銀河戦記/波動編 第六章 Ⅴ ミスト艦隊


第六章


V ミスト艦隊


 トリスタニア共和国デュプロス星系内を航行するフォルミダビーレ号。
 海賊基地のある国際中立地帯から、トリスタニア共和国に入った最初の恒星系であるデュプロスは、太陽系木星に比して、実に二十倍もの質量を持つ巨大惑星『カリス』と『カナン』を従えている。
 カリスには衛星ミストがあり、国境を守る辺境警備艦隊が配置されている。
「惑星カリスによるスイングバイ(重力アシスト)は順調に推移しています」
 リナルディ副長が報告する。
 アンツーク星への長旅において、燃料節約のために惑星による重力アシスト(Gravity Assist; GA)で加速して時短を図る。
 カリスの平均公転軌道速度は36.37km/s。重力アシスト加速の期待値は、相対質量比は無視できるので、およそ90%程度と推定され、最大32.741km/sの加速度が得られる。
「このまますんなりと通過できればいいのだがな」
 アーデッジ船長の危惧は実現する。
 前方に衛星ミストから発進した警備艦隊が出現したのである。
「前方艦隊より入電しています」
「繋いでくれ」
 正面スクリーンに人の姿が映し出される。
 スクリーンの人物が警告する。
「我々は、デュプロス星系方面ミスト艦隊である。貴船は、我々の聖域を侵害している。所属と指揮官の名前を述べよ」
 国際中立地帯からトリスタニア共和国へと最初に訪れることになるデュプロス星系を通過する船、旅客船や商船などは事前に通行許可を得てから入域するという手続きがある。
 許可なく無断で入域したフォルミダビーレ号に対して、臨検が入るのは当然だろう。
「いかがいたしますか?」
 リナルディ副長が耳打ちする。
「トリスタニア共和国に対しては、これまで海賊行為をしたことがない。ただ通過するだけだし、ゆえにここでは我々は民間船ということになる」
「そうは言っても、この船は艤装されていますから、民間船だとは思ってはくれないでしょう」
「だよな。しようがねえ、さっさととんずらを決め込むとしよう」
「通信に何と答えるのですか?」
「通過通航権を訴える」
 すべての艦船および航空機が、国際海峡の航路を、もっぱら継続的かつ迅速に通過するために航行および上空飛行の自由を行使する権利を、通過通航権という。
『馬鹿な。ここは国際海峡ではない』
「そうか……。なら強引に通らせてもらいましょう」
『なんだと!』
 通信端末を切るアーデッジだった。
「機関最大、光子帆を展開させろ! 全速力で逃げるぞ!」
「了解! 全速力で逃げます」
 速度を上げるフォルミダビーレ号。
 その目前に立ち塞がるミスト艦隊。
 だが、両者には決定的な違いがあった。
 恒星間航行のできる宇宙船であるフォルミダビーレ号に対して、ミスト艦は巨大惑星の強力な重力に逆らって動ける惑星間航行艦であった。
 いわば速度優先の競走馬と、馬力優先の荷役馬といってよいだろう。
 重力アシストで速度を上げていたフォルミダビーレ号とは桁違いの速度差があるミスト艦隊。
 フォルミダビーレ号は、ミスト艦隊の艦と艦の間を高速ですり抜けてゆき、ミスト側の砲雷撃戦を不可能にしていた。同士討ちとなるからである。
「まもなくすれ違いを完了します」
 ウルデリコ・ジェネラーリ航海長が報告する。
「進路そのまま。敵艦隊の艦尾発射ミサイルを警戒しつつ、全速力で駆け抜けろ!」
 すれ違いを終えて、両者が離れつつあった。
「すれ違い完了。進路そのまま、全速力離脱!」



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


銀河戦記/波動編 第六章 Ⅳ エダ



第六章


Ⅳ エダ


 
 その女性は『エダ』と名乗った。
 旧トラピスト星系連合王国の王族の一人、フレデリック第三王子に仕えており、後にその息子アレクサンダー王子の従者となった。
 それから数百年後、彼女がどうして今日まで生き伸びてきたかは謎である。

 アレックスはルイーザと共に、エダに案内されてとある部屋にたどり着いた。
 そこには二つの冷凍睡眠カプセルが安置されていた。
「この施設を建設されたフレデリック夫妻のご遺体です」
 それから、親子二代に渡ってレジスタンスとして活躍した時代背景の解説をするエダ。
「なるほど……」
 感心するアレックスとエダだった。
 その後、アレックスの深層意識の映像のことと、ロストシップのことを離すルイーザ。
 興味津々の表情で耳を傾けるエダ。
「さてと……あなた方がロストシップと呼ぶ戦艦を捜しているということは理解しました」
「ご存じないでしょうか?」
「そうですね……」
 とここでアレックスの方を見つめてから、
「アレックス様がいなければ、知らないと答えるところですが、ご本人を前にして嘘もつけないでしょう」
「船をご存じなのですね?」
「はい。あなた方の求めている船は、ここアンツーク星にあります」


 その頃、海賊ギルドのアジト。
 少年達がアンツーク星にて消息不明になったという報告が、レンタルショップから連絡がきていた。
 アントニーノ・アッデージ船長は意気消沈していた。
「レンタルシップ損失に対する損害賠償請求が届いています」
 会計係が書類を手渡す。
「船が破壊されたというのは事実なのか?」
「確かです。レンタルショップの事故調査班が、惑星地表で破壊された船の残骸とフライトレコーダーを発見しているそうです」
「ルイーザと少年達はどうなっているんだ?」
「遺体は見つからなかったそうです」
「ということは、生きている可能性があるな」
「まさか、捜索に出るおつもりですか?」
「当然だ。仲間を見殺しにはできない」


 数時間後、海賊頭領のガスパロ・フォガッツィに面会し、捜索願いを訴えるアーデッジだった。
「許可できないな」
 あっさりと船長の申し出を拒絶するフォガッツィ。
「どうしてですか?」
「女とガキぐらい見捨てても大したことはないだろ」
「しかし……」
「あきらめろ!」
 取り付く島もなく、捜索願を拒絶されるアーデッジだった。


 フォルミダビーレ号(for·mi·dà·bi·le)に戻ったアーデッジ。
「いかがでしたか?」
 副長のフィオレンツォ・リナルディが尋ねた。
「ダメだったよ」
「やはりですか」
「それでも行くけどね。放っておくわけにはいかないからな」
「裏切り行為と見なされませんか?」
「構うもんか」
 船長席に深々と座り込むアーデッジ。
「発進準備をしてくれ」
「了解。発進準備!」
 リナルディ副長がオペレーターに伝えると、
「発進準備!」
 復唱するオペレーター。
 活気づく船橋。
「機関始動!」
「船台ロック解除」
「微速前進」
 ゆっくりと動き出してゆくフォルミダビーレ号。
 そしてドックを通過して、宇宙空間へと乗り出した。

「ボスから連絡です」
 レンツォ・ブランド通信士が報告する。
「繋いでくれ」
 スクリーンにフォガッツィが映し出された。
「どこへ行くつもりだ? いや、言わずもがなか」
「ロストシップ探しを引き継ぐだけですよ」
「ギルド長の命令に逆らったんだから、除名処分だ。どこへでも好き勝手に。行きやがれ」
「ありがとうございます」
 通信が途切れた。

「除名ですか……あんな奴の下にいるくらいなら、アウトローの方が気が楽です」
 リナルディ副長がため息をつく。
「しかし補給などは、自給自足になるがな」
 自給自足とは、即ち商船襲撃などの海賊行為ということになる。
「大丈夫ですよ」
 オペレーター達も同じ気持ちだったようだ。
「よおし、アンツーク星へ向かう」



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第六章 Ⅲ 銃殺

第六章


Ⅲ 銃殺


 急降下してくる帝国艦。
 危険を感じた少年達は、レンタルシップから離れた。
 次の瞬間、帝国艦が銃撃してきたのだった。
 岩陰に隠れて様子を伺う少年達。
 帝国艦は、破壊されたレンタルシップの近くに降船し、武装した兵士が降り立った。
 岩陰で様子を見つめる少年達。
「なんかやばいんじゃないの?」
「僕たち、レジスタンスの仲間と思われているんじゃないかな」
 兵士の一人が、空に向かって一発撃ち放って、大声を出した。
「隠れていないで出てくるんだ! 命の保証はする!」
 顔を見合わせてから、
「僕たちが乗ってきた船は破壊された。出ていくしかないよ」
 とのアレックスの言葉に、ゆっくりと岩陰から出てくるルイーザと少年達。
 兵士の前に立ち並ぶ七人だったが、
「これで全員か?」
 確認する兵士。
「そうです」
 アレックスが答えると、
「射殺指示が出ているのでな」
 問答無用に銃を連射した。
 銃撃を受けて、地面に倒れる少年達。
「よおし、処理済みだ」
「命の保証をするんじゃなかったのか?」
 別の兵士が尋ねると、
「そうでも言わないと出てこなかったよ。レジスタンスは消滅させるのが、我々の任務。時間の節約だ」
 と軽く答えた。
 どうやら少年達をレジスタンスと思い込んでいたようだ。
 こんな辺鄙な小惑星に、一般民間人が立ち寄るはずがないからだ。
「艦に戻るぞ」
 銃を収めて、帝国艦に戻る兵士。
 そして、発進して上空へ舞い上がり、いずこかへと去っていった。

 血を流して倒れている少年達。
 そこへどこからともなく陸上車がやってくる。
 扉が開いて、一台のロボットが出てきて、少年達を診断した。
『マダ、生命反応ガアリマス。ハイ、回収シマス』
 誰かと連絡を取っている様子で、少年達を抱えると車へと収容した。
 全員を収容すると、乗車していずこかへと消え去った。


 どこかの部屋の中。
 生命維持装置かと思われる七基のカプセルに入れられたルイーザと少年達。
 壁際に並んだ装置を操作しているロボット。
 部屋の扉が開いて、一人の女性が入ってくる。
「少年達は、どうですか?」
『無事デス。危篤状態ハ脱シマシタ』
「それはよかったわ。それにしても、まさかこんな所に尋ね人が自ら来てくれるとはね」
 女性は、一つのカプセルを注視した。
 それはアレックスだった。
「お顔も、あのお方に瓜二つね」


 数日後。
 生命維持装置を外され、カプセルから出されて、普通のベッドに寝かされている少年達。
 さらに日をめくるたびに、一人ずつ目が覚めてゆく。
 そして最後に目覚めたのはアレックスだった。
「よお。おはようさん」
 アレックスのベッドを囲むようにして少年達が寄り添っている。
「エヴァン、生きていたのか」
「ああ、みんな生きているよ」
 少年達の顔を見回すアレックス。
「ルイーザは?」
 この場にいないルイーザを気に掛ける。
「彼女も生きているよ。別の部屋で、ここの施設の管理人と話し合っている」
「そうか……」

 さらに数日後、傷の癒えた少年達が食堂で揃って食事を摂っている。
「なあ……ここってアンツーク星だよな?」
 ジミー・フェネリーが尋ねた。
「そうなんじゃないの?」
 フレッド・ハミルトンも疑問ながらも肯定した。
「ここの施設は、一体何だろうか?」
 ジミー・フェネリーが当然の疑問を抱く。
「たぶん鉱山の中の施設かな」
 ブルーノ・ホーケン
「レンタルシップは破壊されちゃったけど、帰ることはできるのかな」
 マイケル・オヴェットは帰りの船の事を心配していた。
「人がいるってっことは、連絡船とかあるんじゃない?」
 エヴァン・ケインが推察する。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第六章 Ⅱ アンツーク星



第六章


Ⅱ アンツーク星


 目的地のアンツーク星が近づいていた。
 コクピットには全員が揃って、スクリーンに映る星を見つめている。
「ここがアンツーク星なのね?」
 ルイーザが確認する。
「間違いありません」
 マイケルが答える。
「着陸して調べてみよう」
 アレックスが指示する。
「分かった。降下シークエンス開始!」
「待って、後方より高速接近する艦艇あり! この辺りを巡回している警備艦のようね」
 レーダー手のルイーザが叫ぶ。
「相手方より入電!『停船せよ。さもなくば撃墜する』と警告しています」
 エヴァンが報告する。
「相手に返信。只今自動での降下シークエンス中なので、地上で待機する」
 アレックスが指示する。
「分かった」
 言われたとおりに、相手に返信するエヴァン。
 降下してゆくレンタルシップを追うように、警備艦も降りてくる。

 数時間後、地上に降下したレンタルシップと横付けされた警備艦。
 レンタルシップから降りて、警備兵の尋問を受ける少年達。
「責任者は誰だ?」
 目の鋭い兵士が尋ねた。
「私です」
 すかさず答えるルイーザ。
 年長者なので当然と言える。
「では、尋ねる。この小惑星を訪れた理由を教えてくれ」
「簡潔明瞭に言えば、トラピスト人の末裔である私達のルーツ探しですよ」
「ルーツ探しだと?」
「昔々、トラピスト星系連合王国がケンタウルス帝国に敗れ去った折に、一隻の船がこの地から現れてトラピスト人を引き連れて、別天地に誘(いざな)ったと言われています」
「その話は、自分も聞いたことがあるが……この地にあったという基地は、完全に破壊されたという。もはや何もないはずだ」
「それでも良かったのです。いわば巡礼の旅ですから」
「巡礼も良いが、さっさと帰還することだな。最近はこの辺りも物騒になってきているから」
「物騒な事件でもあったのですか?」
「帝国に対して反旗を掲げる『シャルルマーニュ』という組織があるのを知っているか?」
「レジスタンスですか? 聞いたことはあります。いつの時代でも、政権に不満を抱いて転覆を図ろうとする輩は途絶えませんね」
「この星は、奴らの活動範囲に入っている。奴らの餌食にならないように、早いとこ帰還した方がいいだろう」
「ご忠告ありがとうございます」

 数分後、警備艦が離陸する。
 その様子を船内から見つめている少年達だったが。
 次の瞬間だった。
 警備艦が炎上し爆発してしまったのだ。
「なんだ?」
 驚く少年達。
 上空を見ると、爆発した警備艦から離れたところに一隻の船が航行しているのが見えた。
「あの船から攻撃されたのか?」
「どうやらレジスタンスの船みたいだ」
「その船から通信が入っています」
 エヴァンが伝える。
「繋いでください」
 通信を接続するエヴァン。
『君たちの所属を言いたまえ』
 相手が尋ねてくる。
「アルビエール侯国サンジェルマンの民間人です。ルーツ探しの旅をしています」
『アルビエールだと? 随分と遠くからやってきたのだな』
「あなた方は、シャルルマーニャですか?」
 帝国の警備艦を撃ち落としたことで、レジスタンスと判断したようだ。
『よくわかったな。その通りだよ。我々とアルビエール人は、遠い親戚同士で同族だ。どうだ、我々の仲間にならないか?』
「それは遠慮いたします」
『そうか……仕方がないな。ルーツ探し頑張ってくれたまえ……おっと、帝国の連中がやってきたようだ。警備艦が撃沈されたのを察知されたようだ』
 通信が途切れた。
 急加速して現場を離れようとする船と後方から接近する帝国艦隊。
 追撃戦が始まるが、帝国艦の一隻が隊を離れて惑星に降下を始めた。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
銀河戦記/波動編 第六章 Ⅰ テイクオフ



第六章


Ⅰ ローリング・テイクオフ


 コクピットに入った少年達。
 操縦席にマイケル・オヴェット、副操縦席にはエヴァン・ケイン、そして機関操作席にはフレッド・ハミルトンが座った。
 起動キーを機器に差し込んで、船を始動させるマイケル。
 前面の機器や照明に電源が入った。
「エンジンを始動させるよ」
 機関士のフレッドがエンジンを始動させると、船内全体が微かに震動して低い唸り音を上げた。
「エンジン始動確認!」
「分かった」
 副操縦士のエヴァンが空港管制塔に連絡をとる。
 すでに滑走路の使用許可は事前に受けていた。
「こちらUF3012、発進の許可願います」
『こちら管制塔、UF3012へ。第四滑走路への侵入を許可する』
「了解。第四滑走路に入ります」
 通信を終えて、滑走路へと機体を移動させる。
「こちらUF3012、第四滑走路に到着。発進準備完了しました」
『こちら管制塔、UF3012へ。発進を許可する。前方オールグリーンだ』
「了解。発進します!」
 振り返り、後方の少年達に合図をするマイケル。
 皆が頷くのを確認してから前に向き直り、操縦桿を握りしめた。
「出発進行!」
 ゆっくりと前進を始める機体。
「エンジン出力50%」
 フレッドが伝える。
 傍らのスロットルレバーを引いて、エンジン回転数を上げてゆく。
 エンジン音と震動がコクピットに伝わってくる。
 窓の外の景色が流れてゆく速度が速くなってゆく。
「離陸推力に到達!」
「フラップ角度5度、機首を上げる」
 機体前部が持ち上がってゆく。
「エンジン出力65%」
「よし! テイクオフ!」
 少し操縦桿を手前に引くと機体が浮き上がって離陸してゆく。
「離陸した! このまま上昇!」
 地上から大気圏、そして宇宙空間へと上がってゆく。

「大気圏突破!」
 と言いつつ、大きなため息をつくマイケルだった。
「ご苦労様でした。休憩室でしばらく休んでていいわよ」
 その肩に手を置いて労うルイーザだった。
「後は僕が引き継ぐよ」
 そう言って副操縦士のエヴァンが、操縦システムを自分の方に切り替えた。
「分かりました」
 立ち上がって、後部にある睡眠ルームへと移動した。
「自動航行装置に、アンツーク星の位置情報を入力します」
「これで眠っていても目的地に着けるのね」
「そうはいきませんよ。航行途中で何が起こるか分かりませんからね」
 アレックスが注意した。
「あら、そうなの?」
「アンツーク星到着予定は、八時間後になります」
 エヴァンの言葉に、アレックスが伝える。
「ここは僕とエヴァンで見守っているから、他の皆は休憩していいよ。僕らはマイケルが戻り次第休むから」
「分かった。居眠りはしないでね」
 ブルーノ・ホーケンが念押しして、少年達は休憩室へと向かった。
 アレックスは、正操縦席に着席する。



↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


- CafeLog -