[絵利香専用] [出演者エディタ] [ドラマから戻る]

冗談ドラゴンクエスト


これまでの累計ご来場者数はです。
(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

このWebDoramaは管理人専用となっております。

これまでの執筆分ストーリーはこちら

ホームページに戻る


リリア「やみくもに逃げ回るよりもいいでしょう」
ナレ1「そういうと、ポシェットから何かを取り出した」
ナレ2「それはペンジュラムと呼ばれる魔法の振り子であった」
コンラッド「それは?」
リリア「ペンジュラムです。ダウジングという魔法を掛けて探しているものを見つけます」
ナタリー「なるほどね。良いもの持ってるじゃん」
ナレ1「などと会話している間にも、人面樹は次々と襲い掛かる」
ナレ2「しかし腕利きのコンラッドが適当にあしらっていた」
リリア「これでマンドレイクを探し出します」
ナタリー「まかせたわ。人面樹はあたし達が処理するから」
リリア「お願いします。では……」
ナレ1「リリアが何やら呟くと、ペンジュラムが振れて行くべき方向を示した」
リリア「あっちの方向です!」
コンラッド「急ぎましょう。日が暮れ始めています」
ナタリー「そうね。夜になれば魔物の数も一段と増えるから」
ナレ1「そうこうするうちに、人面樹の群れから逃れられ、少し開けた場所に出た」
ナタリー「リリアは花摘みが日課だったから、植物を探すのは得意なのよね」
リリア「ええ、まあ……」
コンラッド「しかし……見つけたとしても、どうやって採集するかが問題ですね」
ナタリー「そうね。ここには犬はいないわ」
コンラッド「うさぎとか、野獣でも捕らえれば代理はできそうですが」
リリア「動物虐待はダメです」
ナタリー「じゃあ、どうするの?」
リリア「まかせてください」
コンラッド「まかせましょう」
ナレ1「リリアはペンジュラムに神経を集中してマンドレイクを探しはじめた」
ナレ2「川沿いにしばらく歩いて」
リリア「ありましたわ」
ナレ1「木陰にひっそりと茂るマンドレイクを指差すリリア」
ナタリー「これがマンドレイク?」
コンラッド「確かによく見れば、人の形をしていますね」
ナタリー「それでどうするの?」
リリア「これを使います」
ナレ1「と、取り出したのは、メタルスライムを倒したアレである」
ナタリー「聖水ね?」
リリア「マンドレイクに宿る悪しき魂を浄化します」
コンラッド「なるほど、そういう手がありましたか」
ナレ1「戦闘能力は皆無に近いリリアであるが、植物に関する知識は豊富のようである」
ナレ2「何やら呪文のような言葉を呟きながら、マンドレイクに聖水を振り掛けると」
コンラッド「おお!マンドレイクから発せられていたオーラが消えました」
リリア「これでもう大丈夫です」
ナタリー「花売り娘も捨てたものじゃないわね」
コンラッド「それでは、引き抜きますよ」
ナタリー「ちょっと待って!念のためにあたしは少し離れてるから」
リリア「用心深いですのね」
ナタリー「それが長生きの秘訣よ」
ナレ1「そういうと、少し離れた木陰に身を隠した」
コンラッド「それでは……」
ナレ1「腰を下ろし、緊張の面持ちでマンドレイクを引き抜きにかかるコンラッド」
ナレ2「「しかし、不意に背後から、何者かに襲われてしまった」」



注意
タグを使ったり、全角150字を超えると登録されません。
同じ出演者が続けて発言することはできません。

WeB DoRaMa Version 1.30.10
[ 管理者:絵利香 配布元:ShigetoNakazawa ]