第七章
Ⅱ アーデッジ船長を救え!  アレックス達の傷もほぼ癒えて、施設内を散策していた。  ここがどこで、ここが何のための施設なのか? まだ説明されていなかった。  ここにいるのは、一人の女性とロボットだけのようだった。  生活するうえで不自由なことはなかった。  食堂に行けば、自動食事給仕機によって、必要なカロリーと栄養が整った食事 が食べられるし、TVも観られる。  折りしも、惑星トランターからの放送が食堂のTVに流されていた。 『……海賊アントニーノ・アーデッジ、共和国にて海賊の限りを尽くして暴れま わった挙句に、帝国内に侵入したところを逮捕されました。軍事裁判にて死刑が 決定し、公開処刑されるそうです』  アーデッジの名前が出たことを驚く少年達。 「トニーが公開処刑!」  声を出して一番驚いたのはルイーザだった。  ギャングをして荒らしまわっていた少年時代からの付き合いだったからである。  公開写真を食い入るように見つめるルイーザ。  その横顔を見つめながらアレックスがエダに尋ねた。 「ここに船があると言ってましたよね」 「はい。あります」 「その船は動かせるのですか?」 「動かせます」  動かせると聞いて、他の少年達が乗り出してくる。 「船を、僕達に使わせてください!」  マイケル・オヴェットが名乗りを上げた。 「どうなさるのですか?」 「船長を助けに行きたいんです!」  それを聞いて他の者も同調する。 「僕からもお願いします。船長は恩人です。助けたいんです」  エヴァン・ケインが熱弁する。  僕も、俺も、少年達がエダに言い寄る。 「ここの責任者はアレックス様です。彼の判断に委ねます」  とのエダの言葉で、アレックスの方を振り向く一同だった。 「アレックス君、君の意見を聞いてもいいかな」  ルイーザが代表質問する。 「決まっている。僕が、船の事を切り出したのも、そういうことだよ」 「結論は?」 「もちろん、船長を助けに行く」 「やったあ! いいぞ!」  小躍りして喜ぶ少年達。 「分かりました。船を出しましょう」  エダが了承する。 「でも、今まで船を見かけませんでしたが?」  フレッド・ハミルトンが尋ねる。 「どんな探査電波でも探知できない地下深くに隠してありますから」 「どうりでロストシップとして何世紀にも渡って見つからなかったのですね」 「しかし、錆びたりして動かないということはないのですか?」 「ここの施設が不自由なく使用できているのを見れば理解できると思いますが」 「それはそうですね」  一同は納得して、一刻も早く船に乗船したいと思っていた。 『コノ小惑星ニ近ヅク艦隊ガアリマス』  ロビーが警報を鳴らした。 「モニターに映してください」 『モニター、ニ映シマス』  モニターに投影された艦隊は、ケンタウロス帝国の紋章を艦体に描いたトラン ター駐留艦隊であった。 「帝国艦隊だ!」
   
11