妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の肆
2019.05.31


陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪(金曜劇場)


其の肆 胞衣壺

「被害者は女性ばかりです。いかに夜とはいえ、ズタズタに切り裂いて内蔵を取り出す
には時間が掛かります。にも関わらず目撃者が一人もいない」
「察するに犯人は【人にあらざる者】ではないかと仰るのかな?」
 春代が意図を読んで尋ねた。
「その通りです」
「して、わざわざご足労なさったのは……」
「もちろん、蘭子さんのお力を頂きたいと」
「だろうな」
 春代と課長の会話を耳にしながらも、怪訝な表情をしている蘭子。
「どうした? 蘭子」
「実はですね。今回の事件と関連がありそうな出来事がありました」
「それはどのような?」
 井上課長が身を乗り出すようにした。
 蘭子が思い起こしたのは、先日の地鎮祭の出来事だった。
 胞衣壺が掘り起こされて持ち去られた日の翌日に、最初の切り裂き事件が起きていた。
「えなつぼ……それは、どんなものですか?」
「【胞衣(えな)】とは胎盤のことじゃて、それを入れるつぼだから【胞衣壺】とい
う」

 昔の日本(平安・奈良時代)では、胎盤を子供の分身と考えて、大切に扱う風習があ
った。
 陶器製の壺に胎盤を入れ、筆・墨・銅銭そして刀子(とうす・小刀)を一緒に納めて
地中に埋めていた。
 これらの品々は、当時の役人の必需品で、子供の立身出世を願うためである。
 人にたくさん踏まれるほど、子供がすくすく成長すると考えられて、人通りの多い間
口や土間に埋められることが多かった。
 大きさは、口径12cm・高さ16cmのものから、口径20cm・高さ30cmく
らいのものが多く出土している。

「昔の風習じゃて、今では廃れてしまっておるなあ。せいぜい戦前までのことじゃて」
 刀子という言葉を耳にして、糸口が一つ解明したような表情をする井上課長。
「その刀子の長さはどれくらいのものでしょうか?」
「そうさな……壺の大きさにもよるが、五寸から一尺くらいじゃのお」
 春代は古い尺貫法に生きる世代である。
 すかさずメートル法に言い直す井上課長。
「15cmから30cmですね」
 井上課長の脳裏には、殺人の凶器として十分な長さがあるな、という推測が生まれて
いることだろう。
 銃刀法では、刃渡り6cm以上の刃物は携行してはならないと、取り締まっている。
「刀子は、そもそも魔除けの意味があります。葬式でのご遺体に守り刀を持たせるのと
同じです」
 *参照=蘇我入鹿の怨霊
「さて、そろそろ本題に入ろうかのう。刑事さんよ」
 井上課長の来訪目的を訪ねる春代。
 これまで長々と、時候の挨拶よろしく話していたのだが……。
「はい。単刀直入に言います。連続通り魔殺人事件の捜査協力をお願いに参りました」
「なるほど、陰陽師としてのご依頼かな?」
「その通りです」
「ほほう。うら若き娘に殺人犯の捜査に加われと?」
 春代は高齢のため、陰陽師の仕事はすべて蘭子が請け負っている。
 もちろん井上課長とて承知である。
 蘭子には、陰陽師としての仕事以外にも、女子高校生としての勉強も大切である。

楽しいPCアップグレード(*'▽')
2019.05.30



②の 32bit OS パソコンを 64bit OSにグレードアップする。

 ともかく、32bitOSでは、どんなにメモリーを積んでも最大4GBしか使用できな
い。
 しかも、システムやグラフィック、デバイスにもメモリを消費して、実際2.8GBとい
うこともある。
 これを知らずに8GBとか搭載したら4GBが無駄になる。
 無駄なメモリーをラムディスクにするという手もあるが、実用的ではない。

 筐体に windows7pro のプロダクトキーシールのみが貼られているので、現在のWindo
ws10は無償アップグレードサービスを行ったものと判断する。
 正規OSインストールした場合は、Windows10のプロダクトキーシールが追加添付さ
れるから。

 32bit から 64bit に変更するには、当然インストール用のOSが必要であるが、無
償アップグレード用インストールツールが、マイクロソフトサイトにあるので、それを
ダウンロードしてくること。
以下のマイクロソフトページから
WINDOWS 10 のダウンロード
 の中の
【ツールを今すぐダウンロード】
 をクリックして、ツールを起動すると、

〇このPCを今すぐアップグレードする
〇別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュドライブ……)

 と選択肢が出ますが、インストールメディアを作成した方が後々便利ですので、
 下側の欄に印を入れて、次へをクリック。
 言語 日本語
 エディション windows10
 アーキテクチャ 32ビット、ないしは64ビット
 この状態では、そのPCに最良の選択肢がすでに出ていますが、
□このPCにおすすめのオプションを使う
 のチェックを外すと、32bitと64bitのいずれかが選択できます。
 64bitへの変更なので、当然64ビットを選択して、次へをクリック。

〇USBフラッシュドライブ
〇ISOファイル
 後でISOファイルをDVDにコピーする必要があります。

 ISOファイルを選択して、次へをクリックすると Windows.iso というファイルの
ダウンロードが始まります。
 Windows.iso をクリックして、画面の指示に従って、Windows10 再インストールディ
スクを作成します。

 さて、これで下準備が完了です。

 ディスクをドライブに入れるなり、USBを差すなりして、再起動します。
 後は、画面の指示通りに進めていけば……。
 途中プロダクトキーの入力を求められますが、「プロダクトキーなし」を選択すれば
良し。

 さあ!新しい Windows10 の出発です(*'▽')

 以上

 なお、ここに紹介したマイクロソフトのツールは、今後削除されないとも限らないの
で、今は用がなくとも一応ダウンロードしておいた方が良いでしょう。

2019.05.30 16:24 | 固定リンク | 雑記帳 | コメント (0)
壊れたPC復活作業してました(*^^)v
2019.05.29


三日ほどキラポチを休んだ日。
ちょっとばかし、二台のPCの復活・更新作業を行ってました。


① 熱暴走でマザーボードなどが壊れて起動しないPC(ハードディスクは生きて
いる)
② 64bit_cpuなのに、32bitOSがインストールされているPC

ーー 状態 --

①のPCはどうしようもないので、本体を買い替えるしかないのだが、
 オークションで、ハードディスクなし、当然OSもなし。
 というPCを漁った。これは価格設定が低くなるから。
 目当ては、最低限

 intel core i3-7 搭載PC
 最大可能メモリ 8GB以上
 ディスプレイ表示可能
 bios 正常に起動
 (一度でもWindows10をインストールことがあるなら、尚good)
 まあ、完動品なら文句なし。



②のPCは、元々 Windows7pro プリイントールモデルで、windows10pro 32bit版に
 グレードアップされてあった。
 店長おまかせ販売で、安価に設定されていたので購入したもの。
 最大可能メモリ16GBが good である。
 しかし、32bitOSは、メモリ最大4GBしか認識しないので、せっかくの16GB
 搭載可能が無駄になる。
 64bitOSにグレードアップした方が良い。


ーー 作業前準備 --

 Windows10は、一度でもインストールされたPCなら、
 OSを買わなくても、簡単にWindows10を再インストールできる。

 ①のようなPCでも、Windows10がインストールされ、
 かつ Microsoft のアカウントが紐付けされたハードディスクさえ残っていれば、
 他の Windows10 仕様のPCに取り付ければ、復活が可能である。

 ②の場合、32bitOSから64bitOSにグレードアップするのは簡単である。

ーー 作業開始 --

①のパソコンを復活させる。

 オークションで買ったPC(2000円也)に、ハードディスクを取り付ける。
 ディスプレイなどの周辺機器を接続する。
 念のためにLANを接続しないで起動してみる。
(接続していると認証に不具合が出る場合がある)

 bios が起動してメモリチェックの後に、見事Windows10の表示が出た!
 【コンピューターの基本的な情報の表示】
 を確認すると、Windows ライセンス認証が取れていない。
 まあ、元のPCの仕様が

 inter(R)Core(TM)2 Duo cpu @ 2.00GHz 2.00GHz
 実装メモリ(RAM) 4.00GB

 現在は、

intel(R)Core(TM)i3-2120 CPU @ 3.30GHz 3.30GHz
 実装メモリ(RAM) 8.00GB

 なのだから、ダメだしを食らうのは当然。

 ここで念のために、コンピューター名を確認して、
 違っていたら、設定の変更から以前の名前にしておく。
 これは、後の認証作業で必要となる。

 とにかく無事に起動できたので、次にLANを接続して、マイクロソフト
 の認証が出るのを待つか、再起動してみる。

 マイクロソフト認証が出たら\(^o^)/である。
 コンピューター名に紐付けされていた、
 セキュリティソフトも同時に認証されている。
 もし認証できなかったら、
 【トラブルシューティング】で復活できる。
 マイクロソフトアカウントが紐付けされたハードディスクならね。
 詳しくは以下のところで確認してください。

Windows10 でハードディスク以外のハードウェアを変更して、
そのままOSのライセンス認証をする方法


 とにかく、Windows10 を導入したら、必ずマイクロソフトアカウントを取ってください。
 後々の保険となるものですから。


2019.05.29 16:17 | 固定リンク | 雑記帳 | コメント (0)
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ II
2019.05.26


新型モビルスーツを奪回せよ


                II

「バイモアール基地周辺の詳細図を」
 これから戦闘が行われるだろう基地の情報を、前もって知り事前の作戦計画を練るこ
とは大事である。
 オペレーターが機器を操作すると、それまでの航海図からバイモアール基地の投影図
へと切り替わった。
 基地の名称ともなっているバイモアール・カルデラは、数万年前に大噴火を起こして
陥没して広大なカルデラを形成したもので、その後東側の外輪山の山腹に新たな噴火口
ができて爆発、山腹を吹き飛ばして海水が流入し現在のカルデラ湾となった。
 バイモアール基地は、このカルデラの火口平原に設営されたもので、海側は入り口が
狭い湾となっているし、山側は高い外輪山に阻まれ、さらに後背地は砂漠となっていて
格好の天然要塞となっている。
「基地の兵力はどうなっているか?」
 作戦計画なので、各自意見のあるものは遠慮なく発言を許されている。
「湾内には共和国同盟の水上艦が守りを固めているはずです」
「基地直轄としては、三個大隊からなる野砲兵連隊が配備されておりまして、各大隊は
7.5cm野砲8門、10.5cm榴弾砲4門の構成。内二個大隊は湾側の防衛、一個大隊を砂漠側
の防衛にあたっております」
「野砲はそれほどの脅威はないでしょう。脅威なのは湾を望む高台に設営されている
トーチカ、そこに配備されている205mm榴弾砲ではないかと思います。直撃されれば一
撃で撃沈されます」
 一同が頷いている。
 ミネルバ搭載の135mm速射砲でも敵戦艦を一撃で撃沈させたのだ。それが205mmともな
れば、言わずもがなである。
「まず最初に破壊する必要性があるでしょうが、いかんせん向こうの方が射程が長いの
が問題です。こちらの射程に入る前にやられてしまいます。近づけません」
「ですが、こちらにはより長射程の原子レーザー砲があるじゃないですか」
「強力なエネルギーシールドがありますよ。原子レーザーは無力化されてしまいます」
「軍事基地をたった一隻の戦艦で攻略しようというのが、いかに最新鋭戦闘艦といえど
もどだい無理な話なのでは?」
 一人の士官が弱音を吐いた。
 すかさず檄が飛ぶ。
「馬鹿野郎! 戦う前からそんな弱気でどうする。困難を克服しようと皆が集まって作
戦会議を開いているのが判らないのか? 艦長に済まないとは思わないのか」
「も、申し訳ありません」
 フランソワの方を向いて、平謝りする士官だった。
 遙か彼方のタルシエン要塞から遠路はるばるこの任務に着任してきたフランソワ・ク
レール艦長。共和国の英雄と称えられるあのランドール提督からの厚い信望を受けての
ことであるに違いない。
 たんなる戦艦の艦長であるはずがない。
 それは一同が感じていることであった。
 暗くなりかけたこの場を打開しようとして、副長が意見具申する。
「この際、背後の砂漠側から攻略しますか?」
 砂漠には、丘陵地や谷間などがあって、砲台からの死角となる地形が多かった。
 それらに身を隠しながら接近して、砲台を射程に捕らえて攻撃しようという作戦のよ
うであった。
 しばし考えてから答えるフランソワ。
「いえ。海上側から攻略しましょう。砂漠から攻略してトーチカを破壊しても、山越え
した途端に基地からの総攻撃を受けます。基地に配備されたすべての兵力の集中砲火を
浴びせられては、さすがのミネルバも持ち堪えられません」
 トーチカの205mm榴弾砲のことばかりに気を取られていた一同だったが、基地の総兵
力の九割が海側にあることを失念していたようだ。トーチカだけなら砂漠からの方が楽
であるが、その場合は基地に入るためには山越えをしなければならず、満を持して構え
ていた基地から一方的に攻撃を受けることになる。
「海上からなら、まずは水上艦艇、次に野砲兵連隊、そして基地直営ミサイル部隊と、
射程に入り次第に各個撃破しつつ基地に接近することができます」
「トーチカからの攻撃はどうなさるおつもりですか?」
 海上では隠れる場所がない。トーチカの格好の餌食となるのは必定である。
 それがために皆が頭を抱えて思案していたのである。
 が、フランソワは一つの打開策を用意していた。
「基地には、モビルスーツを奪回するために潜入している特殊部隊がいるはずです。彼
らに協力を要請しましょう」
 特殊部隊?
 一同が目を見張ってフランソワを見た。

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 III
2019.05.25


第三章 第三皇女


                III

 その頃、皇女艦隊旗艦の艦橋では、信号手が事態を説明していた。
「白信号が三つ上がりました。停戦の合図です」
「こちらも戦闘中止を出してください」
 無益な戦闘は避けたいジュリエッタ皇女だった。
 そして側に控えている将軍に尋ねる。
「ところで、後から来た艦隊の動きを見ましたか?」
「はい。しっかりと目に焼きついています。高速ターンや宙返りなどの曲芸飛行と言え
る様な、戦艦がまるで戦闘機のように動き回っていました」
 そう答えるのは、皇女艦隊を実際に取り仕切っているホレーショ・ネルソン提督であ
る。
「どこの艦隊でしょうか?」
「おそらく共和国同盟の復興を掲げる反攻組織である解放軍ではないでしょうか。連邦
軍があっさりと撤退したことを考えると、噂に聞くランドール艦隊」
「ランドール艦隊ですか……。とにかく指揮官にお会いして、話を伺ってみましょう。
連絡を取ってください」
「わかりました」

 ヘルハウンド艦橋。
「連邦艦隊が撤退していきます」
「速やかに被弾した艦への救援体勢を」
 オペレーター達は、戦闘放棄して撤退する敵艦を、アレックスが追撃しないこと重々
承知していた。より多くの敵艦を沈めて功績を上げることよりも、一人でも多くの将兵
を救い出すことを心情としているからである。
「帝国艦隊より、ジュリエッタ第三皇女様がお目通りを願いたいとの、通信が入ってお
ります」
「皇女様からか……。お会いしようしようじゃないか。艀を用意してくれ」
 さっそくアレックス専用のドルフィン号が用意され、舷側に銀河帝国皇家の紋章の施
された旗艦へと乗り出した。
 皇女艦の発着口に進入するドルフィン号。
 タラップが掛けられてアレックスが姿を現わす。
 すでにドルフィン号の回りには、武装した帝国兵士が取り囲んでいた。
 ゆっくりとタラップを降りるアレックスの前に、人垣を掻き分けて着飾った皇女が侍
女を従えて出迎えた。
「ようこそ、インヴィンシブルへ! 歓迎いたします」
 巡洋戦艦インヴィンシブルは、銀河帝国統合宇宙軍第三艦隊の旗艦であり、ホレーシ
ョ・ネルソン提督を司令長官に迎えて、ジュリエッタ皇女が統括指揮する体制をとって
いた。ゆえに第三皇女艦隊との別称がつけられ、艦艇数六十万隻を誇る銀河帝国最強の
艦隊である。同様に第二皇女のマーガレット率いる第二皇女艦隊と双璧を成している。
「インヴィンシブルか……」
 タラップを降りた時から感じていたことであったが、将兵達の態度や身のこなし方に
指揮統制の行き届いた様子が見受けられた。まさしく第三皇女の品格と、用兵術のなせ
る技というところだろう。
「共和国同盟解放戦線最高司令官のアレックス・ランドールです。どうぞよろしく」
「ランドール提督……。共和国同盟の英雄として知られる、あの名将のランドール提督
ですか?」
「そのランドールです」
 周りを取り囲む将兵達の間から驚きの声が漏れた。
 改めてアレックスの顔を見つめるジュリエッタ皇女だったが、
「あ……」
 一瞬息を詰め、凝視したまま動かなくなった。
 皇女の視線はアレックスの瞳に注がれていた。、
 その深緑の瞳は、銀河帝国皇族男子に継承されてきた誇り高き皇家の血統に繋がるこ
とを意味するエメラルドアイであった。
「どうなされましたか?」
 側に控えていた侍女が気遣った。
「い、いえ。何でもありません」
 気を取り直して、話を続けるジュリエッタ皇女。
「それでは、貴賓室でお話を伺いましょう。どうぞこちらへ」
 先に立って、アレックスを案内するジュリエッタ皇女。

- CafeLog -