銀河戦記/波動編 第四章 Ⅳ 旅立ち

第四章


Ⅳ 旅立ち


 ケンタウルス帝国にほど近い国際中立地域の宇宙空間に、フォルミダビーレ号が停船している。
 発着場で、飛行艇の発進準備が進められていた。
 ここから先の帝国領には、フォルミダビーレ号では進めないので、搭載している飛行艇で最寄りの惑星に向かう予定となっている。
 待機所で、帝国領探索隊に書類を手渡すアーデッジ船長。
「これが、君たちの身分証明書とパスポートだ。もちろん偽造書だがな」
 アレックス達が書類を受け取って確認してみると、惑星サンジェルマン発行となっていた。
 言葉訛りを鑑みて、生まれ故郷にした方が良いとの判断であろう。
 そしてキャッシュカードが各自に一枚割り当てられ、生活費分の金額が振り込んであるとのこと。万が一迷子になっても困らないようにとの配慮だった。
 引率者のルイーザには、現地についてからの船の手配などに必要な大金が支払えるようなクレジットカードが手渡されていた。
「最寄りの惑星に着いたら、まずはトラピスト1の首都星トランターに向かってくれ。そこでクルーザー船をレンタルしてアンツーク星探索だ。マイケル君には、クルーザー級運転免許も渡してあるが分かるな?」
「ああ、これですね」
 免許証を掲げてみせる、マイケル・オヴェット。
「そう、それだ」
 もう一人、フレッド・ハミルトンには機関士免許状が渡されており、一応クルーザー船の操船には問題ないということになっていた。
 少年に免許状とは疑問符がつくが、軍役に着くために必要な軍人用のもので、幼年士官学校発行のものだった。もちろん軍役に限らず私用でも有効なものだ。
「出航準備完了しました」
 モレノ・ジョルダーノ甲板長が報告に来た。
「分かった」
 アーデッジ船長が応える。
 飛行艇の前に揃い、甲板員から出航セレモニーを受ける少年達。
「無事に戻って来いよ」
「ロストシップを発見できなくても、情報だけでも収集しろよな」
「観光じゃないんだから、気を引き締めて行け!」
 口々に挨拶を受けている。
「乗船してください」
 テオフィロ・パパーリア一等航海士が促す。
 少年達を見送った後の飛行艇の帰還パイロットである。
 飛行艇に乗り込む一同。
「行きは、マイケルが操舵するんだぞ」
 背後から、アーデッジが確認する。
 現地では、マイケルが操舵することになるから、パパーリアの手ほどきを受けて完璧な操船ができるように実地訓練というところだろう。
「行ってきます」
 アーデッジに、挨拶するアレックス。

「総員待避所へ!」
 アーデッジの下令と共に、待避所へ急ぐ甲板要員。
 全員が退避したところで、場内の空気が抜かれはじめ、発着口が開いてゆく。

 飛行艇操舵室。
「出航準備完了しました」
 出航のための機器の確認などの準備を終えたマイケルが、管制室に報告すると、
『出発してよし!』
 許可が下りる。
「出航します」
 発着口から宇宙空間へと飛び出す飛行艇。
 以前にまだ捕虜だった頃に、船を奪取して脱出行を図った時以来だった。

 それは、フォルミダビーレ号の船員達との別れであり、アレックスら少年達の新たなる旅路のはじまりだった。





↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


銀河戦記/波動編 第四章 Ⅲ ロストシップ

第四章


Ⅲ ロストシップ


 数日後、医務室に呼び出されてアレックスの他、アーデッジとウルデリコ・ジェネラーリ航海長が来訪した。
「来たわね。この子、びっくりするような情報を隠し持っていたわよ」
「隠し持っていた?」
 航海長が訝しげに首を傾げており、自分が呼ばれた理由も分らなかった。
「とにかくこれを見て頂戴。イメージを既視映像化したビデオよ。再生するわ」
 機器を操作して映像をモニターに映し出す女医。
 まず宇宙空間がモニターに表示され、やがて赤く輝く恒星が近づいてくる。
「赤色矮星だな」
 航海長が呟く。
 さらに恒星を回る一つの惑星が見えてくるが、その近くにもう一つの惑星、少し離れてさらに惑星。
「この星はどこだ?」
 アーデッジが尋ねると、
「そうね。この子が宇宙旅行の経験がないのなら、祖先の記憶映像ということよ」
 想定される事を答える。
「つまり故郷の旧トラピスト星系連合王国の星々ということだな」
「そうなるわね。首都星トランターに向かっているところね」
「星の配列からして旧トラピスト星系連合王国で間違いないでしょう」
 航海長が判断した。
「問題は、この映像がどこからのものかだ。我々の捜しているロストシップからか、それとも軍艦や旅客船からのものか、だ」
「旅客船からなら、他の乗客が映り込んでいてもよさそうですが……見たところ、船橋なり艦橋なりからの映像だと思われます」
 推測を述べる航海長だった。
「ふむ。続きはあるのか?」
「あるわよ。とっておきのがね」
 意味深な含み笑いをする女医。
「とにかく続けてくれ」
 急かすように言うアーデッジ。
「はいはい」
 続きを再生させる女医。
 暗黒の宇宙の中、不定形の惑星に近づいてゆく。
「形状が歪ですね。これは惑星ではなくて、質量が小さくて丸くなれるほどの重力がない小惑星でしょう」
「で、位置はどこだ?」
「歴史上の記録では、ロストシップが秘密基地としていたアンツーク星だと思われます。ケンタウルス帝国内にあるバンデルス星域グリアント星系内の小惑星帯にあるとされています」
 航海長が解説する。
「帝国領内か……厄介だな」
「海賊船が通行していたら、即撃沈させられます。我らの海賊ギルドが帝国の傀儡となっても、帝国領内への侵入は認められていません」
 帝国と交わした協定で海賊ギルドの船が行けるのは、たて・ケンタウルス腕方面と、いて・りゅうこつ腕方面であり、ペルセウス腕方面のケンタウルス帝国には入れないことになっている。
 二人が議論していると、
「船が着陸態勢に入りましたよ」
 とモニターを指さして発言した。
 言われてモニターに戻る二人。
 モニターには下降を続ける地表の映像が映し出され、激突か? と思われた時に地上がゆっくりと開いていった。その開口部に吸い込まれてゆく船は、地中にある施設内の船台に固定された。
 やがて照明に照らされて浮かび上がる船の全体像。
「これが、ロストシップなのか?」
 映像からではその大きさまでは伝わってはこないが、かなり大型の宇宙船のようだ。
「かなり高速が出そうな船体構造だな」
「歴史上の記録では、一飛び一万光年をワープできる縮退炉エンジンを搭載しているらしいとの噂ありです」
「あくまで噂か……。縮退炉エンジンなど、現代の科学技術を以てしても未だ実現できていない」
「どんな人物が開発・設計してのですかね」
「ともかくだ……。ケンタウルス帝国への侵入をどうするかだ」
「この船は海賊として、帝国に知られていますから、これで行くのは不可能です」
「だとしたら、どこぞの惑星都市で民間船をチャーターして有志のみで行くしかないか……」
 顎に手をやって考え込むアーデッジ。
「フォルミダビーレ号はどうするのですか? 船長がいないと……」
「俺が行くといつ言った?」
「船長が行かれるのではないのですか?」
「だから、有志で行くと言っただろ。ソルジャーの俺がいないと、ガスパロの奴にこの船を奪われるのは必至だ」
「では、誰が?」
「そうだな。まずはアレックス君は外せないな」
「なら、いっそ少年達を行かせたらどうですか? 船が見つかった時のために、見習いですけど操舵手や機関士などそれぞれ船を動かせる要員として十分でしょう」
「それはいいが、お守り役が必要だな」
「ルイーザが適任では?」
「うむ。有能なレーダー手がいなくなるのは辛いがな」



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第四章 Ⅱ 精神鑑定

第四章


Ⅱ 精神鑑定


 医務室に入ったアーデッジ。
「船長、一体何があったのですか? 騒がしかったですけど」
 首を傾げて尋ねてくるオフェーリア・ザッカリーニ精神科医。
「ここに兵士がなだれ込んで来なかったのですか?」
「来ましたけど、『ここは医務室ですので出て行ってください』と言ったら素直に出ていきましたから」
「なるほど、医者は兵士にとっては神様だから逆らえないということかな」
 そこへアレックスが入室してくる。
「ここへ来るようにと言われました」
「おお、来たな」
 と言いながら、女医に向かって、
「この少年は、旧トラピスト星系連合王国の末裔らしい」
「旧トラピスト……って、ケンタウルス帝国に滅ぼされたあの惑星国家?」
「そういうことだ」
「それでどうしろと? 遺伝子レベルでの血縁関係を証明するのかしら?」
「ロストシップというものを知っているか?」
「ロストシップ? 聞いたことないわね」
 医学者が、軍関係のことに疎いのは当然だった。
「まあ、聞いてくれ。ロストシップとは宇宙一の最強戦艦と言われていて、ほぼ無限エネルギーを生み出す縮退炉エンジンを積んでいるらしい。最後の戦闘を終えてから行方不明になっているのだが、持ち主であるトラピスト王家のものだけが知っていると噂されている」
「縮退炉ってブラックホールを利用した? そんな技術はまだ実現できていないはずでは」
 目を丸くして疑心暗鬼の女医だった。
「それを実現した人物が一人、数百年前にいたんだよ。この少年の先祖である旧トラピスト王家のものだ」
「で、その子孫であるこの少年をどうしろと?」
「単刀直入に言おう。精神科医なら、この少年の潜在意識の底のさらに奥底にある深層意識、それこそ遺伝子レベルにある祖先の意識を探ってくれ。できるか?」
 無理難題の注文に驚きを隠しえない女医だった。
「とんでもないこと言うわね」
「できるのか、できないのか?」
「そうね……」
 しばらく考え込んでから、
「できないことはないわね」
 と答える女医だった。
「だったら頼むよ。必要な機材があるなら、大至急取り寄せる。そしてこの少年をどう料理しても構わないから」
 アレックスを指さすアーデッジ。
「どう料理してもいいのね」
 アレックスの身体を上から下へと舐めるように観察する女医。
「かまわんぞ」
「分かった。この少年、しばらく預かるわ」
「よろしく頼む」

 アレックスを残して医務室を退室するアーデッジ。
「前回は血液検査と遺伝子検査だったけど、今回は、私の本業の精神鑑定ね」
「よろしくお願いします」
 何をされるか分からないのに、平然と落ち着いて答えるアレックスだった。
「それじゃ、初診的に軽くやってみましょうか。そこの椅子に座って頂戴」
 言われたとおりに指示された椅子に腰かけるアレックス。
「では、まず目を閉じて軽く深呼吸してください」
 精神治療の基本から始める女医。
 心身を落ち着かせて、治療を進めやすくする効果がある。
「それでは始めますよ」



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング

- CafeLog -