銀河戦記/波動編 第四章 Ⅰ 捜索再開

第四章


Ⅰ 捜索再開


 ガスパロ・フォガッツィが立ち去り、ケンタウルス兵もいなくなった。
「さあ、全員持ち場に戻ってくれ。俺はガスパロの所へ行く」
 アッデージは、クルーに指示する。
「分かりました。気を付けてくださいね」
 フィオレンツォ・リナルディ副長が応える。

 頭領の部屋。
 アッデージがガスパロと対面している。
「うん。この椅子もなかなか居心地が良いもんだ」
 かねてより頭領の地位を狙っていたガスパロだった。
 次席のミケーレ・ナヴァーラを飛び越えて、海賊の最高地位にたどり着いた。
 帝国軍の威光を借り手のことだったが、満足していた。
「さてと……」
 といいつつ、机の上から煙草を取り口に咥えた。
 すかさず、自分のポケットからライターを取り出して、火を点けて上げるアッデージ。
 親分が煙草を咥えたら、身近にいる手下が火を点けるのは常識だ。
 煙草をくゆらせてから、
「君は、例のロストシップを捜していたんだよな」
「その通りです」
「うむ。では、引き続き船の捜索を続けてくれたまえ」
「分かりました……それで親父はどうなされますか?」
 くどいほどに親父アントニノ・ジョゼフ・アッカルドの処遇を確認するアッデージ。
「帝国に従えない者の行く末は決まっておろう。すでに帝国本星に連行されて処刑されることが決まっている」
「そうですか……」
 右手拳を強く握りしめて肩を震えているアッデージだった。

 ガスパロとの会見を終えて、フォルミダビーレ号の船橋に戻ってきたアッデージ。
「お疲れ様です。ガスパロは何と?」
 リナルディー副官が尋ねる。
「ああ、これまで通りにロストシップの捜索を続けてくれだとよ」
「つまりはこれまで通りということですか?」
「そういうことだ」
「親父のことは?」
「残念だが……」
 項垂れて目を閉じるアーデッジ。
「そう……ですか」
 すべてを理解するリナルディー、静かに自分の位置の戻る。
 一呼吸おいてから下令するアーデッジ。
「出航準備せよ」
「出航準備!」
 復唱するリナルディー。
「目的地は?」
 ウルデリコ・ジェネラーリ航海長が尋ねる。
「ピトケアン星域だ。ロストシップ捜索を続ける」
「了解しました。ピトケアン星域の次の恒星系、ピアチェンツァに向かいます」
「うむ。アレックス君は?」
「まだ隠し部屋で待機しています」
 フォルミダビーレ号には、万が一に備えての緊急避難部屋がある。
 超新星爆発などで膨大な宇宙線の飛来が感知された時などの待避所である。
 ケンタウルス帝国兵によって船が捕獲された時に、アレックス達新人を匿った。
 以前飛行艇を奪取して脱出したように、帝国兵の目を盗んで船の支配権を奪って基地からも脱出することを期待したのだ。
「まあいいだろう、出してやれ。アレックスはドクターの所へ呼び出せ、俺もそこへ行く」
「了解しました」
「後を頼む」
 船橋を出て医務室へと向かうアーデッジだった。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


銀河戦記/波動編 第三章 Ⅶ 叛乱


↑ Microsoft Edge image Creator AI生成

第三章


Ⅶ 叛乱


 頭領アントニノ・ジョゼフ・アッカルドとの面会を終えて、展望台デッキを訪れたアッデージ船長。
 ふと外宇宙を見ると、数多くの戦艦に基地が取り囲まれているのに気が付いた。
「こ、これは!」
 それはケンタウルス帝国の艦隊だった。
 大急ぎでフォルミダビーレ号へと駆けつけると、仲間達が兵士に銃口を突き付けられて、船の外に連れ出されているところだった。
「遅かったじゃないか」
 声を掛けてきたのはガスパロ・フォガッツィだった。
「どういうことだ?」
「見ての通りだよ。この基地は帝国が接収したのだよ」
「仲間を売ったのか?」
「勘違いしてもらっては困るな。海賊などというアウトローなことは今時やってられないんだよ。パトロンという権力のある組織の一員として加わることが肝心だ」
「つまり帝国の私掠船になるのか?」
「そういうこと」
「親父は賛同したのか?」
「俺は何度も説得したんだがな……。いつまでたっても賛同を貰えなかったから、ご隠居願うことになったよ」
「親父をどうした?」
「親父か……。今は独房だが、明日には処刑される」
「貴様あ!」
 フォガッツィの胸倉を掴む船長だが、そばにいた兵士に銃底で殴り倒されてしまった。
「俺にもどうしようもないんだ。帝国の意向に従えない者は始末されるということさ」
 アッデージは兵士によって拘束された。
 後ろ手に組み、アッデージの前を左右に歩き回りながら、
「さて……。この基地は、今後ケンタウルス帝国のものとなる。そして俺は、基地の総責任者に指名され就任した」
 と宣言した。
「お前が、ここのボスだと?」
「そうだ」
「他の仲間達も納得しているのか?」
「ああ、みな長い物には巻かれろだ。おまえのとこのクルーを除いてな」
 言われてフォルミダビーレ号のクルーを見つめるアーデッジ。
「実はな、帝国軍は僚艦を二隻も撃沈されたので、クルー全員の首を差し出せと憤慨しているのだよ。しかし、この俺がなだめて待ってもらっている」
「そもそも問答無用で襲い掛かってきたのは帝国軍ではないか? 反撃するのは自衛行動として当然だ」
「それは一般的な艦船の場合だ。海賊に国際ルールは通用しないな」
「で、どうしろというのだ?」
「俺の配下に入れ! そうすれば帝国軍に許しを乞うて、全員の首を保証してやる」
 言いながら立たされているクルーを見回す。
「有能な人材は失いたくないからな」

 さあ、どうするんだ!

 とばかりに、顎をしゃくり上げる様に天井を見つめるフォガッツィ。
 ここで断れば、クルー全員の命の保証はない。
「分かった……。配下に入ろう」
「そういうと思ったよ。たった今から、幹部に昇進だ」
 クルーに銃を突き付けている兵士に合図を送ると、銃を収めて離れていった。
「それでは、後で頭領室へ来てくれ」
 くるりと踵を返して立ち去ってゆくフォガッツィだった。
「船長!」
 クルー達が駆け寄ってくる。
「どうして奴の配下に入ったのですか? 我々の命など構わなくてもよかったのに……」
 口々に助命する必要などなかったと述べた。
「まあ、そう怒るなよ。命を軽々しく語るな、まだ将来のある少年もいることだしな」
 アレックス達を見つめる。
「トニーが決断したことなら、あたしは従うよ」
 幼馴染ともいうべきルイーザ・スティヴァレッティが応えた。
 同じく幼馴染のエルネスト・マルキオンニ、フィロメーノ・ルッソロも従う意思を伝えた。
 アレックス以下の少年達は賛同するしかないだろう。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第三章 Ⅵ ドクター


↑ Microsoft Edge image Creator AI生成

第三章


Ⅵ ドクター


「補給部長が呼んだドクターがいらしたようです。すでに医務室に行かれました」
 アレックスが報告する。
「ああ、言い忘れていました。精神科医しかいませんでした」
「精神科医? まあ、いないよりましだろう。一応挨拶にでも行ってみるか」
 アーデッジ船長が応える。
 本来なら、呼ばれた者が挨拶しに来るのが常識だろうが……。
「アレックス君も一緒に来てくれ」
「自分もですか? 分かりました」
「リナルディ副長、後を頼む」
「分かりました」
 船橋をリナルディーに任せて、医務室へと向かうアーデッジ船長とアレックス。

 医務室に入ると、新任の医者が出迎えた。
「オフェーリア・ザッカリーニです。よろしくお願いします」
 軽く会釈する女医。
「船長のアッデージだ。こっちは、副長のアレックス君だ」
「副長? お若いですのね」
「ああ確かに若いが、稀代の逸材だよ」
 自分の才能を褒められて、こそばゆいアレックスだった。
 船長がべた褒めするアレックスに興味津々のオフェーリア女医だった。
 アレックスをじっと見つめながら、
「あなたの瞳、翠眼だけどどこの出身?」
 単刀直入に尋ねると、
「惑星サンジェルマンだよ。おそらくトリスタニアの民だ」
 船長が代わりに答える。
「そうみたいです」
「視力とかには異常はないの?」
「ありません。視力も色覚も正常です」
「くわしく調べさせてもらってもいいかしら」
「……と言ってますけど?」
 と、船長に向き直るアレックス。
 精密検査となれば、しばらく職務を離れる事になるから確認したのである。
「ああ、構わないぞ。どんな遺伝子病が潜んでいるかも知れないからな。とことん調べて貰え」
「分かりました」
「今すぐ調べるのか?」
「ええ。できれば早い方がいいでしょうから」
「分かった。後で検査報告をしてくれ」
 そういうと、軽く右手を振って医務室を出ていくアーデッジ船長だった。
 その後姿を見送りながら、
「では、早速診察しましょうか。そこの椅子に座って頂戴」
 というと、着席を勧めて診察道具を棚から取り出した。
 まずは一通りの健康診断をしてから、長軸の綿棒を手にして、
「細胞を採取させてね」
 鼻から差し入れて鼻腔奥の細胞を移し取った。
「遺伝子検査ですか?」
「そうよ」
「確か、専攻は精神科医と伺いましたが、遺伝子検査のような病理学も?」
「精神病と遺伝子病には相関関係が認められているから、一応習得したのよ。歴史的にも近親結婚を繰り返して、遺伝病により精神障害者を排出して滅んだ王族・貴族は数知れないわ」
 遺伝子病で滅んだ王朝としては、スペインのハプスブルク家が有名だ。カルロス2世は、身体に障害があり、心身喪失状態だった。当時の文献には、カルロス2世が話せるようになったのは4歳、歩けるようになったのは8歳になってからだったと記されている。晩年は立ち上がることも困難で、幻覚に悩まされ、ひんぱんにけいれんを起こしていたという。また、性的に不能でもあり、結局はこれがハプスブルク家の断絶を招いた。
「なるほど……」
「それじゃ、今日のところはこれいいわ。検査結果が分かったら再診断のために呼びますから、また来てね」
「分かりました」
 医務室を退出するアレックス。
 ふと振り返ると、採取した検体を検査機器に注入し、興味津々な表情でモニターを見つめるオフェーリア女医がいた。


 数時間後、呼び出されて医務室に戻ったアレックス。
「検査結果が出たわよ」
 と少し興奮気味に解説を始める。

 虹彩の色を決める遺伝子はメラニン色素に関わるもので、たくさんあるが主に2種類あるといわれている。
 染色体15 EYCL3優性=茶色、劣性=青色
 染色体19 EYCL1優性=緑色、劣性=青色
 これらの組み合わせによって目の色は決まるといわれている。
 瞳の色はメラニン色素が多い順に黒→茶→緑→青となってる。
 さらに、この染色体15の中に、非常に近い位置にOCA2遺伝子とHERC2遺伝子という2つの遺伝子が存在する。OCA2遺伝子から生成されるPタンパク質は、メラニンを生成し貯蔵するメラノソームという細胞の成熟に関わっており、虹彩に存在するメラニンの量と質に重要な役割を担っている。OCA2遺伝子に時々見られるいくつかの変異では、機能的なPタンパク質の生産量が減少する。Pタンパク質が少ないということは、虹彩に存在するメラニンが少ないことを意味し、そのようなOCA2遺伝子変異を持つ人の目は、茶色ではなく青色に近い色になる。
 また、HERC2遺伝子のイントロン86という領域には、OCA2遺伝子の発現を制御し、必要に応じてオン・オフにするDNAセグメントが含まれています。HERC2遺伝子のこの領域に起こる変異の中には、OCA2遺伝子の発現を低下させるものがあり、それによりPタンパク質の生成が減少し、虹彩のメラニン量が減少することで目の色が薄くなることが示されています。
 これまでに、ASIP、IRF4、SLC24A4、SLC24A5、SLC45A2、TPCN2、TYR、TYRP1などが目の色に関与する遺伝子として報告されており、これらの遺伝子とOCA2、HERC2の遺伝子が組み合わさって、一人ひとり異なる目の色を作り出していると考えられてる。
 と語られるように、目の色を決定する遺伝子はそれぞれなので、人により瞳の色は千差万別に異なる。

 とそのように遺伝子についての解説を繰り広げた。
「まあ、結論から言えば生命活動に支障の出る遺伝子病はないわね。単に虹彩の緑色が強いということだけね」
「そうですか……」
 あっけない診断に拍子抜けするアレックスだった。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

- CafeLog -