響子そして(十八)縁談1
2021.07.22

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します


(十八)縁談1

 わたしも泣いていた。
「わたし、女になった事後悔してないよ。秀治という旦那様に愛されて幸せだったよ。わたしは、身も心も女になっているの。だからおじいちゃんが悲観することは、何もないのよ」
「そうだよ。おじいさんは、悪くはないよ」
 秀治が跪き、祖父の肩に手を置いて言った。
「女にしたのが悪いというなら、この俺が一番悪いんだ。刑務所で、ひろしを襲わせるように扇動したんだからな。しかし、俺は女らしくなったひろしに惚れてしまった。女性ホルモンを飲ませ、性転換させてしまったのも全部俺のせいだ。もちろん俺はその責任は取るつもりだ。生涯を掛けて、この生まれ変わった響子を守り続ける。そう誓い合ったから死の底から這いあがってきた。別人になっても俺の気持ちは変わらない。な、そうだろ? 響子」
「はい」
「どうやら君は、いずれ響子が相続する遺産を狙っているような人間じゃなさそうだな」
「おじいちゃん! 秀治はそんな人じゃありません」
「判っているよ。今まで、お母さんやおまえに言い寄ってくるそんな人間達ばかり見てきたからな。懐疑的になっていたんじゃ。だが、彼の態度をみて判ったよ。真剣だということがな。まあ、たとえそうだったとしても、響子が生涯を共にすると誓い合った相手なら、それでもいいさ。儂の遺産をどう使おうと響子の勝手だ」
「遺産、遺産って、止めてよ。おじいちゃんには長生きしてもらうんだから」
「あたりまえだ。少なくとも、曾孫をこの手に抱くまでは死なんぞ」
「もう……。おじいちゃんたら……」
 ゆっくりと祖父が立ち上がる。腰が弱っているので、わたしは手を貸してあげた。
「秀治君と言ったね」
「はい」
「孫の響子をよろしく頼むよ」
「もちろんです。死ぬまで、いや死んでもまた蘇ってきますから」
「やだ、ゾンビにはならないでよ」
「こいつう……」
 秀治に額を軽く小突かれた。
 わたしの言葉で、部屋中が笑いの渦になった。
「あ、そうだ。遺産って言ったけど、わたしには相続権がないんじゃない? 法定相続人のお母さんをこの手で殺したんだもの」
「遺言を書けばいいんだよ」
「あ、そうか」
「儂の直系子孫は、娘の弘子の子であるおまえだけだ。遺産目当ての傍系の親族になんかに渡してたまるか。まったく……第一順位のおまえの相続権が消失したと知って、有象無象の連中がわらわら集まってきおったわ」
「でしょうね。お母さんが離婚した時も、財産目当ての縁談がぞろぞろだったもの」
「とにかく、今夜親族全員を屋敷に呼んである。やつらの前で、公開遺言状を披露するつもりだ。儂の死後、全財産をおまえに相続させるという内容の遺言状をな。だから屋敷にきてくれ、いいな」
「わたしは、構わないけど。女性になっているのに、大丈夫なの? 親族が納得するかしら。それに遺留分というのもあるし」
「納得するもしないも、儂の財産を誰に譲ろうと勝手だ。やつらに渡すくらいなら、そこいらの野良猫に相続させた方がましだ。それに遺留分は被相続人の兄弟姉妹には認められていないんだ。遺留分が認められている配偶者はすでに死んでいるし、直系卑属はおまえしかいない。遺言で指名すれば、全財産をおまえに相続させることができるんだ」
「へえ……そうなんだ。でも、やっぱり納得しないでしょね。貰えると思ってたのが貰えないとなると」
「だから、儂が生きているうちに納得させるために生前公開遺言に踏み切ったのだ」

「さて、みなさん。全員がお揃いになったところで、もう一度はっきりと申しましょう」
 社長が切り出した。全員が注目する。
「響子さん、里美さん、そして由香里さん。三人には、承諾・未承諾合わせて真の女性になる性別再判定手術を施しました。それが間違いでなかったと、わたしは信じております。もちろん秀治君の言葉ではないが、将来に渡って幸せであられるように、この黒沢英一郎、尽力する所存であります。わたしは、三人を分け隔てなく平等にお付き合いして参りました。今後もその方針は変わりません。そこで提案なのですが、三人同時に結婚式を挙げてはいかがでしょうか? もちろん里美さんの縁談がまとまり次第ということになります」
「賛成!」
 里美が一番に手を挙げた。そりゃそうだろうね。
「しかし俺達の日取りはもう決まってるんだぜ」
 と、これは英二さん。
「延期すればいいわよ。あたしも賛成です。あたしだけ先に挙式するの、本当は気が退けていたんです。三人一緒に式を挙げれば、何のわだかまりもなくなります。だってあたし達仲良し三人娘なんですから。いいわよね、英二さん」
「ま、まあ、おまえがいいというなら……英子の発案でもあるし」
 相変わらず英二さんは、由香里のいいなりね。
 で、わたしはと言うと……。
「わたしも、秀治さえよければ、三人一緒で構いません」
「ああ、俺はいつだっていい。明人として、一度は祝言を挙げているから」
 というわけで三人娘の意見は一致した。
「それでは、親御さん達は、いかがでしょうか?」

「わたし達は構いませんよ。どうせ縁談が決まるのはこれからです。反対にみなさんにご迷惑をかけるのが、心苦しいくらいです」
「儂も構いませんよ。秀治君の言った通りです」
 というわけで、わたし達の三人同時の結婚式が決定した。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
特務捜査官レディー(十八)磯部京子のこと
2021.07.22

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(十八)磯部響子のこと

 とは言っても、そうそう犯罪者の家宅捜査や逮捕といった最前線には出してはくれなかった。まずは新人らしく、麻薬などを取り扱う病院や製造業者の立ち入り検査、大麻の栽培業者の指導や監督、野に自生しているケシや大麻の抜去、麻薬没滅キャンペーンの広報的な活動を割り与えられていた。
 まあ、当然といえば当然のことである。職場の環境や仕事内容を把握し、先輩達の活躍ぶりを見届けることも仕事のうちということ。
 どんなに優秀な野球選手でも、最初は球拾いからである。

 関東信越厚生局中目黒庁舎麻薬取締部捜査課へ、土日を除く曜日に出勤し、九時から五時までの勤務時間を終えると退社する。
 まるでオフィスレディーよろしく平穏無事な日々が続いていた。
 出勤して最初の仕事は、お茶を各自のデスクを回って配ることだった。
 命令されてやっているのではなく、真樹の配属された捜査課には女性がおらず、やさしい性格から率先して引き受けていたのである。
 女子大卒業したての唯一の女性ということで、課内ではアイドル的存在になっていた。呼び方も「真樹ちゃん」であった。
 麻薬取締りの最前線で、犯人逮捕で活躍するという当初の希望からかけ離れた内容に、何のために麻薬取締官になったのか、と自問自答する時もあった。
「気にするな。いずれ君にも活躍してもらう時がくる。物事には順序というものがあるのだ」
 判ってはいるが……一刻も早く現場に出たかった。

 磯部ひろしの件があった。(参照=響子そして/サイドストーリー)
 麻薬銃器取締課の警察官として、すでに現場に出て活躍している敬から、ひろしに関する情報が寄せられていた。
 警察官に復帰した敬は、磯辺健児を挙げるべく証拠集めを行っていた。そんな中から少年刑務所に収監されたひろしの情報も入ってきていたらしい。
 仮釈放された磯部ひろしが、とある暴力団の組長の情婦となり、響子と名乗っているという情報だった。
「情婦?」
 それを聞いて驚く真樹だった。少年だったひろしが情婦とは……。
「俺も聞いてびっくりしたぜ。なんと! 性転換して女になってるんだ」
「女ですって? 何で性転換するような事になったのよ」
「まあ、少年刑務所だからなあ……。女のいないムショ暮らしで、欲求のたまった男達の間にあって、新人で少年だったひろし君が、そのはけ口とされるのは自然の成り行きだったのかもな」
「つまり、女役として扱われたのね」
「よくあることらしいんだ」
「そんな事……」
「そういう生活の中で、女に目覚めたのかも知れない。いや、そうならざるを得なかったのかもな」
「でも、性転換までする?」
「それが、宿房の中に暴力団の組長の息子がいたらしくてね。そいつが女に目覚めたひろしに惚れたらしくて、女性ホルモンを差し入れさせて、それをひろしに飲ませてより女らしい身体にさせていったらしいぜ。女性ホルモンのことなら真樹は良く知っているだろう」
「それで、身も心も女になっちゃたんだ。まだ少年だったから、女性ホルモンの効果は絶大だものね。身体の変化はもちろんのこと、精神構造も女らしくなっていく」
「そういうことだな」
「そうか……ひろし君。女の子になったんだ……」
「ひろしじゃないよ。今は響子だよ。彼女に惚れた相手が、その親である暴力団の組長が抗争事件で死亡して二代目を継ぎ、情婦としてそばに置きながら、性転換手術を勧めたということさ。手術費用なら全然心配ないから、最高の技術を受けることができる。そしてひろし君は、女に生まれ変わって響子になった」
「しかし……抗争事件を引き起こしている暴力団組長の情婦となると、先行き不安だわね」
「ああ、俺達。麻薬銃器対策課のごやっかいになるかも知れない。最悪、組長情婦として対抗組織から命を狙われるかもな」
「冗談じゃないわ。これ以上、ひろし君を巻き込みたくないわ」
「だが組織は手加減してくれない」
「ひろし……響子さんには、これ以上酷い目には合わせたくないの。女の子になってしまった事情はともかくも、幸せな人生を送って欲しいもの。彼女がこんなことになったのも、わたし達が手をこまねいていたせいだよ。あの時、もっと積極的に強引に動いていれば、麻薬密売人を近づかせることもなく、結果として母親殺しにも至らなかったのよ」
「そうだな。すべては俺達の至らなかったせいでもあるからな」
「とにかく、響子さんの身辺をもっと探ってくれない?」
「判っているさ」
 今は、捜査の最前線にいる敬に頼るしかなかった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
響子そして(十七)お見合い話
2021.07.21

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します


(十七)お見合い話

「あのお……。お取り込み中、申し訳ありませんけど、わたし達は何で呼ばれたんで
しょうか?」
 里美が口を開いた。
「ああ、君達の事すっかり忘れていたよ。あはは」
「もう……。ひどいです。でも恋人同士感動の再会の場面に居合わせて良かったです」
「君達を呼んだのは、この二人の結婚式を由香里と一緒に挙げようと思ってね」
「え?」
 わたしは驚いた。
 明人……じゃなくて、秀治と結婚式?
 すると秀治がわたしの肩に手を乗せて言った。
「昔の俺、つまり明人と響子は祝言を挙げたけど、婚姻届は出していない。おまえの
戸籍は男だったからな。しかし今のおまえは女になってるし、俺は柳原だ。だから改
めて結婚式を挙げて正式に結婚しようと思う。もちろん婚姻届を出してな。いいだろ?
響子」
「ええ、秀治がそういうなら」
 嬉しかった。
 もちろん反対するわけがない。
 秀治の本当の妻になれるのだ。願ってもないことだ。
 また涙が溢れて来た。
「というわけで、お願いします。響子との結婚式を、英二さんと由香里さんと一緒に
挙げさせてください」
 秀治が頭を下げた。
 他人に頭を下げるなんて、明人だったら絶対にしなかった。組織の力でねじ伏せて
従わせていた。しかし、今は柳原秀治という一介の人間でしかない。
「もちろんですよ。ねえ、英二、構わないでしょ」
「あ、ああ。おまえが良ければな」
「一緒に幸せになりましょう。響子さん」
 由香里がわたしの手を握って微笑んでいる。
「ありがとう、由香里。一緒に」

「あの……。わたしには? お見合いの話しはないんですか?」
 里美が遠慮がちに質問している。自分だけのけ者にされたくないみたいだ。
「ああ、すまないね。今、英二と検討しているからもう少し待ってくれる?」
「じゃあ、いるんですね? お見合いの相手」
「取引先の社長のご子息でね。立派な方だ。受付けやってる君にぞっこんでね。父親
を通じて縁談を持ち掛けてきたんだ」
「やったあ! わたしも結婚できるのね。できればわたしもお姉さんと一緒に結婚式
挙げたいな」
「それは無理よ」
「どうして?」
「あなたにはご両親がいるじゃない。まずその説得が先なんじゃない? 女性に生ま
れ変わったこと、まだ話していないんでしょ?」
「そうだった……」
「わたしは、みんなに幸せになってもらいたい。誰からも祝福されて結婚してもらい
たい。親がいるなら式にも出席して欲しい。だから里美はご両親に会って今の自分を
正直に話すのが先決だ。そうしたら、改めてその人を紹介しようと思う」
「でも……。説得できるかな……。それにわたしが息子だったなんて信じてくれるか
しら」
 里美が、泣きそうな顔をしている。
 そんな顔を見るのはわたしだって辛い。
 里美は、元から十分女性として通用するほどのきれいな顔していた……らしい。直
接見たわけじゃないから……上に、ハイパーエストロゲンで、今では同じ女性でさえ
ため息を覚えるほどの社内一の美人受付嬢になっている。そんなにも美しい女性が目
の前に表われて、あなたの息子です、と告白されてもとうてい信じてくれないだろう
と思う。
 わたしと由香里が、段階的に女性への道を踏んできたのに対し、里美はいきなり突
然女性ですものね。未だに男性と女性の境界線にあって、完全には女性には成りきっ
ていない。それが両親への告白に踏み切れないジレンマになっているみたい。
 はやく割り切って、精神的にも完全な女性になってしまえばいいのにね。
 英子さんも罪なことしたものね。
「いいわ。わたしが一緒に、ご両親のところに付いていってあげる。真実を告白しま
しょう」
「いいの?」
「あたりまえよ。妹一人だけで行かせるわけにはいかないわ」
「ごめんね。本当はあたしも付いていってあげたいけど、あたしの両親と親族との打
ち合わせがあるから……」
「ありがとう、由香里。気持ちだけで十分よ。わたしは、お姉さんさえ付いて来てく
れれば大丈夫だから」


「それから響子君には、会わせたい方がもう一人おられる」
「会わせたい?」
「秀治君お連れしてください」
「わかりました」
 秀治は、隣室の応接室に入っていった。
 そして連れて出て来たのは、
「お、おじいちゃん!」
 わたしの祖父だった。
 祖父の娘でありわたしの母親を殺したという後ろめたさと、女になってしまったと
いう理由で、仮出所以来も会う事ができなかった。
「ひろし……いや、響子。苦労したんだね」
「おじいちゃんは、わたしを許してくれるの?」
「許すもなにも、おまえはお母さんを殺しちゃいない。覚醒剤の魔手から救い出した
んだよ。あのまま放置していれば、生前贈与した財産のすべてを吸い尽くされたあげ
くに、売春婦として放り出されただろう。それが奴等のやり方なんだ。いずれ身も心
も廃人となって命を果てただろう。おまえは命を絶って、心を救ったんだ。お母さん
は、死ぬ間際になって、母親としての自覚を取り戻せたんだ。おまえを恨むことなく、
母親としての威厳をもって逝ったんだ。もう一度言おう。おまえに罪はない」
 母親の最後の言葉を思い出した。
 ご・め・ん・ね
 ……だった。
 助けて、とは言わなかった。
 殺されると知りながらも、覚醒剤から逃れるために敢えて、その身を委ねたのだ。
息子に殺されるなら本望だと、母親としての最後の決断だったのだ。
「おじいちゃん……。そう言ってくれるのは有り難いけど……。わたし、もうおじい
ちゃんの孫じゃないの。見ての通りのこんな身体だし、たとえ子供を産む事ができて
も、おじいちゃんの血を引いた子供じゃないの」
「倉本さんのお話しを聞いていなかったのかい? 臍の緒で繋がる。いい話しじゃな
いか。おまえは儂の孫だ。間違いない。その孫から臍の緒で繋がって生まれてくる子
供なら、儂の曾孫に違いないじゃないか。そうだろ?」
「それは、そうだけど……」
「おまえが女になったのは、生きて行くためには仕方がなかったんだろう? 儂がも
っと真剣におまえを弁護していれば、少年刑務所になんかやることもなかったんだ。
女にされることもなかった。娘が死んだことで動揺していたんだ、しかも殺したのが
息子と言うじゃないか。儂は、息子がどんな思いで母親を手にかけたのか思いやる情
けもなく、ただ世間体というものだけに縛られていた。弁護に動けなかった。おまえ
が少年刑務所に送られてしばらくしてからだった。本当の殺害の動機が判ったのはな。
おまえの気持ちも理解できずに世間体しか考えなかった儂は……。儂は、親として失
格だ。許してくれ、ひろし!」
 そう言うと、祖父は突然土下座した。
 涙を流して身体を震わせていた。
「おじいちゃんは、悪くないわ」
 わたしは駆け寄って、祖父にすがりついた。
「済まない。おまえを女にしてしまったのは、すべて儂の責任なんじゃ……」
 もうぽろぽろ涙流していた。
「そんなことない、そんなこと……」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -