銀河戦記/鳴動編トップメニュー
2021.05.31

PC版ホームページからの移行ブログです。
最近はスマホが流行し、今後は主流となると思います。
そこで、スマホでは表示が見にくいPC版を、
こちらへと転載していこうと思います。

第一部後半はこちらです
第二部はこちらです
ファンタジー系はこちらです


序章
索敵 
士官学校 
模擬戦闘 
情報参謀レイチェル 
独立遊撃艦隊 
カラカス基地攻略戦 
不期遭遇会戦 

第八章~十章は、稚拙ながら推理小説仕立てとなっております。
殺人犯は誰なのか? お楽しみください(*'▽')

犯罪捜査官 コレット・サブリナ 
コレット・サブリナ 犯人を捜せ! 
コレット・サブリナ 氷解 
スハルト星系遭遇会戦 
テルモピューレ会戦 
ハンニバル艦隊 

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十四章 新生第十七艦隊 Ⅱ
2021.05.07

第二十四章 新生第十七艦隊




 パトリシアも生れ故郷の地に帰国していた。
「お帰りパトリシア」
「ただいま帰りました」
「しかし、おまえの旦那さまは一緒じゃないのかい。会えるのを楽しみしていたのに。残念だよ」
「忙しいお方ですから」
「それはそうと、いつ正式に結婚するのかい。お前達は」
 パトリシアの両親は、娘がアレックスと婚約し同居生活していることを告げられている。相手が英雄と称される人物だけに、世間に公表して誇りとしたいと考えるのは親の心情であろう。二十代ですでに少将、軍の最高位である大将も確実視されて、絶大なる国民的人気を背景に政界に転出すれば国家元首も夢ではないと、世間の評判であったからだ。
「結婚式は挙げていないけど、正式な夫婦と何ら変わらないわ。別にいいんじゃない」
「そうはいってもねえ……」
「お父さんはね、あなたのウェディングドレス姿を見たいのよ」
「なんだ、そういうことなのか」
「しかしタルシエン要塞を陥落させて、今が一番重要な時期なんだろう? そんな時に帰郷とは、何かあるのかね?」
「それが……」
 果たして話していいものかどうか、しばし悩み考えたが、
「提督のお考えでは、タルシエン要塞から当分の間動けなくなる事態になるんじゃないかと思ってらっしゃるみたい」
 正直に話すことにしたのである。もし本当にそうなってしまって、両親に会えなくなってからでは遅いからである。
「どうしてだい? タルシエンの橋の片側を押さえてしまえば、連邦軍だって侵略はもはや不可能だと言われてるんじゃないのかい?」
「その不可能だと思われていることが問題なのよ。ランドール提督だって不可能と思われてることを、可能にしてみせていらっしゃるでしょ。橋を押さえたからといって、油断はできないのよ」
「それはランドール提督だからこそじゃないのかね。星系連邦側に提督に勝るほどの智将がいるとは思わないが」
「いるわよ。ミッドウェイ宙域会戦や、ハンニバル艦隊による侵略。さらには第五艦隊、第十一艦隊を壊滅に追いやった張本人。スティール・メイスンという人物がね」
「聞かない名前だね」
「艦隊司令じゃなくて、参謀役として活躍しているみたいなの」
「ランドール提督の参謀長のパトリシア、お前みたいにか」
「そうよ。表には出てこないだけよ」
「出てこないのにどうして知っているんだ?」
「そういう情報を集めるのが専門のすごい方がいるの」
「いわゆる情報参謀だな」
「とっても素敵な女性で、女性士官の憧れの的よ」
「女性なのか?」
「そうよ。知識も豊富で、わたしもいろいろと教えてもらってるの」

 宇宙軍港の送迎タラップで向い会うアレックスとジュビロがいた。
「やはり帰るのか?」
「ああ、要塞の方のシステム構築はほぼ完了したし、軍人でもない部外者の俺がいつまでも留まっているわけにもいかないだろう。統帥本部の知るところとなれば、君の立場も危うくなるんじゃないのか?」
「それは別に構わないさ。慣れているからな。どうだ、この際。軍に入隊しないか? レイティーと同じ中佐待遇で迎え入れる用意があるぞ」
「よせよ。俺は、自由勝手気ままな生活が似合っているんだ。軍の規律に縛られることなんて願い下げだ。今回の作戦に参加したのは、あの巨大な要塞のシステムに挑戦したかっただけだ。共和国同盟の将来とかを思ってのことじゃない」
「そうか……残念だな」
 本気で打診したのではないが、やはりというべきかあっさりと断られてしまう。
「もしまた協力してもらいたいことがあればどうすればいい?」
「レイチェルに頼むんだな」
「彼女のことは信頼しているんだな」
「そうだな。軍の情報を得るには内部にスパイを潜り込ませるのが一番の早道だからな」
「ほう……」
「と、言ったらどうする?」
「確かに早道かも知れないが、逆にそこから足が付く事もあるってことだ。君ほどの腕前なら、その必要もないと思うがね」
「ふふん。君こそレイチェルを信頼しているようだな」
「一応幼馴染みだしな」
「それだけか? おまえのために性転換して女になったんだぜ。告白しなかったか?」
「出会うのが後五年早ければ、一緒になっていたかも知れないがな」
「婚約者のパトリシア嬢か。ああ……そういえば、その前はジェシカだったな?」
「私は、何人もの女性を同時に愛するなんて器用なことはできないからね」
「まあ、何にせよ。振られたからといって、おまえを裏切るような女性ではないことだけは、覚えておくことだな」
「知っているさ」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.07 08:52 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第二十四章 新生第十七艦隊 Ⅰ
2021.05.06

第二十四章 新生第十七艦隊




 新生第十七艦隊司令官就任式当日となった。
 就任式に先立って、第一会議室に佐官達が集められて、新司令官の顔合わせ及び昇進佐官の任官状授与が行われた。
 要塞攻略に関わる功績により昇進の対象となった佐官の名が呼ばれ、パトリシアから任官状と新しい階級章を手渡されていた。
「つづいて新任の佐官を紹介します。ジュリー・アンダーソン少佐、ドール・マイティ少佐、リップル・ワイズマー少佐、クリシュナ・モンデール少佐、ソフィー・サリバン少佐」
 五名中四名が女性という異色の昇進であった。
 ジュリーは第三高速重爆撃飛行連隊司令。チェスター配下のドールは第三十六揚陸支援空母部隊司令となり、リップルは艦隊参謀となった。クリシュナとソフイーは艦隊を離れて要塞において事務総監と医局事務長のそれぞれを担当する。
 中佐にはジェシカ・フランドルが首席航空参謀兼第十一攻撃空母部隊司令。作戦遂行中でこの席にいないレイチェルも、独立艦隊作戦参謀兼第八占領機甲部隊メビウス司令のままで大佐に昇進となった。
 大佐にはチェスターの後任としてディープス・ロイドが昇進し、繰り上がりでロイド配下の首席少佐のアイザック・フォーサイトが中佐になった。また第一・第二飛行連隊のジミーとハリソンの両撃墜王もそれぞれ中佐に昇進した。アレックスの直属である技術将校レイティ・コズミックはタルシエン要塞兼第十七艦隊技術部システム管理課長となり、フリード・ケースンも同技術部開発設計課長となって、共に中佐に昇進した。アレックス達の影にあって印象は薄いが、技術将校で二十代の中佐というのも異例の昇進である。平均でいえば少佐(主任職)には三十歳、中佐(課長職)には四十歳、大佐(部長職)には五十歳代というのが相場である。
 総勢十三名の佐官が第十七艦隊において昇進を果たしたことになるが、一時にこれだけ大量の数というのも異例である。
 これまでに天文学的な損害をこうむってもなお攻略することのできなかったタルシエン要塞を陥落させたのだ。それに報いるだけの地位を与えても罰当たりではないだろう。

「諸君!」
 アレックスが壇上に立って訓示を述べはじめた。
「先の作戦で要塞の攻略に成功したのは、諸君達の働きのおかげである。今後もそれぞれの新しい部隊を率いつつ、第十七艦隊のために尽力を尽くしていただきたい。 タルシエン要塞の陥落により、同盟・連邦の軍事バランスが大きく変わろうとしている。要塞を手に入れたのはいいが、逆にそれが第十七艦隊の足かせになろうとしている。
 第五・第十一艦隊も第八師団として再編成され、おっつけ要塞に集結してくるが、要塞を奪還されないためにも、防衛のために釘付けされたも同然なのだ。その結果として他の地域の防衛が手薄になるだけなのだが……」
「つまり敵艦隊が、要塞を捨てて本星に直接侵略をかけてくれば、防備が手薄なだけ攻略もたやすいというわけですね」
「その通りだ。だが、本国は敵艦隊が必ず要塞奪還にくると信じて疑わず、その防衛に戦力を集結させたのだ」
「タルシエン攻略には、これまでにも多大な戦力を投入してきたし、艦隊と将兵の損害は天文学的数字になっていますからね。そう簡単に手放せないというところですか」
「まあな……とにかくだ」
 アレックスは息をついで言葉を続けた。
「本国からの命令には逆らえない。要塞防衛の任務を遂行するまでだ。諸君らの健闘を期待したい。以上だ。解散する」
 全員起立して、敬礼をもってアレックスの退室を見送った。

 新生第十七艦隊司令官就任式は定刻通り始められた。
 中央壇上の右手に艦隊幕僚達が腰を降ろして新司令官の入場を待っていた。
 副司令官カインズ大佐。艦隊参謀長にチェスターの後任として昇進したディープス・ロイド大佐。艦政本部長には引き続きルーミス・コール大佐である。その他の幕僚達。
 反対側の席には、第八師団を代表してアレックスとパトリシアが並んでいた。
 壇上に、第八師団作戦本部長に就任したパトリシアが出て、進行役として式を進めていく。
「それでは、新生第十七艦隊司令官となられたオーギュスト・チェスター准将を紹介します。チェスター准将、どうぞ」
 やがて指名を受けてチェスター准将が進み出て、壇上にたった。
 その雄姿を、会場の最前列に陣取って、誇らしげに見つめている家族がいた。
 共和国同盟において数々の素晴らしい戦功を挙げて、七万隻という全艦隊中最大の艦艇を所有する第十七艦隊の司令官である。

 就任式を終えたチェスターを出迎えるアレックス。
「お疲れ様でした、准将」
「いえ。どういたしまして」
「早速で悪いのですが、移動命令です」
「移動ですか?」
「百四十四時間後に第十七艦隊を、タルシエンへ向けて出航させてください」
「百四十四時間後ですか? ずいぶんとゆっくりとしてはいませんか。早ければ二十四時間後にでも出発できますが」
「わけありでしてね。この出航を最後に当分の間、もうトランターへは戻れないかもしれませんから」
「どういうことですか」
「不確定要素が多すぎて、まだ明かすことはできません。アル・サフリエニ宙域を震撼する大事件が起こり、タルシエン要塞から離れなくなる可能性があるということです。隊員達にトランター本星への帰郷、最後の休暇を与えます。二交代で各六十時間づつ全員にです」
「六十時間ごとの交代ですね」

 シャイニング基地最大の軍港ターラント宇宙港。
 ノースカロライナやサザンクロスなどの、トランターへ帰郷する将兵達を乗せた輸送艦が次々と発進している。
 基地中央作戦司令部からその光景を眺めるアレックス。
 パトリシアが近寄ってくる。
「帰郷する将兵達の第一陣の出発が完了しました。チェスター准将、ゴードン、ジェシカ、そしてフランソワが含まれています」
「そうか、手配ご苦労だった」
「提督は、降りられないのですか?」
「ああ……」
「あの、私の両親が逢いたがってましたけど……」
「済まない。やらなければならないことが、山積みなんだ」
「私も残っていたほうがいいのでは」
「いや。この先どうなるかも判らない情勢だ。両親には精一杯親孝行をしてきたほうがいい。第二便で帰りたまえ。これは命令だよ」
「アレックス……」

 自宅に戻ったチェスターは妻の前で告白した。
「こんな時期に全員に休暇なんて変ですね。再編成とか、今が一番忙しいのでしょう?」
「どうやら、連邦軍の総攻撃が近いうちにあるらしい。それで決戦の前に全隊員に休暇を与えておこうというお考えだ」
「でも、タルシエン要塞にランドール提督ある限り、連邦とて一歩足りとも同盟に侵攻できないだろう、と言われてますよね」
「それは連邦がタルシエン要塞を橋頭堡として重要視している限りにおいてだよ。要塞を見限って、他の方面からの攻撃を考えていたらどうなるか。提督はそれを危惧しているのだよ。おそらく提督は、このトランターには当分帰れないと判断して、最後の休暇を与えたのだろう」
「最後の休暇ですか?」
「そうだ。場合によってはこれが最後の帰郷ということになるかも知れない」
「そうでしたか……」
「おまえには済まないと思うが、私は提督に恩を返さなければならない。何があろうとも提督についていくつもりだ。たとえこれが今生の別れとなろうともな……」
「あなた……。気になさらないでください。軍人の妻となった時から、とっくの昔に覚悟はできております。ランドール提督のおかげで、夢にまでみた将軍に抜擢されて、親族一同の誇りと湛えられるようになりました。提督のためにその身を捧げて、さらなるご活躍をお祈りしております」
「ともかくせっかく頂いた休暇だ。有意義に使わせてもらおうか」
「故郷に戻りますか?」
「そうだな……おまえとはじめて会った思い出の場所にでも行ってみるか?」
「あなたったら……」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11
2021.05.06 07:45 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -