あっと! ヴィーナス!!第二部

第二章 part-1 「アポロは無類の女好きなのは、君も知っているだろう」 「まあな」  アポロと関係した女性は、すべて悲劇的な運命をたどることになる。  プロローブでも紹介したが、改めて再掲しよう。   さて諸君もご存じの通り、このアポロはゼウスの最初の浮気の相手とされる   レトが産んだ双子の一人で、姉(妹?)がディアナである。   なぜか彼が恋する相手は悲劇を迎える。   月桂樹となったダフネ。   ヒヤシンスの花にまつわる美少年ヒュアキントス。   他にもシビュレーやカッサンドラーなどなど。   それがゆえに常に新しい恋を求めてさまよう。   なお、アポロとはディアナ(ダイアナ)と同じく英語名。 「いずれ、手下の黒服である使徒が、人違いで愛を誘拐した事に気づくだろう。改めて本 命の君に目がいくことになる。がしかし、その君が男言葉に男的態度をしていたらどうな るかな?」 「それがどうした」 「とりあえず本命の君には失望して、煮るなり焼くなりした後で、愛を手篭めにするのは 判りきったことじゃないか。可愛い女の子には目が無いからね。それでいいのかい? 弘 美」 「そ、それは……」  言葉に詰まる弘美。 「愛を助けるためには、君がアポロの目に留まらなければならない。しかも飛び切りの 可愛い女の子としてだ。間違いに気づいて愛を解放するかも知れない」 「俺はどうなるんだよ」  と言った途端。 「ちっちっ!(と人差し指を目の前で横に振りながら)俺、じゃない。あたしと言いなさ い」  ヴィーナスが注意した。 「あ、あたし……はどうなる……の?」  しどろもどろに言い直す弘美。 「そうそう、その調子。声が可愛いんだからね。態度も女の子らしくすれば完璧よ」  しょげかえる弘美に、思い通りに事が進んで上機嫌のヴィーナス。 「さあ、雲の中に突入するぞ!しっかり掴まっていろよ」  ディアナが手綱を操りながら、雲塊に突入する体勢を取る。  弘美とヴィーナスは、振り落とされないように、戦車の縁にしっかりと掴まる。 「突入する!」  大声で合図をすると、雲塊の中へと突入する。  凄まじい突風が襲い、戦車を激しく揺さぶる。
     
11