銀河戦記総合トップページ



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


2024.01.31 20:20 | pmlink.png 固定リンク | folder.png top_page | com.gif コメント (0)
銀河戦記/波動編 第五章 Ⅳ 連絡船



第五章


Ⅳ 連絡船


 ゲートウェイ拠点都市コリダロスを出航し、幾度かのワープを重ねながらペルセウス腕宙域を渡ること、時間にして六十三時間。
 ついに銀河系渦状腕、ペルセウス腕とオリオン腕の間を連絡する『レマゲンの橋』に到着した。
 旅客船は終点である惑星トゥーロンに停船した。
「ここからは、レマゲン橋連絡船に乗り換えるわよ」
 ルイーザが立ち上がる。
 少年達も後について昇降口へと向かう。
 銀河系渦状腕間隙を一飛びできるワープ技術はまだ開発されていないので、レマゲンの橋内にある星々を伝って渡るしかなかった。
 しかも星々は、いわば大河の激流の中に浮かぶ岩のような状態で、頑丈な船体構造を持つ連絡船でないと渡れなかった。
 少年達が乗ってきた旅客船は、整備と燃料補給を済ませてから、ここで折り返し運航することになっている。

 銀河系渦状腕間隙に渡された橋には開発順に、
 ケンタウルス帝国(オリオン腕)とトリスタニア共和国(たて・ケンタウルス腕)の間に架けられた『タルシエンの橋』
 トリスタニア共和国とアルビオン共和国の間の『ルビコンの橋』
 そして『レマゲンの橋』という三つが存在する。
 そのいずれも軍事的戦略的に重要なので、橋の出入り口には、それぞれの国家が軍事基地を置いており、通行にはパスポートや通行許可証などが必要であった。

 レマゲンの橋は、両端が同一国なのでパスポートは必要ないが、通行証が必要だった。
 少年達の所持する旅券は、トラピスト行きなので通行証が付随していた。
 旅客船を降りて、時折すれ違う帝国兵士の群れに怯えながら、連絡船乗り場へと移動する少年達。
「ちょっとお、何を怯えているのよ。兵士を見るたびに、そんなんじゃ逆に不信感を抱かせるだけよ」
 ルイーザが注意した。
「ごらんなさい。アレックス君は、全く動じていなわよ」
「仕方がないよ。偽造パスポートを持ってれば、誰でもバレないかと挙動不審になるよ」
 少年を代弁してアレックスが答えた。
「とにかく、堂々と胸を張って歩いてね」
 搭乗手続きカウンターにてチェックインして、何とか無事に搭乗口から、連絡船に乗り込むことに成功した少年達。
 ここから先にはワープゲートはなく、亜光速航行と連絡船自身のワープ機能で進んでゆくことになる。
 連絡船は、今まで乗っていた旅客船と違って、展望ルームや遊技場などの施設は一切なく、目的地到着まで指定席に座ったままである。
 一応はリクライニングシートなので、席を倒して仮眠を取ることはできるし、目の前のモニターにて映画や外宇宙の映像を見れるし、機内食も出される。
 それなりに快適な船旅を楽しむことはできるようだ。
 少年達は目的地到着までの間、椅子を対面に動かしてトランプゲームなどで時間を潰すことにした。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング

銀河戦記/波動編 第五章 Ⅲ ワープゲート



第五章


Ⅲ ワープゲート


『お客様各位にお伝え致します。まもなく一回目のワープに入ります。ご自身のお席にお戻りになり、シートベルトをしてお待ちください』
 船内放送があって、乗客がゾロゾロと移動を始めた。
「私達も、席に戻りましょう」
 ルイーザに促されて、席に戻るために展望ルームへと向かう少年達。
「僕、船でのワープの経験ないんですよね。どんな感じなのですか?」
 ゲーム好きのエヴァン・ケインが質問する。
「ワープに突入する時に少し震動があるけど、後は普通に船に乗った時と同じですよ」
 ルイーザが解説する。
 彼女とて、船自体が有するワープ機能での経験はあるが、ワープゲートによる長大距離ワープの経験はなかった。
 それでも、全くワープ経験のない者よりは安心感を持っていた。
「さあ、席に戻りましょう」
 他の乗客の後を追って自席へと歩き出す少年達だった。

『まもなくワープに入ります。ワープ五分前、シートベルトの再確認をお願いします』
 緊張で手が震えながらも、座席のシートベルトを締める少年達。
『ワープ三分前です』
 着々とワープ態勢が進む旅客船。
『ワープ一分前です』
 そして、カウントダウンが始まった。
『十秒前、九、八……三、二、一。ワープします』
 一瞬機体がガクンと揺れ照明も落ちたが、すぐに元通りに戻った。

 数分後。
『お客様にお伝えします。本機は無事にワープゾーンに進入しました。目的地到着ワープアウトは、およそ六時間後になります。それまで席を離れて船内を移動しても構いません。ごゆっくりと船旅をお楽しみください』
 シートベルトを外して席を立つ乗客達。
 各自それぞれ、船内の施設であるカフェバーやシアター、カジノ、遊技場などへと移動を始めた。
「遊技場へ行かないか?」
 旅客船のパンフレットを眺めていた、ゲーム好きのエヴァン・ケインが誘った。
「いいね。そうしよう」
 乗り物好きのマイケル・オヴェットが賛同した。
 それから座席に戻るまでの数時間ほど遊技場で興じる少年達だった。

『お客様にお伝えします。まもなくワープアウト態勢に入りますので、お席にお戻りになり、シートベルトをして待機してください』
 船内放送に従って、自分の席に戻る少年達。
「目的地のトラピストについたのかな?」
 機械好きのフレッド・ハミルトンが尋ねると、
「まだよ。一度で目的地に飛べるワープゲートはないから、幾つかの都市にあるゲートを経由してゆくのが普通よ。経由地の一つであるゲートウェイ拠点都市のコリダロスに到着したのよ。まだまだ道行半ばというところ」
「そうなんだ……」
 三十分後に旅客船は、コリダロスに到着して、四十八時間ほど停泊することになっていた。ワープゲートの点検と燃料供給に必要な時間でもある。
 コリダロスは、ゲートウェイ拠点都市であると同時に、有数の観光都市惑星でもあった。
 旅客船から降り立ち、ひと時の惑星観光へと向かう乗客達。
 その中に混じって少年達もいた。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


- CafeLog -