梢ちゃんの非日常 page.8
2021.07.27

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章)


page.8

 翌朝。
 梢の髪を解かしてあげている絵利香。梓ゆずりのしなやかで細くて長い髪質は、ブラシを通すたびに素直にまとまっていく。そのそばで梢の世話役になったばかりの早苗が、その手順を学んでいる。いずれ自分の役目になるからである。
 髪梳きが終わったその時、絵利香の携帯電話が鳴った。オーストラリアの梓からだった。
『ハーイ。絵利香、今オーストラリアのAFC事業所よ。梢は元気してる?』
『元気よ。変わろうか?』
『うん。お願い』
 絵利香は梢に携帯電話を渡しながら言った。
『梢ちゃん。ママからお電話よ』
『ママから!?』
『そうよ』
 梢は携帯電話を耳に当てて話しだした。絵利香もすぐそばで聞き耳をたてている。
『ママ、ママなの?』
『はい、はい、ママですよ。梢ちゃん』
 聞き慣れた母親の声に、声の調子を変える梢。
『ママ。今、どこにいるの?』
『梢ちゃんのところから、地球をぐるりと裏側に回ったところよ』
 といっても、地球が丸いことを理解できないので、首を傾げている。
『わかんない』
『とっても遠いところよ。飛行機でね、朝ごはんから夕ごはんまでくらいの間、ずっと乗っていなきゃならないところなの』
 梢に九時間とか抽象的なことをいっても判らないので、食事の間隔で理解させようとする梓。
『ふうん……お腹がすいちゃうね』
 お腹がすいちゃうくらい遠いところということは、何とか納得してくれたようだ。
『昨日は、ちゃんとお利口にしていたかな?』
『お利口にしてたよ』
『ほんとかな?』
『ほんとだもん』
『うふふ、そうね。梢ちゃんは、お利口だものね』
『うん!』
『今日も、ちゃんとお利口にできるかな?』
『できるよ』
『そうね。じゃあ、今晩おねんねしたら、おみやげ持って帰るからね』
『うん。待ってるから』
『絵利香に代わってくれるかな』
『うん』
 携帯電話を絵利香に手渡す梢。
『ママが、代わってって』
『はい』
『絵利香、今日も一日、梢のことお願いね』
『それで、今日は動物園かどこか、外に連れ出そうと思うんだけど、いいかしら』
『いいわよ。屋敷の中だけで、今日丸一日世話するのは、大変でしょう。外に出れば、気分転換にもなるわね』
『動物園行く! 動物園、動物園』
 梢が、両手を軽く叩きながらはしゃぎはじめた。
『あら、梢ちゃんに、聞こえちゃったみたい』
『そうみたいね。こっちにも梢のはしゃいでるのが聞こえてる』
『幸いにも屋敷のすぐ近くにブロンクス動物園があるから、今日はそこで過ごすことにするわ』
『わかったわ。とにかく、予定通り明日の朝にはそっちに戻れるとおもうから、それまで梢をお願いね』
『まかせといて。もう一度梢ちゃんに代わろうか』
『悪いわね』
『はい、梢ちゃん』
 といって、梢に携帯電話を手渡す絵利香。
『ママ』
『梢ちゃん。今日も一日、絵利香の言うこと良く聞くのよ』
『うん、わかった』
『それじゃ、電話切るわね。元気でね』
 そういって、電話は切れた。
 少し寂しそうな表情を見せる梢。
『さあ、元気を出して。今日は動物園よ』
『うん。動物園行く!』
 再び明るさを取り戻す梢。母親はいないけど明日には必ず帰って来るのだし、大好きな絵利香もそばにいる。気を取り直して、動物園に行くことに気持ちを切り替えたようだ。

 食堂での朝食。
 梢は、例によって絵利香の膝に乗って、食事中である。
『あのね、あのね、動物園に行くんだよ』
『そう、動物園に行くの』
『うん!』
 よほど動物園に行くのが楽しいらしい。
『動物園で、何が一番見たい?』
『パンダ!』
 フォークを持った右手を高々と挙げて、大きな声で答える。
『そっかあ、ジュリアーノちゃんのお友達を見に行くのね』

 玄関車寄せに停車しているフリートウッド。白井が後部座席を開けて待機している。
 周囲にはメイド達が勢揃いして、梢お嬢さまの見送りに出ている。
『絵利香さま、これを』
 といって早苗が財布を手渡してくれた。梢を引率して動物園に行くための費用というところ。梓の依頼で梢の世話をしてもらっている以上、その費用を真条寺家が持つのは当然である。おこづかい程度の大した金額ではないのだが、一応の決めごとみたいなもの。
 二人水入らずで過ごしたいという絵利香の希望を入れて、梢の世話役である早苗は同行しないことになった。もっとも人工衛星からの監視と、シークレットサービスが気づかれないように行動することには違いないが。
『絵利香、早く』
 すでに先に乗り込んでいる梢が催促する。
『はい、はい』
 絵利香が乗り込むと、白井はドアを閉めて運転席に着く。
『それじゃ、行ってきます』
 窓を開けて、見送りに出ていた渚に言葉を掛ける絵利香。
『行ってらっしゃい。梢ちゃんをよろしくお願いね』
『はい』
 ゆっくりと動きだすフリートウッド。
『行ってらっしゃいませ。お嬢さま』
 ずらりと並んだメイド達が一斉に掛け声をあげる。
『動物園の開園は十時でございます。十分前ですから、丁度良い時分に到着します』
 白井が説明してくれる。
『そうね』
『十時半頃に、園の東にある水生動物館であしかショーが開演されます。結構楽しいですから、ぜひご見学なされるとよろしいかと存じます。お嬢さまはまだお小さいですから、あちこち動きまわるより、そういったショーを見てまわる方が疲れなくていいと思います。あ、これパンフレットです。各施設アトラクション紹介、ショーの時間などが記されています』
 といって、パンフレットを手渡してくれる。
『ありがとう、いつも気を配ってくれて』
『いいえ。どういたしまして』
 お抱え運転手の白井とは、梓を通してかれこれもう十八年の付き合いになる。気心も知れているし、梓同様に絵利香に対しても、心を込めて接してくれる。いたれりつくせりの素晴らしい人物である。白井に動物園に行くことを伝えた時に、パンフレットをわざわざ取りに行ってくれたようだ。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梢ちゃんの非日常 page.7
2021.07.26

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章)


page.7

 夜になった。
 パジャマに着替える梢だが、三歳ではまだ自分一人でボタンを止められないので、絵利香が手伝っている。以前はボタンのないパジャマを着せていたが、三歳になってからはボタンの着け外しの練習をかねて、胸元にボタンありのパジャマに変えた。
『はい。いいわよ』
『わーい!』
 はしゃぎながら、ベッドにダイブインする梢。絵利香が泊まりに来た時は、いつも梢ははしゃぎまわる。躾にきびしい梓と違って、絵利香はわりと自由にさせてくれることを知っているからだ。
『梢ちゃん。何か忘れてなあい?』
『ないよ……』
 ベッドの上でとぼけた表情を見せて、ぷるぷると首を横に振る梢。その仕草は、梓が何かをごまかそうとする時に、よくやるのとまったく同じだった。
 ……姿形だけでなく、こんなところまで梓に似てるんだから……
『もう……歯磨きは?』
『ん……しなくちゃ、だめ?』
 じぃー、と絵利香を上目つかいにみつめる梢。ばれてしまったが、できればやりたくないって感じだ。年齢的に第一反抗期に入っているので、ちっちゃな抵抗をみせているのだ。
 梓がいるときは、否応無しにやらされるのだが、絵利香は自主性を大切にしたいと思っている。だから何とか自分から歯磨きする気にさせればいいのだが。
『だーめ。お利口にしてなくちゃ、ママからお土産もらえないわよ』
『はーい』
 意外に素直に答えたかと思うと、ベッドから降りて洗面所に向かった。梢は、本来聞き分けの良い娘である。小さな抵抗をみせて、それが通ればいいな、という程度のものである。絵利香も後を追って洗面所に行く。梢は踏み台を持ち出して、それに乗っかって棚の上から、歯ブラシの入ったコップを取り出した。
『はい、絵利香のだよ』
 絵利香は時々泊まるので、専用のコップと歯ブラシが置いてある。それには稚拙な文字で「ERIKA」と書かれてある。各自のコップを判別するために、梢が自分でサインペンで書いたものである。他には「MAMA」「KOZUE」というコップが置かれてある。アルファベットの全部をすら覚えていない梢だが、その三つの単語のスペルだけは、梓から教えてもらって書けるようになっていた。文字を覚えた梢は、至る所でその名前を書きまくっていた。個人が常用として使用するもの、梢のおもちゃ類から、梓の部屋のノブに掛けられた「MAMA&KOZUE」というプレートをはじめとして、食堂やバルコニーの椅子の背もたれの裏とかである。
『ありがとう』
 コップを受け取る絵利香。その隣に並び、自分のコップを取って、一緒に歯磨きをはじめる梢。

 絵利香は近くのソファーに腰掛けて言った。
『はい。梢ちゃん、横になって』
『はーい』
 ソファーに横になり、絵利香の膝に頭を乗せる梢。
『はい。あーんして』
 梢が大きく口を開ける。
 梢の歯磨きは、自分一人ではまだ十分にできないので、梓や絵利香の手できれいに歯ブラシで磨いてあげるのだ。もちろん歯磨き粉などは使わない。だいたい虫歯一本なく、虫歯の原因でもあるミュータンス菌すら保持していない、梓や梢そして絵利香達には必要のないもので、歯ブラシだけで充分だ。歯磨き粉に含まれる研磨材は、きれいな歯を削ってしまうだけで逆効果である。
 ひとしきり磨いてあげて、きれいになったと判断した絵利香は、
『はい、いいわよ。うがいして』
 と、解放してやる。
『はーい』
 洗面所での歯磨きを終えて、ふたたびベッドに戻った梢。
『絵利香、ここ、ここ』
 といって、自分の右側をぽんぽんと叩いている。一緒にベッドに入ろうと言っているのである。ちなみに左側は母親である梓の定位置であり、パンダのぬいぐるみが寝かせつけてある。梓が出張外泊で、絵利香が代わりに添い寝してあげる時には、いつもベッドに持ち込んでくるのだ。パンダには梓の香りが染み付いているので、身代わりのつもりで置いているようだ。梓がいないのを寂しがっているのではなくて、母娘三人での川の字寝を思い起こしてのことらしい。
 絵利香は、絵本を持ち出してベッドに入る。
『お利口だったから、絵本を読んであげましょうね』
『うん』
 目をきらりと輝かせる梢。
 眠くなるまでの間、いつも梓や絵利香から絵本を読んでもらっている梢であった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梢ちゃんの非日常 page.6
2021.07.25

梢ちゃんの非日常(ルナリアン戦記前章)


page.6

 夕食の時間である。
 梢の手を引いて食堂に行くと、すでに他の人々は席についていた。かつては主人が着席するまでは全員立って待っていなければならなかったが、封建的で現代的ではないと、渚の母親の恵の代になってから自由に座っていいことにされた。
 絵利香が、いつもの第一主賓席に座ろうとすると、
『絵利香、ここ、ここ』
 と言いながら、いつも梓が座っている最上位主人席を引いて、梢がそこに座るように促している。
 渚の方を見てみると、軽く頷いている。
 仕方ないわねと思い、言う通りに主人席に座ると、梢がよっこらしょっとばかりに、絵利香の膝の上にちゃっかり座ってきたのである。幼児用の高椅子もそばに用意してあったのだが、完全に無視している。
 この頃の梢は、運動能力や平衡感覚がかなり発達してきて、自分の力だけで椅子を這いあがって、腰掛けている母親の膝の上に座れるようになっていた。
 その梢の小さな膝の上にナプキンを広げながら、思わず苦笑する絵利香。
 さかんに足をばたつかせて上機嫌の梢。
『梢ちゃん、やけに嬉しそうね』
『うん。あのね、梢知ってるよ。絵利香が来るとね、梢の大好物がでるんだよ』
『あら、そうなの?』
『うん!』
 梢の言うとおり、お守り役として絵利香が泊まりにきたときには、自分の大好きな料理が必ず出されることを、経験学習で気づいてしまったのである。
 いくら大好きでも毎日出していると、飽きてしまって好きでもなくなるので、こういった時にしか出さないようにしている。これは、梢の絵利香に対する印象を良いものとするために、梓達が決めたことである。
 梢が着席したのを見計らって、料理が運ばれてくる。
『オードブルは、エスカルゴのタルタルソースかけでございます』
 真条寺家専属の第一厨房総料理長が、梢の前までやってきて料理の説明をする。
 第一厨房はフランス料理専用の厨房で、設備も料理人も五つ星ホテルにも負けないものを誇っている。各国国王や米・仏大統領など世界各国の要人を招いた各種のパーティーが開かれるので、それだけのレベルのものが必要だからでもある。他に中華料理専用の第二厨房と、その他の料理用の第三厨房がある。
『わーい。エスカルゴ、エスカルゴ』
 いきなり大好物が出てきたので、はしゃいでしまう梢。
 好物の中でも、貝類と甲殻類は特に好きなようである。牡蠣、アムール貝、オマール海老など、むき身にしてあれば、苦手なナイフを使わずにフォークだけで、しかも一口サイズで食べられるのもいい。
 絵利香の前には、他の者の前に並んだ皿より、大目に盛られた皿が出されている。梓がそうしていたように、梢と分けあって食べることになる。これは料理によっては切り分ける必要がある場合、ナイフを使えない梢のために、代わりに切ってあげるためである。
『あのね、梢と半分こだからね』
『はい、はい』
 梢は目の前の料理には手を出さずに、絵利香を見つめている。
 ……あ、そうか。梢は、梓がフォークなりスプーンなり手渡して、食べなさいと言わない限り、手を出さないように躾られているんだ……
 最上席に絵利香が座り、その膝に梢が座っていること。すなわち梓の役目は絵利香にあるということであり、梢はそれをきちんと守っているわけで、小さいなりにも殊勝な心掛けである。
『はい、梢ちゃん。食べていいわよ』
 といいながら、エスカルゴフォークを手渡してやる絵利香。
『うん。いただきまーす』
 大好きなだけあって、エスカルゴを器用に食べる梢。殻の中に残ったスープもライ麦パンに染み込ませて食べている。
『梢ちゃん、おいしい?』
『うん! とってもおいしいよ』
 精一杯の笑顔を見せる梢。
 梢が食べはじめたのを見て、他の者も食事を開始する。
 夕食は真条寺家のしきたりにのっとって進められるので、席次順位が梓に次ぐ上位である梢が、一番に食事に手をつけることになる。ただし食前酒(梢には特製ジュース)は運ばれた時点で自由に食してよい。
 なお、最上位の者の皿が空になるか、終了の意志表示をしない限り、次の皿が出されないのもしきたりの一つである。だから梢はゆっくりと味わって食べることが出来るのだ。
 エスカルゴの後は、海の幸と干し貝柱入りスープ、ホタテと季節野菜のロールキャベツ、舌ビラメのムニエル、ズワイガニのコキール、オマール海老のロースト・季節の野菜添え、フランス産マグレ鴨胸肉のトリュフソースと続く。絵利香のために二皿のメインディッシュが用意されている。
 ちなみに食べ残した料理は番犬達の餌となる。
 そして最後のデザートは、チョコレートケーキ・洋梨のタルト・バニラアイスクリームの盛りあわせである。
 梓は、デザートはいつも全部食べさせてやっているので、絵利香もそれにならうことにした。梢も当然といった表情で無心に食べている。
『しかし今日は、梢ちゃんの大好きフルコースじゃないですか。どうしたんですか?』
 食後の果実酒を頂きながら尋ねる絵利香。
『いやね、メニューを決めたのは梓なんだけど。二晩も留守にするのは、はじめてのことじゃない。だから食事で気を紛らせてやろうという母心じゃないかな。そうすれば絵利香さんの負担も軽くなるし、一石二鳥というところ』

 食事を終え、梢を降ろして立ち上がるとするが、足が痺れて立てなかった。
『どうしたの?』
 梢がきょとんと首をかしげている。
『足がしびれたの。もうしばらく座らせておいてね』
『あはは。慣れないうちはそうなりますよ。身体が小さいとはいっても、体重は十四キロ近くあるのよ。正座と一緒でね、時々微妙に足の位置をずらして、痺れを逃がすんですよ』
『梓は毎食三回ブラスおやつの時間、これをやっていたんですね。足はしびれるは、食事を取るのも面倒だしと。わたしも梢ちゃんや真理亜ちゃんを膝の上に乗せて、おやつを食べさせてはいたけど。ディナーのような長い時間を、座らせたことなかったから』
『傍目には微笑ましく映る情景も、当の母親がいかに大変なことかわかったでしょう』
『自分の愛娘だから、できることなんでしょうね』
『ふつうの母親なら、ここまではしないだろうね。適当に椅子に座らせて、隣の席から食べさせる程度でしょう』
『渚さまも、梓をこうやって育てたんですよね。梓の幼年期のアルバムに、渚さまの膝の上でアイスクリームを食べている三歳くらいの梓の写真がありました』
『ああ、あの写真ね。今から見ると、梓が梢を抱いているようにも見えるんだよね。三代揃ってそっくり似ているから。まあ、梓の養育の仕方は、私がやってきたのと同じだよ。自分が育てられた通りに、梢を育ててる』

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

- CafeLog -