第十三章 カーター男爵
Ⅰ  エセックス侯国より帝国へと帰還の途についたマンソン・カーター男爵。 「まったく、どうなってるのだ? 候女の誘拐に成功したんじゃないのか?」  憤懣やるかたなしという表情。  王太子誘拐事件の時も、ぬか喜びした挙句が未遂だったという落ち。 「前方に艦影多数!」  進路を塞ぐようにして多数の艦艇が出現した。 「相手より入電。停戦せよ!」  停船命令に怒りを露にする男爵。 「どこのどいつだ! 私を誰だと思っているか! 映像に出せ!」 「映像に出ます」  通信スクリーンに姿を現したのは、ジュリエッタ第三皇女だった。 「じゅ、ジュリエッタ皇女さま!」  まさかの人物の登場に驚愕する男爵。 「ジュリエッタ皇女さまの旗艦、巡洋戦艦インヴィンシブルを確認しました」  映像の皇女が告げる。 「停止して下さい。さもなくば撃沈もやむなしです」  冷たく言葉を発するジュリエッタ皇女の姿に反発する男爵。 「理由を聞かぬ内は、同意できませぬ。いかに皇女だとしても、我々の行動の自由を妨げる権利はありますまい」 「あなたが海賊を使役して、セシル候女を誘拐したことは分かっております」 「証拠はあるのか?」  図星を指されて、言葉使いが荒くなっていた。 「証拠ですか……。これなどはいかがでしょうか?」  映像がどこかの部屋の中に切り替わった。机に対面する二人の表情は、一方は項垂れており、一方は胸を張って睨めつけるようにしていた。どうやら尋問部屋のようであった。 「これがどうしたというのだ?」 「尋問を受けているのは、帝国第一艦隊司令フランシス・ドレイク提督の副官です」 「そ、それがどうした? 私と何の関係がある?」 「そうですね。これだけでは、因果関係は分かりませんよね。では、これではどうでしょうか?」  音声通信の声が再生されている。 「こ、この声は!?」  聞こえてきた音声は、紛れもなく自分自身の生声だった。 「この音声は、海賊基地の通信記録です。海賊ですよ。なぜ海賊との通信記録にあなたの声が入っているのでしょうか?」  証拠を突き付けられて、極まった男爵。  意味深な合図を砲撃手に目配せで送る。  それに気づいた砲撃手は、黙って指示に従って主砲の安全装置を外し、準備OKのサインを返す。 「答えはこれだ!」  指をパチンと鳴らすと、砲撃手が発射スイッチを押す。 「発射!」  艦首から一条のエネルギーが、インヴィンシブルへと一直線に走る。  スクリーンを凝視する男爵。 「くたばりやがれ!」  しかし、エネルギーは軌道を逸れた。  逸れた一瞬だが、一隻の船が浮かび上がってすぐに消えた。  その艦影は、紛れもなくPー300VXだった。  特殊索敵機に搭載された、歪曲場透過シールドの威力だった。
     
↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v
小説・詩ランキング 11