梓の非日常 第二部 第八章・小笠原諸島事件(十四)駆逐艦VS潜水艦
2021.04.23

梓の非日常 第二部 第八章・小笠原諸島事件


(十四)駆逐艦VS潜水艦

 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦に乗船した梓と慎二。
 船べりから島を見つめている。
 突然、警報音が鳴り響く。
「総員戦闘配備せよ!」
「対潜魚雷及びデコイ発射準備!」
「シースプライト発進準備!」
 甲板にいた水兵達が一斉に武器装備へと駆け回る。
 そして船が大きく面舵に艦体を転回させ始めた。

 何事かとキョロキョロとする梓。

 その側に控えている麗香に、艦の伝令が近寄って何か囁いていた。
 そして麗香が事情を説明する。
「近くに潜水艦が潜んでいたようです。魚雷攻撃を受けました。急いで安全な場所へ避難します」
 水兵の案内で、防水気密区画の場所へと退避した。


 駆逐艦に向かって海上を突き進む魚雷。
「デコイ発射!」
 艦上から囮(おとり)魚雷が発射される。
「舵を中央に戻せ! 前進半速!」
 操舵室では息詰まる戦いが始まっていた。
 迫りくる魚雷の速度とコースを見極めながら、慎重に舵とエンジンコントロールを下令する艦長。
 敵艦に船腹を見せていては被害甚大、艦首を敵に向けて回頭する。
 シュルシュルと艦のすぐ側を通過する魚雷。
 甲板上の水兵達が、緊張の面持ちで見つめている。
「魚雷回避成功!」
「よおし! 今度はこちらから攻撃するぞ! 全速前身、取り舵十度! アクティブソナー用意!」
「324mm3連装魚雷発射管に弾頭装填せよ!」

 甲板から、H-2 シースプライト汎用対潜ヘリコプターが発進する。
 甲板後部からSQR-19ソナー・アレイえい航式パッシブソーナーが投下される。

「別の潜水艦がいます。高速で遠ざかっています! 島から発進したと思われます」
「どうやらそちらの方が本命だったようだな。例の研究員とやらも乗っているのだろう」
「戦闘機と今攻撃を仕掛けている潜水艦は、おとりだったようです。そちらに気を逸らせている間に、反対方向へと出航したのでしょう」
「そちらを追いたいのはやまやまだが、攻撃を仕掛けてくる奴を始末するのが先決だ。爆雷深度調整を百メートルにセット!」
 駆逐艦対潜水艦の戦闘が始まる。
 爆雷を投下しながら、潜水艦を追い続ける駆逐艦。
 追いつ追われつの攻防戦の果てに、駆逐艦の追撃を交わして潜水艦は消え去った。
「敵艦の感、消失しました」
「取り逃がしたもようです」
「戦闘態勢を解除、警戒態勢に変更。まだどこかに潜んでいるかも知れんからな」

 退避室で事の次第の報告を、艦長のエリアス・スターリング少佐から受ける梓と麗香。
「そう……。研究員は潜水艦で逃げたのね」
「確証はありませんが、可能性は大であります。この艦は主に領海警備のパトロールが主体でして、はっきり言いますと対潜戦闘は初めてでした」
 この時代は、昔と違って投下式の旧式爆雷はほとんど使われない。
 旧式の爆雷は、領海侵犯した船舶に対する警告・威嚇目的として使用されることが普通である。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v





梓の非日常/第九章・生命科学研究所(八)炎の中で
2021.04.22

梓の非日常/終章・生命科学研究所


(八)炎の中で

 炎は依然として勢いを止めなかった。
 酸素マスクがなかったらとっくにガス中毒で死んでいるはずである。
 炎を見つめる二人。
「なあ、もし助かったら約束してくれるか?」
「約束?」
「ああ、もし助かったら、浩二のことは忘れて、女の子らしくしてくれないか」
「あたしは、女だよ」
「そうじゃなくって! 性格的にだよ。空手なんかに熱中してないで、もっとしとやかにして欲しいんだ」
「それが、おまえの好みか? つまりちゃらちゃらした綺麗なドレスなんかで着飾って社交界デビューするような」
「いや、今の梓ちゃんも十分好きだよ。しかしそれじゃあ……」
「婿になり手がいないか?」
「婿?」
「あたしが嫁にいくような生活してるか?」
「そうだな……。婿がいなくなる。まあ金目当ての奴ならいくらでもいるだろうがな」
「それでもいいんじゃない? 適当に男と遊んでできた子供を後継者にすればいい。真条寺家は女系家族だ。子種さえもらえば、あえて夫というものを作る必要もない」
「あ、あのなあ……」
「冗談だよ」
「こんな状況で、よくも冗談が言えるな」
「気を紛らしているんだよ」
「まったく、たいした女の子だよ」
「へえ。女の子と思ってくれるんだ」
「あたりまえだ。梓ちゃんは可愛いよ。だが男っぽい性格はいただけないな」
「そうか、一応ありがとうと言わせてもらおうか。で、話を元に戻すと、ここから助かったら、女の子らしくしろと言うことだよな」
「そうだ!」
「助かる方法があるのか?」
「いいから約束してくれ。そうでなきゃ、決意が萎む」
「なんか知らんか……いいよ。約束する」
「よし、指きりげんまんしようぜ」
 といいつつ小指を突き出す慎二。
「おまえは、子供か!」
 呆れた顔の梓。
「いいじゃないか。約束をする時にはこれが一番だ」
「わかったよ。ほれ」
 そういって同じように小指を差し出す梓。
「♪指きりげんまん嘘ついたら針千本のーます♪ きっーた!」
 小指と小指を絡ませて口ずさむ慎二。
 思わず苦笑しながらも成り行き任せの梓。
「よし、約束だかんな。助かったら女の子らしくすること」
「わかった! で、本当に助かる方法があるのか?」
 自信満々の表情で慎二が答える。
「一つだけ方法があるさ」
「方法?」
「ああ……もちろんだ。梓ちゃんのきれいな肌に火傷すらつけないで無事に外へ連れ出す方法がね。一つだけある」
「そんなことできるわけないじゃない」
「いや、あるさ。ただし……梓ちゃんには諦めてもらうしかないがな」
「諦めるって、何を?」
「こいつさ」
 と慎二が指差した先には、長岡浩二が眠っている冷凍睡眠カプセルがあった。
 勘の良い梓は、慎二の意図がすぐに理解できた。
「うまいぐあいに、このカプセルは冷凍されていて、中に入ればその余熱でしばらくは中の人間を炎の熱から守ってくれるだろう。多少の凍傷にかかるかも知れないけどな」
「そんなこと……あたしに中に入れと言うの? だれがこれを運ぶのよ。それにカプセルから出した浩二君はどうなるの」
「だから言っているじゃないか。諦めてもらうしかないって。どっちにしろ俺たちが死ぬと同時にこの人も死ぬんだ」
「でもこの人は、命の恩人なのよ。見捨てられないわ」
「どうして、そんなにこの人にこだわるんだよ。とっくに死んでいるも同然のこの人に」
「それは……」
 言葉に詰まる梓。
 どう説明したらいいものかと悩んでいる。
「いいわ。ほんとのことを話してあげる」
「ほんとのこと?」
「ええ。驚かないでよ」
「わかった」
 それからゆっくりと長岡浩二と自分自身との関係を話し出す梓。


 長い話が終わった。
 いや実際にはそんなに時間は長くはなかったのだろうが、突拍子もない梓の説明を理解しながら聞くのに手間どり長く感じたのである。
「だから見捨てるわけにはいかないのよ」
「そうか……そうだったのか。それで、この人にこだわっていたのか……。何度もこの人に会いにきていたのはそのためだったのか」
「そうよ。わたしは、この浩二君の意識を移植されて生き返ったのよ。だから、わたしの意識の中には浩二君である部分も少し存在しているのよ」
「そうか……梓ちゃんに、どことなく男っぽいところがあったのは、そのせいなのか」「そうなのよ。だから、この浩二君は分身なのよ。見捨てることはできない。あたしだけが助かるなんてできないのよ」
「そうは言ってもな。実際問題として、一人でも生きる可能性があるなら、それに掛けるのはいいじゃないか。そのために犠牲になるのなら、この人も本望じゃないのかな。梓ちゃんを危機から救ってくれたのも、この人の性分だと思う。言ってたよ、
『女の子には優しく、時には守ってやるくらいの気概がなくてはいかんぞ。それが本当の男。男の中の男というもんだ』
ってね」
「でも……」
 いつまでも踏ん切りつかない梓。
 だがその背景には、梓が入ったカプセルを誰が運び出すかという問題があった。
 口には出さないが、判りきったことである。

「すまん!」
 と言うと梓に当身を入れる慎二。
「ううっ、し・ん・じ・く・ん……」
 そのまま気絶する梓。
「悪いな、梓ちゃん。これ以上、議論している時間がないんだ」
 言いながら、そろりと床に梓を横たえてから、冷凍睡眠カプセルに向かう慎二。
 操作パネルをじっと眺めて開閉ボタンを探し出す。
「これかな……」
 ボタンをぷちっと押すと、
 ぷしゅー!
 空気が抜ける音と共に、カプセルの蓋が開いた。
「長岡さん……。あなたにも、わかってもらえますよね」
 というと、その凍った身体を引きずり出した。
「さすがに冷たいな」
 床に横たえて、手を合わせる慎二。
「すみません長岡さん。これしか方法がないんです」
 立ち上がると、次の手順に入った。
「外れると思うんだが……」
 冷凍睡眠カプセルに繋がったケーブル類や、土台に固定している器具を取り外し始めた。
 そして力を込めてカプセルを引き剥がしにかかった。
 外壁についた露が凍っていて、カプセルはなかなか土台から離れなかったが、渾身の力を入れるとついにそれは動いた。
「よし。次はっと……」
 慎二は患者を運ぶ移送ベッドを持ってくると、そのカプセルをベッドの上に乗せた。かなり重くて苦労したが、何とか引きずるようにして移し変えた。
 そして床に気絶して横たわっている梓を、やさしく抱きかかえるとカプセルにそっと横たえた。
 童話の眠り姫のように美しいその姿。
 それが醜く焼け爛れていく様を見たくはなかった。
「俺はどうなってもいいが、梓ちゃんには無事な姿で生きていて欲しいんだ」
 そういうと、酸素を供給する酸素ボンベのバルブを少し開けて梓の脇に置き、静かにカプセルの蓋を閉める。
 さらに透明なガラス面から熱赤外線が入り込まないように上に手近な覆い布を被せて水をたっぷりと含ませる。
「さて、準備は整った……。問題は通路にも火が回っているかだな……」
 階段にたどり着くまでが勝負だった。
 床は平面で、移送ベッドを転がしていけるが、この重いカプセルを抱えて階段を昇ることは不可能だ。そうなると、カプセルから梓を出して抱えていかなければならない。もし火が階段から先まで延焼していたら万事休すだ。
「しかしやるしかないな」
 一分一秒、時間の経過と共に火は広がっていく。待ってはいられない。
 再び室内にあった水道の蛇口を捻って、体中に水を浴びて濡らし、さらにカプセルの多い布も水を含ませた。
「さて行くか……」
 大きく息を吸い込んで、
「なむさん!」
 叫ぶと、移送ベッドを力一杯押して炎の中へと飛び込んでいった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
梓の非日常/第九章・生命科学研究所(七)慎二登場!
2021.04.21

梓の非日常/終章・生命科学研究所


(七)慎二登場!

 その頃、梓は火に囲まれて身動き取れない状態だった。
 幸いにも、研究室の片隅に置かれていた酸素ボンベとマスクを見つけて、それを口に当てて呼吸を確保していた。とはいえ出口は火の海、他に逃げ場はないかと探したものの、どこにも逃げ道はなかった。
「ふふ。さすがに生命研究所だけあって便利なものがあったけど……。八方塞がり旧態依然ね」
 生命の危機に陥っているというのに、落ち着いている自分を意外に思っていた。
「そういえば、飛行機事故の時もそうだったっけ……」
 燃料切れで墜落するかもしれないと伝えられた時のことを思い出していた。
 一度死んだことのある梓にとっては、すでに死の境地を乗り越えて、精神的に解脱していたのかも知れない。
 そしてさらに思い出したことがあった。
 潜水艦を襲ってきた駆逐艦隊と、背後にある組織の影である。
「まさか……。この火事も、あたしを亡きものにしようと組織が放火した……と考えた方がいいわね」
 火の回りが速すぎるのが、その推理の根拠だった。
「油かなんか撒いてから、火を点けたんだろうね……」
 その行為もさることながら、その気配を察知できなかった、自分が不甲斐なかった。
「精神修養が足りないわね」
 武道に生きる者としての、正直な気持ちだった。
「しかし……これまでかな……」
 度胸を決めて火の海を突っ切れば、命が助かる確率はあるかも知れないが、無事で済むはずがなかった。肌は火に焼けただれてケロイドとなり、見るも無残な姿となるのは必至であった。
 そんな姿を人前に晒すくらいなら、いっそこのまま誰とも判断できないくらいに、きれいに燃え尽きてしまった方がいいのかも知れない。
 美少女を自覚している梓にしてみれば、そう考えてしまうのは当然のことだろう。
「今頃、絵利香ちゃんはどうしているかな……」
 三歳の誕生日にはじめて出会った幼なじみの絵利香とのこれまでの思い出が次々と思い出されていく。まるで死にいく人間がそうであると言われるように。そしてもう一人……。
「慎二……」
 梓が自覚している唯一の異性の親友ともいうべき人物である。
 いつもまとわりついてうざったいと思うことがあるが、決して嫌味な感じではないので、それなりに好意は抱いていた。
「な、なに考えてんだか……」
 それにしても今まさに死の境地にあるというのに、自分のことではなく絵利香や慎二のことを思い出されるのだろうか……。
「そういえば……。窮地に陥った時には、いつもそばにいたり、助けにきたりしていたな」
 城東初雁高校に入学当初に出会って以来、不良グループの二つの事件、飛行機事故、洞穴遭難など……。


 その時だった。
 目の前の炎の中に、黒い影が動いた。
 かと思うと、次の瞬間にその炎の中から飛び出してきた人物がいた。
 頭部を庇っていた上着を取ったその人物は?
「し、慎二!」
「じゃーん! お助けマン登場!」
 まさしく、あのスチャラカ慎二だった。
 炎の中をかいくぐってきたせいで、髪はちりぢりになり、衣服は焼け焦げて今なおくすぶっていた。
「なんで、おまえが」
「その言い方はないだろう。命がけで飛び込んできたのによ」
「セキュリティードアはどうしたんだ?」
「うん? あのドアか? 開いていたぞ。たぶん逃げ出した奴が開けたままにしたんだろう」
「馬鹿な……」
「梓ちゃんこそ、どうして逃げ出さないんだ」
「おまえなあ……。この状況で逃げ出せると思うか? 命知らずのおまえとは違うんだ」
「そうかあ、女の子だもんな……」
 と言いながら梓の意図を理解した。そして梓が持っているマスクに気がついて、
「いいもん持ってるじゃないか。もう一つないのか?」
「ああ、これならそこの棚に入っているよ」
 梓が指差す棚から、それを持ってきて尋ねる。
「これ、どうやるんだ?」
「調整弁が付いているから、それを回せばいいんだよ。あまりたくさん開くなよ、ただでさえ火の勢いが増すからな」
「あはは、これくらいでどうなるもんじゃないだろ」
「気持ちの問題だよ」
「このボンベ一本で、どれくらい持つんだ?」
「せいぜい三十分が限度だろう」
「そうか……。後五本あるから、二人で一時間ちょっとだな」
「そんな問題じゃないだろが。この状況が判らんのか?」
 どう考えても一時間持たないだろう。
 炎が広がっているのはもちろんのこと、それ以上に室温が上がって耐え切れなくなるだろう。スプリンクラーは作動していないが、空調が回っているらしくて煙と発生した熱のいくらかはそちらへ吸い込まれている。しかし限度というものがある。背後の壁に掛かっている温度計は五十度を回っていた。
「ここにはスプリンクラーはないのかよ」
「たぶん大量の化学物質があるから、水と反応して有毒なガスが発したり、よけいに燃え上がったりするかも知れないから、あえて止めているのかもな」
「じゃあ、部屋の中に炎を避けられるようなものはないのか?」
「冷蔵庫ならあるが」
 梓が指差したそれは、薬品を冷蔵するするもので、人が入れるような容量はなかった。
「頭を突っ込めば少しは涼しくなるだろう」
「こんな時に、よくもそんな事を言ってられるな」
「気休めだよ」
「例えば地下通路への隠し扉とかないのかよ」
「んなもん、あたしが知るわけないだろう。仮にあったとしてもな」
「そ、そうだ。電話とかないのか?」
「電話かけてどうするんだ。外と連絡が取れたってどうすることもできないだろが。人助けは出前じゃないんだぞ。一応電話はあるにはあるがな」
「連絡してみたのか?」
「繋がらないよ。回線が火事で溶けて切れたのかも知れないし、或いは……」
「或いは……?」
「いや、なんでもない」
 それからしばらく炎を見つめている二人だった。
「なあ……」
 梓がつと口を開いた。
「なんだよ」
「こうなることは想像できただろうに、どうして飛び込んできたんだ。それともそれすらも判らない馬鹿なのか?」
「なあに、死ぬときは一緒と思ってな」
「よく言うよ」
 それからまたしばらく沈黙が続いた。
 炎に照らされて二人の顔が赤く染まり、暗く沈んでいる表情を明るく見せていた。
「なあ、慎二」
「なんだ?」
「おまえ、あたしのこと……好きか?」
 梓が突拍子もないことを口にした。
 しかし平然とそれに答える慎二。
「ああ……好きだよ。そうでなきゃ、こんなところに飛び込んでこねえよ」
「だろうな……」
「それがどうした? 梓ちゃんは、俺のこと嫌いか?」
「いや……好きだよ」
「そうか……それを聞いて安心したよ」
 続いて再び。
「なあ、キスしよか」
 唐突に梓が言った。
「キス?」
「してもいいよ。ほっぺでも唇でもお望みのところにね」
「遠慮しとくよ」
「そっか……。せっかく」
 再び沈黙する二人。
 今度は慎二の方が先に口を開いた。
「なあ、もう諦めたのか?」
「え?」
「だから、生き残ることだよ」
「そうだね……。正直言って諦めてるよ」
「俺は、まだ諦めちゃいないぜ」
「そうは言ってもこの状態じゃ……」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -