銀河戦記/波動編 第三章 Ⅲ 君が指揮しろ!


↑ Microsoft Edge image Creator AI生成

第三章


Ⅲ 君が指揮しろ!


 ゆっくりと離れてゆくレ・ウンボルト号。
「フォガッツィ殿……。あんなこと言ってますけど、こちらが例の船を見つけたら横取りするつもりでよ」
 フィオレンツォ・リナルディ副長が怒りの声で言った。
「まあ、ありうるだろうな」
「奪われる前に我々の手で運用してしまえばいいでしょう」
「未知の宇宙船だぞ。船の動かし方から兵装の扱い方も分らんだろ? 技術力のある専門家でもいなけりゃ無用の長物になる」
「なるほど」

 数時間後、惑星地表の探査が終了。
「目立った穴、金属反応とも感知できません。地下水脈も見当たらず極普通の岩石惑星ですね」
 地質学者のテオドージオ・バトーニが報告する。
「無駄足だったか」
「次の惑星に向かいますか?」
「どこだ?」
「恒星アブルッツォ第二惑星ペスカーラになります」
「惑星名がついているのか? 調査も済んでいるのではないか?」
「いいえ。ペスカーラは巨大氷惑星。赤色矮星のアプルッツォからも遠く、届く光も弱く地表温度は氷点下二百度ほどですので利用価値なしとして調査放棄されているのです」
「つまり船などを隠すには都合が良いとも言えるな」
「調査しますか?」
「おう。やってくれ」
 氷惑星の調査が開始される。
 しかし、表面はすべて氷で覆われており、軌道上からのレーダー探知の電磁波は反射してしまう。
 惑星表面の至る所に地震発生装置と観測機を降ろして地震波による探査が開始される。
 地表は通常の氷で覆われているが、中心部は数百万気圧にして数千度の高温となる氷(多型氷XⅨ)の層で出来ており、その上層には超イオン氷、さらにその上には導電性のある水の層となっていて磁力線を発生させている。
「どうだ。何か見つかったか?」
「だめです、何も見つかりません」
「仕方あるまい。次に行こうか」
 と、その時だった。
「後方に感あり!」
 ルイーザが叫ぶ。
「なんだ、ガスパロが戻ってきたのか?」
「違います! ケンタウロス帝国辺境艦隊のようです。一直線でこっちに向かっています」
「逃げるぞ。調査機器は放置する」
「やばいです。前方にも艦隊、囲まれています」
 ルイーザが悲鳴を上げる。
「ガスパロの奴が通報しやがったようですね」
「まさか仲間を売るなんて」
「奴ならやりますよ」
 非難囂(ひなんごうごう)々の声が上がる。
「さてと……。この緊急事態をどうやって切り抜けるかだな」
 国家間において軍艦同士が戦い捕虜となった者には、国際捕虜条約に則って生命が保証される。
 しかし海賊行為をなす者には、条約は適用されない。
 宣戦布告なしに攻撃したり、捕らえた海賊を処刑するのも違法ではない。
 考え込むアーデッジ船長。
 そしてアレックスを見つめると、
「アレックス君。君が操艦してみろ」
「自分がですか?」
「そうだ、任せる」
 運命をアレックスに委ねる船長だった。
「逃げるのは得意だが、現状では逃げ切るのは不可能だ。我々は軍艦と戦った経験がないが、君は士官学校進学のために戦術理論などを猛勉強したのだろう? その知恵を貸してくれ」
「分かりました」
 淡々と答えて、正面に向き直り下令するアレックス。
「船長の命により、自分アレックスが指揮を執る。総員戦闘配備!」
 船内に警報音とアレックスの指揮命令の声が鳴り響く。
 各自の受け持ち区域へと駆け回る船員たち。
 甲板ではモレノ・ジョルダーノが戦闘機発進準備を進めている。
 戦闘機に乗り込むエヴァン・ケイン。
「ガキ達の腕前を見せてもらおうか」
 モレノは呟く。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング
銀河戦記/波動編 第三章 Ⅱ 戦闘回避


第三章


Ⅱ 戦闘回避


 リンディスファーンb星の低軌道を航行しているフォルミダビーレ号。
「敵船の位置は?」
 アッデージ船長が尋ねると、
「丁度惑星の反対側を航行中です。速度変わらず」
 ルイーザが答える。
「このまま行けばおよそ六十分後に会敵できます」
 アレックスが伝えると、
「副長のデータを確認しました」
 ウルデリコ・ジェネラーリ航海長が確認した。
「副長は、暗算で軌道計算をしたのかね?」
 感心する船長。
「はい。簡単な計算ですから」
 他のオペレーター達も同様に感じているようだった。
「ふむ。先ほどのことと言い、見習いにしておくには惜しいな。今から見習いを卒業して正式に副長として任についてくれ」
 船内から「ほー」という感嘆の声が溢れた。
「分かりました。務めさせていただきます」
「よろしくな」
 フィオレンツォ・リナルディ副長が、アレックスの肩を叩いた。
 こうして正式な副長に就任したアレックス。
 リナルディーは正副長兼船長代理として、アーデッジ船長が休息などで席を外している時に指揮を執る。

「まもなく遭遇します」
 アレックスが報告し、船長が下令する。
「総員、戦闘配備!」
 船内では、モレノ・ジョルダーノ甲板長が戦闘機への搭乗を促していた。
 エヴァン・ケインが戦闘機に乗り込む。
「大丈夫か?」
 ジョルダーノが声を掛ける。
「任せてください」
 元気よく答えるケイン。
 パイロットが全員乗り込んだことを確認して、
「戦闘機、発進準備完了しました」
 端末で連絡を入れるジョルダーノ。
『了解。誘導員は総員退避せよ』
 管制室から応答があり、船内の空気が抜かれてゆく。
「頑張れよ。俺は砲台から援護する」
 甲板長であり砲手でもあるジョルダーノはそういうと待避所へ走ってゆく。

 船橋、アレックスが報告する。
「総員、戦闘配備完了しました」
「そのまま待機せよ」
 戦闘体勢が完了し、敵船へと近づいてゆくフォルミダビーレ号。
 やがて、その行く手に敵船が姿を現した。
「敵船確認!」
「主砲発射準備!」
 緊張がマックスになった時だった。
「待ってください!」
 レンツォ・ブランド通信士が叫ぶ。
「相手船より入電! 味方です!」
「味方だと?」
「相手船の確認完了。レ・ウンボルト号です!」
「ガスパロ・フォガッツィの船か?」
「間違いありません」
 攻撃されて興奮していたし、海賊船には軍艦に搭載されているような味方識別信号装置など付いていない。
 冷静さも欠けていたから確認を怠っていたようだ。
「繋いでくれ」
「繋ぎます」
 ブランド通信士が端末を操作すると、船長の手元のモニターに相手の姿が映し出された。
『よお、大丈夫だったか? こっちの魚雷長が間違って発射しちまってな』
「そうでしたか……」
 と返答したが、意図的に攻撃を仕掛けてきたのは明白だった。
 舌打ちしながらも、丁寧に言葉を選ぶ。
「誰しも過ちはあるものです。お互いに気を付けましょう」
「そうだな……。ところで君たちは、例の船を捜していたのだったな。まさか、この惑星にあるのかな?」
「いえ、あらゆる星を調査しているので、この惑星に立ち寄っただけです」
「そうか……。ま、頑張りな」
 通信が途切れた。

 憤慨するオペレーター達だった。
「よく言いましたよね。間違ったなんて」
「そうですよ。確実に狙って撃ってきました。退避行動しなければ当たっていました」
「正確に目標ロックしてました」
「船長は、どうして言い返さなかったのですか?」
 口々に不満を漏らしていた。
「まあ、そういきり立つな」
 ガスパロは曲がりなりにも海賊組織の幹部であり、一級下のクラス「ソルジャー」のアーデッジには楯突くことができない相手なのである。
 下手をすれば、あることないこと並べ立てて糾弾されるのは必至である。
 そもそも彼が悪意を持つに至った理由は簡単である。
 アーデッジが海賊頭領のアッカルドと懇意にしていることが気に入らないのである。
 ボス(頭領)に直に会えるのはカポ・レジーム(capo régime、幹部)のみのはずなのに、頻繁に面会を許されている。
 幹部やアンダーボス(若頭)を通り越してコンシリエーレ(consigliere、顧問)を任されるのでないかと噂もされている。
 次のアンダーボスを狙っているガスパロにとって、目の上のたん瘤なのである。



 豆知識

 軌道を回る人工衛星を加速させると、より高高度軌道へと移行するが、周回軌道を回る限りその速度は遅くなる。
 加速すると遅くなるという不思議な現象が起こる。
 具体的には、低軌道を回る衛星の速度は秒速8km「第一宇宙速度」ほどであるが、高軌道である静止衛星は秒速3kmほどとなっている。
 これはフィギアスケーターがスピンする時に、大きく手足を広げて回転をはじめてから、手足を窄(すぼ)めると高速で回転できる事と似ている。
 加速の運動エネルギーが、位置エネルギー(ポテンシャルエネルギー)に変換されるからである。周回軌道上における加速とは、位置エネルギーを加えると理解すると良い。
 地球上で高さ h にある質量 m の物体が地表まで任意の経路に沿って落下するときに,重力加速度を g とすると,重力がこの物体に対して行う仕事は mgh ,この間に物体は他に対して mgh だけの仕事をすることができる。 mgh を重力の位置エネルギーという。
 低軌道を回る物体よりも、高軌道を回る物体の方が、位置エネルギー(ポテンシャルエネルギー)が高いということを理解する必要がある。
 衛星軌道を回る人工衛星は、ただ回っているのではなくて、地球の重心に向かって重力加速度gを受けて、地球の丸みに沿って永遠に落下し続けている。




↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第三章 Ⅰ 奇襲

第三章


Ⅰ 奇襲


 ピトケアン星域にたどり着いたフォルミダビーレ号。
「到着しました」
 アレックスが報告する。
「岩石惑星を有する恒星系を調べろ」
 アッデージ船長が言うと、ウルデリコ・ジェネラーリ航海長が答える。
「恒星リンディスファーンに岩石惑星が存在します」
「その惑星に向かえ!」
「リンディスファーンb星の位置座標を航路システムに入力します」
 航海長の座標データをもとに、恒星系リンディスファーンb星へと向かうことになったフォルミダビーレ号。
 やがて目的の惑星が近づいてくる。
「衛星軌道に進入! 地表及び地中をレーダー探知せよ」
 船長が下令。
「衛星軌道に進入します」
 マイケル・オヴェットが軌道調整し、
「超広帯域マイクロ波計測探知機用意!」
 レーダー手のルイーザ・スティヴァレッティが探知機の用意を始める。
「衛星軌道に入りました」
 アレックスの声に反応して、
「探知開始します」
 ルイーザが探知機を操作しはじめる。
 衛星軌道を周回しながら、地表を舐めるようにレーダー探知が開始される。
 そのデータは、地質学者のテオドージオ・バトーニが解析している。
 この時のために、アッデージ船長が臨時に雇った研究者だった。
 海賊だからって、武骨な荒くれ者ばかりではないし、船を動かすには知識を持った技術者が必要だ。医者もいれば弁護士もいる。
「惑星を探査して何があるのですか?」
 アレックスが疑問を投げかける。
「そうだな。地下水脈や鉱脈を探し出せれば、補給地として開発できるな」
 アッデージ船長が答えるが、
「それだけですか?」
 疑心暗鬼な表情のアレックスだった。
「他には、巨大な空洞とかもあればグッドだ。秘密基地とか作れる」
「秘密基地ですか?」
「前にも言ったと思うが、我々はロストシップを捜索している。史上最強の宇宙船と言われている船だ」
「そのロストシップがこの惑星にあり、秘密基地に隠されていると?」
「いや、それは分からない。だから探査している。何せ大昔、この星域でロストシップが最後に見かけられたという噂だけだ」
「そんな不確かな情報だけで動いているのですか?」
「過去の歴史記録には、ロストシップがとある小惑星にある秘密基地に隠されていたという実例があるのだよ」
「仮にロストシップが見つかったら? 海賊ギルドに接収されることはないのですか?」
「それはだな……」
 と言いかけた時だった。
「後方に感あり! 高熱源体が高速で接近中! 魚雷です」
 ルイーザが悲鳴のような声で叫ぶ。
「機関一杯! 全速前進せよ!」
 すかさずアレックスが下令する。
 一瞬、躊躇するオペレーター達だったが、
「復唱はどうした!」
 アッデージ船長が怒鳴る。
「き、機関一杯!」
「全速前進!」
 慌てて復唱して指示に従う。
 船長を差し置いて見習い副長が先に下令したから戸惑ってしまったようだ。
 速度を上げるフォルミダビーレ号は、軌道角運動量が増えたことによって、惑星から離れる高度軌道へと移っていく。
 一方の光子魚雷は、定速なために惑星に引かれるように低軌道へと落ちていき地表に激突して爆発した。ゆえにアレックスの判断は正しかったと言える。
 ルイーザが報告する。
「魚雷、外れました」
「敵の位置を表示せよ」
 アッデージ船長の指示を受けて、
「モニターに映します」
 惑星を点対象とするように、自船と敵船との相対位置が表示される。
「相対速度はこちらの方が若干早いようです」
「よし、速度を落として低軌道に入れ! ぐるりと回り込んで敵の背後を襲う」
 アッデージ船長は惑星上空戦を仕掛けるつもりのようだ。
 惑星軌道を回る飛行体は、低軌道にあるほど周回が早い。
 地球で例えれば、高度三万六千キロの静止軌道にある衛星は二十四時間で一周するが、高度二千キロの低軌道衛星は九十分ほどで一周できる。つまり低軌道で周回する飛行体は、高軌道で周回する飛行体を追い抜くことができるというわけだ。
 軌道を下げ、低軌道で敵船の背後に回ろうとするフォルミダビーレ号。
 緊急回避を成功させて安堵しながらも、速やかに回避行動を下令したアレックスを注視するオペレーター達。
「念のために聞こうか。速度を上げた理由は?」
 船長が尋ねる。
「簡単です。ここは惑星衛星軌道だからです。速度を上げれば上昇し、逆なら下降する。常識です」
「なるほど、孤児院育ちだろう。どうやって勉強した?」
「孤児院でも学校に行ったり図書館に行ったりできます。自分は、将来軍人になることが目標でしたから、戦術関連の本を読み漁っていました。惑星上空戦の常識も学びました」
「なるほどな」



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

- CafeLog -