銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十三章 新提督誕生 Ⅰ
2021.05.03

第二十三章 新提督誕生




 シャイニング基地通信室。
 暗がりの中、壁面に並ぶパネルスクリーンに一人一人の審議官が映し出されている。
 部屋の中央に一人、直立不動でいるのはアレックスであった。
「……それでは、先の軍法会議にて裁定された通りに、貴官に少将の官位を与え、第八師団タルシエン要塞司令官、並びにシャイニング基地、カラカス基地、クリーグ基地を統括するアル・サフリエニ方面軍司令官に任ずる」
「はっ! ありがとうございます。謹んでお受けいたします」
「なお、タルシエン要塞においてはフランク・ガードナー少将率いる第五師団の司令部を併設することとする」
「了解しました」
「また貴官の昇進に際し、第十七艦隊の後任として貴下の武将の准将への昇進と艦隊司令官の任官を承認するものとする」
「ありがとうございます」
「なおいっそうの精進を期待したい。以上である。ご苦労であった」
 パネルスクリーンが一斉に閉じて真っ暗になった。
「提督、おめでとうございます」
 部屋の照明が灯されて、パトリシアとジェシカが歩み寄ってくる。
「ありがとう」
 部屋を出る三人。
 通路を歩きながら質問するアレックス。
「これでやっと自由の身ですね」
「ああ、そうだな」
 これまでのアレックスは、軍法会議の審議預かりの身だった。
 第十七艦隊司令官という地位はすでに解任されており、タルシエン要塞攻略のために仮に与えられていたのである。
「タルシエン要塞はどうなっているか」
「ケースン中佐、コズミック少佐、そしてジュビロ・カービン……さんでしたっけ? その三人でシステムのチェックを行っています。あれだけ巨大な要塞ですから、コンピューターシステムを総取替えするわけにもいかず、そのまま利用させてもらうしかありません。現在、コンピューターなどの使用マニュアル作成や、ウィルスが潜んでいないかとか日夜不眠不休で取り組んでおります」
「またレイティーのぼやきを聞かされそうだな」
「でもちゃんとやってますよ。ぶつくさ言ってますけど」
「しかし、ジュビロさんのことですが……。民間人に軍のコンピューターをいじらせても大丈夫なのでしょうか?」
「最高軍事機密ということか?」
「はい……」
「確かにそうかも知れないがね。仮にジュビロを引き離したところで……いや、何でもない。協力してもらえるのならそれでいいじゃないか。責任は私が取る」
 そう……。
 闇の帝王とさえ言われる天才ハッカーに掛かれば、要塞のシステムに介入することなど容易いだろう。いずれ要塞のコンピューターは本星の軍事コンピューターネットに接続されることになる。つまりジュビロを隔離しても無駄なことだ。
「提督がそうおっしゃられるのなら構いませんが」
「何にしても、あれだけ巨大なシステムだ。一人でも多くのシステムエンジニアが必要だ」
「それはそうですけどね」


 基地の食堂。
 昼休み時間、多くの将兵が食事を取っている。
 話題は、もちろんタルシエン要塞陥落についてである。
「とうとう要塞を落として、連邦にも逆侵攻できるようになったというわけだな」
「そう簡単にいかないさ。タルシエンの橋の片側を押さえただけじゃないか。もう片側の出口も押さえないと侵攻は無理だよ」
「それにしても、うちの提督はすごいよな。誰も成しえなかったあの要塞の攻略を、ほんの数日で成し遂げちゃうんだもんな」
「だってよお、士官学校の時からずっと作戦を練っていたっていうじゃないか。当然じゃないのか?」
「作戦立案者のレイチェル・ウィング少佐とパトリシア・ウィンザー少佐は、二階級特進らしいぜ」
「つうことは大佐か?」
「一体、大佐は何人になるんだ? ディープス・ロイド中佐も大佐昇進が内定してるんだぜ」
「多すぎることはないだろう。何せタルシエン要塞というものがあるんだ。要塞司令官とか、駐留艦隊司令官とか、いくらでもポストはあるだろう」
「なあ、第十七艦隊だけどさあ。次期司令官は誰だと思う?」
「ううん、どうなんだろうね」
「現在、司令官は空位なんだろ?」
「ああ、軍法会議でランドール提督は司令官の地位を剥奪されたらしいからな」
「やっぱり、艦隊司令官となれば俺達のオニール大佐だな」
「当然だな」
 頷く隊員達。
「おい、おまえら!」
 食事をしていた隊員たちを取り囲むようにして、別の一団が立っていた。
 仁王立ちと言ったほうがいいだろう。
「今言ったことを、もう一度言ってみろ」
「はん? 何だおまえら」
「こいつら、チェスター大佐配下の連中だぜ」
「ああ、副司令官のか」
「聞こえなかったのか。先ほど言ったこともう一度言え!」
「何をすごんでるんだよ。ああ、言ってやるぜ。次ぎの艦隊司令官はゴードン・オニール大佐だよ」
「その、根拠はなんだ?」
「知らないのか、退役間近な大佐はいかに功績を上げて昇進点に達していても、将軍にはなれないんだよ。勇退して後進に道を譲ることになってんだよ。慣例だよ」
「そうそう。たとえ司令官になっても、すぐまた退役じゃしようがないだろ」
「つまり、俺達のオニール大佐が司令官になるに決まってるってこと」
「ふざけるな!」
「まだ発表もされていないのに、勝手に決めるんじゃねえ」
「だから、決まってるも同然だと、言ってるんだよ。馬鹿か」
「なんだと!」
 ついに口喧嘩から殴り合いにまで進展してしまう。
「やれやれ!」
 野次馬達が囃し立て、喧嘩がやりやすいようにテーブルを片付けていく。
「どっちも負けるなよ」


 食堂に入ってくるアレックス達。
「何だ、これは?」
 食堂内で起こっている騒動に目を丸くしている。
「喧嘩ですね」
 中央部で幾人かの隊員がくんずほずれつの喧嘩を続け、周りの者がはやし立てていた。
「みんな元気だな」
「何言ってんですか、提督! 喧嘩を止めないのですか?」
「いいじゃないか、やらせておけよ。途中で止めたほうが後々しこりが残るものさ。さあ、こっちは食事をしようじゃないか」
 と言いながら、喧嘩には見向きもせずに、背を向けて配膳台の方へと歩いていく。
「今日も料理長お勧め料理ですか?」
「ああ、時間がないのでね」
 いつもはメニューを見ながらゆったりと食事をするのだが、タルシエン要塞のことで目が回るほどの忙しさだったのである。造り置きされてあるお勧め料理なら、待たされることなくすぐに食べられる。
 騒動の中にあってアレックスに気が付いた者がいた。
 会議に遅刻して便所掃除を言いつけられた、あのアンドリュー・レイモンド曹長だった。
「全員、気をつけ!」
 食堂の隅々に届くような、大声を張り上げる曹長。
 喧嘩していた者達も、思わず静止して声のした方に振り向いている。
「て、提督?」
 全員がアレックスの姿に気が付いて動きを止め、一斉に敬礼を施した。
「何だ……。止めたのか」
 しようがない……といった表情で、膳をテーブルに置き、席に着くアレックス。
 レイモンド曹長が、アレックスの前にやってくる。
「提督」
「喧嘩していた者を、前に並ばせろ」
「はっ!」
 敬礼して、喧嘩していた者達のそばに駆け寄る曹長。
 その間に別の隊員が、アレックスの前にあるテーブルをどかせていた。
「おまえら、提督の前に整列しろ」
 立ち上がってアレックスの前に整列する隊員。
 怪我して立てない者には肩を貸して立たせている。
「悪いな、忙しい身でね。食事を取りながらにさせてもらうよ」
「お食事を取りながらでも結構です。どうぞ、ご質問を」
 誰しもがアレックスの超常的な忙しさを理解していた。
 じきに戦闘だという時に、「昼寝する」と言って部屋に戻ったこともある。食べられる時に食べ、眠れるときに眠る。そんなアレックスを、誰も責めることも邪魔をすることもしなかった。
「うん……おお、これ旨いな」
「提督!」
 皆が緊張して、アレックスの言葉に耳を傾けている。この場を和ませる、冗談ともとれる発言は通じないようだった。
「外したか……。ジェシカ、頼む」
「なんで、わたしが?」
「君が一番の適任者だからな。こういうのは得意だろ」
「もう……」
 ぶつぶつ言いながらも整列している乗員の前に歩み出るジェシカ。
「それで、喧嘩の原因は何ですか?」
「はっ! 第十七艦隊の次期司令官は誰かと言うことでした」
「なるほど……。つまり、チェスター大佐かオニール大佐かということですね」
「その通りです」
「で、殴り合いの喧嘩になったってわけですか」
「はい」
「次期司令官を決めるのは提督です。将兵達の全員に公平に昇進の機会を与え、士気の低下とならないように心砕いています。それをないがしろにして勝手な判断をし、士気の混乱を招く喧嘩をするというのは、提督に対する冒涜以外の何ものでもないと思いますが、違いますか?」
 言葉に詰まる将兵達。
 一言一言がその胸をえぐった。
「喧嘩をするほど力が有り余っているのなら、その情熱をもっと前向きな力となるように努力し、艦隊の糧となるようにしないのですか?」
 そして周囲を見回しながら、
「喧嘩を眺めていた他の人たちも同罪です。なぜ止めなかったのですか? あまつさえ喧嘩をあおるような言動をするなどは、同じ艦隊に所属する者として情けない限りです。提督を慕い、提督の下に集った仲間じゃなかったのですか? 何度も死にそうになった局面を共に戦い、切り抜けてきた同じ第十七艦隊の同士じゃなかったのですか? 一人一人が提督の言葉を信じ、共に生きるために心を一つに結束しなければ、素晴らしい明日はやってこないのです」
 静まり返っていた。
 誰しもが、その言葉に意味する熱い思いを理解していた。
「その辺でいいだろう。ありがとう、ジェシカ」
 食事を終えて立ち上がるアレックス。
「レイモンド曹長」
「はいっ!」
「後のことは、君に任せる」
「私がですか?」
「そうだ。騒動を起こした者には罰を与えねばならない。君の思うとおりに処罰したまえ。便所掃除でも何でもいいぞ」
 くすくすという笑い声が聞こえた。
「提督……」
 赤くなるレイモンド。
「その前に、医務室で治療を受けさせたまえ。以上だ、全員解散しろ」
 そう言うなり、膳を持ち上げて回収台の方へ歩いていく。
「総員、提督に対し敬礼!」
 一斉の敬礼を受けながら、食堂を退室していくアレックス。
「おらおら、聞いたとおりだ。さっさと医務室へ行きやがれ」
 喧嘩をしていた者の尻を引っ叩くようにして、移動を促すレイモンド。

 食堂を出て通路を歩くアレックス達。
「君達、食事はいいのかね?」
「血を流していた者もいましたからね。食欲が湧きませんし、あの状態で食事はできませんよ」
「そうか……自分だけ食事して、済まなかったね」
「いえ」
「何にしても早急に、次期艦隊司令官を選定しないと、他の艦でも同様の事態が起きるのは、避けられないだろうな」
「そうかも知れませんね」
「難しい問題だよ。これは……」
「提督……」
 アレックスが今なお、次期艦隊司令官の選出に苦慮していることを知っているパトリシアとジェシカだった。
 アレックスが抱えている最大の問題。隊員同士が喧嘩をするほどの次期艦隊司令官選出は、早急に解決しなければならなかった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.03 13:13 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十二章 要塞潜入! Ⅲ
2021.05.02

第二十二章 要塞潜入!




 アレックス達が要塞潜入に成功し中央制御コンピューターに取り掛かっていた頃、ゴードン率いる第六突撃強襲艦部隊は、要塞の索敵レーダー圏外で、出撃のチャンスを窺っていた。
「提督が潜入してどれくらい経つか?」
 準旗艦ウィンディーネ艦橋から、P-300VX特務哨戒艇より送られてくる、要塞の全景を見つめるゴードン。
「およそ三十分です」
「そうか……」
 潜入成功を知らせる『赤い翼は舞い降りた』を受電し、配下の部隊に突撃準備をさせて待機していた。
 ゴードン配下の部隊の任務は、潜入部隊が北極及び南極のドッグベイを開くと同時に、要塞内に突入して内郭軍港や反物質転換炉を押さえ、さらに中殻居住区にある中央コントロールルームなどの主要施設を制圧することだった。
 要塞攻略の主任務部隊となるわけであるが、北・南極が解放されなければ成す術もなかった。
「作戦待機時間は二時間だ。それまでに成功してもらわないとな」
 潜入から二時間以上を経過した時には、第六突撃強襲艦部隊を含めて、第十七艦隊は要塞攻略を断念し撤収する命令を受けていた。
 いつまでも何もしないで要塞の外で待機しているわけにはいかないのだ。いずれ要塞内に潜入したことが発覚し、手を打たれてしまう。
 潜入部隊が密かに行動できるタイムリミットが二時間とされたわけである。
「しかし提督を残して撤収などできませんよ」
「だからといって、艦隊をみすみす全滅に追いやることもできないだろう」
「それはそうですが……」
「捕虜交換で戻ってこれる可能性もあるしな。こちらには先のシャイニング防衛の際に捕虜にした、敵の大将のキンケルがいる。准将と大将との交換だ。相手も応じるかも知れないだろう」
「問題は、こちらがわの軍部の反応ですよ。果たして提督を助けますかね」
「また、軍法会議の時みたいにTVを利用するか?」
「そうそう何度も同じ手が使えるとは」
「何にせよ。参謀長殿がいい手を考えてくれるさ。或いは捕虜になった時の救出作戦のことも、とっくに手を打ってるかも知れないしな」

 旗艦サラマンダーにおいても、アレックスの無事と作戦成功を祈っていた。
 時を刻む時計表示だけがむなしく進んでいく。
 やがて一人のオペレーターが声を上げた。 
「大佐! 北極が開いていきます!」
 オペレーター達が一斉に声を出した方へ振り向いた。
「やったか!」
 スクリーンを凝視するカインズ。
「続いて南極も開いていきます」
 両極を閉じている分厚い装甲ハッチがゆっくりと開いていく。
「提督が両極を開け放したんですね」
「ああ、そうだとも」
 パトリシアの方に見直るカインズ。
 両手を合わせて唇に指先を当てて涙を流していた。
 感激の余りに言葉に詰まり、指令を出せないでいる。
 その気持ちが痛いほどに判るカインズだった。
「第六突撃強襲艦部隊が突撃を開始しました!」
 勇躍、要塞に向けて進撃を開始する第六突撃強襲艦部隊がスクリーンに大写しにされる。
「よおし! 全艦、攻撃開始だ! 第六部隊を援護する」
 パトリシアの指示を待つことなく、自らの判断で命令を下し始めた。
 全艦一斉に砲撃を開始する第十七艦隊。
 これまでの鬱憤を晴らすかのような猛攻撃である。
「フランドル少佐に連絡」
 スクリーンにジェシカが出る。
「艦載機への補給状態は?」
『すでに完了して、全機発進させました。もうじきそっちに到着するはずです』
「さすが航空参謀ですな。手際が良いですね」
『一刻一秒を争いますからね。艦載機を遊ばせておくわけにはいかないでしょう』
「なるほどね。ああ、今到着したようだ」
 スクリーンに敵守備艦隊への攻撃を開始した艦載機群が映し出されている。
『それでは、要塞の中で再会しましょう』
「判った」
 通信が切れて、北南極へ突入していく第六部隊の映像に切り替わった。
「要塞の中で会いましょうか……」
 ジェシカの言葉が確実性を帯びてきたことを認識するカインズだった。
 パトリシアは後部座席に腰を降ろしたまま、フランソワに介抱されるようにただ黙って俯いていた。
「所詮、愛する人に心砕くごく普通の女性と言うことだ……。これまでの緊張が一気に解き放たれたというところだな」
 神のような提督に比べれば、なんと人間性のあることか。返って親しみが湧いてくる。
「後のことは任せて、そこでゆっくり休んでいてくれたまえ」
 提督やウィンザー少佐、そしてウィング少佐らによって、綿密に精緻に組み敷かれた作戦というレールの上に置かれた機関車の発射ベルは鳴った。後は時刻表通りに突き進むだけだ。
 作戦立案者の手を離れ、実行部隊の指揮官に委ねられている。
「守備艦隊を足止めする。軍港に入港させるなよ。全艦突撃開始」
 これまで囮役として敵の注意を引き付けていたが、勇躍敵艦隊に向けて進撃を開始した。
 守備艦隊を要塞内に入れるわけにはいかないからだ。


 要塞内、中央コントロール。
「誰が、軍港を開放した!」
「判りません。勝手に開いてしまいました」
「そんな馬鹿なことがあってたまるか」
「敵艦隊が軍港に侵入してきます」
「駐留艦隊に迎撃させろ!」
「だめです。駐留艦隊は、休息待機でほとんどの兵士が降りています。動かせません」
 スクリーン上には、軍港に接舷した強襲艦から怒涛のように白兵の戦士達が飛び出してくる映像が映し出されていた。
「要塞内の警備隊に侵入する奴らを撃退させろ」
「そ、それが外部との連絡が取れません!」
「なんだと?」
「軍港に通ずる遮蔽壁も作動しません」
「システムが……システムが乗っ取られています」
「乗っ取りだと?」
「おそらく中央制御コンピューターに何者かが侵入して操作しているものと思われます」
「何てことだ! さてはあの時に侵入したのか!」
 第二弾の次元誘導ミサイルが隔壁を破砕した時のことを思い出したのだ。
「あの不発弾の中に潜んでいたのか……」
 地団太踏んでくやしがる司令官。
「こうなったら要塞を自爆させる」
「無駄ですよ。システムが乗っ取られているんですから」
「やってみなけりゃ、判らないだろう」
 胸ポケットから鍵を取り出す司令官。
 それを自爆用のシステム起動装置に差し込んで、自爆コードを入力する。
「どうだ?」
 鍵をゆっくりと回すと、正面スクリーンにカウントダウンの数字が表記された。
「自爆コードが入力されました。これより60秒後に自爆します」
 コンピュータの合成音が発声される。
「59・58・57……」
「み、見ろ。やってみなけりゃ判らんといっただろう」
「43・42……」
 カウントダウンが続いている。
 息を呑んでそれを見守るオペレーター達。
 誰も動かなかった。
 所詮60秒では逃げ出せないと判っているからである。
「10・9・8・7・6・5・4・3・2・1」
 大半のオペレーターが目を瞑った。

 しかし、何も起きなかった。

 爆発どころか、コンピューターも静かになっている。
「どうしたというんだ……」
 ほっと胸を撫で下ろすオペレーター。
 遮蔽壁が開いて、白兵の戦士達がどっとなだれ込んできたのはその直後だった。
「全員、手を挙げろ!」
「席を離れて壁際に並ぶんだ」
 銃を構えられ、仕方なく手を挙げ席を離れて、壁際に移動するオペレーター達。
 やがてゆっくりとゴードンが入室してくる。
「要塞は、すでに我々の手に堕ちた。あきらめたまえ」
 肩をがっくりと落とす司令官。

 タルシエン要塞陥落の報が、全世界に流されたのは、それから二時間後だった。

第二十二章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.02 07:25 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第二部 第十二章 海賊討伐 Ⅱ
2021.05.01

第十二章 海賊討伐




 中立地帯海賊基地。
 海賊艦隊が近づいてゆく。
 ゲートがゆっくりと開いてゆき、艦隊が入港してゆく。

 中央コントロールルームに、フランシス・ドレーク提督が候女を引き連れて現れる。
「お帰りやす! 提督殿」
「その提督というのは、ここでは止めてくれないか」
「ではお頭、その娘が候女さまですかい?」
「ああ、大切な人質さまだ。手荒に扱うなよ」
「へいへい」

 通路を手縄を掛けられて、連行されてゆく候女。
 海賊が営倉の一つを開けて、
「さあ、ここに入るんだ!」
 と指示する。
 抵抗しても無駄だと悟っているので、素直に入る候女。
 鍵を掛けて、離れてゆく海賊。
 ベッドに腰かける候女。
 その候女の姿は、天井の片隅に設置された隠しカメラで映されていた。


 サセックス侯国エルバート侯爵家。
 候女が誘拐されたことが発覚して騒動になっていた。
「シルビアはまだ見つからないのか?」
 いらつく侯爵が怒鳴り散らしていた。
「見つかりません!」
 侯爵は疑心暗鬼になっていた。

 使節団がやってきて、味方になることを断った直後だった。
 もしかしたら、使節団が……?

 その時、デスクの上の端末が鳴った。
「なんだ? こんな時に」
 端末を操作すると、そこに映りだされたのは……。
「シルビア!!」
 候女のシルビアだった。
 驚愕する侯爵。
 映像が切り替わり、ゴツイ顔の男になった。
「おまえの娘は預かっている」
「何故だ! 娘を浚ったのは? 娘は大丈夫なんだろうな? 要求はなんだ?」
 続けざまに質問をあびせるが、
「今は何も言えん。いずれ連絡をする」
 それだけ言うと、映像が切れた。
「シルビア……」


 中立地帯への境界にたどり着いたウィンディーネ艦隊。
 赤色灯が点滅し、警報音が鳴り響いている。
「まもなく中立地帯に入ります」
 航海士が忠告する。
「ここから先に侵入するのは、国際条約違反になりますが」
「なあに大丈夫だ。これは救助活動だからな。誘拐されたエルバート侯爵のご息女の救出作戦である」
「了解! これより候女救出作戦による中立地帯への進入封鎖を解除します」
「警報解除します」
「Pー300VXから入電! 海賊基地と思われる基地を発見したとのことです」
「ついに見つけたか!」
「Pー300VXの現在地座標を確認!」
「よおし! 海賊基地に向けて進撃開始!」
「座標入力完了!」
「微速前進!」
 ゆっくりと中立地帯への動き出したウィンディーネ艦隊であった。


 某氏館内。
「侯爵の娘の誘拐に成功したようです」
「さすが海賊上がりのドレーク提督だな」
「早速、脅迫をはじめましょうか?」
「いや、まだ早いだろ。誘拐が起きたばかりだからな」
「そうですか……」
「それにしても、ドレーク提督は連邦軍にいたって噂は本当ですかね?」
「しっ! それは秘密事項だ。他の誰にも喋っていないだろうな?」
「は、はい。喋っていません」
「ならばよい」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング



2021.05.01 18:02 | 固定リンク | 第二部 | コメント (0)

- CafeLog -