特務捜査官レディー(十七)辞令
2021.07.21

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(十七)辞令

「ただいま!」
 真樹が声を掛けると、いそいそと母親が玄関に出迎えた。
 今日は、敬を連れてくると伝えてあったからだ。
「お帰りなさい、真樹」
「お母さん、紹介するわ。こちらは沢渡敬」
「はじめまして、真樹さんと交際させていただいてます、沢渡敬です」
 きっちりとした態度で挨拶する敬だった。
「これはこれは、うちの真樹がお世話になってるそうで」
「お母さん、立ち話もなんだから、上がってもらいましょう」
「そうだね」

 というわけで、応接室に案内され、積もる話などいろいろと話しあう三人だった。

 敬を見送った後で、応接室に戻る真樹と母親。
「いい人じゃない」
「でしょ」
「結婚するのかい?」
「うん」
「そうなの……お父さんはどうかしらね」
「それよ! どうして、出かけちゃったの? 敬を連れてくるから会って欲しいって言っておいたのに」
「やはり父親ですからねえ。娘の彼氏に会うのは勇気がいるわけよ」
「勇気がいったのは敬のほうよ」
「そうだよねえ。敬さんの方が、何倍も勇気が必要だったよね。会社から電話が掛ってきて、なんやかんやと理由をつけて出掛けてしまわれたよ」
「もう……しようがないお父さんね」
「会えるまで、何度も訪ねてきますよって敬さんは笑って言ってくれたわね」
「そりゃそうでしょ。ちゃんと会って結婚の承諾を取り付けるつもりなんだから」
「やっぱり警察官というのに、こだわっているのかも知れないしね」
「警察官じゃだめですか?」
「うーん。ほら、殉職とかあるじゃない。それを気にしていると思うの。承諾に踏み切れない状態なら、会わないほうが良いと思ってるのかも知れないわね」
「そんなこと……どんな職業だって、例えばタクシーの運転手とか、気を許せば死に至るようなことは、どこにでもあるじゃないですか。警察官だけのことじゃないと思いますけど」
「まあ、それはそうなんだけどね」
「とにかく一度会ってもらわくちゃ、話になりませんわね」
「そうね……」

「それで肝心なことなんだけど……」
「なに?」
「結婚したら、うちの家に来てもらえないかなと思ってねえ。ここ、夫婦二人で暮らすには広すぎるんだよね。もし敬さんさえ、良かったらだけど」
「相談してみます。わたしも親孝行がしたいですし」
「そうしてくれるとありがたいわ」
 母親は、すでに真樹と敬が結婚することを、前提として話を進めているようであった。
 世の常として、娘の結婚に肯定的なのは母親であり、否定的なのが父親であるということである。
 自分が腹を痛めて産んだ娘であり、初めて生理がおとずれて、手当ての仕方や女の身体の仕組みなどをやさしく教えた同性の先輩としての思い入れもある。
 もっとも正確には、真樹はこの母親の娘ではないが、自分が産んだ子供は正真正銘、この母親の孫である。
「早く孫が見たいんだけどねえ……」
 それは母親の正直な気持ちなのであろう。
 真樹としてもその方が話しやすかった。
「孫と一緒に暮らせるといいですね」
「父親があれじゃ、いつのことになるやね」
「そうですね」


 光陰矢のごとし、その年の九月に麻薬取締官の採用面接試験を受験し次の年の四月。
 希望通りに麻薬取締職員となった真樹は、採用後の研修に励んでいた。
 この時点での真樹の身分は、麻薬取締職員であり、取締官として正式任官されるまではまだ幾多のハードルがあった。
 麻薬取締職員及び取締官は、適宜研修を受けなければならなかった。
 厚生労働省主催の麻薬取締職員研修、麻薬取締官初任者研修、麻薬取締官中堅職員研修などの研修や、法務省主催の検察事務官中等科、高等科研修などを受講するとともに、国外では、フィリピンにあるWHO西太平洋地域事務局で開催されている語学研修などに参加。また、麻薬取締官は、捜査を遂行する上で危険を伴うこともあるので、拳銃射撃訓練や、逮捕術訓練などを実施するとともに、外国人による薬物犯罪の増加に対処するため、語学研修も行っている。

 それらのカリキュラムを、教官も驚くほどの優秀な成績で終了し、ついに犯罪捜査の最前線の現場に参加できる取締官に任官されたのである。
 当初は女性ということで、押収した薬物などの鑑定を行う部門へ配属される予定だったのだが、研修においてめざましい成績で終了したこと、及び真樹の強い希望と男女雇用機会均等法などから、犯罪捜査の現場への配属が決まった。
 何せ男女雇用機会均等法は、厚生労働省の管轄であるから、従わないわけにはいくまい。

 ここで麻薬取締官に関する概要を簡単に説明してみよう。
 以下は厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部のホームページからの引用である。
 http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/index.html




麻薬取締部
●薬物乱用防止をめざして
麻薬取締部の業務は、薬物5法、つまり(1)麻薬及び向精神薬取締法(2)大麻取締法(3)あへん法(4)覚せい剤取締法(5)国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例に関する法律等に規定する取締、許認可、中毒者対策を行っています。

●不正ルートの取締
薬物に関する法規制は、輸出、輸入、製造、製剤、栽培、所持、譲り渡し、譲り受け、使用等の行為ごとに規制し、これらに違反した場合には、罰則を設けています。
麻薬取締部に所属する麻薬取締官は、これらの禁止事項に違反した「薬物犯罪」について、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員として、捜査権限が与えられています。

●正規取扱者に対する指導・監督
規制薬物の中には、医療になくてはならない重要な薬物も数多く含まれています。
麻薬取締部は、これらの医薬品が製造・製剤され、若しくは輸入されてから医療現場で使用されるまでの間、適正な流通と管理がなされるよう指導・監督を行っています。

●許認可
医薬品である規制薬物の正規取扱いについては、厚生労働大臣、地方厚生局長、又は知事の免許や許可が必要となっています。
麻薬取締部は、厚生労働大臣が行う免許や許可の権限の一部が関東信越厚生局長に委任されたため、これらの許認可業務を行っています。

●中毒者対策
麻薬取締部は、保健所、精神保健福祉センター、医療機関と協力して薬物乱用者の治療や社会復帰のための助言を行っています。
また、麻薬や覚せい剤の乱用者の相談に応じるために相談電話を設置して、ベテランの麻薬取締官が相談に応じています。
「麻薬・覚せい剤」相談電話
03-3791-3779(東京)/045-201-0770(横浜)

●薬物乱用防止活動
麻薬取締部は、麻薬取締官OBの専門知識を活かした規制薬物に対する正しい知識の普及等の活動を支援するとともに、(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター等と協力して広報活動や啓発活動を行っています。

●麻薬取締官は、厚生労働大臣の指揮監督を受けて、下記の薬物関連5法に違反する罪、刑法第2編第14章「阿片煙に関する罪」の他、麻薬、あへん若しくは覚せい剤の中毒により犯された罪について、刑事訴訟法に基づく司法警察員としての職務を行っています。
 また、税関や海上保安庁などの協力を得て国外から密輸される薬物の押収に努めるとともに、平成4年に施行された「麻薬特例法」を適用して、薬物の密売収益の没収や泳がせ捜査による首謀者・密売組織の摘発などを図っています。さらに、麻薬取締官の専門性を活かして、医療関係者による薬物の不正流通・使用事犯やインターネットを利用した広域犯罪についても積極的に捜査を実施しています。


薬物関連5法
●麻薬及び向精神薬取締法
●あへん法
●大麻取締法
●覚せい剤取締法
●国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(麻薬特例法)





 こうして名実ともに麻薬取締官となった真樹のこれからの活躍を見届けよう。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


小説・詩ランキング



11
響子そして(十六)真実は明白に
2021.07.20

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します


(十六)真実は明白に

 すると今まで黙っていた、その青年が口を開いた。
「響子、意外に冷たいんだな」
「あなたに響子なんて呼びつけにされる筋合いはありません」
「そう言うなよ。響子というのは、俺がつけてやった名前じゃないか」
「ええ?」
「俺の母親の名前だ。忘れたか? ひろし」
「ひろしって……。そ、その名前をどうして? ま、まさか……」
 その名前を知っている限りには、わたしの過去の事情を知っているということ。響
子とひろしとが同一人物だと知っているのは……。そして母親の名が響子ということ
は。
「なあ、生涯一緒に暮らすから、性転換して俺の妻になってくれと言ったよな」
「う、うそ……。まさか……明人?」
「ああ、そうだ。俺の名は、遠藤明人。祝言をあげたおまえの夫だ。もっとも今は柳
原秀治って名乗っているけどな」
「で、でも。英子さん、明人は死んだって……」
「あれからすぐに臓器密売組織に運ばれてきてね。わたしが執刀医になったのさ。で
も脳が生き残っていた。明人のボディーガードの一人が、頭部を射ち抜かれて脳死に
なったのが同時に運ばれて来ていたから、二人から一人を生き返らせたわけ」
「じゃ、じゃあ。明人の脳を?」
「その通り」
「ほ、ほんとに明人なの? 担いでいるんじゃないでしょう?」
「何なら俺だけが知っているおまえの秘密を、ここで明かしてもいいんだぞ」
「それ、困るわ……」
「なら、俺を信じろ。嘘は言わん。俺は正真正銘のおまえの夫の明人だ」
 ああ……。その喋り方。
「明人……」
 わたしは、明人の胸の中で泣いた。
 明人はやさしく抱きしめてくれた。
 身体こそ違うが、わたしをやさしく見つめる目、その抱き方。間違いなく明人だ。
 明人がわたしのところに帰って来てくれた。
 ひとしきり泣いて、落ち着いてきた。
「でもどうして今まで黙ってたの?」
「それはね。脳移植自体は成功したけど、身体と精神の融合がなかなか進まなかった
のさ。身体も脳も生きているけど、分断したままという状態が長く続いた」
 社長が説明してくれた。
「俺は、生きていた。身体と融合していないから、真っ暗の闇の中でな。そしてずっ
とおまえのことを考えていた。おまえを残しては行けない。もう一度おまえに会いた
い。その一心だった。その一途な願いがかなってやがて俺の耳が聞こえるようになっ
て、さらに目の前が開けて来た。身体との融合が進んで耳が聞こえ目が見えるように
なったんだ。俺は生きているんだと実感した。だとしたらおまえを迎えにいかなきゃ
と思った。その思いからか、急速に回復していった。そして今ここにいる」
「明人、そんなにまで、わたしのことを思っていてくれたのね」
「あたりまえだろ。おまえを生涯養ってやると誓ったんだからな。それとも姿形が違
うとだめか?」
「ううん。そんなことない。明人は明人だよ。ありがとう。明人」
「ああ、言っておくけど……。俺は、今は柳原秀治なんだ。柳の下にドジョウはいな
いの柳に、そうげんの原、豊臣秀吉の秀、そして政治経済の治と書いて柳原秀治。覚
えていてくれ」
「柳原秀治ね」
「ああ。そうだ。秀治と呼んでくれていい」
「判ったわ。秀治」

「あははは!」
 突然、社長が高笑いした。
「なーんてね……。実は、里美君のご両親もここに呼んであるのさ」
「ええーっ!」
 今度は里美が目を丸くして驚いている。
「倉本さん。お入り下さい」
 社長が応接室に向かって声を掛けると、その人達が入って来た。
 そして里美の方をじっと見つめながら言った。
「やあ、元気そうだね。里美」
「ちっとも連絡してこないから、心配してたのよ」
 まだ紹介していないが、両親は里美がすぐに判ったようだ。何しろ母親と里美がそ
っくりだったのだ。
「パパ! ママ!」
「なにも言わなくてもいいわよ。みんな社長さんからお聞きしたから」
「ママ……」
 そういうと里美は母親に抱きついて泣き出した。
「えーん。本当は逢いたかったんだよ。でもこんな身体になっちゃったから……寂し
かったよー」
 まるで子供だった。
 パパ・ママなんて呼んでるから、笑いを堪えるのに苦心した。
 どうやら両親に甘えて育ったようね。道理でわたしをお姉さんと慕ってついてくる
理由が今更にしてわかったような気がする。
「泣かなくてもいいのよ、里美。ママはね、里美が女の子になって喜んでるの」
「え? どうして?」
「ほんとは女の子が欲しかったの。だから産まれる時、里美という名前しか考えてな
かったのよ。結局男の子だったけど、そのままつけちゃったの」
「でも、仁美お姉さんがいるじゃない」
「実をいうと仁美は、私達の子供じゃないんだ。パパの兄さんの子供なんだ。母親も
すでに亡くなっていたからうちで引き取ったんだ」
「先に癌で亡くなった伯父さん? そのこと、仁美お姉さんは知ってるの?」
「結婚する時に教えたわ。びっくりしてたけど、納得してくれたわ。わたしが産んだ
子じゃないけど、二人を分け隔てたことないわ。ほんとの姉弟のように育ててきたつ
もりよ」
「うん。知ってる」
「それにしても、ほんとうに奇麗になったね。もう一度近くでじっくりと顔を見せて
頂戴」
 見つめ合う母娘。
「えへへ。ママの若い頃にそっくりでしょ」
「ほんとだね、そっくりよ。だから入って来た時、里美だってすぐに判ったわ」
 そっかあ……。
 里美は母親似だったんだ。
 それにしても良く似ている。
 わたしや由香里も母親似だし……。
 男の子を女にしたら、みんな母親に似るらしい。
「でも、わたしが子供を産んでもママとは血が繋がっていないよ」
「そんなこと気にしないわよ。里美は、ママがお腹を傷めて産んだ子。その子が産ん
だ子供なら孫には違いないもの。里美はママと臍の緒で繋がってたし、里美の子供も
やはり臍の緒で繋がる。母親と娘は血筋じゃなくて、臍の緒で代々繋がっていくわけ
よ。そう考えればいいのよ。でしょ?」
「うん、それもそうだね」
 母親はやさしく包みこむように里美を諭している。
 臍の緒で代々繋がっていく。
 そういう考え方もあるのか……感心した。
 さすがは母親だと思った。妊娠し出産する女性にしか気づかない考え方ね。
 由香里も、なるほどと頷いて、納得した表情をしている。
「里美のウエディングドレス姿を早く見たいわね」
「社長さん達が、お見合いの話しを進めてるらしいから、もうすぐかも」
「楽しみね」
「うん」
 ほんの数分しか経っていないのに、すっかり打ち解け合っている。
 あれがほんとうの母娘の姿だと思った。
 ふと気づいたが、会話にはほとんど父親が参加していない。数えてみたらほんの二
言しか喋っていないし、抱き合っている母娘のそばで、突っ立っているだけで、まる
で蚊帳の外にいるみたいだ。
 こういうことは、男性はやはり一歩引いてしまうんだろうか?
 いや、それでもやさしく微笑んでいるから里美のことを認めているには違いない。
里美が最初に抱きついたのは母親の方だし、母娘のスキンシップを邪魔しちゃ悪いと
思っているのかも知れない。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
特務捜査官レディー(十六)生活安全局局長
2021.07.20

特務刑事レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(十六)生活安全局局長

 生活安全局とは。
 拳銃などによる犯罪を取り締まる「銃器対策課」
 覚醒剤などの薬物の乱用・密売などを取り締まる「薬物対策課」
 その他、住民の生活に関わる全般的な犯罪などに対処する部署である。

 通路の一番奥まった所にその局長室はあった。
 この際遠慮などいりはしない。
 面会の予約など糞食らえだ。
 構わずドアを開けて中に入る。
「何だ、君は?」
 敬の顔を忘れているようだった。
 所詮、一警察官の事など眼中にはないというところか。
 多少なりとも覚えておいて欲しかったものだ。 
「もうお忘れですか?」
「ん……?」
「二年前に、麻薬銃器の捜査研修目的でニューヨークに出張を命じられた沢渡敬ですよ」
 さすがにそこまで言われると思い出さざるを得なかったようだ。
「さ、沢渡だと!」
「殉職したと思いましたか?」
「そういう報告をニューヨーク市警から貰っている。遺体は組織の手で処分されたと……」
「そうですねえ。殉職したあげくに、闇の臓器密売組織に渡った……でしょう?」
「そ、そうだ……」
「しかし、私は生きてここにいます。特殊傭兵部隊に紛れ込んで命を永らえたんです」
「傭兵部隊だと?」
「人質事件救出の突撃隊や要人警備の狙撃班として駆り出される部隊ですよ。おかげで狙撃の腕はプロフェッショナルになりましたよ。そうだ! 一応報告しておきましょうか。沢渡敬は、ニューヨーク市警における麻薬銃器捜査研修の出張から戻って参りました」
 と、敬礼をほどこしながらとりあえずの報告を終わる。
「ああ……。ご、ごくろうだった」
「戸籍回復、及び職務復帰手続きとかを課長がやってくれるそうです」
「そうか、私からも言っておくよ」
「そりゃどうもです」
「佐伯君はどうなんだ?」
「亡くなりましたよ。私の目の前でね」
「残念だったな」
「そうですね。やっかいな二人のうちの一人を処分できたんです。黒幕は少しは安堵したことでしょう」
 黒幕という言葉を使って、やんわりと核心に触れる敬。
「黒幕とはどういうことだ?」
「言葉通りですよ。俺達の命を狙った犯行の首謀者のことですよ」
 敬の思惑を測りかねて口をつむぐ局長。
 軽率な発言をすれば揚げ足をとられるとでも思ってのことだろうと思う。
「それからニューヨーク市警の署長は、何者かに狙撃されて死んだそうですね。ぶっそうですよね。ニューヨークってところは。毎日どこかで殺人が起きているんですから」
 その口調には、それをやったのは自分だという意思表示が現れていた。
「ああ、お忙しい身でしたよね。今日のところは、これでおいとましましょう。これから家に帰って、両親に無事な姿を見せてやりたいですから」
「わかった。気をつけて帰ってくれ」
「それでは、突然押しかけて申し訳ありませんでした。一刻も早く報告しようと思ったものですからね。では、失礼します」
 敬礼して、くるりと踵を返し、部屋を退室する敬だった。
「気をつけて帰ってくれか、よく言うぜ」
 吐き捨てるように言いながら、
「さて、局長が刺客を手配する前にとっとこ帰るとするか」
 と足早に局長室を後にした。


 待ち合わせの場所で合流する。
「へえ、局長の慌てふためく様を見たかったな」
「俺が狙撃のプロ集団である特殊傭兵部隊にいたことや、ニューヨーク市警狙撃事件のことを話したからな、自分もいつ狙撃されるかと冷や冷やしているかもな」
「罪な人ね。その気はないんでしょ?」
「ニューヨークの事は、おまえが死んだという報告書をみての復讐だったからだ。あの頃は心が荒んでいたからな。正義感もどこへやらだった。しかし生きているなら罪を重ねる必要はないさ」
「うん。わたしはあなたが人を殺すところを見たくないわ」
「しかし、俺の手は血に汚れてしまったからな。あの時以来……」
「わたしが、元の敬に戻してあげるわ。大丈夫よ、愛があればね」
「そうか……」
「あら、わたしの言うこと信じてないわね」
「信じてはいるけど……」
「もう弱気ねえ。じゃあ、こうすればどう?」
 というなり、いきなり敬に抱きつく真樹。
「お、おい。人前だぞ」
 通行人が二人を怪訝そうに見ながら通り過ぎていく。
「気にしないわ。恋人同士なら恥ずかしがることない」
 そして唇を合わせてくる。

「どう? これで信じてくれる?」
 長い抱擁の後に、潤んだ瞳で囁きかけてくる真樹。
「わたしは、どんな時でも敬を信じているわ。ニューヨークの街角で逃げ惑いながら、凶弾に倒れても、
『いいか、おまえも最期の最期まで、生きる希望を捨てるなよ。簡単に死ぬんじゃないぞ、俺が迎えにくるのを信じて、命の炎を絶やすんじゃない』
 と言ったあなたの言葉を信じて、必死で生き延びようとした。だから奇跡の生還を果たすことができたの。先生もほんとにおどろいてらっしゃったけど」
「黒沢先生か?」
「そうよ。この愛であなたの心を癒してあげる」
「わかったよ。真樹の言うことを信じるよ」
「うん……」
 生死の境を乗り越えて生き延びてきた二人に、障害というものは存在しなかった。

 数日後のことである。
 駅近くで落ち合う二人。
「ご両親はどうだった?」
「あはは、生きて俺が帰ってきて、目を丸くしてた。でも涙を流して喜んでくれたよ」
「でしょうね。心配掛けさせたんだから、これからはちゃんと親孝行しなくちゃ」
「じゃあ、そろそろ行こうか」
「う、うん……」
「どうした? 気乗りがなさそうだな」
「ほんとにいいの?」
「当たり前じゃないか。交際するなら、ご両親にちゃんと挨拶するのが筋だろう。大切なお嬢さまなんだからな」
「お嬢さまか……」
 今日は、真樹の両親に敬が会いに行く日であった。
 交際していることを正式に了承してもらおうというわけである。
「だいたいからして、俺は警察官なんだぜ。影でこそこそやるのは嫌いだ」
「そうだよね」
 最近の警察官の不祥事は頻発しているが、この敬という男は根っからの正義馬鹿と呼ばれるほどの性格をしている。だから交際するにもちゃんと両親の承諾を受けてからと考えているわけである。
「昇進もしたしね」
「うん……。良かったね」
 ニューヨーク研修を無事終了したという事で、敬は巡査部長に昇進していた。
「局長は何か動いてる?」
「いや、まだ表立った行動は取っていないようだ。ニューヨークから無事に帰還したことと、傭兵部隊で腕を磨いたということで、用心しているんじゃないかな。でも水面下では用意周到に手はずを整えているかも知れない。闇の中で蠢く溝鼠のようにね」
「たぶんね」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -