陰陽退魔士・逢坂蘭子/序章・蘭子登場! 

 大阪市阿倍野区阿倍野元町5−16。  熊野街道沿いに安倍晴明神社(あべのせいめいじんじゃ)がある。  安倍晴明公は、天慶7年(944年)、この地に生誕し、のちに天文陰陽推算の術を 修め、「葛の葉子別れ」の伝説で広く知られている。  この物語は、その安倍晴明が活躍した世代から、約十世紀余の現代にはじまる。  草木も眠る丑三つ時。  安倍晴明神社からほど遠くない所にごく普通の住宅がある。  その二階の一室で眠る一人の若き少女。  本編の主人公であり、枕元には先祖代々受け継がれた妖刀を収めた小柄が、夜の闇に 怪しげに輝いている。  名匠長曽弥虎徹が鍛えた御守懐剣の一つである。  少女の名は、逢坂蘭子。  安倍晴明の血筋に繋がり、陰陽道の妖術の使い手でもあったが、その寝顔を見るにつ けてもごく普通の女の子にしか見えない。  それもそのはずで、近くの大阪府立阿倍野女子高等学校に通う、今時の女子高生なの だから。  窓のカーテンは開け放たれており、夜を照らす月の光が差し込んでいる。  その月を真っ黒な雲が覆い隠し、物音しない夜の空間に闇を作り出した。  と、突然だった。  枕元の小柄が、微かに震え始めた。  その小柄に向かって、白くて細い指先が伸びて、それを掴んだ。 「妖気……」  異変を感じて目を覚ました少女は、あたりに漂うただならぬ気配を感じ取っていた。  何も言わず、静かに寝巻きを脱いで裸になる少女。  そして和箪笥から、この時のための装束である巫女装束に着替え始めた。  巫女装束は、少女にとっては戦闘服でもあった。  巫女装束に着替えた少女。  彼女の名前は……。  陰陽退魔士「逢坂蘭子」 序章 了
  ⇒第一章
11