである。
『それじゃあ、読んであげましょうね』
『うん!』
 瞳を爛々に輝かせて、母親がめくる最初のページに目を移す梢。


 コロンビア大学の構内。
 梢が私服姿の専属メイドに連れられて歩いている。その前後には四人の女性ボディーガードが付き添っている。
 大学生の梓には、午前中は講義を受けなければならない。その間おとなしく屋敷で待っている梢だが、お昼近くになれば待ちきれずに、フリートウッドに乗って迎えにくるのだ。
 今日は午後も講義がある事を知らされている梢は、大学生協の食堂へ向かっている。途中水のみ場で手を洗い、肩から下げたポシェットからハンカチを取り出して拭っている。そして食堂に着くといつもの窓際の席を陣取るのだ。
 なおメイドは窓際に静かに立っており、ボディーガードも目立たないところから目を光らせている。
 学生達や食堂職員の間では、母親が学生でこの食堂を利用していることが知られているので、馴染みの客として扱われており、決して追い出されることはない。食堂を走りまわったり騒いだりすることなく、いつもの席にちょこんと座り、じっとおとなしく母親の来るのを待っている姿は、微笑ましくも可愛らしい。
 時々女子学生がやさしく声を掛けていく。人見知りしない梢は、にっこりと微笑みながら言葉を返している。今ではすっかり食堂のマスコット的存在になっていて、ちょっとした人気者である。だから今梢の座っている席は、誰かがジョークで『梢ちゃんの指定席』というプライスカードを作って置いてあり、いつも必ず空いている。
 やがて梓が、絵利香やその他の女子学生達と共に食堂に現れる。母親の姿を見つけた梢が、手を大きく振って合図している。軽く手を振って応えて、バイキング式にカウンターに並んでいるメニューの中から、梢が好きそうな数皿を選んでトレーに乗せていく。ポタージュスープ、ビーフステーキ、パン、レタスサラダ、そしてデザートにはメロンである。
 ここの食堂は腹を空かせた食べ盛りの学生達のために、質より量ということで、安くてボリュームのある品々を出している。梓一人では食べきれない量だが、梢と一緒に食べて丁度よいところ。

 それらを持って梢のところへ行き、食堂の食卓は梢の小さな身体には合わないので、いつものように膝の上に座らせる梓。
 ナイフが上手に使えない梢のために、ビーフステーキを小さく小分けしてやり、持参した子供用の柄の太いフォークを手渡してやると、おいしそうに頬張る。肉好きなため、放っておくとそれだけで食事が終わってしまって、栄養が偏ってしまうので、時折肉を口に運ぶ手を休ませて、ポタージュスープとパンとサラダを食べさせてやる。
 梓自身の食事は、梢が食べきれそうにない分量を、少しずつ食べている。いつも一緒に食事をしているので、梢がどれくらい食するかよく判っている。
 一通り食事が終わって、デザートのメロンである。これもナイフで皮を取り除き切り分けて、全部梢に食べさせてやる。
 とにかく梢に食べさせたいだけ食べさせて、自分は残り物を食べるというのが、この食堂での母娘の食事風景である。成長期にある梢の食事が優先されなければならないし、自分は食事を一回抜いたぐらいでどうなるでもなし。
 そんな微笑ましい母娘の情景を、じっと見つめていた絵利香が感慨深げに、
『そうやっているところを見てると、梓もすっかり母親なのよねえ』
 と、しみじみとした口調で言った。なお、以前はもう一人と区別して梓ちゃんと呼んでいたが、子供が生まれてからは同じ呼び捨てに変わっている。
『以前の梓なら、子供なんて煩わしいだけで面倒だなんて言っていたのにね』
『これだけはもう一人の誰かさんだけで済む問題じゃないからね。子供を欲しがったその誰かさんのおかげで、否応無しに母親になるしかなかったんだ』
『それにしては、母親らしさが板についているけど』
『十ヶ月もお腹にかかえて、母乳を飲ませてきたんだ。母親としての愛情が芽生えなければ女じゃないよ』
『愛情を掛けて育ててやれば、それに応えてなついてくる娘の可愛らしさってところね。ほんと梢ちゃんて、天使のように可愛いものね。躾は行き届いているし、母親の言うことはしっかりと聞いているしね』
『まあね。この子は、真条寺家の跡取り娘ですからね。グループを背負っていくのにふさわしい人物に育てていくつもり』
 メロンを食べ終えた梢の口元を、ナプキンで拭ってやる梓。
『梢ちゃん、おいしかった?』
 絵利香がやさしく尋ねる。
『うん。おいしかったよ』
 にっこりと微笑んで答える梢。
『ママと一緒だから、おいしいのよね』
『うん!』
 最高に幸せそうな表情を見せる。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -