第七章
Ⅲ 破壊命令  宇宙空間をアンツーク星へと向かっているケンタウリ帝国艦隊。  旗艦アソシアシオン号艦橋。 「このアンツーク星で七名が消息不明となっている。しかも、海賊ギルドのガス パロによればロストシップを捜していたらしい。海賊アッデージ船長もここへ向 かっていたらしい。何かあるとは思わないか?」  ダミアン・ヴァランタン司令がアルベール・タサン副官に尋ねた。 「艦隊記録によれば、アンツーク星に降りた七名はレジスタントとして銃殺した とあります」 「銃殺か……」 「しかし、その後の調査で遺体が一体も見つからないそうです」 「何者かが引き取ったということだな。おそらく、その星のどこかに隠れていた のだろう」 「それはないと思います。数百年前のトラピスト叛乱時にも反乱軍の基地だとか で破壊つくされたはずです」 「また密かに再建されたのだろう。ことわざにもある、『雷が落ちた場所には二 度と落ちない』とか、『一度捜査の入った場所は穴場だ』とか言うだろ。基地を 再建するには都合がいいんじゃないか」 「で、再度破壊命令が出たというわけですね」 「そういうことだな」  モニターに映るアンツーク星を見つめる司令。  やがて星を取り囲むように展開する。 「一応地上をくまなく探査してみろ」 「了解。探査機を降ろします」  数時間後探査機の調査報告が上がってくる。 「確かに金属反応や空洞の存在が認められます。やはり基地が再建されたようで すね。そして空洞内を動き回る物体もあります」 「よし、地下施設破壊用の地中貫通核爆弾を用意しろ」 「了解。核式バンカーバスター用意!」 「地上からの反撃に注意しろよ」  アレックス達のいる施設内。 『帝国艦隊ハ、軌道上ニ展開シテ攻撃態勢ニ入ッタモヨウデス』  ロビーが逐一報告していた。 「反撃することはできないのですか?」  ブルーノ・ホーケンが尋ねる。 「その必要はありません。全員、霊安室へ走って!」  エダが叫ぶ。 「霊安室? どこですか?」  ジミー・フェネリーの質問に、 「こっちだ。ついてきてくれ」  アレックスが答えて、先に走り出した。 「待ってくれ!」  遅れまいと、他の少年達もアレックスの後に続いた。  アレックスの先祖の眠る霊安室へと急ぐ一行。  惑星軌道上の艦隊旗艦。 「攻撃開始!」  艦船から次々と発射される核爆弾。  そして地中に入射すると同時に炸裂する。 「下からの反応はないか?」 「ありません。外れでしたか」 「ふむ……逃げられないとみて、諦めたのかな」  地下施設、爆音と激しい震動の中、霊安室に何とかたどり着いた一行。 「ここが霊安室?」  何も知らないマイケルが尋ねる。  目の前には、冷凍睡眠カプセルに横たわる二体の遺体が安置されている。 「全員揃っていますね」  エダが確認して、ロビーに指示する。 「昇降機を下げて」 『了解シマシタ』  ガクンと揺れて、部屋ごと下へと降下を始めたようだ。  と同時に、ふわりと身体が浮かび始める。  慌てて近くの物に掴まる少年達。 「どこまで落ちるんだ?」  少年達が疑問に思った通り、どうやら自由落下運動に近い速度で降下し、無重 力状態となっているようだ。  やがて落下速度が低下して停止した。 『到着シマシタ』  扉が開いて、少年達の目の前に現れたのは、見たこともない計器類が立ち並ぶ 宇宙船の船橋のような大部屋だった。 「凄い! ここって宇宙船なのか?」  機械好きのフレッド・ハミルトンが、目を輝かせて計器類を見つめている。  乗り物好きのマイケル・オヴェットは、宙返りをしながら操舵席と思われる椅 子に着席した。 「これ、僕らが動かすことができるのかな?」 「そうみたいだね」  と言いながら、アレックスは身近な席に座った。 「これから各自に役割分担を伝えます」  エダが厳かに伝える。  船長  アレックス  操舵手 マイケル・オヴェット  機関士 フレッド・ハミルトン  通信士 ジミー・フェネリー 兼 炊飯係  電探手 ルイーザ・スティヴァレッティ  魚雷手 ブルーノ・ホーケン 兼 白兵  砲手  エヴァン・ケイン 兼 戦闘機乗り  そしてエダは、副官としてアレックスの補佐役となり、ロボットのロビーは少 年達のお助け役に回った。
   
11