銀河戦記/鳴動編 第一部 第九章・コレット・サブリナ 犯人を捜せ Ⅰ
2021.01.15

第九章・コレット・サブリナ 犯人を探せ




 司令官室。
 その司令官は、コレットとほぼ同年齢であった。
 戦術用兵士官は、士官学校では一般士官の教義の後に、さらに三年ほどの専攻科目がある。三年先に学校を卒業して軍務についていたコレットの方が軍歴は長いから、通常の軍務にあれば、階級はコレットの方が上のはずだった。
 しかし目の前にいる人物は、一年も経たない間に目覚ましい戦績を上げて中佐にまで昇進していた。
 同盟軍には珍しく深緑色の瞳と褐色の髪が畏敬を誘う。
 その姿は威風堂々として、まったく隙がなかった。今この瞬間、腰のブラスターを引き抜いて突きつけても、その動作よりも早く机の引き出しから、銃を取り出して反撃してくるだろう。そこに銃があればだが……。
 というよりも、目の前の人物が敵意を持っているかどうかを、瞬時に判断できる眼識を持っているように感じた。そう思う感覚は、これまでの彼の戦歴が物語ってくれるだろう。
 両手の指を互い違いに組んで机の上に置き、もの静かに微笑んでいる。
 それが、独立遊撃艦隊司令官、アレックス・ランドール中佐。その人であった。
 そのデスクの側に、副官のパトリシア・ウィンザー中尉が立っている。
 中佐は艦隊の最高責任者ではあるが、コレットの属する情報部特務捜査科は、その権限の及ばない部課であった。いわば行政と司法の分権にあたる。
「コレット・サブリナ中尉であります。この度のアスレチックジムにおける事故捜査を担当することになりました」
「ああ、ウィング大尉から聞いているよ。早速いろいろと捜査をはじめているようだね。それで、事故か殺人かわかったかね」
「まだ、はじめたばかりですから……。結論を出すには、まだ早急すぎます」
「そうか……。ここに検屍報告書のコピーが届いている。渡しておこう。必要なことがあれば何でもいいたまえ、出来る範囲で協力しよう」
「ありがとうございます。つきましては犯罪捜査特務権にあります、乗員名簿の閲覧と居住区の自由通行の許可をお願いします」
 と言って、コレットは検屍報告書を受け取り、自分のIDカードを差し出した。
「ああ、わかっている」
 アレックスは端末に自分のIDカードを差し込んで閲覧コードを開いてから、別のカード挿入口にコレットのIDカードを差し込んで、閲覧コードをコピーし、さらに通行許可を与える暗号コードを入力して、IDカードを返した。それによってコレットのIDカードで乗員名簿の閲覧と通行許可が可能になるのである。
 なお端末に二つのIDカード挿入口があるのは、今のようなコピー用の他、特殊なコード発令の際に必要になっているからだ。例えば艦を自爆させる命令である自爆コード発令には必ず二つのIDが必要である。
「よし、コピー終了した。これで、当艦に搭乗している隊員全員の閲覧が可能だ。それと艦長レベルで、居住ブロックにあるすべての施設に入場できるし、艦橋への通信連絡も可能だ」
「おそれいります」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



2021.01.15 07:38 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官 コレット・サブリナ Ⅶ
2021.01.14

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




 艦内FM局スタジオは、統制通信発令所の通信施設を間借りしているので、戦闘時にはそのまま通信指令所の一角として機能する。放送局員は、当然通信管制員でもあるというわけである。FM放送局としては、あくまで平時のみの運用となっている。
 壁の一角が硝子張になっていて、中の様子がよく見える。
 交代で先任の担当官が出て来たところを捕まえるコレット。
「ミシェール・ライカー少尉の事件捜査にあたり、昼時に『サラサーテの彼方』という曲を流した正確な時刻を調べて欲しいのです。被害者に最後に会った方が、この曲が流れていたというのです」
「いいですよ。タイムテーブルを見ればすぐに判ります。ちょっとお待ち下さい」
 と言うと再び中へ入っていった。放送局とはいえ、統制通信発令所を兼ねているので、コレットとて入室許可証がなくては入室できない。中に入った局員が、たぶんADかディレクターだろう同僚に話し掛けてから、書棚からファイルを探し出している。
 しばらくすると、ファイルを小脇に持って戻ってくる。
「当時のタイムテーブルです。『サラサーテの彼方』は、ええと……。十二時十五分ですね」
「十二時十五分ですね。当時のスタッフを教えてください」
「はい。このタイムテーブルに担当名が書いてあります。ご覧になりますか?」
 タイムテーブルを受け取って氏名を確認してみる。

 ディレクター アンソニー・スワンソン中尉。
 調整室員   ジュリアンー・キニスキー中尉。
 アナウンス  アニー・バークレー少尉。
 AD     カテリーナ・バレンタイン少尉。

「この班は、午後一時に交代となっておりまして、ミシェールはその次の班に入っていました。交代時間になってもミシェールが来ないので、カテリーナが探しにいき、アスレチックジムで事故死に遭遇したようです」
「捜査資料として、このタイムテーブルを、お預かりしていいですか? 後でお返しします」
「構いませんよ。どうぞお持ち下さい」
「恐れ入ります。どうもご協力ありがとうございました」
「いえ、どういたしまして」
 立ち去ろうとすると、中から出て来た局員に呼び止められた。
「ちょっとお待ち下さい。たった今、司令からの連絡が届いています。コレット・サブリナ中尉に司令室に出頭とのことです。艦内放送で流すところですが、本人が目の前にいますから、その必要はないですね」
「判りました。司令室に出頭します」

 スタジオを離れて司令室に向かう。
「丁度良かったわ。司令室はすぐそこだし、このフロアは出入りする度に警備のチェックが入るから面倒だったのよね……」

第八章 了

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



2021.01.14 06:59 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官 コレット・サブリナ Ⅵ
2021.01.13

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




 ランジェリー・ショップを出て、喫茶室やブティック等で聞き込みを行った後、さらに宿房へと向かう。
 この女性士官専用居住区は、完全な男子禁制が敷かれているために、パジャマ姿で廊下を歩いている女性士官を数多く見掛けることも多い。
「ともかくも不審を抱かれずに男性が通過することはほとんど不可能ね。となれば殺人現場が宿房であったとすると、犯人は女性か女性に扮装した者ということになるのだけど……女性士官の数は百余人ほど、面子を知らない相手はいないだろうし、となると女装した男性ならすぐにばれるはず。よほど他人になりすますことのできる変装術がなければ」
 最後に姿を見た者は、彼女を残して食堂に向かった同室の四人。そして遺体を発見したレイチェル衛生班長以下の六人。そしてカテリーナの計十一人が関わったことになる。最後に生存を確認された宿房からジムで遺体として発見されるまでの間の、空白の時間を埋めることが捜査の重点である。
「ミシェールが一人きりでいることを知っているのは最初の五人。他にしゃべっていなければだが」

 ミシェールのいた宿房にたどり着く。
 ウィング大尉が素早い対応をしてくれたようで、どうやら立ち入り規制が敷かれていて入る事はできないようだ。
 しかし入らなければ捜査ができない。
 ドアの側の端末を操作して、警備部を呼び出す。
「情報部特務捜査科第一捜査課、コレット・サブリナ中尉です。捜査の為宿房に入室することを許可願います」
『確認します。IDカードを挿入してください」
 言われた通りに端末のID挿入口にカードを差し込む。
「情報部特務捜査科第一捜査課、コレット・サブリナ中尉と確認しました。レイチェル・ウィング大尉から連絡を受けております。どうぞ、お入りください」
 ドアが自動的に開いた。
 神妙な面持ちで入室する。
 向かって右手に三段ベッドが二列に並んでおり、左手には個人のロッカーと共用で使う机が並んでいる。そして正面には多機能の端末が置かれた机が置かれている。その右脇にはゴミ廃棄用のダストシュートがある。
 部屋の中央にはガラステーブルと敷かれたマットレス。

 ソフィー・シルバン中尉。
 クリシュナ・モンデール中尉。
 ニーナ・パルミナ少尉。
 ニコレット・バルドー少尉。
 カテリーナ・バレンタイン少尉。
 これにミシェール・ライカー少尉を加えた六人が同室だった。

 ミシェール以外の者は、すでに引っ越しを済ませて荷物はない。
 もちろん事件直後の初動捜査で、室内捜査や各自の所持品検査は終えている。
 荷物が残っているミシェールの机類を調べはじめる。
 それから小一時間。ごみ箱まで徹底的に調査したが何も発見できなかった。
「まあ、予想はしていたけど、犯人や殺害方法を特定するものは何もないか……」
 アスレチックジムまで、誰にも知られずに遺体を運んだ相手が、証拠を残すはずもなかった。
「おっと、もうじき五時だな。スタジオに行かなければ」
 警備部に連絡して扉を再度封印してもらってから、スタジオのあるブロックへ移動する。

 スタジオは、女性士官居住区を一階上がった所にある。
 第一艦橋や統合作戦司令室、統制通信発令所の他、ランドール中佐や参謀達の居室もある、艦隊運用を担う上級士官用のフロアだ。
 エレベーターを降りてすぐに、警備セクションがある。これより先は発令所要員以外の通行禁止、武器の携行は許されていない。
「情報部特務捜査科第一捜査課、コレット・サブリナ中尉です。ミシェール・ライカー少尉事故死の捜査のため、FM局スタジオに用があります。それと特務捜査権における武器の携行許可を願います」
 IDカードを掲示して、デスクの上に一旦、武器を取り出して見せる。
 殺人などの捜査を行う上で、銃は必要不可欠だ。犯人を取り押さえるのに、威嚇射撃は必要だし、銃撃戦となることもある。
 警備員はIDカードと武器を確認している。
「タイニー式ブラスターガンですね。麻酔にも合わせられる……。結構です、携行を許可します」
「IDの照合終わりました。サブリナ中尉、どうぞ先に進んで結構です。ウィング大尉からの報告は受けております」
 といいながら通行証となる胸章を着けてくれた。
「良い捜査結果を期待します」
「ありがとう」
 IDカードと銃を返してもらって、先のフロアへと進んだ。
 宿房といい、ここといい、大尉の手際の良さは見事だし、実に協力的だ。
「さすがに情報将校だけあるわね」
 女性士官達の憧れの的となっている魅力を垣間見た瞬間である。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2021.01.13 07:41 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官 コレット・サブリナ V
2021.01.12

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




 アスレチックジムからミシェールのいた宿房までの道のりをじっくり観察しながら慎重に歩いているコレット。
 ジムを出て右へ折れたすぐのエレベーターで一つ階上の第十四ブロックに入ったところ。そこが、ミシェール達のいる宿房のある女性士官専用の居住区であった。

 サラマンダーとて軍艦である以上、乗員は軍規に従って行動しなければならない。が、毎日二十四時間も軍規にしばられていては息が詰まってしまい、士気の低下が心配され統制がとれなくなってしまうことになる。そこで居住区内においては、交代勤務明けであれば服装や化粧は自由となり、ある程度のプライベートな行動が許されていた。

 アレックスの艦隊内で特筆すべきことは、女性士官に対する配慮がよりよく成されていることであろう。艦隊内においても、化粧の自由を認められ、あまつさえ化粧室さえ設置されている。女性にとって、化粧はストレスを発散させる効果をもっているからだ。
 またそういった女性達からの意見・要望をまとめ、改善案を上申する役目には、主計科主任であるレイチェル・ウィングがあたっていた。女性士官が多く勤務する第一艦橋や通信管制室の隣室に化粧室を設置するよう提案したのも彼女であった。

 もちろん、こういった処遇は戦闘時や警戒体制時には適用されない、あくまで平時航行時においてのみのことである。
 女性士官専用居住区には、女性特有の病気を診察する産婦人科クリニックはもとより、美容院、喫茶室、オーダーメードのブティックもある。その中でも女性士官達の人気の的は、多種多様な品揃えを誇るランジェリーショップである。ごく普通のブラジャーやショーツはもちろんの事、G-ストリングスと呼ばれる生地の極端に少ないショーツをはじめ、ベビードールなどの世の男心をくすぐる魅惑的なランジェリーも豊富に揃っていた。
 こうした女性士官に対して充実した福利厚生施設を有している部隊は、アレックスの独立遊撃部隊を除いては、同盟艦隊のどこを探しても見当たらない。
 有能なる戦士である彼女達とて、戦いが終われば一人の女性に戻る。上着は軍服というものがあり、全員同じものを常時着用が義務づけられているからいいとしても、その下に着るランジェリーは、毎日履き替えて清潔なものを身に付けていなければ気がすまない。軍から配給されるショーツは、機能性重視だがデザインは貧弱で画一的、とても乙女心を満足させるものではなかった。
 アレックスの部隊、特に旗艦サラマンダーにおいては、全将兵に対しての女性士官の割合が四割を越えており、彼女達の不満を無視できないと判断した、主計科主任を兼ねるレイチェル・ウィングが、アレックスに許可を得て居住区の一角にランジェリーショップを開店したのである。主計科配下の衣糧課の職員を動員して、デザインはもちろんのこと、生地の裁断から縫製まで一切、すべて女性隊員達の手によって自由製作されている。それ専用に工作艦が一隻確保されている。

 そのランジェリー・ショップに入るコレット。買い物ではない。
「これはコレットさん。今日は買い物ですか、それとも……」
 ここを訪れるものは皆非番であるから、店員は親しみを込めてファーストネームで呼んでいる。
 彼女は、平時は主計科衣糧課の職員だが、戦闘になれば医務科衛生班の看護助手となる。
「アスレチックジムの事件の捜査中です」
「ああ、聞きましたよ。ミシェールさんが亡くなられたそうですね。可哀想なことをしました。それで、その捜査ですか」
「お聞きしたいのは、事件があった昼食を挟んだ前後二時間くらいに、この店の前をミシェール本人か、不審な人物が通るのを目撃したかどうかを知りたいのです」
「お昼時は込み合うので、店の前を通る人物までは見ていられないのですが……。ミシェールさんの姿は見ていませんし、不審な人物が通ればお客が騒ぐでしょうけど、それはありませんでしたね。
「そうですか……」
「それはそうと、とても可愛らしい、ブラ&ショーツが入荷したんですけど、見ていきませんか? きっとコレットさんも気に入ると思いますよ」
「捜査中ですから……。また、後で来ます」
 店員が薦めるくらいだから、間違いなく自分の好みに合っているのだろう。
 コレットとて、ランジェリーには人一倍気を使う女性士官だ。店員の親切な申し出を、気にせずにはおれない。
 公務中でなければ……。

 ちょっぴり自分の職務を恨んだ。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2021.01.12 08:05 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)
銀河戦記/鳴動編 第一部 第八章 犯罪捜査官コレット・サブリナ Ⅳ
2021.01.11

第八章・犯罪捜査官 コレット・サブリナ




「続いての質問に入ります。ミシェールの膝に擦り傷があるのですが、その傷が何時ついたかご存じの方はいらっしゃいますか?」
「擦り傷ですか?」
「そうです。血が滲んでいたらすぐに判るほどの」
「ジムではずっと一緒でしたし、レオタードを着ていましたから、怪我していればすぐに気がついたと思いますけど……」
「他の方で、気づかれた方はいらっしゃいますか?」
 みんな首を傾げている。
 はて、怪我していたっけ?
 とばかりに。
 どうやら誰も気づかなかったか、或は生前には擦り傷はなかったかである。
「ではもう一点。部屋に一旦戻ったミシェールが、再びこのジムに引き返してきて、トレーニングしていたということは考えられますか?」
「そんなはずはないと思いますよ。ほんとに具合が悪そうでしたから」
「それにトレーニングは好きじゃありませんし、そんな元気があるくらいなら……ねえ」
 と同意を求めるように一同を見回す。
「実は、ミシェールには彼氏がいたんですよ。トレーニングするより彼氏の元にいっちゃいますよ」
「彼氏ですか……」
「そうそう。一目散ではせ参じますよ」
「ミシェールと特に仲の良かった人は、どなたか判りますか?」
「それなら、パトリシア・ウィンザー中尉です。士官学校では良く一緒に、共同研究とかもやっておられたようですから」
「ウィンザー中尉というと、司令の副官でしたよね」
「そうです。ミシェールについては、中尉が一番良く知っておられると思います。ただ今は艦橋勤務についていますからお会いできません。艦橋は一般士官は立入禁止ですから。もちろん捜査特権のある中尉殿でも例外ではありません」
「司令と中尉には、わたしの方から証言を聞ける機会を作っていただけるように言っておきましょう」
 レイチェルが言った。情報参謀として、艦橋には自由に出入りできて、司令にも進言できる身分だからである。
「ありがとうございます」
「ああ、ご存じかと思いますが、夕食時には食堂にやってきますが、艦橋勤務の者に対する取材や尋問は一切厳禁になっております。それが原因で、食事が満足に取れなかったり、交代に遅れるわけにはいきませんから。艦隊の運命を左右する重要な職務ですから、精神的負担を与えてはいけないのです。尋問は、非番になるか、その機会を与えられるまで控えてください」
 もちろん艦隊規則は重々知り尽くしているコレットであった。
「判りました……。中尉には後でお会いしましょう。ところで丁度主計科主任のウィング大尉がいらっしゃるのでお願いしたいことがあるのですが」
「どうぞ何なりとおっしゃってください。協力しますよ」
「このジムと、ミシェールの宿房を当面の間立ち入り禁止にしてください」
「いいでしょう、判りました。ミシェールと同室の者達は他の部屋に代わってもらいましょう」
「お手数掛けます。助かります」

 さて……。だいたいのことは確認できたようだ。勤務の始まる者もいるだろうし、全員をいつまでもここに足留めしているわけにはいかない。もっと突っ込んだ話しは、個別に明いた時間に尋問すればいい。
「今日はこれくらいで結構でしょう。何かあればお伺いしてお尋ねすることがありますけど、取り敢えず解散してください。どうもありがとうございました」
 ぞろぞろと部屋を出ていく証人達。
 やがて一人きりになって、考えをまとめはじめるコレット。

「さて、それぞれの証言をまとめてみると……」
 ミシェールはジムから部屋に戻るまでは生きていたが、食後のトレーニング開始時には死んで発見された。検屍では死後二時間程度ということだ。
 最後に見た者の証言では、かなりの体調不良で部屋にこもって食事も取らなかった。その時刻はスタジオで証言を取るとして……。ミシェールはアスレチックジムに行く気力もなかったようだ。それが何故ジムで発見されたかが問題だ。
 つまりこれが殺人だった場合、他の場所で殺されてジムまで運ばれた可能性が高くなる。だとすると殺害場所の特定と、遺体の搬送方法だ。
「殺害はミシェールのいた宿房というところだろうが、誰にも見られずに遺体をジムまでどうやって運ぶ……?」
 ミシェールの膝にできた擦り傷はその時にできたものに違いない。それは解剖ではっきりとするだろう。
「まずは、アスレチックジムから宿房まで歩いてみるか……。手掛かりはたぶん見つからないだろうがな……」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
2021.01.11 08:03 | 固定リンク | 第一部 | コメント (0)

- CafeLog -