第七章
Ⅳ アムレス号発進!  少年達がそれぞれ配置についた。 「で、これからどうしますか?」  マイケルが尋ねる。  宇宙船の中らしいことは明白だが、地の底ということも分る。  宇宙に出ようと地表に出れば、待ってましたとばかりに、帝国艦隊からの集中 攻撃を受けるだろう。  無重力状態であることを鑑みても、小惑星の中心核付近で重力の及ばない地点 でもあることも分る。だが宇宙船の外郭には相当の圧力がのしかかっているはず だ。  船が動くためには、小惑星の岩盤をどうにかしなければならないだろう。 「それでは、出航致しましょう」 『了解。岩盤爆破シマス』  エダの合図を受けて、小惑星の自爆装置の釦を押すロビー。  小惑星軌道上に展開する帝国艦隊の旗艦艦橋。 「小惑星に熱エネルギー反応!」  オペレーターが叫ぶ。 「何だと? 全艦、小惑星から全速で離れよ!」  危機を察知した指令が離脱を下令する。  数分後、小惑星が大爆発を起こして、膨大な岩石が艦隊に襲い掛かる。  あたふたと四散する帝国艦隊。  中には接触事故を起こす艦もあった。 「何をしているか! 落ち着いて操船せよ!」  イラつきながら不甲斐ない部下の操船に叱咤する司令だった。  そんな中、爆発の最中の小惑星の中心から、一隻の宇宙船が飛び出してきた。 散り散りになる帝国艦隊を尻目に、全速力で離脱してゆく。 『安全域ニ到達シマシタ。追ッテクル帝国艦隊ハアリマセン』  ロビーが報告すると、 「やったぜ!」  歓声を上げる少年達であった。  船内正面にあるパネルスクリーンには、遠ざかるアンツーク星が投影されてい る。 「ええと、この船の名前は何というんですか?」 「アムレス号です」 「今更聞くんだけど。この船をどうやって惑星の中心核に閉じ込めたんですか?」 「それは簡単です。粒子砲で小惑星の中核を貫いて、開いた穴に船を突入させれ ば、やがて重力崩壊で穴は閉じます」 「なるほど。それにしても、よほどの耐圧殻を持った船体なんですね。小惑星と はいえ、中心核には相当の岩盤圧力がかかっていますよ」 「それは関係ありません。この船は無尽蔵の電力を発生できますので、耐圧力バ リアーを常時全周展開しています」 「無尽蔵の電力?」 「ミニブラックホールを使った縮退炉を搭載しています」 「ブラックホール? 大丈夫なのですか?」 「心配ありません」  少年達が次々に問いかけて、エダが親切に解説する。  その説明を耳を澄まして聞く少年達。 『ドチラヘ向カイマスカ?』  ロビーが行き先を確認する。 「トラピスト首都星トランターだ」 『了解。トランターヘ向カイマス』  アムレス号は、速度を上げてワープして亜空間に消え去った。  その頃、帝国艦隊は態勢を整えて追撃を始めた。 「星の爆発とほぼ同時に一隻の船が離脱したことが判明しました」 「やはり隠れていたか。追跡するぞ!」 「どちらへ?」 「奴らは海賊アーデッジの仲間と判明している。当然、船長を助けるために向か うはずだ。トランターだ!」 「了解。進路、トランター!」  トランターへ転進する帝国艦隊だった。
     
11