銀河戦記/波動編 第二章 Ⅲ 帰還

第二章



↑ Microsoft Edge image Creator AI生成

Ⅲ 帰還


 獲物を無事に頂いてホクホク顔の海賊達も、そろそろ休息が必要だ。
「進路をガベロットへ取れ!」
 海賊基地ガベロットは、国際中立地帯のどこかに密かに建設された要塞である。
 数多くの海賊達が集まる悪の組織の中枢である。
 燃料・食料補給と船の修理・整備の他、海賊達の休息する簡易宿舎や娯楽設備などが整っている。映画館もあれば病院もある至れり尽くせりの基地である。
 それらはすべて、海賊達が治める上納金で成り立っているのだが。
 いわば一つの国家としての体をなしているので、上納金もいわば税金みたいなものであろう。

 海賊基地に近づく海賊船フォルミダビーレ号。
 その海賊基地はあまりにも巨大で、一つの惑星ほどにも思えるが、銀河恒星地図にも掲載されていない秘密の基地である。いざとなれば移動も可能な機動要塞でもあった。
「こちら、フォルミダビーレ。入港許可願います」
 レンツォ・ブランド通信士が、基地との連絡を取っている。
『こちらガベロット、貴船の入港を許可する。十二番デッキより進入せよ』
「了解。十二番デッキより入港します」
 ブランドが応答すると、フィロメーノ・ルッソロ操舵手がアッデージ船長を見つめる。
「入港せよ……ちょっと待て」
 指示を一旦中断してから、副操縦士となっているマイケル・オヴェットを指名する。
「マイケル。君が操舵して入港してみろ」
 意外にも入港という重大時を見習いにやらせようというのだから、船内の他のオペレーターも驚くだろう。
「僕がですか?」
 最も一番驚いたのはマイケルだ。
「男は度胸だ、根性で操舵してみろ。多少は船に損傷を負っても構わんぞ」
「多少は……ですか?」
「ははは、いいからやってみな」
 ルッソロも肩を叩いて、操舵コントロールシステムを彼に預けた。
「だ、大丈夫かなあ……」
「操舵説明書は隅々まで読破して熟知したんだろ?」
「はい、何とか……」
 恐る恐る操舵装置に手を掛けるマイケル。
「なら心配するな、君にならできる。どんと行け!」
「分かりました。やってみます」
 操舵輪を持つ手に力が入る。
「入港シークエンスシステム作動します」
 入港に関する自動装置を起動させるマイケル。
 船のコース取りから制動逆噴射タイミング、着岸・船台ロックまでの一連の手順を自動で行うシステムである。
 自動とは言ってもある程度の微調整が必要なので、マニュアル操作も必要である。
 二十分後、緊張とスリル手に汗握りながらも、船を無事に着岸させることに成功した。
「よくやったぞ、大したものだ」
 ルッソロがポンと肩を叩いて称賛した。
「冷や汗ものでした」
 大きくため息をつきながら、緊張から解放されて胸をなでおろすマイケルだった。
「やればできると言ったとおりだ。合格だ!」
 アッデージ船長もべた褒めした。
「ありがとうございます」
 マイケルがお礼を言うと、
「ご褒美に半舷上陸を許す。誰か、基地の案内をしてやれ」
 と、上陸許可を与える船長だった。
「あたしが案内するよ」
 名乗り出たのは、レーダー手のルイーザ・スティヴァレッティ。
「おい。少年を部屋に連れ込むなよ」
 誰かが嘲笑する。
「失礼ね。あたしだって選ぶ権利はあるよ。ガキには興味はない!」
「そうだったね。ロマンスグレーのおじさまだったよね」
「言ってろよ!」
 船内では唯一の女性なので、何かと冷やかしされるのだが、これでも海賊の一員なのでヤワではない。
「おい。ついでだから、他の五人も連れて行ってくれ」
 船長が追加要求する。
「あたしは、保育園の引率かよ?」
「ついでだ」
「しょうがねえな、分かったよ。ガキ共を呼んでおくれ」
「分かった。乗船口に集合させておくよ」


 数時間後、少年達を連れて船を降りるルイーザ。
「いいかい。勝手に歩き回るなよ」
「はーい」
 元気に手を上げるエヴァン・ケイン。
 彼が、海賊達から一番可愛がれているので、一切気後れもしないようだ。

 ふと横の方を見ると、荷物搬入口から、両手を縄で縛られた少年達が降りてくるのが見えた。どうやら、入港している奴隷商人の船へと連れ出されるところのようだ。
「彼らはどうなるんですか?」
 マイケルが質問する。
「見ての通り、奴隷商人に売られたんだよ。どこぞの貴族か富豪の館で一生奴隷として働かせられるのさ」
「何とかならないのですか?」
 アレックスも気を揉んでいるようだ。
「飯食って、寝て、甲板掃除するしか能のない奴にはお似合いさ」
「ですが……」
「君たちは、飛行艇を奪って脱走を図るという行動力を見せてくれたから仲間に取り入れられた。しかし、彼らのように努力もせず、現状を打開しようとする根性のない者は、この海賊船では無用ものだ」
 向こう側も気づいたらしく、立ち止まってアレックス達に視線を送るが、
「こら、立ち止まるな! さっさと歩け!」
 奴隷商人に強い口調で促されて、弱弱しく歩き出す。
 一緒に遊んだ仲間が奴隷商人に売られていくのを、ただ見守るだけしかできない自分達を情けなく思うアレックス達だった。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第二章 Ⅱ 襲撃!

第二章



↑ Microsoft Edge image Creator AI生成

Ⅱ 襲撃!


 商船に近づくバスタード号と海賊船。
 海賊船船橋。
「一応、停船命令を打電してみろ」
 レンツォ・ブランド通信士が、相手商船との交信を試みるが、
「応答なし!」
 相手は無言で逃げ続けていた。
「こちらから挨拶しているのに、無視するとは礼儀がなっていないな」
 アッデージ船長が呟くと、
「普通の交信なら、ですがね」
 リナルディ副長が返す。
「しようがねえな。一発お見舞いしてやるか」
 と副長に顎で合図を送ると、
「船首魚雷発射準備! 目標、商船の前方至近、当てるなよ」
 副長が下令する。
 二人は長い付き合い、以心伝心皆まで言わずとも分かる間柄である。
 海賊船から光子魚雷が発射されて、商船の目の前に到達して炸裂する。
 攻撃に怯えたのか、停船する商船。
「よっしゃあ! ぶんどりタイムだあ!」
 白兵部隊隊長のエルネスト・マルキオンニが気勢を上げる。
 控えていたバスタード号が急速接近して、乗船口から中へと海賊達が殺到してゆく。
「おまえは、ブリッジを押さえろ!」
 ドメニコ・ボノーニに指図する隊長。
「わかった。おい、お前らも来い!」
 手下を連れて船橋(ブリッジ)へ向かうボノーニ。
 隊長らは船倉へと急ぐ。

 船橋へとなだれ込むボノーニ達。
「おとなしくしろ!」
 ビームライフルを突き付けて身動きできないようにし、計器から離れさせて反対側の壁際に立たせた。
 仲間の一人が計器を調べている。
「あった! これだ!」
 彼が探していたのは「積み荷リスト」だった。
 たくさんの荷物をやみくもに探しても時間の浪費になる。
 金目のものだけを選びだすには、積み荷リストが必要だ。

 一方の船倉にたどり着いた海賊達。
 広大な船倉はただ広くて、どこから手を付けてたものかと思案する海賊達。
 隊長の携帯端末が鳴った。
「お、きたきた」
 端末を開くと積み荷リストが転送されていた。
「ようし、始めるぞ! まずは、B層の235番コンテナからだ」
 リストを見ながら、金目のものを次々と運び出す。
 再び隊長の端末が鳴る。
「本船が横付けした。搬入口を開け!」

 輸送船に海賊船が横付けしている。
 商船と海賊船それぞれの搬入口が蛇腹状の搭乗橋(ボーディング・ブリッジ)で繋がれている。

「よし、繋がった。積み荷を運べ!」
 搭乗橋にはベルトコンベアが設置されていて、荷物を置くと自動的に海賊船へと運んでゆく。
「食料はどうしますか?」
 いつも腹ペコなブルーノが、食料の入った箱を見つけて尋ねる。
 彼にとっては、金目のものよりも腹を満たしてくれる食べ物の方が大事なようだ。
「しようがねえな。持っていけ」
「はーい!」
 喜んで食料の入った箱を運び出してゆくブルーノだった。

 数時間後、
「ようし、これで十分だ。撤収するぞ!」
 隊長が指示を出す。
「了解!」
 最後の荷物をそれぞれ持ちながら、搬入口から撤収しはじめる海賊達。

 搭乗橋を引き戻しながら、商船から離れていく海賊船。

「商船の人達ですが、どうして抵抗しなかったのですか?」
 船に戻ったブルーノが疑問を尋ねた。
「それは、この船が『フォルミダビーレ号(for·mi·dà·bi·le)』アッデージ船長のものだと知っていたからだよ」
「フォルミダビーレ? 恐るべき船ですか?」
「言わなかったっけ? この船の名は『フォルミダビーレ』アッデージ船長の持ち船だ。この船は略奪はするが人殺しはしないからな。抵抗さえしなければ自身は安泰だし、積み荷は海運保険で補填できるから」
「そうなんだ……」
「まあ、抵抗する奴らもいるから銃は必要だ。船長も昔はかなりあくどいこともやって、銃も撃ち放題だったが、今では丸くなってきたよ」
「はあ……」
「どうした? 銃をぶっ放したかったか?」
 確かに銃を与えられてはりきっていたのは間違いないが、人を殺傷することは避けたいと思ってはいた。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第二章 Ⅰ 襲撃準備!

第二章



Microsoft Edge image Creator にてAI作成

Ⅰ 襲撃準備!


 国際中立地帯内にある恒星ノヴァーラを航行する海賊船。
 補助運航装置であるソーラーセイルを一杯に広げて、恒星から飛来する光子やイオンなどの放射圧を受けて帆走している。恒星放射圧は、彗星などが尾を引く現象の源でもある。
 セイルは、極超薄膜ながらも強靭な素材で出来ており、その表面には超薄膜太陽光発電体も貼り付けており、補助電源としても機能している。
 ほぼ真空の宇宙空間には、進行を妨げる空気などの障害がないので、帆を一杯に広げても大丈夫である。

 船橋には、正面に壁一面のスクリーンがあり、取り囲むように各種オペレーター達が配置されている。
 指揮官席に座るアッデージ船長と両脇に立つ副長と見習いのアレックス。
「基地帰還まで三十六時間です」
 言いながら航海日誌を差し出すリナルディ副長。
 それを一読してから、サインして返す船長。
 航海日誌には、アレックスら六人の少年を、正式に仲間入りさせたことも記述されている。
「基地より連絡あり」
 レンツォ・ブランド通信士が報告する。
「聞かせてくれ」
「惑星サンジェルマンからトリスタニア共和国へ向かう大型輸送船が、現在国際中立地帯を航行中とのことです。位置は我々の至近です。以上です」
「つまり、我々にその輸送船を襲えということか……」
 船長が呟いたと思うと、
「アレックス君、君ならどうするかね?」
 質問をした。
「正式な襲撃命令が下されたのですか? 軍艦なら命令に従うだけでしょうけれど」
 答えずに質問を返すアレックス。
「いや、我々は海賊だ。軍規というものはないので、好きにしてよい。しかし海賊組織の一員として上層部に上納金を納める義務がある」
 船長の返答に、副長が追加する。
「この船の燃料・食料やら基地の使用料、船の修理・点検整備にも金と人員が必要だからね。そのための必要経費は払わなくてはならないからね」
「商船を見過ごせばどうなりますか?」
「そりゃ、他の仲間の海賊船が代わりに襲撃するさ」
「その上納金とやらは足りているのですか?」
「うむ。少し不足している」
「でしたら、襲うしかないでしょう」
「わかった」
 船長が副長に合図を送ると、
「総員。襲撃準備!」
 戦闘配備を下令する副長だった。

「商船の位置は、ベクトル座標α1427・β座標0028・γ座標2738を航行中です!」
 通信士が、商船の位置座標を端末に入力して操舵手に託す。
「座標確認しました」
 操舵手のフィロメーノ・ルッソロが報告する。
 その隣の席には、操舵見習いとしてマイケル・オヴェットが座っている。
「進路転進、商船に向かえ」
 副長見習いのアレックスが下令する。
 巡航時には、概ねアレックスが航行の指揮を委ねられている。
 戦闘時には、正規の副長であるフィオレンツォ・リナルディが担当する。
「了解! 進路転進!」
「総員戦闘準備! 帆を畳め、戦闘速度で全速前進!」
 戦闘指揮をリナルディ副長が下令する。
 補助推進と発電を賄うソーラーセイルの損傷を防ぐために、戦闘時は折りたたむのが常道だった。

 甲板では、空戦隊長ロドリゴ・モンタナーリが戦闘機発進の準備を進めていた。
「おめえら、いつでも出撃できるように待機していろ!」
 次々と戦闘機に乗り込むパイロット達。
 マイケル・オヴェットも初乗り待機している。
 複座式の戦闘機で、空戦隊長が後部座席に陣取って指揮を執ることになっている。
「初陣だが、いけるな?」
「大丈夫です」
 自信たっぷりに答えるマイケル。
「いい子だ」

 ブルーノ・ホーケンは、商船への殴り込みのための武装をチェックしていた。
 与えられたビームライフルのカートリッジを取り付けたり外したりを繰り返していた。
「扱い方は分かったか?」
 筋骨隆々の白兵部隊長のエルネスト・マルキオンニが、ブルーノの肩に手を置いて確認した。
「なんとか……」
「まあ、実地で慣れてゆくんだな」
「はい」
「味方だけは撃つなよ」
 仲間の一人がチャチャを入れる。
「よせよ。初心者を怖がらせるんじゃねえよ」
 別の仲間が窘(たしな)める。
『突撃隊、乗船開始せよ』
 船内放送が鳴った。
「ようし、全員乗り込め!」
 体長が命令する。
 全員が飛行艇に乗り込んでゆく。

 船橋。
「商船、速度を上げました」
 船橋では紅一点のレーダ手ルイーザ・スティヴァレッティが報告する。
「気づいたか。こちらも速度を上げろ! バスタード号発進せよ」
 バスタード号とは、ブルーノ達が乗り込んだ飛行艇であり、「ろくでなし」という意味の高速艇である。
 アッデージ船長が下令し、
「全速前進!」
 ルッソロ操舵手が応じる。

 速度を上げる海賊船から発進する高速船バスタード号。
 目指すは商船に積まれた宝の略奪である。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

- CafeLog -