特務捜査官レディー(二十)初出動
2021.07.24

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(二十)初出動

 相手は産婦人科医である。どんな診察がなされたかは、各自の想像にまかせるとしよう。

「……で、最後に血液を採取して終わりだ」
「ほ、ほんとに終わりですかあ……」
 疲れ切っていた。
 まさか、ここへ連れてきた敬も、わたしがこんなことされるために呼び出されたとは、想像すらしなかったであろう。
 応接室で、欠伸を連発しながら、
「ずいぶん長い診察だな」
 と思ってはいるだろうが。
 やっと解放されて衣服を着なおす。
 もちろん敬に気取られないように、しっかり服の乱れを直すことを忘れてはいけない。
 わたしの気持ちを知ってか知らずか、
「診断の結果が判るのは、二週間後だ。その頃にまた来てくれないか」
 と平然と再来訪を求めた。
「まさか、また同じような診察するんじゃないでしょうねえ」
「するわけないだろう! 何か変に勘ぐってはいないだろうな?」
「いえ、確認しただけです。先生のことは信じてますから」

 診察を出て、敬の待つ応接室に戻る。
「やあ、長かったね」
 こっちの気も知らないで……。
 と、思ったが事情を全く知らない敬に苛立ちを覚えてもしようがない。
 うん。
 妊娠したら、絶対に分娩に立ち会ってもらうからね。
 覚悟してよね。

 いつものようにオフィスレディーしていた真樹だったが、その日は慌しく飛び込んできた職員の一声で、事態は急展開することになる。
「課長!」
「どうした?」
「例の女が動き出しました!}
「そうか、動き出したか」
「はい! 間違いありません」
 例の女?
 配属されたばかりの真樹には、何のことやら判らない。
 首を捻っていると、課長が真樹に向かって言った。
「真樹君。君の出番だ」
「え?」
「この件は女性がいないとだめなんだ」
「どういうことですか?」
「相手が女だからだ」
「つまり女性しか入れない場所……」
 女子更衣室や女子トイレ・化粧室などが浮かんだ。
「その通り。覚醒剤の受け渡しにレディスホテル、しかも念入りに化粧室が使われているんだ。男性である俺達が入れない場所だ。踏み込むには、確実に覚醒剤を所持しているところを押さえなければならない」

 話を要約するとこうであった。
 覚醒剤中毒者から売人を探し出して逮捕し、流通経路を吐かせたところ、とある仲買人の存在が浮かび上がった。しかも女性だというのだ。
 その女性は、覚醒剤を自ら携行することは決してせずに、ホテルの化粧室を受け渡しの場所として利用していた。当然その相手も女性に限ることになる。
 レディスホテルのとある階の化粧室で運び人から覚醒剤を受け取り、今度はその足で階を移動して、別の化粧室で末端の密売人に売り渡すのである。
 男性ばかりの麻薬取締官にとって、レディスホテルのしかも化粧室という女性だけに許された密室で行われる覚醒剤取引を摘発することは不可能であった。取り押さえられるとすれば、運び人か密売人ということになるのであるが、確実に覚醒剤を持っているという保証はない。万が一所持していなければ、とんでもないことになるのだ。ただでさえ相手は女性である。その身体に触ることさえ困難である。
 女性麻薬取締官の真樹に白羽の矢が立つのは当然といえた。
「とにかく今回動けるのは、この課内で唯一の女性である君だけしかいない。相手も抵抗してくるだろうし、拳銃を持っているかも知れない。自分の身を守るのも君自身しかいない。そこでこれを君に預ける」
 と言って、机の引き出しから出したものは、小さな拳銃だった。

 レミントンダブルデリンジャー。

「君が以前に、制式拳銃の換わりを申請していた奴だ。やっと手に入れることができたのだよ。手に入れるのも、当局に所持携帯の許可を取るのにも相当苦労したんだぞ。君専用の護身銃だ。大切に扱えよ」
「はい! ありがとうございます」
 早速デリンジャーを手にとって見る。
 女性的な真樹の小さな手にもしっくりと馴染む大きさと形状をしていた。
 これならハンドバックに忍ばせて携行することができる。
「銃弾は二発きりだが、今回の任務ならこれで十分だろう。もっと装弾数が多い銃が必要な任務の時はまた考える」
「装弾数が多い?」
「ああ、今回は個人が相手だから、それで十分だが。組織を巻き込んだ大掛かりな麻薬取引摘発の時には装弾数の多い自動拳銃が必要になるだろう」
「これ以外にも銃を与えてくれるのですか?」
「そのデリンジャーは、君が女性と言うことで特別に支給する護身銃だ。任務遂行中以外でも常に携行してもらっても構わない。組織に顔を覚えられて付け狙われる可能性があるからだ。美人だからな……」
「ありがとうございます」
「課長、いいですか?」
 先ほど飛び込んできた職員が間に入ってきた。
「ああ、頼む」
「それじゃあ、真樹ちゃん。行こうか」
「はい!」
 さあ!
 ついに取締の現場への出動だ!
 頑張りましょう。


 某レディスホテルの表玄関を見渡すことのできる、道路を隔てた側にあるビルの谷間の路地にバンが停車している。その運転席と助手席には双眼鏡を構えてホテルのほうを監視している怪しい人物がいる。
 その一人が振り向いて、後ろの座席に待機している真樹に語りかける。
「大丈夫か? 真樹ちゃんにとっては、今日が初仕事だからね。震えていない?」
「大丈夫です。ご心配なく」
 平然として答える真樹だった。
「銃はちゃんと持ってきてるよね。弾は入ってる?」
 こと細やかに真樹の心配をする同僚達であった。
 確かに麻薬取締官としては初仕事ではあるが、警察官としての経験なら豊富にある。
 銃の取り扱いにも慣れている。もっともその時のはザウエルのP220だったが。
「ちゃんと持ってますし、弾も入ってます」
「それなら、大丈夫だね」
「相手が銃を持っていて、撃ってくるようだったら、迷わずに撃つんだよ」
「判りました」
「それから、これを君に渡しておく」
 と、SONY製のPalm OS-5 200MHz ネットワーク手帳「PEG-NX80V」を手渡された。
 無線LANと130万画素のカメラ及び手書き認識ソフトなどを搭載した通信機器である。
「こちらとの連絡は、このネットワーク手帳を使用する。無線LANで、メールで逐次情報をやりとりできる。レディスホテルを利用する女性には、いわゆるキャリアガールと呼ばれるビジネスライクな人間が多い。このようなデジタル手帳を持っていても不思議ではないから、怪しまれる危険性は低いと思う。常にオンラインにしておいて、何かあれば書き込んで送信してくれればいんだ。カメラも搭載してあるから、これで奴の写真が撮れれば万全だ」
「連絡なら携帯電話のメールでも十分なんじゃないですか? 写真だって撮れますよ」
「いやね。携帯電話だと、やたら迷惑メールがくるだろう?」
「それは仕方がないですよね。ドメイン指定とかして防いでますけど」
「業務用で使用するとなると困ることが多いそうだ。それで、今度からこいつで連絡を取り合うことになったらしい。というか……これを扱ってる業者のテストモニターで無料で手に入れたらしい。業者としてもこのモニターから、気に入ってもらえれば、ゆくゆくは官庁への指定業者となれるかも知れないだろう?」
「へえ……無料のモニターですか。モニター期間が終わったら、ただで貰えるんでしょ?」
「ああ、まあ……そういうことになっているらしい」
「じゃあじゃあ、あの……これ、貰えるんですか? あたしに……」
 非常に多機能の最新機器である。
 個人として、是非とも欲しくなったのである。
「いや……。一応、この件の連絡用にと備品として手に入れたんだ。あげるわけには……」
「ねえ、そう言わないで。何とかできませんか?」
 精一杯の甘えた声を出してねだる真樹だった。
 可愛い女の子にせがまれたら、男の意思もぐらつく。
「そう言われてもなあ……」
 と主任取締官は、同僚達と顔を見合わせている。
「今回の件で奴を見事逮捕して、無事解決したらご褒美にあげてもいいんじゃないですか?」
「そうそう。課長に上申してはいかがでしょうか?」
「おまえら、気楽に言うが……」
「大丈夫だ。主任も課長もやさしいから」
「そうそう! あげるというのではなくても、拳銃みたく支給貸与という名目にすればいいんですから。それなら問題ないでしょう?」
「そりゃそうだが……」
 というわけで、どうやら自分のものになりそうな雰囲気になって喜ぶ真樹だった。
 ここは一押ししておく方がいい。
「ありがとうございます」
 精一杯の笑顔を作り、出来る限り可愛い声で感謝の意を表す。
「まったく……しようがない奴らだ。みんな真樹ちゃんに甘いんだからな」
「そういう主任こそ甘いですよ」
「言うな!」


ネットワーク手帳などの機器は執筆当時のものです。
今では、スマートフォンのアプリがあって、さらに高性能となってますね。


↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
響子そして(十九)縁談2
2021.07.23

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します


(十九)縁談2

「それから響子さんには、会わせたい方がもう一人いらっしゃるの」
「会わせたい?」
「秀治さんお連れしてください」
「わかりました」
 秀治は、隣室の応接室に入っていった。
 そして連れて出て来たのは、
「お、おじいちゃん!」
 わたしの祖父だった。
 祖父の娘でありわたしの母親を殺したという後ろめたさと、女になってしまったという理由で、仮出所以来も会う事ができなかった。
「ひろし……いや、響子。苦労したんだね」
「おじいちゃんは、わたしを許してくれるの?」
「許すもなにも、おまえはお母さんを殺しちゃいない。覚醒剤の魔手から救い出したんだよ。あのまま放置していれば、生前贈与した財産のすべてを吸い尽くされたあげくに、売春婦として放り出されただろう。それが奴等のやり方なんだ。いずれ身も心も廃人となって命を果てただろう。おまえは命を絶って、心を救ったんだ。お母さんは、死ぬ間際になって、母親としての自覚を取り戻せたんだ。おまえを恨むことなく、母親としての威厳をもって逝ったんだ。もう一度言おう。おまえに罪はない」
 母親の最後の言葉を思い出した。
 ご・め・ん・ね
 ……だった。
 助けて、とは言わなかった。
 殺されると知りながらも、覚醒剤から逃れるために敢えて、その身を委ねたのだ。
息子に殺されるなら本望だと、母親としての最後の決断だったのだ。
「おじいちゃん……。そう言ってくれるのは有り難いけど……。わたし、もうおじいちゃんの孫じゃないの。見ての通りのこんな身体だし、たとえ子供を産む事ができても、おじいちゃんの血を引いた子供じゃないの」
「倉本さんのお話しを聞いていなかったのかい? 臍の緒で繋がる。いい話しじゃないか。おまえは儂の孫だ。間違いない。その孫から臍の緒で繋がって生まれてくる子供なら、儂の曾孫に違いないじゃないか。そうだろ?」
「それは、そうだけど……」
「おまえが女になったのは、生きて行くためには仕方がなかったんだろう? 儂がもっと真剣におまえを弁護していれば、少年刑務所になんかやることもなかったんだ。女にされることもなかった。娘が死んだことで動揺していたんだ、しかも殺したのが息子と言うじゃないか。儂は、息子がどんな思いで母親を手にかけたのか思いやる情けもなく、ただ世間体というものだけに縛られていた。弁護に動けなかった。おまえが少年刑務所に送られてしばらくしてからだった。本当の殺害の動機が判ったのはな。おまえの気持ちも理解できずに世間体しか考えなかった儂は……。儂は、親として失格だ。許してくれ、ひろし!」
 そう言うと、祖父は突然土下座した。
 涙を流して身体を震わせていた。
「おじいちゃんは、悪くないわ」
 わたしは駆け寄って、祖父にすがりついた。
「済まない。おまえを女にしてしまったのは、すべて儂の責任なんじゃ……」
 もうぽろぽろ涙流していた。
「そんなことない、そんなこと……」
 わたしも泣いていた。
「わたし、女になった事後悔してないよ。秀治という旦那様に愛されて幸せだったよ。わたしは、身も心も女になっているの。だからおじいちゃんが悲観することは、何もないのよ」
「そうだよ。おじいさんは、悪くはないよ」
 秀治が跪き、祖父の肩に手を置いて言った。
「女にしたのが悪いというなら、この俺が一番悪いんだ。刑務所で、ひろしを襲わせるように扇動したんだからな。しかし、俺は女らしくなったひろしに惚れてしまった。女性ホルモンを飲ませ、性転換させてしまったのも全部俺のせいだ。もちろん俺はその責任は取るつもりだ。生涯を掛けて、この生まれ変わった響子を守り続ける。そう誓い合ったから死の底から這いあがってきた。別人になっても俺の気持ちは変わらない。な、そうだろ? 響子」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
特務捜査官レディー(十九)黒沢産婦人科病院
2021.07.23

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(十九)黒沢産婦人科病院

 ある日のこと。
 課長に呼ばれて、
「今日より正式に拳銃の所持を許す」
 と、麻薬取締官の制式拳銃であるベレッタM84FS(M85))自動拳銃を渡された。
「いいんですか?」
「今まで、よく我慢して職務についてくれたからね。今日からは、捜査の現場にも出てもらうことにした」
「ほんとうですか?」
 真樹の瞳が爛々と輝いた。
「嘘など言ってどうする。捜査にはベテラン取締官と一緒に行動することになるが、
一応護身のためにも拳銃は必要だ。女性の君に拳銃を所持させるのは、心配ではあるのだがね」
「ありがとうございます」
 早速銃を受け取り、上着を脱いで専用のホルスターを装着して、銃を挿してみる。
 しかしながら、真樹は身体が細い上に、薄い生地でできた女性衣料の下に、ホルスターを提げてみると、はっきりとその装着状態が服の上から視認できて具合が悪かった。
「これじゃあ、銃を持っているとはっきり判っちゃいますよ」
「そうみたいだな」
 ホルスターの位置をいろいろ変えてみたが無駄に終わった。
「もっと小型で、女性が持つハンドバックに入るような拳銃はありませんか?」
「と、言われてもねえ。これが麻薬取締官の制式拳銃なんだよ」
「これでは携行できません」
「やっぱり、現場じゃなくて、鑑定の方じゃだめかね?」
「課長!」
「判っているよ。何とかしよう」
 と言うわけで、携帯用の拳銃は後日と言うことになった。

 仕事を終えて庁舎の玄関に出ると、敬が車で迎えに来ていた。
「よお、お疲れさん」
「迎えにくるなんて珍しいわね。どこか、行くの?」
「ああ、君に会いたいと言う人の所へ行く」
「わたしに会いたい?」
「君にとって、人生を百八十度転換させた人物にね。いや、恩人と言うべきだな」
 頭の回転の速い真樹のことである。
 人生を百八十度転換させたとなれば……。
 あのニューヨークで命を救ってくれ、斉藤真樹としての人生を与えてくれた恩人。
「黒沢先生が、日本に戻って来ているの?」
「ぴんぽーん!」
「ねえねえ。どこにいるの? 大学病院かなんか?」
 あれだけの移植技術を身に着けているのだ。ただの町医者ではないと思っていた。
「行けば判るよ」
 意味深な受け答えをする敬。
「もういじわるね」
 敬は口笛を吹きながら、しばらく街中を走らせていたが、やがて目前に大きな建物が現れた。
 白亜の清楚な感じを漂わせているが、大学病院ではなさそうだし、個人病院にしてはかなりの大きさを誇っていた。
 入り口に大きな看板があった。
「黒沢産婦人科・内科病院」
 確かにあの黒沢先生の病院のようである。
「ここなの?」
「ああ、そうだよ」
 敬は、正面玄関には入らずに脇の側道へと車を走らせた。
「玄関から入らないの?」
「そっちは表の世界の人間が出入りする玄関なんだ。闇の世界の人間が出入りする別の玄関があるんだ」
「闇の世界?」
「ニューヨークで真樹が性転換手術を受けた病院は闇の病院で、そこの常駐医者の一人が黒沢先生だ。真樹も知っていると思うが、闇の世界に入ったが最期、二度と表の世界には戻れない。表側の病院は、先生の父親が経営していて、その地下に黒沢先生が闇の病院を運営しているというわけさ。黒沢先生にとって表側はカモフラージュ」
「あれだけの腕前を持っているのにどうして闇の世界に入ったのかしら」
「それは聞かないほうがいい! 聞いたが最後、真樹も闇の世界の仲間入りだ。まあ、先生が話してくれるのを待つんだな」
「ふうん……」
 車は裏手の藪地のような所を突きぬけ、やがて地下へ降りるスロープを降りていった。


 いわゆる裏口から入った玄関は、監視カメラに四方から見張られており、異様な雰囲気があった。
「ここから先はこれが必要なんだ」
 と敬が胸ポケットから取り出したのは、IDカードのようだった。
 端末にカードを挿しいれると、ドアが自動的に開いた。
「なんか物々しいのね」
「闇の世界だからね」
「大丈夫なの? 闇の世界に踏み込んだら二度と抜け出せないんでしょ?」
「普通ならね。俺達は特別に先生の預かりとなっているらしい」
「預かり? 変なの」
「一応先生は、闇の世界の日本支部では顔ということらしいね」
「日本支部?」
「これ以上は俺も知らないし教えてくれない。知ってもいけない」
「ふうん……」
 語らいながら長い廊下を歩いていた。
 いくつかの扉があったが、
「勝手に入ってはだめだぞ。とんでもない事になる」
 と釘を刺された。
 行き止まりになった。
 一番奥のドア、ここでも例のIDカードを使って開ける。
「さあ、ここだよ」
 と、敬の後について入ったところは、どこにでも見られるごく普通の診察室だった。
 締め切られた薄暗い部屋を想像していたが、カーテンの開けられた窓からは十分な採光があり、壁も床も汚れ一つなく清潔感に溢れていた。
「やあ、待っていたよ。元気みたいだね」
 そこには、あの黒沢先生が椅子に腰掛けて微笑んでいた。
 ニューヨークにおいて死に掛けていた佐伯薫を、斉藤真樹として生まれ変わらせてくれたあの医者である。
「先生こそ、お元気でなによりでした」
「早速だが、君を診察させてくれ」
「え? いきなりですか?」
「当然だ。そのために君を呼んだんだからね」
「判りました……」
 と答えて敬の方を見やる真樹。
 診察となれば、当然衣服を脱ぐことになるだろう。敬の視線が気になったからだ。
「ああ、敬君は外に出ていてくれ。そっちのドアから出て待合室でな」
「ええ? こっちは表の世界の病院ですよ。しかも産婦人科なんですから」
「何を言ってるんだ。君たちは結婚するんだろう? 真樹君が妊娠したら、夫として分娩に立ち会ってもらうからな」
「分娩に立ち会うんですか!?」
「当然だろ。子供は夫婦で共同して生み育てるものだ。分娩に苦しんでいる妻を放って置いて、父親だけ楽しようなんて考えるなよ」
「そんなつもりはありませんよ。立ち会えと言えば、立ち会います」
「ならいい! 実際に真紀君が妊娠したら分娩立会い以外にも、君にも来てもらっていろいろとしてもらうことがあるからな。待合室を使うことも頻繁に多くなる。今から慣れておいたほうがいいぞ」
「判りましたよ。待合室ですね」
 とあきらめた様に入って来た方とは反対側のドアから出て行った。
 ドアを開いた隙間から大きなお腹を抱えた妊婦がかいま見えた。
「表の病院と繋がっているんですね」
 思ったことを口にする真樹」
「表も何も、この診察室は表側だよ。君の入ってきたドアの先が闇の病院だ」
「すると、そのドアが表と闇を区切っている?」
「そういうことだ」
「じゃあ、最初から表から入ってきても良かったんじゃないですか?」
「敬君が恥ずかしがるだろうし、闇の入り口のことを君に知っておいてもらいたかったからだ。何せ、麻薬と銃器を取り扱う君たちのことだ。全然無関係とは言えないだろう?」
「そうかも知れませんね」
 確かに、知っていても損はないだろう。
「一応念を押しておくが、闇の世界のことは、君たちからは決して口を挟んではいけないよ。私が必要と判断して話す意外にはね。そうしないと、君たちを闇の世界に引き入れなければならない事態にもなる。二度と抜け出すことの出来ない世界にね」
「判りました。私たちの方から質問や詮索をしなければいいんですね」
「そうそう……」


「と、納得したところで診察に入ろうか……」
 表情もきりりと医者の顔になる先生だった。
「はい」
 先生は引き出しから、書類を取り出して言った。
「これから君の生殖器に関する問診をするけど、恥ずかしがらずに正直に答えて欲しい。移植した臓器が完全に機能しているとかを調べるためだ。」
「はい……」
 生殖器に関する質問……。
 あまりにも唐突な質問に驚くが、産婦人科の医師としては当然のことなのかも知れない。
「じゃあ、まず最初だ。月経はちゃんとあるかな?」
「あります」
「規則的かね? 何日周期?」
「だいたい二十八日周期で規則的です」
「そうか、まずは一安心だな。排卵が規則的にあるということで、卵巣と子宮は正常に機能しているようだ」
「妊娠も可能ということですね」
「可能性は高いが、君の血液と移植した卵巣の中の卵子とは、元来他人同士だ。それが原因で不妊となる可能性も残っている。だからそういったこをも詳しく調査するために、今日来てもらったのだ。他の一般の病院では、こんなこと調べられないだろ?」
「確かにそうですね」
「月経の前後数日間とかに、身体の不調を覚えることはある?」
「身体がだるいと感じる時はあります」
「だるいだけかね? 苦痛に感じることは?」
「特にありません」
 というように、女性なら誰しも質問されるような内容に受け答えしていく。
 さらに問診は続く。
「女性としての性行為は?」
「あります」
「敬君とだね」
「はい」
「週に何回くらい?」
「せいぜい一回です」
「避妊はしてる?」
「初めての時だけしてません。後はしてます」
「今は痛みとかある?」
「ありません」
「絶頂感とかを感じたことは?」
 とか性行為に関する諸症状を質問され答えていく。
 前半は婦人科としての問診、後半は産科に関わる問診らしかった。
 私生活の性交渉とかを聞かれるので正直恥ずかしい限りなのだが、相手は産婦人科。当然のことを聞いているだけである。下心はないだろう。
 そんなこんなで短いようで長い問診が終わった。
「うん。だいたいのことは判ったよ」
 これで終わりかと思っていたら……。
「上着を脱いでくれないか。今度は触診してみる」
 上半身ブラジャー一枚になって、乳房や腹部を念入りに調べられた。
 そして……。
 その上……。
 しかも……。
 さらには……。
 これ以上は言葉に尽くせない診察が続くのであった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -