あっと! ヴィーナス!!第二部

第二章 part-5  アポロが決断を迫る。 「さあ、人質交換に応じるのかな」  愛は可愛いが、ゼウスのお気に入りリスト【ファイルーZ】の弘美は、さらに可愛い。  成長すれば、それこそ絶世の美女となりうるのだ。  アポロにしてみれば、愛より弘美を選ぶのは当然だろう。  たじろぐ弘美。  愛は助けたい。  かといって、人質交換に応じて、アポロの元に行くのも、吝かやぶさかである。 「どうするかね?」 「本当に愛を解放する気はあるのか?」  ヴィーナスが確認する。  アポロの周りを見渡せば、篭絡ろうらくした女の子や神子をはべらしているのだ。  弘美を手に入れても、愛を手放すとは言い切れない。 「約束しよう」 「言い切ったな。約束したぞ」  ヴィーナスとディアナが見詰め合って確認している。 「さあ、こちらへ来なさい」  アポロが手招きする。  躊躇ちゅうちょするが、愛を助けたい気持ちには変わらない。  ここにはヴィーナスとディアナという女神がいる。  愛と自分を助ける算段をしているかも知れないし。  ゆっくりと前へ、アポロに向かって歩き出す弘美。  時々振り返りながら。  後数歩にまで来たときだった。  突然、弘美を含めたアポロの周囲にバリアーのようなものが発生して、女神との間を遮断した。 「何をした!?」  ヴィーナスが近づこうとしたが、バリアーが進入を防いで、その身体を弾き飛ばした。 「だましたな!約束が違うじゃないか」  ディアナが叫ぶ。 「はて?何か約束をしたかな?」  知らぬ存ぜぬといった風情のアポロ。 「弘美、大丈夫か?」  何があったのか、茫然自失状態の弘美。  愛は可愛い、弘美はもっと可愛い。  女たらしのアポロが、どちらか一方を手放すと思ったのが間違いだったのだ。  地団太踏んでくやしがる女神。
     
11