あっと! ヴィーナス!!第二部

第一章 part-9  やがてファミレスから二人の後を追うように黒服が出てくる。 「あ、あいつだ」  飛び出そうとするのを、止めるディアナ。 「なぜ止める!」 「言っているだろ。すでに起きてしまった過去に干渉するなと」 「だからって黙って見ているのかよ」 「そうだ。おまえが出て行けば、おまえが二人になるってことだ。これが判るか?」 「う……」  図星をつかれて、しどろもどろになる弘美。  そうこうするうちに、黒服が愛をさらって行く。 「よし、いいだろ」  というと、手のひらを上向きにして何やら呟くと、その上に小さな天使が現れた。 「あの、黒服が抱えている女の子を追いなさい」 「はあい」  かわいい声で返事をすると、ぱたぱたと羽ばたいて黒服を追い始めた。 「エンジェルに尾行させるのか?」 「ああ。あの子は、黒服には見えないからな」 「なるほど」  やがて黒服も小さな天使も空の彼方に消え去った。 「で、これからどうするんだ?」 「なあに大丈夫さ。これがある」  と、スマートフォンを取り出した。 「スマホか?どこに隠し持ってたんだよ」 「秘密のポケットがあるのさ」 「ドラエモンかよ」 「これで天使と連絡を取れる」 「神でも電話するのか?」 「神を馬鹿にするなよ。天上界にはパソコンもインターネット環境も揃っているぞ」 「なんだよ、それ」 「エンジェルもスマホ持ってるのか?」 「彼女には探偵バッチで通話できるぞ」 「少年探偵コナンかよ」 「ついでに天使の位置情報を表示することができるぞ、ほら」  と見せ付けるスマホの画面には、赤い点滅が表示され動いていた。 「眼鏡レーダーじゃないんだな」 「そこまではパクレないわよ」  スマホ画面を見つめる弘美とディアナ。  と、突然スマホから音声が、 「あーあー。本日は晴天なり、本日は晴天なり」  聞こえた。 「黎明期のラジオ放送か?」 「彼女からの通信だよ」 「あ、そう」 「感度良好だよ。何かあったか?」  スマホに話しかけると、答えが返ってくる。 「今、黒服が大きな雲の塊の中に入っていきます」 「追えるか?」 「任せてください」  通信が途絶えた。 「大きな雲の塊ねえ……」  と空を仰ぐ弘美。  すでに黒服と天使の姿は見えない。  真っ青な空に雲一つ見えない快晴。  なのだが、場違いとも思える巨大な雲塊がゆっくりと流れていた。 「入道雲じゃないな。どうやら、あの雲みたいだ」  ディアナの言葉を受けて、 「もしかしたらラピュタか?中に城があってさ」  弘美が推測する。 「うむ、そうかもな。アポロの居城があるのかも知れない」  意外にも同調するディアナ。 「どうやって、空の上の雲に行く?」 「大丈夫さ。これがある」  と突然姿を現したのは、ディアナの愛機。 「天駆けるあまかける戦車だよ」  古代ギリシャで使われていた、馬が戦車を引くアレだが、ソレは空を飛べる天馬が繋いであった。 「ソレで近づいたら、アポロに気づかれないか?」 「なあに、アポロは女以外は興味がないし、全知全能のゼウスの息子だ。たかが一般職の神相手には目もくれないさ」 「一般職ってなんだよ」 「知らないのか?」 「知るかよ」 「アポロから見れば、わたしはただの時間管理局の局長だし、ヴィーナスは運命管理局の局長だ」 「なるほど。ゼウスが国王とするならば、アポロは大臣で、ヴィーナス達は各省の政務次官というところか」 「そうなるな」
     
11