第七章
Ⅶ 転送  最後の銅鑼が鳴らされた。  処刑人が、アーデッジに槍先を向けて構える。  その時だった。  上空をフォルミダビーレ号が通りかかる。 「あれは!」  アーデッジの目に、戦闘機に追われているフォルミダビーレ号の雄姿が飛び込 んでくる。さらには上空からのレーザー射撃が戦闘機を撃墜していく。 「味方が来ているのか?」  呟くアーデッジ。  その騒ぎで、処刑執行の手が止まっていた。  しかし、 「構え!」  進行役が処刑を促す。  慌てて槍を構えなおす処刑人。  進行役が手を上げる。  その手を振り下ろすと処刑執行である。  進行役が手を振り下ろそうとした、その瞬間だった。  宮殿広場の柱の陰から、一条の光が進行役を襲った。  バタリと倒れる進行役、そして二人の処刑人も倒れてしまう。  光の出所に目を向ける場内の人々だったが、そこには誰もいなかった。  倒れた処刑人を見つめるアーデッジは、一体何事かという表情をしていた。 「助けにきました」  どこからともなく声がした。 「誰だ?」  声のした方に振り向くアーデッジ。 「わたしよ」  と、光学迷彩服のフードを外して顔を見せたのはルイーザともう一人、アレッ クスだった。 「ルイーザ、大丈夫だったのか!」 「ええ。今、縄を外すわ」  ルイーザが縛り上げている縄を解いている間に、アレックスが近づく兵士を倒 しまくっていた。レーザー射撃がアレックスを狙ってくるが、光学迷彩服はレー ザーを弾いていた。 「外れた!」  アーデッジを縛り上げていた縄が解けて自由になった。 「これからどうする?」  アーデッジが質問する。 「任せてください」  アレックスはそう言ってから、端末に向かって、 「ロビー、転送してくれ」 『了解シマシタ。転送ビーム照射シマス』  上空から一条の光が、船長ら三人を照らした。  次の瞬間、三人の姿が薄れてゆき消え去った。  アムレス号の転送室。  室内が輝いて三つの影が現れ、それはアレックスら三人の姿となった。  唖然としているアーデッジ船長。 「転送……されたのか?」  一歩足を踏み出すと、そこはアムレス号の船橋だ。  見たこともない計器類が並んでいた。 「ここは?」  船長が尋ねると、 「ロストシップの船橋です」  アレックスが平然と答える。 「ロストシップ? 見つけたのか?」  キョロキョロと周囲を見回すアーデッジ船長。 「見つけたというよりも、向こうから僕らを発見してくれたんです」  アレックスは、アンツーク星にたどり着いてからの詳細を説明した。 「そういうことか……一応でかした、というべきかな」  当初の目的である、『ロストシップの捜索』は完遂したことになる。 「それで、そちらの女性は?」  目の前の美しい女性のことを尋ねる。 「この船の管理者(administrator)のエダさんです」  軽く会釈するエダ。 「自分は、アントニーノ・アッデージ。フォルミダビーレ号の船長です。助けて いただき感謝します」  握手を求めるために手を差し出すアーデッジ船長。  それに応えてアーデッジの手を握るエダ。 「フォルミダビーレ号は?」 「この船の隣にいます」  パネルスクリーンに併進するフォルミダビーレ号が映し出される。 「仲間も乗っているのか?」 「トランターに囚われていた仲間は全員救い出して乗船しています」 「そうか……」  その時、警報が鳴った。 『前方ニ艦影アリ!』  ロビーが緊急報告する。 「戦闘態勢に入れ!」  すかさず指令を下すアレックス。 『戦闘態勢ニ入リマス』 「俺の船に行かせてくれないか」 「いいでしょう。この端末を持って転送室へ」 「分かった」  飛び込むように転送室に入るアーデッジ。  受け取った端末は、携帯型受信転送システムで五万キロの範囲内ならどこでも 転送できるようにする。  フォルミダビーレ号の船橋に転送されてきたアーデッジ船長。  それを見た仲間達が、 「船長! お帰りなさい」  口々に叫びながら駆け寄ってくる。 「挨拶は後にして戦闘配備だ!」 「了解!」  そう言って自分の部署に戻っていった。 「機関部のシステムを遠隔操作にセットしろ」 「了解。機関部システムを遠隔にセットします」  フォルミダビーレ号には、船橋要員の幹部だけしかおらず、機関部などの下々 の船員は乗船していないからである。 「敵艦隊の勢力分析は!」 「戦艦二隻、巡航艦七隻、駆逐艦十三隻です」  すでに調べていたのであろう、即座に答える電探手のルイーザ。  その後、アンツーク星から態勢を整えて追撃してきた艦隊が後方に迫っていた。 前門の虎後門の狼、挟み撃ち状態であった。 「分かった。ロストシップに繋いでくれ」 「繋ぎます」  と、レンツォ・ブランド通信士。  スクリーンにアレックスが映し出される。 「ここはどうするかね?」  ロストシップにいるアレックスに、徹底抗戦するか、速力差でとんずらするか を尋ねる。  というよりも、ロストシップの戦闘性能を知りたいという欲求もあった。 「正面突破しましょう」  徹底抗戦でもなく、敵艦隊の正面に穴を開けての突破作戦である。 「分かった」 「こちらの攻撃で敵艦隊に穴を開けます。全速力で抜け出しましょう」 「了解した」 「ロストシップから敵艦に向けて通信が行われています」 「通信内容は?」 「はい。『道を開けよ。さもなくば殲滅する』です」 「敵の反応は?」 「『ふざけるな!』です。そしてロストシップからは『それでは強引に開かせて いただきます』と答えていました」 「なるほどな」  数分後、ロストシップからミサイルが発射される。  敵艦から迎撃ミサイルが発射されるが、ことごとく回避してゆき目標戦艦に襲 い掛かった。クラスター爆弾だったらしく、接近直前に子弾頭が四方に散って周 囲の艦船をも巻き込んだ。 「前方に空域発生しました」 「よし! 全速前進で開いた穴に飛び込め!」  速度を上げたフォルミダビーレ号に続いて、ロストシップも加速して追従する。
     
11