冗談ドラゴンクエスト
冒険の書・9


メニューへ

ドラマに戻る

04/13 03:14 ナレ1「身づくろいを終えたリリアと共に次の目的地へと出発する一行だった」
04/13 03:15 ナタリー「誰かに挨拶する必要はなかったの?」
04/13 03:16 リリア「あったとしても、この姿じゃ……」
04/13 03:17 ナタリー「それもそうね」
04/13 03:25 ナレ1「突然、はぐれメタルが現れた」
04/13 03:26 ナタリー「やっかいなのが出たわね」
04/13 03:26 コンラッド「戦うまでです」
04/13 03:27 ナレ1「コンラッドは剣で切りかかったが、ダメージを与えられない」
04/13 03:27 ナタリー「しようがないわね」
04/13 03:28 ナレ1「ナタリーが呪文を唱えるが、まるで利かない」
04/13 03:29 ナレ2「はぐれメタルはベギラマを唱えた。一行にそれぞれ80Pのダメージを与えた」
04/13 03:30 ナタリー「やっぱりだめね。逃げるわよ」
04/13 03:31 ナレ1「しかしはぐれメタルは素早く動いて逃げられない」
04/13 03:32 コンラッド「攻撃が当たらないし呪文も利かない。そして逃げるもかなわずです」
04/13 03:32 ナタリー「こいつには、じっと我慢して退散してくれるのを待つしかないわ」
04/13 03:33 コンラッド「もしくはまぐれ当たりを期待して攻撃を続けるか」
04/13 03:33 ナレ1「はぐれメタルはベギラマを唱えた。一行にそれぞれ80Pのダメージを与えた」
04/13 03:34 ナレ2「リリアがポシェットから何かを取り出して、はぐれメタルに投げかけた」
04/13 03:35 ナレ1「はぐれメタルは溶けるように消滅した」
04/13 03:36 ナレ2「一行は10000Pの経験値を得た」
04/13 03:37 ナレ1「リリアのレベルが5上がった。HPが……(以下略)」
04/13 03:37 ナタリー「すごいじゃない。何を使ったの?」
04/13 03:47 リリア「聖水です。メタルスライムとかに効果がありますよ」
04/13 03:47 コンラッド「なるほど、これは便利だ。剣一筋の私ですが、勉強になりました」
04/13 03:53 リリア「村から出るときは必ず持ち歩くことにしているんです。弱い魔物を寄せ付けない効果もありますからね」
04/13 03:55 ナレ1「さてここで疑問に思っている方もいるかも知れないが。町や村の中には魔物が出ないのに、一歩外にでれば魔物に出くわすのはなぜか?」
04/13 03:57 ナレ2「この世界においては、町や村には必ず教会が存在する。神聖にして魔物を寄せ付けない結界が教会にはある。これが魔物を近づけないわけである」
04/13 03:58 ナレ1「と解説している間にも、一行の旅は進んでいく」
04/13 03:59 ナレ2「一行の目の前に村が見えてきた」
04/14 00:14 ナタリー「うううう……(感涙している)」
04/14 00:14 リリア「どうしたのですか?(首をかしげて)」
04/14 00:16 ナタリー「勇者と関わりを持って旅立ってから冒険の書も8P目。やっと最初のクエストを達成できそう」
04/14 00:18 リリア「冒険の書? 何ですかそれは」
04/14 00:31 コンラッド「これまでの旅の記録を神様が記録してくれているんです。まあ、旅のアルバムというところでしょうか」
04/14 00:33 リリア「そうなんだ……。良く判りませんけど、理解することにします」
04/14 00:34 ナタリー「道具屋から貰った地図によると、間違いなくモトス村よ」
04/14 00:35 コンラッド「モトス村ですか」
04/14 00:36 ナタリー「クエストを請け負ってから、地べたを這いずり回ること28000マイラ。ようやくたどり着いたのよ(再び感涙)」
04/14 03:25 リリア「おめでとうございます」
04/14 03:27 ナタリー「荷物を届け終わるまでは安心できないわよ」
04/14 03:37 コンラッド「その通りです。最後まで油断なく行動することが、クエスト達成の大原則です」
04/15 02:50 ナレ1「と言っているそばから、はぐれメタルが現れた」
04/15 02:50 ナタリー「リリア、聖水を出して」
04/15 02:51 リリア「それが……。さっきので最後でした」
04/15 02:51 ナタリー「そんなあ……」
04/15 02:52 リリア「でも、まだこれがありますから」
04/15 02:53 ナレ1「と言いながら、ポシェットから細長い針のようなものを取り出して、はぐれメタルに突き刺した」
04/15 02:54 ナレ2「毒針だ。はぐれメタルの急所を貫いた」
04/15 02:55 ナレ1「はぐれメタルを倒した。10000Pの経験値!」
04/15 02:56 ナタリー「いいもの持ってるじゃない。もう1本ないの?」
04/15 03:00 リリア「この1本だけです。売り物用の花を摘む場所には、毒蜂・毒虫・毒蛇などの毒をもったものがいますから、それらを捕まえて毒を集めていたんです。血清といって毒には毒の治療方法があるんです。それで毒針も作っていました」
04/15 03:07 ナタリー「たかが花売りと馬鹿にするもんじゃないわね。広い知識も持ち合わせているんだ」
04/15 03:10 コンラッド「この辺りにははぐれメタルが、うようよいるようです。モトス村へ急ぎましょう」
04/15 03:11 ナタリー「そうした方がいいみたいね。急ぎましょう」
04/15 03:11 ナレ1「こうしてモトス村へ駆け込むようにして入る一行だった」
04/15 03:14 ナタリー「いちばん! モトス村に着いたわよ」
04/15 03:52 コンラッド「やれやれ、やっとですね」
04/15 03:53 ナタリー「あたしは、荷物の届け先の道具屋を探すわ。あなた達は、今夜泊まる宿屋を探してね」
04/15 22:51 リリア「判りました」
04/15 22:52 ナレ1「と解散しようとした時、1匹の猫がリリアの足元にじゃれついた」
04/15 22:53 リリア「あら、可愛い(猫を抱きかかえる)」
04/15 22:54 コンラッド「それにしても……(いぶかしげな表情)」
04/15 22:54 リリア「(猫の頭を撫でながら)どうしました?」
04/15 22:55 コンラッド「まだ日が高いと言うのに、村人が一人も出歩いていないというのは変ではありませんか?」
04/15 22:56 ナタリー「言われてみればその通りね。皆、教会にでも集まっているとか?」
04/15 22:58 リリア「午前中ならともかく……。一人もいないというのは、やっぱりおかしいですわね」
04/15 22:59 ナレ1「一同が村内を見渡すと、そここに猫がたくさんいるが、村人は人っ子一人見当たらない」
04/15 23:01 ナタリー「村人全員が猫になっちゃったとか?」
04/15 23:02 リリア「まさか(改めて抱いている猫を見つめる)」
04/15 23:03 コンラッド「宿屋は後回しにして、村人がどこへ消えたか原因を突き止めましょう」
04/15 23:05 ナタリー「そうね。とりあえず道具屋を訪ねてみましょう。そこに誰もいなければ……」
04/17 03:37 ナレ1「人っ子一人いない村の中を道具屋を探す一行。道具屋がどこにあるか尋ねる村人がいないので難儀する」
04/17 03:38 ナレ2「やがて薬草らしき絵柄の看板が掲げてある店を見つけるリリア」
04/17 03:39 リリア「あれがそうじゃない。きっと道具屋だと思うわ」
04/17 03:39 ナタリー「そうみたいね。行ってみましょう」
04/17 03:40 コンラッド「主人が猫に変えられていなければいいんですけどね」
04/17 03:41 リリア「大丈夫みたいですよ。煙突から煙が上がっています。人がいる証拠です」
04/17 03:41 コンラッド「なるほど。言われてみればその通りです」
04/17 03:44 ナレ1「煙突から煙の上がっている家の中へ入る一行」
04/17 03:44 ナタリー「こんにちは!」
04/17 03:45 ナレ1「ナタリーが声を掛けると、家の奥から主人らしき人物が現れた」
04/17 03:46 リリア「猫じゃないですね。この村ではじめて出会った人間です」
04/17 03:47 道具屋「いらっしゃいませ。どうやらこの村の異変に気が付いたみたいですね」
04/17 03:48 リリア「ええ。人がいなくて猫ばかりがいます」
04/17 03:48 ナタリー「あなたは?」
04/17 03:48 ナレ1「道具屋の女主人の顔を見て驚くナタリー」
04/17 03:58 ナタリー「あなたの妹さん、とある王国の城下町南門で道具屋をやってらっしゃいますよね」
04/17 03:59 道具屋「ええ、妹が道具屋をやってますけど……。とある王国って?」
04/17 04:00 ナタリー「あはは……。ナレーションの説明不足でまだ王国の名前を発表していないのよ」
04/17 04:01 道具屋「あら、まあ!」
04/17 04:03 ナレ1「これは済まぬことをした。作者は思いつつままに書いているので、つい忘れてしまったようだ」
04/17 04:04 ナレ2「とりあえずファンタリオン王国ということにしておこう。うん♪」
04/19 03:29 ナタリー「妹さんにそっくりなのですぐに判りました」
04/19 03:37 道具屋「妹に会ってここへいらしたということは、何か頼みごとを依頼されませんでしたか?」
04/19 03:38 ナタリー「そうそう、これこれ」
04/19 03:41 ナレ1「そう言いながら、懐中袋から小箱を取り出した」
04/19 03:41 ナタリー「妹さんから、これを姉のあなたに届けるようにと依頼されました」
04/19 03:42 道具屋「ありがとうございます。これを待ち望んでいたのです」
04/19 03:44 コンラッド「それはいったい何なんですか?かなり大切なものらしいですけど」
04/19 03:46 ナタリー「飛行船を使っちゃだめだの、移動魔法もだめ。と釘をさされましたからね。28000マイラもの道のりを地べた這いずり回ってきたんですから」
04/19 03:55 道具屋「並々ならぬご苦労をお掛けして申し訳ありませんでした」

ドラマに戻る

メニューへ